仮想通貨のレバレッジ取引とは?特徴や利益を上げるポイント・おすすめの取引所を紹介

「仮想通貨のレバレッジ取引ってなに?」

「レバレッジ取引は大きな利益を上げられるってほんと?」

という疑問がある方向けに、この記事では仮想通貨のレバレッジ取引の仕組みや特徴、取引ポイントや注意点、国内でレバレッジ取引を行える取引所を紹介していきます。

仮想通貨には現物取引とレバレッジ取引の2種類があり、レバレッジ取引は自己資金の何倍もの金額で取引を行うことができ、少額でも大きな利益を上げることができます。

他にも下落相場でも利益を上げられるメリットがありますが、一方でリスクや知っておくべきポイントもあります。

仮想通貨のレバレッジ取引に挑戦してみたい人は、この記事を参考に紹介する取引所で行ってみてください!

ざっくり言うと…
  • 仮想通貨には現物取引とレバレッジ取引がある。
  • レバレッジ取引は証拠金を担保に資金の何倍もの取引ができる。
  • 少額でも利益を上げることができ、下落相場でも空売りで稼げる。
  • 国内では「bitFlyer」や「DMM ビットコイン」「GMOコイン」がレバレッジ取引に対応している。
  • 中でも『bitFlyer』なら、取引手数料が無料。100円という少額から、仮想通貨を買うことができる。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerに無料登録する!

仮想通貨のレバレッジ取引とは?

仮想通貨のレバレッジ取引とは?

仮想通貨のレバレッジ取引とは、元金を担保にして何倍もの取引を行う取引方法で、レバレッジ=てこ、が名前の由来です。

少額しか資金がなくても、まるでてこの原理のように、高額な取引を行うことができ、大きな利益を上げることができます。

レバレッジ取引は仮想通貨だけでなく、株式取引や為替取引でも行われている一般的な取引方法です。

現物取引とレバレッジ取引の違い

現物取引とレバレッジ取引の違い

仮想通貨の現物取引では、通貨を実際に購入または保有している通貨を売却する取引で、市場価格に基づいて自己資金の範囲でのみ購入できます。

一方でレバレッジ取引は、実際に通貨を売買するのではなく、証拠金を担保にしてお金を借り、将来の価格変動を予想して取引を行います。

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の違いをまとめると次の通りです。

現物取引とレバレッジ取引の違い
  • 送金や決済の可否
  • レバレッジ
  • 空売りの可否

まず、現物取引では実際に通貨を保有することになるので、保有した通貨を送金したり、決済に使用することが可能です。

しかし、レバレッジ取引では通貨自体を保有している訳ではなく、あくまでも将来の値動きを予想した上で建玉を保有しているので、送金や決済は行えません。

次に証拠金以上の取引を行えるレバレッジ取引を行える違いがあります。

現物取引では、100万円の証拠金では100万円分しか購入できませんが、レバレッジ2倍であれば倍の200万円まで取引することが可能です。

最後に、レバレッジ取引では空売りでも利益を出すことができ、これは現物取引では行えません。

詳しくは次の項目で解説していきます。

仮想通貨のレバレッジ取引の特徴

仮想通貨のレバレッジ取引の特徴

仮想通貨のレバレッジ取引には次のような特徴があります。

仮想通貨レバレッジ取引の特徴
  • 下落相場でも利益を出せる
  • 24時間365日取引できる
  • 少額からでも取引できる

下落相場でも利益を出せる

下落相場でも利益を出せる

レバレッジ取引は下落相場でも利益を出すことができます。

通常の現物取引では、下落相場で利益を上げることはできませんが、レバレッジ取引は違います。

レバレッジ取引は将来の値動きを予想して実際に通貨を保有することなく取引するので、取引に売りから入り、価格が下落したところで買い戻すことで利益を上げることも可能です。

レバレッジ取引になじみがない人にとっては「持ってないのに売る??」となってしまうかもしてません。

市場では常に買い勢力と売り勢力が競いあっており、下落相場でも買いたい投資家は存在しています。

そこで、将来さらに値下がりすることを予想して、先に売りから入り、価格が下がったところで買い戻して、その差額が利益になります。

仮想通貨市場は非常に変動が激しく、日々の値動きが大きいので、下落相場も取引チャンスにできるのはレバレッジ取引の大きなメリットです。

ただし、予想に反して相場が上昇した場合は当然損失になります。

24時間365日取引できる

24時間365日取引できる

仮想通貨のレバレッジ取引は、土日祝日問わず、24時間365日取引を行えます。

株式や為替取引でもレバレッジ取引を行えますが、24時間365日取引は行えないので、平日忙しく取引できない方や、土日で時間がある時に集中して取引したい人に最適です。

また、レバレッジ取引は「仮想通貨/法定通貨=BTC/JPY」のように法定通貨との組み合わせで取引する形になるので、通貨ペアの組み合わせが非常に多く、いつでも数多くの取引チャンスを見つけることができます。

少額からでも取引できる

少額からでも取引できる

レバレッジ取引は、資金が少ない人に最適な取引方法です。

仮に手元に10万円しかない場合は、現物取引でビットコインを購入し、10%値上がりしたとしても1万円の利益にしかなりません。

しかし、レバレッジ取引であれば2倍の20万円分の取引を行えて、10万円の自己資金でも10%値上がりするだけで利益は2万円になります。

以前は2倍以上のレバレッジをかけて取引できましたが、現在は仮想通貨の変動の激しさから投資家を守るために2倍まで抑えられています。

数ヶ月で100%以上値上がりするのが仮想通貨なので、2倍のレバレッジでも十分な利益を狙うことができます。

仮想通貨のレバレッジ取引のポイント

仮想通貨のレバレッジ取引のポイント

仮想通貨のレバレッジ取引で大切なポイントは次の通りです。

仮想通貨レバレッジ取引のポイント
  • 証拠金維持率を意識する
  • 損切りラインを決める
  • 余剰資金で取引する

証拠金維持率を意識する

証拠金維持率を意識する

レバレッジ取引では、何倍でもレバレッジをかけられる訳ではなく、あくまでも証拠金を担保にして取引しています。

その為、証拠金維持率が低くなりすぎると、証拠金を守るために取引所で強制的にロスカットといって決済されてしまいます。

仮に大きく損失が出ている価格でも、証拠金維持率が低くなればロスカットは避けられません。

なので、レバレッジ取引を安全に行いたい方は、必ず証拠金維持率を意識して、低くなりすぎないように資金管理を行ってください。

おすすめは証拠金維持率を200%以上で維持して、低くなったら早めに追加資金を入金するか、損切りするようにしましょう。

損切りラインを決める

損切りラインを決める

ロスカットを避ける話にも共通しますが、損切りラインをしっかり決めてから取引することが大切です。

損切りラインとは、名前の通り損切りを必ず実行する価格のことです。

損切りラインを決めておかないと、取引の負けを認めることができず、いつか価格が戻るだろうと傷口を広げてしまいます。

どれだけ自己管理のできる投資家でも、負けを認めるのは精神的負担が大きいので、購入時に損切りラインでの決済注文を入れておき、機械的に決済されるようにしておきましょう。

損切りラインを決めることは、リスクリワードは十分か冷静に判断することにも繋がるので、投資成績を上げることができます。

余剰資金で取引する

余剰資金で取引する

レバレッジ取引だけに限った話ではありませんが、投資は余剰資金で行いましょう。

余剰資金とは、失っても急に生活に影響が出ないお金のことです。

生活資金にレバレッジをかけて一発逆転を狙うことは絶対におすすめしません。

仮想通貨市場はまだまだ歴史が浅く、主要通貨でも明日何が起こるかは誰にも分からないので、余剰資金で賢く取引してください。

仮想通貨でレバレッジ取引を行える取引所

仮想通貨でレバレッジ取引を行える取引所

仮想通貨でレバレッジ取引を行える国内取引所は次の通りです。

仮想通貨レバレッジ取引を行える取引所
  • bitFlyer
  • DMM ビットコイン
  • GMOコイン

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのメリット
  • 顧客の資産を守るコールドウォレット
  • 様々な手数料が無料
  • 簡単操作で取引できる
  • 6種類の通貨でレバレッジ取引ができる

bitFlyer』はセキュリティレベルが非常に高く顧客の資産をインタネットと完全に切り離されたコールドウォレットを使用しており安全に保管できます。

他にも様々な手数料が無料で利用でき、入金手数料や取引手数料など無料です。

取引は土日祝日関係なく、いつでもどこでもスマホアプリやパソコンから簡単に行えます。

レバレッジは2倍まで取引でき、ビットコインやイーサリアムなど6種類の通貨を取引できる。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerに無料登録する!

DMM ビットコイン

DMM
  • 数々の事業を手がけている「DMMグループ」を親会社に持っている取引所
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料なので、コストがかからない!※BitMatch取引手数料を除く
  • 登録から「最短1時間」で取引を開始することができる。
  • 14種類の通貨にレバレッジ取引ができる。

DMM ビットコインはレバレッジ取引を行える取引所です。

レバレッジは最大で2倍まで取引可能で、少額でも利益を出すことができます。

14種類の通貨に投資でき、レバレッジ取引にも対応しています。

登録から最短1時間で取引を開始でき、今なら口座開設完了で全員に2,000円プレゼントされるキャンペーンを行っているので、活用してみてください!
(キャンペーン期間:2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分)

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェック<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのメリット
  • 2021年オリコン顧客満足度1位
  • GMOグループの子会社で安全性抜群
  • 各種手数料が無料でお得
  • 14種類の通貨にレバレッジ取引ができる。

国内ではNo.1のビットコイン取引量を誇る大手仮想通貨取引所で、GMOグループの子会社としてセキュリティレベルが高く安心して利用できます。

取引手数料や出金・入金手数料、送金手数料が全て無料な点が魅力です。

現物取引とレバレッジ取引どちらも取引でき、豊富なテクニカルツールを使用して売買を行えます。

販売所形式も採用しているので、仮想通貨取引初心者の方でも迷うことなく簡単に購入できるでしょう。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインに無料登録する!

仮想通貨のレバレッジ取引の注意点

仮想通貨のレバレッジ取引の注意点

最後に仮想通貨のレバレッジ取引を行う際の注意点を紹介します。

仮想通貨レバレッジ取引を行う際の注意点
  • 追証が発生する可能性がある
  • ロスカットに陥りやすい

レバレッジ取引のポイントで解説したことに加えて、追証とロスカットというリスクがあることをしっかり頭に入れて取引してください。

追証が発生する可能性がある

追証が発生する可能性がある

レバレッジ取引を行って、損失をそのまま放置していると、追証が発生する可能性があります。

追証とは、追加証拠金を求められることです。

証拠金維持率が低くなった際に、取引所から追証が求められ、追加で入金しない場合は強制的に決済されてしまいます。

仮に、これから値上がりする通貨だったとしても、証拠金維持率が低すぎる場合は、相場と関係なく追証が発生します。

柔軟な取引判断をするためにも、証拠金維持率は余裕を持った状態を維持し、追証が発生しないように注意してください。

追証は取引所に対しての借金と変わりませんので、必ず入金する必要があります。

仮想通貨は急激な変動が度々起こるので、損切りラインを決めて決済注文を入れておくことは必須です。

追証の有無は利用する取引所によって異なります。

ロスカットに陥りやすい

ロスカットは解説した通り、証拠金維持率が一定以下になった際に強制的に決済されてしまうことです。

ロスカットは追証が発生しないための仕組みで、基本的には借金となる前にロスカットが発生して決済されます。

しかし、レバレッジ取引で倍率が高すぎることや、急な相場変動によってロスカットの決済が間に合わず追証が発生することもあります。

相場がクラッシュしたタイミングでは、投資家が一斉に決済することで注文が確定されずに希望価格では決済できません。

紹介した国内取引所ではロスカットを設けていますが、どの取引所を利用していても絶対に追証が発生しない訳ではないので、注意が必要です。

まとめ

今回は仮想通貨のレバレッジ取引の仕組みや特徴、取引ポイントや注意点、国内でレバレッジ取引を行える取引所を紹介しました。

レバレッジ取引には追証やロスカットなどのリスクがありますが、少額資金でも利益を上げることができ、下落相場もチャンスに変えられるメリットがあります。

国内取引所では「bitFlyer」「DMM ビットコイン」「GMOコイン」の大手3社がレバレッジ取引に対応しています。

中でも『bitFlyer』なら、取引手数料が無料。100円という少額から、仮想通貨を買うことができおすすめです!

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerに無料登録する!