【7月最新】仮想通貨のおすすめ銘柄&取引所ランキング14選!これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨

仮想通貨のおすすめの銘柄を知りたい!
仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所は?

仮想通貨が話題となっている昨今、上記のような疑問を感じる方も多いと思います。

仮想通貨は現在10000種類を超えており、「結局どの仮想通貨がおすすめなの?」と売買する銘柄を迷っているのではないでしょうか?

価格が何倍にも跳ね上がる仮想通貨には必ずその理由があります!!

また、利益を最大化するためには『仮想通貨取引所』もしっかりと選ぶ必要があります。

この記事では、おすすめの仮想通貨銘柄仮想通貨取引所にスポットライトを当てて徹底解説していきます!

是非参考にしてください。

おすすめの仮想通貨をざっくり言うと
  • 仮想通貨の銘柄は、将来性を着目して選ぶことが重要。
  • 結論、今一番おすすめの仮想通貨はビットコイン。
  • スムーズにビットコインの取引を行うなら、取引量の多さがとても重要!
  • 取引量が多い大手取引所は『Coincheck』『bitFlyer』『DMM Bitcoin』など。
  • その中でも『Coincheck』なら、国内最大級17種類もの豊富な通貨を取り扱っている。
  • Coincheckならビットコイン取引所の手数料が無料で、『500円』という少額からビットコインを買うことができる!

 

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

おすすめ仮想通貨の銘柄一覧表

仮想通貨名 特徴 購入できる取引所
ビットコイン
仮想通貨_おすすめ_ビットコイン
世界で最初に作られた仮想通貨
・非中央集権型の電子決済システム
Coincheck公式
イーサリアム
仮想通貨_おすすめ_イーサリアム
・スマートコントラクト機能搭載
発行上限と半減期がない
Coincheck公式
リップル
仮想通貨_おすすめ_リップル
・上限の1000億枚まで発行済み
Ripple Inc によって管理と運営が行われている
Coincheck公式
ビットコインキャッシュ
仮想通貨_おすすめ_ビットコイン キャッシュ
ビットコイン からのハードフォークによって誕生
・ブロックサイズが32MBによるスケーラビリティ問題解決への道
Coincheck公式
ライトコイン
仮想通貨_おすすめ_ライトコイン
トランザクション(取引)の承認時間が短い
・ライトニングネットワークの導入が見込まれる
Coincheck公式
エンジンコイン
仮想通貨_おすすめ_エンジンコイン
Enjinプラットフォームの基軸通貨
・NFTを作成することができる
Coincheck公式
シンボル
仮想通貨_おすすめ_シンボル
シンボルの今後の方針を決める際の発言権を得る
・エンタープライズ向けに設計されている
Coincheck公式

おすすめの仮想通貨の銘柄一覧表です。

それぞれの仮想通貨の特徴を踏まえた上で購入しましょう。

おすすめ仮想通貨口座の比較一覧表

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer
ビットフライヤー
・2014年からサービスを展開しており、取引所の中では長い歴史を誇る。
合計で14種類ものビットコイン・アルトコインを取り扱っている。
bitFlyer公式
DMM Bitcoin
DMM ビットコイン
・DMM FXやDMM 株で培われたセキュリティ体制
取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料
DMM Bitcoin公式
coincheck
Coincheck
取引手数料が無料!500円から仮想通貨を買うことができる
東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので、信頼性抜群。
coincheck公式
GMOコイン
GMOコイン
「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制
・「取引・出入金・送金手数料」が全て無料
GMOコイン公式
LINE BITMAX
LINE BITMAX
SNSアプリLINEから手軽に取引を行うことができる
・LINE Payと連携することでより便利に
LINE BITMAX公式
bitbank
ビットバンク
・業界最小水準の価格で暗号資産が購入可能
国内取引量No.1
bitbank公式
BITPOINT
BITPOINT
国内で唯一JMY(ジャスミー)が上場している
・手数料が無料で提供されている
BITPOINT公式
SBI vc Trade
SBI VCトレード
・初心者でも簡単にスマホで取引ができる
仮想通貨レンディングサービスを利用できる
SBI vc Trade公式
マネックス証券
マネックス証券
下落相場でもトレードを行うことができる
・暗号資産CFDでお得に取引
マネックス証券公式
Liquid
リキッドバイコイン
コールドウォレットで資産を100%安全に管理
・円建て以外にも海外通貨で取引が可能
Liquid公式

仮想通貨のおすすめ口座です。

Coincheckは使いやすさ・手数料ともに申し分なく、初心者でも手軽に仮想通貨取引を楽しむことができます。

仮想通貨のおすすめな選び方

仮想通貨_おすすめ_選び方
仮想通貨は10000種類以上もあり、どの通貨が「値上がりしそうな通貨」か判別するのは難しいですよね。

投資対象とする仮想通貨を選ぶ上で、重視する点は以下の4点になります。

順番に見ていきましょう。

投資対象とする仮想通貨の選び方
  1. 信頼性
  2. 流動性
  3. 時価総額
  4. ボラティリティ
  5. 将来性

仮想通貨を選ぶポイント①:信頼性

仮想通貨_おすすめ_選び方_信頼性
仮想通貨を選ぶポイントの1つ目は通貨としての信頼性です。

ホワイトリストに掲載されている仮想通貨は、実質面を重視した厳しい審査を経て登録されているため、他の通貨に比べて安全性・信頼性が高いと言われています。

ホワイトリストとは?
金融庁の登録を受けた国内取引所で取り扱っている仮想通貨のことです。

現在、ホワイトリストに掲載されている銘柄は下記の29の仮想通貨が該当しています。

  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッ シュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメ ン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテン ショントークン)
  • IOST(アイオーエス ティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾ ス)
  • QASH(キャッ シュ)
  • HT(フォビトークン)
  • LINK(リンク)
  • RYO(コバン)
  • FSCC(フィスココイン)
  • NCXC(ネクスコイ ン)
  • CICC(カイカコイン)
  • XCP(カウンターパーティー)
  • ZAIF(ザイフ)
  • Zen(ゼン)
  • CMS(コムサ)
  • TRX(トロン)

仮想通貨を選ぶポイント②:流動性

仮想通貨_おすすめ_選び方_流動性
仮想通貨を選ぶポイントの2つ目は流動性の高さです。

流動性が高いとは、「仮想通貨の取引量がたくさんある」ということです。

流動性が低いと売買の際に、適正な市場価格で買えなかったり、約定が大幅にすべったりするので注意しましょう。

流動性(取引高)は取引板を見て、注文価格と注文量を見比べることで判断できます。

仮想通貨時価総額ランキング

仮想通貨を選ぶポイント③ :時価総額

仮想通貨_おすすめ_選び方_時価総額
仮想通貨を選ぶポイント2つ目は時価総額です。

MEMO
時価総額 = 仮想通貨の市場価格 × 通貨の発行数

仮想通貨の時価総額が高いということは、取引ユーザーが多いということであり、結果として通貨の流動性・信頼性が高まります。

時価総額があまりにも低い場合や、取引量が小さく収益に貢献できていない場合、取引所での扱いが終了(上場廃止)となる不安もあります。

マイナーな仮想通貨が上場廃止となってしまうと取引ができないため、価格が暴落してしまいます。

また、仮想通貨の中にはブロックチェーンシステムを備えていない架空コイン(詐欺コイン)というものがあります。

次のビットコインやイーサリアムを見つけようと、あまり有名ではない通貨に投資するのは悪いことではありません。

しかし、最低限の時価総額とブロックチェーンシステムの確認は信頼できる仮想通貨か否かを判断する上でとても大切になってきます。

初心者の方は、ホワイトリスト入りしている仮想通貨銘柄から始めるのがおすすめです。

仮想通貨を選ぶポイント④:ボラティリティ

仮想通貨_おすすめ_ボラティリティ

仮想通貨を選ぶポイントの3つ目は、ボラティリティです。

ボラティリティとは、価格の変動率を示す指標のことです。

価格が大きく上下に変動する場合を「ボラティリティが大きい」と表現し、あまり変化しない場合は「ボラティリティが小さい」と表現します。

一般的に仮想通貨は、他の金融商品と比べてボラティリティが大きいとされており、ビットコインはドル円の3〜5倍程度のボラティリティがあります

ボラティリティが大きいと、「大きく上昇する可能性も下落する可能性も比較的高い」ということになります。

リスクとリターンの塩梅を考慮しながら、仮想通貨を選択することが重要です。

仮想通貨を選ぶポイント⑤:将来性

仮想通貨_おすすめ_将来性
仮想通貨を選ぶポイントの4つ目は将来性です。

仮想通貨の値上がりの主な原因は、その仮想通貨システムに暗号資産のビジョンを実現できる力があるということです。

暗号資産のビジョンとは?
ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。
仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。
まだまだ発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。

出典:https://bitflyer.com/

以下の3点を見て、その仮想通貨が伸びるかを判断しましょう。

将来性の評価ポイント
  1. 競合の有無
  2. 現在の状況
  3. ブロックチェーンのシステム

仮想通貨のおすすめ銘柄TOP7

仮想通貨_おすすめ_銘柄
続いて、2022年におすすめの仮想通貨の銘柄をランキング形式でご紹介します!

信頼性・流動性・時価総額・将来性に着目しながら、今後値上がりしそうな通貨を選定しました。

今おすすめの仮想通貨は以下の7つです!

第1位:ビットコイン(BTC)

仮想通貨_おすすめ_ビットコイン

通貨名 ビットコイン(BTC)
発行開始年月 2009年1月
現在レート(1通貨) ¥3,934,092.39(2022年5月17日時点)
時価総額 ¥74,885,634,724,748(74兆)
発行上限 21,000,000BTC(変更可能)
購入可能な取引所 Coincheck
レバレッジ取引可能な取引所 DMM Bitcoin
ビットコインの注目ポイント
  • 世界で最初に作られた仮想通貨
  • 非中央集権型の電子決済システム
  • 仮想通貨の基軸となっている

1級ファイナンシャルプラニング技能士 小山英斗

ビットコインは現在、価値保存手段として機関投資家からも注目されている仮想通貨の代表通貨です。

デジタルゴールドとも揶揄されるように、実物資産である金(Gold)と同じような性格を持つ資産として近年投資対象としての地位を確立しつつあります。

おすすめ仮想通貨第1位はビットコイン(BTC)です。

ビットコインは2008年に発表されたサトシナカモトの論文を受けて開発された、世界初の仮想通貨です。

暗号資産の中で最も有名であり、時価総額も最高値となっています。

ビットコインの最大の特徴は、金融機関のような第三者を介することなく、参加者全員で管理する分散型の決済システムを構築しているという点です。

ビットコインの価格は他のほぼ全ての仮想通貨に少なからず影響を与えているため、事実上の基軸通貨となっています。

このようにビットコインは仮想通貨の中でも、リーダー的存在なので仮想通貨投資を考える際に最初に考慮すべき銘柄です。

2021年5月には、イーロンマスクがビットコインのマイニングと決済が環境に優しくないという発言をして、大幅な下落がおきました。

2021年7月付近で下落の反発が起こり、2022年1月現在の値段は落ち着いており、購入のチャンスと言えるでしょう。

ビットコインのリアルタイムチャート

ビットコインを取引するなら

ビットコインをメインで取引するなら『Coincheck』がおすすめ。

bitflyerなら、ビットコインの取引手数料が無料!

余計なコストがかかりません。

 

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

第2位:イーサリアム(ETH)

仮想通貨_おすすめ_イーサリアム

通貨名 イーサリアム(Ethereum)
発行開始年月 2015年8月7日
現在のレート ¥267,917.74(2022年5月17日時点)
時価総額 ¥32,368,600,608,703 (32兆)
発行上限 なし(1年間に1800万枚)
購入可能な取引所 Coincheck
レバレッジ取引可能な取引所 DMM Bitcoin
イーサリアムの注目ポイント
  • アルトコインの中で時価総額 第1位
  • スマートコントラクト機能搭載
  • 発行上限と半減期がない

おすすめ仮想通貨第2位はイーサリアム(ETH)です。

イーサリアムは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中で時価総額第1位ととても注目度の高い仮想通貨です。

イーサリアムの特徴は、スマートコントラクトという機能が搭載されていることです。

スマートコントラクトとは?
スマートコントラクトとは、人の手を介入させることなく契約内容を自動で実行するしくみ  (イメージ:自動販売機)
仮想通貨の基本情報である「いつ、誰が、誰に、いくら支払った」という情報に加えて、アプリケーションプログラムを実行することができます。

このスマートコントラクトは契約の改竄ができないため、企業間の重要な契約やサービスの売買に応用できることから、非常に拡張性のあるシステムとして期待されています。

この機能があるため、イーサリアムが他のアルトコインと一線を画しています。

通常仮想通貨は、発行上限と半減期(マイニングの報酬が減少するタイミング)が設けられています。

一方でイーサリアムは、発行上限と半減期が設定されていません。

そのため、今後も安定した供給が見込めます。

仮想通貨市場でビットコインの影響力が弱まっていると言われている昨今、イーサリアムを筆頭としたアルトコインの動向に注目しましょう。

イーサリアムのリアルタイムチャート

 

第3位:リップル(XRP)

仮想通貨_おすすめ_リップル

通貨名 リップル(XRP)
発行開始年月 2013年9月
現在のレート(1通貨) ¥86.35(2022年3月時点)
時価総額 ¥4,127,762,007,784.63
発行上限 1000億XRP
購入可能な取引所 Coincheck
レバレッジ取引可能な取引所 DMM Bitcoin
リップルの注目ポイント
  • 上限の1000億枚まで発行済み
  • 「リップル・トランザクション・プロトコル(RTXP)」という送金システムが優秀
  • Ripple Inc によって管理と運営が行われている

1級ファイナンシャルプラニング技能士 小山英斗

記事にもあるように、リップルは他の仮想通貨とは少しその特徴が異なります。

特にリップルはその目的が「国際送金を早く安く」することを目指した通貨です。 日本の金融機関であるSBIもリップルのパートナー企業となっていて、リップルの普及を後押ししています。

おすすめの仮想通貨第3位はリップル(XRP)です。

リップルは、ビットコインのような非中央集権型の仮想通貨とは異なり、「Ripple Inc」という会社によって管理と運営が行われています。

リップルの最大の特徴は、国際送金が簡単に安く行うことができるという点です。

従来の国際送金は、SWIFT(国際銀行間通信協会)のルールに則っていたため、手数料が高く時間もかかっていました。

しかし、リップルの金融システムを用いることによって、国際送金を1〜4秒といった短い時間で済ますことができます。
※ビットコイン は、送金に約10分の時間がかかります。

異なる決済手段や通貨をつなぐその特徴から、「ブリッジ通貨」と呼ばれているリップルは、今後の期待が大きい仮想通貨です。

リップルを取引するなら

リップルを取引するなら、『DMM Bitcoin』もおすすめ。

DMM Bitcoinなら、リップルの「現物取引」「レバレッジ取引」の両方に対応。

登録からなんと『最短1時間』で取引を開始することができます。

今なら、新規登録で『2,000円キャッシュバック』を受けることができるキャンペーンも実施中!
(※キャンペーン期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分)

DMM Bitcoin

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェック<<<

DMM Bitcoinで仮想通貨を買ってみる

第4位:ビットコインキャッシュ(BCH)

仮想通貨_おすすめ_ビットコイン キャッシュ

通貨名 ビットコインキャッシュ(BCH)
発行開始年月 2017年8月
現在のレート(1通貨) ¥34,816.11(2022年1月時点)
時価総額 ¥661,256,086,654
発行上限 2100万枚
購入可能な取引所 Coincheck
レバレッジ取引可能な取引所 DMM Bitcoin
ビットコインキャッシュの注目ポイント
  • ビットコイン からのハードフォークによって誕生
  • ブロックサイズが32MBによるスケーラビリティ問題解決への道

おすすめの仮想通貨第4位はビットコインキャッシュ(BCH)です。

ビットコインキャッシュはビットコインのスケーラビリティ問題の対策としてハードフォーク(分岐)されて誕生しました。

スケーラビリティ問題とは?
スケーラビリティ問題とはビットコイン のブロックサイズが1MBに制限されているため、取引データの処理が間に合わなくなり、手数料の高騰や取引詰まりを起こしてしまうことです。
ビットコインキャッシュはこの問題の対策としてブロックサイズを拡大し、ライトコインは取引データを圧縮しました(segwit)。

ビットコインキャッシュの特徴は、ブロックチェーンの仕様変更を繰り返しているという点です。

過去にはブロックサイズの引き上げやハードフォークなどで機能の向上を計っています。

今後も仮想通貨情勢に応じたハードフォークの実施によって、より使いやすい仮装通貨へと発展する可能性があります。

通貨の仕様変更前は、価格が上昇しやすいという特徴もある将来有望な仮想通貨です。

第5位:ライトコイン(LTC)

仮想通貨_おすすめ_ライトコイン

通貨名 ライトコイン(LTC)
発行開始年月 2011年10月
現在のレート(1通貨) ¥12,355(2022年3月時点)
時価総額 ¥861,148,300,851
発行上限 8400万枚
購入可能な取引所 Coincheck
レバレッジ取引可能な取引所 DMM Bitcoin
ライトコインの特徴
  • トランザクション(取引)の承認時間が短い
  • segwitによるブロックサイズの圧縮を実現
  • ライトニングネットワークの導入が見込まれる

おすすめの仮想通貨第5位はライトコイン(LTC)です。

ライトコインの特徴は、ブロックがビットコインの1/4である約2分30秒で生成され、トランザクションの承認が約4倍のスピードで行われる点です。

2021年3月現在、1円以下の単位での支払いが可能になるマイクロペイメントを行えるようにライトニングネットワークの導入に向けた取り組みを行っています。

また、ライトコインはリリースされてから大きな変更やトラブルがなく、高い安定感を誇っており、さまざまな企業との連携に期待できます。

第6位:エンジンコイン(ENJ)

仮想通貨_おすすめ_エンジンコイン

通貨名 エンジンコイン(ENJ)
発行開始年月 2009年
現在のレート(1通貨) ¥143(2022年5月時点)
時価総額 ¥126,381,163,901(1200億)
発行上限 10億枚
購入可能な取引所 Coincheck
レバレッジ取引可能な取引所 DMM Bitcoin
エンジンコインの特徴
  • Enjinプラットフォームの基軸通貨
  • ブロックチェーンゲームを開発することができる
  • NFTを作成することができる

おすすめの仮想通貨第6位はエンジンコイン(ENJ)です。

エンジンコインは、2021年〜2022年にかけて大きく急騰している仮想通貨です。

他のアルトコインとは異なり、ゲーム開発ができるEnjinプラットフォームやNFTを作成できる仕組みを持っています。

Enjinプラットフォームはオンラインゲームの開発に利用されており、2,500を超えるプロジェクトがテストされています。

ブロックチェーンでゲームを開発できる特徴のあるエンジンコイン(ENJ)とNFTの相性はとても良く、今後の将来性は高いと予想できます

第7位:シンボル(XYM)

仮想通貨_おすすめ_シンボル

通貨名 シンボル(XYM)
発行開始年月 2021年3月17日
現在のレート(1通貨) ¥11.94(2022年5月時点)
時価総額 ¥66,674,575,789
発行上限 89億9999万9999枚
購入可能な取引所 Coincheck
レバレッジ取引可能な取引所 DMM Bitcoin
シンボルの特徴
  • シンボルの今後の方針を決める際の発言権を得る
  • エンタープライズ向けに設計されている
  • シンボルで使える機能を利用する際に手数料優遇を受けることができる

おすすめの仮想通貨第7位はシンボル(XYM)です。

シンボルの特徴は、元々ネム(NEM)のブロックチェーンのアップデート案として構想されたという点です。

ネムとシンボルの違いは、ネムは個人向けに設計されており、シンボルはエンタープライズ向けに設計されているということが挙げられます。

シンボルのコンセンサスアルゴリズムはPoS+を採用しており、積極的にシンボルを取引すると、シンボルの今後の開発に対する発言権を得ることができます。

企業とブロックチェーンを結びつけ、新しい価値の創出を支援したいという方におすすめの仮想通貨です。

仮想通貨のおすすめ取引所TOP7

仮想通貨_おすすめ_取引所
まずは将来有望な、仮想通貨を購入する際のおすすめな取引所を紹介します。

ランキングを参考に自分に合う取引所を見つけましょう!

第1位:Coincheck

仮想通貨おすすめ_Coincheckのレーダーチャート画像

Coincheckのメリット
  • 500円からビットコイン・仮想通貨を購入できる
  • 17種類もの豊富な仮想通貨を取り扱っている
  • 470万DLを突破したスマホアプリは高機能で使いやすい

おすすめ仮想通貨取引所ランキング第1位は『Coincheck』です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

Coincheck_アプリの画像

チャートは見やすく、取引がしやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作することができます。

また、ビットコインをはじめとして、国内最大級の通貨数を誇っています。

さらに、最短『10秒』で『500円』からサクッと仮想通貨を買うことができるため、特に初めての方にピッタリの仮想通貨取引所です!

キャンペーン・特典情報
  • 本人確認&入金完了で2,500円分のビットコインがもらえる!

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • ファクトム(FCT)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
ハッキング事件以前は、情報の機密性が高い「匿名通貨」の取り扱いもありました。 しかし「マネーロンダリング(資金洗浄)」などに使用されるリスクが懸念され、以下のような匿名通貨の上場は廃止されています。
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • モネロ(XMR)
  • ダッシュ(DASH)
  • オーガー(REP)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 約定金額(円)×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.001BTC
イーサリアム(ETH) 0.01ETH
リップル(XRP) 0.15XRP
ライトコイン(LTC) 0.001LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.001ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5XEM
ファクトム(FCT) 0.1FCT
リスク(LSK)  0.1LSK
モナコイン(MONA) 0.001MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01XLM
クアンタム(QTUM) 0.01QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0ENJ
オーエムジー(OMG) 5.0OMG
パレットトークン(PLT) 72.0PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
ファクトム × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

第2位:LINE BITMAX

仮想通貨おすすめ_LINEビットマックスのレーダーチャート画像

LINE BITMAXのメリット
  • LINEアプリから簡単に取引できる
  • LINE Payと連携できる
  • 仮想通貨の貸し出しサービスを利用できる

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行えるため、仮想通貨の未経験者でも使いやすい作りになっています。

有名通貨の取扱いはもちろんのこと、独自のトークン「リンク(LN)」の売買をすることができます。

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設や入金、暗号資産の購入に応じて独自トークン「リンク(LN)」がもらえる!

LINEビットマックス_バナー

>>LINE BITMAXの公式サイトはこちら<<

\口座開設でリンク(LN)もらえる/

LINE BITMAXで
仮想通貨を買ってみる

LINE BITMAXの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LN)
取り扱い通貨数は6種類です。
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE Pay:110円(税込) 銀行口座:400円(税込)
取引手数料や入金手数料は無料ですが、出金手数料に関してはLINE Payを利用すると安く抑えられます。
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 資金の分散管理
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。 ハッキングにあうリスクを小さく抑えており、取引所が倒産した場合でも顧客の資産は守られる決まりになっています。
LINEのグループ会社が運営していることから、LINEやLINE Payを普段から利用している人にとって使いやすい特徴があります。 入出金や本人確認もスムーズにスマホから行えるので、口座開設は簡単にできます。
販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン ✖️ ✖️
イーサリアム ✖️ ✖️
リップル ✖️ ✖️
ビットコインキャッシュ ✖️ ✖️
ライトコイン ✖️ ✖️
リンク ✖️ ✖️
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)では販売所形式での取引にのみ対応しています。

第3位:GMOコイン

仮想通貨おすすめ_GMOコインのレーダーチャート画像

GMOコインのメリット
  • 国内最多20種類の通貨を売買できる
  • 販売所だけでなく取引所も利用できる
  • 10種類の通貨の「レバレッジ取引」ができる

GMOコイン』は、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている取引所。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方が可能なため、取引形態の自由度が高いのが特徴です。

また、「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制や、抜け目のないセキュリティ対策も、注目すべきポイントです。

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

GMOコインは、レバレッジ取引の「仮想通貨FX」において、初心者から上級者までの幅広いユーザーから支持されています。
キャンペーン・特典情報
  • 暗号資産の購入で、毎日10名に現金1,000円が当たる!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインで
仮想通貨を買ってみる

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
GMOコインは、20種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。

第4位:DMM Bitcoin

仮想通貨おすすめ_dmmビットコインのレーダーチャート画像

DMM Bitcoinのメリット
  • 15種類もの仮想通貨で「レバレッジ取引」が可能
  • 取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料 

※BitMatch手数料を除く

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

DMM Bitcoinは販売所なので板がなく、かつスプレッドが狭いため、初心者でも簡単かつ低コストで始められます

DMMビットコイン_アプリ画像

DMM Bitcoin』は、数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を親会社に持つ取引所。

「レバレッジ取引」に特化しており、15種類もの暗号資産でレバレッジ取引を行うことが可能です!

たくさんのアルトコインを取引できる他、なんと取引手数料に加えて「出入金手数料」や「送金手数料」まで全て無料。※BitMatch手数料を除く

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設完了で2,000円プレゼント!
※キャンペーン期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで
仮想通貨を買ってみる

DMM Bitcoinの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM/XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XML)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
販売所(現物) 取引所(現物) レバレッジ
ビットコイン ×
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン ×
ビットコインキャッシュ ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
ステラルーメン ×
モナコイン ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン ×
オーエムジー ×
テゾス × ×
エンジンコイン ×
シンボル × ×
DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化している取引所ですが、主要通貨である「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「ステラルーメン」の現物取引にも対応しています。 現物取引とレバレッジ取引を並行して行うことができるので、使い勝手が非常に良いですね。

第5位:みんなのコイン / LIGHT FX コイン

仮想通貨おすすめ_みんなのコインのレーダーチャート画像

みんなのコインのメリット
  • 暗号資産の取引手数料が無料!
  • 2倍のレバレッジをかけることができ、現物取引よりも大きな金額を動かせる
  • コールセンターにも対応。上場企業による運営なので、安心感も抜群!

仮想通貨のおすすめ取引所ランキング第5位は『みんなのコイン』と『LIGHT FX コイン』です。

暗号資産に「2倍」のレバレッジをかけることができ、大きな利益を狙うことができます。

「レバレッジ取引」と聞くと難しそうなイメージを持たれる方も多いと思いますが、取引画面は至ってシンプル!

初心者の方でも迷わず操作することができ、かつテクニカル分析にも対応。

FX取引なども展開する「トレイダーズ証券」によって展開されているので、安心感も抜群です!

>>>みんなのコインの公式サイトはこちら<<<

みんなのコインで
仮想通貨を買ってみる

また、同じくトレイダーズ証券によって運営されている「LIGHT FX コイン」でも、暗号資産CFDを行うことが可能!

両者のスペックの違いはほぼありませんが、チャート・取引画面の仕組みは少し異なりますので、ご自身に合った方を使用すると良いでしょう。

「暗号資産で大きな利益を狙いたい」という方にとって、暗号資産CFDはイチオシです。

>>>LIGHT FXコインの公式サイトはこちら<<<

LIGHT FXコインで
仮想通貨を買ってみる

第6位:bitFlyer

仮想通貨おすすめ_bitFlyerのレーダーチャート画像

bitFlyerのメリット
  • 販売所では1円から仮想通貨を購入できる
  • 合計で14種類もの仮想通貨を取り扱っている
  • ビットコインのレバレッジ取引にも対応

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

bitFlyerは、国内取引所の現物取引では唯一、4つの注文種別と5つの執行条件を選ぶことができます。

bitFlyerは、なんとビットコインの取引量が6年連続国内No.1!※ 取引量においては、他の取引所よりも大きく優っています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

販売所では、ビットコインを含めて「14種類」の仮想通貨を、なんと1円から購入することができます。

キャンペーン・特典情報
  • スマホアプリからのログインで、毎日抽選で最大 10 名に 1,000 円相当、 最大 3,000 名に 5 円相当のビットコインをプレゼント

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで
仮想通貨を買ってみる

bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 無料
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、取引手数料と入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!
ビットコインが貯まるクレカ

上記bitFlyerから、『ビットコインが貯まるクレジットカード』が登場!

普段の買い物でこのカードを使うだけで、ビットコインをどんどん貯めることができます。

さらにキャンペーン中の今なら、先着10,000名の方限定でもれなく『500円相当』のビットコインがもらえます。

元手資金をおさえつつビットコインを取引したい」という方に、イチオシのクレジットカードです!

>>> bitFlyerクレカの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerクレカを無料で作ってみる

第7位:Zaif

仮想通貨おすすめ_Zaifのレーダーチャート画像

Zaifのメリット
  • 独自のトークンを発行している
  • CAICAの子会社となり、セキュリティも安心
  • コスプレトークン(COT)の取り扱いをしている

経営体制を一新して、安心・安全の取引所を運営しているのは『Zaif』です。

Zaifの特徴は、国内ではZaifでしか取り扱いがないトークンが豊富です。

ザイフトークンやカイカコインを始めとした、将来性が有望なトークンを取引することができます。

仮想通貨_おすすめ_zaifコイン積立

また「暗号資産に興味はあるけど、売買タイミングが分からない…」という方のためにZaifコイン積立を利用することができます。。

Zaifは、長期投資でのリスク軽減と安定した収益を目指したいという方におすすめです。

>>>Zaifの公式サイトはこちら<<<

Zaifで
仮想通貨を買ってみる

初心者必見|仮想通貨で稼ぐためのコツ3つ

仮想通貨_おすすめ_稼ぐコツ
仮想通貨の正しい稼ぎ方を学ぶことで、資産を大幅に増やすことができます!

この章では初心者の方に向けて、仮想通貨で稼ぐためのコツを紹介していきます。

仮想通貨で稼ぐコツ その1:取引所を複数登録する

仮想通貨取引所を複数登録するメリットは以下の3つです。

取引所を複数登録するメリット
  1. 通信障害やサーバダウンなどのリスクヘッジになる
  2. さまざまなアプリや機能を使うことができる
  3. アービトラージができる

通信障害やサーバダウンなどのリスクヘッジになる

一つの取引所だけを使っているとその取引所がサーバーダウンしてしまうと取引をすることができなくなってしまいます。

その際に、取引のチャンスを逃してしまったり、持っていた仮想通貨の価値が落ちてしまったりするかもしれません。

複数の取引所を開設し利用することで、そのようなリスクを分散させることができます。

さまざまなアプリや機能を使うことができる

仮想通貨取引において、たくさんの情報を早く手に入れて他のトレーダーよりも有利に立つことは大切です。

さまざまなアプリや機能を用いて、取引所が出している情報をいち早く利用しましょう!

アービトラージができる

アービトラージとは複数の取引所間で生まれる価格差を利用して利益を出す取引方法です。

簡単に言うと、ビットコインをCoincheckで買ってbitFlyerで売るということです。

複数の取引所を使えるようにしておくことで、リスクをとらずに利益を出すこともできます!

仮想通貨で稼ぐコツ その2:仮想通貨を分析する

仮想通貨の分析方法は「ファンダメンタル分析」「テクニカル分析」の2種類あります。

ファンダメンタル分析とは、その通貨の開発元の財務状況やその通貨が達成したいビジョンにどれだけ近づいているかを分析する手法のことをいいます。

そして、市場価格が割安と判断したら通貨を購入し、適正価格まで上がったら売却します。

通貨の成長性や安全性を元に将来の価格を予想しましょう。

一般的に、財務状況や活動内容は公式サイトやSNSを使って収集します。

一方でテクニカル分析とは、過去のチャートの値動きからトレンドやパターンを把握して、将来の価格を予想するという分析方法です。

自分の分析力次第で今度の相場の動きの予測精度を上げることができます。

初心者の方は、ローソク足の読み方や単純移動平均線の推移などに注目してトレードすると良いでしょう。

このファンダメンタル分析とテクニカル分析を組み合わせながら、取引を重ねることで今より利益を上げることができます

仮想通貨で稼ぐコツ その3:ガチホ(長期保有)する

ガチホとは「ガチで(本気で)、ホールド(保有)する」という意味です。

投資に慣れていない頃は、毎日チャートの分析や世の中の情勢にアンテナを張りつづけることは難しいかもしれません。

ガチホは、一度その通貨を分析して将来性を見込んで投資した後、細かな値動きに一致一憂することなく、長期的なスパンで投資をします。

持っている仮想通貨が暴騰したときにまとめて売却することで資産を大幅に増やすことができます。

ただし、ガチホは必ず現物取引で行いましょう

現物取引以外の場合、通貨を保有しているだけで毎日手数料が発生するためです。

ちなみに『Coincheck』の場合は、取引手数料が無料です。

数ある仮想通貨をたったの『500円』から取引することができます。

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

おすすめの仮想通貨に関するQ&A

おすすめ_仮想通貨_Q&A
仮想通貨に関するよくある質問を紹介します。

仮想通貨に関するおすすめの〇〇に焦点を当てて解説していきます。

Q.おすすめの仮想通貨銘柄は?

仮想通貨のおすすめのコインは以下の通りです。

仮想通貨のおすすめコイン第1位は、ビットコイン(BTC)です

ビットコインは、2021年9月7日にエルサルバドルで世界初の法定通貨となる見込みです。

今後もこの法定通貨の流れが世界各国で行われると、価格は上昇していくでしょう。

Q.NFT関連でおすすめの仮想通貨銘柄は?

NFT関連でおすすめの仮想通貨銘柄は、エンジンコイン(ENJ)です。

そもそもNFTとは非代替性トークンというもので、デジタル上のデータの価値を保全するものです。

NFT市場は米国で特に大きな成長を見せており、今後も拡大していくことが予測されます。

現状、仮想通貨のNFT銘柄は海外の取引所を中心に取引をすることができます。

ただし今回紹介した、エンジンコインは日本の取引所であるCoincheckとGMOコインで取引することが可能です。

Q.おすすめの仮想通貨取引所は?

おすすめの仮想通貨取引所は、『Coincheck』です。

Coincheck』は20社以上ある国内取引所の中で最多の「17種類」の通貨が取引できます。

セキュリティ対策に関しても、ハッキング被害を受けてから厳重に体制が整備され、今ではとても安全に利用できます。

また、最小『500円』からビットコインやアルトコインを買うことができるので、リスクを最小限にまで抑えることもできます。

初心者から中・上級者にまで、幅広い層に愛されている仮想通貨取引所です。

Q.仮想通貨のおすすめチャートは?

仮想通貨のおすすめのチャートはTradingView(トレーディングビュー)です。

TradingViewは誰でも無料で使える高性能チャート取引ツールです。

TradingViewの特徴は、株・FX・仮想通貨などさまざまな銘柄に対応している点です。

多くの市場を見ることで相関性を利用したトレードができるのが強みです。

Q.仮想通貨取引におすすめのスマホアプリは?

仮想通貨取引におすすめのスマホアプリは、取引所がリリースしているアプリです。

例えば、Coincheckなら、スマホで簡単に仮想通貨取引をすることができるアプリをリリースしています。

プロ向けのツールにも関わらず、初心者でも使いやすくなっており、手軽に売買することができるのでおすすめです。

仮想通貨おすすめ|まとめ

仮想通貨_おすすめ_まとめ

以上おすすめの仮想通貨について解説してきました。

今まで仮想通貨の銘柄や取引所選びに困っていた方は、参考にしてください!

仮想通貨は誰でも簡単に始められて手軽に取引ができるという反面、正しくトレードしなければ損をしてしまう金融商品です。

仮想通貨に関しての知識を身に付けて相場を読み切り、利益を上げましょう!

おすすめの仮想通貨|まとめ
  • 仮想通貨の銘柄は、将来性を着目して選ぶことが重要。
  • 今一番おすすめの仮想通貨はビットコイン。
  • スムーズにビットコインの取引を行うなら、取引量の多さが重要になってくる。
  • 数ある国内取引所の中でも『Coincheck』なら、国内最多17種類の通貨が取引できる。
  • Coincheck』ならビットコインの取引手数料が無料で、最小なんと『500円』という少額からビットコインを買うことができる。

 

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

この記事に登場した専門家

1級ファイナンシャルプラニング技能士 未来が見えるね研究所 代表 小山英斗

1967年神奈川県生まれ。

2018年、未来が見えるね研究所を設立。神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、資産運用相談、保険相談、住宅建築相談サービス等を展開しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場からのお手伝いをさせていただいています。また、住宅購入にあたってはFPとしてだけでなく、住宅建築コーディネーターの立場としてもサポートにあたることがあります。

人生100年時代、『未来が見えるね研究所』では「100歳まで走り抜くためのマルチステージの生き方」を研究テーマに、多くの人と多くの未来を一緒に描いています。

得意分野:ライフプラン作成、資産運用、住宅建築、住宅ローン見直し、保険見直し、仮想通貨

資格:1級ファイナンシャルプラニング技能士(資産設計提案業務)、日本FP協会所属CFP®、住宅ローンアドバイザー住宅建築コーディネーター

座右の銘:虚静恬淡

好きなもの:旅行、建築、カフェ、散歩、今ここ

1 COMMENT

匿名

誤って投稿をしてしまいました。削除をお願いいたしいます。申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)