【2021年4月】仮想通貨おすすめ銘柄&取引所ランキング!これから伸びる将来性の高い通貨はこれ!

仮想通貨のおすすめの銘柄を知りたい!
仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所は?

仮想通貨が話題となっている昨今、上記のような疑問を感じる方も多いと思います。

仮想通貨は現在3000種類を超えており、「結局どの仮想通貨がおすすめなの?」と売買する銘柄を迷っているのではないでしょうか?

価格が何倍にも跳ね上がる仮想通貨には必ずその理由があります!!

また、利益を最大化するためにも取引所にはこだわりたいですよね。

この記事では、おすすめの仮想通貨銘柄と仮想通貨取引所にスポットライトを当てて徹底解説していきます!

是非参考にしてください。

当サイトの人気記事はこちら
M&A仲介会社14社を徹底比較!

おすすめの仮想通貨をざっくり言うと
  • 仮想通貨の銘柄は将来性を重視して選ぶこと
  • 今一番おすすめの仮想通貨はビットコイン
  • 使いやすく初心者に優しい取引所はDMM Bitcoin!
  • DMM Bitcoin11種類もの暗号資産を取り扱っており、取引手数料も無料!

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

5分でできる!DMM Bitcoinの無料口座開設はこちら

仮想通貨のおすすめな選び方

仮想通貨_おすすめ_選び方
仮想通貨は3000種類以上もあり、どの通貨が「値上がりしそうな通貨」か判別するのは難しいですよね。

投資対象とする仮想通貨を選ぶ上で、重視する点は以下の4点になります。

順番に見ていきましょう。

投資対象とする仮想通貨の選び方

仮想通貨を選ぶポイント1:信頼性

仮想通貨_おすすめ_選び方_信頼性
仮想通貨を選ぶポイントの1つ目は通貨としての信頼性です。

ホワイトリストに掲載されている仮想通貨は、実質面を重視した厳しい審査を経て登録されているため、他の通貨に比べて安全性・信頼性が高いと言われています。

ホワイトリストとは?
金融庁の登録を受けた国内取引所で取り扱っている仮想通貨のことです。

現在、ホワイトリストに掲載されている銘柄は下記の23通貨が該当しています。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • キャッシュ
  • リップル
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • モナコインリスク
  • ネム
  • ステラルーメン
  • ファクトム
  • コバン
  • フィスココイン
  • ネクスコイン
  • カイカコイン
  • カウンターパーティー
  • ザイフ
  • ビットクリスタル
  • ストレージコインエックス
  • ペペキャッシュ
  • ゼン
  • コムサ

仮想通貨を選ぶポイント2:流動性

仮想通貨_おすすめ_選び方_流動性
仮想通貨を選ぶポイントの2つ目は流動性の高さです。

流動性が高いとは、「通貨の取引量がたくさんある」ということです。

流動性が低いと売買の際に、適正な市場価格で買えなかったり、約定が大幅にすべったりするので注意しましょう。

流動性(取引高)は取引板を見て、注文価格と注文量を見比べることで判断できます。

仮想通貨を選ぶポイント3:時価総額

仮想通貨_おすすめ_選び方_時価総額
仮想通貨を選ぶポイント3つ目は時価総額です。

MEMO
時価総額 = 仮想通貨の市場価格 × 通貨の発行数

仮想通貨の時価総額が高いということは、取引ユーザーが多いということであり、結果として通貨の流動性・信頼性が高まります。

時価総額があまりにも低い場合や、取引量が小さく収益に貢献できていない場合、取引所での扱いが終了(上場廃止)となる不安もあります。

マイナーな仮想通貨が上場廃止となってしまうと取引ができないため、価格が暴落してしまいます。

また、仮想通貨の中にはブロックチェーンシステムを備えていない架空コイン(詐欺コイン)というものがあります。

次のビットコインやイーサリアムを見つけようと、あまり有名ではない通貨に投資するのは悪いことではありません。

しかし、最低限の時価総額とブロックチェーンシステムの確認は信頼できる仮想通貨か否かを判断する上でとても大切になってきます。

初心者の方は、ホワイトリスト入りしている仮想通貨銘柄から始めるのがおすすめです。

仮想通貨時価総額ランキング

仮想通貨を選ぶポイント4:将来性

仮想通貨_おすすめ_選び方_将来性
仮想通貨を選ぶポイントの4つ目は将来性です。

仮想通貨の値上がりの主な原因は、その仮想通貨システムに暗号資産のビジョンを実現できる力があるということです。

暗号資産のビジョンとは?
ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。
仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。
まだまだ発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。

出典:https://bitflyer.com/

以下の3点を見て、その仮想通貨が伸びるかを判断しましょう。

将来性の評価ポイント
  1. 競合の有無
  2. 現在の状況
  3. ブロックチェーンのシステム

仮想通貨おすすめ銘柄TOP5

仮想通貨_おすすめ_銘柄
この章では、2021年におすすめの仮想通貨の銘柄をランキング形式でご紹介します!

信頼性・流動性・時価総額・将来性に着目しながら、今後値上がりしそうな通貨を選定しました。

今おすすめの仮想通貨は以下の5つです!

おすすめの仮想通貨 第1位:ビットコイン(BTC)

仮想通貨_おすすめ_ビットコイン

通貨名 ビットコイン(BTC)
発行開始年月 2009年1月
現在レート(1通貨) 5,878,973.89円
時価総額 ¥109,405,053,156,916(100兆)
発行上限 20,999,999.9769BTC(変更可能)
購入可能な取引所 bitFlyer
レバレッジ可能な取引所 DMM Bitcoin
ビットコインの注目ポイント
  • 世界で最初に作られた仮想通貨
  • 非中央集権型の電子決済システム
  • 仮想通貨の基軸となっている

おすすめ仮想通貨第1位はビットコイン(BTC)です。

ビットコインは2008年に発表されたサトシナカモトの論文を受けて開発された、世界初の仮想通貨です。

暗号資産の中で最も有名であり、時価総額も最高値となっています。

ビットコインの最大の特徴は、金融機関のような第三者を介することなく、参加者全員で管理する分散型の決済システムを構築しているという点です。

ビットコインの価格は他のほぼ全ての仮想通貨に少なからず影響を与えているため、事実上の基軸通貨となっています。

このようにビットコインは仮想通貨の中でも、リーダー的存在なので仮想通貨投資を考える際に最初に考慮すべき銘柄です。

2021年3月現在も最高値を更新しており、今一番おすすめの仮想通貨です。

ビットコインのリアルタイムチャート

おすすめの仮想通貨第2位:イーサリアム(ETH)

仮想通貨_おすすめ_イーサリアム

通貨名 イーサリアム(Ethereum)
発行開始年月 2015年8月7日
現在のレート 約164,000円
時価総額 ¥22,798,159,998,867
発行上限 なし(1年間に1800万枚)
購入可能な取引所 bitFlyer
レバレッジ可能な取引所 DMM Bitcoin
イーサリアムの注目ポイント
  • アルトコインの中で時価総額 第1位
  • スマートコントラクト機能搭載
  • 発行上限と半減期がない

おすすめ仮想通貨第2位はイーサリアム(ETH)です。

イーサリアムは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中で時価総額第1位ととても注目度の高い仮想通貨です。

イーサリアムの特徴は、スマートコントラクトという機能が搭載されていることです。

スマートコントラクトとは?
スマートコントラクトとは、人の手を介入させることなく契約内容を自動で実行するしくみ  (イメージ:自動販売機)
仮想通貨の基本情報である「いつ、誰が、誰に、いくら支払った」という情報に加えて、アプリケーションプログラムを実行することができます。

このスマートコントラクトは契約の改竄ができないため、企業間の重要な契約やサービスの売買に応用できることから、非常に拡張性のあるシステムとして期待されています。

この機能があるため、イーサリアムが他のアルトコインと一線を画しています。

通常仮想通貨は、発行上限と半減期(マイニングの報酬が減少するタイミング)が設けられています。

一方でイーサリアムは、発行上限と半減期が設定されていません。

そのため、今後も安定した供給が見込めます。

仮想通貨市場でビットコインの影響力が弱まっていると言われている昨今、イーサリアムを筆頭としたアルトコインの動向に注目しましょう。

おすすめの仮想通貨第3位:リップル(XRP)

仮想通貨_おすすめ_リップル

通貨名 リップル(XRP)
発行開始年月 2013年9月
現在のレート(1通貨) 約45円
時価総額 ¥2,374,515,157,251
発行上限 1000億XRP
購入可能な取引所 bitFlyer
レバレッジ可能な取引所 DMM Bitcoin
リップルの注目ポイント
  • 上限の1000億枚まで発行済み
  • 「リップル・トランザクション・プロトコル(RTXP)」という送金システムが優秀
  • Ripple Inc」によって管理と運営が行われている

おすすめの仮想通貨第3位はリップル(XRP)です。

リップルは、ビットコインのような非中央集権型の仮想通貨とは異なり、「Ripple Inc」という会社によって管理と運営が行われています。

リップルの最大の特徴は、国際送金が簡単に安く行うことができるという点です。

従来の国際送金は、SWIFT(国際銀行間通信協会)のルールに則っていたため、手数料が高く時間もかかっていました。

しかし、リップルの金融システムを用いることによって、国際送金を1〜4秒といった短い時間で済ますことができます。
※ビットコイン は、送金に約10分の時間がかかります。

異なる決済手段や通貨をつなぐその特徴から、「ブリッジ通貨」と呼ばれているリップルは、今後の期待が大きい仮想通貨です。

おすすめの仮想通貨第4位:ビットコインキャッシュ(BCH)

仮想通貨_おすすめ_ビットコイン キャッシュ

通貨名 ビットコインキャッシュ(BCH)
発行開始年月 2017年8月
現在のレート(1通貨) 約57,541円
時価総額 ¥1,096,144,036,045
発行上限 2100万枚
購入可能な取引所 bitFlyer
レバレッジ可能な取引所 DMM Bitcoin
ビットコインキャッシュの注目ポイント
  • ビットコイン からのハードフォークによって誕生
  • ブロックサイズが32MBによるスケーラビリティ問題解決への道

おすすめの仮想通貨第4位はビットコインキャッシュ(BCH)です。

ビットコインキャッシュはビットコインのスケーラビリティ問題の対策としてハードフォーク(分岐)されて誕生しました。

スケーラビリティ問題とは?
スケーラビリティ問題とはビットコイン のブロックサイズが1MBに制限されているため、取引データの処理が間に合わなくなり、手数料の高騰や取引詰まりを起こしてしまうことです。
ビットコインキャッシュはこの問題の対策としてブロックサイズを拡大し、ライトコインは取引データを圧縮しました(segwit)。

ビットコインキャッシュの特徴は、ブロックチェーンの仕様変更を繰り返しているという点です。

過去にはブロックサイズの引き上げやハードフォークなどで機能の向上を計っています。

今後も仮想通貨情勢に応じたハードフォークの実施によって、より使いやすい仮装通貨へと発展する可能性があります。

通貨の仕様変更前は、価格が上昇しやすいという特徴もある将来有望な仮想通貨です。

おすすめの仮想通貨第5位:ライトコイン(LTC)

仮想通貨_おすすめ_ライトコイン

通貨名 ライトコイン(LTC)
発行開始年月 2011年10月
現在のレート(1通貨) 約21,147円
時価総額 ¥1,434,728,579,478
発行上限 8400万枚
購入可能な取引所 bitFlyer
レバレッジ可能な取引所 DMM Bitcoin
ライトコインの特徴
  • トランザクション(取引)の承認時間が短い
  • segwitによるブロックサイズの圧縮を実現
  • ライトニングネットワークの導入が見込まれる

おすすめの仮想通貨第5位はライトコイン(LTC)です。

ライトコインの特徴は、ブロックがビットコインの1/4である約2分30秒で生成され、トランザクションの承認が約4倍のスピードで行われる点です。

2021年3月現在、1円以下の単位での支払いが可能になるマイクロペイメントを行えるようにライトニングネットワークの導入に向けた取り組みを行っています。

また、ライトコインはリリースされてから大きな変更やトラブルがなく、高い安定感を誇っており、さまざまな企業との連携に期待できます。

仮想通貨のおすすめ取引所TOP3

仮想通貨_おすすめ_取引所
続いて、仮想通貨を購入する際のおすすめな取引所を紹介します。

ランキングを参考に自分に合う取引所を見つけましょう!

おすすめ取引所 第1位:DMM Bitcoin


DMM Bitcoinの特徴
  • 大手DMMグループが運営している
  • アルトコインのFXに特化している
  • 1,000円のプレゼントの口座開設キャンペーン

暗号資産取引所のおすすめ取引所ランキング第1位は『DMM Bitcoin』です!

DMM.comという超大手企業によって運営されているので、安心・安全です。

DMM Bitcoinで取り扱われている11種類のすべてのアルトコインがレバレッジ取引できます。

今なら無料口座開設キャンペーンで1,000円プレゼントしているので、この1,000円を元手にレバレッジ取引で利益を上げることもできます!

最短即日で口座開設できるので、あっという間に取引を始めることができます!
キャンペーン期間(2020年5月5日(火)0時0分~2021年6月1日(火)6時59分)

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinの登録はこちら

おすすめ取引所 第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)


bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
  • 国内最大級の取引量
  • セキュリティが世界トップレベル
  • 最大4倍のレバレッジ取引

おすすめ取引所ランキング第2位はbitFlyer(ビットフライヤー)です!

bitFlyerは20社以上ある国内取引所の中でビットコイン取引量No. 1の仮想通貨取引所です。

bitFlyerでは仮想通貨のFXを行うことができます。

セキュリティ対策もバッチリで2014年にサービスを開始してから、ハッキング等の盗難被害を受けたことはありません。

加えて、最大500万円までの盗難保証がついているので安心して取引をすることができます。

レバレッジをかけて仮想通貨を小額で始めたい方には特におすすめの取引所です!

おすすめ取引所 第3位:Coincheck(コインチェック)


Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 取引できる仮想通貨の種類が豊富
  • アプリやサイトは直感的に分かりやすく作られている
  • 取引手数料・入金手数料が無料

仮想通貨のおすすめ取引所ランキング第3位はCoincheck(コインチェック)です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

ローソク足の見方が分からない仮想通貨取引初心者でも親しみやすい取引所です。

売買できる仮想通貨の数は国内最多の「15種類」となっており、さまざまなアルトコインを取引することができます。


アプリのダウンロード数は270万を突破しており、取引所の人気が伺えます。

コインチェックの評判はどう?超辛口でメリット・デメリット・口コミを徹底解説!

初心者必見|仮想通貨で稼ぐためのコツ3つ

仮想通貨_おすすめ_稼ぐコツ
仮想通貨の正しい稼ぎ方を学ぶことで、資産を大幅に増やすことができます!

この章では初心者の方に向けて、仮想通貨で稼ぐためのコツを紹介していきます。

その1:仮想通貨取引所を複数登録する

仮想通貨取引所を複数登録するメリットは以下の3つです。

取引所を複数登録するメリット
  1. 通信障害やサーバダウンなどのリスクヘッジになる
  2. さまざまなアプリや機能を使うことができる
  3. アービトラージができる

通信障害やサーバダウンなどのリスクヘッジになる

一つの取引所だけを使っているとその取引所がサーバーダウンしてしまうと取引をすることができなくなってしまいます。

その際に、取引のチャンスを逃してしまったり、持っていた仮想通貨の価値が落ちてしまったりするかもしれません。

複数の取引所を開設し利用することで、そのようなリスクを分散させることができます。

さまざまなアプリや機能を使うことができる

仮想通貨取引において、たくさんの情報を早く手に入れて他のトレーダーよりも有利に立つことは大切です。

さまざまなアプリや機能を用いて、取引所が出している情報をいち早く利用しましょう!

アービトラージができる

アービトラージとは複数の取引所間で生まれる価格差を利用して利益を出す取引方法です。

簡単に言うと、ビットコインをCoincheckで買ってbitFlyerで売るということです。

複数の取引所を使えるようにしておくことで、リスクをとらずに利益を出すこともできます!

その2:分析する

分析方法は「ファンダメンタル分析」「テクニカル分析」の2種類あります。

ファンダメンタル分析とは、その通貨の開発元の財務状況やその通貨が達成したいビジョンにどれだけ近づいているかを分析する手法のことをいいます。

そして、市場価格が割安と判断したら通貨を購入し、適正価格まで上がったら売却します。

通貨の成長性や安全性を元に将来の価格を予想しましょう。

一般的に、財務状況や活動内容は公式サイトやSNSを使って収集します。

一方でテクニカル分析とは、過去のチャートの値動きからトレンドやパターンを把握して、将来の価格を予想するという分析方法です。

自分の分析力次第で今度の相場の動きの予測精度を上げることができます。

初心者の方は、ローソク足の読み方や単純移動平均線の推移などに注目してトレードすると良いでしょう。

このファンダメンタル分析とテクニカル分析を組み合わせながら、取引を重ねることで今より利益を上げることができます

その3:ガチホ(長期保有)する

ガチホとは「ガチで(本気で)、ホールド(保有)する」という意味です。

投資に慣れていない頃は、毎日チャートの分析や世の中の情勢にアンテナを張りつづけることは難しいかもしれません。

ガチホは、一度その通貨を分析して将来性を見込んで投資した後、細かな値動きに一致一憂することなく、長期的なスパンで投資をします。

持っている仮想通貨が暴騰したときにまとめて売却することで資産を大幅に増やすことができます。

ただし、ガチホは必ず現物取引で行いましょう

現物取引以外の場合、通貨を保有しているだけで毎日手数料が発生するためです。

おすすめの仮想通貨に関するQ&A

おすすめ_仮想通貨_Q&A
仮想通貨に関するよくある質問を紹介します。

チャートとインジケーターに焦点を当てて解説していきます。

Q.仮想通貨のおすすめチャートは?

仮想通貨のおすすめのチャートはTradingView(トレーディングビュー)です。

TradingViewは誰でも無料で使える高性能チャート取引ツールです。

TradingViewの特徴は、株・FX・仮想通貨などさまざまな銘柄に対応している点です。

多くの市場を見ることで相関性を利用したトレードができるのが強みです。

Q.仮想通貨のおすすめインジケータは?

仮想通貨でおすすめのインジケータは以下の3つになります。

  1. 単純移動平均線(SMA)
  2. ボリンジャーバンド(Bollinger Band)
  3. RSI(相対力指数)

①移動平均線の傾き角度でトレンドの方向と強弱を判断することができるため、仮想通貨の相場を、一つの流れとして捉えることができます。

②ボリンジャーバンドは、単純移動平均線に標準偏差を加えたテクニカル指標です。

高値側の標準偏差ラインにチャートが近づけば売り、低値側の標準偏差ラインに近づけば買いなどの予測を立てやすくなります。

③RSIは、その通貨がどれぐらい売買されているかを示す指標です。

一般的に、RSIが75%以上になれば売り、30%以下になれば買いと言われています。

仮想通貨おすすめ|まとめ

仮想通貨_おすすめ_まとめ
以上おすすめの仮想通貨について解説してきました。

今まで仮想通貨の銘柄や取引所選びに困っていた方は、参考にしてください!

仮想通貨は誰でも簡単に始められて手軽に取引ができるという反面、正しくトレードしなければ損をしてしまう金融商品です。

仮想通貨に関しての知識を身に付けて相場を読み切り、利益を上げましょう!

では最後におさらいです。

仮想通貨おすすめ銘柄TOP3
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(Ethereum)
  3. リップル(XRP)
仮想通貨のおすすめ取引所TOP3
  1. bitFlyer(ビットフライヤー)
  2. DMM Bitcoin
  3. Coincheck(コインチェック)
おすすめの仮想通貨|まとめ
  • 仮想通貨の銘柄は将来性を重視して選ぶこと
  • 今一番おすすめの仮想通貨はビットコイン
  • 使いやすく初心者に優しい取引所はDMM Bitcoin
  • 仮想通貨で稼ぐためには複数の取引所を登録しよう!

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinの登録はこちら

 

【人気記事】

FX初心者必見!2021年おすすめFX口座ランキングTOP10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)