本サイトにはプロモーション広告を含みます。なお、掲載されている広告の概要や評価等は事実に反して優遇されることはありません。

【2023年最新】仮想通貨おすすめ銘柄ランキング10選!将来性のある仮想通貨の見分け方も紹介!

仮想通貨おすすめ銘柄ランキング

現在、仮想通貨総合情報サイトの「CoinMarketCap」には、合計「9,168種類」の情報が掲載されています。

しかし、最近では専門的な知識がなくても、新たな仮想通貨を簡単に生み出せるようになったことから、実際は1万を大きく超える種類があることでしょう。

  • 銘柄が多すぎて、どれを選んだらいいのかわからない
  • これから伸びる銘柄だけを知りたい
  • 将来性の高いアルトコインをわかりやすく解説してほしい

このように感じている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、仮想通貨のおすすめ銘柄と選び方、投資方法などを解説していきます。

記事を読むことで仮想通貨選びに迷うことがなくなり、どのように購入し運用したらいいかがわかるようになります。

この記事について
  • 将来性が高いおすすめ銘柄はビットコイン
  • ビットコインは仮想通貨で最も時価総額が大きく人気
  • ビットコインは積立投資もできるので簡単!
  • 銘柄が豊富で手数料が安いGMOコインがおすすめ!
GMOコインキャンペーンバナー

\ 手数料無料で安心のGMOグループ運営! /

>> GMOコイン公式サイト <<

※この記事では、金融庁からの認可を受けており、関東財務局長日本暗号資産取引業協会会員に登録されている仮想通貨取引所のみを紹介しています。

【最新版】仮想通貨のおすすめ銘柄ランキング10選

仮想通貨おすすめコイン

2023年最新版のおすすめ仮想通貨銘柄は以下の6つです。

仮想通貨のおすすめ銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ポルカドット(DOT)
  • カルダノ(ADA)
  • アバランチ(AVEX)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • メイカー(MKR)
  • コスモス(ATOM)
  • エンジンコイン(ENJ)

1位 ビットコイン(BTC)

仮想通貨ビットコイン
名称(ティッカー)Bitcoin(BTC)
価格(2023年8月時点)¥3,750,814
時価総額(2023年8月時点)¥74,557,400,559,031
時価総額ランキング1位
一言まとめ仮想通貨で最も将来性がある銘柄
おすすめ度(5段階評価)★★★★★
購入できる取引所Coincheck、LINE BITMAXなど
参考:CoinMarketCap

ビットコインは2009年に「サトシ・ナカモト」が論文(※1)を発表したことから始まった、世界で初めて誕生した仮想通貨です。

※1 サトシ・ナカモトの論文はこちら

ビットコインの特徴
  • 世界で初めて生まれた仮想通貨
  • コンピュータに複雑な計算をさせ、一番最初に答えを見つけた人に新たなビットコインが付与される
  • 決済や取引所の通貨ペアとしても利用され、法定通貨として採用している国もある

ビットコインが実用的に使われたのは、2010年「1万BTCをピザ2枚と交換」したことが最初といわれています。

1万BTCは今となっては200億円を超える金額ですが、当時は現金化できず、価値があるかどうかも疑わしいものでした。

実際に使われてからは取り扱いを始める取引所が少しずつ増え始め、暴落と暴騰を繰り返しながら、2021年11月には最高値となる「1BTC=770万円」に到達しました。

現在は決済の利用や取引所の通貨ペア、エルサルバドルのように法定通貨として採用している国もあります。

すでに「仮想通貨=ビットコイン」とも認知されており、ビットコインの値動きが仮想通貨市場の行方を左右するといっても過言ではありません。

今後電子決済や法定通貨化など、多くのシーンで使われることになるでしょう。

「もう値上がりしすぎて、もう伸び代はないのではないか」「今さらビットコインを買っても遅いのではないか」と考えている人もいるかもしれませんが、ビットコインはまだ始まったばかりです。

伸びる余地はまだまだ十分にあります。

これから仮想通貨投資を始める方は、まずはビットコインを抑えておきましょう。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

2位 イーサリアム(ETH)

仮想通貨イーサリアム
名称(ティッカー)Ethereum(ETH)
価格(2023年8月時点)¥238,423
時価総額(2023年8月時点)¥28,764,731,479,747
時価総額ランキング(2023年8月時点)2位
一言まとめビットコインを超える可能性のある銘柄
おすすめ度(5段階評価)★★★★
購入できる取引所Coincheck、GMOコインなど
参考:CoinMarketCap

イーサリアムは2015年に一般公開された、時価総額第2位の仮想通貨です。

イーサリアムの特徴
  • 一時期リップルに時価総額で抜かれたが、その後はずっと第2位をキープしている
  • ブロックチェーン上でNFTやDeFi、DAOなどのアプリケーションの開発が行われている
  • 2022年9月に大型アップデートがあり、PoWからPoSへ完全移行した

2018年に一時リップルに第2位の座を譲ったもののすぐに奪還し、その後は今の位置をキープしています。

イーサリアムは、ブロックチェーン上でアプリケーションを開発できることが特徴です。

現在は、2,700以上のアプリケーションの開発が行われており、代表的なものにはDeFiの代表格「Uniswap」や、NFTプラットフォームの「OpenSea」、猫の育成ゲームとして話題になった「cryptkitties」などがあります。

ビットコインと並び、仮想通貨市場で大きな影響力を持っています。

NFTやDeFi、遊んで稼げる「Play to Earn」は現在のトレンドであり、今後もさまざまなアプリケーションの開発が行われていくことでしょう。

2022年9月には、ガス代(手数料)の高騰や取引の遅延などのスケーラビリティ問題の解決するための一歩として、コンセンサスアルゴリズムを「PoW→PoS」へ完全移行しました。

これにより大幅に電力消費することに成功し、より環境に配慮したブロックチェーンになりました。

今後はシャードチェーンの実装や取引データ縮小のアップデートが予定されており、ユーザーと開発者にとってより使いやすいブロックチェーンとなっていくことでしょう。

2023年以降も、さらなる伸び代が期待できる仮想通貨です。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

3位 ポルカドット(DOT)

仮想通貨ポルカドット
名称(ティッカー)Polkadot(DOT)
価格(2023年8月時点)¥641
時価総額(2023年8月時点)¥994,609,248,977
時価総額ランキング(2023年8月時点)11位
一言まとめ仮想通貨の将来性に関わる重要な銘柄
おすすめ度(5段階評価)★★★
購入できる取引所coincheck、GMOコインなど
参考:CoinMarketCap

ポルカドットは、ブロックチェーン同士をつなぎ手数料の削減や取引の高速化を目指すプロジェクトで、Web3 Foundationによって管理・運営が行われています。

ポルカドットの特徴
  • 異なるブロックチェーン同士をつなぐ「リレーチェーン」
  • ビットコインやイーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題を解決することが期待されている
  • 取り扱いを始める国内取引所が増えている

中心となるリレーチェーンと、複数のパラチェーンで構成されており、誰でもブロックチェーンを作り手数料収入を得ることができます。

ポルカドットは2020年8月に公開された比較的新しい仮想通貨です。

2021年初め頃から価格が上がり始め、11月には現時点での最高値となる「1DOT =6,000円」ほどにまで到達しました。

現在は「1DOT =約750円」と価格を大きく下げているものの、時価総額は上位をキープしています。

ポルカドットが今後価格を上げていくためには、他のプロジェクトに対して優位性を見せることが重要と考えられます。

スケーラビリティ問題を解決することを目的としたプロジェクトには、他にも「コスモス」や「ポリゴン」などがあり、競合も多いジャンルです。

プロジェクトの意義は大きいですが、他に勝るスペックがあるか、実用化が進んでいるかを調べることも重要です。

投資をお考えの方は他のプロジェクトと十分に比較した上で、判断するようにしてください。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

4位 エイダコイン/カルダノ(ADA)

仮想通貨カルダノ
名称(ティッカー)Cardano(ADA)
価格(2023年8月時点)¥37
時価総額(2023年8月時点)¥1,325,775,362,498
時価総額ランキング(2023年5月時点)7位
一言まとめ企業や機関投資家から注目される銘柄
おすすめ度(5段階評価)★★★
購入できる取引所GMOコイン、DMM bitcoinなど
参考:CoinMarketCap

エイダコイン/カルダノは、イーサリアムの創設メンバーである「チャールズ・ホスキンソン」が中心となって開発・誕生した仮想通貨です。

カルダノの特徴
  • イーサリアムの創設メンバー「チャールズ・ホスキンソン」が生み出した仮想通貨
  • ステーキングサービスの先駆け的な存在
  • 多くの国内取引所で購入可能

エイダコインは銘柄名、カルダノはオンラインカジノやプロジェクト名のことを指します。

銘柄名をいうときは「エイダコイン」もしくは「エイダ」を使うといいでしょう。

2016年にプレセールは日本でも行われ、当初は「1ADA=0.28円」ほどでしたが、2021年9月には「1ADA=320円」を記録し1,000倍以上の伸びを記録しました。

プレセールは「1,000ドル(当時11万円)〜」でしたので、一口でも買っていれば億単位の利益が出ていたことになります。

エイダコイン/カルダノは、今では当たり前となっているステーキングを先駆けて始めた銘柄です。

2018年に公式ウォレットでステーキングを開始し、今は国内取引所のGMOコインやSBI VC トレードでも取り扱っています。

現在は「1ADA =約45円」と最高値より大きく下落しており、買いやすい価格となっています。

ステーキングで配当をもらいながら、長期で利益を狙ってみてはいかがでしょうか。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

5位 アバランチ(AVEX)

仮想通貨アバランチ
名称(ティッカー)Avalanche(AVEX)
価格(2023年8月時点)¥1,481
時価総額(2023年8月時点)¥509,028,616,815
時価総額ランキング(2023年5月時点)20位
一言まとめトレンド性のあるDeFiで注目の銘柄
おすすめ度(5段階評価)★★★★
購入できる取引所DMM Bitcoin など
参考:CoinMarketCap

アバランチは、高速で低コストな取引処理を目的としたプロジェクトです。

アバランチの特徴
  • 2020年9月にメインネットが立ち上がった比較的新しい仮想通貨
  • 独自のコンセンサスアルゴリズム「アバランチ・コンセンサス」を採用
  • 2021年と比較して安値圏で推移している

アバランチはオープンソースのプロジェクトであり、イーサリアムやソラナと同様に、ブロックチェーン上にアプリケーションの構築ができます。

また、異なるブロックチェーンをつなぐ機能も備えています。

取引処理能力は「1秒/4,500取引」であり、ビットコインの「1秒/7取引」イーサリアムの「1秒/15取引」を大きく凌ぐ数字です。

この処理能力の裏には、独自のコンセンサスアルゴリズム「アバランチ・コンセンサス」があります。

アバランチ・コンセンサスでは複数の端末で作業を並行して行うことで、分散性を維持したまま、承認作業を行うことを実現しました。

現在価格は「1AVEX = 約1,400円」で、2021年11月に記録した「1AVEX = 15,000円」からは大きく下げています。

最近は国内取引所でも取り扱いが増えており、今後の価格上昇が期待できる銘柄といえるでしょう。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

6位:ライトコイン(LTC)

名称(ティッカー)ライトコイン(LTC)
価格(2023年8月時点)¥9,461
時価総額(2023年8月時点)¥696,209,101,534
時価総額ランキング(2023年8月時点)15位
一言まとめSECから証券認定されにくい銘柄
おすすめ度(5段階評価)★★★★
購入できる取引所Coincheckなど
参考:CoinMarketCap

ライトコインは、高速・安全・低コストな決済手段を提供する目的で設計された仮想通貨です。

ライトコインの特徴
  • コンセンサスアルゴリズムにビットコインと同じPowを採用している
  • 半減期で価格上昇する傾向がある
  • ビットコインより決済で使いやすい

ライトコインはコンセンサスアルゴリズムにPowを採用しています。

コンセンサスアルゴリズムにPosを採用している銘柄は、以前米国証券取引委員会(SEC)から証券の疑いがあるとして訴えられ、価格が大きく下落しました。

しかし、ライトコインを含むPow銘柄は証券認定されづらい仕組みになっているので訴えられにくい傾向があります。

また、ビットコインと同じく半減期があり、価格上昇する傾向があるので、半減期の前に購入すれば短期投資でも利益が狙えるでしょう。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

7位:ビットコインキャッシュ(BCH)

名称(ティッカー)ビットコインキャッシュ(BCH)
価格(2023年8月時点)¥27,336
時価総額(2023年8月時点)¥533,957,649,773
時価総額ランキング(2023年8月時点)18位
一言まとめSECから証券認定されにくい銘柄
おすすめ度(5段階評価)★★★★
購入できる取引所Coincheckなど
参考:CoinMarketCap

ビットコインキャッシュは、ビットコインがハードフォーク(ブロックチェーンが2つに分岐する)したことで誕生した仮想通貨です。

ビットコインキャッシュの特徴
  • ビットコインより決済手段として優れている
  • コンセンサスアルゴリズムにPowを採用しているため証券認定されづらい

ビットコインキャッシュはビットコインよりスケーラブルな設計になっているので、1秒あたりの処理可能な取引数が増加しています。

その結果、手数料も安くなりビットコインより決済手段に使われる可能性が高くなるでしょう。

ただ、現在は仮想通貨が決済に使われる事例は少ないため、今後決済分野が拡大していけばビットコインキャッシュの価格上昇に期待できます。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

8位:メイカー(MKR)

名称(ティッカー)メイカー(MKR)
価格(2023年8月時点)¥149,185
時価総額(2023年8月時点)¥146,388,847,936
時価総額ランキング(2023年8月時点)42位
一言まとめステーブルコイン関連銘柄のトップ
おすすめ度(5段階評価)★★★★
購入できる取引所Coincheck、GMOコインなど
参考:CoinMarketCap

メイカーはMakerDAOとMakerProtocol のガバナンストークンです。ステーブルコイン「DAI」の関連銘柄になります。

メイカーの特徴
  • ステーブルコイン大手銘柄「DAI」の関連銘柄
  • DAIの供給量に応じて価格が変動する可能性がある

メイカーはステーブルコインDAIの供給量に応じて発行枚数が変動します。

DAIの発行にメイカーを担保として使えるので、今後DAIを利用するユーザーが増えればメイカーが多くの投資家から買われる可能性があります。

DAIの発行量はチェックしておくと良いでしょう。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

9位:コスモス(ATOM)

名称(ティッカー)コスモス(ATOM)
価格(2023年8月時点)¥1,077
時価総額(2023年8月時点)¥373,332,076,335
時価総額ランキング(2023年8月時点)28位
一言まとめブロックチェーンの最難関の課題解決を目指す
おすすめ度(5段階評価)★★★★
購入できる取引所GMOコインなど
参考:CoinMarketCap

コスモスは異なるブロックチェーン同士をつなげ、エコシステムをより便利にするブロックチェーンです。

コスモスの特徴
  • 大企業にも採用されている
  • 仮想通貨のインフラを担っている

コスモスは仮想通貨プロジェクトの基盤となるブロックチェーンを開発しているため、イーサリアムと同じくインフラ銘柄になります。

そのため、コスモス上にプロジェクトが多く作られれれば価格上昇の恩恵を受けられ、すでにトヨタが「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」と呼ばれるコスモスを使った実証実験を開始しています。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

10位:エンジンコイン(ENJ)

名称(ティッカー)エンジンコイン(ENJ)
価格(2023年8月時点)¥35.46
時価総額(2023年8月時点)¥35,453,574,679
時価総額ランキング(2023年7月時点)113位
一言まとめブロックチェーンゲームの大手銘柄
おすすめ度(5段階評価)★★★★
購入できる取引所Coincheckなど
参考:CoinMrketCap

エンジンコインは、ブロックチェーンを使ったゲームプラットフォームを開発しているプロジェクトです。

エンジンコインの特徴
  • NFTとブロックチェーンを活用したゲームプラットフォームを開発している
  • ブロックチェーンゲーム銘柄の中でも時価総額TOP10に入る
  • エンジンコインの最大供給量は10億枚

エンジンコインが開発するプラットフォームは、オンラインゲームで問題になりやすいアイテムの複製やキャラの能力変更などのチート行為を防止できる機能があります。

違反行為が横行するゲームのデメリットを改善できるためユーザー目線では嬉しい機能であり、ゲームをプレイしながらお金を稼げるため、市場自体は今後も期待できます。

エンジンコインの今後の将来性については、以下の記事で詳しくまとめています。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

将来性のある仮想通貨の見分け方5選

仮想通貨選び方

仮想通貨のおすすめ銘柄はわかりましたが、自分で銘柄選定をするときに失敗しないよう、意識しておくポイントを5つ紹介します。

仮想通貨の失敗しない選び方5選
  • 相場に関係なく競争が起きているか
  • 市場のトレンドになっているか
  • 時価総額は高いか
  • 有名な企業が出資しているか
  • 違和感はないか

相場に関係なく競争が起きているか

仮想通貨市場は、取引が盛んになる時期とそうでない時期があります。

どんな状況であっても、一定以上の出来高があるかを確認するようにしましょう。

高騰したことがある草コイン(時価総額の低いアルトコイン)は、一時的に出来高があがったものの、その後暴落し今となっては安値を這うように推移しているものも多いです。

出来高が落ちているということは、投資家の関心度が低く、将来への期待感がないと判断されている状態と考えられます。

こうしたものは今後上昇する可能性も低いので、避けるようにしましょう。

市場のトレンドになっているか

2021年にDeFiやNFTが話題となり、関連する銘柄が大きく高騰したように、市場のトレンドになっているかは重要です。

2022年の仮想通貨市場は全体的に低迷していましたが、そうした中でもMove to Earnで健康と稼ぐを両立した「STEPN」や、リアルなグラフィックで現実さながらの世界を実現した「Everdome」などは数十倍の上昇を記録しています。

今後アルトコインで大きな利益を狙うのであれば、以下の分野に注目してみましょう。

今後期待できる分野
  • NFTゲーム
  • DeFi
  • メタバース

本記事で紹介した中にも、これらの分野と関連が深いものがあるので、ぜひ銘柄選びの参考にしてください。

時価総額は高いか

時価総額が高いことは、それだけ多くの資金が集まっており、投資家に評価されているということです。

銘柄を選ぶ際は、時価総額もチェックするようにしましょう。

開発には多くの資金を必要とし、運転資金が枯渇し途中で頓挫してしまうプロジェクトも少なくありません。

時価総額が高いものは、それだけ開発を行う体力があるという見方ができます。

また、時価総額が低い場合は、数百万円といった単位で大きく価格が動き、価格が大きく動く傾向にあり、一瞬にして価値が暴落して、その後戻ることがないケースも多いです。

時価総額はこのように確認できるので、ぜひ銘柄を選ぶ際の参考にしてください。

有名な企業が出資しているか

仮想通貨VC

昨今、仮想通貨市場へ投資する企業も増えています。

仮想通貨プロジェクトへの投資を積極的に行っている企業は、以下のとおりです。

成績の良いVC
  • a16z
  • MultiCoinCapital
  • Pantera Capital
  • Pradigm
  • Dragonfly Capital

出資をする際は、出資企業がプロジェクトを厳しくチェックします。

つまり「出資を受けている=信頼性、将来性が高い」ということがいえます。

出資企業は「仮想通貨名 + 出資」と打って検索してみましょう。

違和感はないか

仮想通貨投資に失敗しない方法として1番重要なポイントは違和感のある銘柄に投資しないことです。

例えば、2022年春頃に仮想通貨市場は低迷しましたが、TerraというプロジェクトはTerraのトークンをAnchorというプロジェクトに預けると年利20%が得られました。

年利20%は仮想通貨市場の中でも高く、低迷しているのにも関わらず高金利が得られることはリスクが高いと考えられます。

実際、Terraはその後に破綻するほどの大暴落をしました。

銘柄はもちろん、その銘柄の関連プロジェクトに違和感を感じたら、できるだけ投資を控えましょう。

仮想通貨のおすすめ取引所ランキングTOP5

おすすめ仮想通貨取引所

将来性が有望なおすすめ仮想通貨を多く購入できる取引所を紹介します。

仮想通貨のおすすめ取引所TOP5
  • GMOコイン
  • Coincheck
  • DMM bitcoin
  • LINE BITMAX
  • みんなのコイン / LIGHT FX コイン

GMOコイン|27種類の通貨の売買が可能

GMOコインのメリット
  • 27種類の通貨を売買できる
  • 10種類の通貨の「レバレッジ取引」ができる
  • 入金・出金手数料が無料!
  • レンディングやステーキングで仮想通貨を運用できる

GMOコイン』は、東証一部上場企業「GMOインターネットグループを親会社に持っている取引所。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方が可能なため、取引形態の自由度が高いのが特徴です。

取扱銘柄も多く、ステーキングやレンディングなどの仮想通貨運用もできます!

入金、出金手数料が無料なので、頻繁に取引したい方や小額取引したい方にもおすすめです。

また、「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制や、抜け目のないセキュリティ対策も、注目すべきポイントです。

暗号資産の購入で、毎日10名に現金1,000円が当たる!

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ソラナ(SOL)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ファイルコイン(FIL)
  • ザ・サンドボックス(SAND)
  • チリーズ(CHZ)
  • アスター(ASTR)
  • 計23種類
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) ×
コスモス(ATOM) ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) ×
メイカー(MKR) ×
ダイ(DAI) ×
チェーンリンク(LINK) ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、23種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。
GMOコインキャンペーンバナー

\ 手数料無料で安心のGMOグループ運営! /

>> GMOコイン公式サイト <<

Coincheck|最短10秒で500円から購入可能

Coincheckのメリット
  • 500円からビットコイン・仮想通貨を購入できる
  • 23種類もの豊富な仮想通貨を取り扱っている
  • 470万DLを突破したスマホアプリは高機能で使いやすい

おすすめ仮想通貨取引所ランキング第1位は『Coincheck』です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

チャートは見やすく、取引がしやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作することができます。

さらに、最短『10秒』で『500円』からサクッと仮想通貨を買うことができるため、特に初めての方にピッタリの仮想通貨取引所です!

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
  • ポルカドット(DOT)
  • フィナンシェトークン(FNCT)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
  • シンボル(XYM)*送金のみ可能
  • 計23種類
取引手数料 無料*PLT・ETCを除く
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
Coincheckの取引形式には「販売所形」と「取引所形式」があります。 ETC・PLT・XYMを除くすべての通貨で積立も可能です。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

\ 3年連続アプリDL数No.1! /

>> Coincheck公式サイト <<

DMM Bitcoin|取引・入金・出金・送金手数料が全て無料

DMM Bitcoinのメリット
  • 27種類もの仮想通貨で「レバレッジ取引」が可能
  • 販売所手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料 

※BitMatch手数料を除く

DMM Bitcoinは販売所なので板がなく、かつスプレッドが狭いため、初心者でも簡単かつ低コストで始められます

DMM Bitcoin』は、数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を親会社に持つ取引所。

「レバレッジ取引」に特化しており、25種類もの暗号資産でレバレッジ取引を行うことが可能です!

たくさんのアルトコインを取引できる他、なんと販売所手数料に加えて「出入金手数料」や「送金手数料」まで全て無料。※BitMatch手数料を除く

DMM Bitcoinの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • エイダコイン(ADA)
  • トロン(TRX)
  • ポルカドット(DOT)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • シンボル(XYM)
  • チリーズ(CHZ)
  • アバランチ(AVAX)
  • テゾス(XTZ)
  • ポリゴン(MATIC)
  • メイカー(MKR)
  • フレア(FLR)
  • ニッポンアイドルトークン(NIDT)
  • 計27種類
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
DMMビットコインのキャンペーン情報に関する画像

※期間:2023年8月1日(火)午前7時00分~2023年10月1日(日)午前6時59分

\ ボーナスでお得に仮想通貨取引を始める /

>> DMMビットコイン公式サイト <<

LINE BITMAX|最大8%の高利息で資産運用が可能

LINE BITMAXのメリット
  • LINEアプリから簡単に取引できる
  • LINE Payと連携できる
  • 仮想通貨の貸し出しサービスを利用できる
  • 暗号資産貸出利息が最大8%と高利率で資産運用が可能

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行えるため、仮想通貨の未経験者でも使いやすい作りになっています。

有名通貨の取扱いはもちろんのこと、独自のトークン「フィンシア(FINSCHIA))」の売買をすることができます。

2023年3月よりフィンシア(FNSA)のみ取引所の売買が可能になっています。

口座開設や入金、暗号資産の購入に応じて独自トークン「フィンシア(FINSCHIA)」がもらえる!

LINE BITMAXの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LN)
  • ステラルーメン(XLM)
取り扱い通貨数は7種類です。
  • リンク(LN)
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE Pay:110円(税込) 銀行口座:400円(税込)
取引手数料や入金手数料は無料ですが、出金手数料に関してはLINE Payを利用すると安く抑えられます。
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 資金の分散管理
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。 ハッキングにあうリスクを小さく抑えており、取引所が倒産した場合でも顧客の資産は守られる決まりになっています。
LINEのグループ会社が運営していることから、LINEやLINE Payを普段から利用している人にとって使いやすい特徴があります。 入出金や本人確認もスムーズにスマホから行えるので、口座開設は簡単にできます。
販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン ✖️
イーサリアム ✖️
リップル ✖️
ビットコインキャッシュ ✖️
ライトコイン ✖️
リンク ✖️
ステラルーメン ✖️
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)では販売所形式と信用取引(売りのみ)に対応しています。
利益は最大8%の業界最高水準
LINEビットマックス_キャンペーン画像

\ LINEと連携で簡単に仮想通貨を購入! /

>> LINE BITMAX公式サイト <<

みんなのコイン / LIGHT FX コイン|暗号資産の入出金手数料無料

仮想通貨おすすめ_みんなのコインのレーダーチャート画像
みんなのコインのメリット
  • 暗号資産の入出金手数料が無料!
  • 2倍のレバレッジをかけることができ、現物取引よりも大きな金額を動かせる
  • コールセンターにも対応。上場企業による運営なので、安心感も抜群!

仮想通貨のおすすめ取引所ランキング第5位は『みんなのコイン』と『LIGHT FX コインです。

暗号資産に「2倍」のレバレッジをかけることができ、大きな利益を狙うことができます。

「レバレッジ取引」と聞くと難しそうなイメージを持たれる方も多いと思いますが、取引画面は至ってシンプル!

初心者の方でも迷わず操作することができ、かつテクニカル分析にも対応。

FX取引なども展開する「トレイダーズ証券」によって展開されているので、安心感も抜群です!

>>>みんなのコインの公式サイトはこちら<<<

みんなのコインで
仮想通貨を買ってみる

また、同じくトレイダーズ証券によって運営されている「LIGHT FX コイン」でも、暗号資産CFDを行うことが可能!

両者のスペックの違いはほぼありませんが、チャート・取引画面の仕組みは少し異なりますので、ご自身に合った方を使用すると良いでしょう。

「暗号資産で大きな利益を狙いたい」という方にとって、暗号資産CFDはイチオシです

>>>LIGHT FXコインの公式サイトはこちら<<<

LIGHT FXコインで
仮想通貨を買ってみる

【初心者におすすめ】リスクを抑えて仮想通貨で稼ぐ方法3選

仮想通貨稼ぎ方

ここでは、リスクを抑えながら稼ぐ3つの方法を紹介していきます。

特に難しい知識は求められない方法なので、ぜひ参考にしてください。

リスクを抑えて仮想通貨で稼ぐ方法
  • イーサリアムをステーキングする
  • ビットコインをレンディングする
  • ビットコインを積立投資する

イーサリアムをステーキングする

ステーキングとは、取引の承認方法に「Pos」を採用している仮想通貨を預けると、一定期間は引き出せなくなる代わりに年利5%程度の金利収入が得られる仕組み。

現在イーサリアムのステーキングを提供している取引所はありません。

イーサリアムをステーキングするには、以下の方法があります。

イーサリアムのステーキング方法
  • 公式のステーキングツール「ローンチパッド(Launchpad)」でステーキング
  • HashHubレンディング

ローンチパッド(Launchpad)では高い配当を獲得できますが、最低32ETH(約512万円)を必要とし、コードに関する専門的な知識を必要とします。

難易度が高いので、これからステーキングを始めたい方はHashHubレンディングを利用するといいでしょう。

HashHubレンディングは株式会社HashHubが運営するサービスで、イーサリアムで最低帝釈数量「1ETH〜」で「5.5%」の配当で運用することができます。

ビットコインをレンディングする

コインチェックの「貸暗号資産サービス」や、GMOコインの「貸暗号資産」、ビットバンクの「暗号資産を貸して増やす」など、取引所ではレンディングのサービスを運営しています。

レンディングとは、一定期間保有している仮想通貨を預けることで配当を受け取れる、定期預金のようなサービスのことです。

レンディングは、限りなくリスクを抑えた上で運用することができます。

取引所の中でもGMOコインは「最大年率5%」と高い配当を獲得できるサービスを提供しているので、口座開設した際はぜひ利用していきましょう。

GMOコインキャンペーンバナー

\ 手数料無料で安心のGMOグループ運営! /

>> GMOコイン公式サイト <<

ビットコインを積立投資する

ビットコインは数ヶ月単位では暴騰と暴落を繰り返しながらも、数年単位では右肩上がりで成長してきました。

短期で集中して投資するよりも、長期で分散して定期的に購入する方が有効と考えられます。

取引所では毎日、毎週、毎月といったスパンで一定額を投資できる「積立投資サービス」を提供しています。

積立投資サービスは、普段取引する時間がない人でも自動で投資をしてくれる、長期投資目的の方向けの便利なサービスです。

コインチェックでは、レンディングと組み合わせて利用することも可能です。

仮想通貨のおすすめに関するよくある質問

仮想通貨おすすめ

仮想通貨のおすすめに関するよくある質問をまとめました。

仮想通貨のおすすめに関するよくある質問
  • 仮想通貨は迷ったらどの銘柄を購入すればいいですか?
  • 2023年でこれから伸びる仮想通貨はありますか?
  • 上場予定の仮想通貨一覧はありますか?

仮想通貨は迷ったらどの銘柄を購入すればいいですか?

仮想通貨の銘柄選定に迷った場合は、ビットコインの購入がおすすめです。

ビットコインの購入がおすすめな理由
  • 時価総額・将来性が最も高い仮想通貨
  • 価格変動の幅が小さいので精神的に安心
  • 企業や国が運営しておらず、没収されない

ビットコインは仮想通貨の中で最も将来性に期待されているため、迷った場合は稼げる確率の高いビットコインへの投資が無難です。

2023年でこれから伸びる仮想通貨はありますか?

2023年でこれから伸びる仮想通貨は、イーサリアムが挙げられるでしょう。

イーサリアムは2022年に大型アップデートを完了させました。NFTの販売でも非常に人気の通貨です。

実際、元BitMex社CEOのアーサー・ヘイズ氏は、イーサリアムが2023年3月末までに5,000ドルまで上昇すると予想しています。

上場予定の仮想通貨一覧はありますか?

上場予定の仮想通貨一覧には、sweetcoin(SWC)やStaer Network(STER)があります。

仮想通貨は取引所に上場すると一時的に価格上昇する傾向があり、上場したタイミングで売買をすると短期投資で利益を得られやすいです。

今後上場する仮想通貨の一覧や上場予定の仮想通貨で安全に稼ぐ方法は以下の記事でまとめています。

おすすめの仮想通貨で取引を始めてみよう!

仮想通貨おすすめ
仮想通貨のおすすめ-まとめ
  • 仮想通貨のおすすめ銘柄1位はビットコイン
  • まずはビットコインの長期投資がおすすめ
  • 仮想通貨の失敗しない選び方は時価総額の高さ
  • レンディングや積立投資を活用するとリスクを抑えて稼げる
  • 仮想通貨投資をするなら安く簡単に取引できるGMOコインがおすすめ!
GMOコインキャンペーンバナー

\ 手数料無料で安心のGMOグループ運営! /

>> GMOコイン公式サイト <<

仮想通貨の中で最もおすすめの銘柄はビットコインで、これからビットコインに投資しようと考えている方は以下のステップで行うとスムーズに始められます。

ビットコイン投資を始めるまでの手順
  1. Coincheckで口座開設をする
  2. Coincheckに日本円を入金する
  3. Coincheckでビットコインを購入する

ビットコインは時間が経過するほど入手できる枚数が減っていくため、投資することが決まっているのであれば早めに投資しておくのがおすすめです!

この記事に登場した専門家
1級ファイナンシャルプラニング技能士 未来が見えるね研究所 代表 小山英斗 1967年神奈川県生まれ。 2018年、未来が見えるね研究所を設立。神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、資産運用相談、保険相談、住宅建築相談サービス等を展開しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場からのお手伝いをさせていただいています。また、住宅購入にあたってはFPとしてだけでなく、住宅建築コーディネーターの立場としてもサポートにあたることがあります。 人生100年時代、『未来が見えるね研究所』では「100歳まで走り抜くためのマルチステージの生き方」を研究テーマに、多くの人と多くの未来を一緒に描いています。 得意分野:ライフプラン作成、資産運用、住宅建築、住宅ローン見直し、保険見直し、仮想通貨 資格:1級ファイナンシャルプラニング技能士(資産設計提案業務)、日本FP協会所属CFP®、住宅ローンアドバイザー住宅建築コーディネーター 座右の銘:虚静恬淡 好きなもの:旅行、建築、カフェ、散歩、今ここ