ファクトム(FCT)の今後・将来性は?買い方から特徴まで徹底解説!

「ファクトムの買い方は?」

「ファクトムに将来性はある?」

という疑問がある方向けに、この記事ではファクトムの特徴や現在までの価格推移、今後の将来性や購入できる国内取引所を紹介していきます。

ファクトムは分散型プラットフォームを提供し、重要書類の電子データを安全に管理することを目的に作られた仮想通貨です。

医療機関や住宅ローン市場での活用が期待されている2つのプロジェクトが進行しており、マイクロソフトやビル・メリンダ&ゲイツ財団との提携もされ、注目されています。

2020年からビットコインを始めとする多くのアルトコインが大きく上昇する中、ファクトムはピークから大きく値下げした価格で推移しているので、これからの上昇を期待できれば非常に投資妙味があります。

ファクトムが国内取引所で上場しているのは現在コインチェックだけなので、投資を検討している方は、コインチェックに口座開設を行ってみてください!

ざっくり言うと…
  • ファクトムは様々な電子データを安全に分散管理できる。
  • スマートロックファクトムハーモニーの2つのプロジェクトが進行中。
  • マイクロソフトやビル・メリンダ&ゲイツ財団と提携している。
  • 国内では「コインチェック」のみに上場している。
  • コインチェックはスマホでの取引が行いやすく、セキュリティレベルも高い初心者におすすめの取引所!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

ファクトム(FCT)の特徴

ファクトムの特徴

ファクトムの特徴は次の通りです。

ファクトムの特徴
  • ビットコインをベースに作られている
  • 2種類の通貨がある
  • 分散型プラットフォーム
  • QRコードを活用したスマートロック
  • 不動産情報を管理できるファクトムハーモニー

ファクトムは重要な電子データをブロックチェーン上で管理できる特徴のある、分散型プラットフォームです。

ファクトムの1番の特徴は、分散型プラットフォームで実現できることにあり、大きな可能性を秘めている仮想通貨です。

開発したのはアメリカのFactom社で、2015年に誕生しました。

ファクトムを利用することで、色々な情報管理を低コストで実現できるようになります。

将来的には重要書類を管理する様々な企業や公共サービスで利用が期待されています。

ファクトムの分散型プラットフォームを活かしたプロジェクトが進行すれば、ファクトムの価格も上昇する可能性が高いので、関連するプロジェクトを紹介していきます。

通貨名 ファクトム
シンボル FCT
取引開始日 2015年9月1日
発行上限 設定されていない
承認アルゴリズム Proof of Work(POW)
ブロック生成サイクル ビットコインのブロックチェーンに依存する
現在の価格(2021年10月) 1FCT=162円
時価総額(2021年10月) 1,644,031,512円
時価総額ランキング(2021年10月) 855位
取扱取引所 コインチェック

ビットコインをベースに作られている

ビットコインをベースに作られている

ファクトム自体は、ビットコインをベースに作られています。

ビットコインのブロックチェーン上に新たに電子データを分散管理できる仕組みを構築したものがファクトムになります。

ビットコインのブロックチェーンでも、取引記録を分散管理して改ざんを防止できる機能がありますが、より安全な形でデータ管理ができるように作られました。

暗号分離技術を使用して、要点を圧縮した後に、1ハッシュでブロックチェーン内の数百万のリアルタイムレコードを保護できます。

ベースがビットコインであることから、通貨の価格もビットコインと連動する傾向があります。

ファクトムに投資する際は、ビットコインの値動きにも注目する必要があるでしょう。

2種類の通貨がある

2種類の通貨がある

実はファクトムのプラットフォーム上では、2種類の通貨があります。

ファクトム(FCT)とエントリークレジットです。

エントリークレジットは、ファクトムのブロックチェーン内でFCTから変換できます。

ファクトムを利用するための手数料として、現金代わりに保有する目的の通貨なので、サービスの決済などに利用することはできません。

記事後半で紹介するコインチェックで購入できるのも、ファクトム(FCT)になります。

分散型プラットフォーム

分散型プラットフォーム

解説した通り、ファクトムは電子データの記録を目的に作られた仮想通貨であり、分散型プラットフォーム上で管理されています。

ファクトムを利用すれば、登記簿謄本・住民票・貸付記録・証券・保険などの重要書類を安全に管理することができ、第三者機関を必要とせず証明できます。

電子データで重要書類を管理することに、セキュリティ上の不安を感じる方もいるかもしれませんが、取引履歴を改ざんできないのがブロックチェーンの強みです。

ファクトムの分散型プラットフォームで重要書類を管理すれば、改ざんリスクや情報漏洩リスクを抑えることが可能になります。

QRコードを活用したスマートロック

QRコードを活用したスマートロック

ファクトムには2つのメインプロジェクトがあり、1つはQRコードを活用したスマートロックです。

スマートロックではQRコードを読み込むことで、ネット上の書類データを管理できます。

スマートロックが活用されるのは医療現場です。

医療現場に必要な書類を電子データに置き換えてブロックチェーン上に保管し、情報漏洩のリスクを減らして医療従事者はQRコードでデータにアクセスする仕組みです。

dLocステッカーと呼ばれるQRコードを読み込むことで、Web上から書類情報を引き出すことができます。

従来の紙で保管していた過去の医療記録やカルテ情報を電子データで保存できるので、管理コストが大幅に削減されます。

また、記録された情報は、dLocステッカーさえあればどこでもすぐに引き出すことができるので、出先で急な診断が必要になった場合でも安心です。

ファクトムのスマートロックプロジェクトが進めば、世界的な活用が期待されています。

不動産情報を管理できるファクトムハーモニー

不動産情報を管理できるファクトムハーモニー

もう一つのプロジェクトは、不動産情報を管理できるファクトムハーモニーです。

ファクトムハーモニーは、不動産業界向けのプロジェクトで、重要情報を分散管理できるプラットフォームの特徴から、顧客の住宅ローン情報を管理保存するものです。

特定の管理者を必要とせず、様々な監査に必要な契約書を管理できるので、非常に画期的なプロジェクトです。

このプロジェクトのおかげで、文書偽造リスクを抑えることができると同時に、管理コストの節約にも役立ちます。

借金の状況や、収入情報、現在の資産状況、ローン申請の情報などをブロックチェーンを利用して保存します。

不動産の買収でも、取引に必要な書類やデータをチェックする負担を削減できるようになります。

将来的には住宅ローンの管理にとどまらず、政府機関の機密文書の管理に利用されることが予想されています。

ファクトム(FCT)の価格推移

ファクトムの価格推移

ファクトムは2018年のビットコインバブルの際に、一時的に8,000円を突破しましたが、その後すぐに下落して、長い間大きな変動はなく1,000円以下で推移しています。

ビットコインを元にして作られたファクトムですが、2020年後半からのビットコインの上昇にはあまり連動せず、ファクトムの価格はピークから考えるとまだまだ回復していません。

2020年からビットコインが上昇したことに連動して、多くのアルトコインも上昇しましたが、ファクトムは連動せず、今のところ投資家からの関心が薄いことが分かります。

ファクトムの将来性

ファクトムの将来性

ファクトムの将来性に関わる要素は次の通りです。

ファクトムの将来性に関わる要素
  • プロジェクトの進歩
  • 重要書類の管理機能が注目されている
  • 大企業との提携

ファクトムの今後を予想するには、スマートロックとファクトムハーモニーの2大プロジェクトと、重要書類を管理できる機能を活用したい大企業との提携が重要になります。

現在の市場規模はまだまだ小さいですが、機能が注目されている通貨なので、これから大きく飛躍する可能性もゼロではありません。

プロジェクトの進歩

プロジェクトの進歩

将来的にファクトムの価格が上昇するには、プロジェクトの進歩が需要になります。

ファクトムのメインプロジェクトはスマートロックとファクトムハーモニーの2つです。

スマートロックはアメリカを始めとした世界中の医療機関での導入が期待でき、ファクトムハーモニーは160兆円の市場規模があるアメリカの住宅ローン市場での活用が期待されています。

プロジェクトの資金調達では、2016年に420万ドル、2017年に800万ドルを集めることに成功しています。

投資家のDraper氏は「ファクトムのブロックチェーン技術は成熟しており、セキュリティの観点から、このプロジェクトが自分の事業に最適だと考える企業も多いようだ」とコメントしています。

この2つのプロジェクトが進歩すれば、ファクトムと提携する企業や投資家が増え、価格も上昇していくでしょう。

また、ファクトムのプロジェクト以外にも、イーサリアムのプロジェクトも間接的に関わってきます。

イーサリアムとファクトムは同じようにプラットフォームを提供している仮想通貨です。

イーサリアムの価格は、2020年末からDeFiの成長に合わせて急騰しており、イーサリアムのプロジェクトが進めば、分散型プラットフォームを提供するファクトムにも注目が自然と集まるでしょう。

重要書類の管理機能が注目されている

重要書類の管理機能が注目されている

ファクトムの特徴はなんといっても顧客や契約情報などの重要書類をデータ管理できることなので、ビジネス面での注目が大きいです。

あらゆるビジネスで活用できる機能なので、将来的な市場での利用頻度は高まっていくはずです。

ファクトムの書類管理機能に注目が集まれば、結果としてファクトムの価格も上昇していくでしょう。

大企業との提携

大企業との提携

ファクトムは、あのビルゲイツ夫妻のビル&メリンダ・ゲイツ財団と2017年6月に提携しており、アメリカの住宅ローンを管理するプロジェクトを進行しています。

アメリカの不動産ローン会社Equator社はファクトムハーモニーを住宅ローンデータの管理に活用することを発表しており、ファクトムハーモニーの注目が集まっています。

また、2018年にはマイクロソフトとの技術提携を行っており、大企業がデジタル記録の書類をファクトムを利用して管理するようになれば、価格にも好影響を与えることでしょう。

ファクトム(FCT)の買い方

ファクトムの買い方

ファクトムを購入できる国内取引所は、現在コインチェック1社です。

コインチェックは国内最大手の取引所で、2014年に設立し、ファクトム以外にもビットコインやイーサリアムなど17通貨に投資できます。

コインチェック

コインチェックのメリット
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」による運営!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料!
  • 取り扱い通貨が国内最多!たくさんのアルトコインを取引することができる。

コインチェックは東証一部上場のマネックスグループが運営している大手取引所です。

ファクトムを含めて17通貨に投資することができ、最低500円という少額から取引が可能です。

スマホアプリでの取引が行いやすいと人気で、初心者の方でもすぐに使いこなすことができます。

取引手数料と入金手数料が無料で利用できるので、ファクトムを購入するならコインチェックを活用しましょう!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

ファクトムの今後 まとめ

今回は重要書類の電子データを安全に管理できるファクトムの特徴や、過去の価格推移、これからの将来性、投資できる国内取引所を解説しました。

ファクトムのスマートロックとファクトムハーモニーのプロジェクトが進歩して、多くの企業が活用し始めれば、将来的に価格が回復する可能性は十分あります。

他のアルトコインと異なり、ファクトムの価格はピークの10分の1以下の価格で推移しているので、価格が回復した場合は大きく利益を出すことができます。

ファクトムの価格は停滞していますが、機能自体は非常に優れているので、長期的目線で投資しても良いでしょう。

国内取引所ではコインチェックにのみ上場しているので、ファクトムに投資したい人はコインチェックに口座開設を行ってみてください!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる