仮想通貨ポルカドット(DOT)の将来性はない?価格を左右する要素やAI予想を基に分析!

  • ポルカドットってどんな仮想通貨?
  • ポルカドットを購入する方法は?

この記事では、ポルカドットの特徴や今後の将来性、購入する方法について解説していきます!

ポルカドットは2020年半ばに登場した新しい仮想通貨で、優れた特徴があることから、非常に注目を集めています。

2022年2月には、ポルカドットの関連通貨が世界の大手取引所でも上場しています!

この記事を最後まで読んで頂ければ、ポルカドットの買い方から今後の将来性まで、まるまる理解することができますよ!

ざっくり言うと…
  • ポルカドットはスケーラビリティ問題を解決できる。
  • ブロックチェーンの相互運用を行える
  • 今後様々なプロジェクトが予定されており、将来性が高い
  • 国内では「Coincheck」や「bitFlyer」などの取引所に上場している。
  • ポルカドットの購入はCoincheckがおすすめ
  • イーサリアムキラーとしても注目!長期的な投資がおすすめ

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

目次

ポルカドット(DOT)とは?

ポルカドットとは?

ポルカドットはスイスの「Web3 Foundation」という財団が開発した仮想通貨でティッカーシンボルは「DOT」です。

メインネットリリースされたのは2020年5月と歴史は浅いですが、時価総額ランキングは常に上位の人気通貨になります。

また、仮想通貨投資企業のオスプレイファンドはポルカドットの投資信託を販売するなど市場が活性化しています。

ポルカドットはブロックチェーンの相互運用とセキュリティ共有、スケーラビリティの向上を目的とされており、メイントークンの「DOT」の価値は高まっています。

coincheckなどの積立投資やレンディングができる国内取引所で、長期保有しながら運用するのがおすすめです!

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

ポルカドット(DOT)の特徴

ポルカドットの特徴

ポルカドットの特徴は次の通りです。

ポルカドットの特徴
  • スケーラビリティ問題に陥らない
  • セキュリティレベルが高い
  • インターオペラビリティを実現できる
  • 自由にブロックチェーンを開発できる
  • オープンガバナンス体制を取っている
  • ステーキングサービスがある
  • イーサリアムキラーと呼ばれている

ポルカドットはイーサリアムのデメリットを補う特徴があり、新しい時代の仮想通貨として注目されています。

スケーラビリティ問題を払拭することができたり、簡単にブロックチェーンを開発できセキュリティの実装にリソースがかからない点が魅力です。

ポルカドットの特徴① スケーラビリティ問題に陥らない

スケーラビリティ問題に陥らない

ポルカドットはパラチェーンという並列型ブロックチェーンを使用することで、スケーラビリティ問題に陥らない特徴があります。

スケーラビリティ問題とは、取引量が多くなった際に取引を処理しきれなくなったり、手数料が高騰する問題です。

パラチェーンの仕組みは、トランザクションを1つずつ処理する従来のブロックチェーンとは異なり、複数のチェーンで多くのトランザクションを並行して処理しています。

一方で単一のメインチェーンのみを利用したブロックチェーンでは、スケーラビリティの限界が近く、処理しきれなくなる可能性が高いです。

複数のトランザクションの並行処理は、スケーラビリティ問題を解消する仕組みとして注目されています。

ポルカドットの特徴② セキュリティレベルが高い

セキュリティレベルが高い

ポルカドットは非常にセキュリティレベルが高く、多くのリソースを割く必要がない特徴があります。

多くのブロックチェーンで採用されているPoWやPoSでは、セキュリティレベルの高い状態で保つために、多くのリソースを割いています。

また、ブロックチェーンが大きく成長するまでに攻撃される可能性がありました。

しかし、ポルカドットはセキュリティシステムをプールしており、ブロックチェーンを接続するだけで簡単に高いセキュリティレベルを確保することができます。

新たに開発されたブロックチェーンでも、リソースを割く必要なく最初から高い安全性を保つことが可能です。

ポルカドットの特徴③ インターオペラビリティを実現できる

インターオペラビリティを実現できる

ポルカドットのブロックチェーンでは、ンターオペラビリティを実現できます。

インターオペラビリティとは、ブロックチェーンを相互運用する仕組みです。

ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンは相互運用が行えず、取引所を経由しなければ交換することができませんでした。

しかし、ポルカドットでは異なるブロックチェーンを繋いで運用でき、取引所を経由せずに交換を行えます。

また、ポルカドットに接続されたブロックチェーンと同様の機能やセキュリティシステムを得ることも可能になります。

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

ポルカドットの特徴④ 自由にブロックチェーンを開発できる

自由にブロックチェーンを開発できる

ポルカドットでは、自由にブロックチェーンを開発できる開発ツールを一般向けに提供しています。

提供しているのはサブストレートというブロックチェーン開発を行うためのフレームワークです。

サブストレートを利用することで、アプリケーション毎に独自のHTTPを実装する必要がなく、ブロックチェーンを新しく作ることができます。

ポルカドットの特徴⑤ オープンガバナンス体制を取っている

オープンガバナンス体制を取っている

ポルカドットはオープンガバナンス体制を取っています。

オープンガバナンス体制とは、ユーザーが協働してネットワークの発展に取り組む仕組みのことです。

ビットコインなどでは、仕様変更の承認に保有者だけでなく開発者や取引所の関係者など様々な方が参加して可否を決めています。

一方でポルカドットでは通貨保有者のみで決定され、より民主的でオープンな仕組みになっています。

この体制により、ネットワークの手数料やアップデートの実行など、より保有者にメリットのある仕組みが作られています。

ポルカドットの特徴⑥ ステーキングサービスがある

ステーキングサービスがある

ポルカドットでは通貨を保有するだけで報酬が貰えるステーキングサービスがあります。

ステーキングサービスは、信頼性の低い取引所や通貨ではリスクが高いデメリットがありますので慎重に検討しましょう。

ポルカドットのステーキング利率が1番高い取引所は後述しているので、あわせてお読みください!

ポルカドットの特徴⑦ イーサリアムキラーと呼ばれている

イーサリアムキラーと呼ばれている

ポルカドットはカルダノやイオスなどと同じくイーサリアムキラーと呼ばれています。

イーサリアムのスケーラビリティ問題を補い、ポルカドットを使用する開発者が増加していることがイーサリアムキラーと呼ばれている理由です。

イーサリアムではDApps開発者にスマートコントラクトを使用して、プログラムの実行及びテスト環境を提供しています。

一方でポルカドットは簡単に独自のブロックチェーンを作成でき、開発者自信で取引手数料や処理スピードを柔軟に決められます。

最近ではポルカドットの実用性の高さが注目されているので、今後に注目です。

最近ではポルカドットの実用性の高さが注目されているので、今後に注目です

国内ではコインチェックなどいくつかの取引所で上場しています!

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ

ポルカドット(DOT)の将来性はない?

ポルカドットの将来性はない

ポルカドットの将来性はないという意見もありますが、実際はかなり期待できる要素が多いです。

ポルカドットの将来性に期待できる理由
  • DeFi市場で運用しやすくなる
  • ポルカドット上のプロジェクトが増えている
  • ステーブルコイン市場でも利用が増える可能性アリ

DeFi市場で運用しやすくなる

ポルカドットはすでに多くのDeFi市場で運用されていますが、今後はさらに運用しやすくなるでしょう。

ポルカドットは2022年5月にアップグレード「v0.9.19」を実装しており、ポルカドットベースのブロックチェーン間で各種データや仮想通貨の直接通信機能が有効になりました。

一言で表すとポルカドットのエコシステムであらゆるアプリケーションが相互運用できるようになったと言えます。

ユーザーはパラチェーン間で簡単にトークンやNFTを移動して、DeFiやGameFなどのアプリケーションを利用できるようになり、ポルカドットに資金が集まりやすくなるでしょう。

パラチェーンとは、ポルカドットとポルカドット上に展開されるメインチェーンの中継チェーンに接続するシャードチェーンのことです。

また、ステーキングサービスを提供しているLido Financeもポルカドットをステーキングしながら代替トークンをDeFiで活用できるサービスを提供し始めました。

これにより、ポルカドットをステーキングして利回り収入を得ながらDeFi運用したい人が増えるので、ポルカドットの利用者が増える可能性があります。

ポルカドット上のプロジェクトが増えている

ポルカドット上には多くのプロジェクトが展開されています。

ポルカドット上のプロジェクト事例
  • Acala:分散型ステーブルコイン発行プロジェクト
  • Moonbeam:イーサリアムと互換性のあるスマートコントラクトプラットフォーム
  • Energy Web:低炭素の電力システム構築を目指し、オープンソースで分散型技術を開発している
  • Edgeware:ポルカドット上のスマートコントラクト機能開発やガバナンスの仕組みを開発
  • Interlay:ポルカドット上でビットコインのトークン化および発行に取り組む

プラットフォーム側は各プロジェクトのどれかが注目を浴びて価格上昇するとプラットフォーム側も恩恵を受けやすく、価格上昇しやすいです。

そのため、ポルカドットもプラットフォーム側のメリットを享受しながら効率的に価格上昇できる可能性が高いでしょう。

ステーブルコイン市場でも利用が増える可能性アリ

先日、ステーブルコイン大手のUSDTはポルカドット上に展開されている「クサマネットワーク」でUSDTをローンチしました。

今後はクサマに接続するパラチェーンのプロジェクトでUSDTが利用できるようになり、ポルカドットの汎用性がさらに向上します。

ポルカドットのネットワークでステーブルコインが流通すると、ステーブルコインを利用して運用したかったユーザーが利用するようになります。

ステーブルコインの市場規模は20兆円にも上るので、今後もステーブルコインの流通が進めば、ポルカドットにとって間違いなく追い風となるでしょう。

ポルカドット(DOT)の将来価格をAIが予想!

ポルカドット将来価格AI予想

ポルカドットの将来価格をAI予想を用いて解説します。

ポルカドットのAI予想
  • CoinPriceforestによるポルカドットの価格予想
  • DigitalCoinPriceによるポルカドットの価格予想

CoinPriceforestによるポルカドットの価格予想

CoinPriceforestによると、ポルカドットの今後の価格予想は以下のようになっています。

予想年予想額
2023年末16ドル
2024年末19ドル
2025年末25ドル
2026年末29ドル
2027年末35ドル
2028年末37ドル
2029年末39ドル
2030年末39ドル

ポルカドットは残り10年以内に39ドルまで上昇する予想をしており、2022年8月時点では10ドル未満なので約4倍の値上がりをすると見ています。

最新の価格予想を見たい方はこちらをチェックしてみてください。

DigitalCoinPriceによるポルカドットの価格予想

DigitalCoinPriceによると、ポルカドットの今後の価格予想は以下のようになっています。(平均価格)

予想年予想額
2023年末12.38ドル
2024年末13.15ドル
2025年末16.87ドル
2026年末15.75ドル
2027年末21.41ドル
2028年末28.85ドル
2029年末35.37ドル
2030年末40.05ドル

DigitalCoinPriceもCoinPriceforestと同じように今後10年以内に40ドル付近まで上昇すると見込んでいるので、どちらも将来性が明るいと見ています。

最新の価格予想を見たい方はこちらをチェックしてみてください、

ポルカドット(POD)の購入方法

ポルカドットの購入方法

ポルカドットを購入できる仮想通貨取引所は次の通りです。

ポルカドット取扱取引所
  • Coincheck
  • bitFlyer
  • GMOコイン

Coincheck

Coincheckのメリット
  • アプリダウンロード数国内No.1
  • 積立・IEO・レンディング・Coincheckガス/でんきなどその他サービスが充実
  • ポルッカドットを含め19種類の通貨に投資できる

『Coincheck』は2022年9月よりポルカドットの販売を開始した国内取引所です。

アプリが操作しやすく、初心者の方におすすめNo.1の取引所になります。

ポルカドットのレンディングや積立も可能なので、Coincheckで購入してから運用しつつ長期保有する方法がおすすめです。

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

bitFlyer

bitFlyerのメリット
  • 顧客の資産を守るコールドウォレット
  • 販売手数料が無料
  • 簡単操作で取引できる
  • ポルカドットを含めて19種類の通貨に投資できる

bitFlyer』はGMOコインに続いて2021年6月29日にポルカドットの取り扱いを開始した取引所です。

セキュリティレベルが非常に高く、顧客の資産をインタネットと完全に切り離されたコールドウォレットを使用しており安全に保管できます。

取引は土日祝日関係なく、いつでもどこでもスマホアプリやパソコンから簡単に行えます。

取り扱い通貨はポルカドットを含めて19種類もあるので、他の通貨に投資したい場合でも非常に便利です。

>>> bitFlyerの公式サイトはコチラ

bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
  • ポリゴン(MATIC)
  • メイカー(MKR)
  • ジパングコイン(ZPG)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIネット銀行なら無料、住信SBIネット銀行以外なら330円(税込み)/件
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行ならクイック入金の入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
シンボル 2 XYM
ポリゴン 19 MATIC
メイカー 0.02 MKR
ジパングコイン – ZPG
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
シンボル × ×
ポリゴン × ×
メイカー × ×
ジパングコイン × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!

1円からビットコインを購入できる

>>> bitFlyerの公式サイトはコチラ <<<

ポルカドットの取引所② GMOコイン

GMOコインのメリット
  • 2021年オリコン顧客満足度1位
  • GMOグループの子会社で安全性抜群
  • 各種手数料が無料でお得
  • ポルカドットを含めて23種類の通貨に投資できる

GMOコイン』は2021年5月19日に国内で初めてポルカドットが上場した取引所です。

国内ではNo.1のビットコイン取引量を誇る大手仮想通貨取引所で、GMOグループの子会社としてセキュリティレベルが高く安心して利用できます。

取引手数料や出金・入金手数料、送金手数料が全て無料な点が魅力です。

現物取引とレバレッジ取引どちらも取引でき、豊富なテクニカルツールを使用して売買を行えます。

販売所形式も採用しているので、仮想通貨取引初心者の方でも迷うことなく簡単に購入できるでしょう。

>>> GMOコインの公式サイトはコチラ

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、22種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。
GMOコインキャンペーンバナー

取扱銘柄数No.1

>>> GMOコインの公式サイトはコチラ <<<

ポルカドットの最新チャート・価格推移

ポルカドットは2023年2月時点で812円です。

最高値の約6,000円付近からは半値以上の下落をしていますが、仮想通貨市場が全体的に下落しているため、ポルカドットだけに悪い材料が出たわけではありません。

ただ、ポルカドット上に展開されているAstarネットワークはdApp開発を加速するためにAlchemy Platformとのパートナーシップを結び、別ネットワークのPhalaはアプリケーションでステークプールの説明機能を開始しました。

良いニュースがポルカドットの価格を押し上げる可能性があり、今後に期待です。

ポルカドット(POD)とイーサリアム(ETH)の違い

ポルカドットとイーサリアムの違い

イーサリアムキラーと呼ばれているポルカドットは、イーサリアム共同創設者であるキャビンウッド氏も開発に参加しており、多様なニーズに対応できるように改良を加えた仕組みになっています。

ブロックチェーンでは、今後コンフリクトが増えることが予想されており、個別のブロックチェーン同士を繋ぐことでコンフリクトを減らし、利益を得られる仕組みが求められています。

解説した通り、ポルカドットのブロックチェーンは相互作用があり、課題を解決することができます。

キャビンウッド氏は「Web3ファンデーション」というプロジェクトに関わっており、Web3ではネットワークを分散化させ、サーバーが無くてもネットワーク上でやり取りを行えるようになります。

イーサリアムではスケーラビリティや相互作用、中央集権体制が問題になっていることから、ポルカドットとは明確な違いがあるでしょう。

ポルカドット(DOT)とコスモス(ATOM)の違い

ポルカドットとコスモスの違い

ポルカドットとコスモスはどちらもブロックチェーンの相互運用の問題を解決しているブロックチェーンで、仕組みが似ているため違いがわからない方も多いでしょう。

両プロジェクトの違いは多くありますが、大きなポイントはセキュリティです。

ポルカドットとコスモスの違い
  • ポルカドット:セキュリティをプールして共有するので、新たなブロックチェーンを立ち上げる時に信頼や実績をそのまま使える。
  • コスモス:セキュリティは個別チェーンが構築するので、セキュリティ整備が大変。

他にもコンセンサスアルゴリズムや投票方法など、細かな違いがたくさんあります。

2つのプロジェクトは同じ課題を解決しようとしているため競合に見えますが、最近ではポルカドットとコスモスがテストネットで接続に成功しており、共闘していくことも予想されます。

ポルカドットの需要は今後も高まっていくと予想できます。

ポルカドットの今後の将来性についてよくある質問4選

ポルカドットの将来性はない

ポルカドットの今後の将来性についてよくある質問をまとめました。

ポルカドットの将来性についてよくある質問
  • ポルカドットはガチホに向いている?
  • ポルカドットのステーキング利率はどの取引所が1番高い?
  • ポルカドットはマイニングできる?
  • ポルカドットの発行上限は?

ポルカドットはガチホに向いている?

ポルカドットはガチホに向いている仮想通貨と言えるでしょう。なぜなら、AI予想が2030年末の価格予想で40ドル付近を予想しているからです。

長期的に価格上昇していく予想をしているため、今購入してガチホしておくのはアリでしょう。

ポルカドットのステーキング利率はどの取引所が1番高い?

ポルカドットのステーキング利率は、2022年8月時点でBinanceが最も高く、90日間ロックで約17%です。

ステーキングの利回りは相場によって少し変動しますが、ガチホしながら利回り収入を受け取れるためポルカドットは魅力的な仮想通貨です。

ポルカドットはマイニングできる?

ポルカドットはコンセンサスアルゴリズムにステーキングを組み込んでいるため、マイニングはできません。

ステーキングはロック期間があるもののお得に利回り収入を得られるチャンスなので、マイニングより稼ぎやすいです。

ポルカドットの発行上限は?

ポルカドットの発行上限は1,220,720,979枚です

すでに1.11BillionDOTが市場に流通しています。

ポルカドット(POD)について まとめ

ポルカドットの将来性まとめ
  • ポルカドットはスケーラビリティ問題を解決できる。
  • ブロックチェーンの相互運用を行える
  • 今後様々なプロジェクトが予定されており、将来性が高い
  • ポルカドットの購入にはCoincheckがおすすめ
  • イーサリアムキラーとして注目!長期的な投資がおすすめ

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

今回はポルカドットの特徴や今後の将来性、価格推移や購入する方法について解説しました。

ポルカドットはビットコインやイーサリアムの課題を改善した新しい仕組みの仮想通貨&プラットフォームとして、今非常に注目されています。

国内ではCoincheckやGMOコイン、bitFlyerなどに上場しているので、安全に購入したい方は、口座開設を行って投資してみてください。