クアンタム(QTUM)とは?今後の将来性、価格予想から買い方まで徹底解説!

「クアンタム(QTUM)の今後は将来性ある?」

「クアンタム(QTUM)に投資できる取引所は?」

という疑問がある方向けに、この記事ではクアンタム(QTUM)の今後の将来性や買い方、通貨の特徴や過去の価格推移を解説していきます。

クアンタム(QTUM)はビットコインとイーサリアムの良い面を取り入れた仮想通貨で、ライトウォレットの採用によって軽快な動作を可能にしています。

GoogleやAmazonのプラットフォームでも活用されており、将来的に様々なビジネスでの利用が期待されています。

クアンタム(QTUM)に投資を考えている人は、この記事を参考に国内取引所で購入してみてください!

ざっくり言うと…
  • クアンタム(QTUM)はビットコインとイーサリアムの特徴を併せ持つ仮想通貨。
  • プルーフオブステークを採用し電力問題を解決。
  • ライトウォレットにより動作が軽快。
  • 国内取引所では「コインチェック」「DMM ビットコイン」「GMOコイン」で取引が可能。
  • コインチェックは取引ツールが見やすく使いやすい特徴があり、クアンタム(QTUM)を含めて17通貨に投資可能!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

クアンタム(QTUM)とは?特徴をおさらい

クアンタム(QTUM)の特徴

クアンタム(QTUM)の特徴は次の通りです。

クアンタム(QTUM)の特徴
  • ビットコインとイーサリアムの特徴を持つ
  • プルーフオブステークを採用
  • ライトウォレットにより動作が軽快
  • Dappsの開発ができる
  • 匿名性が高い

クアンタム(QTUM)はビットコインとイーサリアムの特徴を持って作られた仮想通貨で、オープンソースブロックチェーンを採用することで匿名性が高い特徴があります。

ライトウォレットという軽快な動作を可能にする仕組みで出来ており、将来的にビジネス全般での活用が期待されています。

仮想通貨名 クアンタム
ティッカーシンボル QTUM
発行開始年月日 2016年12月
コンセンサスアルゴリズム Proof of Stake(PoS)
現在の価格(2021年10月時点) 1,413円
時価総額(2021年10月時点) 139,649,120,801円
国内取扱取引所 コインチェック
DMM ビットコイン
GMOコイン

クアンタム(QTUM)の特徴① ビットコインとイーサリアムの特徴を持つ

ビットコインとイーサリアムの特徴を持つ

クアンタム(QTUM)はビットコインとイーサリアムの特徴を持つ仮想通貨です。

ビットコインの価値保存機能(UTXO)システムの安定性と、イーサリアムのスマートコントラクトを合わせ持っています。

これらの特徴により、企業間取引で要求されるレベルの高いセキュリティーに対応できます。

クアンタム(QTUM)の特徴② プルーフオブステークを採用

プルーフオブステークを採用

クアンタム(QTUM)はプルーフオブステークを採用している仮想通貨です。

プルーフオブステークとは、仮想通貨取引や送金データを正しくブロックチェーンにつなぐための仕組みです。

ビットコインには採用されていませんが、クアンタム(QTUM)を含めて他のアルトコインではプルーフオブステークが採用されています。

プルーフオブステークを採用することで、膨大な電気代や環境への負担を少なくすることができ、取引量が増えても問題が少ないメリットがあります。

従来のプルーフオブワークには様々な問題点があり、それをカバーできるのがプルーフオブステークです。

クアンタム(QTUM)の特徴③ ライトウォレットにより動作が軽快

ライトウォレットにより動作が軽快

クアンタム(QTUM)はライトウォレット形式で提供されており、素早い取引記録のダウンロードや軽快な動作が可能です。

ライトウォレットとは、必要な分だけのブロックチェーンデータをダウンロードするだけで足りるウォレットのことで、サーバー容量を削減できるメリットがあります。

イーサリアムのスマートコントラクトでは全てのデータをダウンロードする必要がありますが、クアンタム(QTUM)ならライトウォレットのみで利用できます。

軽快な動作が可能なこの特徴により、将来的にはIoTデバイスなどの軽快な動作が求められるシステム上での活用が期待されています。

クアンタム(QTUM)の特徴④ Dappsの開発ができる

Dappsの開発ができる

クアンタム(QTUM)はイーサリアムと同じように、Dappsの開発を行えます。

Dappsとは分散型アプリケーションのことで、ブロックチェーン上でソフトウェアを動作させる仕組みです。

スマートコントラクトを応用しており、イーサリアム基盤のDappsが主流となっています。

しかし、クアンタム(QTUM)はコンセンサスアルゴリズムにPoSを採用しているので、イーサリアムで生じるスケーラビリティ問題に陥りにくい強みがあります。

現在は先行者利益からイーサリアムが最も巨大なコミュニティを形成していますが、クアンタム(QTUM)の高い技術が注目されれば市場ポジションを確立できるはずです。

クアンタム(QTUM)の特徴⑤ 匿名性が高い

匿名性が高い

クアンタム(QTUM)ではUTXOというブロックチェーン技術を採用しており、非常に匿名性が高い特徴があります。

他にもアカウントアブストラクトレイヤー(AAL)と呼ばれるスマートコントラクトを動作させるシステムを導入することで匿名性を高めています。

取引データを更新しながら複雑な匿名処理を可能にしているので、常に新しい情報が更新される仮想通貨取引と互換性が高いです。

クアンタム(QTUM)の過去の価格推移

クアンタム(QTUM)過去の価格推移

クアンタム(QTUM)の過去の価格推移を見ると、2度の価格上昇と暴落が分かります。

1度目の上昇は2017年から2018年に発生したビットコインバブルの影響により、一時的に急騰しました。

この時はビットコインよりも利益を狙えるアルトコインに投資する投資家が増えており、あらゆる仮想通貨が急騰しているタイミングでした。

しかし、ビットコインバブルが弾けてからは特に値動きがないまま2021年に入り、再度ビットコインやイーサリアムに注目が集まり始めたタイミングで上昇しています。

一時的に1万円を超えた値をつけたクアンタム(QTUM)ですが、現在は1,000円台で停滞しています。

クアンタム(QTUM)の今後の将来性

クアンタム(QTUM)の今後の将来性

クアンタム(QTUM)の今後の将来性は次の通りです。

クアンタム(QTUM)の今後の将来性
  • ビットコインの値動き
  • 上場する取引所が増えるか
  • ビジネス分野での活用
  • 中国政府の意向

クアンタムの今後① ビットコインの値動き

ビットコインの値動き

2021年にビットコインが急上昇して以降、クアンタム(QTUM)とビットコインの値動きは連動性が高く、大きな影響を受けています。

2017年のビットコインバブルと同じように、時価総額の大きいビットコインが値上がりすれば、クアンタム(QTUM)などアルトコインも上昇していく可能性があるでしょう。

クアンタムの今後② 上場する取引所が増えるか

上場する取引所が増えるか

クアンタム(QTUM)はコインチェック・DMM ビットコイン・GMOコインに上場しており、今後上場する取引所がさらに増えるかどうかが価格に影響するでしょう。

複数の取引所に上場するということは、多くの投資家の参入を促すことができ、必然的に価格が上昇しやすくなります。

国内取引所に上場する仮想通貨は、金融庁が認めている将来性のある通貨とも考えられるので、上場をきっかけに急騰するアルトコインも多いです。

国内にはまだまだ取引所があるので、大手取引所に追随して上場すれば上昇が期待できるでしょう。

クアンタムの今後③ ビジネス分野での活用

ビジネス分野での活用

クアンタム(QTUM)はビジネス分野での活用が期待されており、GoogleやAmazonといった世界的企業から注目されています。

実際にクアンタム(QTUM)のスマートコントラクトを利用したDapps開発環境をGoogleやAmazonのプラットフォーム内に構築しています。

クアンタム(QTUM)の最高情報責任者のマイク・パレンシア氏はAWSとの提携について次のように話しています。

「Amazonと連携し、様々なクライアントとコンタクトを取っていきたい。ユースケースについての検討を重ねているが、その最良の方法は、実際にユースケースを持っている企業と直接連絡を取ることだ」

「クライアントの中には、独自のアイデアと自社の開発者を抱えている企業もあるが、そのうちの何社かは、我々から、より大きなサポートを受けることを希望しており、我々と直接、話し合うことを望んでいる。」

AmazonのAWSユーザーは迅速で効率的かつ費用対効果の高い開発を行えるようになります。

利用者ユーザーの多いAmazonやGoogleでの活用がこれから進んでいけば、クアンタム(QTUM)の価格に良い影響を与えるはずです。

クアンタムの今後④ 中国政府の意向

中国政府の意向

クアンタム(QTUM)の創業者のダイ氏は中国出身であり、中国のブロックチェーンエコシステムから生まれたプロジェクトです。

クアンタム(QTUM)の将来性は中国政府の意向によって大きく左右する可能性があります。

中国ではブロックチェーン技術を推進する一方で、仮想通貨に対して厳しい規制を行っています。

中国が将来的に仮想通貨市場への取り締まりを強化する場合は、クアンタム(QTUM)に悪影響を及ぼすことになるかもしれません。s

クアンタム(QTUM)の買い方・購入方法

クアンタム(QTUM)の買い方

クアンタム(QTUM)を購入できる国内取引所は次の3社です。

クアンタム(QTUM)を購入できる取引所
  • コインチェック
  • DMM ビットコイン
  • GMOコイン

コインチェック

コインチェックのメリット
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」による運営!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料!
  • 取り扱い通貨が国内最多!たくさんのアルトコインを取引することができる。

コインチェックは東証一部上場のマネックスグループが運営している大手取引所です。

クアンタム(QTUM)を含めて17通貨に投資することができ、最低500円という少額から取引が可能です。

スマホアプリでの取引が行いやすいと人気で、初心者の方でもすぐに使いこなすことができます。

取引手数料と入金手数料が無料で利用できるので、クアンタム(QTUM)を購入するならコインチェックを活用しましょう!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

DMM ビットコイン

DMMビットコインのメリット
  • 数々の事業を手がけている「DMMグループ」を親会社に持っている取引所
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料なので、コストがかからない!
  • 登録から「最短1時間」で取引を開始することができる。
  • 12種類の通貨にレバレッジ取引ができる。

DMM ビットコインはレバレッジ取引を行える取引所です。

レバレッジは最大で4倍まで取引可能で、少額でも利益を出すことができます。

12種類の通貨に投資でき、レバレッジ取引にも対応しています。

登録から最短1時間で取引を開始でき、今なら口座開設完了で全員に2,000円プレゼントされるキャンペーンを行っているので、活用してみてください!

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェック<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのメリット
  • 2021年オリコン顧客満足度1位
  • GMOグループの子会社で安全性抜群
  • 各種手数料が無料でお得
  • クアンタム(QTUM)を含めて14種類の通貨に投資できる

国内ではNo.1のビットコイン取引量を誇る大手仮想通貨取引所で、GMOグループの子会社としてセキュリティレベルが高く安心して利用できます。

取引手数料や出金・入金手数料、送金手数料が全て無料な点が魅力です。

現物取引とレバレッジ取引どちらも取引でき、豊富なテクニカルツールを使用して売買を行えます。

販売所形式も採用しているので、仮想通貨取引初心者の方でも迷うことなく簡単に購入できるでしょう。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインに無料登録する!

クアンタム(QTUM)の今後・将来性 まとめ

今回はクアンタム(QTUM)の今後の将来性や買い方、通貨の特徴や過去の価格推移を解説しました。

クアンタム(QTUM)が今後上昇するためには、クアンタム(QTUM)の分散型プラットフォームを活用したビジネスが進行することが鍵になります。

他にも中国政府の意向やビットコインの値動きも価格に影響を与えるので、クアンタム(QTUM)に投資する方は注目しておきましょう。

クアンタム(QTUM)に投資する場合は、国内大手取引所のコインチェックが利用しやすく取扱通貨数も多いので非常におすすめです!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる