【7月最新】リップルの今後がやばい!価格は上がらない?見通し・将来性を徹底予想

リップル(XRP)の今後はどうなるの?
リップル(XRP)の今後の見通しが知りたい!

2022年7月5日8時00分現在の価格が44.7円前後のリップル(XRP)。

時価総額はビットコインやイーサリアムに続いて6位となっています。

リップルは1コインあたり100円以下なので初心者でも始めやすく、ビットコインと補完性が高いということで人気を集めています。

リップルは今後大きく伸びると予想されている仮想通貨のうちの1つです。

そこでこの記事では、リップルの概要や今後の見通しについて詳しく解説していきます。

最新情報を随時更新していくので、ブックマークして情報をいち早く手に入れましょう!

7月のリップル最新情報
  • ビットコインの暴落を受けて仮想通貨全体の価格変動が激しいため静観がベスト
  • 6月リップルは最高値:約58円 /最安値:約39円
  • 5月リップルは最高値:約85円 /最安値:約44円
  • 仮想通貨市場が全体的に大きく下落中 & 買うのはありなタイミング
  • 安くなった際にすぐにリップルを手に入れることができる状態がおすすめ
  • リップルを購入するなら仮想通貨取引所コインチェックがおすすめ

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

\おすすめの仮想通貨取引所ランキングTOP3👑/

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
coincheck
coincheck
・取引画面が見やすく直感的に操作することができる
・さまざまなサービスと連携することができる
公式サイト誘導
DMM Bitcoin
DMM Bitcoin
・15種類もの仮想通貨取引が可能!
・使いやすくて豊富な取引ツール・アプリ
公式サイト誘導
bitFlyer
ビットフライヤー
・1円からビットコインを購入することができる
・最短10分で口座開設完了
公式サイト誘導

もくじ

リップル(XRP)の今後は?最新リアルタイムチャート&7月価格予想

最新価格情報とリアルタイムチャート


2022年7月5日のリップルの価格は、44.7円前後となっています。

5月上旬に50円前後まで下落した後、6月に入ってからも価格は緩く下落を続けています。

リップルの価格も落ち着いているため、今は買い時だと考えられます。

ただ、価格はまだ下落するといった声も少なくはありません。

リップルの今後の価格変動に着目して、安く購入して高く売却するために、今のうちから口座開設などの準備をしておきましょう!

7月のリップル価格予想・見通し

6月のリップル価格は下降トレンドにあります。

ビットコインをはじめとする、仮想通貨市場全体が下降トレンドにあるので、仕方ないと言えるでしょう。

今後しばらくは、この下降トレンドも変わらないかと予想されます。

ただ、リップルにおいては、リップル裁判などの価格が急騰する要因も秘めているので最新ニュースとトレンドはチェックしておくようにしましょう。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

【7月最新】リップル(XRP)裁判の概要・最新情報

リップル裁判H2下の画像

2020年12月、リップル(XRP)の発行元であるリップル社は米国の証券取引委員会(SEC)に提訴され、現在も裁判中です。

裁判の判決次第でリップルの価格は大きく変動する可能性が高いので、リップルを保有している方、買おうとしている方は必見のニュースになります!

6月のリップルに関する重要ポイント
  1. そもそもリップル裁判とは?
  2. リップル裁判の判決・最新情報
  3. ロシア・ウクライナ情勢

そもそもリップル裁判とは?

リップル社は、2020年12月に「リップル社がリップルを未登録証券として販売していた」という理由で、米国の証券取引委員会(SEC)に提訴されました。

“リップルが有価証券かどうか”が裁判のポイントになっています。

リップル社の意見としては「リップルは通貨であり有価証券には該当しない」という主張です。

リップルが有価証券に該当する場合、その他全ての仮想通貨の有価証券性が問われることになります。

この判決が今後の仮想通貨と法規制の在り方を決めると言っても過言ではないでしょう。

また、リップルの価格に対しても大きな影響が出ると予想されます。

リップル裁判の判決・最新情報

2022年6月時点で、リップル裁判の判決はまだ出ていません。

Twitter上では、SECが裁判の進捗を遅らせている、リップルの方が優勢であるという意見もありますが真相はわかりません。

裁判の判決次第で、価格が急騰または急落する可能性が大いにあります。リップル保有者の方、今後リップルを買う予定がある方は必ずチェックしておきましょう。

本記事では、今後もリップル裁判の最新情報を更新していくのでぜひ参考にしてください。

ロシアとウクライナの情勢

ロシア・ウクライナの戦争の影響により2月のリップル価格は下降トレンドでしたが、その後順調に回復し、3月最終日は106円台をマークしました。

ただし、その後は戦争の長期化やビットコインの暴落によって現在はリップルの価格も下降トレンドにあります。

今後のロシア・ウクライナ状況には要注目です。

リップル(XRP)の将来性を解説!今後価格が上がる6つの要因とは?

リップル(XRP)の将来性を解説!今後価格が上がる6つの要因とは?

今後のリップルの価格は上昇していく可能性が高いです。

この先リップル価格の上昇を生みそうだと思われている要因は現時点で6つありますので、一つずつ確認していきましょう。

発行枚数の上限まで発行が済んでいる

リップルは現時点ですでに発行枚数の上限である1000億XRPまで発行が済んでいます。

もう新たに発行されることはありません。

年々仮想通貨の人気が高まり、リップルが市場に出回る量が減っているので、希少性が高まっていることは間違いないでしょう。

高まる需要に対して、もう新たに発行されることがないということを考えると、リップルの価格は今後も上昇することが予想されます。

送金のスピードと安さで評価され続けている

リップルは送金スピードと手数料の安さが大きな魅力となっており、これらの評価が高まることでリップルの価値も高まりやすくなります。

コインチェックの公式情報によると、リップルの送金スピードは5秒以内、手数料は0.15XRP(約13円)とされています。

その一方、ビットコインの送金スピードは約10分、手数料は0.0005BTC(約2,700円)です。

このようにリップルは送金スピード・手数料の安さが大きな魅力となっており、今後評価があがることでリップルが高騰する可能性があります。

国際送金のSWIFTに代わる可能性も

SWIFT(国際銀行間通信協会)は銀行間の国際金融取引を仲介する機関です。

世界中の銀行がSWIFTを利用して送金・取引を行っていますが、手数料が高く、時間がかかるという問題があります。

その問題を解決するのがリップルと言っていいでしょう。

SWIFTの代わりにリップルが利用されるケースが増えれば、価格はさらに上昇していくと考えられます。

リップル社は国際送金サービスを提供する企業などと提携を進めているため、可能性はかなり高いと言えるでしょう。

大企業からの金銭的支援・提携がある

リップルはGoogleの子会社である「グーグル・ベンチャー」から出資を受けています。

そのため他の企業からの「リップルは信頼できる・成長が期待できる」と評価されれば、さらなる支援を受けることも。

FacebookはLibraという事業で仮想通貨参入を発表したこともあるため、他の超大手企業がリップルを援助する可能性も否定できません。

また、リップルは多くの銀行とも提携を結んでいます。

リップルが提携している大手金融機関の一例
  •  バンク・オブ・アメリカ
  • イングランド銀行
  • カナダロイヤル銀行
  • オーストラリア・ニュージーランド銀行
  • タイ銀行
  • SBIホールディングス など

これだけ大企業・大手金融機関から信頼を得ているリップルなら今後の価格上昇も期待できますよね。

Ripple Netサービスの提携

Ripple Netサービスとは、「Ripple Net」を使うことで低コストかつスピーディーに銀行・取引所・企業で直接取引・送金を行うことができるものです。

参加している金融機関が増えると、リップルの価格が上がりやすくなります。

例えばRipple Netサービスを使っている国内の金融機関は、以下のような銀行が挙げられます。

Ripple Netサービスを使っている国内の金融機関
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 住信SBIネット銀行
他にもRipple Netサービスに参加する金融機関が増えれば、リップルの今後は明るくなると期待できるでしょう。

将来性のあるアジアでリップルが流行しつつある

リップルがアジア圏で流行しており、価格上昇が期待できます。

例えば、日本のSBIホールディングスが「SBIリップルアジア」というリップルネットワークを利用した送金・開発などを行う会社を作り、アジア圏でのリップル普及を促進しています。

SBIリップルアジアでは、リップルネットワークを利用した送金・開発などを行っています。

実際に、カンボジア・ベトナム間と韓国・タイ間、フィリピンへの送金サービスを開始しています。

また、米リップル社はインドでのリップルネットワークの普及も検討しているそうです。

人口が多いアジア圏で、リップル送金などの技術が広まれば、需要が高まり価格が上昇していく可能性が高まります。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

リップル(XRP)の価格が今後上がらない3つの要因とは?

リップルの価格が今後上がらない3つの要因H2下の画像

今後のリップルの成長を妨げ得る3つの要因は、以下の通りです。

期待通りに開発が進まない可能性がある

リップルは3つのプロダクト(xRapid・xCurrent・xVia)の開発を進めています。

これらのプロダクトは国際送金サービスに深く関わっており、リップルの今後を左右すると言えるでしょう。

そのためプロダクトの開発がうまく進まなかった場合、リップルの今後は暗くなると考えられます。

分散型管理ではないことで不都合が生じ得る

リップルはリップル社によって管理されている仮想通貨であり、中央集権的な性格を持っています。

そのためリップルのサーバーがダウンすると、機能しなくなる可能性も。

また、管理方法を変更する際などにはリップル社内で論争が起こる可能性も否定できません。

リップル社がうまくリップルを管理できなければ、リップルの価値が下がってしまうリスクがあるのです。

またリップルに似た仮想通貨を発行するライバル社が現れた場合、リップルの地位が脅かされる可能性もあります。

このように分散型管理ではないことが、今後のリップルに悪影響を及ぼすリスクがあります。

米証券法違反の裁判で敗訴する可能性がある

リップル社はアメリカ証券取引委員会から訴えられているため、敗訴することでリップルの価値が急落してしまう可能性があります。

リップル社が敗訴するかどうかは予想が難しいので、「判決が出るまではリップルの取引を控える」というのもひとつの手です。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

リップル(XRP)が100万円になることはあるか?【専門家による今後の価格予想】

リップルの価格は今後どこまで上がるのか?【専門家の価格予想】H2下の画像

リップルの価格は今後どうなるのか?専門家による価格予想を紹介していきます。

紹介する専門家の価格予想
  •  CryptoNewsZの価格予想
  • Crypto Coin Societyの価格予想

CryptoNewsZの価格予想

仮想通貨のニュースやレポートを専門とするCryptoNewsZでは、リップルは少なくとも5ドルには到達するという予測をしています。

具体的な数字では、2021年末には0.6ドルを超えると予想されていましたが、2021年は1ドルと超えました。

2022年末には3.84ドル、2023年末には4ドル前後と順調に価格が上がっていくと予想されます。

2024年末には約2.2ドルと価格は落ち着きますが、2025年末には4~8ドルと、価格が大きく上昇しています。

Crypto Coin Societyの価格予想

仮想通貨の専門記事やサービス解説を行っているCrypto Coin Societyもまた、リップルの今後の価格にはポジティブな見解を示しています。

2021年には0.95ドルになると予測していましたが、実際は戦争の影響もあり市場が盛り上がらず、2021年末は0.7ドル前後を推移していました。

今後の予想では、2022年には2.5ドル、2023年は2.19ドルとなっています。

そして、2023-2024年にはビットコイン半減期に向けて価格が上昇していき、4.6ドルを超えるとの見解です。

どちらの予想でもビットコイン半減期を考慮し、順調に価格は伸びつつも価格はいったん落ち着き、その後さらに伸びるという予想でした。

時期などの多少のずれはありますが、あくまでも参考程度に、リップル売買の役に立てば幸いです。

AIによるリップル(XRP)の2025年価格予想は?

今後のリップルの価格をAIはどのように予想しているのか?H2下の画像

2022年~2025年までのAIによるリップル価格予想をまとめました。

今回はDigitalCoinPriceとPricePredictionを参考にしています。

AIによって予想結果が様々なので、一概に1つのサイトだけを見て判断することは避けましょう。

DigitalCoinPriceの2025年リップル価格予想

DigitalCoinPriceの2025年リップル価格予想
  • 2022年の最高価格:0.56ドル
  • 2023年の最高価格:0.65ドル
  • 2024年の最高価格:0.68ドル
  • 2025年の最高価格:0.87ドル

DigitalCoinPriceでは、2022年は0.56ドル、2023年は0.65ドル、2024年は0.68ドル、2025年は0.87ドルと最高価格を予想しています。

DigitalCoinPriceによる最新のリップル価格予想を見る

現在リップルの価格は0.4ドル台と低迷していますが、徐々に価格は回復し、2025年には2倍以上の価格になっているということですね。

PricePredictionの2025年リップル価格予想

PricePredictionの2025年リップル価格予想
  • 2022年の最高価格:0.56ドル
  • 2023年の最高価格:0.83ドル
  • 2024年の最高価格:1.22ドル
  • 2025年の最高価格:1.76ドル

PricePredictionでは、2022年は0.56ドル、2023年は0.83ドル、2024年は1.22ドル、2025年は1.76ドルと最高価格を予想しています。

PricePredictionによる最新のリップル価格予想を見る

先ほどのDigitalCoinPriceよりも2023年以降は強気な価格予想ですね。

仮想通貨市場全体が低迷期なので、現在このような予想となっていますが、今後の市場回復や裁判判決ではさらにAIによる予想価格は上がっていくと思われます。

今後のリップル(XRP)取引におすすめの取引所5選

今後のリップル取引におすすめの取引所5選H2下の画像
今後のリップルの取引におすすめの取引所をピックアップします。

ランキングを参考に自分に合う取引所を見つけましょう!

今後のリップル取引におすすめ 第1位:Coincheck(コインチェック)


Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 日本国内最大の『16種類』ものビットコイン・アルトコインを取り扱っている。
  • スマホアプリの使いやすさがダントツで、ダウンロード数は274万回を突破。
  • 取引手数料・入金手数料が無料

仮想通貨のおすすめ取引所ランキング第3位は『Coincheck』です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

チャートの見やすさや取引のしやすさが人気を呼び、ダウンロード数は既に274万回を突破!

最短『10秒』で、スマホアプリからサクッと仮想通貨を買うことができ、初心者でも迷わずかんたんに操作することができます。
仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像
 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

今後のリップル取引におすすめ 第2位:LINE BITMAX

第11位 LINE BITMAX

LINE BITMAXの特徴
  • LINEグループが運営する仮想通貨取引所
  • LINEアプリを通じて簡単に登録・取引・資産管理ができる
  • LINE Payを使って入出金すると手数料がお得に!

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行え、仮想通貨投資未経験者でも使いやすい作りになっています。

また、保有している仮想通貨を貸し出して利益を上げられるサービスを提供しており、頻繁に売買しなくても稼ぐことができます。

LINEビットマックス_バナー

>>>LINE BITMAXの口座開設はこちらから<<<

LINE BITMAXで
仮想通貨を買ってみる

今後のリップル取引におすすめ 第3位:DMM Bitcoin


DMM Bitcoinの特徴
  • DMM FXやDMM 株を展開している「DMMグループ」が運営している
  • アルトコインFXも豊富で、15種類もの仮想通貨に対応。
  • 2,000円のプレゼントの口座開設キャンペーンを実施中!
  • 『取引手数料』『入金手数料』など無料※。無駄な取引コストがかからない。

※BitMatch取引手数料を除く

暗号資産取引所のおすすめ取引所ランキング第2位は『DMM Bitcoin』です!

DMM.comという超大手企業によって運営されているので、安心・安全です。

DMM Bitcoinで取り扱われている15種類のすべてのアルトコインがレバレッジ取引できます。

大手『DMMグループ』のセキュリティノウハウを引き継ぎ、安全な環境で取引を行うことができます。

今なら無料口座開設キャンペーンで2,000円プレゼントしているので、この2,000円を元手にレバレッジ取引で利益を上げることも可能。
(※キャンペーン期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分)

登録からなんと『最短1時間』で取引を開始することができ、取引開始までのスピード感もバツグン。

現物取引とレバレッジ取引を両方行いたい方であれば、DMM Bitcoinへの登録は必須です。

DMM Bitcoin

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェック<<<

DMM Bitcoinで
仮想通貨を買ってみる

今後のリップル取引におすすめ 第4位:GMOコイン

GMOコインのメリット
  • オリコン顧客満足度(暗号資産取引所 現物取引)でNo.1!
  • 仮想通貨を貸して増やすレンディングサービスがある
  • 保有しているだけで報酬が得られるステーキングサービス

オリコン顧客満足度No.1を誇るのは、大手GMOグループの傘下にある『GMOコイン』です。

「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った安心の管理体制や、万全のセキュリティ対策が特徴。

その上「取引手数料」「入出金手数料」「送金手数料」が全て無料!

暗号資産を取引する際のコストはほとんどかかりません。

仮想通貨取引におけるコストを最小限にまで抑えたい方は、GMOコインへの登録は必須。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインで
仮想通貨を買ってみる

今後のリップル取引におすすめ 第5位:bitFlyer(ビットフライヤー)

仮想通貨_おすすめ_ビットフライヤー

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
  • ビットコインの取引量が国内No.1!
    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含 む)
  • 「販売所手数料」「FX手数料」などがほとんど全て無料。コストがかからない。
  • たったの『100円』から仮想通貨を買うことができる!
bitFlyer』は20社以上ある国内取引所の中でビットコイン取引量No. 1の仮想通貨取引所です。

セキュリティ対策もバッチリで2014年にサービスを開始してから、ハッキング等の盗難被害を受けたことはありません。

最小『100円』からビットコインやアルトコインを買うことができるので、リスクを最小限にまで抑えることもできます。

また、仮想通貨取引所を対象としたセキュリティ調査では、なんと『世界No.1』を記録。
※ Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査。

初心者から中・上級者にまで、幅広い層に愛されている仮想通貨取引所です。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで
仮想通貨を買ってみる

ビットコインが貯まるクレカ

上記bitFlyerから、『ビットコインが貯まるクレジットカード』が登場!

普段の買い物でこのカードを使うだけで、ビットコインをどんどん貯めることができます。

さらにキャンペーン中の今なら、先着10,000名の方限定でもれなく『500円相当』のビットコインがもらえます。

元手資金をおさえつつビットコインを取引したい」という方に、イチオシのクレジットカードです!

>>> bitFlyerクレカの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerクレカを
無料で作ってみる

リップル(XRP)とは?今後を読み解くための特徴を分かりやすく解説

リップルとは?今後を読み解くための特徴を分かりやすく解説H2下の画像

通貨名 リップル(XRP)
発光開始年月 2013年9月
現在のレート 44.7円(2022年7月5日)
時価総額 6位:¥4,383,142,694,536
発行上限 1000億XRP
開発元 Ripples Labs Inc.
購入できる取引所 Coincheckなど

リップル(XRP)とは、銀行間送金向けの国際送金プラットフォームである「RippleNet」を開発・提供するRipple Labs Inc. の名称です。

その「RippleNet」上で使用することのできる仮想通貨もまたリップル(XRP)と呼ばれます。

リップル社は、国ごとに異なっている決済システムをグローバルに統合し、通貨の「価値」を保全したまま、世界中どこへでも動かせるものにすることを目標に活動しています。

その通貨であるリップルの最大のポイントは、銀行間送金向けの総合的なソリューションです。

リップルは、直接の取引がない2通貨間の取引を簡易化する機能があります。そのため、国際送金を高速かつ低コストで行うことができると期待されています。

リップルの今後の値動きを読むためには、リップルの特徴について深く理解する必要があります。では、ここからはリップルの特徴を分かりやすく解説していきます。

国際送金に特化している

リップルの特徴の1つ目は、国際送金に特化しているという点です。

リップルのトランザクションは他の仮想通貨と比較してもかなり迅速に作られています。

ビットコインのトランザクションは、平均10分程度の時間がかかるのに対して、リップルではわずか3〜5秒程度の時間で取引を済ませることができます。

このリップルのトランザクションの承認が迅速かつ低コストで完了するため、リップルを仲介することで通貨の国際送金を素早く安く行うことができます。

例えば、「日本円で送金しリップルを仲介して米ドルで着金させる」という国際送金をすることがで、時間と手数料を大幅に削減することができます。

RippleNetを使った送金が早い理由は、他の仮想通貨とは異なるコンセンサス・アルゴリズムを採用しているからです。

リップル独自のRipple Protocol Consensus Algorith(RPCA)というアルゴリズムは、銀行や決済代行業者などの金融機関がバリデーターとなって、取引の検証を行う仕組みです。

中央集権的な通貨である

リップルの特徴の2つ目は、中央集権的な通貨であるという点です。

ビットコインを始めとした多くの仮想通貨では、ブロックチェーンのシステムを利用して、非中央集権体制で運営しています。

そのためあらゆる決定は、仮想通貨に関わる不特定多数の参加者の決定に基づいて進行していきます。

その点仮想通貨リップルは、「リップル社」が管理主体となっているという特徴があります。

取引に関わることやスペックの調整、トランザクションの承認などについては、「リップル社」の指揮下で行われます。

リップルの発行上限数量は1,000億XRPに設定されており、現時点ですべて発行済みです。

すでに発行されたリップルのうち、リップル社は630億XRPを保有しています。

リップル社保有分の90%に相当する550億XRPは2017年12月にロックアップされ、2018年以降毎月1日に10億XRPずつロックアップが解除される仕組みになっています。

リップルは「分散型」の仮想通貨とは異なった性質を持っていると言うことができるでしょう。

現在裁判で闘争中である

リップルの特徴の3つ目は、現在裁判で闘争中であるという点です。

リップル社は現在、2020年12月にアメリカ証券取引委員会(SEC)に提訴されています。

提訴された理由は「リップル社がリップルを未登録証券として販売していた」というものです。

仮想通貨のリップルは、リップル社が開発・運営・管理を行っています。

リップルの多くがリップル社1社によって、保有されているため「リップルは仮想通貨ではなく有価証券である」。

そのため、有価証券の販売で然るべき手続きを行う必要があると提訴されています。

裁判の争点は、リップルが有価証券が否かという点に重きが置かれています。

この裁判でリップル社側が勝訴に終われば、リップルの価格も大きく跳ねることが予想されます。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

今後につながるリップル(XRP)の過去の価格変動をおさらい

今後につながるリップルの過去の価格変動をおさらいH2下の画像

リップルの過去の価格変動について、以下の4点から解説します。

リップルの過去の価格変動
  1. 2012年-2016年のリップル
  2. 2017年-2018年のリップル
  3. 2019年-2020年のリップル
  4. 2021年のリップル

今後をしっかりと見通すためにも、上記4つの「リップルの過去の価格変動」をチェックしていきましょう。

2012年-2016年のリップル

リップル今後価格推移2012-2016年

初期のリップルは金融機関との提携を進めながらロックアップしていた時期でした。

ロックアップとはリップル社が保有するリップルの売却に制限をかけることです。

ロックアップは初期のリップルの値上がり要因と考えられていました。

この時期のリップルは時価総額の大きな変化がなかった点もおさえておきましょう。

2017年-2018年のリップル

リップル今後価格推移2017-2018年

2017年-2018年のリップルは高騰を迎えた時期で、1リップルが400円を越えたことも。

それまでには1リップル100円にも満たなかったため、この時期の高騰は目覚ましいものと言えるでしょう。

なお、2017年-2018年は仮想通貨全体がバブルと呼ばれる時期でもあります。

ビットコインをはじめとした様々な仮想通貨が値上がり基調だったこともおさえておきましょう。

2019年-2020年のリップル

リップル今後価格推移2019-2020年

この時期のリップルは20円台になることもあり、値下がり傾向となりました。

仮想通貨バブルが終わり、市場全体が下落基調だったことも大きな要因。

その一方で2020年も終わりに近づいたころ、DeFiが注目を浴びるようになり、一時期60円台となるなどの回復を見せました。

2021年のリップル

リップル今後価格推移2021年

2021のリップルは値上がり基調でした。

1リップルが200円を越えることも。

DeFi・NFTなどに注目する人が多く、仮想通貨全体の期待値が上がった点が大きいでしょう。

またリップルはこれまでに金融機関との協力関係を強めてきたこともあり、高く評価されたと考えられます。

2021年にはアジアトップクラスの国際送金サービス会社であるTranglo社の株式を得て協力関係を強めています。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

リップル(XRP)の今後に関するQ&A

リップルの今後に関するQ&AH2下の画像

今後のリップルに関するQ&Aは、以下の4つです。

リップルは今後上昇しますか?

断言することは難しいですが、専門家やAIの予想を見ても、今後リップルの価格が上昇していくと見ている割合が圧倒的に多いです。

裁判の行方や仮想通貨市場によって大きな価格変動が起きることもあるかと思いますが、長期保有する場合は焦らず持ち続けることがポイントです。

リップルの将来性はありますか?

リップルの将来性は長期的に見て高いと思われます。

理由は以下の通りです。

リップルの将来性が高い理由
  • 上限1000億枚まで発行済み
  • 国際送金に最適
  • Ripple Inc によって管理と運営がされている

リップルは発行上限に達しているので、今後新規で発行されることはありません。よって時間が経つほどに希少性が増していきます。

また、送金システムが非常に優れており、従来の手数料が高く時間がかかる国際送金の代役になるとも言われています。

時価総額ランキングでも常に上位にいる人気通貨なので、長期的に見て、今後の将来性・価格も期待できるでしょう

仮想通貨_おすすめ_サムネイル【7月最新】仮想通貨のおすすめ銘柄&取引所ランキング14選!これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨

リップルが暴落するタイミングはいつですか?

リップル社が現在闘争中の裁判で敗訴した場合は、価格が下がる可能性が非常に高いです。

また、ロシア・ウクライナが緊張状態に陥り、開戦に至った1月下旬~2月上旬は価格が下降トレンドでした。世界の情勢で景気が悪くなりそうなニュースがあると暴落する危険は高まります。

リップルの買い時はいつですか?

ビットコインの半減期を迎えると、ビットコインを含む仮想通貨全体の市場が盛り上がる傾向があります。

次のビットコイン半減期は2024年なのでそれまでに、できるだけ早く購入することをおすすめします。

ただ、現在は裁判の結果が出ていないので待っている方がよいでしょう。

リップルが今すぐ購入できる取引所はどこですか?

最短5分で申し込みが完了するコインチェックがおすすめです。

また、今新規口座開設をすると、2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンを実施しています。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

リップル(XRP)の今後|まとめ

リップルの今後|まとめ
  • リップルの今後は判決結果・協力企業の増減などによって左右されやすい
  • 今後リップルの価格を上昇させ得る要因は決済の利便性・サービスの普及など
  • リップルは仮想通貨市場全体の動向にも影響を受ける
  • 今後リップルをトレードするのに適した取引所はコインチェック

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

最後にリップルの今後についてまとめておきます。

リップルの今後はアメリカ証券取引委員会との訴訟結果や提携企業の広がりなどによって左右されると考えられます。

また仮想通貨市場全体の影響を少なからず受けてきたため、リップルの今後をしっかりと見通したい場合には広い視野をもつことが重要です。

今後リップルのトレードをお考えの場合には、取引チャンスをつかみやすくお得にトレードできるコインチェックに無料登録しておきましょう。