リップル(XRP,ripple)の今後・将来性を予想!これから価格は上がる??

ゴリわかくん

これからリップルはどのような値動きをしていくのでしょうか。

今回はリップルの将来性や今後の価格、動向について詳しく解説していきます!

ざっくり言うと…
  • リップルは国際送金に特化している通貨で、他の仮想通貨よりも安く、速く送金することができる
  • 世界の様々な金融機関との連携も増え、XRapidの実用化など、リップルの利用は着実に進んできている
  • 今後、リップルはさらに普及していくと見られ、それに伴いリップルの価格も上がると予想される!
  • リップルを買うなら「CoinCheck」「DMM Bitcoin」の2つが手数料が安く、安心してトレードできる。
  • 中でも取引手数料無料で、仮想通貨銘柄取扱数日本一の「CoinCheck」がおすすめ!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

リップル(XRP,ripple)とは

リップルってなに?

リップルとは通貨の決済、送金に特化したプロトコル(システム)のことです。

リップルを使うことによって国際送金や銀行間の送金をスムーズに行うことができるようにプロジェクトが進められています。

このシステムの中で使われる通貨のことをXRPと言います。

なので、本来は

  1. 「送金システム=リップル」
  2. 「独自通貨=XRP」

なのです。

ですが、一般的には通貨のことをさしてリップルということのほうが多いです。

今までの銀行間の送金では1日から3日ほど送金の時間がかかっていましたが、リップルを使うと数秒で送金することができるようになります。

さらに、送金手数料も今までとは桁違いに安く送金することができます。

リップルの用途

リップルは「リップル社」によって開発・運用が行われている通貨です。

多くのリップル(XRP)をリップル社が保有し、会社としての利益も求めながら開発が進められています。

現在、リップルで開発が進められているプロダクトは以下の通りです。

  1. xRapid
  2. xCurrent
  3. xVia
これらのプロダクトはRipple Net(国際送金サービス)を支えるためのプロダクトであり、それぞれの役割と特徴がありますので詳しく説明していきますね。

【リップルのプロダクト①】xRapid

xrapid

xRapidとは、送金業者や金融機関のために作られた送金コストの削減、迅速な送金を可能にするための製品です。

途上国や新興市場への送金の際、従来の方法だとコストが高く、時間もかかるといったデメリットが目立ちます。

しかし、 XRPの性質を用いることによってより早く、流動性コストを最小限にすることを可能にしたのです。

アメリカの大手クレジットカード会社American Express(アメリカン・エキスプレス/アメックス)が『xRapid』の採用を明らかにしているそうなので、これからの本格導入に向けて期待が高まりますね。

また、これはリップルの価格にも影響してくると思われます。

【リップルのプロダクト②】xCurrent

xcurrent

xCurrentとは、金融機関向けのソリューションです。

銀行や金融機関同士の送金の際により安全で低コストな送金を実現します。

xCurrentを用いることで、銀行間は送金前に取引内容を確認できます。

決済後も取引内容をすぐに確認でき、情報の可視化によって今までよりもより快適な国際送金が可能になります。

またxCurrentはILP(Inter ledger Protocol)をベースに開発されました。

すでに多くの金融機関が利用を公表しており、日本の三菱UFJ銀行もそのうちの一つです。

『RIpple Net』にはすでに多くの金融機関が加わっていますので、今後に期待ですね。

【リップルのプロダクト③】xVia

xvia

xViaとは、様々なネットワークを通じて送金を行いたい送金業者や金融機関へのスタンダードなインターフェイスを提供するものです。

xViaを用いると、請求書のような多様な情報を送金内容に添付でき、送金状況を随時確認することが可能です。

また、xViaのAPIはソフトウェアのインストールが不要で、ユーザーはグローバルでシームレスな送金を可能にします。

これらの3つのプロダクトは『Ripple Net』を支える3つの柱であり、今後の発展にも期待できますね。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

リップル(XRP,ripple)の最新価格・チャート

リップルの価格・チャートの解説

2021年時点での、リップルの最新価格をおさらいしていきましょう。


上記がリップルの最新チャートになります。

一時『1BTC=200円』を突破する大幅な価格上昇もあり、リップルへの注目が集まっています。

ビットコインなどよりも値動きの幅(ボラティリティ)がかなり激しく、目が話せない状況です。

最近では、アジアを代表する国際送金サービス企業「Tranglo社」の株式を取得し、提携を強化しています。

今後どのように価格推移していくのか、目が離せない状況です!

今後リップル(XRP,ripple)を買う時のおすすめ取引所!

今後、リップルの高騰が期待できると言えますね。

リップルのおすすめ取引所についてご紹介していきます!

1位 CoinCheck(コインチェック)

これからリップル購入する方には、取引手数料無料で、日本で最多の取り扱い通貨数を誇るCoinCheck』の登録がおすすめ!

CoinCheckの特徴
  • 日本で一番の取り扱い通貨数
  • スマホアプリの使いやすさや、ユーザーが多いと評判
  • 初心者にうれしい「仮想通貨積立サービス」も好評

CoinCheckは、ロケットのTVCMでもおなじみの有名な仮想通貨取引所です。

もともとは仮想通貨市場黎明期からの人気の仮想通貨取引所でしたが、いまやマネックス証券が親会社となり、日本屈指の取引所にまで成長

取引所の取引手数料が無料で、スマホアプリも使いやすく、リップルも取引が可能なだけでなく、日本で購入できる仮想通貨の種類が一番多い取引所でもあります。

リップルをはじめ、仮想通貨を取引してみたい!という方には、ぜひおすすめしたい取引所です。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

2位DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

リップルでレバレッジ取引をするなら『DMM Bitcoin』がおすすめ!

DMM Bitcoinの特徴
  • リップルでレバレッジ取引ができる
  • 安心のセキュリティ
  • 12の暗号資産を取り扱う

リップルでレバレッジ取引をするならDMM Bitcoin。

レバレッジが2倍なので、比較的低リスクでレバレッジ取引できますよ。

レバレッジ取引とは
レバレッジは「てこ」という意味。レバレッジをかけると、元手の数倍の資金を動かして取引できます。

DMM Bitcoinなら、リップルの「現物取引」「レバレッジ取引」の両方に対応しており、トレードスタイルに応じて使い分けることができます。

登録からなんと『最短1時間』で取引開始できる上、おトクなキャンペーンも実施中。

キャンペーン期間中に新規登録すれば、なんと『2000円キャッシュバック』も受けることができますよ!
※キャンペーンは予告なく終了する可能性があります

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

5分でできる!DMM Bitcoinの無料登録はこちら

3位 GMOコイン

リップルを購入するならGMOコインもおすすめと言えるでしょう。

GMOコインの特徴
  • 取引手数料が無料でお得
  • アプリがとても使いやすい
  • セキュリティが高く安心して取引できる

GMOコインは取引手数料など、各種手数料が無料でとてもお得に取引できます。

また、GMOコインを運営するGMOグループはFXの取引所を運営するなどもしており、金融系のセキュリティに非常に強いです。

ハッキングされる可能性は限りなく低いと言って良いでしょう。

GMOコインなら安心して取引できますね!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコイン無料口座開設!

リップル(XRP,ripple)の今後の将来性は?普及するの?

リップルの将来性はどうなのでしょうか。

具体的な実用化などの例も交えながら予想していきます。

リップルの今後①:銀行などの金融機関と提携をしている

「RippleNet」というリップル社が運用する金融機関ネットワークがあります。

通貨としてのリップル(XRP)の前に、国際送金などに使われるリップルのブロックチェーン技術の導入が金融機関で進められています。

導入している金融機関
  • イングランド銀行
  • タイ銀行
  • インド準備銀行
  • シンガポール金融管理局 など

イングランド銀行、タイ銀行、シンガポール金融管理局はその国の中央銀行です。

中央銀行が採用していることからも世界中で国をあげてリップルに注目・活用していることがわかりますね。

国際送金にリップルを使う流れは着実にきています。

日本でもリップルの技術の導入は進んできてますよ。

導入している日本の金融機関
  • みずほ銀行
  • 住信SBI銀行
  • 三菱UFJ銀行

リップルの今後②:インドで普及する可能性

インド

リップルをはじめとした仮想通貨はインドで普及すると言われることが多いです。

リップルがインドで普及する理由
  • 高い経済成長率&世界最大級の人口
  • 法定通貨の信頼性が低い
  • 優秀な技術者が多く存在する

インドは若い年齢層と、今後人口が世界一になるという予測からもリップル社はインドでの普及を目指しています。

また、インドでは偽札が多く出回るなど法定通貨への信頼性も低いです。

そのためリップルをはじめとした仮想通貨が広く使われるようになると予測されています。

このような背景があることに加え、インドには世界トップレベルの暗号通貨の技術者がいるので中国に変わってインドが暗号通貨市場を引っ張っていくかもしれませんね。

インドでリップルが広く使われるようになったらリップルも大きく価格をあげるでしょう。

>>>おすすめの仮想通貨ランキングはこちら

リップルの今後③:投機性がなくなる可能性

リップルの実用化

リップルの用途を考えると、投機目的で個人がリップルを持っているメリットはあまりありません。

送金で使われる時など、リップルの価格が変動するのも良いことではないです。

リップル社は、2021年に入ってからも積極的に、国際送金サービス企業などと提携を進めています。

XRPそのものの需要が拡大していけば、投機ではなく「実需」でリップルが変われ、価格も上昇していくでしょう。

リップル(XRP.ripple)の今後の価格予想!

ではここで著名人の今後の価格予想を見てみましょう!

今後の価格予想をしている主な人や機関
・SBI北尾氏
・NASDAQ(ナスダック)
・The Economy Forecast Agency

今後の価格予想① SBI北尾氏

SBI北尾氏

北尾氏はSBIの創設者です。1XRP=10ドルになる可能性があるという発言をしています。

論理的にはアジアの国際送金でリップルが実用化されるだけで、1000円に到達すると言われてます。

実用化が進めばこの価格も実現可能です。

今後の価格予想② NASDAQ(ナスダック)

ナスダックの見解

NASDAQはアメリカの株式市場のことです。有名なので耳にしたことのある方も多いことでしょう。

NASDAQは数年で5ドルに到達すると予想しています。

これはかなり堅実な予想ですね。長期的に見たらリップルの価格高騰は堅いと言えるでしょう。

今後の価格予想③ The Economy Forecast Agency

The Economy Forecast Agencyの見解

The Economy Forecast Agencyの価格予想

The Economy Forecast Agencyは仮想通貨の価格予想をするサイトの1つです。

今は0,45ドルくらいで、2020年くらいまで今と同じくらいの値段を推移すると考えられています。

そして、2021年頃から徐々に価格をあげ、2022年に1ドルに到達する予想です。

2021年春の時点では、リップルの価格は「1XRP=200円」を突破しているので、一時的に価格予想を的中させています。

リップル(XRP,ripple)の今後まとめ

リップルのロゴ
リップルは今後非常に期待できる通貨です。

実用的な利用もすでに始まっていますし、ポジティブな目線を持つ人が多いです。

価格が下がった今が買い時と言えそうですよね。すでに前から持っている方も買い増しして良いのではないでしょうか。

長期目線ではかなり期待できる通貨だと思うので、目先の変動に惑わされず気長に待つのが良さそうです。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\無料の口座開設はおよそ5分で完了!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

【人気記事】

FXを始めるならココ!おすすめ口座最新ランキングTOP10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)