【2022年1月】仮想通貨リップル(XRP)の今後はやばい?将来性と価格を予想

「リップルの今後ってやばい?将来性はないの?」
「リップルの今後を見通して、たくさん稼ぎたい!」

リップルの今後をきちんと見通せれば、より多くの利益を得られます。

そのためにもリップルの特徴やこれまでの価格推移、様々な投資家の価格予想などを元に、将来性や価格予想を考えることが大切です。

この記事ではリップルの今後を見通して、しっかりと稼ぎたい方に役立つ情報をお伝えします。

今後リップルのトレードをする際におすすめの取引所もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

リップルの今後|概要
  • リップルの今後は判決結果・協力企業の増減などによって左右されやすい
  • 今後リップルの価格を上昇させ得る要因は決済の利便性・サービスの普及など
  • リップルは仮想通貨市場全体の動向にも影響を受ける
  • 今後リップルをトレードするのに適した取引所はCoinCheck

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

2021年11月-2022年1月|リップルの今後を見通すための最新価格・相場変動

リップル今後相場価格変動

リップル(XRP/ripple)の今後を見極めるためには現在のリップルの相場状況をある程度把握している必要があります。

今後のトレードをより良いものにできるよう、リップルの相場がどのように変動したのか、以下2点をチェックしていきましょう。

今後のリップル相場と最新価格について
  1. 2021年11月の変動と要因
  2. 2021年12月の変動と要因

2021年11月の変動と要因

2021年7月から続いていた上昇トレンドにより、リップルの価格は150円台に突入していました。

しかし、その後は一時の間下落の様相を見せたものの、11月に入ってからは140円台にまで再び価格を上げてきています。

11月になって価格が上昇した要因としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

11月のリップルレートに影響を与えた要因
  • リップルの元々の人気度
  • 11月9日に新サービス「Ripple Liquidity Hub」を発表

リップルは毎年徐々に人気度を高めてきています。

ビットコインとイーサリアムが仮想通貨のトップを占めている中、次に来るアルトコインとして注目されている銘柄の中にリップルも含まれているからです。

また、企業向けの取引プラットフォームである「Ripple Liquidity Hub」というサービスが新しく発表されたことも、リップルの価格に影響を与えました。

「Ripple Liquidity Hub」を導入する企業が増えれば、リップルの価格上昇に影響を与えていく可能性は十分に考えられるでしょう。

これにより価格が安い今のうちにリップルを購入しておき、今後の価格上昇に備えようとする投資家が増えたのです。

2022年1月の変動と要因

2022年1月以降のリップルの価格変動に影響を与えると考えられる要因は、以下の3つです。

2022年のリップルレートに影響を与える可能性が高い要因
  1. リップルのアジア圏国際送金実用化
  2. アメリカ株式市場による予想
  3. The Economy Forecast Agencyによる予想

現在、アジア圏での国際送金にリップルが使われるようになるかもしれないという情報が出ています。

この情報から、2022年にはリップルの価格が2021年よりも上昇していく可能性が高いです。

SBI創始者の北尾吉孝氏は、このままアジア圏でリップルの国際送金ができるようになればリップルの価格は10ドル(約千円)にまで上昇するものと予想しています。

また、アメリカ株式市場や仮想通貨のレート予想で有名なThe Economy Forecast Agencyというサイトでは、それぞれリップルの価格は今後以下のように上昇していくと予想している状況です。

  • アメリカ株式市場→数年で5ドルまで上昇
  • The Economy Forecast Agency→2022年に2ドルまで上昇

今後のリップルの価格を上昇させる6つの要因

リップル今後価格上昇

結論からいうと、今後のリップルの価格は上昇していく可能性が高いです。

この先リップル価格の上昇を生みそうだと思われている要因は現時点で6つありますので、一つずつ確認していきましょう。

リップルの価格を上昇させ得る要因
  1. 発行枚数の上限まで発行が済んでいる
  2. 送金のスピードと安さで評価され続けている
  3. 大企業から金銭的な支援を受けている
  4. Ripple Netサービスに金融機関が多く参加している
  5. 将来性のあるインドで流行しつつある
  6. 決済通貨としての地位を獲得する可能性が高い

発行枚数の上限まで発行が済んでいる

リップルは現時点ですでに発行枚数の上限まで発行が済んでいます。

リップルの発行上限は?

1000億枚

国際送金で使用される仮想通貨となることを想定して作られたため、リップルの発行上限はかなり高めに設定されていました。

しかし既に発行上限に達していることから、今後リップルに価値を感じた人が希少性の観点をふまえ、購入する可能性が考えられます。

そういったことがあるとリップルの価格は今後上昇するでしょう。

送金のスピードと安さで評価され続けている

リップルは送金スピードと手数料の安さが大きな魅力となっており、これらの評価が高まることでリップルの価値も高まりやすくなります。

コインチェックの公式情報によると、リップルの送金スピードは10秒以内、手数料は0.15XRP(約13円)とされています。

その一方、ビットコインの送金スピードは約10分、手数料は0.0005BTC(約2,700円)です。

このようにリップルは送金スピード・手数料の安さが大きな魅力となっており、今後評価があがることでリップルが高騰する可能性があります。

大企業から金銭的な支援を受けている

リップルはGoogleの子会社である「グーグル・ベンチャー」から出資を受けています。

そのため他の企業からの「リップルは信頼できる・成長が期待できる」と評価されれば、さらなる支援を受けることも。

FacebookはLibraという事業で仮想通貨参入を発表したこともあるため、他の超大手企業がリップルを援助する可能性も否定できません。

Ripple Netサービスに金融機関が多く参加している

Ripple Netサービスに参加している金融機関が増えると、リップルの価格が上がりやすくなります。

例えばRipple Netサービスを使っている国内の金融機関は、以下のような銀行が挙げられます。

Ripple Netサービスを使っている国内の金融機関
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 住信SBIネット銀行
他にもRipple Netサービスに参加する金融機関が増えれば、リップルの今後は明るくなると期待できるでしょう。

将来性のあるインドで流行しつつある

リップルがインドで流行しつつある要因としては、以下の3つが挙げられます。

リップルがインドで流行しつつある要因
  • 法定通貨の信頼度が低め
    →偽札が多いなど
  • リップル社がインドでの普及を狙っている
    →インドは経済成長率が高く、人口が世界一になると言われているためとされている
  • 優秀な技術者が多い
    →仮想通貨が広まりやすい土壌がある

上記のような要因があり、リップルは将来性のあるインドで流行しつつあります。

インドは今後人口が増えやすく、経済成長がすさまじいとされているため、リップルが普及すれば需要が急拡大することに。

このようにリップルの今後が上昇する要因としては、インドでの流行が挙げられます。

決済通貨としての地位を獲得する可能性が高い

リップルは送金スピードの速さ・送金手数料の安さといった強みを活かし、決済通貨としての地位を獲得する可能性が高いと考えられます。

リップル社は国際送金サービスを提供する企業などと提携を進めているため、決済通貨としての役割を重視していると考えるトレーダーも。

決済通貨としての地位を獲得すると、リップルの価値は安定しやすいと言えるでしょう。

その理由は送金の前後で大きく価値が変わると、取引などに使いづらいからです。

このように、リップルが決済通貨としての地位を獲得すると価格の安定性につながりやすいと考えられます。

リップルの用途

今後のリップルの成長を妨げ得る3つの要因

リップル今後成長阻害

今後のリップルの成長を妨げ得る3つの要因は、以下の通りです。

今後のリップルの成長を妨げ得る3つの要因
  1. 期待通りに開発が進まない可能性がある
  2. 分散型管理ではないことで不都合が生じ得る
  3. 米証券法違反の裁判で敗訴する可能性がある

上記3つの「今後のリップルの成長を妨げ得る要因」を順に解説していきます。

➀期待通りに開発が進まない可能性がある

リップルは3つのプロダクト(xRapid・xCurrent・xVia)の開発を進めています。

これらのプロダクトは国際送金サービスに深く関わっており、リップルの今後を左右すると言えるでしょう。

そのためプロダクトの開発がうまく進まなかった場合、リップルの今後は暗くなると考えられます。

➁分散型管理ではないことで不都合が生じ得る

リップルはリップル社によって管理されている仮想通貨であり、中央集権的な性格を持っています。

そのためリップルのサーバーがダウンすると、機能しなくなる可能性も。

また、管理方法を変更する際などにはリップル社内で論争が起こる可能性も否定できません。

リップル社がうまくリップルを管理できなければ、リップルの価値が下がってしまうリスクがあるのです。

またリップルに似た仮想通貨を発行するライバル社が現れた場合、リップルの地位が脅かされる可能性もあります。

このように分散型管理ではないことが、今後のリップルに悪影響を及ぼすリスクがあります。

➂米証券法違反の裁判で敗訴する可能性がある

リップル社はアメリカ証券取引委員会から訴えられているため、敗訴することでリップルの価値が急落してしまう可能性があります。

この判決が出る時期は2020年とされています。

リップル社が敗訴するかどうかは予想が難しいので、「判決が出るまではリップルの取引を控える」というのもひとつの手です。

今後のリップルを予想するためにチェックすべき9つ

リップル今後ポイント

今後のリップルを予想するためにチェックすべき9つは、以下の通りです。

リップルの今後を予想するためにチェックすべきポイント
  1. PayPalに導入されるか
  2. クレジットカードでのリップル送金が可能になるか
  3. アメリカ政権による規制はあるか
  4. GAFA等の大企業によるリップル以外の仮想通貨への援助はあるか
  5. 金融機関による出資は増えるか
  6. 送金スピードとコストの優位性を担保できるか
  7. ボラティリティが大きくなり過ぎないか
  8. Ripple Liquidity Hubや関連プロダクトの動向
  9. Ripple Inc.が保有しているリップルはどうなるのか

今後のリップルを上手く予想するためにも、上記9つの重要ポイントをチェックしていきましょう。

➀PayPalに導入されるか

アメリカのPayPalが仮想通貨市場に参入してきているため、リップルがPayPalの対象通貨になれば価格の上昇が期待できます。

PayPalは2021年3月、プラットフォーム内で仮想通貨のオンライン決済をスタートしました。

これによって数百万以上のオンラインショップで仮想通貨が使えることに。

さらにPayPalは2021年11月、アメリカの利用者を対象とした新アプリでの仮想通貨オンライン決済をスタート。

現在PayPalは以下の仮想通貨に対応しています。

PayPal対応の仮想通貨
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

このような流れからリップルがPayPalで採用され、価格が上がることが期待されています。

リップルの今後を予想したい場合には、PayPalに導入されるかをチェックしておきましょう。

➁クレジットカードでのリップル送金が可能になるか

クレジットカードでリップルの送金が可能になれば、良い意味で大きなインパクトを与えることになります。

VISA・Master Cardなどの世界中で利用されているクレジットカードがリップルに対応することで、信頼性がアップし、利用者も増えることが予想されます。

こういった点からクレジットカードでリップル送金が可能になることで価格の上昇が期待できると言えるでしょう。

➂アメリカ政権による規制はあるか

リップル社がアメリカ証券取引委員会に勝訴すれば、リップルの価格は上昇しやすくなります。

リップル社は2020年12月、アメリカ証券取引委員会から訴えられました。

「リップルは有価証券だ」と主張されたからです。

リップルが有価証券とみなされた場合、アメリカでのリップル取扱は証券取引所のみ可能に。

こういった状況のため、リップルがアメリカ証券取引委員会に勝訴すれば、リップルの価格は上がりやすくなります。

なお、リップルとアメリカ証券取引委員会の訴訟結果は2022年以降に出ると予想されています。

リップルの今後を予想したい場合には、アメリカ政権による規制はあるかをチェックしておきましょう。

➃GAFA等の大企業によるリップル以外の仮想通貨への援助はあるか

GAFA等の大企業がリップル以外の援助をすれば、リップルの価格が下がりやすくなります。

GAFAとはアメリカの4大IT企業のこと。

GAFAは以下の企業の頭文字をとって名付けられました。

GAFAを構成するアメリカの4大IT企業
  • Google
  • Apple
  • Facebook
  • Amazon

上記のような大企業がリップル以外に援助をすれば、他の仮想通貨の価値が上がりやすくなります。

そうなると相対的にリップルの価値が低下しやすくなるため要注意。

リップルの今後を予想したい場合には、GAFA等の大企業によるリップル以外の仮想通貨への援助はあるかをチェックしておきましょう。

➄金融機関による出資は増えるか

リップル社は多数の金融機関から出資を受けているため、今後も出資してくれる金融機関が増えるとリップルの価値が上がりやすいと言えます。

「リップル社ってどんな金融機関から出資を受けているの?」という方は、以下をご覧ください。

リップル社に出資している金融機関等
  • スタンダード・チャータード銀行
  • SBIホールディングス
  • CME ベンチャーズ
  • SCBデジタル ベンチャーズ
  • サタンデール・イノベンチャーズ

上記の他にもリップル社はみずほフィナンシャルグループや三菱UFJ銀行、りそな銀行など、国内の主要金融機関とも提携をしています。

2021年10月にはカタール国立銀行がリップルネットに加入すると発表したこともあり、今後の金融機関からの出資増がリップルの先行きを明るくしやすいと言えるでしょう。

➅送金スピードとコストの優位性を担保できるか

リップルが送金スピードとコストの優位性を担保できると、国際銀行間通信協会(SWIFT)に代わって利用される可能性が高まります。

SWIFTは世界最大クラスの国際送金ネットワークとされており、リップルがSWIFTの代わりに利用されるようになれば、それだけ大きなインパクトがあり、高騰が期待できます。

なお、リップルは既に大手金融機関と提携している点もおさえておきましょう。

リップルが提携している大手金融機関の一例は、以下をご覧ください。

リップルが提携している大手金融機関の一例
  • バンク・オブ・アメリカ
  • イングランド銀行
  • カナダロイヤル銀行
  • オーストラリア・ニュージーランド銀行
  • タイ銀行
  • SBIホールディングス など

こういった状況から、送金スピード・コストの優位性を担保できるかどうかがリップルの今後を予想するための重要ポイントと言えます。

➆ボラティリティが大きくなり過ぎないか

リップルは送金時のメリットが多い仮想通貨なので、ボラティリティが大きくなり過ぎないかどうかをチェックしておくと良いでしょう。

ボラティリティとは値動きの幅を意味します。

リップルはビットコインなどの主要仮想通貨よりも値動きが大きくなりやすいと言われています。

そのため、今後のリップルの値動きを予想する際にはボラティリティが大きくなり過ぎないかどうかをチェックしておきましょう。

➇Ripple Liquidity Hubや関連プロダクトの動向

Ripple Liquidity Hubや関連プロダクトの状況が良くなると、リップルの価格が上がりやすくなります。

Ripple Liquidity Hubとは企業が仮想通貨を使いやすくなるためのサービスのこと。

会社による仮想通貨の売買・保有などの利便性を高めるサービスがRipple Liquidity Hubです。

Ripple Liquidity Hubはリップル社が提供しており、リップルの取引量が急増する可能性があります。

またリップルは「xCurret」「xRapid」「xVia」など、多くの企業向けのプロダクトもリリースしています。

こういった関連プロダクトが普及することにより、リップルの取引量・信頼性がアップする可能性が。

そのためリップルの今後の予想をする場合には、Ripple Liquidity Hubや関連プロダクトの動向をチェックしておきましょう。

➈Ripple Inc.が保有しているリップルはどうなるのか

Ripple Inc.は大量のリップルを保有しており、定期的に売りに出しているため、リップルを持っている人から攻められることがあります。

Ripple Inc.はリップルを手放すことで資金をカバーしているとのこと。

Ripple Inc.はいくつかの企業・金融機関から出資を受け、リップルを手放す量を抑えているとされていますが、今後の状況次第では大量に売りに出される可能性も。

Ripple Inc.がリップルを大量に売れば、今後のレートが大きく変わることもあるので、Ripple Inc.が保有しているリップルの動向をチェックしておきましょう。

リップルの過去の価格変動をおさらい

リップル今後価格変動

リップルの過去の価格変動について、以下の4点から解説します。

リップルの過去の価格変動
  1. 2012年-2016年のリップル
  2. 2017年-2018年のリップル
  3. 2019年-2020年のリップル
  4. 2021年のリップル

今後をしっかりと見通すためにも、上記4つの「リップルの過去の価格変動」をチェックしていきましょう。

2012年-2016年のリップル

リップル今後価格推移2012-2016年

初期のリップルは金融機関との提携を進めながらロックアップしていた時期でした。

ロックアップとはリップル社が保有するリップルの売却に制限をかけることです。

ロックアップは初期のリップルの値上がり要因と考えられていました。

この時期のリップルは時価総額の大きな変化がなかった点もおさえておきましょう。

2017年-2018年のリップル

リップル今後価格推移2017-2018年

2017年-2018年のリップルは高騰を迎えた時期で、1リップルが400円を越えたことも。

それまでには1リップル100円にも満たなかったため、この時期の高騰は目覚ましいものと言えるでしょう。

なお、2017年-2018年は仮想通貨全体がバブルと呼ばれる時期でもあります。

ビットコインをはじめとした様々な仮想通貨が値上がり基調だったこともおさえておきましょう。

2019年-2020年のリップル

リップル今後価格推移2019-2020年

この時期のリップルは20円台になることもあり、値下がり傾向となりました。

仮想通貨バブルが終わり、市場全体が下落基調だったことも大きな要因。

その一方で2020年も終わりに近づいたころ、DeFiが注目を浴びるようになり、一時期60円台となるなどの回復を見せました。

2021年のリップル

リップル今後価格推移2021年

2021のリップルは値上がり基調でした。

1リップルが200円を越えることも。

DeFi・NFTなどに注目する人が多く、仮想通貨全体の期待値が上がった点が大きいでしょう。

またリップルはこれまでに金融機関との協力関係を強めてきたこともあり、高く評価されたと考えられます。

2021年にはアジアトップクラスの国際送金サービス会社であるTranglo社の株式を得て協力関係を強めています。

2022年以降のリップル 見通し

リップル今後見込み

2022年以降のリップルの見通しとしては、仮想通貨交換サービスを提供している以下の2社が2025年のレート予想をしています。

2022年以降のリップル 見通し
  • Crypto Coin Society:4.60ドル
  • CoinSwitch Kuber:4.52ドル

2022年1月時点のリップルは88円です。

この点をふまえると、今後4倍以上の値上がりになるとのこと。

ただし2022年にはアメリカ証券取引委員会との訴訟結果が出るため、判決によっては大きく外れる可能性があることもおさえておきましょう。

今後訪れるリップルを購入すべきタイミング

リップル今後タイミング

今後訪れるリップルを購入すべきタイミングとして、以下の2点を解説します。

今後訪れるリップルを購入すべきタイミング
  1. テクニカル分析で見極める最適なタイミング
  2. ファンダメンタル分析で見極める最適なタイミング

上記2つの「今後訪れるリップルを購入すべきタイミング」をチェックしていきましょう。

➀テクニカル分析で見極める最適なタイミング

リップルの取引チャンスをテクニカル分析で見る場合、移動平均線を使うことがオーソドックスとされています。

「テクニカル分析や移動平均線なんて、全然わからない…」という場合には、Investing.comを参考にするのもひとつの手。

以下のように「強い売り」などとわかりやすく教えてくれます。

Investing.comのリップルテクニカル分析
出典:https://jp.investing.com/crypto/xrp/xrp-jpy-technical

上記のような情報にふれているうちにテクニカル分析のコツが見えてくることもあります。

リップルの今後をテクニカル分析で見通す場合には移動平均線を使ったオーソドックスな方法やInvesting.comの情報を頼りにしてみると良いでしょう。

➁ファンダメンタル分析で見極める最適なタイミング

リップルの今後をファンダメンタル分析で見極める場合には、アメリカ証券取引委員会との裁判や金融機関等との協力関係に注目すると良いでしょう。

これらの要因はリップルの今後を左右しやすいと言われており、重要度が高いと考えられます。

また2017年~2018年にかけて仮想通貨バブルでリップルが高騰したこともある点から、仮想通貨全体の盛り上がりにも注目すると良いでしょう。

リップル(XRP)という仮想通貨の特徴

リップル今後特徴

仮想通貨「リップル(XRP)」の特徴は以下の4つです。

仮想通貨「リップル(XRP)」の特徴
  • 送金に特化決済スピードとコストに秀でる
  • BtoBに強く既存の金融システムとの親和性が高い
  • 有益なプロダクトの開発が進められている
  • Ripple Inc.による中央集権的な管理

リップルの今後を正しく予想できるよう、上記4つの特徴をチェックしていきましょう。

➀送金に特化決済スピードとコストに秀でる

リップルは送金スピード・送金コストの面で大きな魅力を持っている仮想通貨です。

ビットコインよりも格段に早く、安価で送金できるところがリップルの特徴。

頻繁に送金をする場合にはリップルがおすすめです。

➁BtoBに強く既存の金融システムとの親和性が高い

リップルはビジネス系に強い仮想通貨です。

そのため国内・国外の有名企業・金融機関と協力関係になるところが特徴的。

今後も協力関係となる企業・金融機関が増えるほどリップルの価値は高まりやすくなるでしょう。

➂有益なプロダクトの開発が進められている

リップルは魅力的なプロダクトの開発を進めていることが特徴となります。

例えばリップルには、xCurret・xRapid・xVia・Ripple Liquidity Hubといったプロダクトがあり今後に期待されています。

このように魅力的なプロダクトが多いところが、リップルの特徴です。

xcurrent
xrapid
xvia

➃Ripple Inc.による中央集権的な管理

リップルはRipple Inc.によって管理されているところが特徴的。

Ripple Inc.がリップルの運用方法などを管理しているので、ビットコインなどの中央管理者がいない仮想通貨とは異なります。

Ripple Inc.は中央集権的な管理を活かして金融機関等と積極的に協力関係を築いていますが、中央集権的な管理体制が裏目に出る可能性がある点もおさえておきましょう。

今後リップルをトレードするのに適したおすすめの取引所5選

リップル今後取引所

今後リップルをトレードするのに適したおすすめの取引所は、以下の5つです。

今後リップルをトレードするのに適したおすすめの取引所
  1. CoinCheck
  2. DMM Bitcoin
  3. bitFlyer
  4. GMOコイン
  5. BITPoint

少しでも快適に取引できるよう、今後リップルをトレードする方におすすめの取引所を順にご紹介していきます。

➀CoinCheck

今後リップルをトレードするのに適したおすすめの取引所➀「CoinCheck」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「CoinCheck」が今後リップルをトレードするのに適した理由
  • 東証一部上場のマネックスグループが親会社
  • 潤沢な資金力
  • 取引手数料・入金手数料が無料
  • スマホアプリが使いやすい
  • 取扱銘柄が国内最多の17種類
  • 強固なセキュリティ

CoinCheckは大手マネックスグループを親会社としているため安心して使えるところが大きな魅力。

取引手数料や入金手数料が無料となっていることや、取扱銘柄が多いこともおすすめポイントです。

またスマホアプリが使いやすいことでも高く評価をされており、ダウンロード数は410万以上となっています。

セキュリティ面も充実しているのでCoinCheckなら安心してリップルのトレードができるでしょう。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

➁DMM Bitcoin

今後リップルをトレードするのに適したおすすめの取引所➁「DMM Bitcoin」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「DMM Bitcoin」が今後リップルをトレードするのに適した理由
  • 大手DMMグループが親会社
  • 12の仮想通貨がトレードできる
  • 取引手数料・入出金手数料が無料
  • 現物・レバレッジの両方でトレードできる
  • スマホアプリの操作性が高い
  • 強固なセキュリティ
  • リップルのレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinは取引手数料・入出金手数料が無料なうえ、現物・レバレッジの両方で取引できるところが大きな特徴。

スマホアプリの使い勝手が良いところもおすすめポイントです。

リップルでレバレッジ取引ができる点も魅力的。

DMM Bitcoinはセキュリティ対策にも力を入れているので、安心してリップルのトレードができるでしょう。

今なら、2,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です!(期間:2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分)

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

5分でできる!DMM Bitcoinの無料登録はこちら

➂bitFlyer

今後リップルをトレードするのに適したおすすめの取引所➂「bitFlyer」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「bitFlyer」が今後リップルをトレードするのに適した理由
  • 国内ナンバーワンのビットコイン取引高
  • 100円からトレードできる
  • 取引手数料・入金手数料が無料
  • 取扱銘柄が多い(13種類)
  • 現物・レバレッジ取引から選べる
  • スマホアプリの操作性が高い

bitFlyerはビットコインの取引高が5年連続で第一位となっている人気取引所です。

2021年3月には預かり資産が5億円(過去最多)を突破。

100円からの少額トレードができたり、スマホアプリが使いやすかったりと魅力が多いbitFlyer。

現物・レバレッジ取引の両方が可能なので、リップルで積極的にチャンスを狙いたい方にもおすすめです。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

➃GMOコイン

今後リップルをトレードするのに適したおすすめの取引所➃「GMOコイン」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「GMOコイン」が今後リップルをトレードするのに適した理由
  • 東証一部上場「GMOインターネットグループ」が親会社
  • 資金力が潤沢にある
  • 取引所・販売所の両方で取引可能
  • 現物・レバレッジ取引ができる
  • 積み立てられる取扱銘柄が国内最多(14種類)
  • セキュリティが強い
  • アプリの操作性が高い

GMOコインは親会社が大手GMOインターネットグループであり、潤沢な資金で運営されている取引所です。

取引所・販売所の両方で取引ができるうえ、現物・レバレッジ取引も可能。

つみたて暗号資産の取扱銘柄は14種類と国内最多で、セキュリティ体制も整えられています。

スマホアプリの操作性が高いため、初心者トレーダーでもGMOコインなら快適にリップルのトレードができるでしょう。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコイン無料口座開設!

➄BITPoint

今後リップルをトレードするのに適したおすすめの取引所➄「BITPoint」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「BITPoint」が今後リップルをトレードするのに適した理由
  • 取引手数料・入出金手数料が無料
  • サーバーが強い
  • 操作性が高い取引ツール
  • 新しい銘柄の取扱に積極的
  • 充実したキャンペーンが多い

BITPointは扱いやすい取引ツールと強いサーバーが魅力的。

リップルのトレードを快適にしたい方にはBITPointがおすすめです。

BITPointは取引手数料・入出金手数料が無料となっているところも大きな特徴。

また魅力的なキャンペーンも多いので、この機会にBITPointの公式情報をチェックされておくことをおすすめします。

リップルの今後に関するQ&A

リップル今後QA

今後のリップルに関するQ&Aは、以下の3つです。

今後のリップルに関するQ&A
  1. ブリッジ通貨って何?
  2. リップルは投資より実需向きってどういうこと?
  3. DeFiって何?

しっかりと基礎をおさえて利益アップにつなげられるよう、今後のリップルに関するQ&Aをチェックしておきましょう。

➀ブリッジ通貨って何?

リップルのようなブリッジ通貨とは、橋渡しの役割を果たす通貨のことを指します。

例えば日本円をドルに換えたい場合、リップルを使うことでより賢く交換することが可能。

日本円をリップルに換え、その後ドルに換えれば、手数料を抑えながら素早く交換できます。

リップルのように2つの通貨の橋渡し的な役割を担う通貨をブリッジ通貨と言います。

➁リップルは投資より実需向きってどういうこと?

「リップルが実需に向いている」という意味は、通貨としての役割が期待されているということです。

リップルは送金コスト・送金スピードに優位性がある仮想通貨なので、資産として保有するよりも、通貨として使いたい人が増えやすいです。

これが「リップルが実需向き」と言われる理由となります。

今後、リップルが実需用に使われることが増えた場合、リップルの価値が安定しやすくなるでしょう。

➂DeFiって何?

DeFiとは分散型の金融アプリケーションのことです。

中央管理者を介さずに直接取引できるDeFiは取引手数料を抑えながらスピーディーな取引が可能。

リップルを持っているとイーサリアムのDeFiを使えるため、より利便性がアップします(Wrapped XRP)

またDeFiが広まることで、今後リップルの価値も上がりやすくなるでしょう。

リップルの今後|まとめ

リップル今後まとめ

最後にリップルの今後についてまとめておきます。

リップルの今後|まとめ
  • リップルの今後は判決結果・協力企業の増減などによって左右されやすい
  • 今後リップルの価格を上昇させ得る要因は決済の利便性・サービスの普及など
  • リップルは仮想通貨市場全体の動向にも影響を受ける
  • 今後リップルをトレードするのに適した取引所はCoinCheck

リップルの今後はアメリカ証券取引委員会との訴訟結果や提携企業の広がりなどによって左右されると考えられます。

また仮想通貨市場全体の影響を少なからず受けてきたため、リップルの今後をしっかりと見通したい場合には広い視野をもつことが重要です。

今後リップルのトレードをお考えの場合には、取引チャンスをつかみやすくお得にトレードできるCoinCheckに無料登録しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)