\9月17日(金)21時〜予約開始/
iPhone13を最速で予約する方法

仮想通貨の販売所と取引所の違いと特徴をわかりやすく解説!|メリット・デメリットは?

仮想通貨の取引所に登録したけど販売所と取引所がある。。。
何が違うんだろう?
そんな疑問をお持ちでしょうか?

確かに仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」の2種類があり、そのどちらでも仮想通貨を購入することができます。

ではこの2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は販売所と取引所の違いを明確に説明していきます。

この記事で分かること
  • 販売所と取引所の違いがわかる
  • それぞれのメリットが理解できる
  • おすすめの取引所を知れる
  • おすすめの銘柄を知れる
この記事を読めば以上の4点の知識が身につくはずです!

仮想通貨を始めるなら、13種類もの通貨を取り扱っていて手数料無料な「bitFlyer」がおすすめ!

ビットフライヤー_手数料

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

仮想通貨の販売所と取引所の違い

まず「販売所」「取引所」の違いは何でしょうか?

それは自分が取引する相手に違いがあります。

販売所では、以下のように個人と仮想通貨取引所で仮想通貨取引を行います。
ビットフライヤー_販売所_手数料
画像のようにbitFlyer(ビットフライヤー)がもっている仮想通貨をbitFlyer(ビットフライヤー)が決めた価格で売ってもらいます。この販売所形式はコンビニなどの店頭販売と同じです。

それに対して、取引所では取引所に登録している個人同士(ユーザー間)で仮想通貨の取引をおこないます。
仮想通貨_取引所
取引所で仮想通貨を購入したい場合は、まず売ってくれる人を見つけてその人に売ってもらう形になります。

その相手を探すために、仮想通貨取引所が仲介者となり取引する場所を提供してくれています。

一番大きな違いは手数料!

取引する私たちにとって一番大きな違いは手数料です。これを知っているだけで支払う手数料を抑えることができるのでしっかり理解しておきましょう!

仮想通貨取引所では基本的に取引手数料無料と書いてありますが実質的な手数料としてスプレッド費用というものがかかってきます。
スプレッドって?という方はこちら!

例としてbitFlyer(ビットフライヤー)の「販売所」と「取引所」を比べてみましょう。

まず販売所でビットコイン(BTC)を1BTC購入するとしましょう。
仮想通貨_販売所_手数料
「販売所」では購入と売却に約18000円の差があります。

これがスプレッドというもので実質的な手数料になります。

そのため購入した時点で18000円近い損をしている事になります
仮想通貨_取引所_手数料
「取引所」で取引する際の購入と売却の差、つまりスプレッドが99円です。

販売所の約18000円と比べるとほとんど無いようなレベルの手数料で購入することができます。

販売所と取引所ではこれほど大きく手数料としてかかる費用に差が生まれます。そのため基本的には取引所で扱っている仮想通貨は取引所で購入することをおすすめします。

ビットフライヤー_手数料

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

仮想通貨 販売所の特徴

「販売所は手数料が高いからやめたほうがいいのか」と言いますと、それは違います。

販売所にもしっかりとしたメリット・デメリットがあります。

メリット

販売所のメリットとしては取引したい時にすぐに取引できることです。

販売所では仮想通貨交換業者が各通貨の値段を決めているため、その値段ですぐに取引することができます。

更には取引方法が簡単で、ほとんどの販売所が「買う」「売る」のボタンのみで簡単に取引することができます。

そのため初心者の方など初めて取引をする時はおすすめです。

デメリット

デメリットとしては、やはり販売所は取引所に比べて取引にかかる手数料が高いです。

少額の取引ならそれほど気にならないかもしれませんが、取引回数が増え金額も大きくなっていくと気づいたら大きな損をしているかもしれません。

仮想通貨 取引所の特徴

取引所は手数料が大変安く抑えれますがメリットもデメリットもその限りではありません!

他にも色々な特徴があります。

メリット

もちろん取引所の大きなメリットは手数料がとても安いことです。

他にも「成行注文」「指値注文」が可能で、自分が購入したい価格で仮想通貨を購入することができます。

簡単解説!
成行注文 値段を指定せず、現在の価格から一番近い価格で購入(売却)する注文方法
指値注文 自分が購入(売却)したい値段を設定してその価格になったら取引が通る方法

デメリット

デメリットとしては、販売所では扱っているけど取引所では扱っていないという銘柄が取引所によってはあるため、取引所で購入できる仮想通貨が少ないことです。

更に、取引所は個人間での取引のため少し複雑な部分があり、初心者の方には少し難しいかもしれません。

他にも成行注文で一度に大量購入すると高い値段で仮想通貨を購入させられてしまう可能性があったり、指値注文で1BTC買いたいのに0.5BTCしか購入できていないという場合があります。

仮想通貨 おすすめの取引所TOP4

ゴリわかが徹底分析したおすすめ取引所をいくつか紹介するよ

ゴリわかくん

おすすめ取引所ランキング!
1位:bitFlyer(ビットフライヤー)
2位:コインチェック
3位:DMM Bitcoin
4位:GMOコイン

おすすめ取引所 第1位:bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー_手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
  • 国内最大級の取引量
  • セキュリティが世界トップレベル
  • 最大2倍のレバレッジ取引
bitFlyerは20社以上ある国内取引所の中でビットコイン取引量No. 1の仮想通貨取引所です。
ビットフライヤー_手数料
bitFlyerでは仮想通貨のFXを行うことができます。

セキュリティ対策もバッチリで2014年にサービスを開始してから、ハッキング等の盗難被害を受けたことはありません。

加えて、最大500万円までの盗難保証がついているので安心して取引をすることができます。

レバレッジをかけて仮想通貨を小額で始めたい方には特におすすめの取引所です!

ビットフライヤー_手数料

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

おすすめ取引所 第2位:Coincheck(コインチェック)

ビットコイン_コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 取引できる仮想通貨の種類が豊富
  • アプリやサイトは直感的に分かりやすく作られている
  • 取引手数料・入金手数料が無料
Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

ローソク足の見方が分からない仮想通貨取引初心者でも親しみやすい取引所です。

売買できる仮想通貨の数は国内最多の「15種類」となっており、さまざまなアルトコインを取引することができます。

ビットコイン_コインチェック
アプリのダウンロード数は270万を突破しており、取引所の人気が伺えます。

ビットコイン_Coincheck
 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで仮想通貨を買ってみる

おすすめ取引所 第3位:DMM Bitcoin

ビットコイン_DMM

DMM Bitcoinの特徴
  • 大手DMMグループが運営している
  • アルトコインのFXに特化している
  • 2,000円のプレゼントの口座開設キャンペーン!キャンペーン期間:2021年7月1日(木)7時00分~2021年8月1日(日)6時59分

暗号資産取引所のおすすめ取引所ランキング第3位は『DMM Bitcoin』です!

DMM.comという超大手企業によって運営されているので、安心・安全です。
仮想通貨_DMM
DMM Bitcoinで取り扱われている12種類のすべてのアルトコインがレバレッジ取引できます。

今なら無料口座開設キャンペーンで2,000円プレゼントしているので、この2,000円を元手にレバレッジ取引で利益を上げることもできます!
キャンペーン期間:2021年7月1日(木)7時00分~2021年8月1日(日)6時59分

登録から『最短1時間』で取引を開始することができ、取引開始までのスピード感もバツグンです!

DMM_口座開設

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェック<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

おすすめ取引所 第4位:GMOコイン

ビットコイン_GMO

GMOコインのメリット
  • オリコン顧客満足度(暗号資産取引所 現物取引)でNo.1!
  • 仮想通貨を貸して増やすレンディングサービスがある
  • 保有しているだけで報酬が得られるステーキングサービス

GMOコイン は「GMOインターネットグループ」という東証一部上場企業を親会社にもつ仮想通貨取引所。

「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った安心の管理体制や、万全のセキュリティ対策が特徴。

その上「取引手数料」「入出金手数料」「送金手数料」が全て無料!

暗号資産を取引する際のコストはほとんどかかりません。

また、他の仮想通貨取引所にはないレンディングやステーキングといった特徴的なサービスでお金を増やすことができます。

ビットコイン_GMO

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコイン無料口座開設!

仮想通貨 おすすめの銘柄TOP5

次はおすすめの銘柄を5つ紹介するよ

ゴリわかくん

おすすめ取引所ランキング!
1位:ビットコイン(BTC)
2位:イーサリアム(Ethereum)
3位:リップル(XRP)
4位:ビットコインキャッシュ(BCH)
5位:ライトコイン(LTC)

おすすめの仮想通貨 第1位:ビットコイン(BTC)

仮想通貨_おすすめ_ビットコイン

通貨名ビットコイン(BTC)
発行開始年月2009年1月
現在レート(1通貨)4,3,419,183 円
時価総額¥64,213,686,308,062(64兆)
発行上限21,000,000BTC(変更可能)
購入可能な取引所Coincheck
ビットコインの注目ポイント
  • 世界で最初に作られた仮想通貨
  • 非中央集権型の電子決済システム
  • 仮想通貨の基軸となっている

おすすめ仮想通貨第1位はビットコイン(BTC)です。

ビットコインは2008年に発表されたサトシナカモトの論文を受けて開発された、世界初の仮想通貨です。

暗号資産の中で最も有名であり、時価総額も最高値となっています。

ビットコインの最大の特徴は、金融機関のような第三者を介することなく、参加者全員で管理する分散型の決済システムを構築しているという点です。

ビットコインの価格は他のほぼ全ての仮想通貨に少なからず影響を与えているため、事実上の基軸通貨となっています。

このようにビットコインは仮想通貨の中でも、リーダー的存在なので仮想通貨投資を考える際に最初に考慮すべき銘柄です。

2021年5月には、イーロンマスクがビットコインのマイニングと決済が環境に優しくないという発言をして、大幅な下落がおきました。

6月現在は、下落の反発が見えている状況であり、購入のチャンスと言えます。

ビットコインのリアルタイムチャート

おすすめの仮想通貨第2位:イーサリアム(ETH)

仮想通貨_おすすめ_イーサリアム

通貨名イーサリアム(Ethereum)
発行開始年月2015年8月7日
現在のレート303,546円
時価総額¥35,259,131,067,983(35兆)
発行上限なし(1年間に1800万枚)
購入可能な取引所Coincheck
イーサリアムの注目ポイント
  • アルトコインの中で時価総額 第1位
  • スマートコントラクト機能搭載
  • 発行上限と半減期がない

おすすめ仮想通貨第2位はイーサリアム(ETH)です。

イーサリアムは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中で時価総額第1位ととても注目度の高い仮想通貨です。

イーサリアムの特徴は、スマートコントラクトという機能が搭載されていることです。

スマートコントラクトとは?
スマートコントラクトとは、人の手を介入させることなく契約内容を自動で実行するしくみ  (イメージ:自動販売機)
仮想通貨の基本情報である「いつ、誰が、誰に、いくら支払った」という情報に加えて、アプリケーションプログラムを実行することができます。

このスマートコントラクトは契約の改竄ができないため、企業間の重要な契約やサービスの売買に応用できることから、非常に拡張性のあるシステムとして期待されています。

この機能があるため、イーサリアムが他のアルトコインと一線を画しています。

通常仮想通貨は、発行上限と半減期(マイニングの報酬が減少するタイミング)が設けられています。

一方でイーサリアムは、発行上限と半減期が設定されていません。

そのため、今後も安定した供給が見込めます。

仮想通貨市場でビットコインの影響力が弱まっていると言われている昨今、イーサリアムを筆頭としたアルトコインの動向に注目しましょう。

イーサリアムのリアルタイムチャート

おすすめの仮想通貨第3位:リップル(XRP)

仮想通貨_おすすめ_リップル

通貨名リップル(XRP)
発行開始年月2013年9月
現在のレート(1通貨)110円
時価総額¥5,084,376,016,157(5兆)
発行上限1000億XRP
購入可能な取引所Coincheck
リップルの注目ポイント
  • 上限の1000億枚まで発行済み
  • 「リップル・トランザクション・プロトコル(RTXP)」という送金システムが優秀
  • Ripple Inc によって管理と運営が行われている

おすすめの仮想通貨第3位はリップル(XRP)です。

リップルは、ビットコインのような非中央集権型の仮想通貨とは異なり、「Ripple Inc」という会社によって管理と運営が行われています。

リップルの最大の特徴は、国際送金が簡単に安く行うことができるという点です。

従来の国際送金は、SWIFT(国際銀行間通信協会)のルールに則っていたため、手数料が高く時間もかかっていました。

しかし、リップルの金融システムを用いることによって、国際送金を1〜4秒といった短い時間で済ますことができます。
※ビットコイン は、送金に約10分の時間がかかります。

異なる決済手段や通貨をつなぐその特徴から、「ブリッジ通貨」と呼ばれているリップルは、今後の期待が大きい仮想通貨です。

リップルを取引するなら…

リップルを取引するなら、『DMM Bitcoin』もおすすめ!

DMM Bitcoinなら、なんとリップルの「現物取引」「レバレッジ取引」の両方に対応。

登録からなんと『最短1時間』で取引を開始することができます。

今なら、新規登録で『2,000円キャッシュバック』を受けることができるキャンペーンも実施中!
※キャンペーンは予告なく終了する可能性があります

ビットコイン_DMM

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェック<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

おすすめの仮想通貨第4位:ビットコインキャッシュ(BCH)

仮想通貨_おすすめ_ビットコイン キャッシュ

通貨名ビットコインキャッシュ(BCH)
発行開始年月2017年8月
現在のレート(1通貨)75,826円
時価総額¥1,423,672,367,221
発行上限2100万枚
購入可能な取引所Coincheck
ビットコインキャッシュの注目ポイント
  • ビットコイン からのハードフォークによって誕生
  • ブロックサイズが32MBによるスケーラビリティ問題解決への道

おすすめの仮想通貨第4位はビットコインキャッシュ(BCH)です。

ビットコインキャッシュはビットコインのスケーラビリティ問題の対策としてハードフォーク(分岐)されて誕生しました。

スケーラビリティ問題とは?
スケーラビリティ問題とはビットコイン のブロックサイズが1MBに制限されているため、取引データの処理が間に合わなくなり、手数料の高騰や取引詰まりを起こしてしまうことです。
ビットコインキャッシュはこの問題の対策としてブロックサイズを拡大し、ライトコインは取引データを圧縮しました(segwit)。

ビットコインキャッシュの特徴は、ブロックチェーンの仕様変更を繰り返しているという点です。

過去にはブロックサイズの引き上げやハードフォークなどで機能の向上を計っています。

今後も仮想通貨情勢に応じたハードフォークの実施によって、より使いやすい仮装通貨へと発展する可能性があります。

通貨の仕様変更前は、価格が上昇しやすいという特徴もある将来有望な仮想通貨です。

おすすめの仮想通貨第5位:ライトコイン(LTC)

仮想通貨_おすすめ_ライトコイン

通貨名ライトコイン(LTC)
発行開始年月2011年10月
現在のレート(1通貨)20,199円
時価総額¥1,347,565,070,016
発行上限8400万枚
購入可能な取引所Coincheck
ライトコインの特徴
  • トランザクション(取引)の承認時間が短い
  • segwitによるブロックサイズの圧縮を実現
  • ライトニングネットワークの導入が見込まれる

おすすめの仮想通貨第5位はライトコイン(LTC)です。

ライトコインの特徴は、ブロックがビットコインの1/4である約2分30秒で生成され、トランザクションの承認が約4倍のスピードで行われる点です。

2021年3月現在、1円以下の単位での支払いが可能になるマイクロペイメントを行えるようにライトニングネットワークの導入に向けた取り組みを行っています。

また、ライトコインはリリースされてから大きな変更やトラブルがなく、高い安定感を誇っており、さまざまな企業との連携に期待できます。

【最後に】販売所と取引所の違いまとめ

これで販売所と取引所の違いは一通り理解していただけたと思います!

取引する際は、特に販売所のメリットにある理由がない限り、手数料が抑えれるため「取引所」での仮想通貨売買をおすすめします。

初心者の方には少し難しいですが何度か取引しているうちに慣れてきます。

慣れてしまえば取引所でお得に仮想通貨を購入し、さらなる利益にも繋がるはずです!

ビットフライヤー_手数料

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)