銀行からお金を借りる4つの方法と審査に通過するポイントを解説

「銀行からお金を借りるにはどうすれば良い?」

「銀行カードローンの審査に通過するポイントは?」

という状態で困っている方向けに、この記事では銀行からお金を借りる4種類の方法と、カードローンの種類、銀行カードローンの審査に通過するポイントを解説していきます。

銀行からお金を借りる方法には、利用目的が決まっているローンと自由に使えるローンの2種類があります。

目的が決まっているローンとは別に自由に利用できるローンの特徴についても解説するので、ぜひ最後までご覧ください!

ざっくり言うと…
  • 個人が銀行からお金を借りるにはローンを活用する。
  • 住宅ローンや自動車ローン・教育ローンは利用目的が決まっている。
  • カードローンには銀行系と消費者金融系がある。
  • 銀行カードローンは審査が厳しく即日融資には対応していない。
  • 即日融資を希望するなら、利用しやすい消費者金融カードローンがおすすめ!
  • 即金性が高く、少額からお金を借りられるカードローンを活用しよう!アイフルは30日間金利0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

個人が銀行からお金を借りる方法

個人が銀行からお金を借りる方法

個人が銀行からお金を借りる方法は主に次の4種類があります。

個人が銀行からお金を借りる方法
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • カードローン

大きく分けると住宅ローン・自動車ローン・教育ローンなどの利用目的が決まっているローンと、自由に使えるカードローンの2種類があります。

目的が当てはまる方は、目的別ローンを利用するのが最適です。

住宅ローン

住宅ローン

住宅ローンは住宅の購入や建築、リフォームなどの目的で利用できるローンです。

住宅ローンの特徴は、融資期間が最長35年と長く、金利も年率0.4%〜0.5%と低いことです。

数百万〜数千万単位で融資を受ける方が多いため、金利が低く設定されています。

ローンで購入した物件には抵当権がつき、担保になります。

返済方法は毎月同じ金額を返済する元利均等返済または、元金が一定になるように返済する元金均等返済の2種類があります。

自動車ローン

自動車ローン

自動車ローンは車やバイクの購入や車検費用などの目的で利用できるローンです。

住宅ローンよりは融資金額が低くなる傾向があるので、融資期間も1〜10年と少し短くなります。

金利は年率2.0%〜4.5%前後です。

融資可能額は年収や無担保型と有担保型で異なります。

返済方法は住宅ローンと同様に元利均等返済と元金均等返済の2種類があります。

教育ローン

教育ローン

教育ローンは教育費用目的で利用できるローンです。

融資期間は10年〜25年と長く、金利は年率2.0%〜3.0%前後と低いです。

銀行以外にも国の教育ローンもあり、350万円まで年率1.81%で借りられる特徴があります。

ただし、国の教育ローンは審査条件が厳しく、申し込みから融資まで20日〜1ヶ月ほどかかるなどのデメリットもあります。

カードローン

カードローン

最後にカードローンは利用目的が原則制限されていないローンです。

利用目的が住宅や車の購入など決まっている場合は、目的に合うローンを利用するのが金利や融資期間から最適です。

しかし、上記の利用目的に該当せず、借りたお金を自由に使いたい場合は、カードローンを利用しましょう。

カードローンの融資期間は契約が続く限り借りることができ、金利は年率3.5%〜14.0%です。

目的別ローンと比べると金利が高くなりますが、借入額が大きくなるほど金利を下げることができます。

基本的に担保・保証人は不要で借りることができ、最大で700万〜800万前後の融資上限が設定されています。

銀行からお金を借りるならカードローンがおすすめ

銀行からお金を借りるならカードローンがおすすめ

銀行からお金を借りるなら、利用目的が制限されていないカードローンがおすすめです。

カードローンは次の2種類があります。

カードローンの種類
  • 銀行系カードローン
  • 消費者金融系カードローン

銀行系カードローン

銀行系カードローン

銀行系カードローンは三井住友や三菱UFJなどの大手メガバンクが提供するローンで、最高金利は14.0%〜15.0%ほどになります。

運営がメガバンクなので安心して利用でき、長期的に借りたい方に最適です。

また、銀行系カードローンは年収の3分の1を越える融資を受けられない総量規制の対象にはならず、高額の借入れを受けられる可能性があります。

しかし、消費者金融系カードローンと比べて、最高金利は低く設定されていますが、即日融資はできず、返済方法の自由度も高くありません。

住宅ローンや自動車ローンとの違いは、資金を自由に利用できる以外にも担保・保証人なしで借りられることです。

また、利用限度額の範囲であれば、いつでもどこでも借入れを行える特徴があります。

即日融資は特に希望しておらず、審査にも問題なく通過できる方は、銀行系カードローンを利用しましょう。

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンはアコムやプロミスなどのことで、大手消費者金融であれば即日融資が可能です。

申込みから融資を受けるまで最短で30分〜1時間というローンもあります。

すぐにお金が必要な方に最適なローンで、返済方法の自由度も高いです。

また、銀行系カードローンとは異なり、口座の開設が不要で既存の口座に借入れを行えます。

しかし、最高金利は17.0%〜18.0%と高いことや、総量規制の対象になるデメリットがあります。

この金利は法律上の上限金利に近い水準です。

消費者金融カードローンをお得に利用する方法は、無利息期間を活用することです。

大手消費者金融では30日〜最大180日間の無利息期間を提供しており、期間中に完済すれば利息を支払う必要がありません。

銀行からお金を借りる際の審査に通過するポイント

銀行からお金を借りる際の審査に通過するポイント

銀行からお金を借りる際の審査に通過するポイントは次の3つです。

審査に通過するポイント
  • 毎月安定した収入がある
  • 信用情報に傷がない
  • 在籍確認が取れる

銀行カードローンの審査は年々厳格化しています。

収入証明書の提出判断ラインを引き下げたり、貸付後も定期的に信用情報を調べ、返済能力を越える貸付を行っていないか監視しています。

厳しくなっている審査に通過するためには、以下で解説するポイントをしっかり守って申し込んでみてください。

毎月安定した収入がある

毎月安定した収入がある

最も重視されるポイントは、毎月安定した収入があることです。

貸したお金をしっかり返してもらえるのか、返済能力を見ています。

収入の金額も大切ですが、毎月安定した収入があることが1番大切です。

利子を含めて、延滞することなく返済できる能力がなければ、審査に通ることはできません。

信用情報に傷がない

信用情報に傷がない

信用情報に傷があると、返済能力に問題がなくても審査に落ちる可能性があります。

信用情報とはクレジットカードやローンの利用歴のことで、過去の契約情報や支払い記録が保存されています。

金融機関は信用情報を確認して、ローンの審査を行っているので、過去に延滞や債務整理などの記録がある方は要注意です。

また、意外と知られていませんが、実は携帯電話料金の支払い状況も信用情報として記録されています。

信用情報に一度傷がついてしまうと消すことができず、隠して審査を受けることもできないので、カードローンを利用する予定のある方は十分注意してください。

在籍確認が取れる

在籍確認が取れる

銀行カードローンでは、本人の返済能力を確かめる目的として、職場への在籍確認が行われます。

申込時に申告をした内容と相違がないかを在籍確認で調べます。

銀行カードローンの在籍確認は、基本的に勤務先への電話で行います。

「職場に電話なんてされたら、お金を借りていることが知られてしまう!」と不安をおぼえる方もいるかもしてませんが、その点は安心してください。

銀行はローンに関する問い合わせと分からないように連絡してくれるので、職場の人に知られてしまう可能性は低いです。

しかし、100%絶対にバレないとは言えないので、在籍確認をされたくない方は在籍確認なしで利用できる消費者金融カードローンを利用しましょう。

借りやすい消費者金融カードローンがおすすめ

借りやすい消費者金融カードローンがおすすめ

結論、カードローンは借りやすく即日融資が可能な消費者金融カードローンがおすすめです!

おすすめの消費者金融カードローン
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

アコム

アコム

アコムの特徴
  • 審査通過率が高くはじめてでも安心
  • 最短30分審査で即日融資
  • 最大30日間無利息

アコムは「はじめてのアコム」というように、審査通過率が高くはじめてカードローンを利用する人でも安心です。

審査は最短30分で完了し、契約後はWeb上から振込融資依頼を簡単に行えます。

また、銀行振込の手数料はアコムが負担してもらえるので、少額を借り入れる場合でもお得です。

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、収入証明書のご提出が必要となりますので、ご準備をお願い致します。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

アイフル

アイフル

アイフルの特徴
  • Web申込なら最短25分融資
  • 最大30日間無利息
  • 融資限度額最大800万円

アイフルは独自審査を行うことにより審査時間を短縮し、Web申込であれば最短25分で融資を受けることが可能です。

また、個人の希望にもある程度応えてもらえて、すぐにお金が必要な場合は優先的に審査を進めてもらえる可能性もあります。

最大30日間の無利息期間を設けているので、お得に借りられるカードローンです。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短25分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

プロミス

プロミス

プロミスの特徴
  • Web申込で来店不要
  • 最短30分審査&最短30分融資
  • 最大30日間無利息

プロミスはオリコン顧客満足度ランキング・ノンバンクカードローン部門で2年連続1位を獲得している実績あるカードローンです。

申込みはWeb上で完結でき、来店する必要はありません。

すぐにお金が必要な人に特におすすめで、最短30分で審査が完了し、24時間365日振込融資が可能です。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • 電話連絡不要で在籍確認可能
  • 大手SMBCグループ
  • カードレスにより最短即日融資

SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループで、三井住友・三菱UFJ・みずほ・ゆうちょのいずれかの銀行口座を開設していれば、保険証だけでWeb申込を行うことが可能です。

また、在籍確認に電話連絡を行わないので、借り入れが職場や家族にバレる可能性が少ないです。

他のカードローンにはある無利息期間が無いことは注意しましょう。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短10秒で事前審査
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 なし

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAの特徴
  • 無利息期間最長180日間
  • 24時間いつでもどこでもアプリで手続き
  • 審査時間最短15秒

お得に借りたい人におすすめなのが、新生銀行グループが提供しているレイクALSAです。

レイクALSAでは、初めての利用かつ、5万円以下の借り入れの場合は無利息期間が最長の180日適用される特徴があります(電話申込の場合は30日間・Web申込の場合は60日間〜180日間)

また、審査時間はWeb申込を行なった後、最短15秒で完了し、最短1時間で借り入れを行えます。

審査に通過できるか、お試し診断も公式サイトから簡単にできます。

銀行からお金を借りる_消費者金融_レイクalsa

>>>レイクALSAの詳細はこちら<<<

今すぐレイクALSAに無料登録する

金利 4.5%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短15秒
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 最長180日間無利息

まとめ

今回は銀行からお金を借りる方法を4種類解説し、銀行カードローンの審査に通過するポイントやおすすめの消費者金融カードローンを紹介しました。

自由に使えるお金を借りたい場合は、利用目的が決められている住宅ローンや自動車ローンではなく、カードローンが最適です。

中でも即日融資に対応している消費者金融カードローンがおすすめです。

即日融資に対応し、無利息期間も提供しているので、紹介した大手消費者金融を活用してみてください!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する