バンクイックは即日融資できる?|審査を早める対処法からメリットや口コミまで徹底解説!

バンクイックは即日融資に対応しているの?

即日融資を受けたい場合にはどうすればいいの?

このように考えていませんか?

バンクイックはメガバンクである三菱UFJ銀行が提供する信頼性の高い銀行のカードローンです。

消費者金融を利用するのはちょっと抵抗があるけど、三菱UFJ銀行のカードローンならお金を借りたいという方は多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、バンクイックでは申し込んだら即日にお金を借りられるのかという点です。

この記事では、バンクイックでの即日融資が可能のか、バンクイックの審査手順、メリット・デメリットを徹底解説します。

バンクイック以外でおすすめの「即日融資可能なカードローン5選」も紹介するので、参考にしてください。

バンクイックは即日融資できる…?
  • バンクイックは即日融資不可
  • 最短で翌日融資は可能
  • コツを抑えることで最短融資が可能に!
  • どうしても即日融資を希望するなら消費者金融カードローンがおすすめ
  • 大手消費者金融の中でも低金利・即日融資対応のプロミスがおすすめ!

バンクイック_三菱UFJ

>>>バンクイックの公式サイトはこちら<<<

今すぐバンクイックに無料登録する

バンクイックは即日融資できる?

結論として、バンクイックは即日融資に対応していません

即日融資が可能なカードローンが多くある中、なぜバンクイックは即日融資に対応していないのでしょうか。

その具体的な理由について、以下の項目に分けて詳しく見ていきましょう。

即日融資不可の理由

バンクイックで即日融資ができないのは、審査時に警視庁のデータベースを参照する必要があるためです。

そもそも、ローンが犯罪に利用されることを防ぐため、2018年から銀行はカードローンの審査時に警視庁のデータベースを参照することになっています。

これに少なくとも1日はかかるため、即日融資ができないのです。

また、即日融資に対応していないのはバンクイックだけではありません。

銀行カードローンはどこも即日融資ができません。

最短でも翌営業日以降の9時~21時(土・日・祝日は9時~17時)です。申し込んだ当日中に審査結果が出ないので、即日融資もできないというわけです。

注意

2018年1月以降から銀行カードローンすべて即日融資が停止されています。法改正の影響で自動車ローンや住宅ローン、フリーローン等も即日融資には対応していません。

バンクイックの融資は早い方!

バンクイックの融資は銀行カードローンの中では早い方です。

また、融資までにかかる時間は、最短翌営業日とされています。

そのため、バンクイックの審査スピードは早いと言えます。

注意

消費者金融に比べて銀行カードローンの審査が遅いと言われています。理由は審査基準が異なるから!
消費者金融はコンピュータによる自動審査のため早くなっています。銀行カードローンの中でもバンクイックは最短翌営業日なので融資は早い方です。

即日融資できる金融機関はある?

結論として、即日融資を受けたい場合には消費者金融系カードローンを利用することになります。

銀行カードローンは前述したように即日に借りることができません。

ところが、消費者金融系カードローンでは警視庁のデータベースを参照することはないため、早ければ1時間程度でお金を借りることが可能です!

お金がないから、とにかく早く借りたい!」

今すぐお金が必要…

このような方には、銀行カードローンではなく即日融資が可能な消費者金融カードローンを利用するのがおすすめです。

特におすすめな消費者金融カードローンは以下の5つです。それぞれの特徴については後述します。

即日融資を受けたい人におすすめのカードローン5選

バンクイックの審査を早めに終わらせる8つのコツ

バンクイックでは審査なしでお金を借りることができません。

また、即日融資にも対応していませんが、審査を早めに終わらせることで早くお金を借りることが可能です。

即日融資は無理でもコツを押さえることで、最短翌日融資は実現できます。

バンクイックの審査を早めに終わらせるコツは主に以下の8つです。

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:Webで申し込む

バンクイックの審査を早めに終わらせるコツとしてまずあげられるのは、Webから申し込むことです。

Webでは24時間365日いつでも申し込むことができ、より早い段階で審査に進むことができます。

バンクイックの公式ホームページから簡単に申し込めるため、最も簡単でおすすめな方法です。

審査結果は登録したメールまたは電話にて最短翌営業日に通知されます。

アプリ申込もおすすめ

バンクイックではアプリからも申し込みができるため、スマホの方は利用してみましょう!

iPhoneアプリはこちら
Androidアプリはこちら

コツ②:電話相談で申し込む

バンクイックの審査を早めに終わらせるコツとしては、電話相談から申し込むこともあげられます。

電話ではオペレーターと相談しながら申し込むことが可能で、電話相談では平日だけでなく、土日も審査を受けることができます。

ただし、電話相談の時間は、土日祝が9時から17時と平日の9時から21時となっているので注意しましょう。

バンクイックの電話番号

0120-959-555(平日9:00~21:00/土・日・祝日9:00~17:00)

コツ③:月火水に申し込む

バンクイックの審査を早めに終わらせるコツとしては、月火水に申し込むこともあげられます。

土日は自由時間があり、お金を使う機会が増える社会人が多いため、混みやすいと言われています。

一方、月火水はまだ週の前半であり、土日まで時間があるため、審査を申し込む人が比較的少ないのです。

また、バンクイックでは勤務先への在籍確認が必要になるため、勤務先が休みであると在籍確認が取れず審査結果が遅れます。

とにかく早く融資を受けたい場合には少なくとも平日前半がおすすめです!

コツ④:本人確認書類・(収入証明書類)を準備しておく

バンクイックの審査を早めに終わらせるコツとしては、書類を事前に準備しておくこともあげられます。

バンクイックの審査では、本人確認書類が確実に必要で、50万円以上借りる場合にはそれに加えて収入証明書類が必要です。

特に収入証明書類は人によっては取り寄せるのに時間がかかるため、早めに準備しておく必要があります。

バンクイックに必要な本人確認書類や収入証明書類は後で詳しく解説します!

コツ⑤:借入限度額を最小限にしておく

バンクイックの審査を早めに終わらせるコツとしては、借入限度額を最小限にしておくこともあげられます。

カードローンでは借入限度額を高くするほど慎重な審査が行われると言われています。

大きなお金を貸して返済が滞ってしまうと貸し手の損失が大きくなってしまうからです。

逆に言えば、少額であればリスクが少ないため、審査がスムーズに進みやすいと言われています。

借入限度額とは?

カードローンで借りられる上限額額です。金額は一律ではなく人によって設定される金額は異なります。借入限度額が低いほど審査に通りやすくなります。

コツ⑥:借入件数を最小限にしておく

バンクイックの審査を早めに終わらせるコツとしては、借入件数を最小限にしておくこともあげられます。

借入件数が多いと、それだけお金に困っているのではないかと判断されて、審査が慎重になってしまう可能性があります。

特に4社以上から借りている場合には多重債務者と判断され、通過できない可能性すら存在します。

そのため、複数社から借りている場合には返済やおまとめローンの利用などを通じて、借入件数を絞っておくことが重要です。

ちなみに、バンクイックでは審査時に信用情報機関のデータベースを参照するため、どの借入件数の情報は簡単に確認されてしまいます。

コツ⑦:確実につながる職場の電話番号を申告する

バンクイックの審査を早めに終わらせるコツとしては、確実につながる職場の電話番号を申告することもあげられます。

審査のスピードを上げるために私たちができることは少ないですが、在籍確認だけは例外です。

在籍確認で電話がつながらないと長引いてしまいます。

これを防ぐためにつながりやすい電話番号を申告することでスムーズな審査を実現できます。

コツ⑧:入力ミスをなくす

バンクイックの審査を早めに終わらせるコツとしては、入力ミスをなくすこともあげられます。

入力にミスがあると、銀行側が何が正しい情報なのか判断するのに時間がかかります。

余計な手間が発生しないように、確実に正しい情報を記載するようにしましょう。

また、虚偽の申告をすることは絶対にやめましょう!

年収、勤務先、勤続年数などの個人情報は証明書類で確認されるため、虚偽の申告は審査を遅らせたり審査落ちの可能性を高めてしまいます。

バンクイックの審査手順

ここからは、バンクイックの審査について解説していきます。

バンクイックは以下のような手順で審査が行われます。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:必要書類の準備

バンクイックの審査を受ける時には、必要書類の準備を行います。

本人確認書類として、以下のいずれか2点をまずは用意しましょう。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • パスポート

どの書類も有効期限内で現在住所の記載があるものに限ります。

変更事項がある場合には裏面のコピーも必要です。

また、50万円超の融資を希望する場合には以下のうち1つの収入証明書類も必要になります。

50万円超の融資を希望する場合には、一般的にどこのカードローンでも収入証明書類を求められます。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
  • 確定申告書第1表・第2表

場合によっては上記以外にも追加で書類が必要な場合がある点は注意しましょう。

自分の必要書類をしっかりと確認し事前に用意しておくとスムーズに審査に進めます。

手順②:申し込み

書類の準備が終わったら、次は申し込みです。

バンクイックの申込方法にはWeb、アプリ、電話などの方法がありますが、この中でもっともおすすめなのはWebとアプリからの申し込みです。

いつでもどこからでも申し込めますし、手続きも簡単です。

Webからはバンクイックのホームページから簡単に申し込むことが可能です。

手順③:審査

申し込みが完了したら、審査の結果が出るまで待つことになります。

バンクイックの審査内容の詳細は公表されていません。

しかし、信用情報機関のデータベースを参照したり、警視庁のデータベースを参照したりしているのは間違いありません。

バンクイックでは申し込みに関して、以下のような注意点をあげています。

  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま
  • 原則安定した収入があり
  • 保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま

審査はアコムの所定の審査が行われ、最後に在籍確認をし終了になります。

手順④:契約

審査が終わると、結果がメールか電話で通知されます。

また、審査結果には利率と利用限度額が含まれていますので、これに納得した場合には指示どおり契約手続きを行いましょう。

手順⑤:カード受け取り

最後に、ローンカードを受け取ります。

また、ローンカードは基本的には自宅へカードローンのものとはわからないように配送されてきます。

借り入れは、振り込みにて借り入れができます。

三菱UFJ銀行やセブン銀行、ローソン銀行、イーネットのATMが利用可能です。

バンクイックの5つのメリット

先述では、バンクイックの審査について紹介しました。

では、バンクイックのメリットは何でしょうか?

バンクイックのメリットは主に以下の5つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:大手銀行が提供している安心感

バンクイックのメリットとしてまずあげられるのは、大手銀行が提供している安心感です。

そもそも、バンクイックはメガバンクである三菱UFJ銀行が運営しており、その信頼性は抜群です。

このような信頼性の高い銀行では顧客の損になることをするメリットがないですし、そうそう倒産することもありません。

ATM手数料が無料

三菱UFJ銀行ATMだけでなく、全国のセブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMでも返済可能です。
ATM利用手数料・時間外利用手数料も無料で利用できるのも大手銀行カードローンの強みです。

メリット②:金利が低い

バンクイックのメリットとしては、金利が低いこともあげられます。

バンクイックの金利は1.8%~14.6%と低い水準になっています。

銀行のカードローンの上限金利の相場は15%程度が一般的です。

金利を比較する時には下限金利よりも、上限金利を比較する必要があります。

特にはじめて利用する場合には、上限金利ギリギリで融資が行われる場合が多いからです。

利用限度額 借入利率
500万円以下 400万円超 年1.8% ~ 年6.1%
400万円以下 300万円超 年6.1% ~ 年7.6%
300万円以下 200万円超 年7.6% ~ 年10.6%
200万円以下 100万円超 年10.6% ~ 年13.6%
100万円以下 10万円以上 年13.6% ~ 年14.6%

例えば100万円以下のお金を借りた場合の金利は年13.6%~年14.6%になります。

上限金利とは?

「実質年率◯~◯%」といった表記が主で、高い方が上限金利になります。金利は利用可能枠によって変わるため低い借入額の場合には上限金利が適用されるケースがほとんどです。

メリット③:Webからいつでも申し込める

バンクイックのメリットとしては、Webからいつでも申し込めることもあげられます。

インターネットを使った申し込み手続きのため、24時間・365日いつでも利用できます。

仕事が忙しくて平日に日中なかなか三菱UFJ銀行を訪れられない人もいるでしょう。

しかし、仕事終わりの自由時間を使ってスマートフォンやパソコンで手軽に申し込むことができます。

スマホならアプリを使うのも便利です!

アプリ申込もおすすめ

バンクイックではアプリからも申し込みができるため、スマホの方は利用してみましょう!

iPhoneアプリはこちら
Androidアプリはこちら

メリット④:三菱UFJ銀行の口座は不要

バンクイックのメリットとしては、三菱UFJ銀行の口座は不要なこともあげられます。

銀行のカードローンではその銀行の口座が必要になる場合もありますが、バンクイックではそうではありません。

提携ATMでの返済や振込での返済を選択した場合には、三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても問題なく利用することが可能です。

ただし、便利な自動引落で返済したい場合には三菱UFJ銀行の口座を指定する必要があります。

三菱UFJ銀行の口座は不要なものの、持っているに越したことはないのです。

三菱UFJ銀行の口座開設のメリットは?

三菱UFJ銀行の普通口座があれば取引回数などに応じてPontaポイントが貯まります。

メリット⑤:土日祝日も審査に対応している

バンクイックのメリットとしては、土日祝日も審査に対応していることもあげられます。

多くの銀行のカードローンでは平日のみ審査に対応しており、土日祝日はネットからの申し込みのみ取り扱っています。

一方、バンクイックでは土日も審査を行ってくれるため、週末に申し込んでも比較的早く審査結果を得ることができます。

そのため、バンクイックの審査スピードは銀行系カードローンの中でもトップクラスと言えます。

>>>バンクイックの公式サイトはこちら<<<

今すぐバンクイックに無料登録する

バンクイックの3つのデメリット

ここまではバンクイックのメリットをご紹介しました。

では、次にデメリットを紹介していきます。

バンクイックのデメリットは主に以下の3つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:即日融資に対応していない

バンクイックのデメリットとしてまずあげられるのは、即日融資に対応していないことです。

ここまで説明したように、銀行のカードローンでは警視庁のデータベースを参照するために1日以上必要であり、即日融資は受けられません。

その代わりとして、低い金利で提供されていると言えます。(銀行カードローンは即日融資に対応している消費者金融カードローンよりも金利は低い傾向にあり)

即日融資を受けたい場合には、以下のような消費者金融系カードローンを利用することになります。

おすすめの消費者金融系カードローンを見に行く

デメリット②:返済が長期化する場合がある

バンクイックのデメリットとしては、返済が長期化する場合があることもあげられます。

バンクイックでは月1,000円程度の少額から返済することが可能です。

ただし、少額ずつ返済していく場合には、返済までに長い時間かかることになります。

返済期間が長くなればなるほど、返済総額は増えていくため適切な返済額を設定する必要があるでしょう。

デメリット③:返済の遅延に厳しい

バンクイックのデメリットとしては、返済の遅延に厳しいこともあげられます。

銀行系カードローンの中でも、バンクイックは特に返済が遅延した時に厳しい対応を取ると言われています。

そのため、延滞が長引くと督促状が届いたり、事故情報が信用情報機関に掲載される場合があります。

これはバンクイックに限ったことではありませんが、金融機関からお金を借りるのがほぼ不可能になったりするので注意しましょう。

バンクイックの口コミまとめ

バンクイックを検討している方は、他の利用者の口コミが気になりませんか?

ここでは、バンクイックに関する口コミについてまとめてみました。

良い口コミ

良い口コミとしては以下のようなものがあります。

カードローンは少し抵抗があったのですがなにかあった時の為にと思い申し込みました。
申し込んだその日に仮審査で50万の審査のメールがきて翌日に職場に確認の電話がありました。
そのあと、契約成立のメールがきてまさか大手の銀行系で可決されるとは思っていなかったのでびっくりしました。
セブン銀行などで借入、返済できるのは非常に便利でありがたいです。

出典:価格ドットコム

年収の3分の1のうち、85%をアコムよりキャッシングしていましたが(110万くらい)
30万借りることができました。
今までに事故を起こしたり遅延したことがなければ、これくらいは可能のようです。
なのでアコムで借りているからダメだとあきらめないほうがよいですね。

審査のスピードははやくて、2時間ぐらいで仮審査まで通過、
本審査には1.5日ぐらいでした。

職場の在籍確認はおこなわれたのがどうかわかりません、
直接会社の電話で話すことはなかったです。

出典:価格ドットコム

銀行の口座を作る際に一緒にカードローンの審査もできてとても手間がかからない。
さらに、返済する際や借り入れする際に増額についてインフォメーションしてもらえるので、簡単に増額でき、とても使いやすいです。
銀行系のカードローンなので安心だし、銀行のATMやコンビニのATMでも借り入れ、返済が可能なため、特に不自由なことはありませんでした。

出典:価格ドットコム

無人契約機があるせいか三菱東京UFJ銀行のカードローンも消費者金融に劣らないスピード融資が可能になっています。少し急いでお金を借りたかった時にお世話になりました。無利息期間はありませんでしたが、金利が最高でも14.6%ですので、有名な消費者金融に比べたら5%くらい低くなります。用意するなら運転免許証や保険証だけでいいので本当に手軽に借入ができました。

出典:価格ドットコム

借入の手続きや審査のスピードなどはとても速くかつ丁寧であったと記憶しています。大手銀行系という安心感もあり気軽に利用することができました。

出典:価格ドットコム

消費者金融というと、借りるのに少し腰が引けてしまいますが、こちらはなんといっても天下の三菱系であり、かつ、メインバンク系列でもあったので、金利は高いなあと思いながらも借りてしまいました。メインバンクということもあり、審査はすぐ通り、金利もサラ金業者と比べるとまだましでした。それでも十分に高いですが。

出典:価格ドットコム

審査のスピードは2時間ぐらいで仮審査まで通過、本審査は1.5日という具体的な流れをレビューしてくれています。

消費者金融よりも金利が低い点や、審査のスムーズさや大手銀行系の安心感も好評です。

悪い口コミ

ここまでは、バンクイックの良い口コミについて紹介しました。

次に、バンクイックに関する悪い口コミ評判を紹介していきます。

悪い口コミとしては以下のようなものがあります。

14.6%という、金利、
今の時代正直高いです。
まぁ~、惑わされる数字なんでしょうね。
対応は一番だと感じます。
三菱UFJ銀行ですからね。
どの金融機関にも言えることですが、
貧乏人から高い金利取らないで、
銀行本来の業務で頑張ってほしいです。

出典:価格ドットコム

金利に関しては消費者金融カードローンよりは低いものの、高いと感じている人もいます。

多少の不満はあるものの、好意的な意見が多い印象です。

口コミとして目立ったのが「普通」というもので、これといったメリットもデメリットもない一般的な銀行カードローンと言えます。

即日融資を受けたい人におすすめのカードローン5選

やっぱり、即日融資を受けたい…

そう考えている人も少なくないでしょう。

バンクイックをはじめとした銀行カードローンは即日融資に対応していません。

バンクイックをはじめとした銀行は消費者金融と比べて、カードローンの金利は低めですが、即日融資には対応していません。

即日融資を希望する場合には消費者金融カードローンを利用するのが一般的です。

即日融資を受けたい人におすすめのカードローンは主に以下の5つです。

即日融資を受けたい人におすすめのカードローン5選

それぞれのカードローンについて詳しく見ていきましょう。

プロミス

バンクイック_プロミス

プロミスは消費者金融系カードローン最大手のカードローンです。

プロミスはこれから紹介する消費者金融系カードローンと比べて利率が0.2%低い17.8%になっている点が魅力です。

顧客からの満足度も高く、オリコン顧客満足度 ノンバンクカードローン部門では4年連続で1位を獲得しています。

30日間利息0円キャンペーンでは「ご利用日の翌日」から適用されるので、有効な期間が長いのもメリットです。

申し込みできる年齢が18歳以上なのも、他のカードローンとは違う点です。

ただし、18歳や19歳の方は収入証明書が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

プロミス

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

アイフル

フリーター_カードローン_アイフルアイフル

アイフルはサポート力が高く、借り入れ初心者におすすめしたいカードローンです。

電話で丁寧に案内してくれるため、初めて利用する方でも安心でしょう。

また、お急ぎの方専用窓口を使えば、審査を優先して行ってもらうことも可能です。

Web申し込みなら審査は最短25分と、消費者金融カードローンの中でも最速級になります。

アイフル

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短25分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

アコム

バンクイック_アコム

 

アコムは審査スピードの早さに定評があるカードローンです。

審査は最短30分で完了し、多くの方が即日融資に成功しています。

また、初めて利用する場合には、最大30日間金利を0円にすることも可能でしょう。

アコムも18歳以上(高校生を除く)の安定した収入と返済能力を有する方で、アコム基準を満たす方は申し込みできます。

ただし、18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。

アコム

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間

SMBCモビット

バンクイック_SMBCモビット

SMBCモビットは電話での在籍確認をスキップできる点が魅力的なカードローンです。

どのカードローンでも基本的に在籍確認は電話で行われますが、これでは職場に借り入れがバレる可能性も0ではありません。

SMBCモビットでは、Web完結申込を使えば代わりに書類を提出することで電話での在籍確認をなしにできます。

また、返済額200円につき1ポイントが貯まり、会員サービスである「Myモビ」から1ポイント1演奏等として返済に利用可能です。

 

SMBCモビット

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短10秒で事前審査
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 なし

レイクALSA

レイクALSAは初めて利用する場合の無利息期間が長い点が魅力的なカードローンです。

また、60日間利息0円か、借り入れのうち5万円までの部分について180日間利息0円のどちらかを選択することが可能です。

そして、最短1時間の融資速度もレイクALSAの魅力のひとつと言えるでしょう。

金利 4.5%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短15秒
融資速度 最短25分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 60日間無利息
(5万円までなら180日間無利息)

バンクイックと即日融資のまとめ

本記事ではバンクイックは即日融資できるかどうか、バンクイックの審査手順、メリット・デメリットについて解説しました。

バンクイックは即日融資は対応していませんが、最短で翌日以降にお金を借りることはできます。

とにかく即日融資が希望!という方は、消費者金融カードローンを利用しましょう。

ここで紹介したバンクイックと即日融資についての内容を参考に検討してみてください。

バンクイックは即日融資まとめ
  • バンクイックは即日融資不可
  • 最短で翌日融資は可能
  • コツを抑えることで最短融資が可能に!
  • どうしても即日融資を希望するなら消費者金融カードローンがおすすめ
  • 大手消費者金融の中でも低金利・即日融資対応のプロミスがおすすめ!

バンクイック_三菱UFJ

>>>バンクイックの公式サイトはこちら<<<

今すぐバンクイックに無料登録する