三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックの審査や申込方法・メリットを解説

※当サイト内に掲載されている三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは広告(アフィリエイトプログラム)としてご紹介させて頂いております。
三菱UFJ銀行のバンクイックでお金を借りるにはどうしたらいい?
バンクイックの審査基準や申込方法が知りたい!

このような方に最適な内容です。

本記事では三菱UFJ銀行が提供するバンクイックを利用するメリットやデメリット、審査基準や申込方法について解説していきます。

バンクイックは銀行系カードローンの一つで、消費者金融カードローンと比較して、低い金利で高額の融資を受けられる可能性があります。

消費者金融のように即日での融資には対応していませんが、大手金融機関から安心して借りたい人や、低い金利で借りたい人にバンクイックは最適です。

記事後半では、適用される金利をさらに引き下げるための限度額増額申請について紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは…
  • バンクイックはメガバンクの一つである三菱UFJ銀行が提供するカードローン。
  • 消費者金融よりも金利が低く、初回借り入れ時でも金利上限は14.6%。
  • 24時間インターネットから申込手続きを行える。
  • 即日融資には対応していないので、すぐにお金が必要な方は消費者金融カードローンを利用しよう!
  • 大手消費者金融のおまとめローンの中で最も金利が低く、高額融資可能なアイフルがおすすめ!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

三菱UFJ銀行のバンクイックを利用するメリット

三菱UFJ銀行のバンクイックを利用するメリットは次の通りです。

バンクイックを利用するメリット
  • 銀行カードローンの中で審査が早い
  • ATMが全国各地にあるから利用しやすい
  • メガバンクで安心できる
  • 消費者金融とほぼ同額の融資限度額

三菱UFJ銀行が提供するカードローンであるバンクイックのサービス概要は次の通りです。

金利 1.8%〜14.6%
限度額 500万円
審査時間 最短翌日以降
融資時間 最短翌日以降
Web完結申込 お申込みまでは可能
担保・保証人 不要
利用対象者 満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人
原則安定した収入がある人
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済期間 直近のご返済の翌日から35日以内

三菱UFJ銀行は、2006年に東京三菱銀行とUFJ銀行が合併することで誕生し、現在まで3万2000人以上の従業員を抱える、国内でも屈指の大手金融機関です。

銀行カードローンの中で審査が早い

アイフルやプロミスといった消費者金融と比較して、銀行カードローンは審査が厳しく融資まで時間がかかる特徴があります。

しかし、バンクイックは銀行カードローンの中でも審査が早く、即日融資には対応していませんが、最短翌日で融資を受けられる可能性があります。

消費者金融よりも金利が低い特徴は変わらないので、即日で借りられなくても、低い金利で利用したい人に最適です。

ATMが全国各地にあるから利用しやすい

三菱UFJ銀行が提供しているだけあり、全国各地にあるATMを利用して借り入れや返済を行えます。

またバンクイック利用者は手数料が無料になり、非常にお得です。

消費者金融カードローンなどで提携ATMや銀行振込を利用すると、手数料が発生する可能性があります。

返済するたびに手数料がかかっていると、積み重なって大きな負担になってしまうので、バンクイックを利用する際は三菱UFJ銀行ATMもしくは提携ATMを活用しましょう。

メガバンクで安心できる

バンクイックはメガバンクの一つである大手三菱UFJ銀行が提供しているので、初めて利用する方でも安心できます。

消費者金融の場合は、闇金やサラ金のようなイメージを持っている人がおり、利用を躊躇してしまう人がいるかもしれません。

しかし、日常的に利用されている三菱UFJ銀行のバンクイックであれば、馴染みがあるので安心して利用できるでしょう。

消費者金融とほぼ同額の融資限度額

バンクイックの限度額は最大で500万円で、消費者金融とほぼ同額です。

さらに金利は消費者金融よりも低いので、お得に高額の融資を受けることが可能です。

初回の利用から500万円借りることは難しいですが、利用回数や返済実績を積んでいけば、最高額でも借りられる可能性があります。

バンクイックのデメリット

次にバンクイックのデメリットは次の通りです。

バンクイックのデメリット
  • 無利息期間はない
  • 返済の手間がかかる
  • 消費者金融と比較して審査が厳しい

無利息期間はない

無利息期間とは、一定期間利息が発生しない期間のことで、大手消費者金融では初めて利用する人に無利息期間を提供しています。

三菱UFJ銀行が提供するバンクイックには、残念ながら無利息期間がありません。

ただし、無利息期間は30日ほどが一般的であり、初回利用かつ少額での借り入れにしか適用されません。

バンクイックは消費者金融よりも金利が低く、高額の融資を受けられる可能性があるので、少額でない場合はバンクイックがおすすめです。

以下では、無利息期間がある大手消費者金融の評判について丁寧にご紹介しています。

>>>バンクイックの公式サイトはこちら<<<

今すぐバンクイックに無料登録する

返済に手間がかかる

アイフルやプロミスなどの大手消費者金融と比較すると、返済に少し手間がかかるかもしれません。

全国の三菱UFJ銀行ATMから返済できますが、消費者金融と比べる少し不便です。

消費者金融と比較して審査が厳しい

銀行カードローンのバンクイックは、消費者金融と比較して審査が厳しい特徴があります。

金利が低いかわりに、しっかりと返済できる人にだけ融資を行っています。

バンクイックの公式サイトには次の審査条件が明記されています。

バンクイックの審査条件
  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客様
  • 原則安定した収入があるお客様
  • 保証会社(アコム(株) )の保証を受けられるお客様

審査が厳しいとは言われていますが、パートやアルバイトなど正規雇用でなくても、安定した収入があれば審査に通る可能性があります。

バンクイックと他の銀行カードローンを比較

バンクイックと他の銀行カードローンを比較すると次の通りです。

利用限度額 金利
三菱UFJ銀行バンクイック 500万円 年1.8%〜14.6%
三井住友銀行カードローン 800万円 年1.5%〜14.5%
みずほ銀行カードローン 800万円 年2.0%〜14.0%
りそな銀行カードローン 800万円 年3.5%〜13.5%
楽天銀行カードローン 800万円 年1.9%〜14.5%
オリックス銀行カードローン 800万円 年1.7%〜14.8%

バンクイックの金利は、銀行カードローンの中では平均的で、特別低い訳ではありません。

バンクイックの金利を下げるには?

バンクイックの金利は変動金利といって、市場金利に合わせて上下します。

契約後に市場金利が上昇した場合は、定期的に適用金利が見直されて、金利が上がってしまいます。

また、限度額によって次のように適用される金利が決まっています。

10万円以上100万円以下 年13.6%〜年14.6%
100万円超200万円以下 年10.6%〜年13.6%
200万円超300万円以下 年7.6%〜年10.6%
300万円超400万円以下 年6.1%〜年7.6%
400万円超500万円以下 年1.8%〜年6.1%

このように限度額が多くなるにつれて、適用される金利は低くなります。

なので、バンクイックの金利を下げるには、限度額を増やす手続きを行う必要があります。

限度額を増やすには、増額審査を受けて審査に通過しなければなりません。

増額審査に通過するポイントは次の通りです。

増額審査に通過するポイント
  • 返済を延滞しない
  • 十分な返済実績を重ねる
  • 最低半年以上利用する
  • 三菱UFJ銀行側から増額案内の連絡が来るのを待つ
  • 返済能力に余裕ができたタイミングで申し込む

増額審査で重要になるポイントは、通常の審査と同じく、しっかりと返済する能力があるかどうかです。

新規でバンクイックの利用を始めたばっかりの方は、すぐに増額できない可能性が高いですが、半年以上返済した実績を重ねて、信用を高めることができたら、増額を申請しても良いでしょう。

仮に増額できたとしても、無理に借入額を増やす必要はなく、金利を下げることができます。

>>>バンクイックの公式サイトはこちら<<<

今すぐバンクイックに無料登録する

バンクイックの在籍確認方法

バンクイックの在籍確認は電話で行われます。

申込時に申告した勤務先の電話番号に在籍確認の電話が行われて、申告内容が正しいかチェックします。

在籍確認が行われるのは、仮審査に通過した後で、申し込みから2〜3日以内が目安になります。

電話に本人が出れれば1番ですが、本人が出れなくても在籍が確認さえできれば問題ありません。

また、在籍確認は三菱UFJ銀行と名乗って行われるので、バンクイックからお金を借りていることは職場の人に知られる可能性は低いです。

ですが、100%バレないとは限らないので、絶対にバレたくない方は、申込時に電話の日時を指定しておきましょう。

明確な時間を指定することは難しいですが、午前中やお昼頃、午後などおおまかに決めることは可能です。

本人が電話に出た場合は、名前や生年月日などの本人情報を確認して在籍確認が完了します。

バンクイックの申込方法

バンクイックの申込方法は次の2種類です。

バンクイックの申込方法
  • インターネット
  • 電話

おすすめの申込方法は24時間受け付けているインターネットです。

スマホの専用アプリからも申込手続きができるので、忙しい人でも隙間時間を活用して申し込めます。

インターネットからの申し込みでは、公式サイトから申し込みフォームに必要事項を入力して、必要書類を提出します。

申込時に必要な書類は次の通りです。

本人確認書類 ・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書
収入証明書(場合による) ・給与明細(最新のもの2ヶ月分)
・源泉徴収票
・確定申告書

必要書類はWebからアップロードするか、郵送またはFAXで提出します。

その後、審査に通過していれば契約し、カードを受け取るという流れになります。

次に電話で申し込む場合は、専用のオペレーターの方とやりとりしながら手続きを進めていけます。

電話の場合は0120-959-555に連絡をして、受付時間は平日9:00〜21:00、土日祝日は9:00〜17:00までに申し込む必要があります。

バンクイックの借入方法

バンクイックの借入方法は次の2種類です。

バンクイックの借入方法
  • 提携ATM
  • 振り込み

解説した通り、バンクイックでは提携ATMを利用して借り入れを行えます。

手数料無料で利用でき、全国にATMがあるので借り入れに困ることはあまりないでしょう。

振り込みで借り入れる場合は、インターネットまたは電話から手続きできます。

インターネットでは、会員ページから振込サービスを選択して借り入れを行います。

バンクイックの返済方法

次にバンクイックの返済方法は次の3種類です。

バンクイックの返済方法
  • 口座引き落とし
  • 提携ATM
  • 振り込み

おすすめの返済方法は口座引き落としです。

登録した口座から、自動的に引き落とされるので、返済忘れを防止することができおすすめです。

口座引き落としで返済するには依頼書を記入して申請する必要があります。

依頼書は公式サイトからダウンロードできます。

提携ATMを利用して返済もでき、手数料無料です。

三菱UFJインターネットバンキングを使って、直接振り込み返済も可能です。

会員ページから振込返済先口座を確認して、毎月の返済額を振り込むだけで簡単です。

また、三菱UFJダイレクトを利用すれば、振り込みにかかる手数料は無料になります。

>>>バンクイックの公式サイトはこちら<<<

今すぐバンクイックに無料登録する

バンクイックの増額審査は?

解説した通り、バンクイックの適用金利を下げるには、限度額を増額する必要があります。

増額すれば、金利が下がるだけでなく、急な出費にも対応することができます。

バンクイックの増額申し込みはインターネットから手続きします。

公式サイトにアクセスして、サービスメニューの中から「利用限度額増額申し込み」を選択して、必要情報を入力し増額を申請します。

必ず申請が許可されるかは分かりませんが、申請自体はインターネットから24時間好きな時に行えるので、試してみてください。

まとめ

今回は三菱UFJ銀行が提供するバンクイックを利用するメリットやデメリット、審査基準や申込方法について解説しました。

バンクイックは消費者金融よりも低い金利で借りることができ、ATMが全国各地にあるので借り入れから返済まで手軽に行うことが可能です。

銀行系カードローンの利用を考えている方は、この記事を参考にバンクイックに申し込んでみてください。