キャネットは怖い?取り立てはある?口コミや評判から、キャッシングサービスの特徴と注意点を解説!

キャネットの口コミ評判はやばい?」「キャネットは怖いってほんと?

このように考えていませんか?

お金が急に必要になったり、生活費が一時的に逼迫するという方も少なくないでしょう。

そんなときには、キャッシングサービスを利用するのも有効な手段の一つです。

ただし、キャッシングは借金ですので、計画的に利用をしないと痛い目にも遭います。

この記事では、北海道を拠点にする審査のスピードが武器であるキャネットを紹介します。

実は、キャネットは…
  • キャネットは審査のスピードが武器の金融業者
  • キャネットの審査は比較的緩和されている
  • キャネットの金利は「年率15.0%~20.0%」少し高めに設定されている
  • 一方、大手消費者金融の『プロミス』は金利が「4.5%~17.8%」で、初回30日間に限って利息が0円!
  • Web申込は最短30分の融資スピードで、最大500万円まで借りられるんです
  • 事前審査は15秒で完了するので気軽にお試しください

学生ローン_プロミス

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに
無料登録する

キャネットとは

キャネットと言うキャッシング会社があると聞きました。
キャネットについて少し教えて欲しいです。

こちらでは、キャネットの概要を紹介します。

キャネットの会社概要

キャネットとは、北海道を拠点にキャッシングサービスを行う金融業者です。

拠点が北海道ではありますが、申し込みなどをWebなどで行うことで、全国対応も出来る金融業者となっています。

キャネットの会社概要は下記の様になっています。

商号 株式会社キャネット
本社所在地 札幌市中央区大通西5丁目8番地 昭和ビル5F
資本金 5,000万円
設立 平成15年7月
事業内容 消費者金融・信用購入斡旋・信用保証
支店数 8店舗
従業員数 46名
登録番号 北海道知事(6)石第02857号
所属団体 日本貸金業協会会員 第000696号
加盟信用情報機関 株式会社 日本信用情報機構

本社は北海道の札幌になり、支店も北海道内となっています。

北海道を拠点としている金融業者であり、支店も8店舗あるという事で、北海道の方であれば利便性が良いのではないかと思います。

北海道内の支店

北海道内に8つの本店・支店を構えています。

キャネットの本店・支店
  1. 本店
  2. 札幌店
  3. 札幌駅前店
  4. 旭川店
  5. 函館店
  6. 五稜郭店
  7. 帯広店
  8. 苫小牧店

北海道の主な都市には支店を構えていると言えるでしょう。

都市部に店舗を構えているので、利便性も良いと言えます。

キャネットの取扱商品

キャネットでは、キャッシングローンとマイカーローンの2種類の商品を取り扱っています。

キャッシングローンとマイカーローンでは、金利などが少し違いますので、簡単に説明をしていきます。

キャッシングローン

使い道が自由なローンであり、満20歳以上の安定した収入・返済能力がある方が利用できます

金利は年率15.0%~20.0%と、少し高めの設定になっています。

キャネットの金利は以下のような大手消費者金融と比べると高いことがわかります。

また、大手消費者金融は、融資可能額が幅広く設定されているのが特徴的。

エイワ_大手消費者_アイフルアイフル エイワ_大手消費者_プロミスプロミス エイワ_大手消費者_モビットSMBCモビット エイワ_大手消費者_アコムアコム
金利 3.0%~18.0% 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
融資可能額 1万円から800万円 1万円から500万円 1万円から800万円 1万円から800万円
融資スピード Web申込で最短25分 最短30分 最短30分 最短30分
無利息期間 30日間 30日間 30日間
サービス内容

アイフル公式

プロミス公式

SMBCモビット公式

アコム公式

キャネットは新規利用の方の場合、利用限度額は5万円~50万円となり、取引実績のある方は300万円まで利用する事が出来ます。

担保や保証人も基本的には不要ですが、場合によっては担保や保証人が必要になる場合もあります。

申し込み方法は、電話・郵送・PCサイト・モバイルサイトから可能となっています。

MEMO

使い道が自由なキャッシングローンですが、金利は少し高めに設定されている商品である。

マイカーローン

札幌市・江別市・北広島市・恵庭市・石狩市・千歳市・岩見沢市・苫小牧市にお住まいの方が対象のローンとなります。

金利は年率8.0%~18.0%となっており、キャッシングローンよりは少し低めの設定になっています。

借り入れ可能金額は、30万円~300万円までとなっており、返済期間は72ヶ月以内(6年以内)となっています。

保証人は必要ありませんが、購入自動車に所有権留保が付けられますので、購入した自動車が担保と言う事になります。

申し込み方法は、窓口へ電話をするか、申込用紙を記入の上FAXでの申し込みのどちらかになります。

MEMO

対象地域が限定はされているが、金利は少し低く抑えられているローンである。

キャネットの特徴

キャネットの概要はわかりましたが、キャネットにはどの様な特徴があるのでしょうか。
キャネットの強みが知りたいです。

こちらでは、キャネットの特徴と強みを紹介します。

キャネットの特徴は審査の早さ!?

キャネットの一番の特徴は、審査スピードの早さになります。

最短で審査が終われば、即日融資も可能となりますので、急な出費や入り用でも頼りになると言えるでしょう。

ただし、15時以降の申し込みに関しては、翌営業日以降の審査・融資になりますので、即日融資という訳にもいかなくなります。

急な出費や入り用の場合は、出来るだけ午前中の間に申し込みなどをするのが良いと言えるでしょう。

MEMO

審査のスピードを重視しているため、審査から融資まで最短で1日で完結できる。

お急ぎの方は、大手消費者金融のアイフル。

大手消費者のアイフルでは…
  • Web申込なら最短25分から融資可能
  • 審査通過率は48.2%とほぼ半数が通過
  • 金利は3.0%~18.0%で初回30日間に限って利息が0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

アイフル公式の10秒無料審査はこちら

忙しくて時間がなくても大丈夫!

キャネットの申し込み方法は、電話や窓口だけではなく、PCサイト・モバイルサイトなどのWebサイトからでも行うことが出来ます

急な融資ではないけれど、仕事が忙しくて時間が作れないという方でも、ご自身の空いた時間にWebサイトから申し込みを行うことで、審査・融資まで手続きが出来ます。

仕事が忙しい・近くに店舗がないという方は、WebサイトやFAXで申し込みをしてみるようにしましょう。

MEMO

申し込みは、窓口・電話・インターネット・郵送・FAXなど、好きな方法で申し込みが出来る。

キャネットの審査基準

キャネットの強みは融資までのスピードですか。
融資までのスピードが早いと言う事は、審査は緩いのでしょうか。

こちらでは、キャネットの審査基準に関して解説をしていきます。

審査基準は開示されてはいない

キャネットだけではなく、他の金融機関でも審査基準は公開されていません

そのため、キャネットの審査基準を明確に説明することは出来ませんが、一般的には収入・職業・勤務年数・他社の借り入れ状況・資産・家族構成などが審査対象になると言われています。

簡単に考えれば、返済能力の確認や多重債務者の確認は必須となるでしょう。

そして、もしも返済できない場合に差し押さえられるような資産があるか、家族構成などで代弁返済が出来そうな人はいるのかと言う部分もしっかりと審査を行うと言って良いでしょう。

お金を貸す以上は、しっかりと回収できるかどうかを判断するのは当たり前の事です。

MEMO

審査方法は明確化されていないが、収入や勤務年数など基本的な所は確実に審査対象になる。

キャネットの利用条件は安定収入の有無

キャネットの利用条件には、安定収入のある20歳以上の方という条件があります。

そのため、学生や主婦(主夫)などで、アルバイト・パートなどを行っていなくて、安定収入がなければ審査は通らないと思っておいた方が良いでしょう。

審査基準には様々な要素がありますが、第一に返済能力があるかどうかが重要な要素となります。

また、学生であっても未成年では利用する事が出来ないので注意が必要となります。

主婦(主夫)の方は、配偶者の同意があれば申し込みをすることが可能となります。

配偶者の同意を求められますが、連帯保証契約を求めるものではないとされています。

MEMO

安定した収入のある20歳以上の方が申し込み条件となっている。

キャネットの金利

審査基準はやっぱり収入の有無が重要になるのですね。
審査に通ったとして、次に気になるのはやっぱり金利です。

こちらでは、キャネットのキャッシングローンの商品内容や金利について解説していきます。

キャネットのキャッシングローンの内容

キャネットのキャッシングローンの商品内容は以下のようになっています。

キャネットの貸し付けの条件

利用限度額 新規の場合:5万円~50万円
取引実績がある場合:300万円まで
利用期間 契約成立日から5年間(60回以内)
返済方法 残高スライドリボルビング方式
返済金額 借入金が10万円以下の場合:3,000円以上

借入金が20万円以下の場合:6,000円以上

借入金が30万円以下の場合:9,000円以上

以降は、10万円増すごとに3,000円が加算される

担保・保証人 原則不要
その他手数料 入会金・年会費などは一切不要

新規の利用者と利用実績のある方では、借入金の上限額が異なります

利用実績が合っても遅延や滞納などあれば、利用上限額が下がる可能性もありますので注意してください。

また、最低返済額も決まっていますので、無理のない金額で返済が可能となりますが、返済期間が長くなればなるほど利息も増えますので返済総額は増える傾向にあります。

返済計画もしっかりと立てて、計画的な利用をするようにしましょう。

注意

最低返済額は低く設定されているが、返済期間が長くなると返済総額は多くなることに注意が必要となる。

キャネットのキャッシングローンの金利

キャネットのキャッシングローンの金利は以下のようになっています。

キャネットの金利

借入利率 遅延損害金
年率15.0%~20.0%(借入金額により変動) 年率20.0%(基本的には一律)

キャネットのキャッシングローンの借入金利は、他社と比べても少し高いと言えます。

また、借入金額によって、借入利率は異なる仕組みとなっています。

その事から、少額の借り入れなら金利は高く、高額な借り入れなら金利は低くなると言えるでしょう。

遅延損害金の割合は、他社と同様に20.0%となっています

遅延損害金は【元本+利息】に上乗せされることになりますので、返済期限はしっかりと守るようにしましょう。

注意

キャネットの金利は少し高めになっている。

遅延損害金は他社と同様に20.0%となっている。

より低い金利でお金を借りるなら、大手消費者金融の利用も検討しましょう。

「アイフル」「プロミス」「アコム」などはテレビCMなどでも放映されて知名度が高く、利用者も多くなっています。

特に「プロミス」なら、金利が年4.5%~17.8%と大手消費者金融の中で最も低く、初回に限って30日間利息0円です。

学生ローン_プロミス

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに
無料登録する

キャネットの申し込み・利用の流れ

キャネットの金利は少し高いですね。しかし短期間で返せれば問題ないですよね。
しかし、急を擁しているのですぐにでも借り入れがしたいです。

こちらでは、申し込み方法と利用の流れに関して解説をしてきます。

キャネットの申し込み方法は5つ!?

キャネットには細かく分けると、以下の5つの申し込み方法があります。

キャネットの申し込み方法
  1. 電話
  2. インターネット
  3. モバイルサイト
  4. 郵送
  5. FAX

電話

電話での申し込みは、本店または、お近くの店舗のフリーダイヤルに電話をして申し込む方法となります。

通話料は無料ですが、営業時間(平日9:30~18:00まで)の間でしか申し込みが出来ません。

平日の昼間は都合が悪いという方は、別の方法で申し込みをするようにしましょう。

インターネット

インターネット申し込みは、PCサイトを利用して申し込みを行う方法となります。

キャネットの公式サイトから、インターネット専用の申し込みフォームを利用して申し込みを行います。

時間の制約がないので、日中は忙しくて時間が取れない方で、ご自宅にパソコンなどがある場合は、インターネット申し込みを利用しましょう。

モバイルサイト

モバイルサイトでも申し込みは、iモードやyahoo!ケータイやZEwebに対応しているモバイルサイトから申し込みが出来る方法となっています。

公式サイト上にあります、モバイルサイトへアクセスして専用フォームから申し込みを行って下さい。

パソコンやスマートフォン・タブレットなどを持っていない方は、この方法で申し込みをすることが出来ます。

郵送・FAX

郵送・FAXでの申し込みは、PDFのお申し込み用紙をダウンロードして申し込みを行う方法です。

公式サイトで、お申込用紙をダウンロードして、必要事項を記入の上、下記の店舗へ郵送・FAXを送るようにしましょう。

郵送先の店舗
  • 本店
  • 札幌店
  • 札幌駅前店
  • 旭川店
  • 函館店
  • 五稜郭店
  • 帯広店
  • 苫小牧店

電話もインターネットもモバイルも出来ない場合は、郵送・FAXでの申し込みが可能となりますが、申込用紙をダウンロードしなければいけないなど、パソコンが使えない方などは少しハードルが高い申し込み方法と言えるかもしれません。

利用の流れを紹介

続いて、申し込みから融資までの流れを解説していきましょう。

申し込みから融資までの流れ
  1. 申し込み・審査
  2. 審査結果
  3. 契約
  4. 融資

申し込み・審査

電話・インターネット・モバイルサイト・郵送・FAXなどで、申し込みを行います

収入や職業などを確認して審査が行われます。

審査結果

審査の結果がでると、審査結果は、電話・eメールなどによって通知されます。

審査に通っていれば、契約に進めます。

契約

店舗へ来店して手続きをするか、郵送で手続きをするかが選べます

当たり前の話ですが、店舗に来店して手続きをする方が融資までの期間は短くなります。

融資開始

店舗に来店して融資を受けるか、ご自身の口座に振り込んでもらうかを選ぶことが出来ます

こちらも当たり前の話になりますが、店舗に来店して融資額を受け取る方が、振り込みよりも確実で期間も短くなります。

遠方で店舗に赴くことが出来ない場合や、忙しくて時間が作れないというかた以外は、店舗に来店するのが良いと言えるでしょう。

申し込みに必要な書類

申し込み後に用意をしなければいけない書類を紹介します。

本人確認書類

  • 運転免許証または、運転経歴証明書
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 年金手帳
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(両面)
  • 取引に利用する印鑑の印鑑証明書
  • 住民基本台帳カード

本人確認書類をコピーする場合は、基本的にご自身の顔写真が入っている証明書はその面と、住所が変更されている場合は裏面も併せて提出する必要があります。

また、住所が変わっている場合には、住民票や国税の領収書などが必要になる場合もあります

所得証明書

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 納税通知書・納税証明書・所得証明書
  • 年金振込通知書

すべて直近の証明書を用意するようにして下さい。

キャネットの返済額と返済方法

キャネットの申し込み方法は多岐に亘りますね。
忙しいのでインターネットで申し込みをしようかと思います。
借り入れが出来れば、返済方法や返済額に関しても知っておく必要はありますよね。

こちらでは、キャネットの返済額と返済方法を紹介しておきます。

キャネットは3,000円からの返済が可能!?

キャネットは借入金額によって最低返済額が変わりますが、返済額を選ぶことが出来ます

キャネットの返済額は以下のようになっています。

借り入れ金額 最低返済額
借入金額が10万円以下 3,000円以上
借入金額が20万円以下 6,000円以上
借入金額が30万円以下 9,000円以上
借入金額が40万円以下 12,000円以上
借入金額が50万円以下 15,000円以上
以降10万円増える度に 3,000円ずつ加算

借入金額によって最低返済額は異なりますが、比較的少額な金額から返済が可能となっています。

ただし、返済期間が延びると利息も増えることになりますので、無理をする必要はありませんが出来る限り返済期間は短くする方が良いと言えるでしょう。

キャネットの返済方法は2つだけ!?

キャネットの返済方法は、店頭窓口と指定口座への振り込みの2つになります。

指定口座への振り込みの場合は、振込手数料はお客様負担となりますので、お近くに店舗があって返しに行ける時間のある方は、店頭窓口へ返済をしに行く方が良いと言えるでしょう。

口座引き落としなどの方法がないので、返済に関しては少し利便性が悪いとも言えますが、全国どこからでも銀行振り込みが出来る事から、出張などで遠方に行っていても安心出来ると言えるかもしれないですね。

キャネットの評判・口コミ

キャネットの利用に前向きになってきました。
キャネットを利用するにあったって、口コミや評判は気になります。

こちらでは、キャネットの評判・口コミを紹介します。

ポジティブな評判

キャネットの評判には、審査が早い審査が緩い対応が良いなどの評判があります。

評判の一部を紹介します。

ダメもとだったけれど審査に通った

債務整理中と言う事もあり、3社に断られている中でダメもとで、キャネットに申し込みをしました。

電話でいくつかの質問に答えただけですが、数時間後には審査が通過した旨の連絡を頂けました。

融資枠は少し少なかったけれど、ありがたかったです。

急な出費で急いでいましたが

急にお金が必要となり慌てて、キャネットに申し込みをしたら、数時間後には融資を受けることが出来ました。

少し金利は高いですが、すぐに返済できる金額だったので非常に助かりました。

対応が行き届いている

キャネットさんにお世話になっているのですが、連休前などには必ず追加融資の案内を頂けます。

連休中は営業をしていないので、連休前などは非常に助かります。

営業の電話ではありますが、細かなところに気を配れるのかなと勝手に思っています。

評判・口コミを総括すると

キャネットの強みでもある、審査から融資までのスピード感に満足をしている方が多い印象です。

金利は少し高めではありますが、その分、融資までの期間が短くなることで、急な出費に対応できるのはありがたいと言えるでしょう。

また、連休前などお金が必要となるタイミングを見計らって、営業の連絡を入れる場合もあり、細かな心遣いが出来ていると感じる方もいらっしゃいました。

ネガティブな評価

ネガティブな評判には、利用枠を自由に使えなかったり対応が悪いという評判もありました。

追加融資の際に連絡が必要だった

親戚に不幸があり、急遽、田舎に帰らなければいけなくなりました。

急な出費と言う事でキャネットさんに追加融資をお願いしましたが、カードローンの様に自由に出し入れが出来るわけではないので、少し面倒に感じました。

スタッフの態度が最悪でした

店頭窓口で申し込みをしようとしたところ、スタッフの態度が最悪でした。

凄く威圧的な態度で受け答えをされたことで、非常に不快な気分になり、申し込みをするのを止めました。

キャネットは、カードローンではなくキャッシングローンと言う事で少し違いがわかりにくいですが、融資枠内だから自由にお金を借りられるというわけではありません。

もし、自由にお金を出し入れしたい場合は、大手銀行のカードローンなどを利用するようにしましょう。

また、スタッフの態度に関しては、店舗などによっても異なるので一概に全ての店舗で態度が悪いとは言い難い部分となります。

キャネットを利用する際の注意点

キャネットを利用している方の評判も様々ですね。
キャネットを利用するにあたり、注意しなければいけないことはありますか。

こちらでは、キャネットを利用する際の注意点を解説します。

金利は高めに設定されている

キャネットは、審査スピードが早く、審査基準も少し緩いと言われています。

その代わり、金利が他社と比べても少し高めに設定されていて、年率15.0%~20.0%となっています。

短期間で返済が出来れば良いのですが、返済期間が長くなればなるほど、利息もどんどん溜まっていくので返済に苦労する可能性があります。

キャネットを利用する際には、しっかりと返済計画を立てるなど、計画的に利用するようにしましょう。

注意

審査スピードも早く、審査基準も少し緩いため借り入れはしやすいが、金利は他社より少し高めの設定になっている。

返済が遅れると遅延損害金が発生する

遅延損害金はキャネットだけではなく、消費者金融や大手銀行でも設定されています。

返済日を少しでも過ぎると、遅延損害金として借入金の20.0%の金額が返済額に上乗せされます。

また、遅延損害金は日割り計算になりますので、返済が遅れれば遅れるほど、遅延損害金も多くなっていきますので、返済日はしっかりと守るようにしましょう。

遅延損害金の割合は、通常の利息よりも高く設定されていることにも注意をしておく必要があります。

注意

返済が遅れると遅延損害金が発生するので、返済日には忘れず返済をするようにしなければいけない。

おすすめの金融業者5選

 

キャネットのキャッシングローンも気になりますが、他のローンも知りたいです。
おすすめのキャッシングローンがあれば教えて欲しいです。

こちらでは、おすすめのキャッシングローンを紹介します。

おすすめのキャッシングローン
  1. プロミス「おまとめローン」
  2. アイフル「キャッシングローン」
  3. アコム「借換え専用ローン」
  4. モビット「カードローン」
  5. セントラル「カードローン」

プロミス「おまとめローン」

アイフル おまとめ プロミス「おまとめローン」

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

プロミス「おまとめローン」は、複数のローンを借入中の方々向けのサービスで、返済日を毎月5日、15日、25日、末日のいずれかで選択できます。

融資限度額・貸付利率

自動契約機やお客様サービスプラザ(店頭窓口)、またはプロミスコール(電話)で申込できます。

  • 融資限度額:300万円以内
  • 貸付利率(実質年率):年6.3%~17.8%

返済方法・期間

最長10年までの長期間にわたる返済が利用できます

  • 返済方式:元利定額返済方式
  • 返済日:5日、15日、25日、末日で選択可
  • 返済期間:最終借入後最長10年(返済回数:1回~120回)
  • 遅延損害金(実質年率):20.0%

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は必要ありません

申込は次に該当する年齢・職業の方々が条件です。

  • 年齢20歳~65歳以下の方
  • 安定収入のある方(パート、アルバイトをしている主婦、学生の方も含む)

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

アイフル「キャッシングローン」

三井住友銀行カードローン アイフル「キャッシングローン」

出典:https://www.aiful.co.jp/

アイフルの「キャッシングローン」は、最短1時間で融資が利用できて、お店に来店しなくても申込~返済がWebで完結します。

定期的な収入があれば申し込みが可能となりますので、学生や主婦(主夫)の方でも申し込みが可能となります。

アイフルの「キャッシングローン」の内容は次の通りです。

融資限度額・貸付利率

借入は最高800万円まで可能です。

  • 融資限度額:~800万円
  • 貸付利率(実質年率):変動金利年3.0%~18.0%

返済方法・期間

アイフルの「キャッシングローン」の返済期間は、最長14年6ヶ月となっています。

  • 返済方式:残高スライド元利定額リボルビング返済方式
  • 返済期間:最長14年6ヶ月
  • 遅延損害金(実質年率):20.0%

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は不要です。

申込は次に該当する年齢・職業の方々が対象です。

  • 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
  • アイフルの所定基準を満たす方

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

アコム「借換え専用ローン」

アイフル おまとめ アコム「借換え専用ローン」

出典:https://www.acom.co.jp/

アコムの「借換え専用ローン」は、複数のローンを借入中の方々向けのサービスです。

融資限度額・貸付利率

店頭窓口・自動契約機(むじんくん)で契約を行います。

  • 融資限度額:300万円以内
  • 貸付利率(実質年率):年7.7%~18.0%(貸付金額100万円以上:7.70%~15.00%)

返済方法・期間

最長13年7ヵ月の長期間に及ぶ返済が利用できます

  • 返済方式:元利均等返済方式
  • 返済日:毎月払い
  • 返済期間:借入日から最長13年7ヵ月(返済回数:1回~162回)
  • 遅延損害金(実質年率):20.0%

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は必要ありません

申込は次に該当する年齢・職業の方々が条件です。

  • 成人以上の方(高校生を除く)
  • 安定した収入・返済能力を有する方

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、収入証明書のご提出が必要となりますので、ご準備をお願い致します。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

モビット「カードローン」

フクホー モビットカードローン

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

モビットの「カードローン」は、消費者金融のモビットが提供しています。

最短3分で融資が可能Tポイントでも返済できる便利なカードローンです。

モビットの「カードローン」の内容は次の通りです。

融資限度額・貸付利率

借入は最高800万円まで可能です。

  • 融資限度額:~800万円
  • 貸付利率(実質年率):変動金利年3.0%~18.0%

返済方法・期間

やむを得ない理由があれば最長8年と長期間に及ぶ返済が利用できます

  • 返済方式:残高スライド元利定額返済方式
  • 返済期間:最長5年、合理的な理由あり最長8年10ヵ月
  • 遅延損害金(実質年率):20.0%

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は不要です。

申込は次に該当する年齢・職業の方々が対象です。

  • 年齢20歳~69歳以下の方
  • 自営業、派遣社員、パート、アルバイトを含む安定収入のある方

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

セントラル「カードローン」

フクホー セントラル「カードローン」

出典:https://011330.jp/

セントラルの「カードローン」は、消費者金融のセントラルが提供しています。

債務整理中やブラックリストの載っている方過去に金融事故を起こした方でも申し込めるカードローンです。

セントラルの「カードローン」の内容は次の通りです。

融資限度額・貸付利率

借入は最高300万円まで可能です。

  • 融資限度額:~300万円
  • 貸付利率(実質年率):年4.0%~18.0%

返済方法・期間

最長4年まで返済が利用できます

  • 返済方式:借入残高スライドリボルビング方式
  • 返済期間:~4年
  • 遅延損害金(実質年率):20.0%

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は不要です。

申込は次に該当する年齢・職業の方々が対象です。

  • 20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
  • 当社基準を満たす方

キャネット|まとめ

キャネットのキャッシングローンについて解説をしました。

今回は北海道のキャネットに注目をして解説をしましたが、キャネットは全国の都市にありそれぞれ運営会社が異なります。

ご自身の近くのキャネットと、今回の記事で紹介をしたキャネットでは、商品内容が若干異なる場合もありますので、ご利用をする際には再度調べて頂ければと思います。

また、キャネットは借金になり利息も発生しますので、ご利用の際は計画的にするようにしましょう。

学生ローン_プロミス

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに
無料登録する