カードローンとは?仕組みからメリット・デメリットまでわかりやすく解説

「カードローンってそもそも何?」「カードローンにどのようなメリット・デメリットがあるの?」「他のローンとの違いはあるの?」など、さまざまな疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

多くの借入方法が存在しているため、「カードローン」という言葉を聞いても正確に説明できたり、理解できたりしている方は少ないでしょう。

そこで本記事では、カードローンやカードローンのメリット・デメリット、返済方法、カードローンおすすめ6選などについて詳しく解説します。

本記事を読めば、知識不足が原因でカードローンで損をしてしまうことがなくなり、カードローンを使うべきか使わないべきか分かったり、他のローンとの違いを理解ができたりなど、すべてがわかります。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

カードローンについて知りたい方やローンを組みたいがどのように進めれば良いのかわからないという方は、不安を払拭するためにもぜひ本記事をチェックしてみてください。

ざっくり言うと…
  • カードローンには「銀行系」「消費者金融系」など、様々な種類のタイプが存在している。
  • カードローン会社を選ぶ際のポイントは「金利」「融資スピード」「無利息期間」など。
  • 「プロミス」「アイフル」「アコム」などは、比較的金利も低く設定されている。
  • 中でも「アイフル」は、金利も『3.0%~18.0%』と低く、審査通過率も『42.3%』と高水準!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

目次

カードローンとは?特徴をわかりやすく解説

カードローンとは、銀行や消費者金融などが提供している個人向けの融資サービスのことです。

カードローンでできること
銀行のキャッシュカードやローン専用カードを使って、契約時に決まった利用限度額の範囲内で自由に借入できます

また、カードローンを契約した銀行や消費者金融のATMだけではなく、金融機関が提携しているコンビニATMで借入や返済ができたり、インターネットやアプリを使って自分の口座に振り込んだりすることが可能です。

カードローンを提供している会社によってさまざまな返済方法があるため、事前に確認してみると良いでしょう。

また、審査はWebや窓口などの方法で申し込みできます。

審査に通過して契約手続きを行うと、郵送で届いたカードで返済することが一般的です。

カードローンの注意点
借入日によって返済開始月が変わることがあるため、事前にカードローン会社に確認しておくことをおすすめします

カードローンの利用場面

カードローンを利用する場面には以下のようなものがあります。

利用場面

出典:「資金需要者等の現状と動向に関する調査結果報告」(日本貸金業協会)

日本貸金業協会が行っている「資金需要者等の現状と動向に関する調査結果報告」によるとカードローンを利用する目的の第1位は趣味/娯楽(レジャー・旅行を含む)費、第2位は食費、第3位は外食等の遊興費など、上位にランクインしている項目はすぐに用意する必要のある費用だとわかるでしょう。

一方で、第4位以降は第5位の衣料費を除いて家賃の支払いや自動車の購入費、住宅ローン返済など、大きな出費になる項目がランクインしていることがわかります。

カードローンを利用するメリット

カードローンを利用するメリットは次の通りです。

担保や保証人なしでお金を借入できる

カードローンを利用するメリットは、担保や保証人なしでお金を借入できることです。

一般的に金融機関から借入をする場合は返済できなかったときに備えて、担保や保証人を用意することが通例となっています。

カードローンのメリット
しかし、ほとんどのカードローンでは審査が必要にはなりますが、発行後は担保や保証人が不要です

担保や保証人が不要なことで、急用でお金が必要になった際にも担保を用意したり、保証人を探したりする必要がないため、設定されている利用限度額の範囲内で自分が借入をしたいと思ったタイミングでいつでも何度でも借入できるサービスも存在します。

借入の返済タイミングが自由

カードローンを利用するメリットは、借入の返済タイミングが自由であることです。

返済タイミングが自由
カードローンの多くは金融機関や金融機関が提携しているコンビニのATMで自由なタイミングで返済できます

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど、全国にあるコンビニ店舗に対応しているため、便利に活用することが可能です。

専用アプリを操作することで返済できるスマホ取引も存在していて、セブンイレブンにあるセブン銀行ATMなら、24時間365日返済できます。

借入の返済を忘れていたとしても、スマホ取引をして最寄りのセブンイレブンで返済できるため、非常に便利な機能です。

最短で即日融資も受けられる

カードローンを利用するメリットは、最短で即日融資を受けられることです。

消費者金融などの一部カードローンは最短即日融資に対応しています。

即日融資が可能
銀行カードローンよりも消費者金融カードローンの方がスピーディーに審査が行われてるため、最短即日で融資を受けることが可能です

カードローンのなかには曜日関係なく借入ができる会社もあるため、急にお金が必要になったときでもすぐに借入ができ、便利に活用できるでしょう。

なお、借入の申し込みは窓口だけではなくインターネットでもできるため、忙しい方でも気軽に申し込めます。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

カードローンを利用するデメリット

カードローンを利用するデメリットは次の通りです。

他のローンと比べて金利が高い

カードローンを利用するデメリットは、他のローンと比べて金利が高いことです。

ローン名称 金利
住宅ローン 約0.375~1.60%
自動車ローン 1.0~2.0%
教育ローン 約1.70~4.10%
フリーローン 3.0~18.0%
銀行カードローン 1.5~14.5%
消費者金融カードローン 3.0~18.0%

※固定金利および変動金利をあわせて記載しています

カードローンの金利は借入額や利用可能枠によって多少の変動はありますが、基本的には目的別ローンと呼ばれる住宅ローン・自動車ローン・教育ローンなどと比べると、金利が高いことが上記の表からもわかるでしょう。

金利が高い
無担保や保証人なしで借入できる上に使用用途が自由であるため、自由度が高い分だけ金利も高くなっているといえます

金融機関によって使用用途が自由に決められるフリーローンがありますが、フリーローンの金利もカードローンと同様に高めに設定されることが多いです。

また、カードローンは銀行カードローンと消費者金融カードローンがあり、銀行カードローンの方が審査に時間をかける傾向があるため、消費者金融カードローンよりも金利が低く設定されています。

他のローンの信用情報に影響を及ぼす可能性がある

カードローンを利用するデメリットは、他のローンの信用情報に影響を及ぼす可能性があることです。

影響を及ぼす可能性がある理由
カードローンの申し込み情報や利用状況は、CICと呼ばれる信用情報機関に逐一記録されています

カードローンを返済できている情報はもちろん、万が一、カードローンの返済が不能になったり、遅延を起こしていたりした場合に信用情報機関にいずれの記録も残されることになるのです。

マイナス情報も信用情報機関に記録されてしまうため、将来的に住宅ローンや自動車ローンなどのローンを組みたいと考えている方は、できる限りカードローンを利用しない方が良いといえるでしょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

カードローンは利用するべき?

カードローンを利用するべきかどうかについて以下の2パターンに分けて解説します。

カードローンを利用した方がいい人

カードローンを利用した方がいい人は下記の通りです。

カードローンを利用した方がいい人
  • リスクを回避できる人
  • 返済計画を立てられる人
  • 返済日を守れる人

カードローンを利用した方がいい人は、カードローンのサービスを上手に活用してリスク回避ができる方です。

カードローンのサービスを上手に活用してリスク回避をするとは、月にいくら返済できるか計画を立てたり、繰り上げ返済などを利用して総返済額を抑えたり、返済日を守ったりすることをいいます。

重要なポイント
カードローンを申し込む前にご自身の収入や支出を考慮に入れて、毎月の返済額や返済期間を確認することが重要です

申し込みの際には、必要最低限の額を申し込みましょう。

ボーナスなどの臨時収入があった場合は、繰り上げ返済をしてできる限り総返済額を早めに減らしていくことをおすすめします。

万が一、返済日に間に合わなった場合は遅延損害金を請求されるため、メール通知機能などを活用して返済期日は必ず守りましょう。

カードローンを利用しない方がいい人

カードローンを利用しない方がいい人は下記の通りです。

カードローンを利用しない方がいい人
  • 自己管理が苦手な人
  • 借入をし過ぎる恐れのある人
  • 返済日を忘れる可能性のある人

カードローンを利用しない方がいい人は、自己管理が苦手と感じている方です。

カードローンはインターネットや専用アプリ、コンビニATMで気軽に借入できるメリットがある反面、借金をしている感覚が薄くなる恐れがあります。

返済計画を立てないと
手軽さのあまり事前の返済計画を立てていないと、ついつい借入し過ぎてしまう可能性があるでしょう

追加借入を繰り返すと長期で返済をしていく必要があるため、利息も多くなります。

利息が増えると総返済額も多くなるため、返済できなくなり最悪の場合、自己破産になる可能性もあるのです。

ついつい借入し過ぎる恐れのある方や返済日を忘れたりする可能性のある方は、事前のリスク回避のためにもカードローンを利用しない方が無難といえるでしょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

カードローンは他の返済方法と何が違う?

カードローンは他の返済方法とどのような違いがあるのかについて紹介します。

カードローンとキャッシングの違い

カードローン キャッシング
・まとまった額を借入できる

・金利を低く抑えられる

・利用額の範囲内で何度も借入できる

・少額を借入できる

・借入する機会が多くない方向け

・不要なカードを発行しなくて済む

カードローンとキャッシングは借入手段が異なるだけで、どちらも現金を借入できるキャッシングサービスのことを指します。

カードローンとは
カードローンとは、銀行や消費者金融などが提供している個人向け融資サービスのことです

ローン専用カードを使って、利用限度額の範囲内で何度でも借入ができます。カードローン会社によっては、数十万円〜数百万円まで高額の借入を行うことが可能です。

キャッシングとは
キャッシングとは、クレジットカード会社が提供しているサービスでキャッシング機能を使うことによって利用限度額の範囲内で借入や返済を行うサービスのことです

数十万円までの借入になるため、カードローンに比べて少額の借入をしたい方に向いています。

カードローンと分割払いの違い

カードローン 分割払い
月々の支払い額が決まった後に返済回数が決まる

借入に該当する

利息が発生する

・返済回数が決まった後に月々の支払い額が決まる

・借入には該当しない

・利息が発生しない

カードローンと分割払いは、返済方法の決まり方や借入に該当するか、利息が発生するかなどに違いがありますが、回数を分けて支払う点では共通しています。

カードローンの特徴
カードローンの支払い方法は、月々の支払い額が決定した後に返済回数が決まることが特徴です

借入をしたと見なされるため、カードローン会社から利息を上乗せされて総返済額が多くなる傾向にあります。

分割払いの特徴
一方で分割払いは、返済回数が決定した後に月々の支払い額が決まることが特徴です

借入とは見なされないため、利息を課されることはなく購入商品を複数回に分けて支払っている状態となります。

カードローンとクレジットカードの違い

カードローン クレジットカード
・ローン機能がメイン

・年会費がかからない

・利用限度額が高め

・金利が安い

・ショッピング機能がメイン

・年会費がかかるカードもある

・利用限度額が低め

・金利が高い

カードローンとクレジットカードの主な違いは、メインとなるサービスです。

カードローンは現金の借入をするローン機能をメインにしている一方で、クレジットカードは決済時にお金を立て替えるショッピング機能をメインにしています。

クレジットカードの最大の特徴
カードローンはショッピング機能がありませんが、クレジットカードにはショッピング機能があることが最大の特徴です

また、クレジットカードには海外旅行傷害保険や優待特典などが付帯されますが、カードローンには付帯されません。

金利を安くして利用額を大きくしたい方はカードローン、金利は高いがショッピングメインで少額の買い物を楽しみたい方はクレジットカードを利用すると良いでしょう。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

カードローン 消費者金融カードローン
・利用限度額が高め

・金利が低め

・最短翌日融資

・無利息期間を設けていないことが多い

・利用限度額が低め

・金利が高め

・最短即日融資

・無利息期間を設けていることが多い

銀行カードローンと消費者金融カードローンの主な違いは、利用限度額や金利、融資までの期間、無利息期間などです。

銀行カードローンは、金利が低めで利用限度額が高めに設定されています。

消費者金融カードローンよりも好条件で借入できるため、融資期間は最短翌日で無利息期間も設けられていないことが多いです。

消費者金融カードローンの特徴
一方で、消費者金融カードローンは金利が高めで利用限度額が低めに設定されています

銀行カードローンよりも借入条件は劣るものの、最短即日で融資が受けられたり、無利息期間が設けられていたりすることが多いです。

高額の借入をしたい方は銀行カードローン、なるべくスピーディーに借入をしたい方は消費者金融カードローンを選ぶと良いでしょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

カードローンの返済方法は?

カードローンの返済方法について以下の2パターンを紹介します。

毎月返済する「約定返済」が基本

カードローンの返済方法は、毎月返済する「約定返済」が基本です。

カードローンの約定返済とは
カードローンの約定返済とは、カードローン契約規定に基づいて、毎月決められた日に一定金額を返済していくことを指します

カードローン会社によっては毎月5日・15日・25日・月末など、いずれかの日程で約定返済をする決まりとなっています。

約定返済で返済する方法として各カードローン会社は、基本的にリボ払いを採用していて、元利定額返済方式や残高スライド元利定額返済方式、元金定額返済方式のいずれかで返済する方法がほとんどです。

任意のタイミングで追加返済する「臨時返済」もある

カードローンの返済方法は、任意のタイミングで追加返済する「臨時返済」もあります。

カードローンの臨時返済とは
臨時返済とは、自己資金に余裕ができたタイミングで自由に毎月定められた一定金額よりも多く支払う方法のことです

臨時返済は随時返済や追加返済、繰り上げ返済など、さまざまな呼び名があることでも知られています。

臨時返済をすると、返済資金が元金部分の返済に充当されて借入残高を早く減らす効果があるため、総返済額の減少に繋げることが可能です。

普段は約定返済で返済をして、余裕ができたタイミングで臨時返済をすることをおすすめします。

カードローンのおすすめ6選

おすすめのカードローン6選について紹介します。

アイフル【WEB申込なら最短25分融資が可能】

カードローンおすすめ_アイフル

金利 3.0〜18.0%
審査期間 最短25分
無利息期間 最大30日間
担保・保証人 不要
カードレス 可能
郵送物なし 可能
限度額 1〜800万円
融資スピード 最短25分
申込受付時間 24時間
申込対象年齢 満20歳以上69歳以下
Web完結 可能
バレない 可能

アイフルは、パソコンやスマートフォンから24時間365日いつでもWeb申し込みができることに加えて、最短25分で審査が完了した後にすぐに融資を受けることが可能です。

なお、審査が行われる時間帯は9時〜21時のため、当日中に借入をご希望の方はなるべく早めに申し込むことをおすすめします。

アイフルの特徴
アイフルにはスマホ専用アプリが用意されていて、事前にインストールを済ませておくことで近くのコンビニ内にあるセブン銀行やローソン銀行などのATMで簡単に借入が可能です

また、初めて利用する方に限り、契約日の翌日から30日間無利息で借入できるため、少しでも不要な出費を抑えたい方はアイフルでの借入を検討してみると良いでしょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

プロミス【初めてなら30日間無利息で利用可能】

金利 4.5〜17.8%
審査期間 最短35分
無利息期間 最大30日間
担保・保証人 不要
カードレス 可能
郵送物なし 可能
限度額 1〜500万円
融資スピード 最短30分
申込受付時間 24時間
申込対象年齢 満20歳以上69歳以下
Web完結 可能
バレない 可能

プロミスはスマートフォンにインストールしたアプリローンを使用することで、アプリのみで申し込みから借入までを済ませることが可能です。

プロミスは借入までが早い
最短30分で審査が完了した後に融資を受けるまでも30分であるため、最短1時間で借入ができます

三井住友銀行のATMを利用すると、手数料無料で借入することが可能です。もちろんセブンイレブンやローソンなどのコンビニATMでも手続きができます。

また、初めて利用する方に限り、利用日の翌日から30日間無利息で借入できるサービスを利用することが可能です。

他社の消費者金融は契約日の翌日から無利息期間が起算されますが、プロミスは金利が少し低いことに加えて無利息期間もお得に利用できるため、よりお得に活用したい方には便利なサービスといえるでしょう。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

アコム【無担保で保証人は不要】

金利 3.0〜18.0%
審査期間 最短30分
無利息期間 最大30日間
担保・保証人 不要
カードレス 不可
郵送物なし 可能
限度額 1〜800万円
融資スピード 最短30分
申込受付時間 24時間
申込対象年齢 成人以上(高校生を除く)
Web完結 可能※在籍確認が行われる場合があります。
バレない 可能

アコムは、パソコンやスマートフォンからのWebからの申し込みで最短30分で審査が完了します。

アコムのメリット
審査の回答はメールや電話で得ることができて当日中に借入が完了するため、すぐにでも借入をしたい方におすすめです

楽天銀行に口座を持っていれば、24時間いつでも振込ができることに加えて、アコムの窓口や提携ATM以外でもセブン銀行やローソン銀行のコンビニに設置されているATMを利用することで、24時間手続きができます。

また、初めて利用する方に限り、契約日の翌日から30日間無利息で借入できるため、少しでも不要な出費を抑えたい方はアコムでの借入を検討してみると良いでしょう。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

みずほ銀行カードローン【みずほ銀行のキャッシュカードで借入可能】

みずほ銀行カードローン

金利 2.0%~14.0%
審査期間 最短翌営業日以降
無利息期間 口座開設日から30日間の利息キャッシュバック
担保・保証人 不要
カードレス 不可
郵送物なし 可能
限度額 1〜800万円
融資スピード 最短翌営業日以降
申込受付時間 24時間
申込対象年齢 満20歳以上満66歳未満
Web完結 可能※在籍確認が行われる場合があります。
バレない 可能

みずほ銀行カードローンは、他社のカードローンに比べて金利が低く抑えられることが特徴です。

みずほ銀行カードローンのメリット
金利は2.0%〜14.0%で、消費者金融の平均金利である3.0〜18.0%に比べて安く抑えられるため、少しでも総返済額を減らしたい方におすすめします

みずほ銀行のキャッシュカードを所有していれば、新たにカードローン用のカードを作る必要がないため、でにみずほ銀行のキャッシュカードを持っている方は、スムーズに手続きを行うことが可能です。

また、ATMからの返済だけでなく、インターネットバンキング「みずほダイレクト」を利用することで、パソコンやスマートフォンからでも返済できます。

三井住友銀行カードローン【金利が低い】

三井住友銀行カードローン

金利 1.5%〜14.5%
審査期間 最短翌日営業日
無利息期間 なし
担保・保証人 不要
カードレス 不可
郵送物なし 可能
限度額 10〜800万円
融資スピード 最短翌日営業日
申込受付時間 24時間
申込対象年齢 安定収入があり、満20歳以上満69歳以下の方
Web完結 可能※※在籍確認が行われます
バレない 可能
三井住友銀行カードローンのメリット
三井住友銀行カードローンは、来店不要でパソコンやスマートフォンのWebのみで申し込みを完結させることが可能です

借入や返済は全国にある三井住友銀行のATMやセブン銀行やローソン銀行に設置されているATMを利用したとしても、手数料無料で手続きができます。

消費者金融カードローンなどでは手数料がかかることが多いため、少しでも出費を抑えたい方は申し込んでみることをおすすめします。

金利が1.5%〜14.5%で、消費者金融カードローンの金利よりも低く設定されていることも嬉しいポイントです。

また、普通預金口座を持っていなくてもカードローンに申し込みができるため、不要なカードが増えることもありません。

PayPay銀行カードローン【初回借入日から30日間利息0円】

金利 1.59%~18.0%
審査期間 最短60分
無利息期間 最大30日間
担保・保証人 不要
カードレス 可能
郵送物なし 可能
限度額 1〜1,000万円
融資スピード 最短翌日
申込受付時間 24時間
申込対象年齢 申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方
Web完結 可能※在籍確認が行われる場合があります。
バレない 可能

PayPay銀行カードローンは、借入から返済まですべてパソコンやスマートフォンを利用したWebで完結させることが可能です。

PayPay銀行のメリット
PayPay銀行は他の銀行カードローンと異なりネット銀行であるため、インターネットでの申し込み方法が整備されています

新規で口座開設をすると、ローンカードが届くまで最短でも約1週間はかかるため、初回のみ電話するだけで最短翌営業日までに他の金融機関に振込キャッシングをしてくれる上に、手数料もをPayPay銀行が負担してくれるのです。

また、初回借入日から30日間の無利息期間を設けているため、総返済額を安く抑えたい方には嬉しいサービスを行っています。

カードローンについてよくある質問

最後に、所得税の滞納に関するよくある質問についてまとめました。

カードローンの利用に必要な書類は?

カードローンの申し込みには、本人確認書類が必要となります。

提出が求められる本人確認書類の一例は、以下の通りです。

提出が求められる本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

運転免許証の内容に変更事項がある場合は裏面、健康保険証がカード型の場合は裏面、パスポートは顔写真および住所のページ、マイナンバーカードは表面のみ提出する必要があります。

上記書類だけではなく、住民票の写しや公共料金の領収書などの提出を求められることもあるため、依頼があれば準備しましょう。

また、50万円を超える借入を行う場合や他社を含めた借入合計が100万円を超える場合には、以下のいずれか1つの収入証明書が必要です。

必要な収入証明書
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

50万円を超えない借入の場合は、収入証明書の提出は不要となります。


カードローンを申し込む流れは?

カードローンを申し込む流れは、以下の通りです。
STEP.1
カードローンの申し込み
 
STEP.2
本人確認書類や収入証明書の提出
 
STEP.3
カードローン会社の審査を受ける
STEP.4
審査結果が通知される
STEP.5
カードを受け取って利用開始

カードローンの申し込み方法は、主にパソコンやスマートフォンを利用したWeb申し込みや電話申し込み、ローン契約機でのお申し込みなど、カードローン各社でそれぞれの方法が用意されているため、ご自身に合った方法で申し込みをすると良いでしょう。

申し込みを終えた後は、本人確認書類や収入証明書の提出が必要となります。

パソコンやスマートフォンの場合は、写真をアップロードするだけですぐに手続き完了になるため、手間がかからずおすすめです。

本人確認書類などの提出が完了後は審査に入り、審査が完了するとメールや電話で通知されます。

審査がすぐに利用可能
審査が通ればカードが郵送されて受け取り次第、銀行やコンビニのATMなどですぐに利用可能です

また、最近では、カードが届く前に借入金を振り込んでくれるサービスを提供している会社もあるため、確認してみましょう。


カードローンの審査は厳しい?

カードローンの審査が厳しいかはカードローン会社から公表されていないため、一概に評価することは不可能です。

カードローン会社は申し込みの際に必ず審査を行わなければならないことが、貸金業法第十三条にも定められています。

(返済能力の調査)
第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。                                                                                                                                                                                  出典:昭和五十八年法律第三十二号 貸金業法|e-Gov法令検索

カードローンによって審査に通ったり、落ちたりすることがありますが、審査が甘いのではなく返済能力があるかや信用情報に傷がないかなど、各カードローン会社の審査基準の違いに起因しているのです。

カードローンは事前にご自身で申し込み条件に当てはまってるかを確認してから、申し込みすることをおすすめします。


>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

カードローンはデメリットを理解した上で利用しよう

今回の記事では、カードローンのメリット・デメリットや返済方法、カードローンおすすめ6選などについて詳しく解説しました。

カードローンを申し込む際は、事前にご自身の収入や支出を把握して返済計画を立てることで上手に返済できます。

カードローンはATMなどで手軽に借入できてしまうため、返済できずに最悪の場合は自己破産になる可能性もあるのです。

カードローンは、数々のデメリットがあることも理解した上で利用しましょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<