フリーターはカードローンを借りれる?審査基準からおすすめ会社まで徹底解説!

フリーターはカードローンを借りれる?
フリーターにおすすめのカードローンはどこ?

このように考えていませんか?

フリーターだと収入が少なく、カードローンを借りることも難しいと考えていませんか?

実は、カードローンはフリーターでも借りやすくなっているのです。

そこで、この記事ではフリーターがカードローンで借りれる条件からおすすめカードローンまで詳しく解説しています。

「フリーターとカードローン」ざっくり言うと
  • フリーターがカードローンを借りれる条件は年齢の条件をクリアしていることなど
  • フリーターがカードローンを借りる時の注意点は年収の1/3までしか借りれないことなど
  • フリーターが借りれるカードローンは『アイフル』『プロミス』『モビット』など。
  • 中でも『アイフル』は、初回借り入れに限って30日間金利が0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

もくじ

フリーターがカードローンで借りれる3つの条件

フリーター_カードローン_条件
フリーターがカードローンで借りれる条件は主に以下の3つです。

フリーターがカードローンで借りれる3つの条件
それぞれの条件について詳しく見ていきましょう。

年齢の条件をクリアしている

フリーター_カードローン_年齢
フリーターがカードローンで借りれる条件としてまず挙げられるのは、年齢の条件をクリアしていることです。

どのカードローンでも、基本的に申し込める年齢には下限と上限があります。

たとえば、消費者金融最大手のプロミスでは、申し込める条件を以下のように限定しています。

年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方

出典:プロミス

どんなに収入があっても、年齢の条件をクリアしていないとカードローンを借りれないので注意しましょう。

安定した収入がある

フリーター_カードローン_収入
フリーターがカードローンで借りれる条件としては、安定した収入があることも挙げられます。

これもプロミスの申込み条件を引用してみましょう。

年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方

出典:プロミス

プロミスに限らず、ほとんどのカードローンでは申込み条件に「安定した収入」と記載されています。

安定した収入とは、毎月一定の収入が入ってきている状態のことです。

フリーターやアルバイトでも、極端に収入が少ない月がなければ問題はありません。

収入が安定していれば、高収入でなくてもカードローンを借りれるので覚えておきましょう。

返済能力がある

フリーター_カードローン_返済能力
フリーターがカードローンで借りれる条件としては、返済能力があることも挙げられます。

年齢条件をクリアしていて、収入が安定していても、出費が多く返済能力が低いと思われると貸してもらえません。

カードローン会社としては返済能力があるかは推測するしかありませんが、重要な要素ではあると覚えておきましょう。

フリーターにおすすめの5つのカードローン

フリーター_カードローン_カードローン
フリーターにおすすめカードローンは主に以下の5つです。

フリーターにおすすめ5つのカードローン
それぞれのカードローンについて詳しく見ていきましょう。

アイフル

フリーター_カードローン_アイフルアイフル
アイフルはサポート力の高さに定評があるカードローンです。

初心者がいつでも相談できるようにサポートセンターが設置されており、何でも聞くことができます。

また、女性専用ダイヤルも設けられており、男性オペレーターに対応されるのが不安な方にもおすすめです。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

プロミス

フリーター_カードローン_プロミスお金が必要_プロミス
プロミスは他の大手消費者金融と比べて0.2%低い、17.8%が上限金利になっているのが魅力的なカードローンです。

利用者からの満足度も高く、オリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン部門では2年連続で1位を獲得しています。

初めて利用する場合には、30日間の無利息期間があり、お得に利用できます。

18歳や19歳の方は収入証明書が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

アコム


アコムは審査スピードの早さに定評があるカードローンです。

他の消費者金融カードローンも即日で借りれることは多いのですが、アコムの利用者は特にスピードの早さを感じているようです。

また、アコムではクレジットカードにローン機能を付けることも可能になっています。

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、収入証明書のご提出が必要となりますので、ご準備をお願い致します。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

SMBCモビット

フリーター_カードローン_SMBC消費者金融_SMBC
SMBCモビットは電話連絡なしで在籍確認できるのが特徴的なカードローンです。

お金を借りる時には、申告した職場に本当に在籍しているのか電話で確認が行われます。

実際のところ、これで借り入れがバレるケースは少ないのですが、やはり不安ではありますよね。

SMBCモビットではWeb完結申し込みの場合、電話連絡なしで在籍確認ができ、郵便物も0にできます。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短10秒で事前審査
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 なし

レイクALSA

フリーター_カードローン_レイク消費者金融_レイクアルサ_無利息期間
レイクALSAは無利息期間の長さが魅力的なカードローンです。

通常のカードローンでは30日間の無利息期間が設けられているのが普通です。

しかし、レイクALSAでは60日間の無利息期間か、5万円までの180日間の無利息期間を選択できます。

金利 4.5%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短15秒
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 60日間無利息
(5万円までなら180日間無利息)

フリーターがカードローンを申し込む時の5つの手順

フリーター_カードローン_手順
フリーターがカードローンを申し込む時の手順は主に以下の5つです。

フリーターがカードローンを申し込む時の5つの手順
それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:申し込み

フリーター_カードローン_申し込み
カードローンを利用する時には、まず申し込みを行います。

申し込みは、各カードローン会社のホームページから行えることが多いです。

氏名や勤務先の情報などを入力することで、カードローンに申し込めます。

手順②:審査

フリーター_カードローン_審査
次に審査が行われます。

審査の詳細は各カードローン会社によって異なりますが、信用情報機関のデータベース参照はほぼ確実に行われるようです。

また、電話で本当に申告した職場に在籍しているかの確認も行うようです。

手順③:契約

フリーター_カードローン_契約
審査が終わり、通っていたらいよいよ契約です。

審査が終わると、メールなどに審査結果と借りれる金額、金利が通知されきます。

この内容に納得できたら契約手続きを行いましょう。

手順④:借り入れ

フリーター_カードローン_借り入れ
次に、借り入れを行います。

借り入れる方法は場合により異なり、ATMから引き出す場合もあれば、自分の銀行口座に振り込んでもらえる場合もあります。

手順⑤:返済

フリーター_カードローン_返済
最後に返済を行います。

毎月の返済額は指定されるため、指定された返済額を指定された日付までに返済しましょう。

返済の方法も複数設定されている場合が多いです。

フリーターがカードローンで借りる時の7つの注意点

フリーター_カードローン_注意点
フリーターがカードローンで借りる時の注意点は主に以下の7つです。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:借りれる額は年収の1/3まで

フリーター_カードローン_年収
フリーターがカードローンで借りる時の注意点としてまず挙げられるのは、借りれる額は年収の1/3までであることです。

消費者金融系のカードローンの場合、総量規制という法律によって、すべての借り入れを合わせて年収の1/3を超えてはいけないことになっています。

また、銀行系のカードローンであればこの法律はありませんが、自主規制で年収の1/3以上は貸していないことが多いようです。

これに引っかかりそうな場合には、まずは借り入れを減らす努力をするのが良いでしょう。

注意点②:勤務先への電話が必要な場合が多い

フリーター_カードローン_勤務先
フリーターがカードローンで借りる時の注意点としては、勤務先への電話が必要な場合が多いことも挙げられます。

カードローンではほとんどの場合、申込者が本当に申告した職場に在籍しているのか確認するため、職場に電話することで在籍確認を行っています。

この電話で借り入れがバレることはまれですが、可能性が0ではないことは認識しておきましょう。

注意点③:元金だけでなく利息も返済する必要がある

フリーター_カードローン_利息
フリーターがカードローンで借りる時の注意点としては、元金だけでなく利息も返済する必要があることも挙げられます。

借り入れでは、借りたお金を返すのはもちろんのこと、年利〇〇%の形で表示される利息も払う必要があります。

返済期間が長くなると、利息も多くなってしまうので注意しましょう。

注意点④:正社員や公務員と比べると不利

フリーター_カードローン_正社員
フリーターがカードローンで借りる時の注意点としては、正社員や公務員と比べると不利であることも挙げられます。

上でも解説したとおり、カードローンの借り入れでは安定した収入があることが重視されます。

フリーターの収入は、一般的に正社員や公務員と比べると不安定です。

そのため、正社員や公務員と比べると借りにくいのは確かです。

注意点⑤:収入が不安定だと毎月の返済が苦しくなりやすい

フリーター_カードローン_不安定
フリーターがカードローンで借りる時の注意点としては、収入が不安定だと毎月の返済が苦しくなりやすいことも挙げられます。

収入が不安定な場合、カードローンの審査に通りにくいのはすでに述べたとおりですが、毎月の返済も苦しくなりがちです。

収入が少なかった月にお金の余裕がなくなり、返済にあてられるお金がなくなってしまうからです。

注意点⑥:アリバイ会社は利用しない

フリーター_カードローン_アリバイ
フリーターがカードローンで借りる時の注意点としては、アリバイ会社は利用しないことも挙げられます。

アリバイ会社とは、その会社に勤務しているかのように見せかけるような書類を発行している会社のことです。

アリバイ会社の利用がバレると、その金融機関でお金を借りるのは難しくなるので注意しましょう。

注意点⑦:闇金は徹底的に避ける

フリーター_カードローン_闇金
フリーターがカードローンで借りる時の注意点としては、闇金は徹底的に避けることも挙げられます。

闇金を利用すると人生が崩壊しかねません。

闇金はお金を法外な利息で貸してきますし、強引な取り立ても行います。

自分だけでなく、周りの人に大きな迷惑がかかるケースもあるので注意しましょう。

カードローンの審査でフリーターが落ちる5つのケース

フリーター_カードローン_ケース
カードローンの審査でフリーターが落ちるケースは主に以下の5つです。

それぞれのケースについて詳しく見ていきましょう。

年収が低すぎる

フリーター_カードローン_年収
カードローンの審査でフリーターが落ちるケースとしてまず挙げられるのは、年収が低すぎることです。

カードローンでは、大学生のような低い年収の人でもお金を借りることができます。

しかし、これにも限度はあり、あまりにも年収が低いと返済能力が低いと判断されてしまいます。

最低限の収入は必要だと覚えておきましょう。

勤続年数が短すぎる

フリーター_カードローン_勤続年数
カードローンの審査でフリーターが落ちるケースとしては、勤続年数が短すぎることも挙げられます。

勤続年数が短い場合、今の会社をすぐにやめるのではないかと思われてしまいます。

そうなると収入源がなくなるため、返済が滞るのではないかと思われるのです。

信用事故の記録がある

フリーター_カードローン_信用事故
カードローンの審査でフリーターが落ちるケースとしては、信用事故の記録があることも挙げられます。

以下のような信用事故の記録があると、金融機関からお金を借りるのはきわめて困難になります。

ブラックリストに登録される条件
  • 5年以内の3ヶ月以上の滞納歴がある
  • 5~10年以内の債務整理(自己破産、任意整理、個人再生など)歴がある
  • 5年以内の保証会社による代位弁済歴がある
  • 5年以内のカードの強制解約歴がある など

また返済が滞ってしまうのではないかと思われるからです。

4社以上から借りている

フリーター_カードローン_4社
カードローンの審査でフリーターが落ちるケースとしては、4社以上から借りていることも挙げられます。

4社以上から借りている場合には、多重債務者という扱いになり、審査で落ちやすいです。

多くの会社から借りなければいけないほど、お金に困っていると思われてしまうからです。

年収の1/3以上を借りている

フリーター_カードローン_3分の1
カードローンの審査でフリーターが落ちるケースとしては、年収の1/3以上を借りていることも挙げられます。

上でも説明したとおり、総量規制というルールにより、消費者金融などの会社が年収の1/3以上の金額を貸すことは禁止されています。

すべての借金合わせて年収の1/3を超えている場合は、まず借金を返済するところから始めなくてはいけません。

フリーターがカードローンを借りやすくする12個のコツ

フリーター_カードローン_コツ
フリーターがカードローンを借りやすくするコツは主に以下の12つです。

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:もっとも多くの収入を得ている勤務先を記入する

フリーター_カードローン_勤務先
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしてまず挙げられるのは、もっとも多くの収入を得ている勤務先を記入することです。

借り入れの申し込みをする時には勤務先を記入する必要がありますが、フリーターは複数の会社に所属していることが多いですよね。

そんな時には一番収入が多い勤務先を記入すると、返済能力を高く見てくれやすいでしょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

コツ②:複数の勤務先の年収を合算できるカードローンを選ぶ

フリーター_カードローン_複数
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、複数の勤務先の年収を合算できるカードローンを選ぶことも挙げられます。

年収の記入欄では、メインの勤務先の年収の記入を求められる場合もあれば、複数の勤務先の年収を合算できる場合もあります。

合算できればより高い年収を記入できるため、審査でも有利になるでしょう。

コツ③:申込時に虚偽の内容を記入しない

フリーター_カードローン_虚偽
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、申込時に虚偽の内容を記入しないことも挙げられます。

自分の返済能力に自信がない方は申込時に虚偽の内容を記入したくなるかもしれません。

しかし、金融機関には虚偽の内容を見破るノウハウが揃っており、申込み項目の中には裏を取るものもあります。

虚偽の内容の記入がバレるとその会社から借りるのは難しくなるので避けましょう、

コツ④:借り入れ社数は減らしておく

フリーター_カードローン_借り入れ
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、借り入れ社数は減らしておくことも挙げられます。

多くの会社から借りていると、「よほどお金に困っているのかな」と思われて審査に落ちる可能性が高まります。

おまとめローンを利用するなどして、借り入れ社数を減らしておくのがおすすめです。

コツ⑤:借入希望額は最小限にする

フリーター_カードローン_希望額
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、借入希望額は最小限にすることも挙げられます。

借入希望額は少ないほど、金融機関としても返済が滞った時のリスクが少ないため、審査に通りやすくなります。

多めに申告するのではなく、必要最低限の金額を借入希望額として記入すると良いでしょう。

コツ⑥:勤続年数が長い時に申し込む

フリーター_カードローン_勤続年数
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、勤続年数が長い時に申し込むことも挙げられます。

上でも説明したとおり、勤続年数が長いと審査で有利になります。

そのため、長く勤めている会社があるタイミングがベストと言えます。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

コツ⑦:一度に複数社に申し込まない

フリーター_カードローン_複数社
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、一度に複数社に申し込まないことも挙げられます。

一度に複数社に申し込んだ場合、複数社に申し込んだことは実は必ずバレます。

そして、複数社に申し込んでいると、よほど信用状態に自信がないのだと思われて審査に落ちる可能性が高まるのです。

コツ⑧:在籍確認できるよう根回ししておく

フリーター_カードローン_在籍確認
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、在籍確認できるよう根回ししておくことも挙げられます。

お金を借りる時には、申込者が本当に申告した職場に所属しているのか電話で在籍確認が行われます。

この時に「フリーターの人まで把握していない」などの理由で在籍確認ができないとお金を借りれません。

電話担当の人に在籍確認のことを伝えておくなどして、根回ししておくと良いでしょう。

コツ⑨:収入証明書を用意しておく

フリーター_カードローン_収入証明書
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、収入証明書を用意しておくことも挙げられます。

収入証明書は50万円以上借りる場合に必要になることが多いほか、在籍確認がどうしてもできない場合に収入証明書を提出することでお金を借りれる場合があります。

しかし、収入証明書は用意できるまでに時間がかかるものも多いです。

そのため、収入証明書は事前に用意しておくとスムーズでしょう。

コツ⑩:銀行ではなく消費者金融から借りる

フリーター_カードローン_銀行
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、銀行ではなく消費者金融から借りることも挙げられます。

理由は単純で、銀行よりも消費者金融のほうがフリーターでも借りやすいからです。

銀行は消費者金融と比べて金利は低いですが、その分審査も厳しめだと言われています。

コツ⑪:国民健康保険ではなく社会保険に加入する

フリーター_カードローン_国民健康保険
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、国民健康保険ではなく社会保険に加入することも挙げられます。

社会保険に加入するためには、月収が8.8万円以上であること、1年以上の雇用が見込まれることなどの条件が必要です。

そのため、社会保険に加入していると、安定した収入があると思わせやすいのです。

コツ⑫:系列が同じカードローンには申し込まない

フリーター_カードローン_系列
フリーターがカードローンを借りやすくするコツとしては、系列が同じカードローンには申し込まないことも挙げられます。

たとえば、消費者金融の中には銀行グループに所属しているものも多くあります。

そして、同じグループの場合には審査基準が似通っている部分も多く、同じ系列のカードローンに申し込んでも、審査結果は変わらないことが多いのです。

フリーターにおすすめのカードローンの3つの選び方

フリーター_カードローン_選び方
フリーターにおすすめのカードローンの選び方は主に以下の3つです。

それぞれの選び方について詳しく見ていきましょう。

選び方①:上限金利が低いカードローンを選ぶ

フリーター_カードローン_上限金利
フリーターにおすすめのカードローンの選び方としてまず挙げられるのは、上限金利が低いカードローンを選ぶことです。

前提として、金利は低いほど、払うべき利息は少なくなるためお得に借りれます。

そして、カードローンの金利は〇〇%~〇〇%と表示されますが、このうち見るべきは高い方の上限金利です。

なぜなら、借り入れは上限金利の近くの利率で行われることが多いからです。

また、初めて利用する場合には、無利息期間が設定されているカードローンを選ぶことでも利息を減らせるのでおすすめです。

選び方②:すぐに借りれるカードローンを選ぶ

フリーター_カードローン_借りれる
フリーターにおすすめのカードローンの選び方としては、すぐに借りれるカードローンを選ぶことも挙げられます。

特に「すぐに借りたい」という場合には、最短即日で融資を受けられる消費者金融のカードローンがおすすめと言えます。

時間に余裕がある場合には金利の低さを優先すると良いでしょう。

選び方③:返済しやすいカードローンを選ぶ

フリーター_カードローン_返済能力
フリーターにおすすめのカードローンの選び方としては、返済しやすいカードローンを選ぶことも挙げられます。

カードローンの返済方法は場合によって異なります。

できるだけ自分に合った返済方法を取れるカードローンのほうが借りやすいでしょう。

フリーターとカードローンのまとめ

フリーター_カードローン_まとめ
フリーターがカードローンで借りれる条件は以下のとおりです。

フリーターがカードローンで借りれる3つの条件
フリーターがカードローンで借りる時の注意点は以下のとおりです。
カードローンの審査でフリーターが落ちるケースとしては以下のようなものが挙げられます。
フリーターがカードローンを借りやすくするコツは以下のとおりです。
フリーターにおすすめのカードローンの選び方としては以下のようなものが挙げられます。
フリーターにおすすめカードローンは以下のとおりです。
フリーターにおすすめ5つのカードローン
フリーターがカードローンを申し込む時の手順としては以下のようなものが挙げられます。
フリーターがカードローンを申し込む時の5つの手順