\9月17日(金)21時〜予約開始/
iPhone13を最速で予約する方法

学生がお金を借りる方法5選|学生ローンより賢く借りる方法はこれだ!

急にバイトのシフトに入れなくなったり、生活費が足りなくなったりしたけれど、親にはお金を借りにくいということもあるでしょう。

とはいえ「学生はお金を借りにくい」というイメージもありますよね。

実際は学生であっても、資金使途や年齢によってはお金を借りる方法があります。

今回は学生がお金を借りる方法を分かりやすくまとめています。

借り方によって、メリット・デメリットや注意点、またおすすめの消費者金融や審査のポイントも紹介しているので確認してください!

この記事でわかること
  1. 学生がお金を借りる方法はまとめて6つ!
  2. 年齢・仕様使途・収入の有無によって借り方を考えよう。
  3. 「学生ローン」などは利息も高い傾向にあるので、おすすめできない
  4. 一般的に借りやすく、親にバレにくいのは消費者金融
  5. 消費者金融の中でも『アイフル』なら、初回30日間に限って利息がなんと0円!

学生ローン_アイフル

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

学生がお金を借りる6つの方法

学生ローン_方法
学生がお金を借りる方法としては、主に以下の6つが挙げられます。

これらの手段はすべて特色が異なります。

主に異なるのは以下のようなポイントです。

学生がお金を借りる方法を選ぶポイント
  • お金を使う用途で選ぶ
  • 20歳未満か、20歳以上かで選ぶ
  • 安定した収入(アルバイトなど)があるかで選ぶ

上で紹介した方法を上で解説したポイントをもとに一覧にすると、以下のようになります。

借り方   対象年齢収入即日融資
消費者金融カードローン 
20歳以上 必要 可能
銀行カードローン 20歳以上 必要 
不可能
学生ローン18歳以上 必要可能な場合もある
クレジットカードのキャッシング 
20歳以上 必要 条件によっては可能
奨学金  
年齢制限なし不要 不可能
郵便局の担保自動貸付   け年齢制限なし不要可能な場合もある

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

方法①:消費者金融カードローン

親にバレずにお金を借りたい
すぐにお金が必要

それなら消費者金融のカードローンがいいでしょう。

20歳以上で、アルバイトをしていて安定した収入がある方は、消費者金融に申し込むことができます。

プロミスやアコム、アイフルといった消費者金融は、個人向けにカードローンで融資を行っています。

カードローンを専門に扱っているからこそ、銀行や他のローンにはないサービスも行われています。

一方で、「法外な金利で貸し付けられるのでは」「執拗な取り立てをされるのでは」といった印象を持たれがちですが、それは一昔前の話。

貸金業法が改正され、現在は「年収の3分の1までしか貸すことができない」という総量規制が定められています。

年収の3分の1以上の貸し付けはしませんし、逆に毎月安定した収入がなければ借入れはできません。

また、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのように、銀行傘下の消費者金融もあります。

顧客満足度調査なども行われていますので、総合的に判断して自分にピッタリの消費者金融を選ぶといいでしょう。

方法②:銀行カードローン

低金利で借りることを重視するなら、銀行のカードローンです。

銀行のカードローンとは、都市銀行や地方銀行、ネット銀行が行うカードローンのことです。

20歳以上で毎月安定した収入があれば申込みが可能です。

方法③:学生ローン

学生ローンとは、学生を対象に主に中小規模の貸金業者が行っているサービスです。

これまでご紹介した消費者金融や銀行のカードローンも、20歳未満だと利用できません。

一方、学生ローンは貸付対象年齢が広く、18~19歳はもちろん、高校を卒業したばかりでも融資を受けることができます。

20歳未満なら学生ローンを検討しましょう。

方法④:クレジットカードのキャッシング

クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。

ショッピング枠とキャッシング枠の違い
  • ショッピング枠…買い物の際に利用できる金額の上限です。
  • キャッシング枠…借入れができる金額の上限です。

キャッシング枠については普段利用しないため、あること自体に気付いていなかったという方もいるでしょう。

一方で、キャッシング枠が付いてない場合もあるので、まずは自分のクレジットカードの情報を確認しましょう。

方法⑤:奨学金

奨学金は学ぶ意欲はあるものの、経済的に余裕がない家庭向けの制度です。

経済的に余裕がない家庭に、国や自治体、大学、企業などがそれぞれ学費の付与や貸与を行っています。

学費のようにまとまった金額が必要な場合は、学生ローンよりも奨学金を検討しましょう。

1ヶ所から借りられないわけではなく併用可能なものもあるため、事前に条件を確認しましょう。

対象となるのは学ぶ意欲のある大学、短大、専門学校、高校、高専などに通う学生。

学費を借りて後で返す「貸与型」と、返済の必要がない「給付型」があります。

貸与型奨学金は、数多くの団体が扱っています。

方法⑥:郵便局の担保自動貸付

郵便局の担保自動貸付けは、担保定額貯金、もしくは担保定額預金を担保として借り入れる方法です。

これまでにゆうちょでお金を貯めていた人、またはご両親が貯金をしてくれていた場合に借りやすい方法です。

貯金は崩さずに、預入金額の90%以内の金額を借りることができます。

その他の条件を見てみましょう。

金利と貸付期間
  • 担保定額貯金なら金利は「返済時の約定金利(%)+0.25%」
  • 担保定期預金なら金利は「預入時の約定金利(%)+0.5%」
  • 貸付期間は2年間(担保にしている預金が満期になる場合は満期まで)

消費者金融のカードローンについて詳しく解説!【バレずに借りれる】

学生ローン_バレずに
消費者金融のカードローンは今すぐにお金が欲しい時に適した方法です。

この見出しでは、消費者金融のカードローンについて、以下の項目に分けて見ていきましょう。

消費者金融のカードローンについて詳しく解説!【バレずに借りれる】

それぞれの消費者金融カードローンについて詳しく見ていきましょう。

消費者金融で借りるメリット

学生が消費者金融で借りる主なメリットは6つあります。

消費者金融のメリット
  1. 20歳以上で収入があれば借りられる
  2. 銀行カードローンに比べて審査に通りやすい
  3. 即日融資も可能
  4. 無利息期間がある
  5. 利便性が高い(アプリで審査や契約、借入や返済が行える会社も)
  6. 周囲にバレにくい

カードローンと言えば、消費者金融か銀行で迷いますよね。

たしかに銀行は低金利ですが、その分審査が厳しめです。

消費者金融の方が審査に通りやすく、即日融資も可能と利用しやすいのです。

また、大手消費者金融は無利息期間を用意しています。

無利息期間とは…
一定期間の間、無利息になるサービス。プロミスは「借入の翌日~30日間」、アコムやアイフルは「契約の翌日~30日間」無利息になります。

無利息期間を賢く利用すれば、ネックだった金利も一部抑えられます。

特に短期間で返済の目途が付いている方は、無利息期間を活用した方が、銀行で借りるより低金利な場合もあります。

周囲にバレたくない人は、「WEB完結」申込みでカードレスを利用すれば、自宅にカードも郵送物も届かず安心です。

テレビCMなどでもおなじみのアイフルなら、初回30日限って利息0円で借り入れを行うことができます。

学生ローン_アイフル

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

消費者金融で借りるデメリット

消費者金融のデメリットは、主に以下の3点です。

消費者金融のデメリット
  1. 銀行のカードローンに比べると金利が高い
  2. 20歳以上でなければ借りられない
  3. 収入がないと審査に通らない

銀行のカードローンに比べると、どうしても金利は高めです。

少しでも金利を抑えるためにも、無利息期間はきちんと活用したいところです。

また利便性の良い消費者金融ですが、借りられるのは20歳以上と決まっています。

バイトなどで毎月の収入がなければ審査にも通るのも難しいでしょう。

おすすめの消費者金融カードローン3選

学生ローン_おすすめ
数ある消費者金融のカードローンの中でも、特におすすめなのは以下の3つです。

おすすめの消費者金融カードローン3選

それぞれの消費者金融カードローンについて詳しく見ていきましょう。

アイフル

学生ローン_アイフル

アイフル数ある消費者金融の中でも、比較的借りやすいのが特徴的な消費者金融です。

大手消費者金融の中で唯一銀行の参加に入っていないため、特色あるカードローンを展開できています。

即日融資のスピードも早く、最短60分でお金を借りることができます。

 

学生ローン_アイフル

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利3.0~18.0%
審査時間最短30分
融資時間最短1時30日(条件あり)
無利息期間契約日の翌日~30分
WEB完結
スマホATM対応

プロミス

プロミス

プロミスは消費者金融の中でも最大手の会社です。

上限金利が17.8%と他の大手消費者金融より安く、お得に借りることができます。

プロミスは利用者から高い満足度を得ており、安心して利用することができます。

学生ローン_プロミス

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利
年4.5~17.8%
審査時間最短30分
融資時間最短1時間
無利息期間初回出金の翌日~30日間
WEB完結
スマホ対応

アコム

アコムはサポート力の高さが特徴的な消費者金融です。

手続きがわかりやすく、電話応対の品質が高いため、特にはじめての方におすすめのカードローンと言えます。

融資までのスピードも早く、今すぐお金を手に入れたいという人にピッタリです。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

金利

3.0~18.0%
審査最短30分
融資最短即日30日(条件あり)
無利息期間契約日の翌日~30日間
WEB完結△(一部可能)
スマホATM対応

銀行カードローンについて詳しく解説!【低金利】

学生ローン_銀行
銀行カードローンは銀行からお金を借りる方法です。

銀行カードローンについて、以下の項目に分けて詳しく見ていきましょう。

銀行カードローンについて詳しく解説!【低金利】

銀行カードローンで借りるメリット

銀行カードローンのメリットは、他に比べて低金利なことです。

カードローンと言えば他に消費者金融ですが、一般的な金利にはこれだけの差があります。

銀行と消費者金融の金利の違い

銀行のカードローン…1.8~15.0%程度

消費者金融のカードローン…3.0~18.0%程度

尚、金利については上限金利を参考にしてください。

はじめての借り入れの場合、基本的には上限金利での貸し付けとなります。

返済することを考えると、やはり金利は重要です。

銀行で借りるという安心感もメリットの一つでしょう。

銀行カードローンで借りるデメリット

銀行カードローンは低金利な分、審査が厳しい傾向にあります。

学生ではなく大人であっても、銀行カードローンの審査は厳しいのが実情です。

また、消費者金融は即日融資も可能ですが、基本的に銀行では融資までに数日かかります。

すぐにお金が必要と言う方には向かないでしょう。

おすすめの銀行カードローン3選

学生ローン_銀行
数ある銀行カードローンの中でも、特におすすめなのは以下の3つです。

それぞれのカードローンについて詳しく見ていきましょう。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンはメガバンクの三井住友銀行が提供しているカードローンです。

特にすでに三井住友銀行の口座を持っている方であれば、WEBで申し込みから契約まで完結でき、便利にお金を借りれます。

上限金利も14.5%と借りやすいように設定されているのが嬉しいですね。

楽天銀行スーパーローン

学生ローン_楽天銀行

楽天銀行スーパーローンは最大14.5%の低金利が特徴的なカードローンです。

わざわざ楽天銀行の口座を開設しなくても、自分が普段持っている銀行口座で利用が可能です。

スマホで申し込み手続きが完了するのも簡単で利用しやすいですね。

学生ローンについて詳しく解説【20歳未満でも借りれる!】

学生ローン_学生ローン
学生ローンは学生を専門として貸付を行っています。

この見出しでは、以下の項目に分けて学生ローンの特色について見ていきましょう。

学生ローンについて詳しく解説【20歳未満でも借りれる!】

学生ローンのメリット

学生ローンは学生を対象としているので、他のカードローンに比べて審査に通りやすいのがメリットです。

低金利とは言えませんが、消費者金融に比べると低くなります。

中には20歳以上を対象としている学生ローンもあるので、必ず対象年齢を確認してください。

また、未成年の場合は利用金額を10万円までとしている会社もあり、基本的には借入金額が低く設定されています。

学生ローンのデメリット

学生ローンは中小規模の会社が多いので、消費者金融に比べると審査や融資、返済時の利便性に劣る場合もあります。

また、銀行カードローンと比べると金利が高いので、審査に通る自信があるのであれば、銀行カードローンのほうが向いているでしょう。

おすすめの学生ローン5選

学生ローン_おすすめ
数ある学生ローンの中でも、特におすすめなのは以下の5つです。

それぞれの学生ローンについて詳しく見ていきましょう。

カレッヂ

学生ローン_カレッジ

カレッヂはセブン銀行ATMを使って借りたお金を受け取れるのが特徴的な学生ローンです。

実店舗まで出向かなくて良いのがうれしいですね。

また、急いでいる場合には、本人確認書類と学生証を準備し、13時までに申し込めば即日対応してもらえます。

1000円などの少額から借りれるのも嬉しいポイントと言えます。

マルイ

学生ローン_マルイ

マルイは9時15分という早い時間から営業しているのが特徴的な学生ローンです。

そのため、登校前に借り入れを行いやすく、午後のお金を使う予定に間に合わせることができます。

また、友達紹介キャンペーンがかなりお得で、なんと、友達を15人紹介すると金利が0%まで下がってお得に利用できます。

フレンド田(DEN)

学生ローン_フレンド

フレンド田は友達を紹介すると最大5000円の紹介料をもらえるのがうれしい学生ローンです。

親の同意書が必要ではあるものの、未成年が申し込める数少ないカードローンのひとつです。

アルバイトで収入を得ているものの、まだ20歳になっておらず、他の方法で借りにくい場合に利用するのがおすすめです。

アミーゴ

学生ローン_アミーゴ

アミーゴはスピード感のある融資が特徴的な学生ローンです。

融資が決定した後は、最短10分で振込融資をしてもらえます。

また、収入証明書と学費の請求書を提出すると金利を最大1.2%引き下げてもらえるため、お得に利用できます。

イー・キャンパス

学生ローン_イー

イー・キャンパスは社会人になっても融資を受けられるのが特徴的な学生ローンです。

就職後に給料が少なくて生活が苦しい場合にも備えられるのです。

秘密厳守を徹底しており、周りの人に借り入れがばれないのもうれしいポイントです。

クレジットカードのキャッシングについて詳しく解説

学生ローン_クレジット
クレジットカードにキャッシング枠がついていれば、お金を借りることができます。

この見出しでは、クレジットカードのキャッシング枠について、以下の項目に分けて見ていきましょう。

クレジットカードのキャッシングのメリット

クレジットカードのキャッシングを使った方法は、クレジットカードにキャッシング枠が付いていれば、審査不要で、その日にお金を借りることができます。

審査なしですぐに借りたい人にとってはいいでしょう。

また、ショッピング枠と同じように自動的に返済が行われるのも楽で良いですね。

クレジットカードのキャッシングのデメリット

クレジットカードのキャッシング枠の金利は安いとは言えません。

クレジットカードのキャッシング枠は、一般的に次のような条件です。

キャッシングの条件
  • 金利…15~18%
  • 融資金額…数万円~数十万円

カードローンに比べれば金利が高かったり、長く使う場合には借入金額が少ないという場合もあります。

また、注意したいのが利用可能な枠が残っているかです。

基本的にクレジットカードは、ショッピング枠がメインです。

一般的にはショッピング枠が用意されており、その中にキャッシング枠が含まれていることが少なくありません。

注意

たとえばショッピング枠が30万円で、キャッシング枠が10万円の場合。ショッピングで25万円使ってしまうと、キャッシングは5万円までしかできないことが多いのです。

必ずしもキャッシング枠の上限まで借りられるわけではないことを知っておきましょう。

奨学金について詳しく解説【学費に使うなら最適】

学生ローン_奨学金
奨学金では、学費に必要なお金を借りることができます。

この見出しでは、奨学金について以下の項目に分けて見ていきましょう。

奨学金について詳しく解説【学費に使うなら最適】

奨学金のメリット

奨学金のメリットは、他のお金を借りる方法と比べて金利が安く、在学中には返済しなくて良いことです。

一度借りることができれば、かなり安心できるお金を借りる手段と言えます。

奨学金のデメリット

奨学金のデメリットは申込みから審査までに時間がかかることです。

また、給付型の奨学金は返済の必要がないのがメリットですが、その分、受給する条件は厳しくなっています。

貸与型の奨学金は受給条件が厳しくないですが、連帯保証人や保証人が必要になります。

また、奨学金は返済できなければブラックリスト入りしてお金が借りれなくなってしまうリスクも頭に入れておかねばなりません。

将来返済することも踏まえた上で借りましょう。

また、学費以外の支払いには使えません。

郵便局の担保自動貸付について詳しく解説【無職でも借りれる】

学生ローン_自動貸付
郵便局の担保自動貸付とは、ゆうちょでお金を貯めていた人、またはご両親が貯金をしてくれていた場合には無職で借りれるのが特徴的な方法です。

この見出しでは、郵便局の担保自動貸付について、以下の項目に分けて見ていきましょう。

郵便局の担保自動貸付について詳しく解説【無職でも借りれる】

郵便局の担保自動貸付のメリット

郵便局の担保自動貸付けなら担保がある分審査もないので、バイトをしていない学生でも利用できます。

窓口で申込みをして借入れを行うことができ、営業時間内ならその日のうちに借入ができるので、営業時間を確認していきましょう。

また、非常に低金利な点もポイントです。

担保自動貸付けの金利

約定金利とは、契約により定められた利率で、2020年1月は0.010%です。担保定額貯金なら「0.0010%+0.25%=0.26%」と、今回ご紹介する中で最も低水準です。

郵便局の担保自動貸付のデメリット

郵便局の担保自動貸付のデメリットは担保がなければ基本的に利用できないことです。

無職でも借りれるのは魅力的ですが、実際この担保を用意できる人は少ないかもしれません。

学生がお金を借りる時の審査の流れ

学生ローン_流れ
学生がお金を借りる時の審査の流れは、方法によってやや異なります。

しかし、大まかに言えば以下の方法で審査が行われます。

STEP.1
申込み
インターネット・アプリ・無人契約機などから申込む個人情報を記入する。
STEP.2
必要書意の提出
本人確認書類を提出する(ネットの場合はカメラで撮影など)
STEP.3
審査
審査が行われる(在籍確認も行われる)
STEP.4
審査結果の連絡
メールや電話で審査結果の連絡
STEP.5
契約
契約手続きを行う
STEP.6
借入れ
カード発行、もしくはカードレスで融資を受ける

審査においては、必ず在籍確認が行われます。

勤務先にきちんと勤めていることを確認すること。基本的に電話で行われます。大手消費者金融では、電話をかける際は会社名ではなく個人名にするなど配慮されているので安心しましょう。

学生ローン_アイフル

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

学生が周囲にバレずにお金を借りる方法

学生ローン_バレずに
学生が周囲にバレずにお金を借りる方法としては、主に以下の2つがあります。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

方法①:アルバイト先にバレずに借りる方法

学生がアルバイト先にバレずにお金を借りるためには、在籍確認の電話を防ぐ必要があります。

アルバイト先へ行われる在籍確認は、基本的には個人名で行うなどの配慮がされています。

ただしバイト先によっては、電話が来ること自体が珍しいこともありますよね。

大手消費者金融では、理由によっては電話以外の在籍確認を行うこともあります。

事前に電話で相談するといいでしょう。

方法②:家族にバレずに借りる方法

学生が家族にバレずにお金を借りるためには、郵便物と契約時のカードをどうにかする必要があります。

ネット申込みの場合、基本的には自宅へカードが郵送されます。

家族にバレたくない方は、カードレスでも契約できる会社を選びましょう。

また、郵送物もなしのWEB完結申込みを行っている会社を選ぶといいでしょう。

学生がお金を借りやすくしたい時のポイント

学生ローン_ポイント
審査に通りやすくするポイントとしては、できればバイトの収入を増やすといいでしょう。

無理のない範囲でシフトを増やしておき、安定した収入があるとわかることで審査に通りやすくなります。

また、申込みの際には、嘘を記入しないでください。

審査に受かりたいからという気持ちは分かるのですが、消費者金融は長年の情報があるため見破ってしまうことが多いのです。

嘘だと分かれば信用が減り、審査に影響することもあるので正確に記入しましょう。

学生がお金を借りる時の2つの注意点

学生ローン_注意点
学生がお金を借りる時の注意点としては、主に以下の2つがあります。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:インターネットの掲示板などの情報に惑わされない

お金を借りる際には基本的に審査や在籍確認がありますし、借りれば当然利息もつきます。

一方でSNSやインターネット上では、「審査が甘い」「金利なし」「未成年でも借りられる」といった情報が流れることもあります。

飛びつきたくなる気持ちはわかりますが、甘い言葉には要注意!

こういったコメントの中には闇金業者が紛れている危険性があります。

お金を借りる際には、安心できる会社で借りることはとても重要です。

注意点②:返済できないと信用情報に傷がつく

お金を借りるときには不安や焦りもあり、返済について深く考えられないこともあります。

しかしお金を借りれば、必ず利子もあわせて返済する必要があります。

返済できない場合は、信用情報に傷がつくというリスクも。

信用情報に傷がついてしまうと、新たに借り入れができないだけなく、携帯電話の分割払いや、クレジットカードの利用ができないなどの影響が及びます。

借りる前に「毎月いくら返済するか」「返済はどこからするか」など、計画や見通しを立ててから借りましょう。

学生ローンなど学生がお金を借りる方法のまとめ

学生ローン_まとめ
この記事では学生がお金を借りる方法について解説しました。

学生がお金を借りる方法としては主に以下の6つが挙げられます。

消費者金融のカードローンの中でも、特におすすめなのは以下の3つです。

おすすめの消費者金融カードローン3選

銀行カードローンの中でも、特におすすめなのは以下の3つです。

学生ローンの中でも、特におすすめなのは以下の5つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)