無職でも即日でお金を借りられる方法を徹底解説!至急お金が必要な場合の最終手段・注意点も紹介

お金が必要だけど、無職だから審査は厳しいのかな?
失業中で、お金が欲しい…

こう言ったように、無職の方でも借り入れを希望する方は少なくないでしょう。

無職と言っても、失業中学生主婦年金受給者ニートなど、状況や置かれている立場は人それぞれ異なります。

一括りに無職と言っても、それぞれ状況が違うため、金融機関からの見られ方は異なります。

本記事では、無職とはどう言う状態なのか、無職でもお金を借りられる方法注意点を解説します。

無職でお金を借りる方法は…
  • 無職と一言で言っても状況は人それぞれ異なる
  • 無職でもお金を借りる方法はある
  • 無職では借り入れをする際の審査に通りにくい
  • お金を借りるなら、大手消費者金融がおすすめ。
  • 中でも「アイフル」なら、初回30日間に限って利息が0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

そもそも無職とは?

そもそも、無職とはどう言った状態のことを言うのでしょうか。
私は失業中なのですが、学生や主婦も無職となるのでしょうか。

ここでは、無職とはどう言った状態なのか、無職の種類見られ方などを解説します。

無職とは?

無職を簡単に説明すると、決まった職を持たない職に就いていない事を指します。

そのため厳密に言うと、学生や主婦(主夫)などは無職には当たりません

しかし、お金を借りる場合には、安定的な収入の有無が重要になる事から、学生や主婦(主夫)の方でパートやアルバイトをしていなければ無職と判断される事が多くなります。

また無職と言っても、失業中・学生・主婦(主夫)・ニート・年金受給者・生活保護者など、状況は人それぞれで異なります。

次の章では、無職の種類について少し解説をします。

MEMO

無職とは決まった職を持たない・職に就いていない事ではあるが、その種類はいくつかある。

無職の種類は?

無職と一言で言っても、状況は人それぞれ異なります。

ここでは、無職の種類と金融機関からの評価について少し解説していきます。

無職の種類
  1. ニート
  2. 失業中
  3. 学生
  4. 主婦(主夫)
  5. 年金受給者
  6. 生活保護者

上記の様な状態が、一般的な無職の状態と言えるでしょう。

ニート

ニートとは、就業・就学をせず、職業訓練も行っていない状態を指します。

無職の典型的な状態とも言え、決まった職にも就かず、学校などもに行っていない状態の方を指します。

ニートの状態であれば、もちろん定期的な収入もない状態となりますので、金融機関から借り入れなどを希望する場合は、担保・保証人などが必要になったり、そもそも論で審査を通過するのは非常に厳しい状態と言えるでしょう。

MEMO

就業・就学をしていないことから、定期的な収入もなく、金融機関からの評価も非常に厳しい状態。

失業中

失業中の方は、何らかの状態で職を失っている状態の方を指します。

現在では、コロナ禍による経済の混乱も生じていることから、多くの失業者を出している状態にもなっています。

失業中の方であれば、場合によっては失業手当(保険)を受け取っている場合もあり、全く収入がない状態というわけではありませんが、安定的な収入がないという面では金融機関からの評価は厳しいと言えるでしょう。

MEMO

失業中であれば、失業手当を受け取っている方もいるが、安定的な収入がないため金融機関からの評価も高くはない。

学生

学生とは、就学している状態の方を指します。

正社員などではないため、収入面に関しては大きな収入があるわけではありませんが、アルバイトなどを行っていれば安定的な収入があるという方も多いでしょう。

金融機関の評価としては、パート・アルバイトでも借り入れ可能という場合も多いことから、評価は比較的良いと言えるでしょう。

ただし、金融機関からの借り入れなどに関しては、正社員などと比べて利用上限額が低く設定されている場合が多くなっています。

MEMO

就学中の方であり、アルバイトをしていれば安定的な収入があるため、金融機関からの評価は低くはない。

主婦(主夫)

主婦(主夫)とは、主に家庭内における家事全般の仕事をしている方を指します。

主婦(主夫)と言うのは、無職ではなく立派な仕事として扱われます

しかし、パート・アルバイトをしていない場合は、収益が発生することが無いため、金融機関からの評価は無職と同じ扱いになる場合が多いです。

主婦(主夫)の方が借り入れを希望する場合は、学生と同じようにパート・アルバイトをしているか、配偶者の収入を明らかにして借り入れをするなど、いくつかの方法があります。

MEMO

主婦(主夫)の方は、家事全般をしている方を指し、パート・アルバイトをしていなければ金融機関からは無職と同じ扱いを受ける場合が多い。

年金受給者

年金受給者とは、公的年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金など)を受給して生活をしている方を指します。

公的年金は安定的な受給が出来ることから、安定収入があるように思われますが、金融機関の評価はそこまで高くはありません。

金融機関の評価が高くない理由としては、公的年金の支給額の低下や社会保険料の増加など、安定的な受給が出来ていても金額は多くない上に、借り入れを申し込むと言う事は返済に関しての不安が付きまとってしまうのです。

その事から、年金受給者でもパート・アルバイトをしていれば、借り入れ可能となる場合も多いですが、年金受給だけでは借り入れの審査にとおらない可能性が高いと言えるでしょう。

しかし、年金受給者でも土地・建物など担保に出来る資産を持っている場合は、それらの資産を担保に借り入れが出来る場合もあります。

MEMO

年金受給者でも、パート・アルバイトをしているか、不動産などの資産があるかなどで、金融機関からの評価が変わる。

生活保護者

生活保護者とは、疾病や障害などで就労が困難な方が公的な援助を受けて生活を送っている状態のことを指します。

生活保護は、国民が「健康で文化的な最低限度の生活を送る」為の制度であるため、資産の保有は基本的に認められていません

また、生活保護費は公的年金とは性質が異なるため、安定的な収入とも言えません。

そして、基本的には生活保護を受けている方は借り入れをする事が出来ないようになっていますが、生活保護の受給を隠して審査を通過して借り入れをしている方も中にはいらっしゃいます。

ただし、借り入れが発覚した場合には、生活保護の打ち切りなどにもなりますので、注意が必要となります。

MEMO

生活保護を受給している方は、基本的に借り入れを行うことが禁止されていることがある。

無職でも見られ方は違う?

無職と一言で言っても、それぞれ状況は異なります。

失業中や主婦(主夫)・学生とニートとでは、世間体も金融機関からの見られ方も大きく異なります

世間体だけで言うと、失業集や主婦(主夫)・学生に関しては、温かい目線で見られることも多いと思いますが、金融機関では見られ方は異なります。

先ほども書きましたように、金融機関では「収入があるかどうか」が非常に重要な要素となります。

そのため、主婦(主夫)・学生・年金受給者でも、パート・アルバイトを行っていれば、借り入れ申し込みが可能になる場合も多くなります。

逆に、パート・アルバイトを行っていなければ、無職として扱われることも多くなると言う事です。

世間体と金融機関では、無職の捉え方・見られ方は異なります。

注意

同じ無職でも、状況によって金融機関からの評価は異なる。

パート・アルバイトをしているか、資産はあるかなどでも大きく見方は異なる。

無職でもお金を借りる方法

無職にも様々な状況下がありますね。一概に無職と括るのもどうかと言う事ですね。
無職でも急にお金が必要になることもあります。無職でもお金を借りる方法は無いのでしょうか。

こちらでは、無職でもお金が借りられる方法を紹介していきます。

無職でもお金が借りられる方法
  • 失業中なら国の支援金が受けられる?
  • 年金受給者で不動産を持っているなら
  • 生命保険(終身保険)の契約者貸付を利用する方法
  • 学生の場合は内定者専用ローンや学生ローンがある

失業中なら国の支援金が受けられる?

失業中の方で、失業前に勤務していた事業所で雇用保険へ加入していたかであれば、失業手当(保険)を受け取れます。

失業手当は、受け取っていた給与の金額や退職理由から雇用保険への加入期間によっても、受け取れる金額と期間が異なってきます

ここでは失業中に受け取れる失業手当金に関して少し解説をします。

失業手当金を受け取れる条件

失業手当金を受け取れる最低条件は、雇用保険へ加入していたかどうかとなります。

退職理由にもよりますが、自己都合で退職をする場合には離職の日以前2年間で12ヶ月以上、雇用保険に加入していなければいけません。

また、自己都合でも下記の様な理由であれば「特定理由離職者」として、離職の日以前1年間に通算して6ヶ月以上、雇用保険へ加入していれば失業手当金が受け取れます。

自己都合の特定理由
  • 有期労働契約の更新がされずに離職した場合
  • 出産や育児により離職して受給期間延長措置をした場合
  • 両親の扶養や介護など家庭事情の急変によって離職した場合
  • 配偶者や扶養親族と別居生活を続けることが困難になり離職した場合
  • 特定の理由で通勤が困難になり離職した場合
  • 企業の人員整理により希望退職をした場合

自己都合以外にも、企業の倒産や解雇によって再就職までの時間も無く退職を余儀なくされた方も、失業手当金の受給対象になります。

この場合の雇用保険への加入実績は、先ほどの「特定理由離職者」と同様になっています。

MEMO

失業手当の受給条件は、退職理由や雇用保険への加入期間によって異なる。

失業手当金を受け取れる期間

退職理由によって失業手当金を受け取れる期間は異なります。

自己都合による退職と会社都合による退職では、失業手当金の受け取り期間が異なりますので、それぞれを紹介しておきます。

65歳未満の自己都合の場合(定年・契約期間終了・通常の自己退職)

雇用保険被保険者期間 給付日数
10年未満 90日
10年以上20年未満 120日
20年以上 150日

会社都合による退職の場合(特定理由離職者など)

雇用保険被保険者期間 離職時の年齢による給付日数
30歳未満 30歳以上35歳未満 35歳以上45歳未満 45歳以上60歳未満 60歳以上65歳未満
1年未満 90日 90日 90日 90日 90日
1年以上5年未満 90日 120日 150日 180日 150日
5年以上10年未満 120日 180日 180日 240日 180日
10年以上20年未満 180日 210日 240日 270日 210日
20年以上 なし 240日 270日 330日 240日

上記が、それぞれの失業手当金の受け取り上限日数となります。

MEMO

失業手当は、退職理由によって受け取れる期間が異なる。

退職理由により受け取れる金額は異なる

失業手当金の受給額は、離職者の受け取っていた給与の金額によって異なります。

計算方法は下記の様になります。

基本手当日額=賃金日額(退職前6ヶ月の賃金合計÷180)×給付率(50%~80%)

上記の基本手当日額に給付日数を掛けた金額が、失業手当金として支払われます。

給付率に関しては、離職時の年齢や受け取っていた金額によって45%~80%間で決定がされます。

多くの給与を貰っていた方の場合は割合は低く、少ない給与だった方は場合は割合は高く設定されています。

MEMO

失業手当は、就業中の給与によって割合が異なる。

年金受給者で不動産を持っているなら

年金受給者でも、不動産を所有していれば、借り入れをすることが可能となります。

不動産を所有していれば、所有する不動産を担保に入れる事で、借り入れが出来る可能性が高くなります。

近年では、「リバースモーゲージ」と言う、借り入れ方法も一般的となってきました。

リバースモーゲージとは、所有する不動産を担保に借り入れをして、借り入れ元本は、借り入れをした本人が亡くなった際に、担保である不動産で返済するという仕組みになっているため、利息の返済のみで借り入れをする事が出来るのです。

この仕組みを活用して、老後の生活資金を調達したり、住宅ローンの残高を借り換えする事でローン返済を軽減したりする事が可能となります。

年金受給者でも、不動産などの担保があれば、借り入れをする事は可能となります。

MEMO

年金受給者でも、不動産を所有していれば、不動産を担保にして借り入れをすることが出来る。

生命保険(終身保険)の契約者貸付を利用する方法

生命保険に加入している方は、保険会社からお金を借りる事が出来ます

生命保険会社から、お金を借りられる制度を契約者貸付と言います。

契約者貸付は、生命保険の中でも終身保険の契約で利用できる制度となっています。

終身保険には、解約返戻金や死亡保険金という、契約者や保険金受取人に確実に支払われるお金があります。

確実に支払われるお金があるため、保険会社としては、これらを担保にお金を貸すことが出来るのです。

また、お金を借りるのに審査などはなく、比較的すぐにお金を借りる事が出来ます。

ただし、解約返戻金を上限にしていたりする場合が多いので、消費者金融やカードローンのように大きなお金を借りる事は難しいと言えます。

また、利息は低く設定されている場合が多いのですが、利息の計算方法は複利を採用している場合も多く、利息が雪だるま式に増えていくことになります。

また、返済が出来ない場合や解約返戻金以上の借り入れになった場合には、保険契約が失効(消滅)することもありますので気を付けましょう。

契約者貸付を利用するのであれば、こう言った事にも注意をして短期間で返済できるようにするなど、計画的に利用するようにしましょう。

MEMO

お金を借りるのに審査などはなく、手軽に利用できるが、返済が出来なかった場合などは保険契約が消滅する。

学生の場合は内定者専用ローンや学生ローンがある

学生の方であれば、内定者専用ローン学生ローンなどを利用する事が出来ます。

学生ローンと言っても、通常のカードローンなどと大差はありませんが、審査が通りやすいと言う特性があります。

また、使途に関しても、教材の購入や運転免許取得費用などに充てる場合は、審査に通りやすいとも言われています。

ただし、いくらでも貸してくれるわけではなく、年収の1/3までという総量規制が貸金業法で規定されていますので、年収の1/3以上の借り入れは出来なくなっています。

また、収入証明などを提出する必要はありませんが、計画的に利用するようにしましょう。

MEMO

学生であれば、審査が比較的緩いとされる学生ローンを利用するのも一つの手ではある。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

ニートはお金を借りられない!?

就業も就学もしていなければ、やっぱりお金は借りられないでしょうか。
ニートとなると社会的な信用は皆無ですかね。

ここでは、ニートではお金が借りられないのか解説していきます。

ニートでは審査は通らない!?

ニートは就業も就学もしていない人のことを指します。

そのため、パートやアルバイトもしていないとなると、安定的な収入がある訳ではありません

そうなると、金融機関からの評価は非常に厳しくなり、借り入れに関する審査を通過することは難しくなるでしょう。

消費者金融や銀行系のカードローンなども、慈善事業ではないため貸したお金を返すあてがない人には貸しません。

MEMO

ニートは社会的信用が低いため、借り入れの審査も通りにくくなる。

ニートでもお金を借りる方法はある!?

例えニートでも、不動産を保有していたり生命保険に加入していれば、お金を借りる事は出来ます

不動産を担保にすれば、有担保ローンを組むことも出来るでしょう。

生命保険に加入していれば、契約者貸付で保険会社からお金を借りる事も出来ます。

ただし、銀行や消費者金融などで、担保も保証人もなく新たに借り入れをする事は、非常に困難と言えるでしょう。

MEMO

資産を持っていたり保険に加入していれば、お金は借りられるが、新規で借り入れをするのは難しい。

生活保護者でもカードローンに通る可能性がある!?

生活保護を受けているのですが、生活保護でも借り入れは可能でしょうか。
生活保護でもカードローンへ申し込みが出来ると聞いたことがあるのですが。

こちらでは、生活保護者は借り入れが出来るのか解説をしていきます。

生活保護者は借り入れは出来ない!

生活保護とは、国民の義務でもある「健康で文化的な最低限度の生活」を国が保障する制度です。

そのため、住宅費・通信費・食費・医療費など、生きていく上で必要最低限のお金を受給しているはずです。

要は、「受給額のお金があれば、最低限度の生活が出来ますよね」と言う事ですので、これ以上にお金入らないという見解となります。

そうなると、基本的には生活保護を受けている方が借り入れをする必要は無いと言えるでしょう。

また、生活保護者は資産を持つことと、借金をすることは認められていません

その事から、借り入れをする際の審査で、生活保護者であることを伝えると審査はもちろん通らないでしょう。

MEMO

生活保護を受給している方の借金は基本的に認められていません。

それでもカードローンの審査に通る場合がある!?

生活保護を受給している方が、カードローンの審査に通ったと言う情報もあるため、生活保護でもカードローンの利用が出来ると思っている方もいると思います。

しかし、生活保護受給中にカードローンの審査が通ったと言う事は、生活保護受給者と言う事を隠して申し込みをしている可能性が非常に高いです。

生活保護を受給している方には、カードローンをはじめとした貸付は行っていない場合が多く、先ほども書きましたように、生活保護受給者と言う事を伝えると審査は通らないはずです。

また、生活保護を受給しているにも拘わらず、借金をすると最悪の場合は生活保護を打ち切られる可能性もあります。

生活保護費も削減されて大変な状況ではありますが、生活保護費だけで生活が苦しい場合などはケースワーカーさんに相談をするようにしましょう。

MEMO

生活保護を受けている方が借金をすると、場合によっては生活保護を打ちきられることもある。

無職の場合は審査が厳しくなる!?

無職では審査はやはり厳しくなりますよね。
借り入れの審査が緩くて借りれるような方法は無いでしょうか。

こちらでは、無職の場合に審査が厳しくなる理由無職でも借り入れが可能な方法を紹介していきます。

無職は収入がないと判断される

借り入れの申し込みをする際には、職業や年収は必ずと言って良いほどチェックを受けます

それは、当たり前の事ですが、貸したお金を返せるかどうかを判断するためです。

無職の場合は、収入がないという判断をされる場合が多いので、多くの金融機関では審査が通らないと言えるでしょう。

ただし、消費者金融などの利息を高く設定しているような金融機関では、無職でも借り入れが可能な場合もありますが、金利が高いと言う事は利息が高くなりますので、返済が出来なくなる恐れもあります。

「無職でも申し込み可能」というような金融業者には、注意をするようにしましょう。

MEMO

無職は返済能力が低いと判断されるため、借り入れ審査に通るのは難しい。

無職でもお金を借りるためには?

無職と言っても、学生や主婦(主夫)の方であれば、学生ローンやカードローンに申し込みが可能な場合が多いです。

学生や主婦(主夫)の方々は、正社員ではないですが、パート・アルバイトをしている方も多く、ニートよりも社会的な評価は高くなります。

そのため、学生ローンやカードローンなどの審査も通る可能性はあります。

また、主婦(主夫)の方であれば、配偶者貸付を利用する事も出来ます。

配偶者貸付では、配偶者の年収と合算した年収の1/3までの貸付が認められていますので、配偶者貸付を利用すれば主婦(主夫)の方でもカードローンに申し込みが可能となります。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

MEMO

学生や主婦(主夫)で、パート・アルバイトをしていれば、無職でもお金を借りる事は出来る。

無職でお金を借りる際の注意点

無職でもお金を借りられそうで安心しました。
無職の人がお金を借りる際に注意をしなければいけない事はあるのでしょうか。

こちらでは、無職の方がお金を借りる際の注意点を解説していきます。

返済が遅れると損害遅延員が請求される

無職の方が、お金を借りるときに最も注意をしなければいけない事は、返済を滞らせないことです。

返済が1日でも遅れてしまった場合に、お金を借りている金融機関から「損害遅延金」「延滞遅延金」などが請求されることになります。

これらの延滞金の金利は20%など、借入金に掛かる金利以上の金利を設定している場合も多く、少しでも遅れると元金と利息に上乗せをして延滞金を支払わなければいけなくなります

そのため、返済日にはしっかりと返済できるお金を用意しておきましょう。

注意

返済が少しでも遅れると、高い延滞金を支払わなければいけなくなる。

審査の際に虚偽の告知をしない

借り入れ審査の際に「無職だと審査に通らないかもしれないから虚偽の職業を答えた」と言う事はしないようにしましょう。

金融機関によっては、告知をされた職業が正しいのかを確認する場合もあります。

そのため、虚偽の告知をしても無駄なだけではなく、金融機関からの信頼もなくなります。

お金を貸す側は、信用できる人間にしかお金は貸しません。

審査の際に、虚偽の告知をするのは止めておきましょう。

注意

職業など虚偽の告知をしても、結局はバレるので正直に職業なども答える方が良い。

ご利用は計画的に

どこかのコマーシャルのような文言ですが、これは凄く大事なことです。

無職と言っても、担保があったり保証人が付いてくれたりなど、お金を借りる方法はいくつかあります。

失業中で、次の仕事が見つかるまでの生活費というなら、次の職業が見つかれば滞りなく返済も出来るでしょう。

しかし、もしも無職の状態が続き返済が遅れ始めると、金融機関から一括返済を求められたり担保を没収されたり保証人に代弁返済を求めたりします。

借り入れをする際には、借入金額と返済方法などをしっかりと計画をしてから、借り入れをするようにしましょう。

注意

返済が遅れたり滞ったりしてしまうと、一括返済や担保回収や代弁返済などの措置を執られることもある。

無職でもお金を借りられる金融業者4選

無職でも急な出費などがあるときはお金を借りたいです。
無職でもお金を借りられるところはないのでしょうか。

こちらでは、無職でもお金を貸してくれる金融業者を紹介します。

おすすめのカードローン
  1. アイフル「キャッシングローン」
  2. プロミス「フリーキャッシング」
  3. モビット「カードローン」

1位:アイフル「キャッシングローン」

三井住友銀行カードローン アイフル「キャッシングローン」

出典:https://www.aiful.co.jp/

アイフルの「キャッシングローン」は、最短30分で融資を受けられて、お店に来店しなくても申込~返済がWebで完結します。

定期的な収入があれば申し込みが可能となりますので、学生や主婦(主夫)の方でも申し込みが出来るでしょう。

「キャッシングローン」の内容

最高800万円まで借り入れ可能です。

返済期間は最長14年と長めに設定できます。

商品名 「キャッシングローン」
契約限度額または貸付金額 800万円以内
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
お得なサービス 最大30日間利息0円(はじめての方のみ)
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間 最長14年6ヶ月(返済回数1~151回)
遅延損害金(実質年率) 20.0%

担保・連帯保証人

共に必要ありません。

利用できる人

「キャッシングローン」を利用できる人は次の通りです。

  • 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
  • アイフルの所定基準を満たす方

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

2位:プロミス「フリーキャッシング」

三井住友銀行カードローン プロミス「フリーキャッシング」

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

プロミスの「フリーキャッシング」は、最短即日融資が可能で、申込~返済がWebで完結できます。

また、パート・アルバイトでも安定収入があれば申し込み可能なため、学生・主婦(主夫)の方も利用できます

「フリーキャッシング」の内容

最高500万円まで借り入れ可能です。

返済期間は最長6年です。

商品名 「フリーキャッシング」
融資限度額 500万円以内
貸付利率(実質年率) 4.5%~17.8%
お得なサービス 最大30日間利息0円(はじめての方のみ)
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間 最長6年9ヶ月(返済回数1~80回)
遅延損害金(実質年率) 20.0%

担保・連帯保証人

共に必要ありません。

利用できる人

フリーキャッシングを利用できる人は次の通りです。

  • 年齢20歳~69歳以下の方
  • 主婦、学生の方、パート、アルバイトも含む安定収入のある方

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

3位:モビット「カードローン」

三井住友銀行カードローン モビット「カードローン」

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

モビットの「カードローン」は、なんと最短30分で融資が可能な場合もあります。

お店に来店しなくても申込~返済がWebで完結できます。

パート・アルバイトでも安定収入があれば申し込み可能なため、学生・主婦(主夫)の方も利用できます。

「カードローン」の内容

最高800万円まで借り入れ可能です。

合理的な理由がある場合、最長8年10ヵ月まで借り入れができます。

商品名 カードローン
融資限度額 800万円以内
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
お得なサービス Tポイントで返済可
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 最長5年(返済回数1~60回)

※合理的な理由あり、最長8年10ヵ月(返済回数106回)

遅延損害金(実質年率) 20.0%

担保・連帯保証人

共に必要ありません。

利用できる人

カードローンを利用できる人は次の通りです。

  • 年齢20歳~69歳以下の方
  • 自営業、派遣社員、パート、アルバイトを含む安定収入のある方

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

無職 お金借りる|まとめ

無職と言っても、失業中の方・ニートの方・学生の方・主婦(主夫)の方・年金を受給している方・生活保護を受けている方など、様々な状況の方がいらっしゃいます。

学生や主婦だけではなく、年金を受給している方や生活保護を受けている方まで、無職と一括りにすると誤解・語弊もあるかもしれません。

無職で安定的な収入が無い方でも、急な出費や生活費の枯渇など、お金が入り用になる事はあるでしょう。

そんな時に、金融業者から借り入れを選択する方も多いと思いますが、無事に借り入れをする事が出来ても、その後の返済に関してはしっかりと計画をしておくようにしましょう

金融業者によっては、担保も保証人も不要のケースがありますが、無職の場合は担保や保証人が必要になることもあります。

借り入れをした後に、返済が困難になってしまった場合には、担保にしている試算が没収されたり保証人に代弁返済を求められたり借入金の一括返済を求められたりと様々な事が考えられます。

大切な資産を守ったり、保証人に迷惑を掛けないためにも、お金を借りる際には計画的な利用をするように心がけるようにしましょう。