みずほ銀行カードローンは即日融資できる?審査を早める工夫まで解説

「みずほ銀行カードローンは即日融資に対応している?」「少しでも早く審査してもらいたい…」

このように考えていませんか?

みずほ銀行カードローンは低金利ですから、即日融資に対応しているのであれば、お金を借りる時にとても良い選択肢ですよね。

本記事ではみずほ銀行カードローンが即日融資に対応しているか、できるだけ審査を早める工夫までわかりやすく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「みずほ銀行カードローンと即日融資」ざっくり言うと
  • みずほ銀行カードローンは即日融資できない
  • みずほ銀行カードローンの審査を早める工夫は限度額を最小限にすることなど
  • みずほ銀行カードローンのメリットは低金利なことなど
  • みずほ銀行カードローンのデメリットは土日祝日に審査していないことなど

みずほ銀行カードローンは即日融資できる?

結論、みずほ銀行カードローンは即日融資に対応していません。

みずほ銀行カードローンの公式の発表によると、最短でも翌営業日の融資になるようです。

土日を挟む場合には審査の期間が長くなりがちなので注意しましょう。

とはいえ、これはみずほ銀行だけの責任だけでなく、銀行系のカードローンにとっては仕方のないことなのです。

銀行では反社会的勢力との接触を避けるため、他の金融機関に比べて、特に厳しい審査基準が必要になります。

そこで、2018年1月から銀行全体で審査時に警視庁のデータベースを照合するステップを追加するようになったのです。

これにより、申込者の過去の逮捕歴などを調べ、反社会的勢力をより確実に避けられるようになっています。

警視庁のデータベースを照合するためには、少なくとも1日はかかるため、銀行系のカードローンでは現在、即日融資が不可能になっています。

そのため、みずほ銀行カードローンの最短翌営業日の融資というのは、銀行系のカードローンの中では早いほうと言えます。

みずほ銀行カードローンの審査を少しでも早める7つの工夫

みずほ銀行カードローンの審査を少しでも早める工夫は主に以下の7つです。

それぞれの工夫について詳しく見ていきましょう。

限度額を最小限にする

みずほ銀行カードローンの審査を少しでも早める工夫としてまず挙げられるのは、限度額を最小限にすることです。

銀行側としては、多くの金額を借りれば借りるほど、返済できなくなった時のダメージは大きくなります。

そのため、借入限度額が高い場合には、特に審査が厳重になります。

50万円以上の借り入れを行う場合、収入証明書の提出が必要になるのも、そのひとつです。

審査を早めたいのであれば、限度額は最小限にするのが大切です。

ただし、銀行系カードローンでは借入限度額が高いほど貸し出し金利は低くなります。

限度額をどのように記入するかは金利と審査の早さの兼ね合いで決定すると良いでしょう。

借入件数をできるだけ少なくする

みずほ銀行カードローンの審査を少しでも早める工夫としては、借入件数をできるだけ少なくすることも挙げられます。

一般的に、借入件数は多いほど返済能力は低いとみなされます。

借入件数が多いと多くの金融機関からお金を借りねばならないほどお金に困っていると見られるからです。

特に借入件数が4社以上の人は多重債務者と呼ばれ、審査に通るのも大変になります。

そのため、できるだけ借入件数を減らしておく工夫が必要です。

平日の早い時間帯に申し込む

みずほ銀行カードローンの審査を少しでも早める工夫としては、平日の早い時間帯に申し込むことも挙げられます。

平日の早い時間帯は借り入れの申込数が少なく、申込を処理するスピードが早いからです。

また、銀行系のカードローンでは、土日祝日には審査を行ってくれません。

そのため、土日祝日に申し込むと翌営業日の審査になり、審査が遅れてしまいます。

加えて、土日祝日は申込も多いため、それを処理する週明けは審査に時間がかかってしまいます。

確実につながる電話番号を申告する

みずほ銀行カードローンの審査を少しでも早める工夫としては、確実につながる電話番号を申告することも挙げられます。

みずほ銀行カードローンの審査の時間を減らすために、申込者ができることは少ないですが、在籍確認についてはいくつかの工夫ができます。

確実につながる電話番号を申告し、1発で在籍確認を完了させることで審査の時間を減らすことが可能です。

在籍確認の電話がかかってくることを報告しておく

みずほ銀行カードローンの審査を少しでも早める工夫としては、在籍確認の電話がかかってくることを報告しておくことも挙げられます。

電話担当が在籍確認の電話について把握していない場合、会社や申込者の就業形態によっては在籍確認がうまくいかない場合があります。

たとえば、会社がセキュリティを重視し、在籍確認の電話に対して「在籍しているかどうかお答えできません」と答えてしまう可能性があります。

また、申込者がパートやアルバイトの場合、電話担当が氏名を把握しておらず、在籍していないと回答する可能性があります。

入力ミスをなくす

みずほ銀行カードローンの審査を少しでも早める工夫としては、入力ミスをなくすことも挙げられます。

申込内容に誤った部分があると、みずほ銀行側が何が正しいのか確かめる手間がかかるため、審査に時間がかかってしまう可能性があります。

特に在籍先の電話番号を間違えると在籍確認が行えなくなり、審査が進まなくなるので注意が必要です。

必要書類を準備しておく

みずほ銀行カードローンの審査を少しでも早める工夫としては、必要書類を準備しておくことも挙げられます。

特に収入証明書類は手に入れるまでに時間がかかる可能性があります。

必要書類を準備しておくことで、スムーズにみずほ銀行カードローンに申し込むことができます。

ちなみに、必要な書類の詳細は下で詳しく解説しますが、本人確認書類と、50万円以上借りる場合には収入証明書類を用意する必要があります。

みずほ銀行カードローンの5つのメリット

みずほ銀行カードローン_即日融資_メリット

みずほ銀行カードローンのメリットは主に以下の5つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:とにかく低金利

みずほ銀行カードローンのメリットとしてまず挙げられるのは、とにかく低金利であることです。

みずほ銀行カードローンの金利を主要銀行系カードローンと比較すると以下の表のようになります。

みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
楽天銀行 1.9%~14.5%
三井住友カード カードローン 1.5%~15.0%
バンクイック 1.8%~14.6%
オリックス銀行 1.7%~17.8%

より重要な上限金利が他の銀行系カードローンと比べても低いことがわかります。

※三井住友カード カードローンは信販・クレジット系のカードローンですのでご注意ください。

メリット②:Web完結申込ができる

みずほ銀行カードローンのメリットとしては、Web完結申込ができることも挙げられます。

Web完結申込ではネット上から、いつでもどこでも申し込むことができます。

審査は平日しか行ってくれませんが、Webから申し込めることは忙しい方にとっては大きなメリットですね。

メリット③:月2000円から返済できる

みずほ銀行カードローンのメリットとしては、月2000円から返済できることも挙げられます。

お金を借りる時には経済的に余裕がなく、なかなか返済するお金を用意できない場合もあるでしょう。

しかし、月2000円からであれば多くの方が返済資金を用意できるのではないでしょうか。

メリット④:キャッシュカードでカードローンを利用できる

みずほ銀行カードローンのメリットとしては、キャッシュカードでカードローンを利用できることも挙げられます。

みずほ銀行の口座を持っていると、キャッシュカードが発行されます。

このキャッシュカードをローンカードとしても利用できるのです。

これは、みずほ銀行の口座を持っている方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

メリット⑤:申込・返済方法が豊富

みずほ銀行カードローンのメリットとしては、申込・返済方法が豊富であることも挙げられます。

まず、みずほ銀行カードローンの申込方法としては、以下のようなものが用意されています。

みずほ銀行カードローンで申し込む4つの方法
  • Web
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭

一方、返済方法は以下のとおりです。

みずほ銀行カードローンで返済する3つの方法
  • 口座からの自動引落
  • ATMからの返済
  • みずほダイレクトからの返済

どちらも豊富に用意されているため、自分に合った申込・返済方法を選択することができます。

みずほ銀行カードローンの3つのデメリット

みずほ銀行カードローン_即日融資_デメリット
みずほ銀行カードローンのデメリットは主に以下の3つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:即日融資に対応していない

みずほ銀行カードローンのデメリットとしてまず挙げられるのは、即日融資に対応していないことです。

みずほ銀行カードローンに限らず、銀行系カードローンは審査で警視庁のデータベースを参照する必要があります。

これに少なくとも1日はかかるため、即日融資が不可能になっているのです。

即日融資を受けたい場合には、下で紹介するような消費者金融カードローンを利用する必要があります。

デメリット②:土日・祝日は審査していない

みずほ銀行カードローンのデメリットとしては、土日・祝日は審査していないことも挙げられます。

土日祝日にお金が必要になった時に、手に入るのが最短でも週明けになるのはデメリットと言えます。

週明けは審査申込が集中するため、土日に申し込むと審査が進みにくくなります。

デメリット③:自動引落にみずほ銀行の口座が必要

みずほ銀行カードローンのデメリットとしては、自動引落にみずほ銀行の口座が必要なことも挙げられます。

みずほ銀行カードローンの返済方法の中でも便利なのが、銀行の口座から引き落としてくれる自動引落です。

みずほ銀行カードローンでは自動引落に対応しているのがみずほ銀行の口座だけであるため、みずほ銀行の口座を持っていない方にとってはデメリットと言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンの口コミまとめ!この見出しでは、みずほ銀行カードローンの口コミについて、良い口コミと悪い口コミに分けて見ていきましょう。

良い評判

みずほ銀行カードローンには以下のような良い口コミがあります。

主婦でも借りれた

子どもの大学進学と高校入学の時期が同じで、貯金していたものの少し余裕がなくなってしまったため、少額のみ借り入れできればと思い利用しました。

パートをしているだけの主婦ということもあって、ちゃんと審査が通るかとても不安だったのですが、無事お借りすることができました。

みずほ銀行ということもあって安心感はすごいものでした。

出典:https://minhyo.jp/mizuhobank-cardloan?sort=high#review-pre-area

大手の銀行でも金利が低い

他の金融で借りたこともあったけど、金利もまあまあ高くて返済も結構つらかった。

というのもあって、みずほのカードローンに申し込みしてみました。

他で借りたりした過去もあったし、いろいろと不安だったけど審査が通ったときはホッとしました。

大手の銀行だからすごく安心だし、それなのに金利が低いっていうのはほんと助かる。

やはり大手に限るし、銀行に限ると思った。

出典:https://minhyo.jp/mizuhobank-cardloan?sort=high#review-pre-area

返済が自動引き落としで手間いらず

大手銀行ということで、安心できると友人にも推されたのでここで借りることにしました。

金利が低いのはやっぱりありがたかったです。

銀行という部分も関係あるのか、対応はすごく親切で丁寧でした。

必要書類もそんなに多くなかったので手続きが面倒じゃなかったのもよかったかなと思います。

返済が自動引き落としっていうのも、返済のし忘れがなくて自分には合っている感じがしました!

出典:https://minhyo.jp/mizuhobank-cardloan?sort=high#review-pre-area

悪い評判

みずほ銀行カードローンには以下のような悪い口コミがあります。

任意返済が不便

任意返済は時間帯が限られていました。

ギャンブルで勝った時など任意返済をよくしていましたが、夜コンビニのATMから任意返済をしようとしたらできませんでした。

財布にお金が入っているとついつい気が大きくなり、色々買い物をしたくなるので早く任意返済したかったのです。

銀行でカードローンを申し込んだ時にそんな説明は受けませんでした。とても不便だと感じましたね。

出典:https://minhyo.jp/mizuhobank-cardloan?sort=low#review-pre-area

可もなく不可もなく

審査のスピードもサービス的にも基本的に他と変わりはないので、とりわけいいかと言われるとそうでもない。

可もなく不可もなく普通って感じがしました。

でもちょっと借りるまでの時間はかかった印象です。

郵送とかいろいろあったので。

出典:https://minhyo.jp/mizuhobank-cardloan?sort=low#review-pre-area

みずほ銀行カードローンを利用する6つの手順

みずほ銀行カードローンを利用する手順は主に以下の6つです。

みずほ銀行カードローンを利用する6つの手順
それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:みずほ銀行に口座開設

みずほ銀行カードローンを申し込む時には、先にみずほ銀行に口座開設するのがおすすめです。

みずほ銀行に口座開設すればキャッシュカードがローンカードとして使えるため、周りに借り入れが発覚しにくいです。

その上、便利な自動引落を利用できます。

みずほ銀行への口座開設には、本人確認書類が必要になるので用意しておきましょう。

ちなみに、みずほ銀行の口座開設はWebから簡単に申し込むことが可能です。

手順②:カードローン申し込み

次に、カードローンの申し込みを行います。

上で紹介したように、みずほ銀行カードローンでは店頭で申し込めるのはもちろん、電話やインターネットからでも申し込むことが可能です。

特におすすめなのはインターネットからの申し込みで、いつでもどこでもみずほ銀行のホームページから申し込むことが可能です。

手順③:仮審査

カードローンの申し込みを行ったら、次は仮審査を受けることになります。

ここでは申込情報をもとに、簡単に審査を行うようです。

仮審査の結果が出たら、メールなどの連絡先に通知が行きます。

手順④:必要書類を準備

仮審査に通ったら次は本格的な審査を受けることになりますが、その前に必要書類を準備しておきましょう。

まず必ず用意するのは以下のような本人確認書類です。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 印鑑証明書
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 住民票
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

それに加えて、50万円以上の借り入れを申し込む場合には以下のような収入証明書類が必要になってきます。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書または課税証明書

手順⑤:審査

次に、いよいよ本格的な審査を受けます。

この審査では提出された書類を確認したり、信用情報機関のデータベースを参照したり、在籍確認を行ったりします。

ちなみに、審査の状況はカードローン専用ダイヤルや店頭で確認することが可能です。

手順⑥:契約

審査に通過したら、最後はいよいよ契約を結ぶことになります。

契約が終わったら、ATMからローンカードで引き出すなどして、お金を借り入れることができます。

即日融資に適したカードローン5選

即日融資に適したカードローンは主に以下の5つです。

即日融資に適したカードローン5選

それぞれのカードローンについて詳しく見ていきましょう。

アイフル

フリーター_カードローン_アイフルアイフル

アイフルはサポート力の高さに定評がある消費者金融系カードローンです。

急いでお金を借りたい方に対応して、「お急ぎの方専用フリーダイヤル」を用いることで審査を早めてもらうことが可能です。

また、初めて利用する場合には30日間の無利息期間の適用を受けることも可能です。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

プロミス

フリーター_カードローン_プロミスお金が必要_プロミス

プロミスは消費者金融の中では低金利で、顧客からの満足度も高い消費者金融カードローンです。

他の主要消費者金融カードローンと比べて低い、17.8%の上限金利になっています。

また、2021年オリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しています。

18歳や19歳の方は収入証明書が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

アコム

アコムは審査スピードの早さに定評がある消費者金融系カードローンです。

加えて、Webから24時間いつでも申し込みを受け付けています。

クレジットカードにローン機能を付加できる点もユニークですね。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに
無料登録する

アコムの商品情報
融資金額 1~800万円
実質年利 3.000~18.000%
審査の早さ 最短30分
返済回数 1回~100回(最長9年7ヵ月)
担保・保証人 必要なし
無利息期間 契約日翌日から30日間
遅延損害金 20.000%

SMBCモビット

フリーター_カードローン_SMBC消費者金融_SMBC

SMBCモビットは電話での在籍確認を回避できる点が魅力的な消費者金融系カードローンです。

Web完結申込なら電話での在籍確認がなくなり、書類の提出で在籍確認を完了させることが可能です。

加えて、郵便物も送られてこないため、家族に借り入れがバレる可能性も低く抑えることが可能です。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短10秒で事前審査
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 なし

レイクALSA

レイクALSAは無利息期間の長さが人気を集めている消費者金融系カードローンです。

初めて利用する場合、60日間の無利息期間か、5万円までを180日間の無利息期間にするか選ぶことができます。

他社では30日間の無利息期間が標準的ですから、特に初めて利用する方にメリットが大きいカードローンと言えます。

金利 4.5%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短15秒
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 60日間無利息
(5万円までなら180日間無利息)

みずほ銀行カードローンの即日融資のまとめ

結論、みずほ銀行カードローンでは即日融資に対応していません。

みずほ銀行カードローンの審査を少しでも早める工夫は以下のとおりです。

みずほ銀行カードローンのメリットとしては以下のようなものが挙げられます。
みずほ銀行カードローンのデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。
みずほ銀行カードローンを利用する手順は以下のとおりです。

みずほ銀行カードローンを利用する6つの手順

即日融資に適したカードローンは以下のとおりです。

即日融資に適したカードローン5選