本サイトは口コミや評価を元にプロモーションを掲載しランキング付けしています

今すぐお金が必要なときはこれ!最短20分で借りる方法や無審査で借入する方法

今すぐお金が必要な人はこれ

どうしても今日中にお金が必要になった…

誰にでも今すぐお金が必要なタイミングは訪れます。

実は、今すぐお金が必要なときでも安心してお金を用意する方法はあります

以下の診断結果で、当日中にあなたを救ってくれる解決策がわかるのでぜひ参考にしてください。

今すぐお金が必要なときの解決策

1時間以内にお金が必要な場合は「クレジットカードのキャッシング」や「カードローン」という選択肢があります。

ただし、銀行カードローンは反社会的勢力との関係遮断に向けた対応として即日融資をしてくれません。

また、所有しているクレジットカードにキャッシング枠が付与されていない場合は、キャッシング審査に時間がかかります

総合的に判断すると、今すぐにお金が必要なときは融資速度が最短20分の消費者金融カードローンがおすすめです。

以下の消費者金融カードローンは財務局や都道府県などに貸金業登録されているため、利用者が安心して借り入れできるように作られた貸金業法を遵守して運営されています。

サービス名特徴審査時間融資速度通過率限度額金利無利息期間
アコムのロゴ
アコム
大手の中で最も高い通過率を記録
▶︎公式サイトはこちら
最短20分最短20分44.7%1万円〜800万円年3.0%~年18.0%30日間
SMBCモビットのロゴマーク
SMBCモビット
借入がバレにくい
▶︎公式サイトはこちら
最短30分最短即日非公開1万円〜800万円年3.0%~年18.0%なし
アイフルのロゴ
アイフル
優先審査に対応してくれる
▶︎公式サイトはこちら
最短20分最短20分39.3%1万円〜800万円年3.0%~年18.0%30日間
プロミスのロゴ
プロミス
インターネット振込は最短10秒
▶︎公式サイトはこちら
最短20分最短20分35.6%1万円〜500万円年4.5%〜年17.8%30日間

※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​

出典元:アコムマンスリーレポート
アイフル月次データ
SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標

消費者金融カードローンはモアタイムシステムにより、土日祝日や平日夜間でも、対応した口座へ振り込みしてもらうことが可能です。

参照:全国銀行協会「国内決済インフラの高度化に向けた取組み」

※本記事では営業所に貸金業務取扱主任者を置き、財務局や都道府県に登録され、法定利率貸金業法を遵守している正規の業者を紹介しています。また当サイトのランキングは消費者金融利用者へのアンケート結果と、各消費者金融の公式サイトの最新情報を参考に独自で作成されております。

目次

今すぐお金が必要なときに利用したい最短即日にお金を借りる方法!

今すぐお金が必要なときは、最短即日にお金を借りられる以下のサービスがおすすめです。

今すぐお金を借りる方法
  1. カードローン【最短20分】
  2. 中小消費者金融【最短即日】
  3. キャッシングアプリ【最短即日】

上記の借入方法は担保や保証人なしで借りられます。

カードローンは担保や保証人なしでお金をすぐに借りられる

カードローンは担保保証人なしでお金を借りられる融資サービスのことで、銀行やクレジットカード会社、消費者金融が提供しています。

借りたお金は原則自由に使うことができます。

特に、大手消費者金融カードローンのアコムアイフルプロミスは最短20分融資に対応しているため、業界最速クラスです。

カードローンはクレジットカードと違い入会費や年会費が無料で、会社によっては無利息期間があるので利息を節約しながらお金をすぐに借りられます。

中小消費者金融で即日に借りる

大手消費者金融での借り入れが厳しい方は、即日融資に対応した中小消費者金融を検討しましょう。

中小消費者金融は大手と審査システムが異なるため、個人の事情を理解して柔軟に審査してくれることがあります。

融資速度審査時間限度額金利無利息期間登録番号
セントラルのロゴ
セントラル
最短即日最短30分1万円〜300万円年4.8%~年18.0%最大30日間四国財務局長(9)第00083号
フクホーのロゴ
フクホー
最短即日最短即日5万円〜200万年7.3%~年20.0%なし大阪府知事(06)第12736号
フタバのロゴ
フタバ
最短即日最短30分1万円〜50万円年14.959%~年19.945%最大30日間東京都知事(4)第31502号
アローのロゴ
アロー
最短即日最短45分1万円〜200万円年15.0%〜年19.94%なし愛知県知事(5)第04195号

中小消費者金融を利用が不安な方は、金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで貸金業登録されているかを確認してみましょう。

貸金業登録されている業者は違法な金利設定や取り立てをしてこないため、安心感を持って利用することができます。

実際に検索してみると、上記の中小消費者金融は貸金業登録されていることが確認できました。

キャッシングアプリはスマホで最短即日に借り入れできる

近年では、スマホアプリからお金を借りることができる融資サービスの申込者数が増えています。

キャッシングアプリは最短即日にお金を借りられるだけではなく、ローンカードが発行されないため借り入れしていることがバレにくいという特徴があります。

少額融資であれば比較的に審査が早いです。

契約後は各々のスマホアプリにチャージすることで、そのままコード決済として利用することができます。

審査時間融資速度チャージ先限度額金利無利息期間
LINEポケットマネーのロゴ
LINEポケットマネー
最短即日最短即日LINE Pay3万円〜300万円年3.0%~年18.0%実質最大30日間無料
メルペイスマートローンのロゴ
メルペイスマートマネー
最短翌日
(通常1~2日)
最短即日メルペイ1,000円~30万円年3.0%~年15.0%実質1カ月分無料
dスマホローンのロゴ
dスマホローン
最短即日最短即日d払い1万円〜300万円年0.9%〜年17.9%なし
au payスマートローンのロゴ
au PAY スマートローン
最短30分最短即日au PAY1万円〜100万円年2.9%~年18.0%なし
ファミペイローンのロゴ
FamiPayローン
最短当日最短即日ファミペイ1万円〜300万円年0.8%~年18.0%実質最大60日間無料

今すぐお金が必要な方ときに最短20分で借りられるおすすめカードローン

大手消費者金融カードローンの店舗

カードローンは大手の消費者金融を選ぶと、今すぐお金が必要という方の深刻な問題を最速で解決することができます

大手の消費者金融カードローンは即日融資に対応しており、最短20分でお金を借りることもできます。

また、Web申込をすると書類による在籍確認にも対応してくれるため、会社や家族にバレにくいです。

ここではカードローンに関するランキング根拠から最短20分で融資を受けられるカードローンを紹介しているので参考にしてください。

アコムは「はじめてのアコム」というように一社目のカードローンに選ばれることが多い

アコムの店舗
金利年3.0%~年18.0%審査時間最短20分※
融資速度最短20分※通過率44.7%
無利息期間最大30日間Web完結可能
電話連絡原則なし郵送物原則なし
限度額1万円〜800万円運営会社アコム株式会社

※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。

アコムは「はじめてのアコム」というように、一社目のカードローンに選ばれることが多いので、審査通過率が高いようです。

実際に、アコムは通過率が44.7%と大手の中で最も高い記録があります。

振込手続きは2ステップと簡単で、受付完了からすぐに振込実施されるため、今すぐお金が必要な方に最適です。

特に、アコムは楽天銀行へ最短10秒のスピード振込をすることができます。

また、アコムの在籍確認は原則勤務先への電話連絡を実施しておらず、原則郵送物もないのでお金を借りたことがバレにくいです。

アコムの特徴
  • 即日欲しい人向けと思うカードローンランキングNo.1の実績がある
  • 本審査は最短即日対応しており最短20分で完了する
  • Web申込で最短2ステップでお金を借りられる
  • 初めての利用者は30日間利息が0円

\ はじめてに選ばれやすい!/

>> アコム公式サイト <<

SMBCモビットは10秒で審査結果がわかってバレにくい

SMBCモビットの公式サイト
金利年3.0%~年18.0%審査時間最短30分
融資速度最短即日※通過率非公開
無利息期間なしWeb完結可能
電話連絡WEB完結申込でなし郵送物WEB完結申込でなし
限度額1万円〜800万円運営会社三井住友カード株式会社

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

SMBCモビットは簡易審査の結果が10秒でわかるバレにくいカードローンです。

借り入れがバレにくい理由は、SMBCモビットのWEB完結申込をすると勤務先への電話連絡と自宅への郵送物がなくなるからです。

実際に、SMBCモビットの口コミを調査すると、「審査と融資がとにかく早い」「周りにバレずに利用できる」と好評でした。

さらに融資を急ぐ方は、WEB完結申込後にモビットコールセンター(0120-03-5000)へ電話することで、優先的に審査してもらうこともできます。

SMBCモビットの特徴
  • 即日融資に対応しており事前審査は10秒でする
  • SMBCモビットの在籍確認は書類提出へと変更できるのでバレにくい
  • 急ぎならWEB完結申込後に9時から21時までにモビットコールセンターへ連絡する
  • 会員専用サービスの「Myモビ」を使うと最短3分で振込完了
  • 提携ATMは全国に約120,000台(2022年4月時点)あるので便利

WEB完結申込で電話連絡・郵送物なし

>>> SMBCモビットの公式サイトはコチラ <<<

アイフルは最短20分と業界トップクラスのスピード

アイフルの自動契約機
金利年3.0%〜年18.0%審査時間最短20分※
融資速度最短20分※通過率39.3.%※
無利息期間30日間Web完結可能
電話連絡原則なし郵送物原則なし
限度額1万円〜800万円運営会社アイフル株式会社

※申込状況によっては希望に添いかねます

アイフルは融資まで最短20分と大手消費者金融の中で融資速度に優れています。

申し込み後に電話で問い合わせると優先的に対応してくれるため、今すぐお金が必要な方とってありがたいサービスです。

契約後はアイフルの公式アプリを使うと、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMですぐにお金を借りることができます。

アイフルの特徴
  • Web申込は3ステップで手続きが完了する
  • 土日でも最短即日融資を受けられる

当日中にお金を用意するには、アイフルの審査受付時間である9時から21時までに審査を完了させる必要があるので、余裕を持って申し込みましょう

アイフル

\ 最短20分融資は業界トップクラス /

>> アイフル公式サイト <<

プロミスはインターネット振込で最短10秒でお金を用意できる

プロミスの店舗
金利年4.5%~年17.8%審査時間最短20分
融資速度最短20分通過率35.6%
無利息期間最大30日間Web完結可能
電話連絡原則なし郵送物原則なし
限度額1万円〜500万円運営会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスはインターネット振込を利用すると、最短10秒で指定の口座に振り込むことができます

インターネット振込は土日祝日や夜間でも、最短10秒かつ振込手数料無料で利用できるので今すぐお金が必要なタイミングで活躍します。

以下の金融機関の銀行口座を持っている方であれば、振込手続きから最短10秒でお金を用意できます。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • PayPay銀行

プロミスの審査は「最短15秒回答」というサービスがあるため、事前に借り入れできるかどうかが最短15秒でわかります。

また、申し込みから借り入れまでアプリで完結するので、ローンカードが届く前に借りられるだけではなく、家族や知人にもバレにくいことも特徴です。

プロミスの特徴
  • 指定の銀行口座があれば最短10秒で振り込みできる
  • 金利は年4.5%~年17.8%と大手消費者金融のなかで上限金利が低い
プロミス

\ 最短20分で借入可能! /

>> プロミス公式サイト <<

※18歳や19歳の方は収入証明書の提出が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

今すぐお金が必要!最短即日・無審査でお金を用意する方法

ここでは、今すぐお金が必要な際に最短即日に借りられる方法や審査なしでお金を借りる方法をご紹介します。

カードローン審査に落ちた方や信用情報に問題がある方でも利用することができます。

質屋は最短即日に無職でも審査なしでお金を借りることができる

価値のある品物を持っている方は、今すぐ質屋でお金を借りることができます。

質屋で借りられるお金は、預ける物の査定額の7〜8割が相場です。

質屋は信用調査がなく申込者の収入も関係ないため、無職や信用情報に問題があるお金を借りる審査に通らない方でも借入可能です。

質屋は預けたものの価値に応じてお金を借りることができる仕組みで、返済の義務はありません

質屋は利用者が質屋に価値がある物品を担保として預けることで、価値に見合った融資額を受け取ることができる仕組みです。

また、質屋は質屋営業法により借入制限がなく、収入証明書が不要で利用でき、15分程度でお金を借りられる店舗もあります。

親や友達からお金を借りるときはトラブルに気をつけよう

今すぐお金が必要な場合は、親族や友達からお金を借りることも一つの手段です。

親や友達からお金を借りる場合は、無審査で借りられるメリットがあります。

ただ、個人間でのお金の貸し借りは口約束でもできてしまうため、以下のようなトラブルが発生する可能性があります。

  • 返済遅延・借り逃げ
  • 贈与税の発生(1年間で110万円を超える場合)

親からお金を借りる場合や友達からお金を借りる場合は、借用書金銭消費貸借契約書を用意しましょう。

返済の意思を示せるだけではなく、トラブルを事前に防ぐこともできます。

借用書金銭消費貸借契約書
署名捺印借主のみ借主と貸主の両方
保管貸主のみ借主と貸主の両方
作成枚数1部2部

借用書や金銭消費貸借契約書は各都道府県の公証役場で公正証書としてそれらの書類を作成して置けば、法的効力を持たせることができます。

今すぐお金が欲しいときに親族なら親身に相談に乗ってくれ、返す時期が遅れても多少は許容してくれる場合もあります。

即日払いで高単価なアルバイトで稼ぐ

日雇いのアルバイトは今すぐお金が必要な方でも即日に稼ぐことができます。

日雇いアルバイトは面接などがなく、大学生や高校生だけではなく夜中であれば社会人も働けることがメリットです。

仕事の種類は主に以下のような職種があるので、興味があるものがあれば応募してみましょう。

  • 引っ越し
  • イベントスタッフ
  • 倉庫内作業
  • 梱包作業
  • チラシ配り

給料がもらえるタイミングは当日にもらえる場合と数日後にもらえる場合にがあるので、今すぐお金が必要な方は当日にもらえる仕事に応募しましょう。

以下の2つのアプリは短時間から働ける仕事先を見つけることができるので、希望を絞って仕事内容を確認してみましょう。

日雇いアルバイトが見つかるアプリ
  • タイミー:働いた即日に入金される短時間にバイト特化したアプリ
  • シェアフル:面接なしで短時間から働けるスキマバイトが見つかる

クレジットカードのキャッシング機能を使うと即日・無審査で借り入れできる

キャッシング機能が付与されているクレジットカードはお金を借りることができます。

そのため、キャッシング枠が付与されたクレジットカードを持っている方は、対応しているATMや振込キャッシングを利用することで借り入れできます。

ただし、クレジットカードのキャッシングはカードローンと比べて限度額が低く、金利が高い傾向にあります。

利息を抑えたい方や、100万円を借りるような融資希望額が大きい方は低金利なカードローンを選びましょう。

キャッシング枠があるかどうかは、クレジットカードの明細やマイページなどで確認しましょう。

クレジットカードの上限額が決められている場合は、「キャッシング枠」を利用すると「ショッピング枠」から差し引かれることになります。

50万円の限度額が残っている場合、10万円を借りたい場合は買い物で使える利用額が40万円に減ってしまいます。

生命保険の契約者貸付制度を利用する

積立型の生命保険を契約している方は、生命保険からお金を借りる契約者貸付制度を利用できます。

契約者貸付制度は融資速度が早く、保険会社によっては即日にお金を融資してくれます

利用限度額は生命保険の解約返戻金の7~8割程度借りられることが一般的です。

生命保険の契約者貸付制度の仕組み

契約者貸付制度は審査なしでお金を借りることができるので、信用情報に問題がある方でもすぐに必要なお金を用意できます。

また、積立型の保険であれば、生命保険だけではなく学資保険で貸付を受けることもできます。

定期預金を担保にお金を借りる

定期預金をしている方は定期預金貸付を利用すると、定期預金を担保に審査なしでお金を借りることができます。

利用している金融機関によって金利や限度額が異なりますが、定期預金残高の90%以内(上限金額は200万〜300万円)の金額を年0.5%ほどの金利で借りることが可能です。

定期預金貸付は即日融資にも対応しているため、信用情報に問題があっても今すぐ低金利でお金を借りられます。

ただし、期限内に返済できなかった場合は、定期預金金額から借入金額が差し引かれるため注意が必要です。

また、返済中は通帳にマイナス表記されることもあるため、家族に通帳を見られないようにしましょう。

今から1カ月以内にお金が必要な方向けの解決策

ここでは、今すぐお金が必要ではないけど、1カ月以内には用意したい方向けに解決策をご紹介します。

「銀行カードローン」や「国や自治体の支援制度」は審査に時間がかかりますが、すぐに借りられる方法よりも低金利でお金を借りることができます。

銀行カードローンは即日融資はできないが消費者金融より金利が低い

銀行カードローン借り入れまで2週間程かかりますが、消費者金融と比べて低金利でお金を借りることができます

即日融資には対応しておらず、申込者と反社会的勢力との関係を確認するために警視庁データベースへの照会が行われます。

そのため、今すぐお金が必要な方は、即日融資に対応したカードローンを利用を検討しましょう。

また、銀行によってはカードローンを利用するために、口座開設が求められることがあります。

口座開設には2週間程度かかることもありますが、すでに口座開設している銀行でカードローンと契約する場合は、口座開設の時間を省略することも可能です。

国や自治体の融資制度・支援制度は無職や信用情報がブラックでも利用できる

国や自治体の融資制度

本当にお金に困った場合、国や自治体の融資制度や支援制度の利用も視野に入れましょう。

国からお金を借りる際には、貸付条件を満たしていれば無職の方や信用情報がブラックの方でもお金を借りることができます

ただ、国や自治体からの融資制度や支援制度は審査条件が厳しく、融資までに時間がかかる傾向にあります。

以下の表で、個人向けの公的融資制度や手続きすることでもらえるについて確認してみましょう。

概要資金の種類
福祉資金緊急で必要なお金や介護や医療サービスを受けるために利用できる資金・福祉費
・緊急小口資金
教育支援資金高校や大学など進学のために必要な教育費に利用できる資金・教育支援費
・就学支度費
不動産担保型生活資金65歳以上の方が対象でマイホームを担保に得られる資金
借り入れ後も同じマイホームに住むことができる
・不動産担保型生活資金
・要保護世帯向け不動産担保型生活資金
求職者支援資金融資職業訓練受講給付金を受給している方のなかでも生活に困っている方が利用できる制度
母子父子寡婦福祉資金貸付金就労や子どもの就学に必要なお金を借りることができる制度
母子父子寡婦福祉資金貸付金の9割が児童の就学資金関係に活用されている
・修学資金
・技能習得資金
・修業資金
・就職支度資金
・医療介護資金
・生活資金
・住宅資金
・転宅資金
・就学支度資金
・結婚資金
教育一般貸付子どもの入学金から留学費まで幅広く活用することができる公的な教育ローン
看護師等修学資金看護師や准看護士に就業するために学校に在籍している学生が無利子で活用できる資金
生活困窮者自立支援制度最低限の生活が維持できない方が生活の立て直しをすることを目的とした制度
生活保護条件を満たした方が国が定めた最低生活費まで生活費を補足される制度
教育訓練給付制度厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講した方のみ
最大10万円まで費用の一部を補助してもらえる
傷病手当金怪我や病気の時、給料の67~80%が支給される
厚生年金に加入している必要がある
被災者生活再建支援制度自然災害により家が半壊または全壊した場合、50万円~100万円の基礎支援金がもらえる

国や自治体はこちらから申請しない限り、お金をくれることはありません。

銀行や消費者金融など金融機関から借金をすることが怖いという方は、国や自治体が提供している公的な支援制度を活用を検討しましょう。

会社の従業員貸付制度を利用する

従業員貸付制度で会社からお金を借りる

勤務先に福利厚生に「従業員貸付制度」がある方は、会社からお金を借りることができます。

融資までは総務や経理から承認をもらう必要があるため、2〜3週間程度かかります

従業員貸付制度は金利が年1.0%~年4.0%と金融機関よりも低金利にもかかわらず、比較的に審査に通りやすいというメリットがあります。

従業員貸付制度の貸付条件

利用限度額勤続年数と年収から決まることが多い
資金使途・入院費
・冠婚葬祭費
・災害による自宅の修繕費
・教育費 など
金利年1.0%~年4.0%
貸付対象正社員
返済方法・給料からの天引き
・口座振替

従業員貸付制度は連帯保証人が必要で、会社に従業員貸付制度がない場合は利用できないという点がデメリットです。

これらに該当する方は、連帯保証人が不要で融資スピードが早いカードローンがおすすめです。

生活サポート基金の生活再生ローンを利用する

再活サポート基金からお金を借りる

生活を立て直したくて今すぐお金が必要な方は、生活サポート基金からお金を借りることができます。

生活サポート基金は非営利の一般社団法人が、生活を立て直したい方を対象に融資から自立支援を目的に運営されています。

融資スピードは1カ月程度で、申し込み前の面談が必須です。

生活サポート基金からの融資は貸金業法に則って行われるため、融資限度額は年収の3分の1までに制限されます。

銀行カードローンに融資を断られていても融資を受けられる可能性があるため、審査に落ちた1カ月以内にお金が必要な方におすすめです。

自宅からお金が欲しい方におすすめの副業

自宅でできるおすすめの副業

お金を1カ月程度待てる方であれば、副業をすることでお金を用意することもできます。

ここでは自宅から始められる副業についてご紹介します。

自宅で始められるおすすめの副業

化粧に関心が高い女性へおすすめは美容モニター

美容モニターは化粧品や美容サービスを利用して、感想や体験談を企業へ提供することでお金がもらえる副業です。

単価は100~500円が相場ですが、無料で美容製品を試すことができます

簡単な作業で手軽にお金を稼ぐならデータ入力

データ入力は基本的なパソコン操作ができる方であれば、他の専門知識がなくても副業収入を得ることができます。

作業内容は指定されたシートにデータを入力してくだけなので、スキマ時間に進めることが可能です。

クライアントとやり取りが必要ですが、時給にして1,000円程度稼ぐことができます

学生は学生ローンを利用する

大学生で今すぐお金が必要な方には学生ローンがおすすめです。

学生ローンはその名の通り学生を対象に貸し付けを行っているローンのことで、親に迷惑をかけたくない方にもおすすめです。

親権者の同意なしで利用することができるため、しっかりと返済することで親に内緒でお金を借りることができます。

金利は年15.0%~年18.0%で利用できるため、消費者金融より利息を抑えながら利用することができます

基本的に安定した収入がある学生であれば、大学や専門学校に在籍している社会人の方でも利用することもできます。

即日融資に対応している業者もありますが、中小規模のローン会社は融資まで時間がかかるので注意しましょう。

また、学生ローンではアルバイト先や勤務先に在籍確認の連絡が実施されるので、職場にバレずにお金を借りたい方は大手消費者金融の利用がおすすめです。

今すぐお金が必要な方がはまりがちな落とし穴

今すぐお金が必要なときほど、どのような手段を使ってもお金を調達しようとしてしまいがちです。

しかし、世の中には、そのような方をターゲットとしてお金儲けをしようとしている人たちがたくさんいます。

金融庁によると、最近の悪徳業者では以下のような特徴があります。

・インターネット取引やSNSを利用した新たな手口!

・「誰でも」「簡単に」「今すぐに」などの甘い言葉でお金を貸そうとしてくるので、ヤミ金融の場合があると知っていないと、つい手を出してしまうことがあるかも・・
・「給与ファクタリング」「個人間融資」「後払い(ツケ払い)現金化」などの勧誘・広告の場合は、ヤミ金融の場合があるので要注意!

引用:金融庁「18歳、19歳のあなたに伝えたい!!~成年年齢引下げを踏まえて~」

ここでは、今すぐお金が必要な方こそ知っておくべきカードローンの危険性をご紹介します。

上記の内容をしっかりと確認することで、お金欲しさに甘い誘惑や言葉に騙されないようにしましょう。

無審査で融資してくれる業者はヤミ金

無審査でお金を貸してくれる業者は闇金

ローンを組む際には審査に通るか不安になったり、面倒に感じる方も少なくありません。

ただ、無審査でお金を貸してくれる会社は違法のヤミ金業者のため絶対利用しないようにしましょう。

ヤミ金業者を利用すると「利息制限法」に抵触した法外な利息請求や、暴力的な取り立てなどリスクがあるからです。

正規の貸金業者であれば「貸金業法」に基づき、利用者が安心して返済できる範囲で貸し付けを行っています。

そのため、正規の貸金業者は在籍確認や審査などで申込者に返済能力があるか必ずチェックしています

安心して利用できる貸金業者を見抜くためには、「貸金業登録されている」「利息制限法や総量規制に抵触していないか」を確認しましょう。

チェック項目
  • 貸金業登録→金融庁の登録貸金業者情報検索サービスを確認
  • 利息制限法→上限金利が年15.0%〜年20.0%を超えていないか確認
    • 上限金利は元本の金額が100万円以上で年15.0%
    • 上限金利は元本の金額が10万円以上100万円未満で年18.0%
    • 上限金利は元本の金額が10万円未満で年20.0%
  • 総量規制→年収の3分の1を超えた貸し付けを行なっていないか確認

貸金業登録をされている

大手消費者金融や中小消費者金融を利用する際には、貸金業登録がされているかどうかを確認しましょう

貸金業を始めるには財務局長もしくは都道府県知事のどちらかに登録する必要があるからです。

たとえば、大手消費者金融のアコムは以下の通り「関東財務局長」に貸金業登録されています。

アイフル公式サイトからわかる貸金業登録の番号

貸金業者として登録されていないにも関わらず貸金業を運営すると、貸金業法違反となるためトラブルに巻き込まれる可能性があります。

貸金業法に基づき安全に運営されている業者は、金融庁の登録貸金業者情報検索サービスから簡単に調べることができます。

利息制限法により金利の上限は年15.0%~年20.0%

貸金業者を確認する際には、利息制限法の範囲内で金利設定がされているか確認しましょう

利息制限法では借入金額に応じて、上限金利が年15.0%~年20.0%に設定されています。

元本の金額が10万円未満のときの上限金利 → 年20%
元本の金額が10万円以上から100万円未満のとき上限金利 → 年18%
元本の金額が100万円以上のときの上限金利 → 年15%

引用元:日本貸金業協会「上限金利について」

そのため、1社からの借入元本が100万円以上あるのに上限金利が年15.0%を超える場合は、利息制限法に抵触している違法な業者です。

総量規制により借入総額は年収の3分の1まで

貸金業者を利用する際に、年収の3分の1を超えた貸し付けをしてくる場合は違法業者を疑いましょう。

正規の貸金業者では利用者を過度な貸し付けから守るため、年収の3分の1を超えた貸し付けが禁止されています。

また、以下の貸し付けは貸金業法の対象にならないため、事前に確認しましょう。

貸金業者の貸し付けに該当しない貸し付け
  • 銀行からお金を借りる融資
  • 国からお金を借りる公的融資
  • 会社からお金を借りる従業員貸付制度
  • 住宅ローンや自動車ローン
  • 有担保ローン

総量規制を超えて借り入れしたい方は、総量規制対象外のカードローンについてまとめている記事がおすすめです。

SNSや掲示板の個人間融資はトラブルに巻き込まれる

今すぐお金が必要な場合でも、SNSや掲示板などの個人間融資には手を出さないようにしましょう。

個人間融資は違法な貸し付けに巻き込まれる可能性があり、金融庁も注意喚起を行っています。

SNSやインターネット掲示板などにおいて、個人間での金銭の貸し借りをうたった書き込みがなされている実態があります。また、個人間融資では、個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、個人情報が悪用されるなどして、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。ヤミ金融業者による個人間融資は利用しないようにしましょう。

出典元:金融庁「消費者金融について」

また、SNSや掲示板などでの融資行為は貸金業法に違反する可能性が高く、ヤミ金が関与しているケースもあります。

SNSを調べてみると、以下のような個人間融資の投稿が確認できました。

SNSで確認できた個人間融資の投稿
出典元:Twitter

このように個人間融資では一般的に借り入れしにくい条件の方でも借りられるような投稿をしており、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

実際にトラブルに巻き込まれた例を見てみると、個人間融資の危険性がよくわかります。

生活費が不足し、他からの借入れができなかったため、個人間融資の掲示板サイトにお金を貸してほしいと書き込み、返事をしてきた人と直接会って計15万円を借りた。これまでに50万円以上返済したが、さらに400万円を支払うよう連絡がきた。相手は自分の住所を知っている。どうしたらよいか。

引用:国民生活センター「SNSなどを通じた「個人間融資」で見知らぬ相手から借入れをするのはやめましょう!」

今すぐお金を借りることが難しくても、見知らぬ相手からお金を借りる個人間融資の利用は避けましょう。

クレジットカードの現金化は違法性がある?

クレジットカードの現金化は厳密に言えば違法ではありませんが、クレジットカードの現金化でお金を用意することはやめましょう。

クレジットカードの利用規約に反するため、強制解約一括返済のリスクが伴うからです。

また、クレジットカードの現金化業者は悪質の業者である可能性が高いです。

実際に、クレジットカード情報が盗まれたり、詐欺に遭ったという事例もあるので、クレジットカードの現金化には関わらないようにしましょう。

リボ払いが危険と言われる理由とは?

リボ払いを利用すると利息の返済から抜け出せなくなってしまう方もいます。

なぜなら、リボ払いは毎月の返済額が一定で、手数料がかかるからです。

リボ払いの手数料は15%前後に設定されることが多く、金額によっては銀行カードローンよりも高い利息を払い続ける危険性があります。

また、毎月一定の返済額から手数料が引かれたお金が元金に充当されるため、気づいたら高額な利息を支払っているというケースも少なくありません。

現在、リボ払いで返済が大変という方は、債務整理がおすすめです。

今すぐお金が必要なときに消費者金融カードローンが頼りになる理由

消費者金融がいざという時に頼りになる理由

消費者金融カードローンは今すぐお金が必要や早く融資を受けたいという方に最適のサービスです。

以前は消費者金融カードローンが「サラ金」と呼ばれネガティブなイメージを持たれていた時代がありました。

これは2010年に利息制限法の改正されるまで、金利の上限が29.2%となっていたため、高額な利息請求をする業者が幅を利かせていたためです。

しかし、現在では以下のような変化が起こり、消費者金融カードローンも銀行カードローンと同様に安全なサービスを展開するようになっています。

消費者金融カードローンが頼れる理由
  • 利息制限法により金利の上限が年15.0%~年20.0%にまで引き下げられた
  • 総量規制により年収の3分の1を超えた貸し付けが禁止された
  • 多くの消費者金融会社が大手銀行グループの傘下に入った

そして変化が起こった消費者金融カードローンの特徴は以下の通りです。

  • 貸金業法に基づき安心して借り入れできる環境が整備された
  • 即日融資に対応しており融資までのスピードが一番早い金融機関
  • 銀行カードローンより金利が高めな分、審査はそれほど厳しくない
  • 金利は無利息期間を活用することで抑えることができる
  • 口座開設が不要

独自審査であるため、銀行や信販・クレジット系カードローンの審査に落ちた方でも審査に通過できる可能性があります。

口座開設は不要で審査も早く、ローンカードの到着前に手元のスマホアプリからすぐに借り入れできます。

今すぐお金が必要な方からよくある質問

ここでは今すぐお金が必要な方からよくある質問をご紹介します。

疑問をクリアにすることで、お金を調達する解決方法の糸口が見えてくるでしょう。

今すぐお金が必要なときにおすすめのカードローンはありますか?
今すぐお金が必要な際には、即日融資に対応しているカードローンがおすすめです。
審査や融資までが早く、すぐにお金を用意することができます。
また、大手消費者金融であればほとんどの会社が即日融資に対応しており、Webから申し込みが完結します。
一方、銀行カードローンの融資は最短でも翌日以降になるため、本当に「今すぐお金が必要!」という方には消費者金融カードローンがおすすめです。
ただ、消費者金融カードローンで即日融資を受けたい場合は、審査対応時間までに申し込みを済ませましょう。
例えば、大手消費者金融のアイフルであれば、21時に審査受付が終了します。
審査に時間がかかることもあるので、即日融資を希望する方は18時までに申し込むことが確実です。
どこからもお金が借りられない場合はどうしたらいいですか?
どこからもお金を借りることができない場合は、以下の方法を参考にしてください。
・所有物を売る
・家族からお金を借りる
・担保や保証人をつけてローンに申し込む
・生命保険の契約者貸付制度を利用する
・公的な融資制度を利用する
・生活サポート基金を利用する
上記の方法はどうしてもお金が必要な方でも利用することができます。
利用条件は事前にしっかりと確認しましょう。
お金が足りない際にはヤミ金から借りるしかありませんか?
どんなにお金が足りないとしてもヤミ金は利用してはいけません。
ヤミ金は違法な金利でお金を貸付する業者で、不当な取り立てを行うケースも珍しくありません。
ヤミ金には特徴があるので、以下に該当する貸金業者は利用してはいけません。
・金利が異常に高い設定になっている
・収入証明書が完全に不要
・貸金業登録業者ではない
・無職OKや審査なしなどの甘い広告を出している
一般的な消費者金融は貸金業登録されており、貸金業法に基づき貸し付けを行っています。
ヤミ金は貸金業登録をされていない違法な業者のため、絶対に利用しないようにしましょう。
無職でなければ消費者金融でも即日融資をしてくれます。
貸金業登録業者かどうか判断できない場合は、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」を利用しましょう。
商号や代表者などを入力することで、登録されている業者なのかがわかります。
無審査で借り入れできるカードローンはありますか?
基本的に無審査で借り入れできるカードローンはありません。
これは貸金業法によって定められているため、審査が義務付けられているからです。
もしも審査なしで借り入れできる業者があった場合は、違法な業者になるので利用しないようにしましょう。
審査に通りやすくするには以下の方法を試す必要があります。
・利用希望額を低くする
・Web完結を利用する
・収入証明書は50万円以下なら不要
無審査で借り入れできるカードローンはありませんが、上記の方法を実践することで審査に通りやすくなります。
利用限度額は低くすることで比較的に審査は甘くなり、Web完結では最短30分で審査をしてくれます。
収入証明書は基本的に50万円以下であれば不要なので、収入面で審査に通るか不安な場合は希望額を下げましょう。

最速でお金を用意できるのは大手消費者金カードローン

本記事では今すぐお金が必要な方に向けて、すぐにお金を用意する方法をご紹介しました。

最も早く融資してもらえる方法は大手消費者金融のカードローンで最短20分でお金を用意することができます

信用情報に問題がある方は、無審査で即日にお金を用意する方法を参考にしましょう。

この記事の監修者

宮野茉莉子

1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許

参考:今すぐお金を借りる!急な出費に最適な方法を紹介