【通りやすい?】プロミスの審査について徹底解説!審査を攻略できる完全ガイド

プロミスの審査は他の消費者金融と比べて厳しい?

審査にはどのくらいの時間がかかる?

カードローンの申込みを考えている人は、プロミスへの申込みを一度は検討するのではないでしょうか。

テレビCMでもよく目にしますし、大手の消費者金融であることからカードローンの利用を考えていない人にも知られています。

しかし、実際に申し込む際、プロミスの審査の実態を知らなければ審査をスムーズに進められなかったり、通過できないことも

そこで、プロミスの審査の詳細を消費者金融を利用したことがない人でも分かりやすくまとめました。

審査に関わる専門用語も適宜説明しながら進めますので、この記事を読むことで消費者金融のシステムを理解できます。

これから審査基準や条件、難易度から、受かる人の特徴、受かるコツまでご紹介します。

プロミスのカードローンを利用しようと考えている人は、この記事で審査の流れを把握し、スムーズに借入を進めましょう。

プロミスの審査は…
  • 24時間いつでも借り入れ・返済が可能!
  • 他社のローンを利用している人でも申し込める!
  • 審査は最短30分!融資までがとにかく早い!
  • レディースローンがある

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

注意
契約内容をよく確認し、収入と支出のバランスを考えて、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

プロミスの審査は厳しい?審査について徹底解説

まずは、プロミスの審査について徹底解説していきます。

プロミスの審査通過率

ネットでプロミスについて検索すると「やばい」と出てきますが、プロミスは他の消費者金融と比べて審査が厳しいのでしょうか。

有名な他の消費者金融と審査通過率を比べてみました。

融資時間 金利 成約率 限度額
プロミス 最短25分 年4.5〜17.8% 36.7%

※2022年5月

500万円
レイクALSA webで最短60分 年4.5〜18.0% 36.8%

※2021年12月

500万円
アイフル webで最短25分 年3.0~18.0% 32%

※2021年3月

800万円
アコム 最短30分 年3.0~18.0% 42.1%

※2022年3月

800万円

出典:プロミス レイクALSA アイフル アコム

以前は各消費者金融の成約率は40%を超えていることがほとんどでした。

しかし、近年では30%台の成約率になってしまっている消費者金融が複数出てきています。

これは新型コロナウイルスの影響で、休業や会社の倒産が増え、消費者金融に申込みをする人が増えたことが原因だと考えられます。

各消費者金融の成約率には多少は差があるものの、全体的に見てほぼ同じであり、社会的影響にもみな同程度に影響されています。

比較してみると、プロミスの審査は厳しすぎるということはなく、そうはいっても簡単に通るわけでもなさそうですね。

しかし、約60%の人が審査に通過できない事を考えると、しっかり審査基準を確認し、それらを満たしてから申し込むことが重要です。


銀行カードローンと金利を比較した場合

プロミス 4.5%〜17.8%
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0%
三井住友銀行カードローン 1.5% ~ 14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%〜14.6%

カードローンには、プロミスなどの消費者金融が提供しているもの以外に、銀行が提供しているものがあります。

上記の表を見ると、プロミスの金利よりも銀行カードローンの金利の方が低いことが分かります。

しかし、銀行系カードローンは、審査がプロミスよりも厳しいという特徴があります

また、実際に融資を受けられるまでの時間もプロミスの方が早いです

すぐにお金が必要だ」という場合、銀行カードローンよりもプロミスに申し込む方が適しているでしょう。

プロミスの審査の申し込み条件

ここでは、プロミスの基本的な審査基準や条件をご紹介します。

プロミスは年収の金額、雇用形態、勤続年数が原因で、それだけで審査に落ちるということはありません。

しかし、借り入れができる明確な条件も存在するのは確かです。

まずは以下の基準を満たさなければ審査が通りにくい可能性があるので、ひとつずつ確認してみましょう。

申込時の年齢が18歳~69歳以下であること

プロミスを利用する前提として、年齢が18歳以上、69歳以下の本人であることが必要です。

申込時の年齢が18歳および19歳の場合は収入証明書類の提出が必要になります。

ただし、定時制高校生および高等専門学校生も含む高校生は申込みができません。

安定した収入が認められること

借り入れをする本人にプロミスが設定した基準を満たす安定した収入があることが必要です。

主婦や学生でもアルバイト、パートなど、安定した収入がある場合は借り入れをすることが可能です。

ただし、収入が安定しない自営業や日雇いなどで働いている人は審査で落とされることが多くなってしまいます

プロミスの申込み年齢には年金受給者も対象に入っていますが、年金以外の収入があることが望ましいです

安定した収入を得られる職業に就くことで、プロミスの審査に通りやすくなります。

クレジットカードや他社借入などの信用情報の履歴に問題がない

プロミスが審査で最も重視するのが申込者の信用情報です。

信用情報とは

信用情報とは、クレジットカードの利用履歴やカードローンの申込履歴などが記録されたデータのこと。

そこには過去の契約内容、返済や支払い状況、利用残高など、利用者の信用度を判断する基準となる詳細な情報が残されています。

申込みの記録は半年、金融事故(ブラックリスト)の記録は5年で消えますが、金融事故を実際に起こした金融機関には独自の記録として残り続けることがほとんどです。

過去にクレジットカードなどの金融商品を利用すると、そのデータは信用情報機関に保管され、消費者金融や銀行がいつでも確認できます。

そのため、過去にブラックリストに載るような返済遅延、滞納や債務整理などの履歴があると審査に通る可能性が一気に低下するでしょう

債務整理とは

債務整理とは、借金を減額したり支払いを遅らせることによって完済を可能にし、借金から解放されるための手続きのこと。

金融事故としてブラックリストに登録されるため、なるべく避けることが将来の審査通過率を上げることにつながります。

逆に、クレジットカードの返済を滞納したことがない人や、過去の借入があってもきちんと返済できていると信用度があると見られ、審査に有利です。

また、借り入れ総額は年収の三分の一までと貸金業法総量規制によって決められています

そのため、他の消費者金融からの借り入れ額が多いと自動的にプロミスから借りられる金額も少なくなってしまうのです。

また、他社からの借り入れが多いこと自体が返済能力の低さを疑われる理由にもなるため、該当する人は注意が必要です。

虚偽の申告がない

プロミスはこれまでに多くの人の情報を見てきています。

そのため、申込者の年齢や勤め先、信用情報からその人の経済状況がおおよその見当がつきます

また、申込内容に虚偽の申告がないか、以下の方法でチェックされます。

虚偽の申告がないか確認する主な方法
  • 本人確認書類の確認
  • 収入証明書の確認
  • 職場への在籍確認
  • 信用情報
  • プロミスが持つ利用者データの確認

例えば、虚偽の申告をする場合、収入の欄に多めの金額を記入したり、所属していない職場に在籍しているとされることが多いです。

しかし、これらの嘘は審査の段階でしっかり確認されますし、虚偽が発覚した際は審査に落とされてしまいます。

年収が高いことよりも安定性や信頼性が重視されるため、申込みの際は必ず正しい情報を記入しましょう。

一定の勤続年数

勤続年数があまりに短いと審査に悪影響があります

仕事をしていたとしても、働き始めてすぐの人は収入が安定しているかどうかを判断するには不十分です。

「もしかしたら、この申込者は仕事をすぐにやめて収入がなくなるのではないか?」と思われてしまいます。

そのような場合、返済能力がないと判断され、審査に通りにくくなってしまいます。

消費者金融は融資をしたお金が返済されないリスクを一番恐れます

会社の経営に関わるため、その点に敏感になるのは納得ですよね。

逆に、勤続年数が長い事は消費者金融側から見ると貸し倒れのリスクが非常に低いと判断され、審査に通りやすくなります

申込者に退職や転勤される可能性が低いため、確実に返済されると考えられるのです。

勤続年数はなるべく長い方が審査に有利になるため、審査前はなるべく転勤・退職をしないようにしましょう

また、最低でも6ヶ月ほど勤続してから審査の申込みをすることで、審査に通る確率が上がるでしょう。

プロミスの審査基準

プロミスの

審査基準は明確に公開されていません。

他の消費者金融と同じように基準は公開しません。

しかし、審査の際には先ほども紹介した通りに、安定した収入や勤続年数などがみられます。

プロミスの審査に必要な書類

プロミスの審査には契約方法によって必要な書類が異なります。

プロミスの申し込みには本人確認書類が必要ですが、印鑑や保証人、担保は一切不要です。

契約方法ごとに用意する必要がある書類をご紹介します。

スムーズに審査を進め、早く融資を受けるために、手元にないものは準備しましょう。

Web契約:金融機関口座でかんたん本人確認の場合

まず、web契約(金融機関口座でかんたん本人確認)の場合は氏名・生年月日・現住所を確認できる以下の書類のいずれか1点です。

  • 本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバー(個人番号)カード (通知カードは不可)
  • 在留カード/特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

Web契約:アプリでかんたん本人確認の場合

Web契約(アプリでかんたん本人確認)の場合は、氏名・生年月日・現住所を確認できる以下のいずれか1点の書類を用意しましょう。

  • 本人確認書類
  • 運転免許証
  • 在留カード
  • マイナンバー(個人番号)カード(通知カードは不可)

郵送契約の場合

郵送契約の際に必要となるのは以下の書類です。

Aから2点または、Aから1点+Bから1点の計2点を提出する必要があります。

A
運転免許証
健康保険証
パスポート
マイナンバーカード
※個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して提出が必要
在留カード/特別永住者証明書
住民基本台帳カード

B
公共料金の領収書
住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
社会保険証の領収書

来店契約の場合

来店契約の場合は氏名・生年月日・現住所を確認できる以下のいずれか1点の書類を用意しましょう。

  • 運転免許証
  • 経歴証明書も可
  • 健康保険証+1点(例:住民票の写し)
  • 住民票がお手元にない場合、「健康保険証」+「公共料金の領収書」などでも審査は可能です。
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 通知カードは不可
  • 在留カード/特別永住者証明書

収入証明書の提出が必要になる場合

以下のような場合は、収入証明書が必要です。

収入証明書が必要な場合
  • 借り入れ希望額が50万円を超える場合
  • 他社借り入れの合計が100万円を超えるばあい
  • お申し込み年齢が19歳以下の場合

このような状況に該当する場合に、提出する必要があるのは以下の書類のいずれか1点です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分+賞与明細書直近1年分)

プロミスの審査にかかる時間

カードローンを利用する人は緊急の人も多く、審査はなるべく早い方がいいですよね。

審査に平均的にかかる時間と、早く進めるためのポイントをご紹介します。

プロミスの審査にかかる時間

プロミスの審査時間は人によって違いますが、口コミを見てみると、30分から2時間程で結果が送られてきたという声が多かったです。

「最短30分審査」とはいえ、それ以上かかることがあるのが実情のようです。

30分で審査結果が出されなくても、焦らずにもう少し待ってみることをお勧めします。

Web完結の申し込みはスピーディーに進められる

プロミスには、インターネット、自動契約機、電話申込み、郵送の申込方法があります。

もし審査時間を短縮したいなら、インターネットからのWeb完結での申込みがおすすめです。

Web完結の方法では申し込みから書類の提出、契約手続き、借入、返済までのすべてをWebで行うことができます。

申し込みから融資までの時間はWeb完結で行うのが最短です。

Web完結を利用する場合には、以下の条件を満たす必要があります。

  • Web完結対応の銀行口座を保有している
  • 返済方法で口座振替を選択する
  • カードレスを選択する

Web完結なら郵送物が発生して郵送時間が取られることがありませんし、自動契約機への来店も不要です。

スマートフォンやパソコンがあれば仕事や移動中に審査を受けることができるので、わざわざプロミスの審査のために時間を空ける必要もありません。

必要書類を準備しておく

審査をスピーディーに進めるためには、必要書類を事前に手元に用意しておくことも有効です。

プロミスは申込方法ごとに必要となる書類が異なるため、確認して本審査の申し込みフォームを記入する前に準備しておくとスムーズです。

審査中の在籍確認にすぐに対応できるようにする

カードローンの審査の申込みに時間がかかる原因として、在籍確認がスムーズにいかないことが多いです。

仮審査の完了メールが来た後、プロミスから職場に掛かってくる電話に自分自身が取れるように待機するのが最も確実で早い方法です。

遅い時間帯で職場に誰もいなかったり、土日祝日で会社自体が営業していなかった場合は在籍確認が取れません。

確実に自分自身が電話を取るには、申し込みをする時間帯を意識することが重要です。

申し込み後数十分~数時間後に在籍確認の電話をされるため、その際に確実に電話に出られるか確認してから申し込みましょう。

プロミスの審査では在籍確認は行われる?

プロミスの審査では在籍確認をされ、申込者が本当に会社に所属しているかどうか調べられます

在籍確認によって確実に返済する手段があるのかがチェックできるため、審査の上では重要なステップです。

しかし、申込者の方が気になるのは電話がかかってくることで、職場の人たちにローンに申し込んだことがばれてしまうか気になりますよね

ここではその実際の流れや人にばれる可能性をご紹介します。

プロミスの審査における在籍確認の実態

実際の在籍確認の電話内容と詳細

まずは在籍確認の詳細を確認していきましょう。

プロミスが在籍確認のために電話をかけるときには、社名を名乗りません。

担当者が個人名で電話をかけ、またカードローンの在籍確認であることも電話に出た相手に伝えないことになっています。

一般的なフレーズは以下の通りです。

○○(個人名)と申します。△△(申込者名)様はそちらの企業に在籍されていますでしょうか?

なるべく他者にばれる可能性を下げるには、在籍確認の電話がかかってきそうな時間は自分が電話に出ることです。

会社にばれる可能性はある?

カードローンの在籍確認で、職場の人にバレる心配はないでしょう。

というのもカードローンの在籍確認は、プライバシーの管理が行き届いているからです。

なるべくばれる可能性を下げるには、在籍確認の電話がかかってきそうな時間は自分が電話に出ることです

可能であれば自分が確実に電話に出られる時間を指定するのも良いでしょう。

在籍確認の電話連絡が終わったあと、職場の人に何の電話だったのか聞かれることもあるでしょう。

職場の人に取り次いでもらった場合は、特に気になるかもしれません。

すぐ説明できるように、あらかじめ電話内容を考えておくといいでしょう。

すぐに答えられないと、職場の人から不信感を持たれるかもしれません。

スムーズに答えられれば、不信感を持たれずに済むでしょう。

例えば、クレジットカードや、銀行からの在籍確認の連絡が自然な回答として挙げられます

クレジットカードや銀行口座の契約時にも、在籍確認を行います。

そのことを知っている人も多いため、不自然に思われることはないでしょう。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

プロミスの審査に落ちた|審査に通らない原因は?

口コミや公式ホームページなどを参考に、プロミスの審査に落ちる人の特徴をご紹介します。

それでは審査に落ちやすくなってしまう特徴をひとつづつ確認していきましょう。

収入が安定していない

安定した収入がなければ、プロミスに限らず審査には通りづらいです。

返済能力がないとみなされるからです。

収入が安定してれば大丈夫なので、収入自体が低くても問題はありません。

過去に金融事故の記録がある

プロミスの審査では過去のクレジットカードや消費者金融の利用記録が記された信用情報が重視されます

ブラックリストに登録されるような事故情報が残っていると審査に通る可能性が一気に低くなってしまいます

ブラックリストに載る理由
  • 3ヶ月連続の返済滞納
  • 携帯電話料金、携帯電話端末ローンの支払い滞納
  • クレジットカードの短期解約を繰り返した場合
  • 滞納債務に保証会社が代位弁済した場合
  • 自己破産などの債務整理を行った場合

上記の記録は申込者の信用情報として消費者金融がいつでも確認できるようになっています。

カードローンの申込みを考えている人はブラックリストに登録されるようなことはなるべく避けるようにしましょう。

たとえ少額でも滞納を繰り返した場合はブラックリストに登録されてしまいます。

信用情報に傷がついてしまう条件を把握することで、そうならないように気を付けることが出来ます。

上記の条件を理解し、今後の審査にも通るように対策することをおすすめします。

信用情報の確認
自分の信用情報に事故情報が登録されていないか開示することができる

在籍確認ができない

プロミスの審査では申込者が申告した企業にきちんと在籍しているのかを電話で確認されます

基本的にどの消費者金融でも在籍確認のステップを回避することは難しいです。

その際に申込者が在籍していることがはっきり分からなければ、虚偽の申告の可能性が出てしまい、信用できないと審査に落とされてしまいます。

在籍確認の電話は社員が申込者の存在を周知していないと通りません。

そのため、申込者が入社してすぐだったり、電話に出た社員が申込者の存在を知らず「いない」と答えてしまい審査がスムーズに進まなくなってしまいます。

他社からの借入件数が多い

他社からの借り入れ件数が多いことは、申込者の経済状況が厳しいとみられ、審査が通らない理由につながってしまいます

また、年収の3分の1しか借入できないため、他社での借入額が多いことはプロミスで融資される金額が少なくなってしまうことにもつながります。

これは「総量規制」というルールで決まっています。

他社での借入総額が既に年収の3分の1を超えていた場合、カードローンの新規発行を行うことはできません。

借金をなるべく返済しておくことで、審査を通過できる確率は上がるでしょう。

借金をなるべく返済するには「おまとめローン」を利用し、いろんな会社からの負債を1つにまとめるのがおすすめです。

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の金融機関からのローンを1つにまとめることです。

1社の新しい金融機関からローンを組み、他社から借りていた分を清算することで、借入先を1つにまとめることができます。

ローンをまとめることで、金利や月額返済額を下げることができ、返済負担を抑えることが期待できます。

おまとめローンは現在他の消費者金融から最低2社以上お金を借りている人向けのシステムです。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

プロミスの実際の審査の申し込み方法と流れ

次はプロミスの審査の申し込み方法と実際の流れを確認していきましょう。

プロミスの審査には一次審査(仮審査)と二次審査(本審査)があります。

それぞれ審査内容が違うため、2つの審査の内容と通りやすくするコツをご紹介します。

プロミスの審査への申込み方法

プロミスの審査に申し込むにはいくつかの方法があります。

webで審査申込みをする場合

プロミスの審査はWEBで申し込むことが可能です。

PCやスマホから24時間365日受け付けています。

WEBの申し込み手順
  1. 公式サイトから「お客様情報」を入力して申し込む
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借入可能

申し込み後に口座振替による返済を選択することでカードレスになります。

WebIDとパスワードで取引きできるので、インターネット環境さえあれば必要な時にいつでもどこでも利用できます。

郵送で審査申込みをする場合

プロミスは書類を郵送することでも申し込みが可能です。

郵送の申し込み手順
  1. 必要書類・申込書を郵送
  2. 指定の連絡先に審査結果が届く
  3. 契約書類とカードを郵送で受取り
  4. 借入可能

郵送での申し込みは書類が担当者に届くまでの待ち時間が発生し、他に比べて多少時間と手間がかかります

必要書類と申込書はWEB、電話、店頭窓口で受け取る必要があります。

店舗で審査申込みをする場合

身近な店舗や無人契約機で審査申込みをすることができます。

申込手順は担当者から丁寧に教えてもらえます。

話を聞くだけでも大丈夫なので、一度近くの店舗へ行ってみましょう。

自動契約機から申し込む場合は、プロミスの自動契約機・三井住友銀行ローン契約機・店頭窓口のいずれかで必要書類を提示します。

手続きを完了後、その場でカードを受け取ることが可能です。

※契約の際には「本人確認書類」の提示が必須になるので、必ず準備しておきましょう。

一次審査(仮審査)の流れ

まずはプロミスの一次審査の流れをご紹介します。

STEP.1
公式サイトから申込フォームを表示する

プロミスの公式サイトにアクセスします。

STEP.2
「事前審査で借入額を確認してから本審査」か「本審査からスタート」どちらか選ぶ

前もって借り入れ可能金額を確認したい人は事前審査からできる方を選びましょう。

そうすることで確実に融資を受けられる金額を希望することができ、審査に通りやすくなります。

事前審査で入力した内容は本審査に引き継がれるため、本審査にかかる時間を短縮できます

事前審査を受ける時間が惜しい人や借入額を確認する必要がない人は本審査から申込みを始める事もできます。

STEP.3
基本情報や申し込み内容をフォームに入力する

申込みフォームに従い、内容を入力します。
氏名などの基本情報以外の主な入力項目は以下の通りです。

・勤務先住所
・雇用形態
・入社年月
・税込年収
・連絡先
・パスワード
・web書面への承諾

プロミスの一次審査では信用情報の照会と、申込者の年齢や職業などの情報からコンピューターが点数化する「属性スコアリング」があります。

スコアリングとは
信用情報・雇用形態・勤続年数・他社からの借り入れ状況などを、自動でチェックする審査方法のことです。
コンピュータにより点数が付けられて、どの程度の限度額で融資できるかが自動判定されます。

また、他社の借り入れ状況から、総量規制に引っかからないか確認されます。

点数が基準以上であり、かつ信用情報に問題が無ければ一次審査に通過することができます。

STEP.4
審査結果が届くまで待つ(最短30分)
一次審査が完了すると、メールから審査結果が知らされます。

一次審査に通りやすくする方法

プロミスの一次審査に通過するには、以下の条件を満たすことが必要です。

・申込フォームの内容に虚偽がないこと
・申込者の基本情報から分かる「属性」が審査通過の基準を満たすこと
・借入希望額が総量規制の範囲内であること
・信用情報に問題がないこと

この中でも「申込フォームの内容に虚偽がないこと」は、審査に通るための大前提であり、もっとも気にするべきポイントです。

審査通過率を上げるため、つい収入を多めにしたり、他社借入金額を少なめに記入したりしたくなってしまうかもしれません。

しかし、収入証明書や信用情報から、それらはすぐに嘘だとばれてしまいます。

収入証明書が必要ない借入金額の場合でも、虚偽の申告をしてはいけません。

消費者金融には今まで審査した人の膨大なデータが蓄積されているため、申込者の業種と勤続年数等の情報から大体の年収の検討がつけられます

それらのデータと大きく異なった場合、虚偽の申告を疑われてしまい、申込者の信用は大きく下がってしまいます。

少額の改ざんから得られるメリットに対してばれたときのリスクを考えると、あまりにコスパが悪い行為です

二次審査(本審査)の流れ

STEP.1
本人確認を行う

一次審査を行った人は届いたメールから、本審査からスタートした人はそのページから本人確認を行います。

webで本人確認を行う方法は以下の3つです。

・金融機関口座でかんたん本人確認
・アプリでかんたん本人確認
・郵送で本人確認

この中で一番手軽でおすすめなのが、「金融機関口座でかんたん本人確認」です。

基本的に本人確認するためには店舗や無人契約機などへ必要書類を持っていくか、郵送で提出する必要があります。

しかし、プロミスのローンで利用可能な金融機関の本人確認が済んでいる口座を持っている人は、以下の証明書の写真で本人確認ができます

・運転免許証 経歴証明書も可
・パスポート 2020年2月3日以前に申請し、発行されたもので、住所欄に現在お住まいの自宅
・住所が記載されているもの
・健康保険証
・マイナンバーカード 通知カードは不可
・在留カード/特別永住者証明書

注意点として、この方法で本人確認を行うと、口座振替での返済となります

返済方法を口座振替にするつもりの人にはおすすめです。

アプリでの本人確認も可能で、やり方はカメラで免許証・名刺を撮影するだけで簡単です。

写真を複数枚用意する必要はありますが、この方法もそれほど時間を取られずに進められます。

それらの他には、郵送での本人確認が可能ですが、この方法では時間がかかり、即日融資を受けることは難しくなってしまいます

期間的に余裕があり、webで本人確認を行うことが難しい方に向いている方法です。

STEP.2
在籍確認が行われる

プロミスから申込者が在籍していると申告した会社に電話がかかってきて、申込者が本当に在籍しているか確認されます

この際、カードローン会社名ではなく、担当者の個人名から電話がかかってきます。

STEP.3
契約可能額が決定され、現金の融資を受け取る
審査に通ったら契約可能額で認められた金額の融資をすぐに受けることができます。

二次審査に通りやすくする方法

プロミスの二次審査では、審査担当者が確認して審査をしています。

問題がなければ審査はそのまま進みますが、書類に不備があったり在籍確認が取れない場合は、本人に電話での確認が入ることがあります

二次審査に通るコツは、一次審査と同じように申し込んだ内容と、提出書類に異なる点がないようにすることです。

まり、嘘偽りなく事実を記入して申し込みすることが重要になります。

基本的なことですが、事実と異なる内容で申し込みをして、審査に落ちている人も多いです。

また、電話が来た場合には、きちんと対応することも大切です。

普段は電話に出ないようにしている人も、審査している間は電話対応できるようにしておきましょう。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

プロミスの審査に時間がかかる理由

プロミスの審査は最短30分で終わりますが、中には時間がかかってしまう場合があります。

審査に時間がかかってしまうのは忘れられているわけでも、落ちたからでもありません。

以下の理由が考えられます。

申し込みが混雑している

1つ目の理由としては、申し込みが混雑しているからです。

申し込みが短時間に集中してしまうと結果的に時間がかかってしまいます。

特に会社員の仕事が終わる夕方から夜にかけては申し込みが多いです。

多くの人が申し込むであろう時間帯は避けることをおすすめします。

情報の確認に時間がかかっている

実際に申告した内容と個人情報が合っていないとプロミスは確認をしないといけないので、審査は長引きます。

例えば、職業と勤続年数に見合っていない年収の場合は確認が必要です。

また、他社の借り入れがある場合、「多重債務」になって返済できなくなる可能性があるので、時間をかけて審査を行うことになります。

在籍確認ができていない

在籍確認が終わらないと審査を完了させることはできません。

そのため在籍確認が終わらずに審査が長引くことがあります。

電話しても誰も出ないと在籍確認完了とはなりません。

プロミスの審査に受かる人の特徴やコツ

ここでは、プロミスの審査に受かる人の特徴やそのコツをご紹介します。

それでは早速ひとつずつ特徴を見ていきましょう。

審査には給料を2~3ヶ月分受け取ってから申し込むべき

まず、仕事を初めて、給料を2〜3ヶ月分ほど受け取ってから申し込むことで審査の通過率が上がります。

なるべく半年以上勤めてから申し込む方が審査が通過しやすくなるため望ましいです。

そうすることで、毎月確実に収入が入る事をアピールでき、貸し倒れのリスクが低いとみなされます

借入理由をよく考える

カードローンで借り入れしたお金の用途は特に定められておらず、利用目的は原則自由です。

しかし、借入理由があまりに常識から逸脱していると、申込者の常識を疑われたり、返済の見込みがあるか判断できません。

常識から見て不適当な理由が書かれている場合は審査に受かる可能性が低くなってしまいます

また、借り入れ理由欄を設けることは借り入れに事件性がないか確認することにつながります

脅迫や詐欺などの被害に遭って、提示された金額を用意できず、やむなく消費者金融を利用するケースがあります。

そのような事件性がある借り入れの場合、申込み理由が常識的でない不自然なものであったり、返済の目途が見込めない事があります。

名義貸しなど、金銭トラブルに関わっている場合もあり、借入理由をチェックすることで不正利用発覚に繋がることがあります。

具体的に、金融機関によってカードローンの利用用途として禁止されているものがあります。

  • 投資やギャンブル
  • 事業性資金
  • 他社への返済用の借入

これらが申込み理由の場合、審査に通過することは難しいです

なぜなら、これらの申込み理由は貸し倒れのリスクが高く、確実に返済されると確信できないからです

カードローンを他社借入の返済を理由に借りることは好ましくありません。

他社返済のために新たな借入を繰り返すと、最悪の場合、自己破産や任意整理などを引き起こすことがあるためです。

他社返済のための借入は、おまとめローン」など返済専用商品が用意されていることも多いため、そちらを検討してみましょう。

ここでは、プロミスの公式サイトに書かれた、カードローンを利用する人が答えた申込み理由TOP3をご紹介します。

申込み理由を記入する際、ぜひ参考にしてください。

1位:日常の生活費

食費や日用品、水道光熱費等の公共料金など、生きていくうえで最低限必要な出費がこれに当たります。

日常生活を続けるため、どうしても借り入れする必要があった人が多いのでしょう。

このような理由なら、担当者も申込者へ融資してあげようと積極的に思うのではないでしょうか。

2位:娯楽・趣味・旅行に関わる出費

このような理由で借り入れする人は1位の理由に比べると割合は一気に下がりますが、約20の申込者がこのような理由で借り入れを希望するそうです。

趣味によっては高額な出費が必要になったり、旅行でまとまったお金が必要になることは確かに頷けます。

3位:クレジットカードの支払い

毎月のクレジットカードの支払いが負担となり、翌月の請求分が支払えない恐れがあるという状況は想像するのに難くない理由ですよね。

クレジットカードにはキャッシングができるものもありますが、カードローンの方が借入限度額が大きいため、申し込む人が多いのでしょう。

以上のような、カードローンを申し込むのに納得できる理由で申し込むことが審査をスムーズに進めるコツです。

記入したカードローンの用途が本当かどうかは、基本的には厳しく調査されることはありません。

理由は、申込者それぞれの個人的な経済状況や生活環境の調査を行うとなると、コストや時間がかかりすぎてしまうからです。

ただし、記入された借入理由を常識的なものにしても、本当の借入理由が他社の借り入れ返済だった場合、勘ぐられる場合があります

なぜなら、信用調査の段階で他社借入状況が筒抜けになっているからです。

注意

相手は数多くの審査を行ってきたプロであるため、信用をなくすような嘘をつくことは避けるようにしましょう。

プロミスで特定の目的でお金を借りたいときには、金利の低い「目的ローン」を利用することも可能です

目的別ローンとは
目的別ローンとは、カードローン・フリーローンとは違い、借りたお金の使い道が決まっているローンです。
結婚に伴う挙式・披露宴・新婚旅行の費用、入院による費用などの経費、子供の大学入学に伴う入学金や授業料などが対象とされています。
利用するメリットは、低金利でローンを組めることです。
目的別ローンのデメリットは、基本の必要書類の他に、さらに目的に応じたいろいろな書類の準備が必要となることです。
金利が低い分審査が厳しいこともあります。
また、基本的に融資は1回で、何度も借り入れをすることはできません。

プロミスの目的別ローンの対象は以下の通りです。

  • 教育ローンとして借りる
  • 結婚資金として借りる
  • 車の購入資金として借りる
  • 旅行資金として借りる

目的別ローンは普段の家計ではまかなえない大きな出費に対応するものです。

本来の使用用途とは違うのに目的別ローンの利用を申し出るのは虚偽申告となります。

虚偽申告は悪質な場合詐欺罪が適用されてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

他の消費者金融には同時に申し込まない

他の消費者金融に同時に申し込むと、審査に不利になります。

なぜなら、他社での借入状況が信用情報機関が管理する信用情報に書かれており、申込者の経済状況や返済能力を疑われてしまうからです。

他でも審査を進めているのにプロミスを申し込むほどお金に困っているなんて、この人は本当に返済してくれるのか?
他社で審査に通る見込みがないほど信用情報に自信がない人なのか?

このように思われてしまうと審査に通過できない理由になってしまいます。

プロミスに申し込む際は、他社の審査が終わるまで待ってからにすることが審査に通りやすくするコツです。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

プロミスの審査を実際に受けた人の口コミをご紹介

プロミスの審査を受け、通った人と通らなかった人に分けた実際の口コミ評判をご紹介します。

プロミスの審査を実際に受けた人の口コミ評判

審査に通った人の口コミ

まずは審査に通った人の口コミをご紹介します。

審査と振込がどちらも早く、2時間ほどで借入を行うことが出来た。緊急の出費が必要になった時、非常に助かった。

他の消費者金融ではいろいろ質問されたのちに審査落ちのメールが。プロミスでも審査に通らなかったら諦めようと思ったが、丁寧な電話対応を受け、希望額を借入れすることができ、ありがたい。

どうしても7万足りなくて電話をダメ元でしてみたら見事に審査に通りました。
難しい計算も丁寧に教えていただいてキャッシングについてよく理解できた。
パートの生活で安定はしていましたがどうしても旅行代金で支払いが足りなかったので大変助かりました。

電話対応をしてくれたのが女性の方で、過去の事や現在の事(年収は230万円でクレジットのキャッシングや他社の借り入れはゼロ)をウソをつかずに相談すると、本当に丁寧な神対応をしていただき、予想以上の限度額まで借入が可能との事で助かりました!

これらが審査に通った人の口コミの一部です。

全体的に載せられていた意見はこれらのポイントが共通しています。

審査に通った人の口コミのポイント
  • 審査や、実際の融資までのスピードが早くて驚いた
  • 他社では審査に落ちたが、プロミスでは審査に通ることができた
  • 希望融資額があまり高額ではない
  • 安定した収入があるが、緊急でお金が足りなくなった
  • 電話対応が親切で分かりやすかった

これらのポイントから、プロミスは数ある消費者金融の中でも特に初心者に優しいことが分かります。

融資が行われるまでがスピーディーで助かったという声も多かったです。

他社からの借り入れがある状態で申し込んでも審査に通ったという口コミもありました。

また、審査に通った人の特徴として、日常的にお金に困っているわけではないが、緊急でお金が必要になったというパターンが多いようでした。

その融資希望金額もあまり高額ではなく、貸し倒れのリスクがないことも審査に通った理由かもしれません。

審査に通らなかった人の口コミ

次に審査に通らなかった人の実際の口コミをいくつかご紹介します。

1度退職した会社にまた入社することが決まったから申し込んだ。まだ正式に戻る手続きが終わってなかったので在籍確認を電話なしでしてもらおうと思っていた。その後電話がかかってきて、在籍確認したら退職されたと言われたため審査に落ちたといわれた。

以前に他社で滞納した過去があったが、時間がたちもう大丈夫だと思いプロミスに申し込んだ。申し込み後1時間ほどで電話があり、在籍確認もされ融資が受けられると思ったが、メールで否決と言われた。

即日融資が希望だったが、源泉徴収などの書類が必要で断られてしまいました。

これらが審査に通らなかった人の口コミです。

これらの口コミから、審査に通らなかった人の口コミでよく書かれていたポイントをまとめました。

審査に通らなかった人の口コミのポイント
  • 信用情報に傷があったことが審査に通らない原因だと考えられる
  • 勤続期間が十分にない状態で審査を申し込んでしまった
  • 書類準備が十分でなく、お金の融資が必要な時に間に合わなかった

これらのポイントから、審査に通らなかった人の特徴は、審査の流れが把握できておらず、審査に不利な状態で申込みをしてしまっている印象でした。

やはり信用情報に記録されている傷がしっかり消えてから申し込む必要がありそうです。

また、審査に不利になる点をしっかり把握し、その部分を見直してから申込みを行いましょう。

他には、電話対応が悪い人に当たってしまったという人の口コミも見られました。

審査に通った人の口コミでは電話対応を褒めていた人が多かったので、多少あたりはずれがあるのかもしれません。

プロミスの返済の滞納による厳しい取り立てはある?

プロミスで期日までに返済できず滞納してしまった場合、厳しい取り立てがあるかもしれないと不安に思う人はいるかもしれません。

結論から言うと、プロミスでの返済が遅れてしまっても、過剰な取り立てはされません。

なぜなら、過剰な取り立ては賃貸業法という法律で禁止されているためです。

カードローンの支払いが遅れた場合、まずは遅延利率が適応されます。

その後、書類や電話での滞納の通知があり、それでも支払われないと利用停止になってしまいます。

この場合、過剰な取り立てはされませんが、それよりも信用情報に重大な傷がついてしまう点に注意すべきです。

滞納記録はブラックリストに入ってしまい、新しくローンを組めなくなります。

もしも借金の返済が厳しくなったときはまずは金融業者に連絡をし、その上で相談窓口に相談しましょう。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

プロミスの審査に関してよくある質問

プロミスの審査に関してよくある質問をまとめたので参考にしてください。

審査に通るか不安な時はどうすればいい?

プロミスの公式サイトには「お借入シミュレーション」があります。

生年月日と現在の年収、他社からの借入額を入力するだけで借り入れができるかどうかがわかります。

しかし、これはあくまでもシミュレーションなので、「お借り入れ可能と思われます」という結果になっても、必ず審査に通るわけではないです。

プロミスの審査に落ちて再度申し込むことは可能?

審査で落ちてしまったけれど、もう一度プロミスに申し込みたいという場合、時間をおいて申し込めば大丈夫です。

再申し込みまで空ける期間の目安は「半年以上」です。

半年というのは信用情報機関にある「プロミスに申し込んだ」という記録が消える期間です。

時間をおかずに申し込むと再度落ちる可能性が高いので、前回の申し込み記録が消えてから申し込みましょう。

プロミスの審査にかかる時間は?

プロミスの審査は最短30分で終わります。

しかし、申し込んだ時間帯によっては翌日になってしまう可能性があります。

プロミスの審査に落ちました。理由はなんでしょうか?

プロミスの審査に落ちる人の特徴としては、安定した収入がないことや、複数のカードローンを同時に申し込んだことです。

また、すでに他社からの借入があったり、信用情報に傷があると審査には通りづらくなります。

プロミスでお金を借りたらヤバいですか?

プロミスでお金を借りることはヤバくはありません。

ヤバいのはお金を借りたのに期日に返せなくなり、借金を滞納してしまうことです。

しっかり期日通りに返済していけば信用情報に傷がつくことはありません。

プロミスの審査をしっかり理解して効率よく借り入れしよう!

以上、プロミスの審査の甘さや口コミについて解説してきました。

あらためて、今回の記事のポイントをまとめておきましょう。

  • 審査は最短30分!すぐに融資が受けられる
  • プロミスの申し込みは主婦やパートやアルバイトでもOK
  • 年齢18歳~69歳の安定した収入のある方なら審査に通る
  • 複数の消費者金融で借り入れしていても審査に通ることも
  • 金融事故を起こしたことのある方は審査に通らない可能性も
  • 申込情報の登録は誤りなく記入しよう
  • 収入に見合った金額を借りよう!

プロミスの審査は決して厳しいものではありません

安定した収入があり、年齢18歳〜69歳の方なら誰でも借り入れすることができます

ただし、信用情報に事故情報が載っている場合や収入に見合ってない金額の借り入れを申し込んだ場合は審査に落ちることも

プロミスの審査基準は公表していないため、明確な理由が分かるわけではないですが、まずは申し込んでみるのも良いでしょう。

審査に落ちた場合は、審査落ちの可能性のある項目をクリアにしていきましょう。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!