カードローンおすすめランキング人気21社を徹底比較!低金利で審査が早いのはここ!

カードローンってどこがおすすめ?

銀行と消費者金融のカードローンってどっちが便利?

カードローンは突然の出費に対応でき、経済的にも精神的にも余裕を持たせてくれる便利な商品です。

しかし、「数が多すぎて一人じゃ選べない…」という悩みを抱える方も少なくありません。

この記事では、カードローンの特徴や口コミ評判から、おすすめの21社に厳選してわかりやすくご紹介しています。

審査が甘いカードローンや、金利が低くて利用が人にバレにくいカードローンはあるのでしょうか?

当サイトが「金利の低さ」「融資までのスピード」「無利息期間」「返済方法」「口コミでの評判」などから厳選したカードローンのおすすめランキングをご紹介します

おすすめのカードローンは…
  • カードローンは「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」など、様々な種類がある
  • 銀行カードローンは金利を抑えたい方向け!
  • 消費者金融カードローンは利用がバレにくく即日融資を受けることもできる!
  • カードローンを選ぶ際は「金利」「融資スピード」「無利息期間」などを見ましょう!
  • カードローンの審査は3つのポイントだけ気を付けましょう!
  • 「アコム」「プロミス」「アイフル」などは比較的に金利も低く設定されている
  • 中でも「アイフル」は金利が『3.0%~18.0%』と低く、融資まで最短25分で完了!
  • また、アイフルは初回限定で30日間金利0円で借入可能!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

アイフルの1秒事前審査はこちら

この記事のアドバイザー(専門家)

宮野茉莉子
1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許

目次

カードローンとは?

カードローンとは、担保や保証人なしで現金を借入できるサービスのことです。

銀行や消費者金融と契約した後は、いつでも好きな時に借入できます。

ここではすぐに利用しなくても知っておきたいカードローンの常識を丁寧にご紹介します。

カードローンの特徴を一つずつ詳しく見ていきましょう。

カードローンはキャッシングとどう違うのかを解説

カードローンはクレジットカードのキャッシングの金利には差があります。

以下の表で、実際の「カードローンの金利」と「クレジットカードのキャッシングの金利」を確認してみましょう。

カードローン各社の金利
カードローン 上限金利 下限金利
レイクALSA 18.0% 4.5%
アイフル 18.0% 3.0%
アコム 18.0% 3.0%
三井住友銀行 年14.5% 年1.5%
楽天銀行 14.5% 1.9%

カードローンの場合、消費者金融は上限が18.0%、下限が3.0%〜4.5%。

銀行の場合は、上限が14.5%、下限が1.5%~1.9%とさらに銀行ならではの金利になっています。

一方、クレジットカードのキャッシングの金利は以下の通りです。

クレジットカード各社の金利
キャッシング 上限金利 下限金利
三井住友カード 18.0% 15.0%
JCB 18.0% 15.0%
オリコカード 18.0% 15.0%
三菱UFJカード 17.95% 14.95%

クレジットカードのキャッシングの場合は、上限がほぼ18.0%、下限がほぼ15.0%となっています。

上限金利に関しては、消費者金融のカードローンとクレジットカードのキャッシングは、それほど大きな違いはありません。

銀行のカードローンと比較しても、約4%の違いです。

一方、下限金利に関しては、カードローンが1.5%~4.5%であるのに対し、クレジットカードのキャッシングは15.0%と大差がついています。

借入をする際は、より金利の低いカードローンを活用しましょう。

なかでも、消費者金融カードローンは初回限定で無利息期間が設定されている業者もあります。

たとえば、アイフルは初めてのご利用で30日間利息0円で利用することもできるので、賢くお金を活用しましょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

借りたお金は自由に活用できる

カードローンで借りたお金は原則として自由に活用することができます。

日本貸金業協会が2019年発表した調査によると、直近3年間で借入を経験した方の資金使途は以下のようになってます。

資金使途 割合
趣味/娯楽
(レジャー、旅行を含む)費
41.7%
食費 17.0%
外食費等の遊興費 14.5%
家賃の支払い
(住宅ローンの返済を除く)
11.8%
衣料費 10.4%
自動車の購入費
(車検整備費等を含む)
10.1%
住宅ローン等の返済資金不足の補填 8.5%
納税・納付などの支払 8.2%
医療費 7.3%
住宅のリフォーム費 7.0%
ギャンブル 6.6%
冠婚葬祭費 6.3%

出典:資金需要者等の現状と動向に関する調査結果報告|日本貸金業協会

このように、カードローンは幅広い目的に使える資金を短期間で集めることができます。

ただし、カードローンの中でもフリーローンは、ビジネス目的の「事業性資金」が禁止・制限されているサービスが多いのでお気を付けください。

フリーローンとは?

フリーローンは銀行が個人向けに取り扱っている金融サービスのことです。

基本的に制限なく使うことができますが、事業性資金に活用することができないので、ビジネスローンを利用すると以下の場面で資金活用できます。

  • 新規事業の開業資金
  • 取引先への支払資金
  • 運転資金
  • 設備資金

また、計画的にカードローンを利用するためには、本当に必要な金額だけを借入するようにすることが重要です。

より金利を抑えて借り入れをしたい方は、フリーローンを選びましょう。

今すぐお金が必要な方は、消費者金融カードローンを選びましょう。

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

借り入れに担保や保証人が不要

カードローンは借入する際に、担保や保証人なしで利用できることが特徴的です。

担保や保証人がないことで、「周りに迷惑をかけたくない!」という方だけではなく、「周囲にバレたくない」という方も利用しやすいです。

一方で、無担保・保証人不要ということもあり、審査が厳しくなる傾向があります。

たとえば、公務員や大手企業の正社員が審査に強い一方、自営業やパートなどの非正規社員は金融機関によって審査で不利になりがちです。

ただし、虚偽の申告は以下のように大きなリスクになるのでしてはいけません。

審査で虚偽の申告をするとどうなる?
  • 審査に落ちる
  • 強制解約
  • 信用情報に影響

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

利息は借り入れ金額によって上限が決まっている

「アイフル」「プロミス」「アコム」などの貸金業者は、上限金額が年15%~20%になるように利息制限法によって定められています。

利息制限法とは?

利息制限法とは、金銭消費貸借における最高利率を規制する法律のことで、最高利率を制限することで、暴利から債務者を守る目的があります。

以下の表のように、消費者金融カードローンは借入金額に対して利息の上限利率が定められているので参考にしてください。

借入金額 利息の上限利率
元本が10万未満 年20%
元本が10万円~100万円未満 年18%
元本が100万円以上 年15%

金利を下げたい方は、複数の金融機関で借入するより、1社でまとめて借入しましょう。

利息は借入金額によって上限金額が変わり、借入金額が少ないほど利息が高くなり、多いほど利息が低くなるからです。

また、毎月の返済額は元本と利息を合わせた金額になるため、金利は返済の負担を大きく左右する重要なポイントとなります。

返済額が全て元本に充てられるわけではないため、毎月しっかり払っていても「なかなか元本が減らないな」と返済に苦しむ方も少なくありません。

そのため、少しでも返済の負担を軽くしたい場合、初めてカードローンを借入する方は、「無利息期間」のある金融機関を選ぶのがおすすめです。

無利息期間とは、初めてカードローンを利用する方が一定期間利息ゼロで借入できるサービスのことで、一部の消費者金融で導入されています。

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

借入限度額は年収の3分の1まで

消費者金融カードローンは基本的に年収の3分の1までしか借入することができません。

これは消費者金融などの貸金業者は貸金業法に基づいて貸し付けを行っており、過剰な貸し付けができないからです。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。

出典:貸金業法について|日本貸金業協会

そのため、年収300万円の方なら、総量規制が適用される消費者金融からは最大100万円までしか貸し付けを受けられません。

銀行は銀行法が適用されているので総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超える貸し付けも可能です。

ただ、しっかりと自己管理ができないと、銀行カードローンであっても借り過ぎになるため注意しましょう。

実際に、年収の3分の1を超えた借り入れもできますが、審査も厳しく返済額も多くなります。

また、以前は「過剰な貸し付け」というと真っ先に消費者金融が挙げられていました。

しかし、消費者金融に総量規制が実施されてからは、逆に「銀行の過剰な貸し付け」が問題視されるようになりました。

カードローンは一度契約すれば、好きな時に何度でも借りられるようになるため、年収の3分の1で計画的に利用しましょう

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

コンビニのATMでも借り入れや返済が可能

カードローンは利便性の高さが特徴的です。

全国のコンビニATMから借入や返済ができるだけでなく、多くのカードローンでは提携しているコンビニATMで手数料が無料で利用することができます。

また、最近増えている「カードレス契約」はWeb完結できるうえ、郵送物もなく契約後すぐに融資を受けられることから人気が高まっています。

ただ、カードレス契約は「振込み融資専用」が多く、コンビニATMの利用に向いていないので気を付けましょう。

振込み融資とは?

指定した口座へ希望した借入額を直接入金してもらうこと。

カードレス契約のカードローンで主流の融資方法となっています。

カードレス契約がコンビニATMの利用に向いていない理由は、以下の通りです。

なぜカードレス契約がコンビニATMの利用に向ていない?
  • カードレスに対応しているATMが少ない
  • カードレスの場合はATM手数料がかかる

コンビニATMをフル活用したい方には、使い勝手が悪いため、カードレス契約は慎重に考えましょう

続いて、銀行と消費者金融のカードローンの大きな違いをわかりやすくご紹介します。

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

銀行と消費者金融のカードローンの違い

銀行と消費者金融では、利用する前に知っておきたい大きな違いがいくつかあります。

以下の表で、銀行と消費者金融カードローンの違いをご覧ください。

消費者金融 銀行
適用される法律 貸金業法 銀行法
総量規制 対象 対象外
金利 高い 低い
審査 パートでも利用可能 消費者金融よりも審査が厳しい傾向
融資のスピード 早い 遅い

金利を抑えてカードローンを利用したい方は、銀行カードローンを選びましょう。

なぜなら、銀行カードローンの最大のメリットは消費者金融と比べて金利が低いことだからです。

また、銀行カードローンでは「銀行法」が適用されているため、総量規制を気にすることなく借入を行うことができます。

ただ、銀行カードローンの審査は厳しく、即日融資も2018年1月より停止されているので、融資のスピードでは消費者金融に敵いません。

一方、今すぐお金が欲しい方は、消費者金融カードローンを選びましょう。

特に大手の消費者金融カードローンは最短25分と即日融資にも対応しているからです。

以前は消費者金融の過剰な貸付が社会問題となり「消費者金融は怖い…」というネガティブなイメージがありました。

しかし、消費者金融は「改正貸金業法」適用後、年収の3分の1を超えた過剰な貸付ができなくなっており、より安全に利用できるようになっています。

改正貸金業法とは?

改正貸金業法は多重債務問題を解決することで、より安心して借入を行えるための法律です。

最近では、むしろ総量規制に対象外となる銀行カードローンの過剰な貸付が問題視されることも少なくありません。

金利に関しても、銀行より消費者金融の方が高いですが、無利息期間があるのは消費者金融カードローンのみです。

たとえば、アイフルのカードローンでは、初回に限り最大30日間利息0円と賢く利用することもできますよ。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

カードローンのおすすめの選び方!見ておくべきポイントは5つ!

ここでは、カードローンを選ぶ際に確認したいポイントを5つご紹介します。

カードローンを選ぶ5つのポイント

上記の5つのポイントからカードローンを選ぶと、あなたに合った商品を見つけることができますよ。

ポイント①:金利

カードローンを選ぶ際は、金利に注目しましょう。

これはカードローンの金利によって、返済金額に影響を与えるからです。

金利の低いカードローンは、金利の高いカードローンよりも返済金額が少なく済みます。

ただし、金利は長期的な返済計画にも影響するので、返済シミュレーションを参考にしてください。

まず以下の表で、10万円を実質年率(金利)18%で借入して、毎月1万円を返済するシミュレーションをご紹介します。

①借入額10万円:月々1万円で11カ月返済した場合
返済回数 返済金額 元金充当 利息充当 残高
0 0円 0円 0円 100,000円
1 10,000円 8,472円 1,528円 91,528円
2 10,000円 8,601円 1,399円 82,927円
3 10,000円 8,774円 1,226円 74,153円
4 10,000円 8,867円 1,133円 65,286円
5 10,000円 9,305円 965円 56,251円
6 10,000円 9,141円 859円 47,110円
7 10,000円 9,280円 720円 37,830円
8 10,000円 9,478円 522円 28,352円
9 10,000円 9,567円 433円 18,785円
10 10,000円 9,723円 277円 9,062円
11 10,000円 9,062円 138円 0円
総額 109,200円 9,200円

返済1回目の1万円の内訳を見てみると、元本手当が8,472円、利息手当が1,528円になっています。

1万円の返済しても、「元本+利息」で1万円となっているため、1万円をそのまま元本の返済に充てているわけではないので気を付けましょう。

次に、返済額を上げて①の表よりも短期間の6ヶ月で返済する場合をご覧ください。

②借入額10万円:月々1万8千円で6カ月返済した場合
返済回数 返済金額 元金充当 利息充当 残高
0 0円 0円 0円 100,000円
1 18,000円 16,472円 1,528円 83,528円
2 18,000円 16,724円 1,276円 66,804円
3 18,000円 17,012円 988円 49,792円
4 18,000円 17,239円 761円 32,553円
5 18,000円 17,519円 481円 15,034円
6 18,000円 15,034円 229円 0円
総額 105,263円 5,263円

①の表では利息総額が9,200円だったのに対し、➁の表では5,263円と、3,937円も安くなっていることがわかります。

カードローンは長期返済になると金利の利息分だけ総支払額が増えてしまうため、短期で返済することも大事です。

カードローンおすすめの返済方法

金利は「元本」に対してかかるため、余力があれば、任意の追加返済も利用し、少しでも早く元本を減らしましょう。

繰り上げ返済ができれば、総支払額は最小限で済みます。

カードローンの金利が高く「失敗したな~」と後悔している場合は、借り換えを検討してみましょう。

現在より低い金利で貸し付けを行っているカードローンへ借り換えできれば、金利の負担も軽くなります。

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

ポイント②:融資スピード

カードローンを選ぶ際には、融資スピードを確認することをおすすめします。

融資スピードが早いと、「今すぐお金が欲しい…」「入院費用を借りたい」など、即金が欲しい方もすぐに借入ができるからです。

以下の表で、融資スピードが早い大手消費者金融をまとめました。

カードローン会社 融資スピード
アコム 最短30分
プロミス 最短30分
アイフル 最短25分
SMBCモビット 最短30分
レイクALSA 最短25分

一般的に、融資スピードが早いのは大手の消費者金融で、最短25分と即日で融資を受けることができます。

ただし、即日融資を受けたい方は、営業時間内(一般的に21時まで)に審査が終わっておく必要があるのでお気を付けください。

特に、ネット申込はカードレス契約を選択すれば郵便物もなくなり、誰にもバレずに申込ができるのでおすすめです。

また、至急お金が必要な方は、「お急ぎ専用の電話番号」を用意している金融機関を選ぶのも手段です。

お急ぎ専用の電話番号なら、融通を利かせて審査をスピーディーに進めてくれます。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

アイフルの1秒事前審査はこちら

ポイント③:無利息期間

初めての借入で不安な方には、無利息期間があるカードローンをおすすめします。

無利息期間があるカードローンは、期間内に返済すると利息を0円に抑えることできるからです。

カードローンの無利息期間とは?
  • 初めてカードローンを利用する方を対象に、利息ゼロで借入できる期間のこと。
  • 一般的に30日~60日程度で、各金融機関によって日数は異なります。
  • 無利息期間内に何回借入しても利息が0円

実は、銀行カードローンには無利息期間がありません。

以下のような一部の消費者金融を利用することで利息を払わなくて済みます。

無利息期間がある代表的な消費者金融
  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • レイクALSA

無利息期間は、消費者金融によって期間が異なりますが、お得にカードローンをお試しできる数少ないチャンスです。

短期間で返済できる目途があるなら、利息ゼロでお得に借入ができる無利息期間を利用しない手はありません。

正直なところ、初めての借入する方は、無利息期間があり、即日から融資を受けられる消費者金融カードローンがおすすめです。

初回限定で利息0円で借入できるので、無利息期間を賢く活用しましょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

ポイント④:返済方法

カードローンを使う際は、「確実に返済できる方法」を選び、毎月遅れずに返済していくことが重要です。

つまり、カードローンを利用するなら、返済しにくい金融機関を選んではいけません。

これはカードローンの返済方法が不便だと、遅延を起こす可能性が高くなるからです。

カードローンには主に以下のような返済方法があります。

カードローンの主な返済方法
  • 口座引き落とし
  • コンビニなど提携ATM
  • インターネット返済
  • 銀行振込
  • 店頭窓口
  • スマホATM(スマホアプリで現金の出入金を操作できるサービス)

しかし、返済の際に入金を忘れてしまったという事例も少なくはありません。

返済で遅延や入金を忘れてしまう原因は、金融機関から「○○銀行の口座引き落とし」と指定されることにあります。

カードローンの返済を「忘れてしまう」「遅れてしまう」と以下のようなリスクがあるので気を付けましょう。

カードローンの返済が遅れるとどうなる?
  • 遅延損害金が発生する
  • 強制解約や利用停止にされることも
  • 信用情報に影響する

カードローン業者を選ぶ際には、もしものことを考えて返済方法や返済日を途中で変更しやすい金融機関を選びましょう。

消費者金融カードローンでは、あなたのご都合に合わせて柔軟に返済方法を選ぶことができます。

あなたが毎月確実に返済できる金融機関を選び、安心して利用しましょう。

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

ポイント⑤:金融機関の信頼性

カードローンを選ぶ際は、トラブルになりにくい信頼できる金融機関と契約しましょう。

信頼できる金融業者は、金融庁の公式ホームページにある「登録貸金業者情報検索サービス」から、以下の情報を入力することで調べることができます。

※本記事で紹介しているカードローン業者は、登録貸金業者情報検索サービスに登録されています。

登録貸金業者情報検索サービスの入力項目
  • 登録番号
  • 所在地
  • 商号(名称)
  • 代表番号
  • 電話番号

貸金業を行う金融機関は、所在地を管轄する「財務局長」もしくは「都道府県知事」の登録が必要です。

登録されているカードローン業者は登録貸金業者情報検索サービスでヒットするため、比較的に安全性が高いです。

一方で、登録貸金業者情報検索サービスで検索しても、ヒットしない無登録業者には注意が必要になります。

なぜ無登録業者は危ない?
  • カードローン業者の中には、違法な高金利で貸し付けを行う悪質な企業も含まれており、その多くが無登録業者
  • 無登録業者は公式ホームページに架空の登録番号を掲載している可能性もあります

銀行はもちろんのこと、大手消費者金融の「アイフル」「プロミス」であれば調べる必要もありませんが、知名度の低い業者を検討している場合は登録を確認すると安全です。

無登録業者のよくあるトラブルは、「高金利による貸付」「取り立て」「嫌がらせ行為」などあります。

このような事態にならないためにも、カードローンを選ぶ時には、後々トラブルになりにくい信頼できる登録業者と契約しましょう。

おすすめカードローンの人気ランキング21選

ここからはおすすめのカードローンをランキング形式で21選ご紹介します。

当サイトは、以下のような公式サイトに掲載されている情報や口コミ評判から独自の基準でランキングを作成しています。

判断ポイント
  • 金利の低さ
  • 融資までのスピード
  • 無利息期間
  • 返済方法

以下の表のように、どのカードローンにも特徴があります。

カードローン_おすすめ_アイフルアイフル カードローン_おすすめ_プロミスプロミス カードローン_おすすめ_smbcモビットSMBCモビット カードローン_おすすめ_アコムアコム カードローン_おすすめ_レイクalsaレイクALSA カードローン_おすすめ_楽天銀行楽天銀行スーパーローン カードローン_おすすめ_モビットnextTカード プラス(SMBCモビット next) バンクイックー三菱UFJ三菱UFJ銀行カードローン カードローン_おすすめ_横浜銀行横浜銀行カードローン カードローン_おすすめ_みずほ銀行みずほ銀行カードローン カードローン_おすすめ_りそな銀行カードローンりそな銀行カードローン カードローン_おすすめ_ソニー銀行カードローンソニー銀行カードローン カードローン_おすすめ_三井住友銀行カードローン三井住友銀行カードローン カードローン_おすすめ_オリックス銀行カードローンオリックス銀行カードローン カードローン_おすすめ_auじぶん銀行カードローンauじぶん銀行カードローン カードローン_おすすめ_セブン銀行カードローンセブン銀行カードローン カードローン_おすすめ_jcbJCB CARD LOAN FAITH カードローン_おすすめ_住信sbiネット銀行カードローン住信SBI銀行カードローン カードローン_おすすめ_paypay銀行カードローンPayPay銀行カードローン カードローン_おすすめ_イオン銀行カードローンイオン銀行カードローン カードローン_おすすめ_千葉銀行カードローン千葉銀行カードローン
金利 3.0%~18.0% 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0% 1.90%~14.50% 年3.0%~年18.0% 1.8%~14.6% 年1.5%~14.6% 2.0%~14.0% 年3.5%~年13.5% 2.5%~13.8%
(変動金利)
年1.5%~年14.5% 年1.7%~年17.8% 年1.48%~年17.5% 年12.0%~年15.0% 年4.4%~年12.5% 年1.59%~年14.79% 年1.59%~年18.0% 年3.8%~年13.8% 年1.4%~年14.8%
借入限度額 800万円 500万円 800万円 800万円 500万円 最大800万円 800万円 500万円 最大1,000万円 800万円 800万円 800万円 10万~800万円 800万円 800万円 300万円 500万円 1,200万円 1,000万円 800万円 800万円
審査期間 最短30分 最短30分 最短10秒で事前審査 最短30分 最短15秒 最短当日 最短30分 最短翌日 最短翌日 最短3営業日 最短2週間 最短翌日 最短翌営業日 1週間程度 最短1時間 最短2営業日 最短即日 最短60分 最短60分 最短翌営業日 翌営業日以上
融資速度 最短25分 最短30分 最短30分 最短30分 最短25分 最短翌日 最短即日 翌日以降 最短翌日 最短1週間 最短1週間以内 最短翌営業日 1週間程度 最短翌日以降 最短2営業日 最短3営業日 1週間~10日 最短翌営業日 最短翌営業日 翌営業日以上
保証人・担保 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要
WEB完結 可能 可能 可能 一部可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 一部可能※三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結。 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能
無利息期間 30日間 30日間 なし 30日間 60日間無利息
※5万円までなら180日間無利息
なし なし なし なし なし なし なし なし なし なし なし なし なし 30日間 なし なし
公式サイト

アイフル公式

プロミス公式

SMBCモビット公式

アコム公式

公式サイトはこちら

公式サイトはこちら

 ※SMBCモビット:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめカードローンの特徴を確認し、ご自身に合ったカードローンを利用しましょう。

1位:アイフル

カードローンにおすすめのアイフル

金利 3.0%~18.0% 収入証明書 不要
審査時間 最短25分 WEB完結 可能
融資スピード 最短25分 申込条件 20歳以上69歳以下
無利息期間 30日間(初回) 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 アイフル株式会社

※スマホの方は表をスライドできます。

アイフルのカードローンは「今すぐお金が欲しい!」方へおすすめです。

なんとアイフルは最短25分融資と業界最速の融資スピードのため、即日でお金を借入することができます。

また、融資速度だけではなく、以下のようなサービスも特徴的です。

アイフルの特徴
  • 最大30日間利息が0円(初回限定)
  • 原則、在籍確認が行われないので会社にバレにくい
  • 郵送物なしにすることもできるので家族にもバレにくい
  • 深夜や土日でも全国のスーパーやコンビニATMで借入や返済が可能
  • 24時間いつでもWebから3ステップで申し込み手続きができる

アイフルは価格.comのカードローンカテゴリ人気ランキング2021年下半期総合第1位の実績があり、担保や保証人も必要ありません。

いま初めて利用する方は、最大30日間利息0円で利用できるため、返済負担が少なくすることもできます。

審査通過率は48.2%と他社と比べても高いため、利用しやすい部分もポイントです。

>>>アイフル公式 Web申し込みはこちら<<<

アイフルは以下のように、3ステップとスムーズに申し込み手続きができます。

STEP.1
お申込み&審査
24時間365日Webから申し込み可能。
STEP.2
ご契約手続き
カードレス・口座振替登録で郵送物はなし!
STEP.3
お借入れ
ご利用限度額範囲で借入れ可能!アプリ・ATM・銀行口座への振込も利用可能!
アイフルの口コミ評判
  • 30代 男性
    実際に借入した時の感想は「審査スピードが早い」ことです。これだけ審査スピードが早いのならお金が早く欲しいときなどにも利用できそうです。
  • 30代 男性
    すぐにお金が必要になったので利用しました。午前のうちに申し込みをしたらその日のうちにお金をおろすことができました。金利は安くないですが、代わりに煩わしいやり取りを省いたり、早くお金を融資してもらえたりするので、いかに安く借りるかよりも早さと便利さを優先していた私に合っていました。
  • 40代 男性
    アイフルはテレビCMでも宣伝しているので悪い会社ではないと思い、借り入れをしました。在籍確認をすることを了承すると、すぐに会社に電話がかかってきました。在籍確認が終わるとインターネットで仮審査は終了して本審査に移れました。
  • 40代 女性
    他社からの借り換えにおすすめです!新たな借り入れはできないプランでしたが、審査は比較的にスムーズで、公共料金や携帯など支払いが遅れていないことが条件でした。毎月の支払額も相談できて非常にありがたかったです。
  • 30代 女性
    支払いが遅れると1日に何回も電話がかかってきてしつこかった。
  • 20代 男性
    初めての借入れだったのですがWeb申込をすると、審査完了まで1時間足らずのスピードで非常に便利だなと感じました。10万円の小口借入で金利は年18.0%と高い印象でしたが、初めての利用者には30日間の無利息サービスがあるので、利用すると実質金利0%で借り入れることができるところも非常に便利でした。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

アイフルの1秒事前審査はこちら

2位:プロミス

カードローンにおすすめのプロミス

金利 4.5%~17.8% 収入証明書 不要
審査時間 最短30分 WEB完結 可能
融資スピード 最短30分 申込条件 18歳~69歳(高校生を除く)
無利息期間 30日間(初回) 担保・保証人 不要
最高借入限度額 500万円 運営会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

※スマホの方は表をスライドできます。

プロミスのカードローンは「今すぐお金が必要」かつ「他の消費者金融よりも金利が低いほうがいい」方へおすすめです。

プロミスは最短30分と即日から融資を受けられるだけではなく、金利が4.5%~17.8%と他の消費者金融よりも低めに設定されています。

最短10秒で借入したい方は、プロミス独自の「瞬フリ」というサービスが非常に便利です。

瞬フリは土日や休日に関係なく、最短10秒で借入することができます。

プロミスの特徴
  • 4年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローンNo.1
  • 金利4.5%~17.8%と大手消費者金融の中で最も上限が低い
  • 無利息期間30日間(初回限定)
  • 来店や郵送物・カードの発行もなしにできるので家族や会社・知人にもバレにくい
  • 土日や夜間でも全国のコンビニATMで利用できる

プロミスのカードローンは利用者の満足度が高く、担保や保証人が必要ありません。

いま初めての利用者は、30日間無利息で利用することができるため、期間内での返済で金利による余計な費用が発生しません。

>>>プロミス公式 Web申し込みはこちら<<<

プロミスは以下のように、お申込みから返済まで4ステップのみです。

STEP.1
お申込み
24時間365日いつでもWeb・アプリから利用可能!
STEP.2
審査・ご契約
審査結果はメールもしくは電話から。ご契約もWeb対応
STEP.3
お借入
利用限度額から借入可能!
STEP.4
ご返済
返済日は5日・15日・25日・末日から選択可能。Web・アプリ・コンビニATMなどさまざまな方式で返済可能
プロミスの口コミ評判
  • 40代 男性
    先日プロミスから20万円ほど借りたのですが、初回の借り入れだったので30日間は無利息らしいです。ありがたい。
  • 30代 男性
    Webで申し込んだら、数分後に身分証を送ってほしいとメールが来て、送ると数十分後には審査完了しました。結局オペレーターと直接話すこともなく借り入れできたのでストレスがなかったです。
  • 30代 男性
    審査を通ることはできたけど、融資額が希望額に届かなかったことが残念に感じた。
  • 20代 女性
    どうしてもお金が必要で、めっちゃ焦って申し込みました。2日ぐらいかかると思ってたんですが、申し込んだその日にお金を振り込んでもらえて助かりました~。分割で返済できるのも後でわかって、意外と便利なサービスですね。
  • 30代 男性
    消費者金融の多くは金利が年18.0%に設定されているところ、プロミスは金利が年17.8%。数字では小さな違いですが、返済額には大きな差が出てきます。新規の申し込みには30日間の無利息期間がついてくることも魅力的でした。
  • 30代 女性
    郵送物が発生しないからプロミスを選びました。Web申込をすると本当に郵送物一切なしで審査を終わらせられて満足でした。
  • 20代 男性
    審査に何時間もかかったと思ったら、審査に落とされた。
  • 40代 女性
    対応は清々しく、インターネットから融資の申込みをした際にかかってきた電話も丁寧でいろいろと教えてくれた。お客さんの対応も重要だと思っている私からするとプロミスは良いと思います。

18歳や19歳の方は収入証明書の提出が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスの最短15秒事前審査はこちら

※毎週月曜0:00~7:00はシステムメンテナンスのため利用できません。
※提携金融機関のサービス停止などにより、上記の時間帯以外でも利用できないことがあります。

3位:アコム

カードローンにおすすめのアコム

金利 3.0%~18.0% 収入証明書 不要
審査時間 最短30分 WEB完結 一部可能
融資スピード 最短30分 申込条件 成人以上(高校生を除く)
無利息期間 30日間(初回) 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 アコム株式会社

※スマホの方は表をスライドできます。

アコムのカードローンは、はじめてカードローンを利用する方におすすめです。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループが提供するカードローンで、「はじめての方にオススメ」「即日ほしい人向け」「手続きがわかりやすい」の3部門でNo.1の実績があります。

アコムの特徴
  • 初めて借りる方は30日間金利0円で利用できる
  • 最短30分と即日融資に対応している
  • 申し込みから借入までWeb完結!24時間365日いつでも3ステップ
  • 電話での在籍確認をなくすこともできる
  • 無担保で保証人は不要

アコムは土日・祝日でも全国のコンビニATMや提携金融機関で利用可能です。

申し込み手続きは以下の3ステップで、最短30分で融資を受けることもできます。

STEP.1
申し込み・書類提出
Webからだと24時間365日来店不要!審査は最短30分で、審査にあたり本人確認書類の提出が必要です。
STEP.2
審査完了・契約
審査通過後はアコムATMまたはコンビニATMより、利用限度額まで何度でも利用することが可能!
STEP.3
お借入
24時間インターネットからお借入れ!最短30分でご融資!

消費者金融は即日融資が可能な業者が多いですが、実際に融資まで時間がかかってしまったというケースも少なくありません。

アコムの利用者の口コミ評判では「即日融資を受けることができた!」という評価が多く見られました。

それでは、実際のアコムの口コミ評価をご覧ください。

アコムの口コミ評判
  • 40代 男性
    家の近くのアコムから借入しようとしたら、ネットで申し込めるらしい!店舗で長い時間待たされるイメージがあったのに、30分くらいで契約ができました。スピーディーな対応で良かったです!
  • 30代 男性
    人生で初めてお金を借りた。窓口で借りるのには抵抗があったので、むじんくんを利用した。無事にお金を借りることはできたが、希望額の50万円は借りられず、40万しか借りれなかった。限度額は上がるらしいので期待。
  • 30代 女性
    運がよかったのか、オペレーターさんが色々な相談にも乗ってくれて丁寧でした。延滞の督促は確かに厳しかったですが、期日までに約定金額を返済する契約なので、厳しいのは当たり前です。
  • 30代 女性
    勤務先に電話がかかってくることが気になっていましたが、名前を確認したくらいの短い電話でした。審査もパス出来ましたし、ひと安心でした!
  • 30代 男性
    ネットから簡単に申し込むことができました!電話の対応も丁寧で、申し込んだその日に入金があったので本当に助かりました。アコムは誰も知っている会社ですし大手ということもあり安心です。

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、収入証明書のご提出が必要となりますので、ご準備をお願い致します。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

アコムの3秒診断はこちら

4位:SMBCモビット

カードローンにおすすめのsmbcモビット

金利 3.0%~18.0% 収入証明書 提出の場合あり
審査時間 10秒簡易審査 WEB完結 可能
融資スピード 最短30分 申込条件 20歳~69歳
安定した収入がある方
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 株式会社SMBCモビット

※スマホの方は表をスライドできます。

SMBCモビットは、SMBCグループの提供するキャッシング会社です。

SMBCモビットのおすすめポイント
  • WEB完結なら電話連絡なしなので家族や会社の人にバレにくい
  • 提携ATMが全国約120,000台(2022年4月時点)で、三井住友銀行ATMは手数料無料に!
  • 最短即日に借入ができる※申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります

SMBCモビットは家族や会社、知り合いにバレないようにカードローンを利用したいという方におすすめ。

なぜなら、SMBCモビットはWeb完結申込で、「会社など勤務先への電話連絡」や「自宅への郵送物」もなしと公表しているからです。

SMBCモビットのWEB完結なら、原則として電話・書類手続きが発生しないため、電話による在籍確認なしでご利用できます。

出典:カードローンの在籍確認が行われる理由|SMBCモビット公式

そのため、借入れをしていも、会社や家族・知り合いにバレるといった心配も不要です。

しかし、他の大手消費者金融のように無利息期間がありません。

そのため、「今すぐお金が必要だけど、どうしてもバレたくない…!」という方におすすめできるカードローンです。

SMBCモビットの口コミ評判
  • 30代 男性
    選んだ理由は審査の速さで、ネットから申し込むと本審査が1~2時間程度で済みました。申し込み当日にお金を借りることができるので、何度も助けられました。不明な点などは電話を電話で相談した際には、オペレーターの方が丁寧に対応してくれました。
  • 30代 男性
    初めての借入ということもあり少し抵抗がありましたが、保証人や担保が不要で家族にバレずに借りられるということ、自営業者でも利用できるという点が魅力でした。
  • 40代 男性
    三菱東京UFJのグループだし、安心して借りれました。でも銀行カードローンと比べると金利が高め?借入金額が少ないと他のカードローンでも金利が高くなってしまうこともあり使い勝手がいいので利用してます。
  • 30代 女性
    金利は他の消費者金融と比較しても高くも低くもないと思います。適用された金利は年率18.0%で、大手消費者と同じです。在籍確認の電話が不要で、申し込みをネットだけで完結できるという点からSMBCモビットに決めました。
  • 30代 男性
    審査はものすごく早く、実際は翌日に借入しましたが、申請当日でも利用可能だったように思えます。とくにかく、勤務先への在籍確認がないことやコンビニなどで365日利用できることが魅力です。
  • 30代 女性
    審査が厳しいと聞いていたことから、正直落ちると思っていましたが、数日かかったものの審査はOK!しかも、希望額の50万円を借りることができました。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

5位:レイクALSA

カードローンにおすすめのレイクalsa

金利 4.5%~18.0% 収入証明書 不要
審査時間 最短15秒 WEB完結 可能
融資スピード 最短25分 申込条件 満20歳~70歳の方
安定した収入がある方
無利息期間 60日(Web申込限定)
180日(5万まで)
担保・保証人 不要
最高借入限度額 500万円 運営会社 新生フィナンシャル株式会社

※スマホの方は表をスライドできます。

レイクALSAは新生銀行グループが提供するカードローンで、無利息期間が特徴的です。

レイクALSAのおすすめポイントは以下のようになっています。

レイクALSAのおすすめポイント
  • 初回60日間利息0円(Web申込み限定)
  • さらに借入額5万円までだと180日間無利息
  • 手続きは24時間365日Web完結かつカードレス

レイクALSAは利息が気になる方に非常におすすめ。

これはレイクALSAが他の消費者金融と比較して、長い無利息期間が設けられているからです。

実際に、初めてのご利用の場合は60日間、初めてかつ借入額が5万円以内の場合は180日間も利息0円で利用できます。

以下のように、レイクALSAは他の金融機関と比べても無利息が長く、初めての方でも利用しやすいことがわかります。

金融機関の無利息期間を比較
  • 銀行:基本的に無利息期間がない
  • レイクALSA:最大180日間
  • アイフル:30日間
  • プロミス:30日間
  • アコム:30日間
  • SMBCモビット:なし

また、レイクALSAには借り入れを早くかつバレにくく活用することもできます。

Webから申し込むと、最短25分と即日から融資を受けることでき、カードの郵送もないので、家族や知人にもバレにくいです。

レイクALSAの口コミ評判
  • 30代 男性
    借入が必要になりレイクALSAを利用しました。審査はスムーズで、当日中に結果がわかる速度で納得いくものでした。
  • 20代 男性
    勤続年数が少ないことを理由に審査通らず。来店不要で審査できるしスピード審査なのは魅力ですが通らなければ意味ないですよね~。
  • 30代 男性
    審査の際の対応もスピーディーで丁寧でした。また、最初の180日間は無利息だという点が魅力的でした。もちろん最初の借入だけですが、計画的に利用することでお得です。
  • 30代 女性
    インターネットで申し込みしたのですが、なかなか返事がきません。何時間もかかるのですか?
  • 30代 女性
    銀行よりも手数料が低いんですね!しかも24時間いつでも返済可能ですし、使い方を考えて利用すれば、結構お得に使えるのではないでしょうか。
  • 40代 男性
    レイクALSAになって利用しやすくなったと感じました。一番良かったと感じたのは「即日融資」ができるようになったことです。レイクの時は銀行カードローンだったので、即日融資はできませんでしたが、レイクALSAは消費者金融になったので、即日融資ができるようになりました。

6位:Tカード プラス(SMBCモビット next)

金利 3.0%〜18.0% 収入証明書 不要
審査時間 最短30分 WEB完結 可能
融資スピード 最短即日 申込条件 ・20歳以上69歳以下
・安定的な収入がある方
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 株式会社SMBCモビット

※スマホの方は表をスライドできます。

Tカード プラスはSMBCモビットが提供するモビットカードで、カードローンにクレジットカードとTカードの機能が付いています。

クレジットカードの国際ブランドはMasterCardで、利用額に応じて全国の加盟店で使えるTポイントが還元されます。

すでにモビットカードを所有しているけど、クレジットカード機能も欲しい人におすすめできます。

Tカード プラスのおすすめポイント
  • モビットカードにクレジットカード機能がプラスされる
  • Tポイントが効率よく貯まる
  • 年会費が永年無料

Tカード プラスのお申込みからお借入までのステップをご紹介します。

STEP.1
SMBCモビットカードローンノ審査通貨&契約
審査は最短30分で終わり、自動契約機で当日中にカードを受け取れる
STEP.2
会員サイトからTカード プラスに申し込み
STEP.3
クレジットカードの審査開始
 
STEP.4
審査通貨後にTカードプラスのカード発行
 

>>>Tカード プラス(SMBCモビット next)の詳細はこちら<<<

今すぐTカード プラス(SMBCモビット next)に無料登録する

7位:楽天銀行スーパーローン

カードローンにおすすめの楽天銀行スーパーローン

金利 1.90%~14.50% 収入証明書 必要
審査時間 最短当日 WEB完結 可能
融資スピード 最短翌日 申込条件 20歳から62歳
日本国内に居住している方
毎月安定した定期収入がある方
楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 楽天銀行株式会社

※スマホの方は表をスライドできます。

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行の運営するおすすめのカードローンです。

ネット銀行ならではの金利で借り換えにも好適です。

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント
  • 年会費や入会金が一切かからない!
  • パートやアルバイトもお申込み可能!
  • 申し込みは完全Web完結も可能でお手軽!
  • 年1.9%~14.5%とネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイントは、なんといってもその手軽さです。

面倒な申し込み書類の記入等は必要なく、スマホの楽天銀行アプリをすることで完全Web完結で申し込みをすることができます。

また、コンビニのATMを利用する際やネットでの利用の際の手数料が一切かからず、無駄なお金がかからない点も非常に大きな魅力です。

楽天銀行スーパーローンの口コミ評判
  • 40代 男性
    総量規制対象外のため、借入限度額が大きい。
  • 30代 女性
    他社と比べて特別金利が安いわけではありませんが、ポイント還元が大きいため、魅力に感じました。
  • 40代 男性
    楽天銀行の口座を保有している方であれば、カードローンの返済がとても簡単であり、返済を行いやすいというところを非常に支持することができます。初めての方でも大変おすすめをすることができるカードローンであることは間違いありません。
  • 30代 女性
    サービスは問題を感じませんが、サイトが少し使いにくいと感じました。
  • 20代 男性
    他社と比べても金利は低く設定されているので申し込みました。

>>>楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら<<<

楽天銀行スーパーローンに無料登録する

8位:みずほ銀行カードローン

カードローンにおすすめのみずほ銀行カードローン

金利 2.0%~14.0% 収入証明書 不要※
審査時間 最短3営業日 WEB完結 可能
融資スピード 最短1週間 申込条件 20歳から66歳
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 株式会社みずほ銀行

※スマホの方は表をスライドできます。

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の普通預金のキャッシュカードがあれば、そのまま利用できます。

みずほ銀行カードローンのおすすめポイントをご紹介します。

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント
  • 金利が年2.0%~年14.0%(利用限度額による)
  • みずほ銀行ATMの時間外手数料や利用手数料が無料
  • みずほ銀行のキャッシュカードでそのまま利用可能

みずほ銀行カードローンは14.0%と銀行カードローンの中でも低めに設定されている上限金利がポイント

同じメガバンクの提供する三井住友銀行や三菱UFJ銀行のカードローン と比較しても、低く、金利を抑えて借入をしたい方には非常におすすめすることができます。

また、みずほ銀行はメガバンクの中でも、もっとも店舗数が多いので利便性が高く利用できます。

みずほ銀行ATMで時間外手数料や利用手数料が無料になるだけではありません。

イオン銀行ATMやイーネットATM(月3回まで)無料です。

全国の提携金融機関ATMから提携コンビニATMで活用できるので、全国の広い地域からお借入れを利用できます。

※ご利用限度額が50万円を超える際には、年収を確認できる書類が必要

みずほ銀行カードローンの口コミ評判
  • 30代 男性
    他の金融機関より金利が低かったことが決め手でしたね。口座を持っていたので、Webからの申し込みも簡単にできたし、ATMから簡単に返済できたのもありがたかったです!
  • 30代 男性
    消費者金融も考えたが、一度だけ銀行カードローンの審査を受けようと思い、みずほ銀行に申し込んだ。結果連絡に2日間、融資を受けたのが翌日だったので、とてもはやいなと感じた。
  • 40代 男性
    借りるのも返すのも平日以外はATM手数料がかかる。コンビニなら常に手数料がかかるのでおすすめできない。
  • 30代 女性
    金利が低いのはやっぱりありがたかったです。銀行という部分も関係あるのか、対応は凄く親切で丁寧でした。必要書類も多くなかったので手続きが面倒ではなかったのもよかったかなと思います。
  • 30代 女性
    返済が自動引き落としというのも、返済を忘れることがないので自分に合っている感じがしました!また急ぎで入用の際にはお願いしたいなと思います!

9位:三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

カードローンにおすすめのバンクイック

金利 1.8%~14.6% 収入証明書 必要
審査時間 最短翌日 WEB完結 お申し込みまでは可能
融資スピード 翌日以降(審査状況による) 申込条件 20歳から65歳未満
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 500万円 運営会社 株式会社三菱UFJ銀行

※スマホの方は表をスライドできます。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは銀行カードローンの中で、融資までがスムーズなおすすめのカードローンです。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのおすすめポイントをご紹介します。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのおすすめポイント
  • 24時間Webから申し込み可能(三菱UFJ銀行の口座はなくてもOK)
  • 提携コンビニATMや三菱UFJ銀行ATMで利用手数料が無料
  • 返済額は1,000円から対応しており、返済の3営業日前にご連絡

三菱UFJ銀行のATMだけではなく、全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットのATMから、利用手数料や時間外手数料が無料で借入できます。

そのため、急ぎでの借入や深夜での借入も余計なお金を発生させずに手続きできます。

ATM対応時間 0:10~23:50

※毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く

振込で借入する場合も、振込手数料は無料。

借入は三菱UFJ銀行の口座がなくても対応可能です。

また、返済日の3営業日前にはEメールでの連絡サポートがあるので、返済をうっかり忘れにくいことも特徴的。

※利用限度額50万円超を希望する際には、収入証明書の提出が必要

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの口コミ評判
  • 30代 男性
    金利で比べると他社に劣るかもしれませんが、私は信頼性を重視するのでここを選びました。審査も無事に通りました。私は借りる金額が少額なので、金利はそんなに影響しないようです。
  • 30代 男性
    バンクイックの審査は消費者金融系の審査と比べると時間がかかりますが、他の銀行カードローンと比べると少し早かったです。消費者金融系のキャッシングを利用していた時よりも金利が約5.0%くらい低くなったので、とても助かりました。
  • 40代 女性
    審査に時間かかりすぎ。しかも結局は審査に落ちました。その結果がわかるまでになんと1週間もかかったんです。
  • 40代 男性
    他のカードローンに申し込んだが、審査に通らなかったため、半ば諦めながら申し込んだが審査は無事OK。銀行なので信頼できるし、安心感があるとこに満足している。
  • 20代 女性
    日曜日の夜にWebから申し込み、月曜日の9時台には在籍確認の電話があった。全般的にスムーズに進められていたが、在籍確認でカード会社とわかるような名乗り方をされたのが残念だった。

10位:横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

金利 年1.5%~14.6% 収入証明書 不要※
審査時間 最短翌日 WEB完結 可能
融資スピード 最短翌日 申込条件 20歳から69歳
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 1,000万円 運営会社 株式会社横浜銀行

※スマホの方は表をスライドできます。

横浜銀行カードローンは、横浜銀行の提供するカードローンです。

とにかく審査と融資が早く、おそらく銀行カードローンの中では最も早く融資を受けることのできるカードローン

横浜銀行カードローンのおすすめポイント
  • 審査と融資がとにかく早い!
  • 借入限度額が最大1,000万円!
  • 横浜銀行の口座を持っていれば郵送物は一切なし!

横浜銀行カードローンは、ローンカードが届く前に融資を受けることができるといったように、銀行カードローンの中で最もスピード感を持って融資を受けられるおすすめのカードローンです。

金利を抑えるために銀行カードローンを利用したいけれど、すぐに融資を受けたいといった方には非常に嬉しいですよね。

また、借入限度額も最大1,000万円で柔軟性も高いと言えるでしょう。

神奈川県と東京都の全域、群馬県の前橋市と高崎市と桐生市にお住まいまたはお勤めの方しか借入ができないといった制限はありますが、該当者はぜひ利用を検討してみてください。

※お借入れ限度額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が必要

横浜銀行カードローンの口コミ評判
  • 40代 男性
    今まで使ったことはありませんでしたが、他の地方銀行と比較したところ金利の安さが魅力的でした。
  • 30代 男性
    口座を持っていたため、ネットの申込みでも即日審査が完了し、すぐにお金を借りることができました。返済額は月2,000円に設定でき、他のローンと比べても良心的。いつも利用している銀行のローンであるため、お金に困ったらまた利用したいと思います。
  • 40代 男性
    横浜銀行カードローンは審査申込の地域を限定しているので、神奈川県外の方は注意が必要ですね。
  • 30代 女性
    電話の受け答えが悪く感じた。

>>>横浜銀行 カードローンの公式サイトはこちら<<<

今すぐ横浜銀行 カードローンに無料登録する

11位:りそな銀行カードローン

カードローンにおすすめのりそな銀行カードローン

金利 3.5%~13.5% 収入証明書 必要
審査時間 最短2週間 WEB完結 可能
融資スピード 最短1週間以内 申込条件 20歳から66歳
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 株式会社りそな銀行

※スマホの方は表をスライドできます。

りそな銀行カードローンは上限金利が13.5%とカードローンの中でも低いので、金利を抑えて借り入れをすることができます。

そのため、既にりそな銀行を利用中の方や、金利を抑えたい方には魅力的です。

りそな銀行カードローンのおすすめポイントをご紹介します。

りそな銀行カードローンのおすすめポイント
  • 上限金利が13.5%
  • 利用残高によってポイントが貯まる
  • うっかり返済ミスを防ぐ返済日前の予定通知が便利(りそなグループアプリ)

りそな銀行カードローンは上限金利が13.5%と低いだけではありません。

給与振込や住宅ローンを利用中の方は、さらに金利を年0.5%を引き下げてもらえる特典もあります。

金利の低い銀行カードローンですが、平均的に14.5%前後が多い中で、りそな銀行カードローンではこれを1%も下回る水準の金利で借入をすることができます。

りそな銀行の口座がなくても申し込むことが可能です。

りそな銀行カードローンの口コミ評判
  • 30代 男性
    大手銀行のカードローンの金利上限は大体14.6%程度なのに、りそな銀行カードローンは13.5%!
  • 30代 男性
    申し込みから審査の結果が出るまで、数日かかったのが気になります。
  • 40代 男性
    急いでいたわけではないので、問題ありませんが、審査時間には3日かかりました。
  • 30代 女性
    もともとりそな銀行の口座を利用していたし、専用カードを作らなくてもキャッシュカードが利用できたので、とても便利でした。

12位:ソニー銀行カードローン

カードローンにおすすめのソニー銀行

金利 2.5%~13.8%(変動金利) WEB完結 可能
無利息期間 なし 申込条件 20歳から65歳
最高借入限度額 800万円 担保・保証人 不要
収入証明書 不要※ 運営会社 ソニー銀行株式会社

※スマホの方は表をスライドできます。

ソニー銀行カードローンは上限金利が13.8%と低いことが特徴的。

ソニー銀行カードローンのおすすめポイントをご紹介します。

ソニー銀行カードローンのおすすめポイント
  • 上限金利が年13.8%
  • 自宅郵送がない
  • 月2,000円から返済可能

返済額は月2,000円からなので、柔軟に返済することができます。

また、ソニー銀行の口座を持っていなくても申し込むことができ、24時間Webで完結します。

※50万円を超えるご利用限度額の場合は、年収確認書類の提出が必要

ソニー銀行カードローンの口コミ評判
  • 30代 女性
    他カードローンと比べて金利が低いというメリットがあるので、借入れすることに決めました。
  • 30代 男性
    本審査が通ればすぐに融資を受けられるので、助かりました。
  • 40代 男性
    借入の明細書はすべてWeb管理なので、お金の動きがわかるというか、返済記録も返済予定もすぐに把握できるのが気に入っています。
  • 40代 女性
    審査には時間がかかります。審査を受けてみると、預金口座を持っていたこともあり、ネットでの申し込みから約1時間ちょっとの時間で仮審査を通過できました。正直、仮審査の時間はもう少し短くできないかなと感じています。本審査はそれから数日後に通過できました。
  • 30代 男性
    ソニー銀行カードローンはATM手数料がほぼ無料で借りやすく返しやすい!
  • 30代 男性
    ソニー銀行カードローンのアプリが圧倒的にわかりやすく感じた。どのくらい利息を支払う必要があるのか一目瞭然だった。

13位:三井住友銀行カードローン

カードローンにおすすめの三井住友銀行カードローン

金利 年1.5%~14.5% 収入証明書 50万円を超える場合に必要
審査時間 最短翌営業日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
WEB完結 一部可能
融資スピード 最短翌営業日 申込条件 20歳から69歳
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 10万~800万円 運営会社 株式会社三井住友銀行

※スマホの方は表をスライドできます。

三井住友銀行カードローンのおすすめポイントをご覧ください。

三井住友銀行カードローンのおすすめポイント
  • 三井住友銀行の口座がなくても申し込みは来店なしでWeb完結
  • 提携コンビニATMでの手数料は何回利用しても無料!
  • 月2,000円からと少額の返済に対応※毎月のご返済は、返済時点でのお借入残高によって約定返済金額が設定されます。

※三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約めでの手続きがWEBで完結。

三井住友銀行の口座を持っていなくても、24時間いつでもWebから申し込みを完結することができます。

口座を持っている方は、入力項目が少なく、キャッシュカードからそのままお借入れすることが可能。

また、カードレスで利用できるので、会社の同僚から家族・知り合いにまで借入がバレにくいです。

※申込金額が50万円を超える場合、確認書類や収入証明書書類の提出が必要になります。

三井住友銀行カードローンの口コミ評判
  • 30代 男性
    メインバンクだったのでもともと口座があり、ネットバンキングも利用していたので、審査や手続きもWebで簡単に始めることができました。返せるときにちょっと多めに返すことができる部分も非常に便利です。
  • 40代 男性
    世帯収入なども審査で調べられたようですが、問題はなく1週間程度で借りることができました。
  • 40代 女性
    返済はコンビニでできるので、時間を気にせず都合のいいときに返済ができます。
  • 30代 男性
    職場に在籍確認の電話がありましたが、個人名で掛けてくれたので周りには借り入れをしたことはバレませんでした。

14位:オリックス銀行カードローン

カードローンにおすすめのオリックス銀行カードローン

金利 1.7%~17.8% 収入証明書 不要※
審査時間 1週間程度 WEB完結 可能
融資スピード 1週間程度 申込条件 20歳から69歳
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 オリックス銀行株式会社

※スマホの方は表をスライドできます。

オリックス銀行カードローンはガン保証特約付きプラン「Bright」が無料でついてきます。

Brightはガンと診断確定された際や、死亡・高度障害の際に保険金を未返済債務に充てることができるます。

Brightの保険料金はオリックス銀行が負担してくれるので、実質0円です。

オリックス銀行カードローンのおすすめポイントをご紹介します。

オリックス銀行カードローンのおすすめポイント
  • カードローンにガン保険が付帯
  • 申し込みはWeb完結
  • 提携ATMの利用手数料が無料

オリックス銀行カードローンの申し込みはWebサイトから24時間することができ、スマホやパソコンでWeb完結ですることができます。

また、保険もやっているオリックスグループが運営しているため、ガン保障特約付きプランも用意されており、柔軟性非常に高いです。

「死亡・高度障害」「ガンと診断確定」の際に借入残高が0円になるガン保障特約付きプラン「Bright」にも加入することができます。

「Bright」プランの詳しい契約内容等については、以下の表をご覧ください。

ガン保障特約付きプラン「Bright」の詳細情報
加入条件
保険料 実質0円
保障内容 「死亡・高度障害」もしくは
「がんと診断確定」した時借入残高が0円になる
その他 金利の上乗せなし

※ご利用限度額が50万円を超える際には、所得を証明できる書類が必要

オリックス銀行カードローンの口コミ評判
  • 30代 男性
    希望額がすんなり通ったのでとてもありがたかったです。欲を言えばもう少し金利を下げてほしかったけど、他社と比較すると低いので大変助かっています。ありがとうございました。
  • 30代 男性
    連絡を待っていても来なかったので、こちらから連絡しました。それからはすんなり在籍確認もやってくれました。

15位:auじぶん銀行カードローン

カードローンにおすすめのauじぶん銀行

金利 1.48%~17.5% 収入証明書 不要※
審査時間 最短1時間 WEB完結 可能
融資スピード 最短翌日以降 申込条件 20歳から70歳
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 auじぶん銀行株式会社

※スマホの方は表をスライドできます。

auじぶん銀行カードローンはau IDを持っていると金利の引き下げやPontaポイント付与など優遇を受けます。

auじぶん銀行カードローンのおすすめポイントをご紹介します。

auじぶん銀行カードローンのおすすめポイント
  • au IDがあると金利が最大年0.5%優遇
  • 借り換えにも対応
  • 提携ATMでの借り入れは手数料無用
  • 利用明細書の郵送なし

auじぶん銀行カードローンはau IDを持っているだけで誰でも年0.1%優遇されます。

借り換えの場合は、年0.5%されるので、より金利を抑えることが可能。

また、提携ATMでの借入れ・返済は手数料無料で、以下のATMに対応しています。

auじぶん銀行カードローンの提携ATM
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネット
  • ゆうちょ銀行

※借入可能上限額が60万円以上の場合、収入証明書類の提出が必要

auじぶん銀行カードローンの口コミ評判
  • 30代 男性
    最初に利用する際に案内が丁寧に書かれていて、思ったよりも抵抗なく利用することができた。審査もすぐに終わったので、不安にならずに済んだのも良かったです。返済金額などしっかりと案内があったので、無計画に使うことはないかと思います。
  • 30代 女性
    auユーザーに人気だというカードローンを使用。融資まで早かったのと使えるATMは多く、コンビニでも使うことができるので契約して良かったと思いますが、金利は標準だったのでお得は感はしなかったです。
  • 40代 男性
    auユーザーが優遇されているカードローンということで使い始めました。金利や借入、返済のしやすさなどでメリットが多いと感じられました。返済日がわかるようにメールでお知らせが来るのでとても便利です。

16位:セブン銀行カードローン

カードローンにおすすめのセブン銀行カードローン

金利 12.0%~15.0% 収入証明書 不要※
審査時間 最短2営業日 WEB完結 可能
融資スピード 最短2営業日 申込条件 20歳から70歳
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 300万円 運営会社 株式会社セブン銀行

※スマホの方は表をスライドできます。

セブン銀行カードローンは、セブン&アイ・ホールディングスの傘下であるセブン銀行の提供するカードローンです。

銀行カードローンの中でも、審査から融資まで早めです。

セブン銀行カードローンのおすすめポイントをご紹介します。

セブン銀行カードローンおすすめポイント
  • 最短2日でお借入れでき、アプリで完結
  • 全国のセブンイレブンで24時間手数料無料で取引可能
  • 原則勤務先への電話はなし

セブン銀行カードローンは最短2日から借入することができ、セブンイレブンだと24時間手数料が無料なので利便性が高いです。

セブン銀行ATMでの借入は、1,000円単位と少額から取引可能。

ダイレクトバンキングでの借入は、1円単位から対応しています。

また、原則として在籍確認はないので、会社や家族にもバレにくい特徴もあります。

※100~300万円の増額申し込みの場合、直近の年収確認書類の提出が必要

オリックス銀行カードローンの口コミ評判
  • 30代 女性
    セブンイレブンのATMで借入や返済ができるので、近場に店舗がある地域に住んでいるなら利用しやすいローンです。買い物のついでに手続きができ、時間に関係なく利用できることも嬉しいポイントです。ただ、利用方法や借入限度額や金利などは他のカードローンと大差ありません。
  • 30代 男性
    セブン銀行のカードローンはキャッシュカードでお金を借りることが可能であり、消費者金融と比較しても低い上限金利年15.0%でお金を借りることができます。
  • 30代 男性
    以前、妻にも内緒の訳ありでセブン銀行へカードローンを申し込んだのだが、審査の結果、断られたことがあった。

17位:JCB CARD LOAN FAITH

キャッシングにおすすめのjcb

金利 4.4%〜12.5% 収入証明書 必要
審査時間 最短即日 WEB完結 可能
融資スピード 最短3営業日後 申込条件 ・20歳以上58歳以下
・ご本人がお勤めで毎月安定した収入のある方
無利息期間 担保・保証人 不要
最高借入限度額 500万円 運営会社 株式会社ジェーシービー

※スマホの方は表をスライドできます。

JCB CARD LOAN FAITHは、JCBが提供しているクレジットカード系カードローンです。

分割払いの金利が安く、主要なコンビニや金融機関、クレジット会社のATMが手数料無料で利用できます。

JCB CARD LOAN FAITHのおすすめポイントをご紹介します。

JCB CARD LOAN FAITHのおすすめポイント
  • 5万円以内のキャッシング1回払いは金利5%
  • 全国15万台以上のATMを利用可能
  • 来店不要でカードローン発行
  • WEB明細で利用状況を簡単チェック

即日融資には対応していませんが、来店不要で最短3日でカードローンの発行が可能です。

WEBから申込手続きを行えば、本人確認書類や収入証明書の提出もネットで行えます。

利用限度額は500万円で、資金用途も自由なので、低金利で利用しやすいカードローンでしょう。

JCB CARD LOAN FAITHの口コミ評判
  • 30代 女性
    JCB カードローン FAITHの広告、4.4~12.8%で500万まで借りられるの怖すぎて泣いちゃった。
  • 30代 男性
    JCB CARD LOAN FAITHの案内が届く、カードローンの金利はクレジットカードのリボ払いよりはマシだけど…
  • 30代 男性
    JCB CARD LOAN FAITHやっとカード発送になった。9/12に申し込んでから在籍確認に2週間かかったけどそんなもんなのかな?それか毎月クレカ発行しているのが引っかかってたとかかな
  • 30代 男性
    JCB CARD LOAN FAITHカード審査落ちました!

18位:住信SBI銀行カードローン

カードローンにおすすめの住信sbiネット銀行カードローン

金利 1.59%〜14.79% 収入証明書 不要※
審査時間 最短60分 WEB完結 可能
融資スピード 1週間〜10日 申込条件 ・満20歳以上、65歳未満の方
・安定した収入がある方
・住信SBIネット銀行の口座をお持ちの方
無利息期間 担保・保証人 不要
最高借入限度額 1,200万円 運営会社 住信SBIネット銀行 株式会社

※スマホの方は表をスライドできます。

住信SBIネット銀行カードローンは、ネット銀行の住信SBIネット銀行が取り扱っている銀行系カードローンです。

利用には口座開設が必要になりますが、条件を満たすことで金利を引き下げる特典を受けられます。

住信SBIネット銀行カードローンのおすすめポイントをご紹介します。

住信SBI銀行カードローンのおすすめポイント
  • 住信SBIネット銀行の口座がある人は融資までスムーズ
  • WEB完結で申込手続きを行える
  • 月々2,000円から返済できる
  • 提携ATMの手数料が無料

SBI証券口座を保有している方や、住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある方は、基準金利より0.5%引き下げされます。

また、すでに住信SBIネット銀行の口座をお持ちの方は、キャッシュカードにカードローン機能を付けることができ、よりスムーズに融資を受けられます。

月々の返済額は最低2,000円とカードローンの中でも低いため、返済しやすいです。

※50万円を超えるご利用限度額を希望の場合は、収入証明書が必要。

住信SBI銀行カードローンの口コミ評判
  • 30代 男性
    カスタマーセンターに連絡しないと使い方がわからないような人には不便かもしれませんが、普通に使いやすく、特に不満はありません。カードローンを利用した際は申し込みから1週間で契約完了しました。
  • 30代 男性
    住信SBIのカードローン審査、承認おりました。50万で申請して30万になりました。
  • 30代 男性
    あんまりというか全くおすすめしないけど、住信SBIネット銀行のカードローンはとにかく利率が高くはない。サラリーマンなら多分審査に通ると思います。

19位:PayPay銀行カードローン

カードローンにおすすめのpaypay銀行カードローン

金利 1.59%〜18% 収入証明書 不要
審査時間 最短60分 WEB完結 可能
融資スピード 最短翌営業日 申込条件 ・申込時年齢が20歳以上70歳未満
・安定した収入がある人
無利息期間 30日間 担保・保証人 不要
最高借入限度額 1,000万円 運営会社 PayPay銀行株式会社

※スマホの方は表をスライドできます。

PayPay銀行カードローンは、2021年から開始された新しいネット銀行系カードローンです。

利用するためにはPayPay銀行に口座開設を行う必要があります。

PayPay銀行カードローンのおすすめポイントをご紹介します。

PayPay銀行カードローンのおすすめポイント
  • 初回借入から30日間無利息
  • 24時間いつでも借入可能
  • 限度額が1,000万円と高額

PayPay銀行カードローンを初めて利用する方は、借入日から30日間の無利息期間が適用されます。

また、PayPay銀行はネット銀行であることから、アプリを使って24時間いつでも借入れを行えます。

PayPayの銀行口座に入金された後は、セブン銀行やイオン銀行、三井住友銀行などのATMから引き出すことが可能です。

PayPay銀行カードローンの口コミ評判
  • 30代 男性
    PayPay銀行のカードローンは金利が高いから借り換えたい。
  • 30代 男性
    他のカードローンと比べると金利18.0%は少し高い設定だと思うので、返済に時間がかかる方にはおすすめできないです。すぐに返済できる自信のある方には、特にデメリットもなく利用できるサービス。
  • 40代 男性
    ローンカードなどの郵送物もなかったので、家族に知られることなく利用することができました。口座引き落としの返済のため、返し忘れがなく問題なく返すことができました。また何かあったら利用したいです。

20位:イオン銀行カードローン

カードローンにおすすめのイオン銀行カードローン

金利 3.8%〜13.8% 収入証明書 不要
審査時間 翌営業日 WEB完結 可能
融資スピード 翌営業日 申込条件 ・日本国内に居住している方
・ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方
・ご本人に安定化つ継続した収入の見込める方
無利息期間 なし 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 株式会社イオン銀行

※スマホの方は表をスライドできます。

イオン銀行カードローンは、イオン銀行が提供している銀行系カードローンです。

全国にあるイオン銀行ATMを利用して借入を行えるので、多くの人にとって使いやすいでしょう。

イオン銀行カードローンのおすすめポイントをご紹介します。

イオン銀行カードローンのおすすめポイント
  • パートやアルバイトでも利用可能
  • 上限金利が低い
  • イオン銀行以外のATMでも利用可能
  • 年中無休で審査に対応している

安定した収入がある方であれば、正社員ではなくパートやアルバイトでも利用可能です。

また、全国に55,000台以上あるイオン銀行ATM以外にも、みずほ銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATMなど大手銀行ATMも利用できます。

イオン銀行カードローンの審査は年中無休で対応しているので、土日祝日関係なく申込手続きを行えます。

イオン銀行カードローンの口コミ評判
  • 30代 男性
    ネットバンクということもあり、他より金利が低いのがいいですね。限度額も800万円まであるし、いいカードローンだと思いました。
  • 40代 男性
    申し込み翌日に電話連絡が来たまではいいですが、仮審査のOKが出たのも1週間後くらいでした。そこから郵送物の送付。諸々と返送して、カード到着までには3週間くらいかかったかと思います。早い対応を求める方にはおすすめしません。ただ、対応の丁寧さはよかったです。
  • 30代 女性
    イン銀行のカードローンはミニストップやファミマなどのコンビニで、24時間いつでも手数料無料で利用することができます。またイオン銀行ATMで1日に借入できる上限金額を自身で設定できるので、借りすぎ防止もできます。

21位:千葉銀行カードローン

カードローンにおすすめの千葉銀行カードローン

金利 1.4%〜14.8% 収入証明書 不要※
審査時間 翌営業日以上 WEB完結 可能
融資スピード 翌営業日以上 申込条件 ・ご契約時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
・安定した収入のある方
・お住まい、またはお勤め先の所在地が当業地域内にある方
無利息期間 担保・保証人 不要
最高借入限度額 800万円 運営会社 千葉銀行

※スマホの方は表をスライドできます。

千葉銀行カードローンは名前の通り、千葉銀行が直接提供している銀行系カードローンです。

消費者金融と比べて金利が低く、月々2,000円から返済でき、利用しやすい特徴があります。

千葉銀行カードローンのおすすめポイントをご紹介します。

千葉銀行カードローンのおすすめポイント
  • 金利が1.4%〜14.8%と低金利
  • WEB完結来店不要で手続きできる
  • 月々2,000円から返済できる
  • 専業主婦でも利用可能

WEB完結で申込手続きを行えますが、千葉銀行の預金口座を開設していることが条件になります。

正社員でなくても利用でき、配偶者に安定収入がある場合は、専業主婦でも借入が可能です。

他の大手銀行系カードローンと比較して、毎月の最低返済額と金利が低い点が優れています。

※50万円を超える借入の場合は直近の年収を確認できる所得証明書類の写しが必要。

ここを見られてる!カードローンの審査で見られる3つのポイント

カードローンの審査に関しては、以下の3つだけ気を付けましょう。

カードローン業者が言いたがらない、審査の仕組みをわかりやすくご紹介します。

ポイント①:借入者の返済能力

カードローンの審査では、収入が高くても落ちてしまうことがあります。

これは審査時に、年収の高さだけで返済能力を決めているわけではないからです。

カードローン会社が確認する返済能力とは?

具体的には、以下のような項目を確認しています。

  • 借入者がどんな仕事をしているのか
  • その仕事での収入はどれくらいなのか
  • 安定しているのか
  • どのくらい在籍しているのか

上記の観点から、未成年者や無職の方、年金受給者は返済能力がないと判断されることもあります。

審査に自信がない場合は、銀行よりも敷居が低い消費者金融のカードローンを検討しましょう。

特に銀行はカードローンの申込条件に「安定した収入」と明記していることが多く、消費者金融よりも「安定した雇用」を重視する傾向があります。

アルバイトや派遣社員でも、一定の収入があり長く在籍していれば返済能力があると認められる場合もあります。

しかし、いつ収入が途切れるかわからない非正規雇用や自営業は、審査で不利になる可能性もあるので注意が必要です。

また、大手企業の正社員であっても、入社したばかりで日が浅い場合は、審査に落ちるケースも少なくありません。

小さな会社であっても、長年一つの企業に勤めている方が、収入が安定しており、返済能力が高いと判断されることもあります。

カードローンを利用する際は、自身の返済能力をしっかりと確認しておきましょう。

ポイント②:借入者の信用情報

カードローンの審査は借入者の信用情報も確認されます。

信用情報は簡単に言うと、ブラックリストに載っていないかどうかということになります。

以下のケースでは、ブラックリストに情報が載っていると判断されて、審査に通ることができません。

ブラックリストに乗ってしまうケース
  • 過去5年以内で3ヶ月以上の滞納歴
  • 過去5~10年以内の債務整理歴
  • 過去5年以内の保証会社による代位弁済歴
  • 過去5年以内のカードの強制解約歴

借り入れを考えていて、信用情報をあらかじめ知っておきたい方は、情報開示をしましょう。

ブラックリストに載っているかどうかは、各金融機関が加盟している信用情報機関に情報開示を請求することですぐに確認ができます。

以下の表で、各金融機関が加盟している信用情報機関が確認できます。

信用情報機関 加盟している業者
CIC 「消費者金融」や「信販会社」が主に加盟
JICC 「消費者金融」や「銀行」などが加盟
KSC 「銀行(信用組合や信金金庫含む)」が加盟

カードローンの審査では、基本的に加盟している信用情報機関のデータしか確認しません。

そのため、消費者金融の場合は「CIC」と「JICC」、銀行の場合は「JICC」と「KSC」を確認するのが一般的です。

各金融機関とも情報開示手数料は1,000円となっているため、カードローンの審査がなかなか通らない方は、念のために一度確認しておくとよいでしょう。

もしも、信用情報に間違いがある場合は、登録元企業に連絡をすれば、信用情報を「訂正」もしくは「削除」してもらえます。

間違った信用情報のままにしておくと、カードローンの申込先を何回変えても、審査に通らなくなってしまうので、早めに対処しておきましょう。

また、過去に「任意整理」や「自己破産」をした方は、信用情報機関のデータが消えても、社内ブラックになっている場合があるので注意が必要です。

社内ブラックとは?

社内ブラックとは、任意整理や自己破産で迷惑をかけた金融機関内でブラックリストの扱いになっているケースを指します。

任意整理や自己破産で一度迷惑をかけた金融機関では、トラブルの記録が社内で長く残り続けるため、審査に受かりにくい可能性があります。

そのため、任意整理や自己破産の経験者がカードローンで新規申込をする場合、一度も利用したことがない金融機関を選ぶのがポイントになります。

さらに、任意整理や自己破産の経験者がもう一つ注意をしたいのがグループ企業の存在です。

たとえば、過去にプロミスで金融事故を起こした方が、三井住友銀行のカードローンは控えましょう。

プロミスも三井住友銀行のカードローンも同じSMBCグループ企業のため、情報を共有しており、審査が通らない可能性が高いからです。

実際に、三井住友銀行のカードローンの公式HPには、以下のような留意点が明記されています。

・お申込に際しては当行および当行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の審査があります。審査結果によっては、ご希望にそえない場合があります。
・お申込に際して提供されたお客さまの個人情報は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社における審査のため、当行からSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に提供されます。

出典:カードローンお申込にあたってのご留意点|三井住友銀行カードローン

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社とは、プロミスの運営会社のこと。

つまり、三井住友銀行カードローンへ申込をした情報は、以前に金融事故を起こしたプロミスの運営会社によって審査されるということです。

グループ企業内での情報共有は珍しくないため、任意整理や自己破産したことがある方は、新規申込をできる業者は限られてしまいます。

ポイント③:他社のカードローンの利用実績・状況

カードローンの審査は他社のカードローンの利用実績や借入状況まで見られます。

これは以下のように、消費者金融は総量規制の対象となるので、貸付できる上限額が決まっており、他社の利用状況が重要になるからです。

Q.1社からの借入れが、年収の3分の1を超えなければよいのですか。全ての借入れの合計が年収の3分の1を超えないことが必要ですか?
A.全ての貸金業者からの合計が、年収の3分の1以内であることが必要です。

出典:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)|日本貸金業協会

つまり、年収が300万円の方は、消費者金融で年間100万円が借入上限です。

複数の貸金業者から借りている場合、A社から60万円借りると、他の貸金業者からは40万円まで借りることができます。

何社から借りていると審査が通りにくい?

一般的に、2~3社までの借入なら消費者金融の審査も通りやすいですが、3~4社を超えてくると審査が通りにくくなってくると言われています。

3社を超えるあたりから審査に不利になるだけではなく、返済も今までよりもきつく感じられるようになってくるため、あまりおすすめできません。

また、他社との取引で滞納がある場合も、審査に影響があります。

他社で滞納している方は、返済能力がある方というカードローンの応募資格を満たさないため、新規申込をしても審査には通りにくいです。

そして、他社の利用状況として、意外に盲点になりやすいのが「携帯料金の分割払い」です。

一見、カードローンに関係なく思われがちですが、携帯本体の料金を分割払いしている場合は、ローン契約と同じく信用情報機関に登録されています。

そのため、携帯料金の支払いを滞納すると、信用情報に滞納の記録が残ってしまい、それが原因でカードローンの審査に落ちる可能性もあります。

カードローンの返済だけではなく、携帯の割賦払いや分割払いの買い物も含めて、できるだけ支払いは滞納しないように気をつけましょう。

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

カードローンの金利を下げるためにおすすめ3つの方法

ここでは、意外と知らないカードローンの金利を下げる3つの方法をご紹介します。

借入をするにあたって、どうせなら返済の負担を少なくして借入れたいですよね。

カードローンの金利を抑えるための役に立つ情報や、賢い使い方をぜひご覧ください。

テクニック①:無利息期間を活用する

金利を一切払いたくない方は、消費者金融カードローンの無利息期間を賢く活用しましょう。

無利息期間は初めての利用者が対象で、一定期間内で返済すると利息0円で利用できるサービスのことです。

たとえば、大手消費者金融では以下の無利息期間を設けています。

無利息期間
アイフル 30日間
プロミス 30日間
アコム 30日間
レイクALSA 60日間(Web申込限定)

上記のように、大手消費者金融には返済負担を減らしたい方にとって嬉しいサービスが実施されいます。

短期間で返済する方や、借入額の利息が大きくなってしまう方などは無利息期間を賢く活用しましょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

テクニック②:借入限度額を高めにする

どうしても金利を下げたい場合は、借入額を高めに設定すると、金利を下げることができます。

なぜなら、以下のようにカードローンは利息制限法によって、借入額が上がるほど金利が下がる仕組みになっているからです。

利息制限法の定める借入額ごとの上限金利
  • 借入額が10万円未満:上限年20%
  • 借入額が10万円〜100万円未満:上限年18%
  • 借入額が100万円以上:上限年15%

ただし、借入限度額を上げると審査が厳しくなくこともあり、リスク的な観点で見てもあまりおすすめはしません。

また、借入れの返済をしたい方は、おまとめローンをおすすめします。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数の借入れを1つにまとめて返済することができる返済専用のローンとなります。

総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超えても借入することも可能です。

返済日を1つに整理できるので、返済の負担を軽減することができます。

複数の借入れを一本化することで、借入額が大きくなるので、金利を低くすることができます。

金利を下げたい方は、借入額を大きく設定しましょう。

テクニック③:返済期間を短くする

返済期間を短縮することは、金利の負担を軽減する上で効果的な方法です。

カードローンは返済期間が長くなるほど、利息が膨らみ、最終的な支払額が増えてしまいます。

そのため、以下のような返済期間を短くするための方法を参考にしてください。

返済期間を短くする方法
  • 月々の返済額を増やす
  • 毎月の返済に加えて臨時返済も活用する

月々の返済額を増やすことができれば、返済期間が自然と短くなるため、金利の負担を減らすことができます。

ただし、毎月の返済が苦しい方は、返済額を無理に上げるのはやめましょう。

なぜなら、返済額を増やして返済が遅れると、利用停止になる可能性が大きくなるからです。

臨時返済であれば、お金に余裕がある月に利用することができます。

臨時返済は全て元本に充てられるため、元本を減らしたい時に有効な返済方法となっています。

カードローンは約定日に確実に返済することが重要ですが、支払額を減らしたい方は返済期間を短くしましょう。

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

カードローンで即日融資を受けるためにおすすめの3つの方法

ここでは、カードローンで即日融資を受けるために知っておきたい3つのテクニックをご紹介します。

簡単な3つのテクニックを使うだけで、カードローンの融資をできるだけ早くすることができます。

テクニック①:即日融資の希望を伝える

今すぐにでもお金が欲しい方は、お急ぎ専用のダイヤルがある金融機関を選びましょう。

これはカードローンの新規申込をする際、オペレーターに「急いでいるので即日融資を受けたい」と伝えると、審査の時間を短縮してくれるケースがあるからです。

たとえば、消費者金融のアイフルは「お急ぎ専用ダイヤル」があり、通常よりも早く融資を受けることもできます。

こんな場合は希望が通りにくい!

新規では申込時間や繁忙期と重なると、希望が通りにくい可能性があります。

※カードローンの繁忙期は新学期の3月・5月・9月のシーズンです。

繁忙期は、審査待ちをしている方が多くなるため、WEB完結などは審査の連絡がなかなか来ないこともあります。

そのため、連絡を待つより、オペレーターに電話をかけて、その場で審査結果を聞いてしまった方が安心です。

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

テクニック②:借入限度額を低めにする

即日融資を受けるためには、カードローンの借入限度額を低めに設定しましょう。

借入限度額は大きいほど、返済能力があるのかしっかりとチェックされることから審査時間がかかる傾向にあるからです。

収入が少ない方は、以下のような事態を防ぐためにも、すぐに借りられる必要最低限の借入額に設定しましょう。

借入限度額が高すぎると起こるトラブル
  • 審査に落ちる
  • 減額を提案される

限度額を低めに設定することは、審査に受かりやすく、早く審査を進めることができるので、決して悪いことばかりではありません。

万が一、もっと利用枠が欲しいと思った場合は、限度額の増額申請をすることもできます。

一般的にカードローンは正しく利用していれば時間と共に利用枠をアップしてもらえることが多いので、新規の時に利用枠が少なくても心配はありません。

そのため、「とにかく早く即日融資を受けたい!」という時は、審査に早く通るためと割り切って借入限度額を低めにするのがおすすめです。

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

テクニック③:消費者金融カードローンを利用する

融資スピードを重視するのであれば、消費者金融カードローンを選びましょう。

これは消費者金融カードローンが銀行カードローンと比べて圧倒的に早く融資を受けることができるからです。

実際に、銀行は原則として即日融資をすることができません。

一方、消費者金融では最短25分からと即日から融資を受けることもできます。

しかし、こんなイメージがありませんか?

消費者金融ってちょっと怖いイメージがある…
銀行の方が安全な気がする

実は、大手消費者金融の「プロミス」は三井住友ファイナンシャルグループ、「アコム」は三菱UFJファイナンシャルグループに属しています。

そのため、大手消費者金融は接客や対応も銀行に負けないくらい丁寧です。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

それぞれの利用者の場合におすすめのカードローン

どうすれば自分に合ったカードローンを選べる?

カードローンは数多く、特徴も異なるので、悩んでしまう方も少なくありません。

ここでは、あなたのこだわりや条件に合わせて、より適したカードローンをご紹介します。

すぐに借りたい場合

すぐに借りたい場合には、即日から借りることができる消費者金融がおすすめです。

逆に銀行カードローンは即日融資に対応しておりません。

本記事で紹介している以下の大手消費者金融カードローンは、どれも即日融資に対応しています。

融資スピード
アイフル 最短25分
プロミス 最短30分
アコム 最短30分
SMBCモビット 最短30分
レイクALSA 最短25分

なかでもアイフルは即日融資に対応しており、最短25分とより早く融資を受けることもできます。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

低金利が良い場合

少しでも低めの金利のカードローンにしたい場合には、銀行カードローンから選ぶのがおすすめです。

本記事で紹介した銀行カードローンの中では、りそな銀行カードローンが上限金利が13.5%ともっとも低くなっています。

ただ、短い期間だけ借りる場合には低金利なカードローンを選ぶよりも、無利息期間が設定されているカードローンのほうが総返済額が少なくて済みます。

今回紹介したカードローンの中でも、レイクALSAは無利息期間が60日間と他社よりかなり長いのでおすすめです。

電話で連絡されたくない場合

電話での連絡を避けたい場合は、SMBCモビットがおすすめのカードローンです。

SMBCモビットではWeb完結により電話連絡をなしにすることもできます。

周りの人に借金がバレたくない人に最適のカードローンと言えます。

他のカードローンでは、基本的に電話での在籍確認をなしにすることはできません。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

短期間だけ借りる場合

短期間だけ借りる場合は、無利息期間が設定されている大手消費者金融の中から選びましょう。

短期間だけ借りる場合は、金利を低く抑えるよりも、無利息期間を利用したほうが総返済額を少なく抑えられるからです。

そして、無利息期間が設定されているカードローンの中で一番オススメなのはレイクALSAです。

レイクALSAは無利息期間が60日間と他社の2倍になっています。

ただ、無利息期間が適用されるのは初回限定です。

すでにレイクALSAを利用したことがある場合は、プロミスなどほかの大手消費者金融を利用しましょう。

長期間借りる場合

長期間借りたい場合は、上限金利が低い銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。

特に長期間多額借りる場合には、銀行カードローンなら消費者金融よりもかなり金利が抑えられます。

今回紹介した銀行カードローンの中でも、りそな銀行カードローンは13.5%と特に上限金利が低いのでおすすめです。

会社員(正社員)の場合

会社員(正社員)の場合、審査では有利なので、特に注意すべきことはありません。

長期間借りる場合にはりそな銀行カードローンをはじめとした銀行カードローンの中から選ぶのがおすすめです。

一方、短期間だけ借りる場合はレイクALSAをはじめとした消費者金融の中から選ぶようにしましょう。

派遣社員の場合

派遣社員の場合も、長期間借りる際は銀行カードローン、短期間だけ借りる際には消費者金融から選ぶのがおすすめです。

もし銀行カードローンで審査を受けて落ちてしまったら、その際には大手の消費者金融の審査を受けてみましょう。

自営業者・個人事業主の場合

自営業者・個人事業主の場合には、各社が提供している「自営業者専用カードローン」がおすすめです。

通常、カードローンで借りたお金は事業資金として用いることはできません。

しかし、「自営業者専用カードローン」なら、生活費にも事業資金にも使うことができるからです。

なお、特におすすめなのは、消費者金融最大手のプロミスが提供している「自営者カードローン」です。

学生の場合

学生の場合は、基本的には大手消費者金融から借りると良いでしょう。

学生がお金を借りるには20歳以上であり、アルバイトなどで安定した収入が必要です。

また、学生の場合は、大手消費者金融以外にも「学生ローン」で借りることもできます。

「学生ローン」とは、学生専門で貸し出している、中小の消費者金融のことです。

学生ローンは大手の消費者金融よりやや金利が低く、即日で借りれるのでおすすめです。

専業主婦の場合

専業主婦の場合には、基本的には「配偶者貸付」が利用できる消費者金融がおすすめです。

配偶者貸付とは?

配偶者貸付とは、配偶者に収入がある場合、配偶者の収入の3分の1までお金を借りれる仕組みです。

そのため、専業主婦でもカードローンが利用できます。

ただ、配偶者貸付を受けるためには、配偶者の同意が不可欠です。

配偶者貸付を行っている消費者金融の中でも特におすすめなのはベルーナノーティス レディースローンです。

初めて利用する場合

カードローンを初めて利用する方には、消費者金融カードローンがおすすめです。

消費者金融カードローンなら、以下のように初心者の方にとって嬉しいメリットがたくさんあります。

カードローンを初めて利用する方におすすめのポイント
  • 初めて契約する方向けに無利息サービスを設けている会社が多い
  • 初回申込みでも審査が比較的優しい

特に、おすすめなのが「プロミス」と「アイフル」です。

プロミスの無利息期間は契約日からではなく初めてお金を借りた日から開始されますので、30日間無駄なく金利0円で利用することができます。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

カードローンの利用から返済までわかりやすく解説

カードローンは借入までの期間が短縮化されていますが、審査や本人確認は必ずあります。

よりスムーズに借り入れできるように、申込の流れから申込方法、審査に必要な書類についてわかりやすくご紹介します。

上記の流れを押さえるだけで、誰でも簡単にかつスムーズに申し込むことができますよ。

申込から返済までの流れ

カードローンは基本的にどの方法から申し込んでも、以下の流れで進みます。

STEP.1
融資を申し込む

「WEB」「電話」「自動契約機」「店舗窓口」などからカードローンに申込みます。

すぐに借入したい方はWEBからの申し込みを選びましょう。

STEP.2
必要書類を提出する

「本人確認書類」や「年収証明書」などの書類提出が必要です。

WEB申込の場合は、書類の画像はアップロードが可能です。

STEP.3
在籍確認を受ける

在籍確認は電話で行われるのが一般的です。

本人が本当に会社に勤務しているか確認されます。

本人が出社していなくても在籍確認は可能です。

在籍確認時はカードローン会社であることは名乗らないため、会社にバレる心配はありません。

STEP.4
審査結果が通知される

審査の結果を「電話」もしくは「メール」通知が届きます。

審査に落ちた場合はここで終了となります。

審査に通過した場合は本契約へ進みます。

STEP.5
契約手続きを行う

オペレーターから契約内容についての説明と確認。

契約手続きは金融会社が進めてくれます。

STEP.5
借り入れを行う

借入は「即時振込」もしくは「提携ATM」が利用できます。

カードレス契約の場合は、即時振込がメインの借入方法です。

ローンカードが発行される場合は、到着するまでに時間がかかります。

STEP.5
月々の返済を行う

毎月契約で決めた日に返済を行います。

返済は借入をした月の翌月からスタートするのが一般的です。

経済的に余裕があれば、返済日以外にも「臨時返済」や「一括返済」することもできます。

カードローンの手続きをよりスムーズに進めるためには、新規申込の時点で情報を正しく記入・申告することが重要です。

情報に誤りがあった場合、確認のやり取りが必要となり、手続きに余計な時間がかかるからです。

消費者金融カードローンは審査が終われば、指定口座へ希望の金額を即日振込ですぐに融資をしてもらえます。

一般的に、ローンカードが発行される場合は、1週間程度で郵送されます。

万が一、1週間を経過してもローンカードが届かない場合は、不正利用される恐れもあるため、金融機関に確認しておきましょう。

カードレス契約を選択した場合は、郵送物は何もありません。

おすすめカードローン21選
人気ランキングはこちら

主な申込方法

カードローンへの申し込み方法は金融会社によって異なりますが、以下の4つの申込方法が代表的です。

カードローンへの主な申込方法
  • WEBでの申込:パソコンやスマホから申込む方法
  • 電話での申込:申込専用の窓口に電話して申込む方法
  • 郵送での申込:申込書類を取り寄せて郵送する方法
  • 店舗での申込:店舗に直接足を運び窓口で申込む方法

※消費者金融カードローンの場合は、自動契約機から申込ができることもあります。

今すぐ借入したい方は、WEB申込を選びましょう。

WEB申込ではいつでも最短30分で融資を受けられるだけではなく、カードレスにできることから家族や知人にバレにくくすることもできます。

一方、融資を急ぐ場合に一番避けたい方法は「郵送での申込」です。

融資を受けるまでに数日かかってしまうため、即日融資を希望する方にはおすすめできません。

審査に必要な書類

カードローンの手続きをする際には、以下の書類を用意しましょう。

審査に必要な書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書

本人確認書類は信用情報を確認するために必要で、カードローンに申込む場合は必ず提出する必要があります。

以下の書類は、本人確認書類として提出することができます。

本人確認書類として提出できるものは?
  • 運転免許証
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 年金手帳
  • 福祉手帳
  • パスポート
  • 公共料金の領収書
  • 在留カード特別永住者証明書

顔写真がついていない書類は、2種類の本人確認書類の提出を求められることもあります。

また、貸金業法により、以下のようなケースでは年収を証明する書類の提出が必要です。

貸金業者からお金を借りる場合、誰もが「年収を証明する書類」を提出しなければならないのですか?
規制上は、個人がお金を借りる場合(リボルビング契約の借入枠を設定する場合も含む)、
(1)ある貸金業者から50万円を超えて借りるとき
(2)他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき
のどちらかに当てはまれば、「年収を証明する書類」の提出が必要となります。それ以外の借入れであれば、自己申告に基づき年収を確認することとなります。

出典:貸金業法Q&A|金融庁

カードローンに申込む予定がある方は、念のため以下のいずれかの収入証明書を手元に準備しておくと良いでしょう。

書類名 発行元 備考
源泉徴収票 勤め先 12月~1月に交付(再交付)
給与明細書 勤め先 「本人の氏名、勤務先名(発行元)、発行年月、月収」の記載が必須
市民税・県民税額
決定通知書
勤め先or市区町村 5月~6月に交付
所得証明書 市区町村or税務署 自分で申請するともらえる
確定申告書
青色申告書
収支内訳書
税務署 1月から3月に確定申告で提出する書類

勤務先への在籍確認電話について

カードローンの審査では、原則として勤務先への在籍確認があります。

カードローンは担保や保証人なしで利用できる分、金融会社は借入希望者の返済能力を審査する必要があるためです。

在籍確認は基本的に電話で行われますが、金融会社の社名やカードローンは伝えられないので安心してください。

在籍確認はどうやって行われる?

〇〇(担当者苗字)と申しますが、▲▲様(申込者苗字)はいらっしゃいますか?

在籍確認が取れないと、その時点で手続きが止まってしまいます。

そのため、申込みの際には勤務先の電話番号を正しく伝えるように注意しましょう。

また、派遣やパートの方は以下のような問題が起こることも…。

派遣先や派遣元が在籍確認に応じてくれない…

このような方は、SMBCモビットのようなWeb完結により、電話連絡をなしにすることができるカードローンがおすすめです。

実は、SMBCモビットでは、「WEB完結+指定銀行を返済口座に指定する」という条件で電話連絡をなしにすることもできます。

消費者金融には様々な事情から在籍確認が難しい場合、柔軟に対応してくれる業者もあるので、気になる方は相談してみてください。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

主な返済方法

カードローン会社は主に以下の返済方法に対応しています。

カードローンの主な返済手段
  • 口座からの引落返済
  • ATMからの臨時返済
  • ネットバンキングでの返済
  • 店舗で直接窓口返済

返済方法が選べる場合は、返済を忘れないように、あなたが最も返済しやすい方法を選びましょう。

返済を忘れたり、遅くなると遅延損害金が発生します。

また、カードローンでは多くの場合「約定返済」が行われます。

約定返済とは?

毎月決まった額を返済していく方法のこと。

約定返済は決まった返済日に必ず行われるもので、これは事前にATMからの臨時返済を行っていても変わりません。

約定返済は守られないと利用停止になる恐れがあるので、完済するまでは毎月返済日に口座残高から支払えるように調整しましょう。

たった1回、数日程度の遅れであれば、次回から気をつければ大きな問題にはなりませんが、短期であっても何回も続けば問題視されます。

滞納は61日以上続くと長期滞納として深刻な状況になり、一括返済を求められることもあります。

カードローンの約定返済日は変更できるので、「今の設定だと返済が苦しい」という場合は設定日を変更しましょう。

おすすめのカードローンについてよくある質問

以下の質問は、カードローンを利用している、もしくは利用しようとしている方から寄せられます。

カードローンについて知ったからこそ、ぜひ参考にしてください。

審査なしで借入できるカードローンはある?

審査なしでお金を借りることができるカードローンは基本的にはありません。

貸金業者は貸金業法により「返済能力があるかどうか」「総量規制に該当するかどうか」など調査するように義務化されているからです。

また、貸金業者は指定信用情報機関に個人信用情報を提供しなければいけません。

逆に、審査なしでお金を借りれるカードローン会社は安全に利用できない可能性があるのでお気を付けください。

信用情報とはなんですか?

信用情報とは全国民のローンに関する情報がすべて集約されているものです。

信用情報はカードローンの審査には欠かせなく、クレジットカードの利用状況や借入残高を確認することができます。

また、本人確認ができないと信用情報が照合できません。

信用情報は以下の指定信用情報機関で管理されています。

信用情報を管理する指定信用情報機関
  • CIC(株式会社シーアイシー)
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)

信用情報にはクレジットカードやカードローンの利用状況のほかに、「申込情報」も登録されています。

つまり、あなたがいつどこの金融機関に「申込」をしたのかも信用情報を確認すれば一発でわかるのです。

信用情報に「申込情報」と「成約情報」が両方記載されていれば審査は合格、「申込情報」のみで成約情報がない場合は審査落ちしたことがわかります。

そのため、一度に複数の金融機関に新規申込をしたり、何回も審査に落ちると、信用情報を通じてそのことがバレてしまうのです。

審査落ちが何回も続いている方は、少し時間を置きましょう。

何回も他社で審査に落ちている方に貸し付けを行う業者はなかなかないからです。

審査に落ちると「すぐ次を探さないと!」という気持ちになりやすいですが、短期間で何社もカードローンの新規申込をするのは賢明ではありません。

申込情報は信用情報機関で6ヶ月間保管された後に削除されますので、過去の情報が消えてから申込を行ったほうが審査は通りやすくなります。

一度に複数の金融機関に申込を行うと、「お金に困っている」というネガティブなイメージがつきやすいため、必ず新規申込は1社ずつ行いましょう。

審査時の在籍確認の電話を回避することはできますか?

審査時の在籍確認は申し込みの際に担当者へ相談すれば、電話を回避できる可能性があります。

申込んだ業者にもよりますが、基本的に借入希望者から申出があった場合に、電話以外の方法で在籍確認を行うことが多いです。

電話以外で在籍確認をする場合は、以下のような勤務先が確認できる書類を提出することになります。

勤務先が確認できる書類
  • 顔写真付き社員証のコピー
  • 勤務先名が記載されている健康保険証
  • 勤務先が発行する在籍証明書
  • 最新の給料明細書(数か月分)
  • 最新年度の源泉徴収票

電話連絡をなしにしたい方は、SMBCモビットにWebから申し込みましょう。

SMBCモビットは「WEB完結」+「指定銀行口座で返済」という2つの条件を満たすことで電話連絡をなしにすることもできる珍しい消費者金融です。

ただし、SMBCモビットを利用する場合は、以下の指定銀行口座を返済口座に指定する必要があります。

SMBCモビットの返却口座
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

どうしても家族や会社にバレなくないという方は、SMBCモビットにWebから申し込みましょう。

カードローンの使い道を調査されることはありますか?

カードローンの使い道は基本的には調査されません。

これはカードローンは事業性資金以外で資金使途が自由なローンサービスだからです。

そのため、借入れたお金をどんな目的で使用したかについては、基本的に調査されることはありません。

カードローンは以下のような事業資金以外の目的に利用しましょう。

カードローンの主な利用目的
  • 生活費
  • 趣味・娯楽費
  • 学費・受講料
  • 自動車購入費
  • 医療費

また、事業性資金に活用したい場合は、ビジネスローンを利用しましょう。

リボ払いとはなんですか?

リボ払いとは毎月の支払額を決まった金額に固定しつつ、金利と一緒に返済していく返済方法のことです。

リボ払いの正式名称はリボルビング払いといい、カードローンの多くは、リボルビング方式を採用しています。

リボ払いには、以下のように複数の種類があり、あなたが利用するカードローンがどの種類か必ず確認するようにしましょう。

リボ払いの種類
  1. 元金定額:毎月元金は一定で利息だけが変動する返済方法
  2. 元利定額:元金と利息を足した一定の金額を払い続ける返済方法
  3. 定額返済:毎月の返済額が変動しない返済方法
  4. 定率返済:借入残高の率で返済額が毎月計算される返済方法
  5. 残高スライド方式:借入残高に応じて月々の返済額が決まっている返済方式

少しでも利息の負担を軽減したい方は、「元本」を減らして1日でも早く完済することを考えましょう。

これはリボ払いが元本が減りにくい支払い方法だからです。

リボ払いは毎月の返済額が少ないことが魅力ですが、完済までに時間がかかってしまいます。

元本を減らすためには「臨時返済」や、余裕を見ながら「一括返済」するのがおすすめです。

また、多くの金融機関では、一括返済をする場合は最終的な返済額を教えてもらうために、事前連絡を入れる必要があります。

一括返済時は「端数(硬貨)」が出ることが多く、ATM返済を選択している方は、端数の振込に頭を悩ませている方もいますよね。

このようにATMから効果を入金できない場合は、千円未満の端数については「無利息残高」となります。

無利息残高とは?

無利息残高とは、支払期限も利息もつかない金額のことで、基本的にはそのまま放置しても構わないものです。

ただし、カードローン業者から完全に解約する場合は、無利息残高も全て支払う必要があります。

  • 口座引落を設定している:端数が自動的に引き落とされるので、特に何もする必要はありません
  • 口座引落を利用していない:無利息残高を「銀行振込」もしくは「店舗窓口」で支払う

カードローンのおすすめまとめ

本記事では数あるカードローン会社を21社に厳選してご紹介しました。

ご紹介したカードローン会社はそれぞれ特徴や審査の基準も違います。

金利を抑えて利用したい方は銀行カードローン、今すぐお金が必要な方は消費者金融カードローンを選ぶことがおすすめです。

消費者金融カードローンは即日融資に対応しており無利息期間がある会社が多く、期間内に返済すると利息0円でも利用できます。

それでは、本記事のまとめをしていきます。

本記事のまとめ
  • 銀行カードローンのイチオシは、金利が年3.5%~13.5%の「りそな銀行カードローン」
  • 消費者金融カードローンのイチオシは、最短25分と即日融資で金利が年3.0%~18.0%の「アイフル」
  • 今すぐお金が必要な方は即日融資に対応した消費者金融カードローンがおすすめです
  • 特に「金利」「融資スピード」「無利息期間」「返済方法」「金融機関の信頼性」は選ぶ上でポイント
  • カードローンの審査では、「返済能力」「信用情報」「他社の利用実績・状況」をみられてる!
  • カードローンの金利を下げるには、「無利息期間の活用」「限度額を高く」「返済期間を短く」すると良い!
  • カードローン で即日融資を受けるには、「即日融資の希望の相談」「限度額を低く」「消費者金融を利用」すると良い!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)