【助かった!】カードローンおすすめ比較ランキング10選!低金利で審査が早いのはここ!

おすすめのカードローンを教えて!
即日でお金を借りられるカードローンはあるの?

お金がないときに、すぐにまとまったお金を借りることができる便利なカードローン。

種類によっては即日でお金を借りられるカードローンもあるため、急ぎで資金を調達したい方には非常におすすめです。

しかし、中には金利の高さや周囲にバレてしまうことを恐れて、なかなかカードローンを利用できないという方もいるでしょう。

そこで本記事では、低金利でお金を借りられるおすすめのカードローン周囲の人に気づかれにくいカードローンを利用するための方法を紹介します。

自分にあったカードローンの選び方なども詳しく解説していきますので、ぜひお金を借りる時の参考にしてみてください!

「カードローン おすすめ」をざっくりいうと
  • 利息を安く抑えたいなら銀行カードローン
  • 素早い融資が必要なら消費者金融カードローン一択
  • 融資スピードが早く初めての方にもおすすめなのは「プロミス」「アコム」「アイフル」。
  • 中でもアイフルなら、初回利用30日間に限って利息が0円!
  • web申し込みなら、最短30分で融資可能!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

※当サイトからの申し込み件数を元にランキングを作成

おすすめのカードローンランキング10選

カードローンおすすめ10社

カードローンのサービスを提供している金融会社はたくさんあるため、どの会社のカードローンを利用するべきか迷う方も少なくないでしょう。

そこで、まずは本記事でおすすめしたいカードローンをランキング形式で10社紹介します。※当社調べ

各カードローンの特徴やおすすめポイントなども解説していきますので、ぜひカードローンを選ぶ際の参考にしてみてください。

順位 会社名 実質年利 融資スピード 来店 種類
1位 アイフル 3.00~18.00% 最短即日 不要 消費者金融系
2位 プロミス 3.00~18.00% 最短1時間 不要 消費者金融系
3位 アコム 3.0~18.0% 最短1時間 不要 消費者金融系
4位 SMBCモビット 3.00~18.00% 最短即日 不要 消費者金融系
5位 レイクALSA 4.50~18.00% 最短1時間 不要 消費者金融系
6位 楽天銀行スーパーローン 1.90~14.50% 最短翌日 不要 銀行
7位 ジャパンネット銀行カードローン 1.59~18.00% 不要 銀行
8位 三井住友銀行カードローン 1.50~14.50% 最短翌営業日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。
一部要 銀行
9位 オリックス銀行カードローン 1.70~17.80% 不要 銀行
10位 みずほ銀行カードローン 2.00~14.00% 一部要 銀行

アイフル

アイフル

アイフルのおすすめポイント
  • 全国どこからでも24時間カードローンへの申込みができる
  • 審査時間は最短30分、最短即日のスピード融資
  • 審査の優先度を上げられるフリーダイヤルも完備

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

接客対応が好評で、はじめての方も利用しやすいでしょう。最短30分審査、最短1時間融資に対応しています。アプリで申込みから借り入れまで完結。カードレスなので郵送物がくる心配もありません。

今すぐにお金を借りたいという方におすすめなのが、アイフルのカードローンです。

カードローンへの申込みは、WEBやATMなどから24時間365日何時でも行えます。

審査時間や融資までのスピードも早く、最短でその日のうちにお金を借りることが可能です。

どうしても審査を早くしてほしいという方専用のフリーダイヤルが設けられているなど、他の金融会社では見られないようなユニークなサービスを複数展開しています。

カードが届くまで待ちたくないという方のために、借入方法として「口座振替」や「カードレス」が選べるようになっているのも嬉しいおすすめポイントです。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

実質年利 3.00~18.00%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
無利息期間 30日
最高借入限度額 800万円
WEB完結 可能
カードローンの種類 消費者金融系

プロミス

お金が必要_プロミス

プロミスのおすすめポイント
  • 「借入初日」から適用される30日間の無利息サービス
  • 審査時間が短く、その日のうちの借入れも可能
  • 運営は大手SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス

消費者金融カードローンの中でも、特に無利息サービスの融通が利くプロミスもおすすめです。

他のカードローンでは、通常「契約日」から30日間の無利息期間が発生するように設定されています。

しかし、プロミスでは「契約日」ではなく「借入初日」から30日間の無利息期間が発生するようになっているため、金利0円の恩恵を最大限に受けやすいようになっているのです。

融資スピードや審査時間も、他の消費者金融カードローンに劣ることはありません。

「すぐに借りるわけではないけれど、無利息サービスはしっかり活用したい!」という方にはおすすめのカードローンです。

実質年利 4.50~17.80%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 30日
最高借入限度額 500万円
WEB完結 可能
カードローンの種類 消費者金融系

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

アコム

アコムのおすすめポイント
  • 最短1時間の即日融資が可能
  • 消費者金融カードローンの中でも抜群の安心感
  • はじめて利用する方なら30日間無利息で借入れ可能

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

「はじめてのアコム」でおなじみのアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループ。最短30分という審査スピードの早さに定評があります。30日間の無利息サービスに対応。

数あるカードローンの中でも、最もおすすめなのがアコムです。

アコムは、大手金融グループである三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の傘下にある消費者金融会社ですから、消費者金融会社に警戒心を抱いている方でも安心して利用することができます。

融資スピードが早いカードローンの一つとして認知されており、審査時間は最短で30分、融資に至っては最短1時間しかかかりません。

さらに、初めてアコムを利用する方でなおかつWEB申込の方にのみ、30日間の無利息期間が適用されますので、30日間金利0円の状態で借入れを行うことも可能です。
※在籍確認が行われる場合がございます

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

実質年利 3.00~18.00%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 30日
最高借入限度額 800万円
WEB完結 一部可能
カードローンの種類 消費者金融系

SMBCモビット

SMBCモビットのおすすめポイント
  • 申込みから10秒で結果が分かる簡易審査システムを採用
  • WEB完結申し込みなら、電話連絡はなし!
  • SMBCグループの会社だから安心感がある

「money・mobile・bit」の3語を掛け合わせたモビットという名前にふさわしく、最先端技術を活かした新サービスを次々に提供しているSMBCモビット

他の金融会社ではありえない10秒という早さで、簡易審査の結果を確認することができます。

本審査や契約手続きもスムーズで、申込みから24時間以内の融資も可能です。

大手SMBCグループが提供している会社なので、以下銀行口座を持っていれば、WEB上の手続きのみで契約を完了させることができます。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

WEB完結申込なら郵送物が届くこともないため、周囲にカードローンに申込んだことを知られたくないという方には特におすすめです。

実質年利 3.00~18.00%
審査時間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
無利息期間
最高借入限度額 800万円
WEB完結 可能
カードローンの種類 消費者金融系

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

レイクALSA

消費者金融_レイクアルサ_トップ

レイクALSAのおすすめポイント
  • 新生銀行グループが提供しているカードローン
  • 無利息サービスの内容や種類が充実している
  • スマホ一つで「申込・契約・借入」まで全て行える

カードローンの無利息期間は、通常30日間しか設けられないものです。

しかし、レイクALSAを利用すれば、条件によっては以下の2つの無利息サービスのうち、どちらか好きな方を選択することができます。

レイクALSAの2つの無利息サービス
  1. 無利息期間が最大60日間適用:初申込かつWEB申込
  2. 無利息期間が最大180日間適用:借入金額5万円まで

融資までの時間は最短60分とスピーディーで、本人確認のための来店や郵便も一切必要ありません。

午後9時までに契約手続きを完了させられれば、その日のうちに口座にお金が振り込まれますので、急ぎの方でも安心です。

申込から借入れまでスマホのみで操作できます。

実質年利 4.50~18.00%
審査時間 最短15秒
融資スピード 最短1時間
無利息期間 60日(Web申し込み限定)
180日(5万円まで)
最高借入限度額 500万円
WEB完結 可能
カードローンの種類 消費者金融系

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント
  • ネット証券だからWEB上の手続きに強い
  • 楽天会員ランクに応じて審査の優遇がある※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。

口座開設数トップクラスの楽天銀行が提供するスーパーローンは、銀行カードローンの中でも特に人気があります。

一番の人気の理由は、金利の安さです。

下限金利・上限金利がともに平均よりも安く、少額融資でも高額融資でもお得に借り入れることができます。

契約はすべてネット上で完結でき、必要な書類があっても画像をアップロードできるので、郵送物のやり取りは発生しません。

楽天会員ならランクによって審査が優遇されることもあります。

実質年利 1.90~14.50%
審査時間 最短翌日
融資スピード 最短翌日
無利息期間
最高借入限度額 800万円
WEB完結 可能
カードローンの種類 銀行系

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローンのおすすめポイント
  • 日本で一番初めにできたネット銀行が提供するカードローン
  • 銀行カードローンではあまりない30日間の無利息サービスを提供
  • 専用アプリ「ネットキャッシングアプリ」が便利

日本初のオンライン銀行として2000年に誕生したジャパンネット銀行が提供するカードローンです。

銀行カードローンとしては珍しく、新規申込の方限定で30日間の無利息期間を設けています

しかも無利息期間が開始されるのは、「契約日から」ではなく「初めて借入れを行った日から」なので、無利息サービスをまるまる30日間活用可能です。

他にも、以下のような他社にはない特別なサービスを提供しています。

  • Tポイントを現金化できるサービス
  • 「Yahoo!かんたん決済」の利用手数料0円サービス

借入れや残高状況を簡単にチェックできる専用スマホアプリ「ネットキャッシングアプリ」も、使い勝手が良いと好評です。

実質年利 1.59~18.00%
審査時間
融資スピード
無利息期間 30日
最高借入限度額 1000万円
WEB完結 可能
カードローンの種類 銀行系

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンのおすすめポイント
  • 返済方法や返済日を自分の都合に合わせて選択できる
  • 上限金利が年14.50%と比較的割安
  • 審査と融資が最短で翌営業日には完了する ※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。

三井住友銀行のカードローンは、上限金利が他のカードローンに比べて比較的安いのが特徴です。

融資のスピードも銀行カードローンの中では早い方で、最短翌営業日にはお金を借りることができます。

返済方法は以下の3種類から選択できるため、自分に一番合った方法で無理なく返済が可能です。

  • 口座振替
  • ATMでの返済
  • インターネットバンキングからの返済

返済日も「5日・15日・25日・月末」の4種類から選択できるので、給料日などに合わせて返済しやすくなっています。

実質年利 1.50~14.50%
審査時間 最短翌営業日
融資スピード 最短翌営業日
無利息期間
最高借入限度額 10~800万円
WEB完結 一部可能 ※三井住友銀行の普通預金口座、キャッシュカードをお持ちの方
カードローンの種類 銀行

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンのおすすめポイント
  • ガン保障特約付きプラン「Bright」がご高齢の方に人気
  • カードローンへの申込みはWEB完結可能
  • 提携ATMを利用すれば利用手数料がかからない

オリックス銀行』は、比較的高齢の方に人気のカードローンとして認知されています。

なぜなら、ガン保障特約付きプラン「Bright」を利用できるためです。

通常、ローンの返済が残ったままで契約者が死亡してしまうと、遺族の方への負担が大きくなってしまいます。

しかし、「Bright」プランを利用していれば、がんにかかったり、死亡してしまったりした場合に、借入残高を0円にすることができるのです。

「Bright」プランの詳しい契約内容等については、以下をご覧ください。

ガン保障特約付きプラン「Bright」の詳細情報
加入条件
保険料 実質0円
保障内容 「死亡・高度障害」もしくは
「がんと診断確定」した時借入残高が0円になる
その他 金利の上乗せなし

オリックス銀行では他にも、カードローンの契約をWEBのみで完結可能だったり、提携ATMからの借入手数料が無料になったりするなどの便利なサービスを展開しています。

>>>オリックス銀行の公式サイトはこちら<<<

今すぐオリックス銀行に無料登録する

実質年利 1.70~17.80%
審査時間
融資スピード
無利息期間
最高借入限度額 800万円
WEB完結 可能
カードローンの種類 銀行系

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント
  • みずほ銀行のキャッシュカードがあればローンカード不要で借入れ可能
  • 現在「最大30日間利息全額キャッシュバックキャンペーン」実施中
  • 住宅ローンの利用で金利が一律0.5%になる

みずほ銀行カードローンなら、みずほの口座を持っていなくてもカードローンと一緒に申込んで開設することができます。

少額融資の場合は金利が割高になってしまう傾向がありますが、2021年2月の今なら「最大30日間利息全額キャッシュバックキャンペーン」で実質30日間の利息を0円にすることが可能です。

また、みずほ銀行が提供している住宅ローンを組んでいる場合は、金利が0.5%まで下がるので、さらにお得にカードローンを利用することができます。

みずほ銀行のキャッシュカードを持っている方は、ローンカードをわざわざ発行しなくても、そのままキャッシュカードで借入れが可能です。

クレジットカードでリボ払いを利用している場合は、みずほ銀行カードローンに借り換えることで金利を安く抑えることもできます。

実質年利 2.00~14.00%
審査時間 翌営業日以降
融資スピード
無利息期間 30日
最高借入限度額 800万円
WEB完結 一部可能
カードローンの種類 銀行系

シチュエーション別おすすめカードローン

シチュエーション別おすすめカードローン

カードローンには決まった特徴があるため、どのカードローンを選んでも一見変わりがないように見えます。

実際に、以下の要素については、どのカードローンを選んだとしてもあまり変わることはありません。

多くのカードローンに共通する要素
  • 借入と返済を何度でも繰り返し行うことができる
  • 安定した収入があって20歳以上でないと契約できない
  • 返済期間が長引くほど返済総額が高くなる
  • 契約には本人確認書類と収入証明書が必要
  • 事業目的以外で、借入れ目的を制限されることはない
  • 返済が遅れると遅延損害金が発生する

しかし、上記以外の要素については、カードローンの種類によって大きく変化します。

そのため、シチュエーションによって、使いやすいカードローンと使いにくいカードローンというものが存在するのです。

ここでは、以下のシチュエーション別に、使いやすいカードローンを紹介していきます。

カードローンに関する4つのシチュエーション
  1. カードローンを初めて利用する
  2. 即日融資で早く借り入れたい
  3. 利息の支払いを抑えたい
  4. 誰にも知られたくない

カードローンを初めて利用する

カードローンを初めて利用する方には、消費者金融カードローンがおすすめです。

消費者金融カードローンなら、以下のように初心者の方にとって嬉しいメリットがたくさんあります。

カードローンを初めて利用する方におすすめのポイント
  • 初めて契約する方向けに無利息サービスを設けている会社が多い
  • 初回申込みでも審査が比較的優しい

中でも特におすすめなのが「プロミス」と「アコム」です。

プロミスの無利息期間は契約日からではなく初めてお金を借りた日から開始されますので、30日間無駄なく金利0円で利用することができます。

また、アコムは20歳以上で収入さえあれば学生の方でも申込みができますので、初めてカードローンを利用する学生の方にはおすすめのカードローンです。

カードローンを初めて利用する方におすすめ
  • プロミス
  • アコム

即日融資で早く借り入れたい

即日融資が可能なのは、消費者金融カードローンです。

銀行カードローンは、審査の関係でどうしても翌日以降にしか融資ができません。

消費者金融カードローンには、急いでお金を借りたい人におすすめの以下のようなメリットがあります。

即日融資で早く借り入れたい方におすすめのポイント
  • WEB申込や自動契約機での申込なら当日中に借入可能
  • 自動契約機ならその場でカードを発行してもらえる
  • アプリを使えばカードレスですぐに借入できる会社もある

特におすすめなのは、「アコム」と「アイフル」です。

アコムの自動契約機「むじんくん」は全国に多数設置されているため、思い立った時にすぐにカードローンの契約ができます。

アイフルは優先的に審査をしてほしい方が電話できる専用のフリーダイヤルを用意しているので、本当に切羽詰まっている時には心強いカードローンです。

即日融資で早く借り入れたい方におすすめ
  • アコム
  • アイフル

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

利息の支払いを抑えたい

利息の支払いを抑えるためには、なるべく金利の低いカードローンを利用する必要があります。

金利の高さはそのまま利息の高さに繋がりますので、返済の負担を少しでも減らしたいという方は金利の高さには注意しましょう。

金利の安さを重視するのなら、以下のような特徴を持っている銀行カードローンがおすすめです。

利息の支払いを抑えたい方におすすめのポイント
  • 消費者金融カードローンに比べて金利が安い
  • 毎月の返済額が少額のため負担になりにくい

中でも「楽天銀行スーパーローン」と「みずほ銀行カードローン」の2種類は、特に金利の低いカードローンになります。

楽天銀行スーパーローンの金利は1.90~14.50%と平均よりも安く、みずほ銀行カードローンの金利も2.00~14.00%と割安です。

利息の支払いを抑えたい方におすすめ
  • 楽天銀行スーパーローン
  • みずほ銀行カードローン

誰にも知られたくない

カードローンを利用していることは、カードローンへの申込み時や郵送物が届いた時などに周囲にバレる可能性があります。

そのため、カードローンを利用していることを家族や職場に知られたくないという方は、以下のポイントを満たしているカードローンを利用するべきです。

誰にも知られたくない方におすすめのポイント
  • 来店の必要なくカードローンへの申込みができる
  • 郵送物のやり取りなしで契約が完結できる
  • 電話以外で在籍確認ができる

カードローンで借金をしていることをどうしても周囲に知られたくないという方は、「SMBCモビット」か「プロミス」を利用すると良いでしょう。

SMBCモビットなら、三井住友銀行等の口座を持っている場合、在籍確認の必要がありません

また、勤務先が分かる書類を提出できれば、電話でなくても在籍確認ができるというメリットもあります。

プロミスのWEB完結申込ならスピーディーに融資が受けられるので、郵送物で周囲にバレる心配がありません

利用明細もWEB明細にしてしまえば、借入れ後に郵送物が届く事態も防げます。

誰にも知られたくない方におすすめ
  • SMBCモビット
  • プロミス

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

カードローンとは?

カードローンとは?

カードローンとは、金融会社と契約してお金を借り入れることのできる便利なサービスです。

ローンカードやキャッシュカードを利用して、ATMからお金を借りることができます。

会社によっては、スマホアプリから振り込みで借入れができる場合も。

おすすめのカードローンやメリット・デメリットについては、以下で詳しく解説していきます。

カードローンとは?
  • おすすめのカードローンの種類は大きく分けて2つ
  • カードローンのメリット
  • カードローンのデメリット

おすすめのカードローンの種類は大きく分けて2つ

カードローンには様々な種類がありますが、特におすすめなのが消費者金融カードローン銀行カードローンです。

銀行カードローンはその名の通り、都市銀行や地方銀行、ネット銀行などが提供しているカードローンのことを指します。

消費者金融カードローンは、消費者金融と呼ばれる貸金業者が提供しているカードローンです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンとでは、順守するべき法律が異なります。

貸付の際に従うべき法律
  • 銀行:銀行法
  • 消費者金融:貸金業法

銀行カードローンと消費者金融カードローンのその他の特徴については、以下の表をご参照ください。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
・金利が安い
・借入先の選択肢が多数
・高額借入れも可能
・銀行で借りる安心感がある
・審査が優しい
・審査が早く即日融資が可能
・無利息期間が適用される
・全国どこからでも申込可能

金利は銀行カードローンの方が消費者金融カードローンに比べて低い傾向にあるため、返金総額を低く抑えたい方には銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの金利の違い
借入額 銀行カードローン
(金利年15.00%)
消費者金融カードローン
(金利年18.00%)
利息額 返済総額 利息額 返済総額
10万円 1万5000円 11万5000円 1万8000円 11万8000円
50万円 7万5000円 57万5000円 9万0000円 59万0000円
100万円 15万0000円 115万0000円 18万0000円 118万0000円

しかし、金利が安い代わりに審査が厳しいのも銀行カードローンの特徴です。

審査に通る自信がないという方は、比較的審査の基準が優しい消費者金融カードローンを利用すると良いでしょう。

カードローンのメリット

カードローンを利用してお金を借りるメリットは、以下の通りです。

カードローンのメリット
  • 最短即日審査&融資が可能
  • キャッシングよりも低金利な傾向にある
  • 借りたお金の使い道が自由
  • 担保・保証人が不要なので学生も利用できる

特に融資のスピードに関しては、消費者金融カードローンが抜群に早いです。

クレジットカードを作ろうとすると、どうしても1週間以上かかってしまいますが、消費者金融カードローンならその日のうちにお金を借りることができます

また、クレジットカードのキャッシング機能よりも金利が低いため、頻繁にキャッシングを行うという方は、カードローンに借り換えた方が結果的にお得になる場合が多いのです。

借りた資金をどんな目的で使用しても問題ないという点は、「フリーローン」とも共通しています。

しかし、フリーローンとカードローンとでは以下のような違いがありますので、何度も借入れがしたいという方にはカードローンの方がおすすめです。

  • フリーローン:お金を借りられるのは1回きり
  • カードローン:借入残高が上限に達するまで何度でも借入可能

カードローンのデメリット

カードローンを利用する際には、以下のようなデメリットがあることにも注意しなければなりません。

カードローンのデメリット
  • 他のローンと比較すると金利が高い
  • 返済期間が長引く可能性がある

カードローンは以下のような目的型ローンと比べると、どうしても金利が高くなってしまう傾向があります。

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • ペットローン

もしもお金の使い道がはっきりと決まっているのなら、目的に合った目的型ローンを利用した方が良いでしょう。

しかし、目的型ローンには該当する商品がなく、どうしてもすぐにお金が必要になった時などにはカードローンの方がおすすめです。

注意

ちなみに、目的別ローンの審査では、必ずかかった金額や使い道を証明できる書類の提出が求められます

また、カードローンは何度も借入れができる商品です。

そのため、計画的に利用しないと予想以上に返済期間が長引いてしまう恐れがあります。

自分の返済能力を超えた借入れは非常に危険なので、十分に注意しながら利用して行くよう心掛けましょう。

おすすめカードローンの選び方

おすすめカードローンの選び方

カードローン選びを間違えると、予想以上に損をしてしまったり、希望通りの借入れができなかったりする可能性があります。

自分の目的に合ったカードローンをしっかりと選べるおすすめのカードローンの選び方は、以下の通りです。

おすすめカードローンの選び方
  1. 希望の借入限度額の金利で選ぶ
  2. 融資スピードで選ぶ
  3. 返済のしやすさで選ぶ

希望の借入限度額の金利で選ぶ

上限金利が低い会社でカードローンを利用したいと思っている方は、自分が借入れたいと思っている金額の金利に注目してみましょう。

どの会社でも、借入限度額に応じて金利が変化します。

消費者金融カードローンの場合は、「利息制限法」によって金額ごとの金利上限が以下のように決められています。

元金 上限金利
~10万円 年20.00%
10万円~100万円 年18.00%
100万円~ 年15.00%

銀行カードローンの場合は、上限金利は決まっていません。

そのため、銀行によって上限金利が異なるのが普通です。

以下は金融機関ごとの金額別の金利の例ですので、ぜひ参考にしてみてください。

100万円未満の金利 500万円〜600万円の金利
三井住友銀行 年12.00%~14.50% 年5.00%~6.00%
みずほ銀行 年13.50% 年4.50%
楽天銀行 年14.50% 年4.50%~7.80%

金利を調べるだけでは具体的な返済計画を立てづらいという方は、「返済シミュレーション」を活用しましょう。

返済シミュレーションは、各会社のホームページにて無料で利用できます。

返済シミュレーションができる金融機関は、以下の通りです。

返済シミュレーションが利用できるカードローン会社例
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • レイクALSA
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • みずほ銀行

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

融資スピードで選ぶ

融資のスピードは、カードローンの種類によって大きく異なります。

消費者金融カードローンは最も融資が早いです。

一方、銀行カードローンの場合はどうしても融資が遅い傾向にあります。

消費者金融系 融資スピード
アコム 最短1時間
アイフル 最短即日
銀行系 融資スピード
楽天銀行スーパーローン 最短翌日
オリックス銀行カードローン 最短翌営業日

銀行カードローンの融資が遅い主な理由は、以下の通りです。

銀行カードローンの融資が遅い理由
  • 金利が低い代わりに借入希望者のことを厳しく審査しているため
  • 審査時に警察庁のデータベースを照会する必要があるため

それでも、WEB申込を利用すれば最短翌日(もしくは翌営業日)には融資を受けることができます。

消費者金融カードローンの場合も、WEB申込ならスムーズに契約が可能です。

返済のしやすさで選ぶ

カードローンを選ぶ時には、返済のしやすさにも注目してみましょう。

なぜなら、返済しにくいカードローンを選んでしまうと、以下のようなデメリットがあるからです。

  • 返済を忘れて遅延損害金を発生させてしまう
  • 返済するための時間を確保しにくくストレスになる

カードローンを最後まで快適に利用するためにも、返済方法や返済日などにはこだわりましょう。

返済方法で最もおすすめなのは「口座引落」です。

毎月決まった返済日に決まった口座から引き落としがされるので、返済をし忘れることがありません。

注意

口座に返済額以上の残高がないと、引き落としが失敗してしまいます!

引き落としができなかった場合、その事実に気が付くまで数日以上かかってしまうかもしれません。

遅延損害金の発生を防ぐためにも、返済日前と後に残高の状況を確認しておくことを忘れないようにしましょう。

カードローンの利用の流れ

カードローンの利用の流れ

カードローンは現在、どんどん申込みから借入れまでの期間が短縮化されてきています。

  • 最短でその日のうちにお金を借りられる!
  • 翌営業日には融資可能!

ほとんどの会社が上記のような売り文句を掲げているため、申し込む側も当然当日中に融資が受けられるものだと考えてしまいがちです。

しかし、実際にカードローンで融資を受けるためには、必ず審査を行ったり、本人確認をしたりする必要があります

どこかの段階で手続きが止まってしまうと、場合によっては望むようなスピードで融資を受けられない可能性もあるのです。

そうならないためにも、まずはカードローンを利用するまでの流れをしっかりと把握しておきましょう。

カードローンの利用の流れ
  • 申込から返済までの流れ
  • 主な申込方法
  • 審査に必要な書類
  • 勤務先への在籍確認電話について
  • 主な返済方法

申込から返済までの流れ

カードローンを申し込んでから、実際に返済を行うまでの流れを確認していきましょう。

どの方法で申し込んだ場合も、基本的には以下のような流れで進んでいくことになります。

STEP.1
融資を申し込む

WEBや電話などからカードローンに申込みます。

不明点がある方は、この段階で担当者に確認しておくと良いでしょう。

STEP.2
必要書類を提出する

本人確認や年収、勤務先を確認するために、書類を提出します。

WEB申込の場合は、書類の画像をアップロードすることが多いです。

STEP.3
在籍確認を受ける

在籍確認では、本人が本当にその会社に勤務しているかどうかの確認が行われます。

在籍確認は電話で行われるのが一般的です。

STEP.4
審査結果が通知される

審査の結果が電話かメールで届きます。

審査に落ちた場合はここでやり取りが終了し、合格の場合はその後の流れについて案内があるはずです。

STEP.5
契約手続きを行う

契約手続きは、主に金融会社の方で行います。

STEP.5
借り入れを行う

借入れはコンビニや銀行のATMから行います。

ローンカードが必要な場合は、カードが届くまで待たなければなりません

STEP.5
月々の返済を行う

毎月1回、決まった日にちに返済額を支払います。

返済日以外にも、自分の好きな時にATMから臨時返済を利用できる場合が多いです。

手続きをスムーズに進めるためには、最初の申込みの時点で情報を正しく記入する(もしくは口頭で伝える)ことが大切です。

情報に誤りがあると確認のためのやり取りが発生するため、余計な時間をくってしまいます。

主な申込方法

カードローンへの申込み方法は、金融会社ごとに異なります。

代表的な申込方法は以下の4種類です。

カードローンへの主な申込方法
  • ネットでの申込:パソコンやスマホから申込む方法
  • 電話での申込:申込専用の窓口に電話して申込む方法
  • 郵送での申込:申込書類を取り寄せて郵送する方法
  • 店舗での申込:店舗に直接足を運び窓口で申込む方法

消費者金融カードローンの場合は、ここに「自動契約機での申込」が追加される場合があります。

最も早くスムーズに融資を受けられる可能性が高いのは、「ネットでの申込」です。

書類の提出もアップロードで済ませられるため、ほとんど余計な時間がかかりません。

反対に、融資までのスピードが一番遅いのは、「郵送での申込」と「電話での申込」です。

この2種類は郵送にて書類のやり取りが発生する可能性が高いため、融資までに数週間以上かかってしまう可能性があります。

審査に必要な書類

審査に必要な書類をあらかじめ用意しておくことで、カードローンの手続きをスムーズに進めることができます。

カードローンの審査では、以下の書類の提出を求められることが多いです。

  • 本人確認書類
  • 年収を確認できる書類

中でも本人確認書類は信用情報を確認するために必要なものなので、カードローンに申込む場合は必ず提出する必要があります。

本人確認書類として提出できるのは、以下のような書類です。

本人確認書類として提出できるもの
  • 運転免許証
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 年金手帳
  • 福祉手帳
  • パスポート
  • 公共料金の領収書
  • 在留カード特別永住者証明書

カードローンに申込んだら、上記のいずれかの書類をすぐに提出できるよう準備しておきましょう。

注意

顔写真がついていない書類の場合は、本人確認書類を2種類提出するように求められることが多いので注意!

年収を確認できる書類は、以下のような場合に必要になります。

収入証明書が必要なケース
  1. 50万円以上の借入れを希望している場合
  2. 他社での借入残高が合計100万円以上になっている場合

年収を確認できる書類は、すぐには用意できない場合が多いです。

カードローンに申込む予定がある方は、念のため以下のいずれかの収入証明書を手元に準備しておくと良いでしょう。

書類名 発行元 備考
源泉徴収票 勤め先 12月~1月に交付(再交付)
給与明細書 勤め先 「本人の氏名、勤務先名(発行元)、発行年月、月収」の記載が必須
市民税・県民税額
決定通知書
勤め先or市区町村 5月~6月に交付
所得証明書 市区町村or税務署 自分で申請するともらえる
確定申告書
青色申告書
収支内訳書
税務署 1月から3月に確定申告で提出する書類

勤務先への在籍確認電話について

勤務先への在籍確認は、カードローンの審査では必ず行われます。

注意

カードローンは無担保・保証人なしでお金を貸し付けるサービスなので、金融会社は借入希望者の返済能力を最も重視して審査を行っています。

勤務先への在籍確認は、基本的には電話で行われます。

電話では以下のように、金融会社の名前を名乗ることはなく、在籍確認であることも基本的には伝えません

〇〇(担当者苗字)と申しますが、▲▲様(申込者苗字)はいらっしゃいますか?

在籍確認が取れないと、その時点で手続きが止まってしまいます。

そのため、申込みの際には勤務先の電話番号を正しく伝えるように注意しましょう。

主な返済方法

返済方法は自分が最も利用しやすい方法を選ぶと良いでしょう。

カードローンの場合は、主に以下のような方法で返済が可能です。

カードローンの主な返済手段
  • 口座からの引落返済
  • ATMからの臨時返済
  • ネットバンキングでの返済
  • 店舗で直接窓口返済

カードローンでは多くの場合「約定返済」が行われます。

約定返済とは?

毎月決まった額を返済していく方法

約定返済は決まった返済日に必ず行われるもので、これは事前にATMからの臨時返済を行っていても変わりません

そのため完済するまでは、返済日に必ず口座残高が残っているように調整しておく必要があります。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

カードローンの利息の仕組みについて

カードローンの利息の仕組みについて

カードローンの利息の仕組みについて説明します。

利息について良く分からないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンの利息の仕組みについて
  • 無利息期間
  • 各カードローンの金利一覧
  • カードローンの利息の計算方法

無利息期間

無利息期間とは、主に消費者金融カードローンで設けられているサービスです。

無利息期間とは?

お金を借りても、その期間内に完済すれば金利が0円になり、利息が発生しない期間のこと。

無利息サービスを受けられる条件は、会社ごとに細かく決められていますが、基本的には以下の条件を満たしている必要があります。

  • 初めてその会社のカードローンを利用する場合のみ
  • WEBからカードローンの申込みを行った場合のみ

金利の高い消費者金融カードローンをお得に利用するためには必須のサービスなので、可能であれば利用してみた方が良いでしょう。

カードローンの利息の計算方法

カードローンの利息は、毎月の返済額に含まれていたり、最後に細かく支払ったりすることが多いです。

そのため、自分で計算してみないと正確な金額は把握しづらいかもしれません。

カードローンの利息は、以下の計算式で計算可能です。

借入金額×実質年率(金利)×借入日数÷365日= 利息

試しに「借入金額50万円、金利17.00%、借入日数180日」の場合の金利を上記の計算式で計算してみると、以下のようになります。

50万円(借入金額)×17.00%(実質年率)×180日(借入日数)÷365日=4万1,917円(利息額)

おすすめのカードローンについてよくある質問4選

おすすめのカードローンについてよくある質問4選

カードローンを利用している、もしくは利用しようとしている方から寄せられる質問にお答えします。

おすすめのカードローンについてよくある質問4選
  1. 信用情報とはなんですか?
  2. 審査時の在籍確認の電話を回避することはできますか?
  3. カードローンの使い道を調査されることはありますか?
  4. リボ払いとはなんですか?

信用情報とはなんですか?

全国民のローンに関する情報がすべて集約されているものです。

信用情報を確認すれば、全ての人のクレジットカードの利用状況や借入残高を確認することができます。

カードローンの審査には欠かせないものです。

本人確認ができないと信用情報は照合できないようになっています。

信用情報の管理を行っているのは、以下のような指定信用情報機関です。

  • CIC(株式会社シーアイシー)
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)

審査時の在籍確認の電話を回避することはできますか?

申込時に担当者に相談すれば、電話を回避できる可能性があります。

申込んだカードローン会社にもよりますが、基本的には借入希望者から申出があった場合にのみ、電話以外の方法で在籍確認を行うが多いです。

電話以外で在籍確認をする場合は、以下のような勤務先が確認できる書類を提出することになります。

勤務先が確認できる書類
  • 顔写真付き社員証のコピー
  • 勤務先名が記載されている健康保険証
  • 勤務先が発行する在籍証明書
  • 最新の給料明細書(数か月分)
  • 最新年度の源泉徴収票

カードローンの使い道を調査されることはありますか?

基本的にはありません。回答

カードローンは使い道が自由なローンサービスです。

そのため、借入れたお金をどんな目的で使用したかについては、基本的に調査されることはありません。

注意

ただし原則として、カードローンで借りたお金を「事業資金」にしてはいけないという決まりはあります。

申込みの際に利用目的を聞かれたときは、事業資金以外の目的を答えるようにしましょう。

カードローンの主な利用目的
  • 生活費
  • 趣味・娯楽費
  • 学費・受講料
  • 自動車購入費
  • 医療費

リボ払いとはなんですか?

毎月の支払額を決まった金額に固定しつつ、金利と一緒に返済していく返済方法のことです。

リボ払いの正式名称は「リボルビング払い」です。

カードローンの多くは、リボルビング方式を採用しています。

リボ払いには、以下のように複数の種類が存在していますので、自分が利用するカードローンがどの種類のリボ払いなのかは必ず確認するようにしましょう。

リボ払いの種類
  1. 元金定額:毎月元金は一定で利息だけが変動する返済方法
  2. 元利定額:元金と利息を足した一定の金額を払い続ける返済方法
  3. 定額返済:毎月の返済額が変動しない返済方法
  4. 定率返済:借入残高の率で返済額が毎月計算される返済方法
  5. 残高スライド方式:借入残高に応じて月々の返済額が決まっている返済方式

おすすめカードローンランキングのまとめ

おすすめのカードローンまとめ

カードローンで今日中にお金を借りたいという方には、「アイフル」や「プロミス」などの消費者金融カードローンがおすすめです。

消費者金融にあまり良いイメージを持っていない方や利息の支払いが気になるという方は、「楽天銀行スーパーローン」や「みずほ銀行カードローン」のような銀行カードローンを利用してみると良いでしょう。

本記事で特に推奨したい「おすすめカードローン」は以下の10種類です。

順位 会社名 実質年利 融資スピード 来店 種類
プロミス 3.00~18.00% 最短1時間 一部要 消費者金融系
アイフル 3.00~18.00% 最短即日 不要 消費者金融系
アコム 3.0~18.0% 最短1時間 不要 消費者金融系
SMBCモビット 3.00~18.00% 最短即日 不要 消費者金融系
レイクALSA 4.50~18.00% 最短1時間 不要 消費者金融系
楽天銀行スーパーローン 1.90~14.50% 最短翌日 不要 銀行
ジャパンネット銀行カードローン 1.59~18.00% 不要 銀行
三井住友銀行カードローン 年1.50~14.50% 最短翌営業日
※申込完了後の確認事項や本人確認の提出状況によって異なる場合があります。
一部要 銀行
オリックス銀行カードローン 1.70~17.80% 最短翌営業日 不要 銀行
みずほ銀行カードローン 2.00~14.00% 一部要 銀行

カードローンで早く融資を受けるためには、事前の準備や申込時の正しい情報提供が必須です。

個人情報や勤務先の情報は必ず正しく記入し、希望通りのスピードで融資を受けられるよう心掛けましょう!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

「カードローン おすすめ」のまとめ
  • 融資スピードが早く初めての方にもおすすめなのは「プロミス」
  • 即日融資を希望している場合は消費者金融カードローン一択
  • 利息を安く抑えたい場合は銀行カードローンがおすすめ
  • カードローンを選ぶ時は金利融資スピード返済方法に注目
この記事のアドバイザー(専門家)

宮野茉莉子
1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)