横浜銀行カードローンの金利はどう?利息を減らす方法まで徹底解説!

横浜銀行カードローンの金利は低い?

利息を減らす方法を知りたい!

横浜銀行カードローンは、東京や神奈川に住んでいるまたはお勤めの方におすすめのカードローンです。

横浜銀行カードローンを利用するにあたって、気になるのはやはり金利が低いかどうかだと思います。

本記事は横浜銀行カードローンの金利や、利息を減らす方法について詳しく解説します。

「横浜銀行カードローンの金利は…
  • 銀行カードローンとしては標準的な金利
  • 消費者金融よりは低金利
  • 金利を抑えるのに有効な方法は3つ

 >>>横浜銀行カードローンの公式サイトはこちら<<<

今すぐ横浜銀行カードローンに無料登録する

横浜銀行カードローンの金利

横浜銀行カードローンの概要は以下です。

お借入れ限度額 10~1,000万円(10万円単位)
利率 年1.5~14.6%
契約期間 1年(1年ごとの自動更新)
※満70歳以降はあらたなお借入りれはできません。ご返済のみのお取り引となります。
担保・保証 なし
借り換え対象 金融機関からの借り入れ
返済方法 残高スライド方式

横浜銀行カードローンの金利は年金利1.5%〜14.6%です。

消費者金融の年金利の相場は3.0%〜18.0%なので、消費者金融と比較すると横浜銀行カードローンの金利は低いです。

また、横浜銀行カードローンでは利用限度額に応じて以下のように金利が変動します。

利用限度額 適用利率
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%

横浜銀行カードローンでは、利用限度額が高いほど金利が低くなります。

年収の高い方ほど金利が低くなるとも考えられます。

横浜銀行について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

横浜銀行の金利の計算式

横浜銀行カードローンでは、借り入れ金額×金利÷365で1日あたりの利息が計算できます。

横浜銀行カードローンを利用し、金利年14.6%で30万円を借りた場合の計算式は以下のようになります。

金利年14.6%で30万円を借りた場合

30万円×14.6%÷365=120円

横浜銀行カードローンで30万円を金利年14.6%で借りた場合、1日あたり120円の利息がつくことになります。

借り入れ日数が30日間なら3,600円、300日間の場合は36,000円の利息になります。

借り入れ期間が長いほど、払う利息は多くなると覚えておきましょう。

消費者金融・銀行カードローンの金利と比較

横浜銀行カードローンの金利を、他のカードローンと比較してみましょう。

カードローンには以下の2種類があります。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融

横浜銀行カードローンを、他の銀行カードローンや消費者金融の金利と比較してみましょう。

 他の銀行カードローンとの比較

横浜銀行カードローンの金利を主な銀行カードローンと比較すると、以下のようになります。

借り入れ先 金利
横浜銀行カードローン 年1.5%〜14.6%
楽天銀行カードローン 年1.9%〜14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%〜14.6%
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5%
イオン銀行 年3.8%〜13.80%

横浜銀行カードローンの金利は、他の銀行カードローンと比較してもあまり変わりありません。

横浜銀行カードローンは、銀行カードローンとしては標準レベルの金利であるといえます。

下限金利は三菱UFJ銀行カードローンと並んで年1.5%と最も低いです。

消費者金融との比較

横浜銀行カードローンの金利を主な消費者金融と比較すると、以下のようになります。

借り入れ先 金利
横浜銀行カードローン 年1.5%〜14.6%
アイフル 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%〜17.8%
モビット 年3.0%〜18.0%
アコム 年3.0%〜18.0%

横浜銀行カードローンの金利は、大手消費者金融と比較すると明らかに低いです。

消費者金融は金利が高いですが、銀行カードローンと比較すると審査の通りやすさや審査スピードの速さで優れています。

審査に自身のない方や、すぐにお金が欲しい方以外は銀行カードローンがおすすめです。

大手消費者金融の口コミ評判が気になる方は、以下の記事から確認できますよ。

横浜銀行カードローンの利息を抑える方法は?

カードローンを利用する方は、できる限り利息を抑えたいのではないでしょうか。

横浜銀行カードローンの利息を抑える方法は、主に以下の3つがあります。

横浜銀行カードローンの利息を抑える方法

これら3つの方法について、1つずつ解説します。

貸付金額を増やす

一般的にカードローンでは、貸付金額が高いほど借り入れ先の利益が増えるため、金利が低くなります。

そのため横浜銀行カードローンで金利を抑えたい場合も、貸付金額を増やすことが有効です。

しかし、金利を下げるために貸付金額を増やしても総返済額は増えます。

おまとめローンとして横浜銀行カードローンを利用するなど、効率よく金利を抑えましょう。

利用限度額を増額する

横浜銀行カードローンでは、利用限度額に応じて以下のように金利が変動します。

利用限度額 適用利率
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%

利用限度額が高いほど金利が下がるので、金利を抑えたい方は利用限度額増額の申請をしましょう。

横浜銀行カードローンにおける利用限度額の増額は電話・郵送・FAXで申し込めます。

WEBでは利用限度額の増額は出来ないので注意が必要です。

また年収の3分の1程度までしか利用限度額は増額できないため、気をつけましょう。

返済を長期化させない

利息の計算式で少し触れましたが、返済期間が長いほど1日あたりの利息を多く払うことになります。

そのため横浜銀行カードローンで少しでも利息を抑えたい場合、できるだけ返済期間を短くする必要があります。

返済期間を短くすると月々の返済額が高くなって負担になる可能性があるので、計画的に返済期間のプランを立てましょう。

おすすめの消費者金融

ここからは、横浜銀行カードローン以外のおすすめの消費者金融を4社紹介します。

横浜銀行カードローンは銀行カードローンのため、一般的に審査が厳しいといわれています。

逆に消費者金融は銀行カードローンより審査が甘いといわれており、審査に自信のない方は以下の4社を検討してみてください。

おすすめの消費者金融は以下の4社です。

おすすめの消費者金融4社

これら4社について、1社ずつ解説します。

アイフル

カードローンにおすすめのアイフル

アイフルの特徴
  • Web申し込みなら最短25分融資
  • はじめてなら最大30日間無利息
  • 収入証明書類が原則不要

アイフルは、Webで手続きが完結し最短25分での融資が可能です。

スピード感・利便性という面では銀行カードローンよりもかなり優れています。

はじめての利用なら最大30日間無利息になるので、少額でのご利用の方やすぐに返済できる方なら非常にお得です。

カードレスなのも大きな特徴で、こっそりお金を借りたい方にもおすすめです。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
保証人 不要
担保 不要
WEB完結 可能

プロミス

カードローンにおすすめのプロミス

プロミスの特徴
  • Web申込で来店不要
  • 最短30分審査&最短30分融資
  • 最大30日間無利息

プロミスは、「2021年オリコン顧客満足度調査」の「ノンバンクカードローン部門」において1位を獲得しました。

支持率が高く、信頼できる会社です。

また、プロミスは「瞬フリ」というサービスを行っています。

プロミスと提携している銀行口座からなら受付から10秒ほどで融資が行われる24時間対応のサービスです。

このスピード感は銀行カードローンにはない大きなメリットです。

18歳や19歳の方は収入証明書が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
申し込み条件 ・18歳~69歳(高校生を除く)
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
保証人 不要
担保 不要
WEB完結 可能

アコム

カードローンにおすすめのアコム

アコムの特徴
  • 審査通過率が高くはじめてでも安心
  • 最短30分審査で即日融資
  • 最大30日間無利息

アコムの特徴は、審査通過率の高い点にあります。

消費者金融からお金を借りる際1社目に選ばれやすいというのがその要因であり、スピード感・利便性ともに信頼のおける会社です。

審査に通過できるか不安な方は、まずはアコムでの申し込みをおすすめします。

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 ・成人以上
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
保証人 不要
担保 不要
WEB完結 可能

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、収入証明書のご提出が必要となりますので、ご準備をお願い致します。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

モビット

カードローンにおすすめのsmbcモビット

モビットの特徴
  • 電話連絡不要で在籍確認可能
  • 大手SMBCグループが運営しているから安心
  • カードレスにより最短即日融資

モビットは、三井住友銀行のATMなら手数料が無料になります。

返済時に200円ごとにTポイントが1ポイント貯まります。

このお得感は銀行カードローンにはありませんね。

貯まったポイントは返済にも使えるため、高額な借り入れをする場合は大きなメリットになります。

「他社では審査に落ちたけどモビットでは通った」という声もあり、審査に不安のある方にもおすすめです。

こちらもカードレスで電話連絡もないので、こっそりお金が借りられます。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
保証人 不要
担保 不要
WEB完結 可能

横浜銀行カードローンで金利を抑えよう!

横浜銀行カードローンは消費者金融よりも低金利で、金利を抑える方法がいくつかあることがわかりました。

神奈川や東京に住んでいる方は便利に利用できるので、非常におすすめです。

消費者金融よりも審査は厳しくなると考えられますが、できるだけ金利を抑えたい方は横浜銀行カードローンの利用を検討してみてください。

「横浜銀行の金利はどう?」まとめ
  • 銀行カードローンとしては標準的な金利
  • 消費者金融よりは低金利
  • 金利を抑えるのに有効な方法は3つ
横浜銀行カードローンの利息を抑える方法
おすすめの消費者金融4社