ファクタリングとは?仕組みから種類・注意点までを図解で徹底解説!

ファクタリングって言葉は知ってるけど、詳しくはわからない。。。

ファクタリング会社はどうやって選べばいいの?

そのようなお悩みをお抱えの方いらっしゃると思います。

ファクタリングは「借金ではなく」「誰にも知られずに利用することができる」というメリットから近年人気が急上昇している資金調達手段です。

さらに、ファクタリングは銀行融資とは違い、赤字や負債が返済できない状況でも利用することができるため、直近の資金繰りに不安を抱いている経営者の方に魅力的な調達方法です。

今回の記事ではそんなファクタリングについて図解で詳しく解説し、会社の選び方やおすすめ会社など徹底的に解説していきます。

この記事からわかること

  • ファクタリングについて詳細解説
  • ファクタリングの仕組み
  • ファクタリングの種類
  • ファクタリングを利用する際の注意点
  • ファクタリング会社の選び方
  • 優良おすすめファクタリング会社
  • ファクタリング会社一覧比較

以下の項目を入力していただければ、ご自身の状況に合わせて手数料などを含めたファクタリング利用可能額を簡単に診断することができます!

「ファクタリングについてよくわからない。。。」と言う方でも最短3分で簡単に診断することができるので、まずは診断してみましょう!

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

ファクタリングとは何?

まずは、ファクタリングとはなにか?ということから解説していきます。

ファクタリングの意味は以下の通りです。

ファクタリングの意味

ファクタリング(factoring)とは、法人から売掛債権を買い取り債権の管理や回収を行う金融サービス。

ファクタリング(factoring)は売掛債権に保険をかけることによってリスクを回避したり、未回収の売掛金を買い取るサービスです。

日本の企業間取引の場合、商品を先に提供し、のちに代金を回収するという信用取引が一般的です。

信用取引では、売掛金の回収までの期間が長かったり、入金遅れ、貸倒れなど様々なリスクがつきものです。

ファクタリングを行えば、売掛先の倒産による貸倒れの可能性がある際にあらかじめ保険をかけたり、売掛金を売却して、売掛回収よりも早く現金化を行うことができます。

ファクタリングの仕組みを解説!

それではファクタリングの仕組みについて解説していきます。

ファクタリングの仕組み:「買取型」と「保証型」

ファクタリングには「買取型」と「保証型」と呼ばれる2つのタイプのものが存在しています。

ざっくりいうと

買取型ファクタリングとは
売掛債権をファクタリング会社に売却して現金化するタイプ

保証型ファクタリングとは
貸倒れリスクのある信用力が低い会社との取引で売掛金を回収できなくなってしまった場合に保証金を支払ってくれる保険のようなファクタリング

それぞれ詳しく解説していきます。

買取ファクタリング

買取ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に売却して、手数料を差し引いた額を現金で得る資金調達手段です。

買取ファクタリングは銀行融資などと根本的に異なり、融資ではないため担保の必要性もなく、審査対象は利用者自身ではなく、売掛先の信用力のみとなります。

そのため、利用者自身が零細企業だったり個人事業主でも審査に通りやすいというメリットがあります。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは買取型と違い、資金調達を目的として行うものではありません。

保証ファクタリングは売掛先の倒産等、予測しづらい万が一の自体で売掛金が回収不能になった際に保証会社が保証金を支払う仕組みです。

保証ファクタリング提供会社が取引先の信用度によって、保証の枠を決定し、その枠内に収まる金額の売掛債権を保証してくれます。

ポイント

保証ファクタリングはリスク回避のための「保険」のような仕組み!

その他のファクタリングの仕組み

実は上記の買取型ファクタリングと、保証型ファクタリング以外にもさまざまなファクタリングの仕組みがあります。

その他のファクタリングの仕組みとは?
  •  医療ファクタリング
  • 国際ファクタリング
  • 一括ファクタリング

診療報酬債権を利用した取引のことを、医療ファクタリングといいます。

通常の場合、医療機関が診療報酬を受け取るまでに2ヶ月から3ヶ月もの時間がかかります。

しかし、医療ファクタリングを利用することで、入金を待たずに現金化できるようになるのです。

続いて国際ファクタリングとは、海外に拠点を置く企業と輸出取引があった際に、売掛金の回収目的で利用されます。

海外企業と海外のファクタリング会社を介した取引になるため、時間も費用もかかります。

最後に一括ファクタリングとは、金融機関が売掛債権を一括して買い取った後に、債権者に振り込む取引のことをいいます。

一般的には手形の代わりとして使用されることの多い取引です。

なおこの記事では、ファクタリングと聞いて一般的にイメージされる方の多い買取ファクタリングについて説明していきます。

ファクタリングの種類は2つ!【図解で徹底解説】

ファクタリングには大きく分けて2種類あります。

ファクタリングの種類
  1. 2社間ファクタリング・・・「利用者」と「ファクタリング会社」の3者で完結する取引。
  2. 3社間ファクタリング・・・「利用者」と「ファクタリング会社」に「取引先」を加えた3者で完結する取引。

それぞれ詳しく解説していきます!

ファクタリングの種類:2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは上述の通り、「利用者」と「ファクタリング会社」の2者で完結する取引です。

2社間ファクタリングの仕組みを図解すると以下のようになっています。

2社間ファクタリングの流れ
  1. 利用者」が「ファクタリング会社」に売掛債権を譲渡
  2. ファクタリング会社」が「利用者」に手数料を差し引いた額を支払う
  3. 取引先」が「利用者」へ売掛金を入金する
  4. 利用者」が「ファクタリング会社」へ売掛金を支払う

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングはその名の通り、「利用者」と「ファクタリング会社」の2社だけで完結する取引のため、取引先に知られることなく利用することができるというメリットがあります。

また、2社間ファクタリングでは取引先の同意が不要ということで、最短即日で現金を得ることもできます。

2社間ファクタリングのメリット
  • 誰にも知られずにファクタリングを利用することができる!
  • かなり速いスピードで現金化可能!最短即日で資金調達ができる!

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングのデメリットは、3社間ファクタリングと比較すると手数料が高くつくことです。

これは、3社間ファクタリングであれば取引先企業を交えて契約するため、売掛金を回収できないリスクが減少することが関係しています。

その点、2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社だけの契約となるため、ファクタリング会社からすれば、リスクが生じます。

こういったことが関係して、手数料が高く設定されているのです。

ファクタリングの種類:3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは上記の2社間ファクタリングに「取引先」を加えた3者で行われるファクタリングです。

3社間ファクタリングは利用者、ファクタリング会社、取引先の合意が必要になります。

3社間ファクタリングの仕組みを図解すると以下のようになります。

3社間ファクタリングの流れ
  1. 利用者」が「ファクタリング会社」がファクタリングの契約をする
  2. 利用者」と「取引先」がファクタリング利用の契約と承諾をする
  3. ファクタリング会社」が「利用者」に売掛金相当額を払う
  4. ファクタリング会社」が「取引先」へ請求金額の確認を行う
  5. 取引先」が「ファクタリング会社」へ売掛金を支払う

3社間ファクタリングのメリット

3社間ファクタリングのメリット
  • 2社間ファクタリングよりも手数料を抑えることができる。
  • 売掛金回収の手間を省ける

3社間ファクタリングは売掛金が直接ファクタリング会社へ支払われます。

つまり、ファクタリング会社にとって未回収リスクが減るので、手数料は2社間よりも安くなります。

そのため、必然的に利用者は売掛金を回収する必要がなくなるため、手間も省けます。

3社間ファクタリングのデメリット

3社間ファクタリングのデメリット
  • 取引先の合意を得なくてはならない
  • 場合によっては、取引先からの信用を失う恐れがある
  • 資金調達までにかかる時間が長め

3社間ファクタリングの仕組み上、取引先の合意を得なくてはなりません。

取引先がファクタリングについて詳しければ問題ないでしょうが、無知だった場合、マイナスなイメージとなってしまうこともあるでしょう。

なお、2社間ファクタリングであれば最短即日で資金調達できるにもかかわらず、3社間ファクタリングの場合は2週間程度かかることもあります。

取引のスピードが遅くなるのは、3社間ファクタリングのデメリットだといえるでしょう。

ファクタリングを利用するメリットとは?

続いて、ファクタリングを利用するメリットについて解説していきます。

なぜファクタリングで資金調達すべきなのか、お分かりいただけるでしょう。

ファクタリングを利用するメリットとは?
  •  信用情報を傷つけることなく資金を調達できる
  • 2社間ファクタリングの場合、当日中に資金を調達することが可能
  • 銀行融資よりも簡単で素早く取引できる
  • 売掛債権の売却なので、担保や融資は不要
  • 資金繰りに困っている場合、安定させられる

ファクタリングのメリット①信用情報を傷つけずに取引できる

借入に該当しない取引がファクタリングなので、信用情報を傷つけることがありません

カードローンや銀行の融資など、他の資金調達法を利用した場合、信用情報機関に融資を受けた事実が記載されてしまうのです。

特にカードローンの場合は、きちんと返済したとしても印象が悪くなることがあります。

カードローンの利用で印象が悪くなる理由とは?

通常であれば真っ先に、銀行から融資を受けることを検討する会社が多いでしょう。

そんな中でわざわざ金利の高いカードローンを利用するということは、それだけ経営状態が悪化していると考える銀行が多いのです。

しかし、ファクタリングであれば信用情報機関に利用歴が登録される恐れもありません。

今後、大きな資金が必要になり銀行融資を受けたい場合でも、ファクタリングの利用を自分から話さない限り、取引にマイナスな影響を与える恐れはないでしょう。

ファクタリングのメリット②最短だと即日で資金を調達できる

2社間ファクタリングを利用すれば、最短即日で資金を調達することもできます。

もちろんそのファクタリング会社との取引が初めての場合でも、当日中に現金を手にすることは可能です。

ファクタリングで即日資金を調達できる理由とは?

ファクタリングを利用するために重要なのは、売掛債権があるのかということです。

二重譲渡になっていないか、嘘の売掛金ではないかということを重点的に審査されるため、素早く資金を調達できるのです。

このように、信用調査などがないため、申込後すぐに審査結果が明らかになります。

この記事でも後ほど紹介するビーファクタリングであれば、申込から最短12時間で資金を調達できますよ!

ファクタリングのメリット③融資を受けるよりも簡単

銀行で融資を受ける場合、既存の取引先であれば2週間ほど、新規の取引先であれば1ヶ月ほどの時間が審査にかかります。

それからやっと資金を調達できるため、かかる時間が圧倒的に長いのです。

また銀行融資の場合、審査の難易度も高めです。

さらに提出書類も多岐に渡るため、審査を受けるための準備にも時間がかかります。

その点、ファクタリング であれば、営業時間内に申込後、すぐに審査結果の通知がきて、契約から現金の確保まで当日中に進むこともよくあります。

なお、利用者に税金の滞納や赤字決算などがあっても、ファクタリングの審査にはそれほど影響を与えません。

あくまでも、取引先の企業が社会的な信用があるかどうかで判断されることがほとんどです。

このような点からも、ファクタリングの審査に通過する難易度は他の資金調達法と比較すると、簡単だといえるでしょう。

すぐに資金を調達したい会社や個人事業主だけでなく、準備が簡単な資金調達法を探している方にもファクタリングの利用がおすすめです。

ファクタリングのメリット④担保や保証人が不要

ファクタリングは売掛債権を売却する取引なので、担保や保証人は不要です。

銀行で融資を受けたことのある方からすれば、担保や保証人が不要だなんて、驚きなのではないでしょうか。

誰にも知られずに取引したい場合や、身近に保証人になってくれる人が見つからない場合にも、ファクタリングの利用がおすすめです。

なお後ほど詳しく解説しますが、償還請求権なしのファクタリング会社を利用すれば、万が一取引先が倒産してしまったり、入金を遅らしてきたりした場合でも、利用者がその金額を負担する必要はありません。

請求権請求権なしの契約がほとんどですが、中には請求権請求権を要求してくるファクタリング会社もあります。

多少手数料が高くついたとしても、自社の安全のために請求権請求権なしのファクタリング会社を選びましょう。

ファクタリングのメリット⑤資金繰りを改善できる

ファクタリングを利用すれば、資金繰りの改善にも役立ちます

売上がきちんとあって黒字経営であるにもかかわらず、入金サイトが長いために資金繰りが悪化している会社はたくさんあります。

そのような会社がファクタリングを利用して、売掛債権を現金化すればキャッシュフローも改善されるでしょう。

特に入金サイトが長いために、支払いが遅れたり、従業員の給料日に振込が間に合わないといった状況に陥りそうな場合は、ファクタリングを利用してすぐに資金を調達するべきです。

入金遅れという重大な事故を起こす前に、現金を調達することで会社の評判を守れます。

ファクタリングを利用する注意点やデメリットとは?【はじめての人必見】

ファクタリング注意点

ここまででファクタリングの仕組みや種類について解説してきました!

この章ではファクタリングを利用する際の注意点について解説していきます。

特に、ファクタリング会社に見積もりや相談などをしたことがなく、初めて利用する方は以下の4点には注意しましょう!

ファクタリングを利用する際に注意すること
  1. 銀行などの融資に比べると手数料が高い
  2. ファクタリング会社の中には怪しい会社も存在する
  3. あまり考える必要はないが、取引先に知られるリスクがある
  4. 給与ファクタリングの利用はおすすめできない

ファクタリングの注意点:銀行融資等より手数料が高い

ファクタリングは融資とは違い、信用情報に全く影響を与えなかったり、審査が柔軟で入金スピードもかなり早いことが魅力の金融サービスです。

しかし、銀行融資と比べると手数料が高額になるというデメリットが存在します。

そもそもファクタリングは「売掛債権の譲渡」である為、利息制限法が適用されません

その為、手数料を金利(年利)と換算して考えると、融資よりも高金利となっています。

ファクタリングの手数料などは2社間で10~20%、3社間でも3%~15%ほどです。

仮に銀行融資を利用した場合、大手優良企業だったら1%と考えると、ファクタリングを利用する際にはしっかりと検討する必要があります。

ファクタリングの手数料に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

ファクタリングの注意点:ファクタリング会社の中には怪しい会社も存在する

日本においてファクタリングは近年認知度が高まってきた資金調達手段で、まだ法整備が行き届いているとは言い難いです。

この時代に闇金業者なんかに騙されないでしょ?

とお思いの方いらっしゃると思いますが、実際にファクタリング業者を装った集団が摘発されたというニュースもあります。

ファクタリング、ヤミ金が装う 違法貸し付け、大阪などで摘発 法規制求める声
債権を買い取って回収を代行するサービス「ファクタリング」を装ったヤミ金融が横行し、警察当局が取り締まりを強めている。大阪府警は今年、回収業務と称して高金利での貸し付けを繰り返したとされるグループのメンバーを逮捕。摘発の動きは各地に広がりつつある。手形割引に変わる資金繰りの手段として利用する企業が増えるなか、サービスへの法規制を求める声も上がる。(日経新聞)

ファクタリングを利用する際は、利用するファクタリング会社の公式サイトなどをしっかりと確認してから申し込みましょう。

なお悪質なファクタリング会社の特徴としては、下記のものがあります。

悪質ファクタリング会社の特徴
  • 保証人や担保を要求される
  • 他の業社と比較すると、手数料がとても高い
  • 事務所や固定電話番号が存在しない
  • 契約に関する説明がない
  • 契約書の控えを渡されない
  • ファクタリングの取引が終わった後に融資などをしつこく勧誘される

このような特徴に当てはまる会社に遭遇したら、高い確率で悪質ファクタリング会社でしょう。

特に、保証人や担保が不要なのがファクタリングのメリットであるにもかかわらず、要求してくるということはその取引はファクタリングではありません。

また手数料が異常に高い場合、最終的には高い金利でお金を貸す高利貸しに勧誘されるなど、安全な会社と言えないでしょう。

その他にも事務所や固定電話が存在しなかったり、契約書の控えを渡してくれない場合にも、悪質ファクタリング会社である可能性が高まります。

このような会社に遭遇したら、絶対に契約せずに話を白紙に戻しましょう。

少しでもおかしいと感じたら、他のファクタリング会社も検討するなど、悪徳商法に引っかからないように注意する必要があります。

なお、この記事の後半で信頼のできるファクタリング会社をご紹介します。

どこのファクタリング会社を利用すればいいかわからない

という方は是非参考にしてください。

ファクタリングの注意点:2社間ファクタリングでも取引先に知られるリスクがある

先ほど2社間ファクタリングのメリットで、取引先に知られずに取引できるとお伝えしました。

しかし、例外もあるため注意が必要です。

というのも2社間ファクタリングでは基本的に、債権譲渡登記が必要となります。

債権譲渡登記とは?

債権が譲渡されたことを登記することをいいます。

登記情報は誰でも閲覧可能です。

つまりファクタリング会社は、売却した売掛債権を債権譲渡登記することによって、同一の売掛債権が他社に買い取られることを防いでいるのです。

法的に、その売掛債権を回収する権利がファクタリング会社にあることを示しているということになります。

このように、債権譲渡登記を行うことでファクタリング会社としては安全に取引をできるようになるわけです。

しかし、誰でも情報の閲覧が可能という側面から、取引先が売掛債権が譲渡されていることを知ってしまうリスクもゼロではありません

とはいえ、取引先が常に債権譲渡登記を確認している確率は低いため、ファクタリングの利用を知られてしまうことは稀でしょう。

それでも心配な場合は、債権譲渡登記不要のファクタリング会社に相談することをおすすめします。

そのような会社はホームページに債権譲渡登記不要と記載しているため、すぐに見つかるはずです。

ファクタリングの注意点:給与ファクタリングは別物!

ここで紹介してきたファクタリングとは別の取引に、給与ファクタリングという取引があります。

簡単に説明すると、一般の会社員向けに給料日前に給料が振り込まれるサービスとして提供されています。

この取引は、2社間ファクタリングなどとは異なり、担保を賃金債権にした借金にあたるため、利用はおすすめできません。

本記事をご覧の方であれば、給与ファクタリングの利用は検討されていないでしょうが、手を出さないようにしましょう。

ここ最近、給与ファクタリングを提供する悪質業社の存在が問題になっています。

ファクタリング会社の選び方【失敗しない】

ファクタリング会社の選び方

ファクタリングは急激に認知度が高まっている資金調達方法で、取り扱うファクタリング会社もどんどん数を増やしていってます。

様々な特徴のあるサービスを展開しているファクタリング会社がたくさんある中で、ご利用者様自身にあったファクタリング会社を選ぶためのポイントを今回は解説していきます。

ファクタリング会社を選ぶポイント
  • 手数料
  • 買取可能額
  • 償還請求権の有無
  • 入金スピード
  • 対象者

それでは安心のできる優良ファクタリング会社の選び方をそれぞれ解説していきます!

ファクタリング会社の選び方①手数料

ファクタリング会社を選ぶときには「手数料」はかなり重要な項目となります。

ファクタリングは融資と比べると、どうしても手数料は高くなりがちです。

余分な手数料を取られない会社を選びましょう。

ファクタリングの手数料の相場は以下のようになっています。

2社間ファクタリング手数料相場 15%~30%
3社間ファクタリング手数料相場 1%~9%

手数料が低いファクタリング会社を利用したい!という方は以下の記事で手数料が低いファクタリング会社を紹介しています。

ファクタリング会社の選び方②買取可能額

ファクタリング会社によってそれぞれ買取可能な売掛金の額は違います。

利用者によって最小買取額・最大買取額どちらが重要かは異なります。

建設業や不動産など大口の売掛債権をお持ちの方は最大買取額。

個人事業主や零細企業など比較的小口の利用の場合は最小買取額に注目してみてください。

ファクタリング会社の選び方③償還請求権の有無

2社間ファクタリングを利用する場合、利用者自身が取引先から売掛金を回収し、その後ファクタリング会社へと支払う形になっています。

この2社間取引では、売掛先が倒産等で不渡りになってしまった場合に売掛金が利用者に入金されない場合、困った事態になってしまいます。

ここで重要なのが「償還請求権」です。

償還請求権とは

償還請求権とは支払い義務者によって売掛金が支払われなかった場合に、ファクタリング会社の利用者から直接代償(代金)の返還を請求する権利のこと。

つまり、2社間ファクタリングを行なった際に掛け金回収ができなかったら、利用者がファクタリング会社にお金を支払うことになる、という権利。

償還請求権がありの場合、ファクタリング会社としては未回収リスクが格段に減るため、手数料はかなり低くなります。

逆に償還請求権無しの場合、ファクタリング会社にとってはリスクが大きいため、手数料も高くつきがちです。

ファクタリング会社の選び方④入金スピード

ファクタリングを利用する方は銀行融資等よりも早く現金が欲しいという方が多いと思います。

そのような方には入金スピードは非常に選ぶポイントとしては重視するべきです。

ファクタリングは2社間ファクタリングで最短即日、3社間で3日と他の資金調達方法よりも格段に早く調達することができます。

入金スピードからファクタリング会社を選ぶ!という方は以下の記事をご確認ください。

ファクタリング会社の選び方④対象者

個人事業主でファクタリングによる資金調達をしたい場合は特に、法人以外にも対応している会社なのか確認する必要があります。

中には、法人や大口取引を専門とした業社も存在します。

そのため、気になるファクタリング会社を見つけたらまず、個人事業主のファクタリングも取り扱っているのか調べてみましょう

なお、個人事業主のファクタリングに積極的に対応していたり、他社で断られた個人事業主も相談可能と記載しているような会社であれば、相談のハードルも低くなります。

個人事業主がファクタリングを利用したいのであれば、個人事業主の対応事例の多い会社を選びたいところです。

ファクタリングで資金調達すべき会社とは?

どのようにファクタリング会社を選べば失敗しないのかお伝えしてきました。

中には悪質な会社も存在するため、口コミや評判も踏まえながらファクタリング会社を検討しましょう。

ここからは、ファクタリングで資金調達をすべき会社の特徴についてお伝えします。

自社はファクタリングを利用した方がいいのか迷っている場合などは、参考にしてください。

ファクタリングで資金調達すべき会社の特徴とは?
  •  資金不足に困っている会社
  • 融資の審査に通らなかった会社
  • 大きな案件を受注してすぐに現金が必要になった会社
  • 借入にならない方法で資金を調達したい会社

ファクタリングで資金調達すべき会社①資金繰りに困っている会社

売掛金が発生してから実際に入金されるまでに3ヶ月もかかる……。
売掛金の入金を待っている間にも、事務所の家賃や従業員の給料など、次々と支払い期日がやってくる。
取引先に入金を早めてもらうのは難しいけれど、これ以上待てそうにない……。

こんな風に、資金繰りに困っている会社はファクタリングを利用してすぐに資金を調達すべきです。

一般的に信用取引といって、先に商品やサービスを提供し、後から対価が支払われる取引が日本では行われています。

特に入金サイトが長く、売掛金の金額が多額になる建築業では、黒字倒産が後を絶ちません……。

せっかく売上が立っていて黒字経営なのにもかかわらず、資金繰りの悪化により倒産してしまうのは非常にもったいないことです。

入金サイトが長いために、必要経費の支払いが困難になっているのであれば、ファクタリングを利用して資金調達すべきでしょう。

ファクタリングで資金調達すべき会社②融資に落ちた会社

銀行から融資を断られてしまった会社にも、ファクタリングの利用がおすすめです。

一般的に銀行から融資を受ける場合、審査期間も資金調達までも時間がかかります。

しかしファクタリングであれば、即日で資金を調達できる場合があるなど、とにかくスピード感のある取引が可能です。

なおファクタリングの仕組み上、取引先企業の社会的な信用度が審査の合否を左右します。

つまり、利用者の会社が赤字決算だったり、税金を滞納したりしている場合でも、審査結果にはさほど影響を与えません。

そのため融資に落ちたものの、ファクタリングなら利用できたという会社はたくさんあります。

さらに融資とは異なり借入にならないため、信用情報を傷つけることもありません

ファクタリングで資金調達すべき会社③大型受注などで現金が必要な会社

急な大型受注などで、現金が必要になることがあります。

特に建築業などは、大型案件を受注すると資材や人材の確保が必要になるなど、すぐに現金を必要とするケースが多いでしょう。

このように会社が伸びる際、すぐにまとまった現金が必要になるため、資金ショートする前にファクタリングで資金調達することが重要なのです。

ファクタリングで資金調達すべき会社④借入にならない方法で資金調達したい会社

資金は必要だけれど、借入はしたくない……。

こんな風に困っている会社にも、ファクタリングによる資金調達がおすすめです。

優良なファクタリング会社を利用した場合、かかる費用は手数料のみです。

借入にはならないため、金利などもありません

融資よりも手軽なのに、信用情報に傷がつかない資金調達方法がファクタリングなのです。

優良ファクタリング会社とは?おすすめの2社を紹介

ファクタリング会社おすすめ

ここまででファクタリングの仕組みや会社の選び方、注意点などを解説してきました。

ここからはとにかく優良なファクタリング会社を教えて!という方向けに

人気の優良ファクタリング会社2選を紹介していきます。

どこにすればいいかわからなくて困っているという方は今回紹介する2つのファクタリング会社がおすすめです!

ファクタリング優良おすすめ会社:ビートレーディング

ファクタリングおすすめ2位ビートレーディング

(https://betrading.jp/)

次にご紹介する優良ファクタリング会社はビートレーディングです。

ビートレーディングの詳細は以下の通りです!

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権・介護報酬債権
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小買取額・最大買取額無し
手数料 2%~(3社間)・5%~(2社間)最大20%
入金スピード 最短即日(12時間)
対応エリア 全国訪問対応可能

ビートレーディングの最大の特徴は、最小買取額、最大買取額の設定がないという点です。

ビートレーディングは現在累計買取債権額409億円と非常に資金力に優れたファクタリング会社で、取引の多さや額面の大きさから信頼性の高い会社ということがわかります。

会社規模や買取実績からビートレーディングは業界最大手のファクタリング会社ということができます。

ビートレーディングの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(4.5)
対応エリア
(4.0)
総合評価
(4.5)

ビートレーディングの公式サイトはこちら

ビートレーディングの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社ビートレーディング(Be TRADING)
代表取締役 佐々木 英世
所在地 ◉本社:東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
◉大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室
◉福岡支店:福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室
営業時間 09:00~18:00(年中無休)
事業内容
  • ファクタリング事業
  • コンサルティング事業
  • 各種在庫買取サービス業
  • 広告代理事業

ビートレーディングに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

ファクタリング優良おすすめ会社:三共サービス

ファクタリングおすすめ8位三共サービス

(https://sankyo-fs.jp/)

最後にご紹介する優良ファクタリング会社は「三共サービス」です。

三共サービスの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権介護報酬債権
利用可能対象者 法人
買取可能額 50万円〜3000万円
手数料 二者間ファクタリング5%~
三者間ファクタリング1.5%~
入金スピード 最短翌日
対応エリア 全国対応可能

三共サービスは最低手数料がかなり低いことが特徴的なファクタリング会社です。

とはいえ上限は公開されていないので実際にはもう少し高いと思われます。

三共サービスの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(3.0)
入金スピード
(3.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(3.5)

三共サービスの公式サイトはこちら

三共サービスの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社三共サービス
代表者名 飯村 雅
設立 2001年7月
資本金 1000万円
事業内容
  • ファクタリング業務
住所 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 1-24-6 ACN神田須田町ビル3階

営業時間 平日9:00~19:00

三共サービスの評判や口コミ、手数料やサービス内容、また利用方法等は以下の記事で詳しく解説しています。

優良ファクタリング会社比較一覧表

今回は日本国内で優良と評価されているファクタリング会社10社を「取り扱いファクタリング」「手数料」「入金スピード」「買取可能額」の4点で比較していきます。

会社名 取り扱いファクタリング 手数料 入金スピード 最大・最小買取額
ビートレーディング 2者間・3者間・医療・介護 2%~(3社間)・5%~(2社間)最大20% 最短即日 最小買取額・最大買取額無し
ベストファクター 2者間・3者間 2%~20%(2社間・3社間) 最短即日 最小30万円~1億円
日本中小企業金融サポート機構 2者間・3者間・医療 3%~9% 初回最短1営業日 上限無制限
アクセルファクター 2者間 2%~20% 最短即日 30万円〜3000万円
トップマネジメント 2者間・3者間 二者間3.5%~12.5%
三者間0.5%~3.5%
最短即日 30万円〜3億円
えんナビ 2者間・3者間 5%~ 最短即日 30万円〜5000万円
三共サービス 2者間・3者間 二者間
5%~
三者間
1.5%~
最短2日 50万円〜3000万円
オルタ(olta) 2者間 2%~9% 最短即日 非公開
ファクタリングのTRY 2者間・3者間 5%~ 最短即日 非公開

それぞれファクタリング会社には取引内容に差があり、それぞれのメリットデメリットなどは存在します。

赤字で記載されている項目は他社と比べて優れている点です。

上記のメリットを参考にご自身の状況に合わせたファクタリング会社を選びましょう。

ファクタリングとは?まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はファクタリングの仕組みや注意点、選び方からおすすめ優良会社を紹介していきました。

最後に故なきの記事の全体のまとめをしていきます!

ファクタリングとは?まとめ!
    • ファクタリングは近年認知度が急上昇中の資金調達手段!
    • ファクタリングを利用すれば「借金せず」に「最短即日」調達可能!
    • ファクタリング会社を選ぶときは「手数料」「入金スピード」「償還請求権の有無」「買取可能額」をチェック!

この記事を読んで、ファクタリングについて検討してみたくなった方はぜひ以下のファクタリング診断を使ってみてください!

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)