ファクタリングの審査|審査基準・通るポイント・落ちる会社の特徴は?

「ファクタリングの審査ってどんな感じなの?」

このように感じていませんか?

ファクタリングは会社にとって役立つ資金調達手段のひとつですが、審査がどのように行われるか知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではファクタリングの審査について詳しく解説していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

「ファクタリングの審査」ざっくり言うと
  • ファクタリングは売掛債権を担保に融資を受けること
  • ファクタリングの審査基準は売掛先の信用力など
  • ファクタリングの審査で重視されないのはファクタリング利用会社の財務内容など
  • ファクタリングの審査の注意点は二重譲渡はしないことなど
  • ファクタリングの審査に通るポイントは社会的信用度が高い企業の売掛債権を利用することなど

ぜひ最後まで読んでいただきたのですが、資金繰りに困っているときは低リスク・即日で資金調達ができるファクタリングが非常におすすめです。

ファクタリングは、会社のキャッシュフローを大幅に改善し、貸し倒れリスクを回避することができるため、近年利用されることの増えてきた資金調達方法です。

ファクタリングで調達できる金額を複数のファクタリング業者に連絡や訪問をしたり、調達額を試算する手間がハードルとなり、諦めてしまうケースも見られます

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず初めに30秒診断を利用することが大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

ファクタリングとは?

ファクタリング_審査_とは
ファクタリングとは、売掛債権を担保として会社がお金を借りる方法です。

売掛債権とは、これから売り上げたお金をもらえる権利のことです。

たとえば、A社がB社に小麦粉を売り、その代金をまだ支払っていない場合、A社にはB社に対する売掛債権が生まれます。

ファクタリングでは、ファクタリング会社がA社にお金を貸す代わりに、B社の売掛債権を手に入れるのです。

そんなファクタリングには主に以下の2つの種類があります。

それぞれの種類のファクタリングについて詳しく見ていきましょう。

2社間ファクタリング

ファクタリング_審査_2社
2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社とファクタリングを利用したい会社の間で行われるファクタリングのことです。

ファクタリング会社は売掛債権を担保として、ファクタリング利用会社に資金を渡します。

そして、ファクタリング利用会社は売掛金を回収した後で、ファクタリング会社に返済するのです。

2社間ファクタリングでは売掛先にファクタリングの事実を知られないのがメリットです。

多くの企業は自社の売掛金がファクタリングに利用されるのを嫌がるため、2社間ファクタリングには大きなメリットがあります。

ただし、3社間ファクタリングと比べてファクタリング会社にとってはリスクが大きいため、ファクタリング手数料は高くなる傾向にあります。

3社間ファクタリング

ファクタリング_審査_3社
3社間ファクタリングでは、ファクタリング会社、ファクタリングを利用したい会社、売掛先の3社間でファクタリングが行われます。

3社間ファクタリングでは、ファクタリング会社が売掛先にファクタリング利用会社がファクタリングを利用したことを通知し、売掛金の入金先を自社に指定してもらいます。

そして、売掛金の支払日が来たら、売掛先はファクタリング会社に直接売掛金を支払うのです。

3社間ファクタリングは手数料が低くなるのがメリットですが、売掛先にファクタリングの事実を知られてしまうのがデメリットと言えます。

ファクタリングの審査基準9つ

ファクタリング_審査_基準
ファクタリングの審査基準は各会社で異なりますが、共通している部分も多くあります。

ファクタリングの審査基準としては、主に以下の9つが挙げられます。

それぞれの審査基準について詳しく見ていきましょう。

審査基準①:売掛先の信用力

ファクタリング_審査_信用力
ファクタリングの審査で重要視されるのは売掛先の信用力です。

通常の資金調達の場合には、ファクタリング利用会社の信用力をよく調査しますが、ファクタリングでは売掛金を回収できるかは、売掛先に支払い能力があるかにかかっているからです。

そのため、下で解説するとおり、ファクタリングに利用する売掛金はできるだけ信用のおける会社のものにするのがおすすめです。

審査基準②:売掛金の支払い期日

ファクタリング_審査_期日
ファクタリングの審査では売掛金の支払い期日も審査基準になります。

売掛金の支払い期日は短ければ短いほどファクタリングの審査で有利になります。

遠い未来ほど何が起こるかわからない不確実さがあるため、支払期日まで長い売掛金はより大きなリスクがあると考えられるのです。

審査基準③:売掛先との取引期間

ファクタリング_審査_取引期間
ファクタリングの審査では、ファクタリング利用会社と売掛先との取引期間も見られます。

取引期間は長いほど審査では有利になりまます。

取引期間が長ければ、それだけ安定して売掛金が回収できていることがわかるからです。

審査基準④:利用金額の大きさとファクタリング利用会社の規模のバランス

ファクタリング_審査_バランス
ファクタリングの審査では、利用金額の大きさとファクタリング利用会社の規模のバランスも見られます。

ファクタリングではファクタリング利用会社の信用力はそれほど見られませんが、やはり規模に対してファクタリングの額が大きいと審査では不利になります。

ファクタリングで借りた金額を持ち逃げする気ではないかと疑われてしまうからです。

審査基準⑤:ファクタリング利用会社の信用力

ファクタリング_審査_信用力
ファクタリングの審査では、ファクタリング利用会社の信用力も見られます。

特に2社間ファクタリングの場合、いくら売掛先の信用力が高くても、ファクタリング利用会社が資金を返済してくれなければファクタリング会社は損害を出してしまうからです。

審査基準⑥:売掛債権の種類

ファクタリング_審査_売掛債権
ファクタリングの審査では、売掛債権の種類も見られます。

たとえば、一時的に発生している売掛金よりも継続的に発生する売掛金のほうがファクタリング会社の審査では有利になります。

また、中小企業の売掛金よりも、誰もが知っている業績好調な大企業の売掛金のほうが審査で有利です。

審査基準⑦:資産の差し押さえが発生する可能性はあるか

ファクタリング_審査_差し押さえ
ファクタリングの審査では、資産の差し押さえが発生する可能性があるかも見られます。

もしファクタリングを行った後で、ファクタリング利用会社が資産を差し押さえられてしまった場合、ファクタリング会社は資金を回収できなくなります。

そのため、ファクタリング利用会社の経営状態もファクタリング会社は確認することになります。

審査基準⑧:本物の売掛金か

ファクタリング_審査_本物
ファクタリングの審査では、本物の売掛金かも見られます。

残念ながら、ファクタリングを利用する会社の中には、ファクタリング会社を騙すために売掛金を偽造するところもあります。

そのため、ファクタリング会社はそれが本当にある売掛金かも審査することになります。

審査基準⑨:売掛金の継続性

ファクタリング_審査_継続性
ファクタリングの審査では、売掛金の継続性も見られます。

長期間安定して発生している売掛金のほうが審査では有利になります。

ファクタリングの審査で重視されない3つのこと

ファクタリング_審査_重視
ファクタリングでは、他の資金調達手段と異なり、以下のような点は重視されません。

それぞれの重視されないポイントについて詳しく見ていきましょう。

重視されないこと①:ファクタリング利用会社の財務内容

ファクタリング_審査_財務
ファクタリングの審査では重視されないこととしては、まずファクタリング利用会社の財務内容も挙げられます。

いくら利用会社の財務内容が良くても、売掛先の財務内容が悪ければ売掛金を回収できないことに変わりはないからです。

ただ、ファクタリング利用会社が資産の差し押さえをされるような状況だったり、よほど財務状況が悪い場合は審査には通らないでしょう。

重視されないこと②:ファクタリング利用会社の決算の内容

ファクタリング_審査_決算
ファクタリングの審査では重視されないこととしては、ファクタリング利用会社の決算の内容も挙げられます。

こちらも同様に、あまりにも決算内容が悪い場合は例外です。

重視されないこと③:ファクタリング利用会社の消費者金融からの借り入れ

ファクタリング_審査_消費者金融
ファクタリングの審査では重視されないこととしては、ファクタリング利用会社の消費者金融からの借り入れも挙げられます。

銀行からの融資など、他の資金調達の手段では、ファクタリング利用会社が消費者金融から借り入れを行っていると審査で不利になります。

消費者金融から借りなければいけないほど財務内容が良くないと思われてしまうからです。

しかし、ファクタリングではファクタリング利用会社の財務状況を重視しませんから、消費者金融からの借り入れがあっても問題ありません。

ファクタリングの審査での9つの注意点

ファクタリング_審査_注意点
ファクタリングの審査で注意しなければならないことには主に以下の9つがあります。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:二重譲渡はしない

ファクタリング_審査_二重譲渡
ファクタリングの審査での注意点としてまず挙げられるのは、二重譲渡をしないことです。

二重譲渡とは、2つ以上のファクタリング会社に、同じ売掛金を担保としてお金を借りることです。

これでは片方のファクタリング会社は確実にお金が回収できなくなってしまうため、ファクタリング会社の信用を大きく損なうことになります。

注意点②:売掛先が個人だと落ちやすい

ファクタリング_審査_個人
ファクタリングの審査での注意点としては、売掛先が企業ではなく個人の場合には審査で落ちやすいことも挙げられます。

個人は企業と比べて信用力が低いと判断されるため、審査で落ちてしまうのです。

注意点③:財務状況が悪いと手数料が高くなる可能性がある

ファクタリング_審査_手数料
ファクタリングの審査での注意点としては、財務状況が悪いと手数料が高くなる可能性があることも挙げられます。

ファクタリングではファクタリング利用会社の財務状況は重視はされないものの、財務状況が悪いとファクタリングで貸した資金を回収できない可能性は上がります。

そのため、手数料を多く取ることが多いのです。

注意点④:譲渡不可の売掛金は使えない

ファクタリング_審査_譲渡不可
ファクタリングの審査での注意点としては、譲渡不可の売掛金は使えないことも挙げられます。

ファクタリングで利用する売掛金を選ぶ時には、譲渡不可の取り決めがないか確認しておきましょう。

注意点⑤:不良債権の売掛金は使えない

ファクタリング_審査_不良債権
ファクタリングの審査での注意点としては、不良債権の売掛金は使えないことも挙げられます。

すでに不良債権になっている売掛金はファクタリング会社も回収できない可能性が高いため、最初から審査には通りません。

注意点⑥:債権の額が少ないと審査に通りにくい

ファクタリング_審査_額
ファクタリングの審査での注意点としては、債権の額が少ないと審査に通りにくいことも挙げられます。

額が少ないとファクタリング会社にとっては審査の手間ばかりかかってしまい、お金を貸しても割に合いません。

そのため、最初から審査で落としてしまう場合が多いのです。

注意点⑦:申し込み前に必要書類を揃える

ファクタリング_審査_必要書類
ファクタリングの審査での注意点としては、申し込み前に必要書類を揃えることも挙げられます。

ファクタリング会社を利用する時には、以下のような書類を用意するようにしましょう。

ファクタリングで用意する書類
  • 基本契約書
  • 発注書
  • 受注書

注意点⑧:(3社間契約の場合)売掛先の承諾が得られないことがある

ファクタリング_審査_承諾
ファクタリングの審査での注意点としては、3社間契約では売掛先の承諾が得られないことがある点も挙げられます。

多くの会社にとって、自社の売掛金をファクタリングに利用されるのは好ましくないですから、当然断れる可能性もあります。

断れた時には、別の売掛金を利用したり、2社間契約に切り替えたりする対応が必要でしょう。

注意点⑨:売掛先企業の業種によっては審査に通らないことがある

ファクタリング_審査_審査
ファクタリングの審査の注意点としては、売掛先企業の業種によっては審査に通らない場合があることも挙げられます。

売掛先の業種が風俗関係やギャンブル系の場合、社会的評価は低くなり、従って売掛先としての信用度も低くなります。

ファクタリングの審査に通るための6つのポイント

ファクタリング_審査_ポイント
ファクタリングの審査に通るためのポイントとしては、主に以下の6つが挙げられます。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

審査に通るポイント①:社会的信用度が高い売掛先の債権を利用する

ファクタリング_審査_信用
ファクタリングの審査に通るためのポイントとしては、まず社会的信用度が高い売掛先の債権を利用することが挙げられます。

たとえば、業績が好調な大企業であれば、売掛金をしっかり支払うと予想できるため、審査で通りやすくなります。

審査に通るポイント②:国・地方公共団体への売掛金を利用する

ファクタリング_審査_国
ファクタリングの審査に通るためのポイントとしては、国・地方公共団体への売掛金を利用することが挙げられます。

国や地方公共団体は社会的信用度がかなり高いためです。

国や地方公共団体への売掛金があるのであれば、積極的に活用していきましょう。

審査に通るポイント③:支払日までの期間が短い売掛債権を利用する

ファクタリング_審査_支払日
ファクタリングの審査に通るためのポイントとしては、支払日までの期間が短い売掛債権を利用することも挙げられます。

上でも解説したとおり、支払日までの期間が短い売掛債権ほど回収できる確率が高まるからです。

審査に通るポイント④:丁寧で矛盾のない説明をする

ファクタリング_審査_丁寧
ファクタリングの審査に通るためのポイントとしては、丁寧で矛盾のない説明をすることも挙げられます。

丁寧で矛盾のない説明をすれば、「騙そうとしているのではないか」というあらぬ疑いをかけられてしまう可能性が低くなるからです。

審査に通るポイント⑤:売上規模に対して適切なファクタリング希望額にする

ファクタリング_審査_売上規模
ファクタリングの審査に通るためのポイントとしては、売上規模に対して適切なファクタリング希望額にすることも挙げられます。

上でも説明したとおり、売上規模に対してファクタリング希望額が大きすぎると持ち逃げを疑われてしまいます。

審査に通るポイント⑥:3社間ファクタリングにする

ファクタリング_審査_3社間
ファクタリングの審査に通るためのポイントとしては、3社間ファクタリングにすることも挙げられます。

売掛先からの承諾が得られるのであれば、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングのほうがメリットは大きいです。

ファクタリング会社にとっても、売掛先から直接資金を回収できるためリスクが少なくなります。

ファクタリング会社が審査で考えている2つのこと

ファクタリング_審査_考えている
ファクタリング会社は審査を行う時に、主に以下の2つのようなことを考えています。

それぞれの考えていることについて詳しく見ていきましょう。

ファクタリング利用会社は信用できるか

ファクタリング_審査_利用
ファクタリング会社が審査で考えていることとしてまず挙げられるのは、ファクタリング利用会社は信用できるかです。

お金を貸すという行為は、基本的には相手を信用できて初めてできることですから、ファクタリング利用会社を信用できるかは大切な判断基準になります。

ファクタリング利用会社の説明内容に矛盾はないか

ファクタリング_審査_矛盾
ファクタリング会社が審査で考えていることとしては、ファクタリング利用会社の説明内容に矛盾がないか、も挙げられます。

上で述べた、ファクタリング利用会社を信頼できるか確かめる時に重要なのが、説明内容に矛盾がないかです。

ファクタリング会社を選ぶ3つのポイント

ファクタリング_審査_選ぶ
世の中には多くのファクタリング会社がありますが、ファクタリング会社を選ぶポイントとしては主に以下の3つが挙げられます。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:柔軟な審査を行ってくれるか

ファクタリング_審査_柔軟
ファクタリング会社を選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、柔軟な審査を行ってくれるかです。

売掛先の信用力に自信がないのであれば、柔軟な審査でお金を貸してくれやすいファクタリング会社が好まれるのは当然です。

「審査が甘い」ファクタリング会社はありませんが、各社で審査基準は異なるため、ある会社で落ちてもある会社で受かることはあります。

できるだけ自社の状況と相性が良いファクタリング会社を選びましょう。

ポイント②:手数料と審査難易度のバランス

ファクタリング_審査_難易度
ファクタリング会社を選ぶポイントとしては、手数料と審査難易度のバランスも挙げられます。

あまりにも審査難易度が高いファクタリング会社では審査に通らないかもしれません。

しかし、審査難易度が高くないファクタリング会社は、その分手数料が高くなっていることが多いです。

審査に通りそうなファクタリング会社の中で、手数料が低い会社を選ぶと良いでしょう。

ポイント③:資金調達までのスピード

ファクタリング_審査_調達
ファクタリング会社を選ぶポイントとしては、資金調達までのスピードも挙げられます。

特にすぐにファクタリングをしてほしい場合には、すぐに審査が終わるファクタリング会社を選ぶべきでしょう。

ファクタリング会社の中には、最短で即日資金調達できるところもあります。

おすすめのファクタリング会社3選

ファクタリング_審査_会社
数あるファクタリング会社の中でも、特におすすめできるのは以下の3社です。

おすすめのファクタリング会社3選

それぞれのファクタリング会社について詳しく見ていきましょう。

ビートレーディング

ファクタリング_審査_ビート

ビートレーディングは最大買取金額が業界で1位なのが魅力的なファクタリング会社です。

それもそのはず、ビートレーディングでは1回の契約での買取金額が無制限になっています。

さらに、手続きが簡単で、最短12時間で資金調達ができる点もビートレーディングの魅力と言えるでしょう。

アクセルファクター

ファクタリング_審査_アクセル

アクセルファクターは利用可能額に下限がないのが特徴的なファクタリング会社です。

小さな規模の資金調達でも利用しやすくなっています。

審査通過率も9割以上で、柔軟な審査を行っているため、審査に受かるか自信がない方にもおすすめです。

1000万円までなら最短24時間以内に資金調達することもできます。

QuQuMo

ファクタリング_審査_QUQUMO

QuQuMoは最短2時間で資金調達ができるのが魅力的なファクタリング会社です。

Webで基本的な手続きが完了し、来店する必要がない点も楽で良いですね。

必要な書類も少なく、手軽にファクタリングを利用することができます。

ファクタリングの審査のまとめ

ファクタリング_審査_まとめ
ファクタリングとは、売掛債権を担保としてお金を借りる手段のことです。

ファクタリングの審査基準としては、主に以下の9つが挙げられます。

ファクタリングの審査では以下の3つの項目は重視されません。

ファクタリングの審査で注意すべきなのは以下のようなポイントです。

ファクタリングの審査に通るためのポイントとしては、主に以下の6つが挙げられます。

ファクタリング会社は審査する時には、主に以下のようなことを考えています。

ファクタリング会社を選ぶポイントとしては、主に以下の3つが挙げられます。

数あるファクタリング会社の中でも、特におすすめできるのは以下の3社です。

おすすめのファクタリング会社3選