ファクタリングは製造業に最適?よく利用される理由まで解説

「ファクタリングは製造業でもおすすめなの?」

このように考えていませんか?

ファクタリングは急に資金を調達しなければならなくなった時に便利です。

しかし、製造業に向いているのか不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではファクタリングが製造業に向いているのか、製造業におすすめのファクタリング会社などについて解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

「ファクタリングは製造業でもおすすめ?」ざっくり言うと
  • ファクタリングは掛取引が多い製造業にもおすすめ
  • ファクタリングのメリットは返済の必要がないことなど
  • ファクタリングの注意点は手数料がかかることなど
  • ファクタリング会社を選ぶポイントは手数料の低さなど
  • おすすめのファクタリング会社はビートレーディングなど

ファクタリングとは?

ファクタリング_製造業_とは
ファクタリングとは、売掛金を早期に現金化する手段です。

個人同士の取引では商品やサービスを受ける時に、お金を支払うことがほとんどでしょう。

一方、会社同士の取引では商品やサービスの提供を先に受け、料金の支払いは後から行うことが多いです。

そして、後で料金を受け取る権利があるお金のことを売掛金と言います。

この売掛金は便利な制度ではあるものの、売掛金を受け取るまでに資金が底をつきてしまい、黒字倒産してしまう場合も少なくありません。

そんな時に役立つのがファクタリングです。

ファクタリングでは売掛金を受け取る権利をファクタリング会社に与えることで、売掛金から手数料を引いた額を今すぐ手に入れることができます。

ファクタリングには以下の2つのような種類があります。

それぞれのファクタリングについて詳しく見ていきましょう。

2社間ファクタリング

ファクタリング_製造業_2社間
ファクタリングの種類としてまず挙げられるのは、2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングの特徴は、ファクタリングがファクタリング会社と、ファクタリングを利用したい会社のみで完結することです。

2社間ファクタリングでは売掛先に情報が行くことは一切ないため、取引先にバレずに売掛金を現金化して資金調達できます。

ただ、ファクタリング会社にとっては売掛金の信用度がどの程度なのか、売掛先を詳細に調査することができないため、手数料は3社間ファクタリングと比べて高めに設定されています。

3社間ファクタリング

ファクタリング_製造業_3社間
ファクタリングの種類としては、3社間ファクタリングも挙げられます。

3社間ファクタリングでは、ファクタリング会社が売掛先にファクタリングを利用した事実を公表した上で売掛先の信用調査を行い、ファクタリングを利用したい会社に資金を渡します。

その代わり、ファクタリング会社は売掛先に、売掛金の振込先を自社に設定してもらうのです。

3社間ファクタリングでは売掛先にファクタリングを利用したことがバレてしまうため、今後の取引に悪影響が出てしまう場合もありますが、手数料は低めに設定されています。

製造業でファクタリングが人気な7つの理由

ファクタリング_製造業_人気
製造業でファクタリングが人気な理由は主に以下の7つです。

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

理由①:掛取引が多いから

ファクタリング_製造業_掛取引
製造業でファクタリングが人気な理由としてまず挙げられるのは、掛取引が多いことです。

製造業界では、商品やサービスの提供を先に行って、料金の支払いは後から行う掛取引が多くなっています。

そのため、製造業では商品やサービスを売ってからお金が入ってくるまで時間がかかる場合が多いです。

掛取引が多いことから、売掛金が支払われるまでの間に運転資金が枯渇してしまい、倒産してしまう場合もあります。

このような場合に利用しやすいのがファクタリングなのです。

理由②:支払いサイトが長い場合があるから

ファクタリング_製造業_支払いサイト
製造業でファクタリングが人気な理由としては、支払いサイトが長い場合があることも挙げられます。

支払いサイトとは、ざっくり言うと、商品やサービスを提供してからその料金が支払われるまでの日数の長さのことを表します。

「どのくらいの期間、料金を立て替えておくか」という期間のことだと考えればわかりやすいでしょう。

たとえば、月末締め翌月末払いの場合、ある月に商品やサービスを提供した場合、その翌月末に料金の支払いが行われます。

製造業では、この支払いサイトが2~3ヶ月などと長くなることも少なくありません。

そのような場合には、お金を手にするまで長くなってしまい、その間に運転資金が尽きてしまうことも少なくないでしょう。

ファクタリングを利用すれば、この支払いサイトを0にして、すぐにお金を手に入れることができます。

理由③:外注費や材料費などは先に払わなければならないから

ファクタリング_製造業_外注費
製造業でファクタリングが人気な理由としては、外注費や材料費などは先に払わなければならないことも挙げられます。

製造業では、商品やサービスの提供をしてから、その代金が支払われるまでに時間がかかります。

その一方で、商品やサービスを作る時に外注したり、商品を作るための材料を購入する時にはお金を払わなければなりません。

この場合も買掛金にできる場合はありますが、先にお金を支払う必要がある時もあります。

そのため、製造業では商品を作り始めてからお金が入るまで、お金がない期間が生まれやすいのです。

理由④:大型受注にも対応できるようになるから

ファクタリング_製造業_大型受注
製造業でファクタリングが人気な理由としては、大型受注にも対応できるようになることも挙げられます。

大型受注を受ける時には、大きな売上を得られる分、材料費や外注費など、自社で立て替える必要がある費用も大きくなってしまいます。

そのため、大型受注をできる能力はあるのに、資金が不足しているという理由で大型受注を逃してしまうという場合もあります。

一方、ファクタリングを利用すれば、短期間で大きなお金を用意できるため、大型受注にも対応できます。

そのため、これまで以上に高い利益や売上を確保できるようになるのです。

理由⑤:固定費が多く資金繰りが悪化しやすいから

ファクタリング_製造業_資金繰り
製造業でファクタリングが人気な理由としては、固定費が多く資金繰りが悪化しやすいことも挙げられます。

製造業は一般的に製造する商品の数などによって変動する変動費と比べて、商品をどのくらい製造するかに関係なくかかってしまう固定費の割合が大きいことで知られています。

製造業では商品を製造するために工場を用意し、さらに商品を製造するための機械も購入する必要があるからです。

そして、固定費が多いとどうしても資金繰りが悪化しやすくなってしまいます。

商品の売れ行きが良くない時にも多額の固定費がかかり、赤字が発生しやすい構造になっているからです。

このように資金繰りが悪化した時には銀行からの借り入れを受けにくいですが、ファクタリングなら経営状態に関係なく資金を用意できます。

理由⑥:経営状態が良くなくても資金調達できるから

ファクタリング_製造業_経営状態
製造業でファクタリングが人気な理由としては、経営状態が良くなくても資金調達できることも挙げられます。

ファクタリングではたとえ自社が継続的に赤字を垂れ流していたりして経営状態が悪くても売掛金を現金化できます。

ファクタリングで重要なのは売掛金がきちんと支払われるかどうかだからです。

売掛金が支払われるかを左右するのは売掛先の経営状態であるため、経営状態が悪くても関係なくファクタリングを利用できます。

理由⑦:機械の故障など急なトラブルが起こりやすいから

ファクタリング_製造業_トラブル
製造業でファクタリングが人気な理由としては、機械の故障など急なトラブルが起こりやすいことも挙げられます。

製造業では商品を製造するための機械が大きな役割を果たします。

機械が故障してしまうと商品の製造ができなくなってしまうため、売上に致命的な影響を与えてしまいます。

しかしながら、機械は故障を修理する時にも大きなお金がかかります。

そのような時に資金が用意できなければ倒産一直線であるため、修理代金を用意できるファクタリングが重宝されているのです。

製造業者がファクタリングを利用する9つのメリット

ファクタリング_製造業_メリット
製造業者がファクタリングを利用するメリットは主に以下の9つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:返済する必要がない

ファクタリング_製造業_返済
製造業者がファクタリングを利用するメリットとしてまず挙げられるのは、返済する必要がないことです。

ファクタリングはあくまで売掛金を早期に現金化する手段ですので、受け取ったお金を返済する必要はありません。

期日になって受け取った売掛金をファクタリング会社に振り込むだけで良いのが資金的な負担が少なくて良いですよね。

メリット②:最短即日で資金調達できる

ファクタリング_製造業_即日
製造業者がファクタリングを利用するメリットとしては、最短即日で資金調達できることも挙げられます。

銀行などの融資では実際にお金が手に入るまでに長い時間がかかることが少なくありません。

しかしながら、ファクタリングでは最短即日で売掛金を現金化できます。

そのため、すぐにお金が必要な場合にも役立てることができるのです。

メリット③:手続きが簡単

ファクタリング_製造業_簡単
製造業者がファクタリングを利用するメリットとしては、手続きが簡単なことも挙げられます。

銀行から融資を受ける場合など、借り入れをする時にはさまざまな書類を作る必要があり、手続きが複雑になっています。

一方、ファクタリングであれば簡単な手続きで実現でき、負担も少ないです。

メリット④:売掛先の承諾は不要

ファクタリング_製造業_売掛先
製造業者がファクタリングを利用するメリットとしては、売掛先の承諾は不要であることも挙げられます。

特に2社間ファクタリングをする時には売掛先にファクタリングの事実を知らせる必要すらありません。

売掛先の承諾が不要であるために、取引先との関係を悪化させることなく資金調達を行うのが可能になっています。

メリット⑤:保証人や担保が不要

ファクタリング_製造業_保証人
製造業者がファクタリングを利用するメリットとしては、保証人や担保が不要であることも挙げられます。

銀行などの借り入れでは保証人や担保が必要になることが多いですよね。

経営者はお金を借りる時に個人保証をつける人も多いと思います。

一方、ファクタリングは借り入れではないため、保証人や担保を付ける必要がありません。

そのため、比較的手軽に利用することができます。

メリット⑥:審査に通りやすい

ファクタリング_製造業_審査
製造業者がファクタリングを利用するメリットとしては、審査に通りやすいことも挙げられます。

銀行の審査は厳しめで、自社の経営状態が良くない場合には、審査に通らないことも少なくありません。

そのため、本当に必要な時にお金が借りれない場合も発生してしまいます。

一方、ファクタリングであれば自社の経営状態に関係なく、売掛金が支払われるのであれば審査に通ります。

メリット⑦:売掛先の倒産リスクを回避できる

ファクタリング_製造業_リスク
製造業者がファクタリングを利用するメリットとしては、売掛先の倒産リスクを回避できることも挙げられます。

ファクタリングはその性質上、売掛先が倒産した場合には、ファクタリング会社はお金を獲られなくなってしまいます。

しかし、一般的なファクタリングでは、たとえ売掛先が倒産して売掛金が不渡りになったとしても、そのリスクはファクタリング会社が負担します。

ファクタリングを利用した企業がお金を返す必要はないのです。

メリット⑧:負債が増えない

ファクタリング_製造業_負債
製造業者がファクタリングを利用するメリットとしては、負債が増えないことも挙げられます。

ファクタリングは資金を用意する手段のひとつであるため、一見して会計上、負債に計上されるような印象があります。

しかしながら、ファクタリングでは、もともと資産の部に計上されていた売掛金が減るだけで、負債が増えることはありません。

そのため、会計上の見た目が悪くなることがないのです。

メリット⑨:取引先に知られずに資金調達できる

ファクタリング_製造業_知られず
製造業者がファクタリングを利用するメリットとしては、取引先に知られずに資金調達できることも挙げられます。

特に2社間ファクタリングでは取引先に知られずに資金調達ができます。

そのため、自社の経営状態について変な噂を立てられることもなく資金調達ができるのです。

製造業者がファクタリングを利用する時の8つの注意点

ファクタリング_製造業_注意点
製造業者がファクタリングを利用する時の注意点は主に以下の8つです。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:手数料がかかる

ファクタリング_製造業_手数料
製造業者がファクタリングを利用する時の注意点としてまず挙げられるのは、手数料がかかることです。

ファクタリング会社もボランティアではありませんから、本来数カ月後にもらえる売掛金を今すぐ現金化する時には手数料がかかります。

ファクタリングを利用する時には、手数料がかかっても資金をすぐに用意すべきか考える必要があるでしょう。

注意点②:売掛債権が必要

ファクタリング_製造業_売掛債権
製造業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、売掛債権が必要なことも挙げられます。

ファクタリングは売掛債権をすぐに現金化できるサービスです。

そのため、そもそも売掛債権がなければ利用することができません。

注意点③:売掛先の信用力がないと資金調達できない

ファクタリング_製造業_信用力
製造業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、売掛先の信用力がないと資金調達できないことも挙げられます。

ファクタリングでは自社の経営状態や信用力は重視されませんが、売掛先の信用力は重視されます。

ファクタリング会社にとっては、実際に売掛金が支払われるかどうかが一番大事だからです。

そのため、売掛金を踏み倒されるのではないかと思われた場合には、ファクタリングを利用できません。

注意点④:悪徳業者もいる

ファクタリング_製造業_悪徳業者
製造業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、悪徳業者もいることも挙げられます。

残念ながら、ファクタリング会社の中には悪徳業者もいます。

ただ、ほとんどのファクタリング会社は誠実な運営を行っています。

悪徳業者を見分ける目は必要になってくるでしょう。

注意点⑤:(3社間の場合)売掛先にファクタリングの事実を知られる

ファクタリング_製造業_事実
製造業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、3社間ファクタリングの場合、売掛先にファクタリングの事実を知られることも挙げられます。

3社間ファクタリングでは手数料が低くなるものの、売掛先に連絡するためファクタリングの事実を知られます。

ファクタリングを利用したことをバレたくない場合には、2社間ファクタリングにしたほうが無難でしょう。

注意点⑥:資金繰りが悪化したのではないかと思われる

ファクタリング_製造業_悪化
製造業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、資金繰りが悪化したのではないかと思われることも挙げられます。

ファクタリングをしたからといって資金繰りが悪いわけではないものの、資金繰りが悪い会社は銀行などからの融資を受けられないために、ファクタリングを使う傾向にあります。

そのため、資金繰りが悪化したのではないかと変な噂を立てられる可能性もあります。

ファクタリングはできるだけ秘密裏に進めたほうが無難でしょう。

注意点⑦:売掛金以上の金額は借りれない

ファクタリング_製造業_以上
製造業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、売掛金以上の金額は借りれないことも挙げられます。

ファクタリングは売掛金を早期に現金化できるサービスであるため、売掛金以上の金額は借りれません。

そのため、売掛金が少ない場合には利用しにくいと言えるでしょう。

注意点⑧:譲渡不可の売掛債権は使えない

ファクタリング_製造業_不可
製造業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、譲渡不可の売掛債権は使えないことも挙げられます。

売掛金の中には、譲渡不可の契約になっているものもあります。

ファクタリングでは売掛債権をファクタリング会社に譲渡することになるため、譲渡不可の売掛債権は使えません。

製造業に強いファクタリング会社を選ぶ6つのポイント

ファクタリング_製造業_ポイント
製造業に強いファクタリング会社を選ぶポイントは主に以下の6つです。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:手数料の低さ

ファクタリング_製造業_低さ
製造業に強いファクタリング会社を選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、手数料の低さです。

手数料が低いほうが多くの現金を手にできますからうれしいですよね。

ファクタリングでは大きなお金が動きますから、少しの手数料率の違いでも金額にすると大きなものになります。

手数料は特に慎重に検討したほうが良いでしょう。

ポイント②:現金化のスピード

ファクタリング_製造業_スピード
製造業に強いファクタリング会社を選ぶポイントとしては、現金化のスピードも挙げられます。

今すぐお金が必要な場合には現金を手にできるまでのスピードも重要ですよね。

ファクタリングでは現金化までに数日かかる場合もあれば、最短即日で現金化できる場合もあります。

ポイント③:買取限度額

ファクタリング_製造業_買取限度額
製造業に強いファクタリング会社を選ぶポイントとしては、買取限度額も挙げられます。

ファクタリング会社では、買取限度額が設けられており、一定額以上の売掛債権は買い取れない場合があります。

これは、大きな金額の売掛債権ほど、不渡りになった時にリスクが大きいからです。

ただ、中にはかなり大きな金額まで対応しているファクタリング会社もありますので、多額の売掛金を現金化したい時には利用してみましょう。

ポイント④:信頼できるか

ファクタリング_製造業_信頼
製造業に強いファクタリング会社を選ぶポイントとしては、信頼できるかも挙げられます。

上でも説明したとおり、ファクタリング会社の中には残念ながら悪徳業者も存在します。

そのため、まず最初に信頼できるファクタリング会社かどうか確かめる必要があるでしょう。

ポイント⑤:売掛先にバレないか

ファクタリング_製造業_バレない
製造業に強いファクタリング会社を選ぶポイントとしては、売掛先にバレないかも挙げられます。

これを気にするかは場合によると思いますが、バレたくない場合には2社間ファクタリングを利用しましょう。

多少手数料は高くなりますが、確実に周りにバレずにファクタリングを利用できます。

ポイント⑥:製造業界での実績があるか

ファクタリング_製造業_実績
製造業に強いファクタリング会社を選ぶポイントとしては、製造業界での実績があるかも挙げられます。

製造業界での実績があれば、製造業界ならではの事情にも詳しいはずです。

それなら、最適なファクタリングサービスを提供してくれるでしょう。

製造業におすすめのファクタリング会社5選

ファクタリング_製造業_会社
製造業におすすめのファクタリング会社は主に以下の5つです。

それぞれのファクタリング会社について詳しく見ていきましょう。

ビートレーディング

ファクタリング_建設業_ビートレーディング

 

ビートレーディングは最大買取額が設定されていないのが最大の特徴です。

どんなに大きな売掛金でも扱ってくれるため、誰でも安心して利用できます。

ビートレーディングは実績も豊富で、これまでに409億円の売掛金を買い取ってきました。

その上、最短12時間で売掛金を現金化できます。

GMO BtoB 早払い

ファクタリング_製造業_建設業

GMO BtoB 早払いは東証一部上場の会社が運営しているのが安心なファクタリングサービスです。

業界最低水準の手数料で、お得にファクタリングを利用できます。

最大1億円まで現金化できるなど大きな売掛金にも対応しています。

アクセルファクター

ファクタリング_建設業_アクセルファクター

アクセルファクターはすぐにお金を用意したい人に特におすすめのファクタリング会社です。

最短即日でお金を用意できるファクタリング会社はそれなりにありますが、アクセルファクターはその中でも取引の半分以上で即日の入金が実現できているからです。

その上、手数料も低めになっており、3社間ファクタリングの場合には2%~になっています。

アンカーガーディアン

ファクタリング_建設業_アンカーガーディアン

アンカーガーディアンは西日本の方に特におすすめのファクタリング会社です。

最大5000万円までの売掛金に対応しており、手数料も低めに設定されています。

九州は大阪などに支店を設置しています。

アクティブサポート

ファクタリング_建設業_アクティブサポート

アクティブサポートは少ない書類で申し込めるのが魅力的なファクタリング会社です。

通常のファクタリングサービスでは身分証明書や売掛先との契約書などが必要になってきます。

一方、アクティブサポートでは請求書と通帳のコピーだけでファクタリングが利用できるようになっているのです。

ファクタリングを申し込む時の6手順

ファクタリング_製造業_手順
ファクタリングを申し込む時の6手順は主に以下のとおりです。

STEP.1
ファクタリング相談

まずはファクタリング会社にファクタリングをしたいことを相談しましょう

ファクタリングの相談はファクタリング会社への来社、担当者による訪問などさまざまです。

現在ではオンラインでの相談ができるファクタリング会社も多くなっています。

STEP.2
申込書の記入

次に、申込書に記入を行います。

申込書はファクタリング会社からもらうことができます。

STEP.3

次に、必要書類の提出を行います。

必要な書類は場合によりますが、身分証明書や取引先との契約書などが必要になる場合が多いです。

STEP.4
審査

次に、ファクタリング会社で審査が行われます。

ファクタリング会社での審査の詳細については以下の記事で解説しています。

ファクタリング_審査_アイキャッチファクタリングの審査はどこが重要?6つのポイントや審査基準・注意点を解説
STEP.5
契約成立

次に、いよいよ契約成立です。

ここでファクタリングが利用できることが確定します。

STEP.6
入金

最後に、ファクタリング会社から入金が行われます。

ここまで最短即日で終わるケースも多くあります。

製造業とファクタリングのまとめ

ファクタリング_製造業_まとめ
ファクタリングとは売掛金を早期に現金化する手段です。

ファクタリングには主に以下の2つの種類があります。

製造業でファクタリングが人気な理由は以下のとおりです。
製造業者がファクタリングを利用するメリットは以下のとおりです。
製造業者がファクタリングを利用する時の注意点としては以下のようなものが挙げられます。
製造業に強いファクタリング会社を選ぶポイントは以下のとおりです。
製造業におすすめのファクタリング会社としては以下のようなものが挙げられます。