資金調達方法のファクタリングとは?仕組みや種類、利用するメリット、注意点まで完全網羅

ファクタリングで資金調達をすることを検討している
カードローンやビジネスローンでの資金調達はできるだけ避けたい…

ファクタリングとは、会社のキャッシュフローを大幅に改善し、貸し倒れリスクを回避することができるため、近年利用されることの増えてきた資金調達方法です。

しかし、ファクタリングを利用すれば、機動的な資金調達が可能となる一方で、多額の手数料が必要になることもあります。

この記事では、資金調達で失敗しないために、ファクタリングの仕組みや種類、利用するメリットと注意点を解説します。

「今すぐファクタリングで資金調達をしたい!」という方は、正しくファクタリングについて理解してから始めるようにしましょう。

資金調達 ファクタリングをざっくり言うと
  • ファクタリングとは売掛金の債権をファクタリング会社に譲渡して現金を調達する方法
  • ファクタリングの種類は「買取型」と「保証型」などがある。
  • ファクタリングを行えば、売掛金の回収期間よりも早く資金調達ができ、貸し倒れリスクも減らせる。
  • ファクタリングの手数料は審査しないとわからず、手続きに手間がかかる場合がある。
  • ファクタリング会社は、最小買取額・最大買取額の設定がない「ビートトレーディング」がおすすめ。

ファクタリングおすすめ2位ビートレーディング

\ビートレーディングなら最短即日で資金調達が可能!/

「ビートトレーディング」の評判を知りたい方はこちら

ファクタリング診断でご自身の状況に合わせたファクタリングが可能に!

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず30秒診断でご自身の状況を判断することも大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

もくじ

【資金調達】ファクタリングとは?

資金調達_ファクタリング_概要

ここでは、「そもそもファクタリングとは何か?」「どうしてファクタリングで資金調達をすべきなのか?」という方に向けて、ファクタリングの基礎をわかりやすく解説します。

【資金調達】ファクタリングとは?

ファクタリングの意味

資金調達_ファクタリング_概要_意味

ファクタリングとは、取り引き実績のある取引先への請求書を譲渡し、本来の支払期日よりも早く請求書を現金化するサービスです。

例えば、手形取引では売掛金を回収するためには期日まで待たなくてはいけません。

銀行融資は担保も必要となるし、何より審査などで時間がかかります。

そういった素早く資金調達したい場面では、手数料を支払って、売掛金を現金化することでキャッシュフローを素早く改善できます。

資金調達に悩む中小企業や個人事業主にとっては非常に有益なサービスで、売掛債権の買い取りのほか、保証をつけられるものもあります。

ファクタリングの種類・仕組みについてはこちら!

ファクタリングの需要が高い理由

資金調達_ファクタリング_概要_歴史

一般的に、企業間取引では先に商品やサービスを提供し、代金は後から回収する形態を取っています。

手元に資金が必要な場合、この売掛債権を手早く現金化できるのがファクタリングです。

資金が潤沢な大企業であれば問題ないかもしれませんが、突発でまとまった資金が必要な場合など、取引先からの入金を待たずに現金が手に入るのは非常に便利です。

また、中小企業にとって売掛金※の入金遅延や貸倒れは資金難に繋がる可能性もあります。

ファクタリングには保険のような機能もあるため、リスク回避にも活用できるのです。

※売掛金:代金を後払いで販売した売上金額

【資金調達】ファクタリングの種類

資金調達_ファクタリング_種類

売掛金などの債権を利用して資金調達を行うファクタリングサービスは、買取型ファクタリングと保証型ファクタリングの2つがよく用いられています。

こちらの章では、2つのファクタリングの特徴やメリット、デメリットについて詳しくご紹介します。

それぞれ仕組みや内容が異なるため、それぞれきちんと理解することが大切です。

その他にも、資金調達において知っておくべきファクタリングについて4つご紹介いたします。

ファクタリングの種類①|保証型ファクタリング

資金調達_ファクタリング_種類_保証型ファクタリング

保証型ファクタリングは、主に売掛金などの売上債権の保険として利用されるファクタリングサービスです。

ほかにもファクタリング会社が依頼先の売上債権の貸倒れリスクを保証するため、保証型ファクタリングは与信管理のアウトソーシングとして利用することができます。

メリット①:貸倒れのリスクを軽減

保証型ファクタリングのメリットとして、売掛債権による貸倒れリスクの軽減があげられます。保険のように利用できる保証型ファクタリングは、万が一取引先の倒産が起きてしまった場合も資金が調達できるため、連鎖倒産などを回避することが可能です。

メリット②:ファクタリング会社で与信審査ができる

保証型ファクタリングを利用する際は、取引先の支払い能力(与信)の審査が必要となります。そのため新規取引先の支払い能力に不安を抱いている場合は、ファクタリング会社を通じて信頼性の高い取引を行うことができます。

デメリット①:保証料がかかる

デメリットとして売上債権を保証するためには、保証料の支払いが求められます。また保証料の金額は取引先の与信によって変動するため、貸倒れのリスクと保証料の金額を勘案して検討する必要があります。

ファクタリングの種類②|買取型ファクタリング

資金調達_ファクタリング_種類_買取型ファクタリング

買取型ファクタリングは、売上債権を売却することで、支払期日前に資金調達が可能なサービスです。保証型のようにサービスを受けるための信頼性は必要なく、スピーディーに資金調達ができます。

メリット①:早期の資金調達が可能

買取型ファクタリングの一番のメリットは「早期の現金化」です。銀行融資では、融資実行まで長い期間がかかりますが、買取型ファクタリングではプロセスが少ない分、速やかに資金調達が可能です。加えて担保も必要ありません。

メリット②:審査が容易

売却の際は取引先の売上債権が対象となるため、「取引先の与信」が審査の基準になります。そのため、銀行融資に比べて審査が容易な傾向です。

デメリット①:手数料が割高

買取型ファクタリングでは、売却する売上債権から手数料が差引かれて入金されます。手数料は取引先の与信によって異なりますが、銀行融資と比べ割高な場合がほとんどです。

ファクタリングの種類③|一括ファクタリング

資金調達_ファクタリング_種類_一括ファクタリング

一括ファクタリングとは支払手形の代わりに、買取ファクタリングに加えて、決済事務を一括して引き受けるというものです。

資金調達できる他、回収業務の効率化や貸し倒れリスクの回避を実現することができます。

主に支払手形の代わりとして導入された決済手といます。

通常のファクタリングとは異なり、売掛先企業が一括ファクタリングを申し込む必要があります。

そのため、売掛金保有会社が一括ファクタリングを利用したいと思っても、売掛先企業がシステムを納入しない限り利用できません。

約束手形よりも支払い期間を設定しなければいけないので、売掛先企業にとってはメリットを感じない部分もあるようです。

MEMO
売掛先企業が一括ファクタリングのシステムを取り入れていた場合には、売掛金保有会社が売掛金請求の申し出を行うことで、支払い予定日よりも前に現金を受け取ることが可能です。

ファクタリングの種類④|国際ファクタリング

資金調達_ファクタリング_種類_国際ファクタリング

国際ファクタリングは海外企業との輸出取引に対して発生した売掛金を回収するために利用されるサービスです。

ファクタリングは2者間もしくは3者間で行われることが多いですが、国際ファクタリングは以下の4者で行われる珍しいファクタリングとなっています。

国際ファクタリングの取引対象
  1. 輸出業者(ファクタリング利用者)
  2. 海外業者
  3. ファクタリング会社(日本国内)
  4. ファクタリング会社(海外)

そもそも国際ファクタリングのサービスを取り扱っている業者が少ないのが現状です。

早急に資金が必要になり、国際ファクタリングを利用して資金調達を希望していてもスピーディーに動くことは難しいでしょう。

4者間でのやり取りには、通常のファクタリングに比べても時間がかかります。

また、手数料のほかに信用調査費や保証料、為替手数料などの諸費用の負担が必要になるため、通常の売掛債権を使用して行うファクタリングと比べて利用費用が高くつきます。

高額のファクタリング利用をすると、為替手数料もその分高くなるので注意が必要です。

通常のファクタリングと異なり、諸費費用が必要、手続きに時間が掛かる点は、国際ファクタリングを利用するデメリットとして考えられます。

ファクタリングの種類⑤|医療ファクタリング

資金調達_ファクタリング_種類_医療ファクタリング

医療ファクタリングは、診療報酬債権を利用したファクタリングです。

医療機関が診療報酬を受け取るまでには2~3カ月かかりますが、医療ファクタリングを活用することで、期日前の現金化が可能になります。

買取ファクタリングにおける売掛債権がそのまま診療報酬や介護報酬に代わったものなので、仕組みとしては分かりやすいのが特徴です。

診療報酬や介護報酬、調剤報酬は、基本的に回収できないリスクがかなり低いため、買取ファクタリングと比べて非常に低い手数料で利用できます。

診療報酬債権ファクタリングの手数料相場は0.25%程度であり、これはカードローンや融資より低い手数料となっているため、積極的に活用しましょう。

MEMO
ファクタリングに使用できる医療債権は最大2ヶ月と決まっています。高額の資金調達が必要な場合には診療報酬債権ではなく、通常の売掛債権で行う2者間ファクタリングや3者間のファクタリングの利用をおすすめです。

ファクタリングの種類⑥|将来債権ファクタリング

資金調達_ファクタリング_種類_将来債権ファクタリング

将来債権ファクタリングは、「未確定の売上債権」を売却によって資金調達を行います。

納品が終わっているものの請求書を発行していない「想定債権」や今後納品をする予定のある「将来債権」についてファクタリングすることが可能です。

しかし、まとまった資金を調達することができるものの、貸倒れリスクが増加するため手数料が割高になります。

ファクタリング診断でご自身の状況に合わせたファクタリングが可能に!

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず30秒診断でご自身の状況を判断することも大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

【資金調達】ファクタリングの取引方法

資金調達_ファクタリング_取引方法_契約

ファクタリングですが、取引の形態や特徴によっていくつかの種類に分類されます。

こちらの章では、その中でも代表的な買取型ファクタリングを6つ紹介します。

ファクタリングの取引方法

2社間ファクタリング

資金調達_ファクタリング_取引方法_契約_2社間ファクタリング

2社間ファクタリングに該当するもの
  1. 買取ファクタリング
    売上債権を売却することで、支払期日前に資金調達が可能なサービス
  2. 保証ファクタリング
    売掛金などの売上債権の保険として利用されるファクタリングサービス
  3. 一括ファクタリング
    支払手形の代わりに、買取ファクタリングに加えて、決済事務を一括して引き受ける。

2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社とその利用者の間でやりとりをします。

手順は以下の通りに進みます。

2社ファクタリングの主な手順

  1. 利用者はファクタリング会社に売掛債権を譲渡し、手数料を引いた分の資金を受け取る。
  2. その後利用者が、取引先から入金された売掛金をファクタリング会社に支払う。

売掛(取り引き)先とのやりとりがないため、取引先にファクタリングを利用したと知られることもありません。

さらに、取引先の同意を得るプロセスを省略できるため、より迅速に資金調達を行うことができます。

しかし、2社間ファクタリングでは貸倒れリスクが高くなるため、手数料は3社間ファクタリングよりも高めです。

注意
2社間ファクタリングをする際は、譲渡したことの証明として債権譲渡登記が求められます。この債権譲渡登記は法人のみ行えるため、個人事業者が利用することはできません。

3社間ファクタリング

資金調達_ファクタリング_取引方法_契約_3社間ファクタリング

3社間ファクタリングに該当するもの
  1. 買取ファクタリング
    売上債権を売却することで、支払期日前に資金調達が可能なサービス
  2. 保証ファクタリング
    売掛金などの売上債権の保険として利用されるファクタリングサービス
  3. 一括ファクタリング
    支払手形の代わりに、買取ファクタリングに加えて、決済事務を一括して引き受ける。
  4. 国際ファクタリング
    診療報酬債権を利用したファクタリング

3社間ファクタリングは、上記の手続きに加えて、売掛先にファクタリングをすることを通知し、承諾を得たうえで進められます。

3社間ファクタリングは、他の方法と比べて手数料が割安なところがメリットです。

これは取引先に債権譲渡通知が行われることから、貸倒れになるリスクを軽減できることが背景にあります。

また、2社間ファクタリングで必要になる債権譲渡登記ですが、3社間ファクタリングでは必要ないケースが多く、個人事業主でも利用できる場合があります。

注意
3社間ファクタリングは、取引先にファクタリングを行っていることが通知されるため、今後の取引に影響を与える可能性があるので注意が必要です。

【資金調達】ファクタリングのメリット6つ

資金調達_ファクタリング_メリット

こちらの章では、ファクタリングのメリットについて詳しくご紹介します。

メリット①|素早く資金調達ができる

資金調達_ファクタリング_メリット_現金化_スピード

ファクタリングは、現金化までのスピードが早く、最短で当日に現金化してくれるファクタリング会社も複数あります。

銀行融資で資金調達しようとすると、2週間~2か月程度の期間をみる必要があり、日頃から取引をしている銀行でも即日融資が可能なケースはほとんどありません。

ファクタリングであれば、初めての利用でも最短当日で現金化できる可能性があるので、すぐに現金が必要な企業にとって大きなメリットになります。

メリット②|2社間ファクタリングの場合、取引先にバレない

資金調達_ファクタリング_メリット_2社間ファクタリング_取引先_バレない

2社間ファクタリングでは、債権譲渡登記が行われないので、取引先にファクタリングの利用を知らせる必要がありません。

※債権譲渡登記がされるかどうかは必ず契約書に書かれているので、必ず確認しましょう。

そのため、取引先に財務状況が悪い事実を知られることなく、資金調達が可能です。

取引先との継続的な取引を検討している…
信用度が下がることは回避したい!

以上のような企業にとって、2社間ファクタリングは魅力的な資金調達方法のひとつだといえます。

メリット③|信用情報に影響しない

資金調達_ファクタリング_メリット_信用情報

銀行融資やカードローンでは、各金融機関が共有する「信用情報機関」に融資の記録が残りますが、ファクタリングは記録が残りません。

しっかり返済すれば信用が落ちることはないと安心しがちですが、カードローンの場合は、利用した事実だけでマイナスの判断をする銀行もあります。

ファクタリングであれば、信用情報に悪影響がないため、今後の融資のことを考えると、ファクタリングの利用歴を取引銀行にバレない点はメリットになるでしょう。

メリット④|経営状況に関係なく、売掛金の信用で利用できる

資金調達_ファクタリング_メリット_経営状況_売掛金_利用

ファクタリングの審査は、「取引先の信用度」が基準になるため、銀行融資に比べてハードルが低いです。

普通の融資ならば、融資を受ける会社の信用状態が重要になりますが、3社間ファクタリングの場合はファクタリング利用会社が倒産しても取引先(売掛先)から資金が回収できれば問題ありません。

赤字や債務超過、税金を滞納していてもファクタリングを利用できる可能性があります。

メリット⑤|取引先が倒産しても回収義務がない(ノンリコース)

資金調達_ファクタリング_メリット_取引先_倒産_徴収義務

償還求償権がないファクタリング契約を「ノンリコースファクタリング」といい、売掛金の未回収リスクを背負わなくて済みます。

「償還求償権がない」という意味をファクタリングで考えると、「取引先」の代わりに売掛金を支払った「ファクタリング会社」が、肩代わりした分を「あなた」に請求しないことを表します。

つまり、「ノンリコースファクタリング」であれば、万が一取引先が倒産したとしても、未回収の売掛金を請求されません。

メリット⑥|担保・保証人も不要

資金調達_ファクタリング_メリット_担保_保証人_不要

ファクタリングは、融資ではないため、実施にあたり保証人や担保を請求されることはありません。

取引にあたり、これらの提供を求めてくるようであれば、闇金業者である可能性が高いといえるでしょう。

一度担保設定してしまうと取り返しのつかないことになる可能性があるため、こうした話を持ち掛けてくるようであれば、はっきりと断るようにしましょう。

ファクタリング診断でご自身の状況に合わせたファクタリングが可能に!

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず30秒診断でご自身の状況を判断することも大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

【資金調達】ファクタリングの注意点

資金調達_ファクタリング_デメリット_注意点

ファクタリングは、売掛債権の中から金額を限定できたり、1回のみの利用が可能だったりと、必要に応じてフレキシブルに使える便利なサービスです。

しかし、ファクタリングを利用する上でいくつか注意点があるのでしっかり確認しておきましょう。

注意点①|審査に手間と時間がかかる

資金調達_ファクタリング_デメリット_注意点_審査_手間_時間

ファクタリングサービスは、一般的な金融機関で受ける融資よりも審査のための書類提出や審査項目が少なく、審査通過率が高いといえます。

しかし融資ではないといっても、企業の信用度によって売掛債権の買取金額や手数料の審査が行われるので、提出書類を揃えるなどの最低限の手間と時間はかかります。

最近では、オンライン完結のものが増えてきていますが、対面での面談・契約が必須になるサービスもまだまだ多くあり、アポイントを取ったり、ファクタリング会社へ出向いたりといった時間と手間を考慮することが必要です。

一方オンライン完結型は時間を選ばず使え、スピーディーな取引ができて便利ですが、パソコンなどに慣れていないと逆に操作面で時間がかかってしまうこともあります。

MEMO
初めてファクタリングを利用する場合、必要書類を揃えるのに意外と時間がかかることもあります。さらに書類不備で再提出になるといった思わぬ時間ロスが発生する可能性もあるので、時間に余裕を持って申込みをしましょう

注意点②|手数料率は審査しないとわからない

資金調達_ファクタリング_デメリット_注意点_審査_手数料

手数料率は、ファクタリングサービスによって大まかな目安が設定されていますが、企業の信用度や調達額によっても大きく変わってきます。

目安として、ファクタリングの手数料とカードローンの金利を比較すると、下記のようになります。

資金調達法 手数料/金利
2社間ファクタリング 120%~240%程度
銀行カードローン 1.5%~14.5%程度
消費者金融カードローン 3.0%~18.0%程度
ビジネスローン 2.8%~18.0%程度

他の方法では融資が受けられない方にはファクタリングも選択肢のひとつですが、そうでない場合はカードローンやビジネスローンの方が、圧倒的に金利を抑えられてオススメです。

しかし、実際の手数料・買取金額は審査しないとわからないため、複数のファクタリングサービスに同時に見積りを依頼し、手数料などの利用条件が判明してから申込むサービスを決めるという利用方法がおすすめです。

注意点③|契約書は必ず控えを貰う

資金調達_ファクタリング_デメリット_注意点_契約書

契約書は各々1通を保有するのが一般的ですが、中には印紙税を節約するため自社分1通のみしか作成しないケースもありえます。

後々のトラブルを未然に防ぐために契約書は必ず両社1通ずつ取り交わし、手元に1通保管しておきましょう。

注意点④|返済は全額一括送金しなければならない

資金調達_ファクタリング_デメリット_注意点_一括送金

ファクタリングは融資ではないため、売掛金の入金日に一括でファクタリング会社へ送金しなければなりません。

分割返済となると「貸金」に該当することとなるため、ファクタリング会社では対応できません。貸金業の無登録営業は禁止行為ですので、万が一、分割払いに応じるファクタリング会社があった場合には、注意が必要です。

【ビートレーディング】資金調達におすすめのファクタリング会社

資金調達_ファクタリング_ファクタリング会社_おすすめ_ビートレーディング

出典:https://betrading.jp/

資金調達におすすめのファクタリング会社の一つとして、ビートレーディングがあります。

ビートレーディングの最大の特徴は、最小買取額、最大買取額の設定がないという点です。

ビートレーディングは現在累計買取債権額409億円と非常に資金力に優れたファクタリング会社で、取引の多さや額面の大きさから信頼性の高い会社ということがわかります。

会社規模や買取実績からビートレーディングは業界最大手のファクタリング会社ということができます。

2020年度におけるビートレーディングの実績
  • 申し込みから入金まで最短12時間
  • 最大買取率98%
  • 月間契約件数400件
実績の中でも最大買取率が98%は、他社と比較してもかなり高い数値となっています。

そんなビートレーディングでは、他社でファクタリングの審査に落ちたことがある場合や、税金滞納、赤字がある場合などでも相談可能です。

さらに個人事業主のファクタリングにも対応しているのも、ビートトレーディングの魅力です。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権・介護報酬債権
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 最小買取額・最大買取額無し
手数料 2%〜9%(3社間)・5%〜(2社間)最大20%
入金スピード 最短即日(12時間)
対応エリア 全国訪問対応可能
ビートレーディングの評価
売掛金の最小最大買取額
(4.5)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(4.5)
総合評価
(4.5)
運営会社 株式会社ビートレーディング(Be TRADING)
代表取締役 佐々木 英世
所在地 ◉本社:東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
◉大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室
◉福岡支店:福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室
営業時間 09:00〜18:00(年中無休)
事業内容
  • ファクタリング事業
  • コンサルティング事業
  • 各種在庫買取サービス業
  • 広告代理事業

ビートレーディングのファクタリングの特徴

資金調達_ファクタリング_ファクタリング会社_おすすめ_ビートトレーディング_取扱内容

次に、ビートレーディングのファクタリングは以下の表の通りになります。

取扱ファクタリング 2社間・3社間取引・診療報酬債権/介護報酬債権・Beトレイペイメント
対象者 法人・個人
買取可能額 下限上限設定無し
手数料(買取率) 2%~(3社間):5%~(2社間)上限20%
資金調達スピード 最短即日(12時間)
対応エリア 全国対応
買取可能な債権 売掛債権

ビートレーディングのファクタリング取り扱い内容

ビートレーディングは2社間・3社間ファクタリング両方とも取り扱っています。

【復習】2社間・3社間ファクタリングとは
  1. 2社間取引|利用者とファクタリング会社の2者だけで完結するファクタリング
  2. 3社間取引|利用者とファクタリング会社さらに売掛先の3者で行うファクタリング

ビートレーディングは2者間・3者間両方取り扱っているので、

手数料をできるだけ抑えたい
できるだけ早く現金化したい

などのようなニーズに対応することができます。

ビートレーディングのファクタリング取引実績

資金調達_ファクタリング_ファクタリング会社_おすすめ_ビートトレーディング_取引実績

ファクタリング取引を行う際に、取引実績が豊富かどうかも気になりますね。

ビートレーディングはファクタリング業界の中でも古くからあるファクタリング会社で、取引実績も業界トップクラスです。

ビートレーディングの利用者は年々増加し、すでに取引実績は15000件を突破しています。

ビートレーディングのファクタリング取引実績

問い合わせ・利用者・取扱高全て右肩上がりのため、しっかりと実績があり、ユーザーニーズに沿ったファクタリング会社ということができます。

ファクタリング診断でご自身の状況に合わせたファクタリングが可能に!

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず30秒診断でご自身の状況を判断することも大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

【ファクタリングで資金調達】まとめ

資金調達_ファクタリング_まとめ

資金調達に活用する上で、ファクタリングについてその特徴や仕組み、メリット・デメリット、注意点の他、について解説しました。

今後ファクタリングは、2020年4月の改正民法施行により譲渡禁止特約が付された債権も譲渡可能となったことから、よりさまざまな分野で活用されていくことが期待されています。

融資による資金調達以外の選択肢として、ファクタリングについても知っておくことで、企業経営のさまざまな局面で役立てられることがあるはずです。

資金調達 ファクタリング まとめ
  • ファクタリングとは売掛金の債権をファクタリング会社に譲渡して現金を調達する方法
  • ファクタリングの種類は「買取型」と「保証型」などがある。
  • ファクタリングを行えば、売掛金の回収期間よりも早く資金調達ができ、貸し倒れリスクも減らせる。
  • ファクタリングの手数料は審査しないとわからず、手続きに手間がかかる場合がある。
  • ファクタリング会社は、最小買取額・最大買取額の設定がない「ビートトレーディング」がおすすめ。

ファクタリングおすすめ2位ビートレーディング

\ビートレーディングなら最短即日で資金調達が可能!/

「ビートトレーディング」の評判を知りたい方はこちら