期日現金とは?メリットやデメリットとの違いまで詳しく解説!

「期日現金って何?」

このように考えていませんか?

期日現金はビジネスの世界ではたまに目にする言葉ですが、あまり深い知識を持っている方はいないのではないでしょうか。

しかし、どのようなものか気になりますよね。

そこで、この記事では期日現金の概要からメリットやデメリットまで詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「期日現金」ざっくり言うと
  • 期日現金とは通常よりも支払期日を後ろにして取引すること
  • 期日現金のメリットは手形取引のコストを削減できることなど
  • 期日現金のデメリットは支払いサイトが長いことなど
  • 期日現金はファクタリングで現金化するのがおすすめ
  • ファクタリングのメリットは期日現金を最短即日で現金化できることなど

期日現金とは?

期日現金_とは
期日現金とは、請求書を使った支払いであるにも関わらず、通常よりも支払期日を後ろにして取引することを言います。

延現金と呼ぶこともあります。

請求書を使った支払いとして一般的な売掛金では、通常、支払期日は締日の翌月または翌々月払いで、支払いサイトが60日以上になることは少ないです。

この支払いサイトが通常よりも長くなっている場合に期日現金と呼びます。

そんな期日現金は取引先に対する立場が弱い時に起きやすい現象です。

なぜなら、期日現金は売掛先にとってはメリットのある方法ですが、料金を受け取る側にしてみれば支払いまでに長い時間がかかるだけで、ほとんどメリットがない方法だからです。

確かに支払いサイトが60日以上になる場合もありますが、その場合には手形を発行するのが一般的です。

手形は期日現金と違って銀行で割り引くことができ、お金に換えやすいからです。

しかし、手形を発行するには手数料や印紙税などがかかるため、取引先とのパワーバランスが崩れていると、取引先にとって一方的にメリットがある期日現金が用いられるのです。

ここからは期日現金と、他の以下の言葉について詳しく見ていきましょう。

振り込みとの違い

期日現金_振り込み
振り込みとは、送金方法の一種で、金融機関の口座にお金を払い込むことを指します。

期日現金の場合にも、送金方法としては振り込みを用いる場合が多いですが、期日現金と振り込みは明確に異なります。

期日現金は通常よりも支払いサイトを長くして売掛金の振り込みを行う場合のみを指すからです。

手形決済との違い

期日現金_手形決済
手形決済とは、将来の特定の日に特定の金額を支払うことを約束した有価証券のことです。

ちなみに、手形は何かを約束した証拠として、手の形を残したことに由来しているようです。

手形決済と期日現金の最大の違いは手形決済は有価証券であり、期日現金は有価証券ではないことです。

手形決済も期日現金は「〇〇日後に〇〇円を支払う」という約束をしている点は同じなのですが、期日現金は有価証券ではありません。

手形決済は銀行を通じて発行することになりますが、有価証券として発行するために手数料や印紙税などの料金が必要になります。

その代わりとして、期日現金と違って、取引先は手形を割り引いてもらうことで期日前にお金を手にできますが、手形の裏書きをすることで、料金の支払いに使うこともできます。

でんさいとの違い

期日現金_でんさい
でんさいとは、でんさいネットが取り扱っている電子記録債権です。

ネット上で取引が完了し、コストや手間を削減できる手形のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。

でんさいでは取引がネット完結するため紛失などのリスクが少なくなり、手形の振り出し作業などの手間、印紙税の料金も不要になります。

期日現金とでんさいは明確に異なります。

手形取引と同じように、「〇〇日後に〇〇円を支払う」と約束している点は同じですが、それ以外の部分は異なる部分が多いです。

たとえば、でんさいネットには利用料がかかりますが、期日現金の場合には料金はかかりません。

期日現金の3つのメリット

期日現金_メリット
期日現金のメリットは主に以下の3つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:手形取引のコストを削減できる

期日現金_手形取引
期日現金のメリットとしてまず挙げられるのは、手形取引のコストを削減できることです。

上でも説明したとおり、手形取引では銀行に対して発行手数料を支払う必要がありますし、印紙税も必要になってきます。

一方、期日現金は取引先との約束さえできれば成り立つため、手形取引のようにコストがかかることはありません。

そのため、手形取引は支払う側にとっては手形取引よりもメリットが大きい方法と言えるでしょう。

一方、受け取る側にとっては、取引コストを取引先から押し付けられる形になります。

期日現金では手形のように銀行で割り引いてもらって期日前に現金化することができません。

下で説明するように、ファクタリングを使って期日前に現金化することはできるのですが、一般的にファクタリングは銀行で手形を割り引いてもらう時の手数料よりも高いてするようが必要です。

そのため、手形取引ではなく、期日現金を使われると、支払期日前にお金が必要になった場合にかかるコストをより多く負担する必要があるのです。

この多くなったコストは、取引先が手数料を支払って手形を発行してなかったら発生してなかったものです。

メリット②:ファクタリングを利用できる

期日現金_利用
期日現金のメリットとしては、ファクタリングを利用できることも挙げられます。

ファクタリングとは、売掛金を早期に現金化できる方法です。

期日現金は「〇月◯日に〇〇円を支払う」という形になっているかと思いますが、この日付よりも前に資金繰りが厳しくなってしまう場合もあると思います。

そのような時にファクタリングを利用すれば、将来に振り込まれるはずだったお金を今すぐ手に入れることが可能なのです。

期日現金は支払われる側にとってはほとんどメリットのない方法ですが、唯一ファクタリングが利用できる点については救いと言えるでしょう。

メリット③:下請法で守られる場合がある

期日現金_下請法
期日現金のメリットとしては、下請法で守られる場合があることも挙げられます。

これはどちらかというと、「期日現金を押し付けられるのを防げる」というメリットです。

実は、下請法が適用される取引の場合、「商品・サービスが提供されて60日以内にお金を支払わなければならない」と定められています。

つまり、下請法が適用さえされていれば、取引先から期日現金を利用されることはないのです。

なお、下請法が適用される条件は主に以下の2つです。

下請法の適用条件
  • 資本金3億円超と親事業者と資本金3億円以下の下請事業者の取引
  • 資本金1000万~3億円の親事業者と資本金1000万円以下の下請事業者の取引

この2つの条件のどちらかに当てはまっている場合には、下請法の適用を受けることができます。

期日現金の3つのデメリット

期日現金_デメリット
期日現金のデメリットは主に以下の3つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:支払いサイトが長い

期日現金_支払いサイト
期日現金のデメリットとしてまず挙げられるのは、支払いサイトが長いことです。

期日現金はそもそも、支払期日を通常よりも長くする方法です。

そのため、期日現金が適用されると当然ながら支払いサイトは長くなってしまいます。

デメリット②:手形割引を利用できない

期日現金_手形割引
期日現金のデメリットとしては、手形割引を利用できないことも挙げられます。

企業同士の取引では手形が用いられる場合も多いですが、手形の場合には、銀行に手形を持ち込むと手形割引を用いて、手数料を支払う代わりに支払期日前に現金を手にすることができます。

一方、期日現金は手形取引ではないため、当然ながら手形割引を利用することはできません。

期日現金を期日前に現金化したくなった時には、手形割引と似たような方法であるファクタリングを用います。

ファクタリングでは手形割引と同じように、手数料を支払う代わりに期日前の売掛金を現金化できます。

デメリット③:規模が小さい場合はコスト削減するメリットが少ない

期日現金_コスト
期日現金のデメリットとしては、規模が小さい場合はコスト削減するメリットが少ないことも挙げられます。

確かに、規模が大きく、毎月手形取引をするために手数料や印紙税を支払っている場合には、期日現金に切り替えることで多くの料金を削減できます。

一方で、規模が小さく、手形取引している額が少ない場合には、そもそも手数料や印紙税が大したことないため、期日現金を用いるメリットは少ないと言えます。

ちなみに、資本主義社会で規模の小さい会社が取引先に対して有利な立場に立つことは少ないため、規模の小さい会社が期日現金を用いるメリットは大きくないでしょう。

期日現金はファクタリングを利用するのがおすすめ

期日現金_ファクタリング
取引先から期日現金を利用されている場合には、ファクタリングを用いるのがおすすめです。

期日現金は料金の支払日までが長いことが、料金を受け取る側にとっては最大のデメリットですが、ファクタリングを用いればこのデメリットを帳消しにできます。

ファクタリングでは期日現金を最短即日で現金化できるからです。

ちなみに、ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類がありますが、期日現金を持ちかけられている場合には、3社間ファクタリングを用いるのもひとつの手でしょう。

3社間ファクタリングでは、売掛先にファクタリングを行うことを通知した上で、ファクタリング会社が売掛先の細かい信用調査を行ってから、ファクタリングを利用したい会社に手数料を差し引いた上で現金を支給します。

そして、ファクタリング会社は売掛先に売掛金の支払いを自社に設定してもらうことで、資金を回収します。

3社間ファクタリングでは売掛金に知られるデメリットと引き換えに、2社間ファクタリングよりも手数料が低くなっています。

ファクタリングの5つのメリット

期日現金_メリット
ファクタリングのメリットは主に以下の5つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:期日現金を最短即日で現金化できる

期日現金_最短即日
ファクタリングのメリットとしてまず挙げられるのは、期日現金を最短即日で現金化できることです。

ファクタリングでは、支払期日が何日先であっても、手数料を支払う代わりにすぐに売掛金を手にできます。

これにより、会社の直近の資金繰りを改善することが可能になっています。

メリット②:返済義務がない

期日現金_返済義務
ファクタリングのメリットとしては、返済義務がないことも挙げられます。

厳密には、売掛先から売掛金の入金を受けたら、それをファクタリング会社に振り込む必要はあります。

しかし、借金をしているわけではありませんから、これは返済と言えないでしょう。

メリット③:取引先に知られることなく資金調達できる

期日現金_知られない
ファクタリングのメリットとしては、取引先に知られることなく資金調達できることも挙げられます。

ファクタリングのうちでも2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社とファクタリングを利用したい会社の間のみで取引が行われ、取引先に知られることはありません。

ファクタリングは資金繰り悪化した時に用いられることも多いため、取引先に知られると不都合な場合もあるでしょう。

取引先に知られることなく資金調達できれば、リスクを最小限に押さえてファクタリングのメリットを享受できます。

メリット④:未回収リスクを避けられる

期日現金_未回収
ファクタリングのメリットとしては、未回収リスクを避けられることも挙げられます。

売掛金は通常、事前に約束した期日に振り込まれますが、取引先の資金繰りの状態によっては期日通りに料金が支払われず、売掛金が未回収になってしまう場合もあります。

そして、大きな取引先であった場合には、売掛金が未回収になったことで自社の資金繰りまで悪化してしまうケースもあるでしょう。

一方で、償還請求権のない一般的なファクタリングの場合、ファクタリングで利用した売掛金が未回収になっても、その分の売掛金をファクタリング会社に支払う義務はありません。

メリット⑤:自社の業績が悪くても資金調達できる

期日現金_業績
ファクタリングのメリットとしては、自社の業績が悪くても資金調達できることも挙げられます。

通常の資金調達手段の中には、自社の業績が悪い時や資金繰りが悪い時には使えないものも少なくありません。

たとえば、資金調達手段として一般的な銀行の融資の場合、業績が悪いとなかなか融資してもらえません。

一方で、ファクタリングでは売掛金が回収できるかは自社の業績は関係なく、問題となるのは取引先の業績だけです。

そのため、ファクタリングは自社の業績が悪くても利用しやすい方法になっています。

ファクタリングの5つのデメリット

期日現金_デメリット
ファクタリングのデメリットは主に以下の5つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:手数料がかかる

期日現金_手数料
ファクタリングのデメリットとしてまず挙げられるのは、手数料がかかることです。

ファクタリングでは、期日の前に売掛金を手にできる代わりに、一定の手数料を支払う必要があります。

ちなみに、手数料は取引先の信用状態や2社間ファクタリングか3社間ファクタリングか、などで変わります。

手数料は取引先の信用状態が良く、3社間ファクタリングを用いた場合には安めになります。

デメリット②:売掛金の範囲内の資金しか調達できない

期日現金_売掛金
ファクタリングのデメリットとしては、売掛金の範囲内の資金しか調達できないことも挙げられます。

ファクタリングは売掛金を現金化する方法であり、融資ではないため、売掛金以上の額を調達することはできません。

それ以上の額を調達するためには、銀行融資など他の手段を利用する必要があります。

なお、売掛金の満額ではなく、その一部のみ早期に現金化することは可能になっています。

デメリット③:悪徳業者も存在する

期日現金_悪徳業者
ファクタリングのデメリットとしては、悪徳業者も存在することも挙げられます。

残念ながら、ファクタリング会社は金融商品取引法の範囲外であることから、悪徳業者への規制を行いにくくなっています。

悪徳業者を避けるためにも、ファクタリング会社は慎重に選ぶ必要があります。

デメリット④:売掛先の業績によっては資金調達できない

期日現金_資金調達
ファクタリングのデメリットとしては、売掛先の業績によっては資金調達できないことも挙げられます。

ファクタリングで一番大切なのは売掛先が支払期日にきちんと売掛金を支払ってくれるかどうかです。

ファクタリング会社としても、できるだけ不渡りになる売掛金は引き取りたくありません。

そのため、売掛先の業績によっては審査に落ちてしまい、ファクタリングが利用できない場合があるのです。

デメリット⑤:資金繰りが悪化していると思われる可能性がある

期日現金_資金繰り
ファクタリングのデメリットとしては、資金繰りが悪化していると思われる可能性があることも挙げられます。

上で説明したように、ファクタリングは自社の資金繰りが悪化していても利用しやすい方法です。

そのため、逆に言えばファクタリングを利用している会社の中には、資金繰りが悪化しているところも少なくありません。

そのため、周りに知られると会社の資金繰りを疑われるリスクがあるのです。

このリスクを抑えるために第三者に知られない2社間ファクタリングを用いている会社も少なくありません。

ファクタリング会社の3つの選び方

期日現金_選び方
ファクタリング会社の選び方は主に以下の3つです。

ファクタリング会社の3つの選び方
それぞれの選び方について詳しく見ていきましょう。

選び方①:手数料の低さ

期日現金_手数料
ファクタリング会社の選び方としてまず挙げられるのは、手数料の低さです。

ファクタリングでは、売掛金を一定の手数料を割り引いて期日前に手にすることができます。

そのため、手数料が低いほど、より大きな金額をすぐに手にすることができます。

ちなみに、手数料の低さだけを優先するのであれば、3社間ファクタリングのほうがおすすめです。

選び方②:入金スピードの早さ

期日現金_スピード
ファクタリング会社の選び方としては、入金スピードの早さも挙げられます。

特に今すぐにお金が必要な場合には、入金スピードが早いファクタリング会社を選ぶべきでしょう。

ファクタリング会社の中には、申し込んだ日の当日の入金が可能になっているところもあります。

選び方③:償還請求権の有無

期日現金_償還請求権
ファクタリング会社の選び方としては、償還請求権の有無も挙げられます。

償還請求権とは、売掛金が不渡りになった時に、ファクタリングを利用した会社に弁済を要求できる権利のことです。

他の条件が同じであれば、売掛先が売掛金を支払えない状態になってもリスクがない、償還請求権のないファクタリング会社を利用するのがおすすめです。

期日現金で使うのにおすすめのファクタリング会社5選

期日現金_会社
期日現金で使うのにおすすめのファクタリング会社は主に以下の5つです。

期日現金で使うのにおすすめのファクタリング会社5選
それぞれのファクタリング会社について詳しく見ていきましょう。

ビートレーディング

期日現金_ビートレーディングファクタリングおすすめ2位ビートレーディング
ビートレーディングはどんな金額の売掛金でも引き取ってくれるファクタリング会社です。

ビートレーディングはこれまで409億円もの債権を買い取ってきた実績を持っている実績がある会社です。

入金までも早く、最短12時間で現金を手にできます。

ビートレーディングの基本情報

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権・介護報酬債権
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小買取額・最大買取額無し
手数料 2%~(3社間)・5%~(2社間)最大20%
入金スピード 最短即日(12時間)
対応エリア 全国訪問対応可能

ビートレーディングの会社概要

運営会社 株式会社ビートレーディング(Be TRADING)
代表取締役 佐々木 英世
所在地 ◉本社:東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
◉大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室
◉福岡支店:福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室
営業時間 09:00~18:00(年中無休)
事業内容
  • ファクタリング事業
  • コンサルティング事業
  • 各種在庫買取サービス業
  • 広告代理事業

アクセルファクター

期日現金_アクセルファクターファクタリングおすすめ5位アクセルファクター
アクセルファクターは手数料の安さが魅力的なファクタリング会社です。

アクセルファクターでは手数料が2%~と非常に安くなっています。

取引の半分以上が即日の入金であることなど、スピード感にも定評があります。

ただ、大きな金額の売掛金は引き取ることができず、買取可能額は30~3000万円になっています。

アクセルファクターの基本情報

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 30万円〜3000万円
手数料 2%~20%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

アクセルファクターの会社概要

運営会社 株式会社アクセルファクター
代表者名 郡司 陽介
事業内容
  • ファクタリング業務
住所 東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6F

営業時間 平日9:30~19:00

トップマネジメント

期日現金_トップマネジメントファクタリングおすすめ6位トップマネジメント
トップマネジメントは2社間ファクタリングでの手数料が最大12.5%と最大値が低めに設定されているファクタリング会社です。

全国のファクタリングに対応しており、買取可能額も30万~3億円と幅広い金額の債権の買取に対応しています。

トップマネジメントの基本情報

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 30万円〜3億円
手数料 二者間ファクタリング3.5%~12.5%
三者間ファクタリング0.5%~3.5%
入金スピード 3営業日〜1週間
対応エリア 全国対応可能

トップマネジメントの会社概要

運営会社 株式会社トップ・マネジメント
代表者名 大野兼司
設立 2009年4月
資本金 5000万円
事業内容
  • ファクタリング業務
    経理・財務・経営に関するコンサルティング業務
    企業経営上の各種リスクの調査・分析の委託並びに
    リスクの評価及びリスク回避の相談の受託業務
    担保不動産の調査及び評価業務
住所 東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F

営業時間 平日9:00~19:00

三共サービス

期日現金_三共サービスファクタリングおすすめ8位三共サービス
三共サービスは手数料が3社間ファクタリングの場合に1.5%~とかなり安くなっているファクタリング会社です。

手数料が低い代わりに、入金までには若干時間がかかり、最短2日になっています。

また、ファクタリングを始めて行う場合には、事務手数料が無料になるという特典も魅力的です。

三共サービスの基本情報

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権介護報酬債権
利用可能対象者 法人
買取可能額 50万円〜3000万円
手数料 二者間ファクタリング5%~
三者間ファクタリング1.5%~
入金スピード 最短翌日
対応エリア 全国対応可能

三共サービスの会社概要

運営会社 株式会社三共サービス
代表者名 飯村 雅
設立 2001年7月
資本金 1000万円
事業内容
  • ファクタリング業務
住所 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 1-24-6 ACN神田須田町ビル3階

営業時間 平日9:00~19:00

GMO BtoB早払い

期日現金_GMO
GMO BtoB早払いは大規模な会社が運営している点で信頼できるファクタリング会社です。

GMO BtoB早払いを運営しているのはグループ内に多くの上場会社を持つインターネット大手のGMOグループです。

入金までに若干時間はかかりますが、手数料は最低1%となっており、業界でも最低水準になっています。

GMO BtoB早払いの基本情報

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人
買取可能額 最小100万円〜1億円
手数料 1%~10%(2社間・3社間)
入金スピード 4日程度
対応エリア 全国インターネット対応可能

GMO BtoB早払いの会社概要

運営会社 GMOペイメントゲートウェイ株式会社
代表取締役 相浦一成
設立 平成7年3月
所在地 東京フクラスオフィス
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス

期日現金のまとめ

期日現金_まとめ
期日現金とは通常よりも支払期日を後ろにして取引することです。

期日現金のメリットは以下のとおりです。

期日現金のデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。
ファクタリングのメリットとしては以下のようなものが挙げられます。
ファクタリングのデメリットは以下のとおりです。
ファクタリング会社の選び方は以下のとおりです。
ファクタリング会社の3つの選び方
期日現金で使うのにおすすめのファクタリング会社は以下のとおりです。
期日現金で使うのにおすすめのファクタリング会社5選