浜銀ファイナンスのファクタリング詳細を解説!評判やメリット・デメリットとは?

浜銀ファイナンスでもファクタリングを利用できると聞きました……。
一体どんな企業なのでしょうか……?
ファクタリングの詳細についても知りたいです……。

神奈川県や横浜市の事業者の中には、浜銀ファイナンスという社名を耳にしたことがある方も多いでしょう。

横浜銀行グループの浜銀ファイナンスは、ファクタリングや代金回収業務、リースをメインとしたファイナンス業務などを行なっています。

この記事ではそんな浜銀ファイナンスのファクタリングについて、詳細や内容、メリット・デメリットなどをお伝えしていきます。

売掛金を利用した資金調達に興味のある事業者は必見です。

浜銀ファイナンスのファクタリングについてざっくりいうと……
  •  浜銀ファイナンスのファクタリングは安全性や知名度に優れている
  • 浜銀ファイナンスのファクタリングの入金スピードは最短でも1週間程度
  • 浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するメリットは、手数料が安いこと
  • 浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するデメリットは、3社間取引しか対応していないこと
  • 横浜銀行と既に取引がある事業者には、浜銀ファイナンスのファクタリングがおすすめ

浜銀ファイナンスのファクタリングとは?

浜銀ファイナンスでもファクタリングを利用できると聞きました……。
一体どんな企業なのでしょうか……?
ファクタリングの詳細についても知りたいです……。

神奈川県や横浜市の事業者の中には、浜銀ファイナンスという社名を耳にしたことがある方も多いでしょう。

後ほど詳しくお伝えしますが、同社は横浜銀行のグループ会社でリースや代金回収などをメインに行なっています。

ここからは、浜銀ファイナンスの運営会社や、手数料や入金スピードなどの詳細についてお伝えしていくので、ファクタリングに興味のある事業者は必見です。

浜銀ファイナンスのグループ会社は横浜銀行

浜銀ファイナンスは横浜銀行のグループ会社です。

銀行系のファクタリング会社であるため、資本力、安全性ともに優れています。

そんな浜銀ファイナンスの主な事業内容については、下記の通りです。

浜銀ファイナンスの事業内容
  •  ファクタリング業務
  • 代金回収業務
  • 機械や設備のリースや割賦
  • 損害保険代理店業務
  • 金銭消費貸借等金融業務

同社のメイン事業はリース業ですが、代金回収やこの記事で解説するファクタリングも展開しています。

そんな同社ですが、銀行および貸金業として登録していないため、貸付業務は展開していません

地銀として知名度の高い横浜銀行のグループ会社ではあるものの、事業形態が銀行ではないという点に注意が必要です。

浜銀ファイナンスのファクタリング詳細

浜銀ファイナンスのファクタリングに関して、手数料や入金スピードなどの詳細は以下の通りです。

取引の種別 3社間取引
手数料 不明
入金スピード 1週間から2週間程度
買取可能額 不明
営業拠点 神奈川
東京
群馬
営業時間 8:45〜17:10(平日)

取引の種別は3社間取引のみの取り扱いで、入金スピードは最短でも1週間程度だといわれています。

民間ファクタリング会社と比較すると、入金スピードが遅めだといえるでしょう。

なお買取可能金額や手数料については、情報が公開されていません。

そのため事前に問い合わせるなど、対応が必要です。

営業拠点は神奈川県をはじめ、東京都や群馬県にもあります。

そのため遠方の事業者でも営業拠点のある地域の売掛先がある場合は、申し込みできる可能性があるでしょう。

また横浜銀号グループであるため、日頃から同銀行と取引がある場合も対応してもらえるかもしれません。

何らかの接点があるのであれば、同社に相談してみましょう。

浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するメリットとデメリット

どんな特徴のあるサービスなのかなんとなくわかってきました……。
そこで同社のファクタリングを利用するメリットを知りたいです……。
またどんな事業者が同社のファクタリングを利用するべきでしょうか……?

ここからは、浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するメリットとデメリットをまとめていきます。

どの事業者もメリットだけでなく、デメリットについても把握した上で利用を検討しましょう。

なお、メリットとデメリットをお伝えした上で同社のファクタリングをおすすめする事業者の特徴についてもお伝えします。

利用を検討中の事業者はぜひ、最後まで目を通してください。

浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するメリット

まずは、浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するメリットからお伝えしていきます。

浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するメリット
  1.  横浜銀行グループのため安心感や知名度がある
  2. 民間ファクタリング会社よりも手数料が安い
  3. 横浜銀行と取引のある事業者は審査で有利になる可能性がある

1.横浜銀行グループの安心感と知名度がある

一つ目のメリットは、横浜銀行グループであることに対する安心感と知名度があることです。

社名を聞いたことがないファクタリング会社を利用するよりも、銀行のグループ会社というだけで安心感があるでしょう。

安全面で問題のない会社なのか念入りに調べる必要がないため、利用しやすいはずです。

2.民間ファクタリング会社と比較すると数料が安い

二つ目のメリットは、民間ファクタリング会社と比較すると手数料が安いということです。

公式ホームページでは手数料が公開されていません。

しかし、銀行系ファクタリング会社であることを踏まえると、手数料は安く設定されていることが予測されます。

一般的に銀行系ファクタリング会社を利用した場合の手数料は3社間取引で、1%から8%程度であるといわれています。

利用条件により異なりますが、手数料は1%から8%程度だと考えておけば問題ないでしょう。

3.横浜銀行と取引がある事業者は利用しやすい

三つ目のメリットは、横浜銀行と取引がある事業者は利用しやすいということです。

神奈川県や東京都、群馬県に営業所を構えているため、地域に密着した業務を行なっていることが予測できます。

そのため既に横浜銀行と取引のある事業者は、相談しやすい環境が整っているでしょう。

浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するデメリット

続いては、浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するデメリットについてもお伝えします。

浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するデメリット
  1.  入金までに最短でも1週間程度の時間がかかる
  2. 契約内容の詳細がホームページに公開されていない
  3. 3社間取引しか利用できない
  4. 横浜銀行との取引がない事業者は利用しにくい

1.入金スピードが遅いため急な資金調達には不向き

一つ目のデメリットは、入金スピードが遅いため急な資金調達には不向きということです。

先ほどもお伝えしたように、公式ホームページに入金スピードが記載されていません。

しかし銀行系ファクタリング会社であることを踏まえると、入金まで最短でも1週間程度かかることが予測できます。

そのため急に資金が必要になった事業者が利用しても、満足のいくスピードで売掛金の早期回収化を図れないでしょう。

入金スピードの早さに関していえば、民間ファクタリング会社の方が優れています

申し込んだ当日中に入金対応してくれる会社も少なくありません。

一刻も早く資金を調達したい事業者は、民間ファクタリング会社を利用しましょう。

2.手数料などの詳細がホームページに公開されていない

二つ目のデメリットは、手数料などの詳細がホームページに公開されていないことです。

そのため売掛金を売却したときにかかる手数料が予測しにくいでしょう。

民間ファクタリング会社の多くは公式ホームページ上に、手数料などがわかるシミュレーションを公開しています。

情報の開示という点で比較すると、手数料が記載されていない分、申し込みやすいとはいえないでしょう。

なお一般的に、手数料が安くなるといわれる主な条件は下記の通りです。

手数料が安くなるといわれる条件
  •  取引の種別は3社間取引
  • 取引先の信用力が高い
  • 過去にもファクタリングの取引をしたことがある
  • 入金日が近い売掛債権

一般的に上記の条件に当てはまった場合、手数料が安くなるといわれています。

反対に、2社間取引を利用したり、信用力の低い取引先との契約で発生した売掛債権を売却したりすると、手数料が高くなるでしょう。

なお入金日が90日以上先の売掛債権を売却した場合も、手数料が高くなります。

優良ファクタリング会社との契約であれば、償還請求権が発生しません

そのためファクタリング会社からすれば、信用力の低い取引先や入金日が先の売掛債権を買い取る場合、リスクも大きくなります。

ファクタリング会社にとってリスクの低い売掛債権を売却すれば、自ずと手数料が安くなるでしょう。

償還請求権とは?
取引先が倒産などにより売掛金を入金できなくなった際に、ファクタリング会社が利用者に売掛金の回収を請求できる権利のことをいいます。

つまり、償還請求権ありの契約の場合、利用者側である事業者が莫大な損を被ってしまう可能性があるのです。

この権利を要求してくるファクタリング会社とは、契約しないようにしましょう。

3.3社間取引しか利用できない

三つ目のデメリットは、3社間取引しか利用できないということです。

事業者によっては、取引先にファクタリングを利用して売掛金を早期回収することを知られたくないでしょう。

そのようなケースでも3社間取引を利用するということは、ファクタリングの利用を通知しなければなりません。

そのため事業者によっては、3社間取引しか利用できないという点が大きなデメリットになる可能性があります。

2社間取引を利用したい事業者には、浜銀ファイナンスのファクタリングは不向きだといえるでしょう。

4.横浜銀行と取引がない事業者は利用しにくい

四つ目のデメリットは、横浜銀行と取引がない事業者は利用しにくいということです。

他の銀行系ファクタリング会社に関しても同じことがいえますが銀行の場合、信用を第一に取引をします。

そのため取引の前例がない場合、審査通過のハードルが上がる可能性があるのです。

浜銀ファイナンスのファクタリングをおすすめする事業者とは?

上記でお伝えしたメリットとデメリットを踏まえた上で、浜銀ファイナンスのファクタリングをおすすめする事業者をまとめると、以下のようになります。

浜銀ファイナンスのファクタリングをおすすめする事業者
  1.  入金スピードが遅くても気にならない事業者
  2. 横浜銀行と既に取引がある事業者
  3. 3社間取引でも問題ない事業者

1.入金スピードを求めていない事業者

一つ目に、入金スピードの早さを求めていない事業者には、同社のファクタリングをおすすめできます。

売掛金の振り込みに多少の時間を要しても、手数料が安い方が良いと考える事業者にも最適でしょう。

比較的、手元の資金に余裕がある場合は、同社のファクタリングを検討されることをおすすめします。

2.横浜銀行と取引がある事業者

二つ目に、既に横浜銀行と取引がある事業者にも同社の利用をおすすめできます。

というのも先ほどお伝えしたように、横浜銀行と取引がある事業者の方が審査に有利になる可能性があります。

3.3社間取引を利用できる事業者

三つ目に、3社間取引を利用できる事業者にも同社の利用をおすすめできます。

銀行系ファクタリング会社であるため、2社間取引を希望する事業者には不向きです。

取引先との関係が良好だったり、ファクタリングへの理解があったりする場合は、3社間取引を利用しやすいでしょう。

取引先を含めた契約になる分、ファクタリング会社のリスクが減少し、手数料を抑えられるというメリットもあります。

浜銀ファイナンスのファクタリングの審査難易度とは?

浜銀ファイナンスのファクタリングを利用するメリットやデメリットについて理解できました……。
利用をおすすめする事業者の特徴に当てはまっていることがわかりました……!
そこで、審査の難易度について知りたいです……。

ここからは、同社のファクタリングに関する審査難易度についてお伝えしていきます。

結論からお伝えすると、銀行系ファクタリング会社である同社の審査難易度は高めです。

公式ホームページには審査基準や通過率などに関する情報が公開されていませんが、一般的に銀行系ファクタリング会社の審査難易度は高めということで知られています。

銀行系ファクタリング会社は審査難易度が高い

なぜ銀行系ファクタリング会社の審査は厳しいのでしょうか……?
その理由を知りたいです……。

本来ファクタリングの審査は、取引先の信用力に重点を置いて利用可否が決定されます。

そのため申し込んだ事業者に税金滞納や債務超過、赤字決算などが発生している場合でも、取引先の信用力が高ければ審査に通過することが多いのです。

しかし銀行系ファクタリング会社は、取引先の信用力に関しては無論、申し込んだ事業者に関しても厳しく審査しています。

そのため民間ファクタリング会社であれば何の問題もなく審査に通過する事業者でも、銀行系ファクタリング会社の審査に通過しないということが考えられるのです。

こういった理由から、銀行系ファクタリング会社の審査難易度は高めだといわれています。

銀行系ファクタリング会社利用時の注意点

なぜ銀行系ファクタリング会社の審査難易度が高いといわれているのか理解できました……。
利用時の注意点などはありますか……?

銀行系ファクタリング会社を利用する際の注意点は、審査難易度が高いことだけではありません。

ファクタリングに申し込んだ時点で信用情報が開示され、審査可否にかかわらず申し込みしたこと自体が履歴に残る可能性があるのです。

言い換えると、信用情報に傷がつく恐れがあるともいえるでしょう。

つまり将来的に銀行融資を利用したい事業者にとって、銀行系ファクタリング会社に申し込むことはリスクのある行動ともいえるのです。

銀行融資を検討している事業者、もしくは利用する可能性が数パーセントでもある事業者は、上記のデメリットも踏まえた上で申し込むのか否か検討しましょう。

浜銀ファイナンスのファクタリングの必要書類や契約の流れ

銀行系ファクタリング会社というだけで安心感があります……。
しかし懸念点もあるということがよくわかりました……。
念の為、浜銀ファイナンス利用時の必要書類や契約の流れについて知っておきたいです……。

ここからは、同社のファクタリング申し込みに関して、必要書類や契約の流れをお伝えしていきます。

どのような手続きが必要になるのか、確認しておきましょう。

浜銀ファイナンスのファクタリングに必要な書類

まずは、同社のファクタリング利用における必要書類についてお伝えしていきます。

公式ホームページ上には必要書類に関する情報は記載されていません。

しかし、一般的にファクタリング利用時に必要となる書類は、以下の通りです。

ファクタリング利用時に必要となる書類
  •  規定の申込書
  • 請求書や納品書、発注書
  • 確定申告書や決算書
  • 3ヶ月分程度の通帳コピー
  • 取引先との契約書
  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本

申込先によっても必要書類が異なる可能性はありますが、一般的には上記の書類は最低限必要となるでしょう。

スムーズに審査に移行してもらうためにも、上記の必要書類を申し込み前から準備しておかれることをおすすめします。

浜銀ファイナンスのファクタリング契約時の流れ

続いて、同社のファクタリング利用時における契約の流れをお伝えしていきます。

STEP.1
問い合わせ
浜銀ファイナンスにファクタリングの利用をしたい旨を問い合わせましょう。
STEP.2
面接
担当者と日時を調整し、面接を行います。

その際、事前に案内のあった書類を提出する流れが一般的です。

STEP.3
審査結果を待つ
面談や提出書類をもとに、審査が行われます。

最短でも審査結果の通知に1週間程度の時間がかかることが予測されます。

担当者から連絡が入るまで、待ちましょう。

STEP.4
利用条件の提示
審査に通過した場合、利用条件が提示されます。

きちんと内容を確認した上で問題なければ、契約を結びましょう。

STEP.5
売掛金の入金
取引先のファクタリングの利用を通知した上で、申し込んだ事業者に売掛金が振り込まれます。

所定の入金日に取引先から入金があったら、そのお金を浜銀ファイナンスに振り込みましょう。

以上で、契約が終了となります。

浜銀ファイナンスのリアルな評判とは?

浜銀ファイナンスの口コミが気になります……。
評判の良いサービスなのでしょうか……?

ここでは、浜銀ファイナンスのリアルな評判をお伝えします。

申し込みから振り込みまで、だいたい2週間ほどで対応していただきました。
対応が良かったため、浜銀ファイナンスに申し込みました。
3社間取引でしたが、浜銀ファイナンスとの取引ということもあり、不振がられなかったように感じています。

同社のリアルな口コミや評判をまとめると、入金スピードは2週間ほどで対応が良かったという意見が散見されました。

また3社間取引だったものの、同社の社名を出せば対応してもらえたという評判もありました。

取引先が普段から横浜銀行と付き合いのある場合は特に、同社のファクタリングを利用しやすいでしょう。

後悔しないファクタリング会社の選び方

浜銀ファイイナンスが魅力的だということはわかりました……。
しかし、審査難易度が高いことが気になります……。
同社の審査に通らない場合、民間ファクタリング会社を利用するべきでしょうか……?

こんな風に、審査難易度が高いことに不安を覚える事業者もいるでしょう。

特に横浜銀行と取引のない事業者であれば尚のこと、不安に感じるかもしれません。

審査に通過しなかった事業者や、不安な事業者は民間ファクタリング会社を利用するという手もあります。

そこで民間ファクタリング会社の利用を検討したい事業者向けに、後悔しないファクタリング会社の選び方をお伝えしていきます。

後悔しないファクタリング会社の選び方
  1. 自社の希望にあった入金スピードか
  2. 手数料は無理なく支払える範囲か
  3. 評判の良いファクタリング会社か
  4. 対応に誠実さを感じる担当者がいるか
  5. 買取可能額が自社の売掛債権の金額と一致しているか

1.入金スピードが自社の希望に合っているか

一つ目に、入金スピードが自社の希望に合っているか確認することが重要です。

一刻も早く資金調達しなければならない事業者は特に、入金スピード重視でファクタリング会社を探す必要があるでしょう。

その際、オンラインで申し込みや書類の提出、契約まで完了する事業者を選択されることをおすすめします。

オンラインで全ての契約が終了する分、移動などに無駄な時間がかかりません。

スピードを求める事業者は最初からオンライン完結型のファクタリング会社を選びましょう。

2.無理なく支払える手数料か

二つ目に、ファクタリング利用時の手数料は無理なく支払える範囲なのかということも必ず確認しましょう。

手数料が高くつくということはその分、入金される売掛金の金額が少なくなるということです。

少しでも手数料を安く済ませるために、複数のファクタリング会社に査定を依頼しましょう。

そうすることで、どのファクタリング会社と契約するべきなのか自ずと見えてきます。

なおファクタリング会社によっては、他社の査定結果を提示することで、その会社よりも低い手数料で買い取ってくれることがあります。

少しでも手元に残る売掛金を多くするためにも、複数の会社に査定を依頼することが重要なのです。

3.ファクタリング会社の評判が良いか

三つ目に、ファクタリング会社の評判が良いのか確認することも重要です。

ネット上でファクタリング会社名を検索してみましょう。

自社ホームページ以外で口コミを確認することで、リアルな評判がわかるようになります。

悪い口コミや満足していないような口コミが目立つ場合、他のファクタリング会社に問い合わせましょう。

そうすることで、評判の悪い会社と契約することを回避できます。

4.担当者の対応は誠実か

四つ目に、担当者の対応は誠実なのか確認することも重要です。

ファクタリング会社にとって大切な売掛債権を売却する取引となります。

そのため担当者を信頼できないと感じたのであれば、他のファクタリング会社に相談するべきでしょう。

担当者がどんな人なのかわからない場合は、質問をしてみてどのように返答するかで誠実か否かを見極めてください。

5.自社の売掛債権の金額に買取可能額が一致しているか

五つ目に、自社の売掛債権の金額に買取可能額が一致しているのか確認することも重要です。

ファクタリング会社によっても少額取引を得意としているのか、それとも高額取引を得意としているのかは異なります。

売却したい売掛債権の金額が数億円にも登る場合は特に、買取可能額が一致しているのかあらかじめ確認しておきましょう。

浜銀ファイナンス以外のおすすめファクタリング会社

どんな風にファクタリング会社を選ぶべきなのかわかりました……。
念の為、おすすめのファクタリング会社についても教えてください……。

最後に、浜銀ファイナンスの審査の通過しなかった事業者や民間ファクタリング会社を利用したい事業者向けに、おすすめのファクタリング会社を3つ紹介します。

それぞれ特徴やサービスの詳細についてお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

1.ビートレーディング

浜銀ファイナンス ファクタリング

 

取引の種別 2社間取引
3社間取引
手数料 2社間取引:10%から20%
3社間取引:5%から9%
入金スピード 最短12時間
買取可能額 最小30万円から最大3億円まで
対象者の事業形態 個人事業主
法人

ビートレーディングは、数あるファクタリング会社の中でも知名度がある会社です。

最小30万円から最大3億円と、幅広い売掛債権を買い取っています。

そのため事業形態にかかわらず、多くの事業者にとって利用しやすいファクタリング会社だといえるでしょう。

なお最短12時間での入金に対応するなど、入金スピードにも優れています。

取引種別に関しても選択可能です。

ビートレーディングを利用すべき事業者の特徴とは?
  •  入金スピードの早さを求めている事業者
  • 好きな取引を選択したい事業者
  • 知名度のある会社と契約したい事業者

2.日本中小企業金融サポート機構

浜銀ファイナンス ファクタリング

取引の種別 2社間取引
3社間取引
手数料 1.5%から10%
入金スピード 最短即日
買取可能額 上限なし
対象者の事業形態 個人事業主
法人

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人として、ファクタリング以外にもM&Aや事業マッチングなど様々な業務を展開しています。

そんな同機構のファクタリングは、買取可能額に上限が定められていない点が特徴です。

手数料が最大10%と他社と比較しても抑えられている点も特徴だといえます。

民間の会社ではないため、利益を追求する必要がないのです。

なお同機関ではオンライン契約の他に、郵送契約にも対応しています。

好きな契約手段を選択できるのも同機構を利用するメリットでしょう。

日本中小企業金融サポート機構を利用すべき事業者の特徴とは?
  •  最大手数料が抑えられたファクタリング会社を探している事業者
  • オンライン契約に興味のある事業者
  • ファクタリングだけでなく資金繰りに関する相談をしたい事業者

3. OLTA

浜銀ファイナンス ファクタリング

取引の種別 2社間取引
手数料 2%から9%
入金スピード 最短即日
買取可能額 下限、上限ともに設定なし
対象者の事業形態 個人事業主
法人

OLTAはオンライン契約に特化したファクタリングサービスです。

取引種別は2社間取引に限定されていて、手数料は2%から最大9%となっています。

他社と比較しても2社間取引で最大手数料が9%というのは、かなり利用しやすいといえるでしょう。

入金スピードは最短即日です。

対応が早く手数料の安いファクタリング会社を探している事業者には、同社の利用をおすすめします。

OLTAを利用すべき事業者の特徴とは?
  •  2社間取引を利用したい事業者
  • 手数料を抑えたい事業者
  • オンライン契約に抵抗のない事業者

まとめ

この記事では浜銀ファイナンスのファクタリングについて入金スピードや手数料などの詳細や、審査難易度、注意点などをお伝えしてきましたが、いかがでしたか。

きっと横浜銀行のグループ会社であるため、信用や安全性が高いということをおわかりいただけたでしょう。

既に横浜銀行と取引のある事業者には利用をおすすめできますが、それ以外の事業者の場合、審査難易度が高くなるでしょう。

もちとん同銀行と取引がなくても審査に通過する可能性はあります。

しかし多くの場合は、民間ファクタリング会社の利用を検討した方が良いでしょう。

ビートレーディングなど、この記事でお伝えした3つの民間ファクタリング会社は特におすすめです。

ファクタリング会社の選び方
  • 総合的におすすめ→ビートレーディング
  • 手数料が低い→日本中小企業金融サポート機構
  • オンライン契約→OLTA

どのファクタリング会社と契約しようか迷ったら、この記事で紹介した選び方を参考にしてください。

この記事がファクタリングに興味のある事業者の方の参考になれば幸いです。