プロパー融資とは?審査基準やメリット・デメリットを解説!

最近プロパー融資という言葉を聞きました……!
一体どんな融資で他の融資とどう異なるのでしょうか……?
メリットやデメリットについても詳しく知りたいです……。

融資を検討中の事業者の中には、プロパー融資という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

一言いうと、銀行と直接取引する融資です。

この記事ではそんなプロパー融資について内容や特徴をはじめ、メリット、デメリットなどについて解説していきます。

最後までお読みいただければ審査が厳しいといわれる同融資に審査に受かるコツについてもお分かりいただけるでしょう。

プロパー融資についてざっくりいうと
  •  間に信用保証協会を挟まず銀行と直接取引する融資のことをプロパー融資という
  • プロパー融資を利用できる条件は、3期分の決算書があること
  • プロパー融資のメリットは、上限金額が設定されていないこと
  • プロパー融資のデメリットは、審査が厳しいこと
  • ファクタリングを利用してキャッシュフローを安定させることで、プロパー融資を受けやすくなる

プロパー融資とは? 内容や特徴を解説

最近、プロパー融資という言葉を聞きました。
他の融資とどう異なるのでしょうか……?
どういった特徴があるのか教えてください……!

英語でプロパーとは「正確な」、「適正な」という意味を持ちますが、銀行と正規で取引するためプロパー融資と呼ばれています。

保証付融資と異なる点とは?

多くの事業者が資金を調達する際に一番に思い浮かべるのが銀行で融資を受ける事でしょう。

資金調達方法として一番有名な銀行の融資には二種類あります。

二種類の銀行融資
  1.  プロパー融資
  2. 保証付融資

プロパー融資とは先ほどお伝えした通り、銀行と直接取引する融資のことを言います。

それに対して保証付融資とは、信用保証協会を介して受ける融資となります。

信用保証協会に保証料を支払う分、融資に通りやすくなるものの余計な手数料がかかるというデメリットがあります。

なお信用保証協会を介さないプロパー融資は、銀行側の貸し倒れリスクが高くなります。

そのためプロパー融資を受けられる事業者は、信用度があると言えるでしょう。

プロパー融資の金利相場とは?

プロパー融資の金利相場は低めに設定されています。

金利相場
  •  プロパー融資:1.0%から3.0%
  • 保証付融資 :1.5%から3.0%

上記はあくまでの金利相場で、銀行側からみた条件が良い場合、プロパー融資の金利が1.0%を下ることもあります

少しでも好条件でプロパー融資を受けたい事業者は記事の後半でお伝えする「プロパー融資の審査基準とは?受かるためのコツ」を参考にしてください。

プロパー融資を利用できる条件

大前提としてプロパー融資を利用できる事業者の条件がある程度定められています。

基本的に業歴は長ければ長いほど、審査に有利になるといわれています。

最低でも3回決算を終えている必要があります

なお業歴が5年以上になると、審査通過率が大きく上昇するといわれています。

プロパー融資を受けるメリット

直接銀行と取引できる分、手数料が安くなるのですね……!
他にもプロパー融資を受けるメリットはありますか……?
どんなメリットがあるのか教えてください。

ここからは、プロパー融資を受けるメリットについてお伝えしていきます。

これから融資を受けたいと考えている事業者はぜひ参考にしてください。

1.信用保証協会に保証料を支払わなくて済む

プロパー融資を受ける最大のメリットは、信用保証協会に保証料を支払わなくて済むことです。

条件により保証料が変動しますが、おおよそ0.5%から2.0%の保証料がかかると言われています。

融資を受ける金額が大きければ大きいほど保証料がかかるため、ないに越したことはありません。

2.融資限度額が設定されていない

高額の資金調達が必要な場合、プロパー融資が最適です。

というのも、プロパー融資には限度額の上限が設定されていません

融資を実行する銀行が返済能力に問題ないと判断すれば、満足のいく金額を調達できるでしょう。

そのため経営状態が良好な事業者は、プロパー融資に挑戦してみることをおすすめします。

なお銀行で受けることのできるもう一つの保証付融資の場合、融資額に上限が設定されています。

保証付融資の限度額
  •  無担保:8,000万円
  • 担保有:2億8,000万円

事業の規模によっては、上記の金額では足りないこともあるでしょう。

その点、上限が設定されていないプロパー融資は使い勝手が良いと言えます。

3.金利が低い

プロパー融資は銀行が直接取引する分、信用力のある事業者しか受けることができません。

つまりこの審査に通った時点で、信用力のある企業だと言えるでしょう。

優良企業しか受けられないため、金利が低く設定されています

4.審査期間が短くなる

資金調達を急いでいる事業者は、プロパー融資を受けることで保証付融資よりも早く資金調達できるようになります。

というのも保証付融資の場合、銀行だけでなく信用保証協会の審査も受けなければなりません。

その分、審査期間が長くなるのです。

しかしプロパー融資であれば、銀行の審査結果を待つだけです。

とはいえ担保の有無によっても、おおむねの審査期間は異なります。

目安の審査期間

保証付融資

おおよそ1ヶ月から1ヶ月半

プロパー融資

  • 担保有:おおよそ1ヶ月
  • 担保無:おおよそ2週間から3週間

少しでも早く資金調達したい事業者にとって、プロパー融資はありがたい制度だと言えるでしょう。

5.信用度が上昇する

融資の審査をする上で、銀行は貸し倒れリスクのない企業かということを重点的に審査しています。

審査の厳しいプロパー融資に受かる事業者というのは、それだけ信用力のある企業ということです。

プロパー融資を受けられるという事実のみで、その企業の信用度が上昇します。

他の銀行からも融資を受けたい際、プロパー融資を受けている事実を伝えれば信用力のある事業者だと認めてもらえるでしょう。

プロパー融資は難しい? デメリットを解説

たくさんのメリットがあることがわかりました……。
メリットが多い分、審査は厳しそうですね……。
一見メリットしかなさそうですが、やはりデメリットもあるのでしょうか……?

ここまでお読みいただき、プロパー融資を受けたいと思った事業者もたくさんいるでしょう。

しかしメリットだけでなく、デメリットについてもきちんと把握しておくことが大切です。

ここからはプロパー融資を受けるデメリットをお伝えしていくので、ぜひ目を通してください。

1.審査通過の難易度が高い

デメリットの一つ目は、審査通過の難易度が高いことです。

言い換えると、審査基準がとても厳しいと言えます。

銀行からすれば貸し倒れリスクを減少させるために、少しでも返済能力などに疑問を感じる事業者に審査を通過させることができないのです。

万が一返済が滞ってしまうと、信用保証協会を介さない契約なため、全て銀行の損失となってしまいます。

創業して間もない事業者や、経営状態に安定性がない事業者は審査に通る可能性は低いでしょう。

どうしてもプロパー融資を受けたい場合、保証付融資を受けて返済能力があることを証明するという方法があります。

滞りなく返済するという実績を積むことで、信用力が向上することもあるでしょう。

2.返済期間が短い

信用力のある会社しかプロパー融資を受けられないといえども、銀行からすれば返済期間を長く設定すると貸し倒れリスクが高まってしまいます。

返済期間が長ければ長いほど、業績の悪化や倒産などのリスクが高まります。

そのような事態が起き貸し倒れすることを防ぐためにも、返済期間が短めに設定されています

高額の融資を受けたい場合、その金額を短期間で返済しなければいけないというデメリットが生じます。

とはいえ業績が順調だったり、取引実績が何度もある事業者であれば、通常よりも返済期間を長めにとってくれることもあるでしょう。

事業が好調で返済の目処がきちんと立っている事業者は、プロパー融資の審査を受けてみることをおすすめします。

プロパー融資の審査基準とは?

審査が厳しいということで有名なのですね……。
実際に審査を受ける前にきちんと対策を取っておきたいです……。
ぜひ、プロパー融資の審査基準を教えてください……!

プロパー融資に限った話ではありませんが、審査に受かるためにはきちんと対策を取り実行することが大切です。

ここからは、審査基準をお伝えしていくので、それに合わせた対策を取っていきましょう。

1.返済計画に実効性があるか

何度かお伝えしているように、銀行は貸し倒れリスクのある事業者を嫌います。

そのため返済計画に実効性があるかという点を重点的に審査しています。

返済計画を実行できるだけの収支バランスが取れているのか、無理なく返済できる範囲なのかということを審査されるはずです。

こういったことを踏まえた上で、返済計画を作成していきましょう。

どんなことに重点を置いた審査をしているのかということがわかれば、対策もみえてきます。

2.融資希望額は適切か

先ほど融資を受けられる限度額に上限が設定されていないのが、プロパー融資のメリットだとお伝えしました。

しかし、貸し倒れリスクを少しでも軽減したい銀行は、融資希望額は適切かということも重点的に審査しています。

限度額に上限が設定されていないからと融資希望額を多めに出さす、事業者の規模や状態にあった希望額を提出しましょう。

なお事業の規模い見合わないほど融資希望額が大きかった場合、融資を受けたい本当の理由が赤字を補填するためや、返済のためなのではないか疑われてしまいます。

そのような無駄な疑いを生まないためにも、適切な融資希望額を提出するように心がけましょう。

3.損益計算書に赤字がないか

プロパー融資を受けるにあたって、損益計算書を提出する必要があります。

この書類は、一年間にどのくらいの損益があったのか確認できるものです。

そんな同書類で銀行が確認していることは、赤字はないか、直近の損益計算書は黒字になっているのかということになります。

4.貸借対照表の資産が増えているか

損益計算書に続いて、貸借対照表も提出しなければならない書類のうちの一つです。

この書類を通して銀行は、会社の総資産や純資産、負債などを確認しています。

上記でお伝えした損益計算書からは一年分の損益しかわかりませんが、貸借対照表からは創業当初からのお金の流れを把握できます。

ここで、創業当初よりも資産が増えていれば問題ありません

反対に創業当初よりも資産が減っている場合は、要注意です。

プロパー融資の審査に通るコツ

銀行がどのようなことに重点を置いて審査しているのかわかりました……。
これからきちんと対策を取って審査に通るようにしたいと思います。
そこで、審査に通る確率を上げるためにもコツを教えてください……!

審査基準についてわかったところで、審査に通るコツについてお伝えしていきます。

これからお伝えする10個のコツを実践して、プロパー融資を受ける準備をしましょう。

1.自己資本比率を高くする

自己資本比率がどのくらいなのかということも非常に重要な項目です。

プロパー融資を検討する前は、税金対策で経費を使い利益が出ないようにしていた事業者もたくさんいるでしょう。

しかし節税対策を行うことと、自己資本比率を高くすることは相反します。

審査に通るまでは節税対策に力を注ぐのではなく、自己資本比率を高くすることに力を注ぎましょう

なお一般的には自己資本比率が30%以上の場合、銀行からの印象が良くなると言われています。

30%以上を目指して対策していきましょう。

2.一つの口座を使用する

複数の銀行口座を使用している事業者は、プロパー融資を受けたい銀行の口座をメインで使用するようにしましょう。

一つの口座で入出金を管理することで、銀行に好印象を与えることができます。

融資を受けたい銀行の口座を使用するメリット
  •  事業に関係するお金の流れがわかる
  • 事業の安定性をアピールできる

このように一つの口座にまとめることで、銀行側にお金の流れを把握してもらえます。

また取引の実績を積み重ねることができるため、信用力も上昇するでしょう。

なお代表者自身の定期預金を法人の口座と同じ銀行に移すという手もあります。

代表者の預金があることを証明することで、銀行が貸し倒れリスクがないと判断することもあるでしょう。

上記以外でも銀行から口座の開設などを勧められたら積極的に開設するなど、銀行の営業に貢献するようにしましょう。

3.利益を伸ばす

プロパー融資を受けることを検討し始めた段階で、利益を伸ばすことを意識することも重要です。

先ほどお伝えしたように、銀行は審査時に法人の経営状況を確認しています。

きちんと利益が出ていることを証明できれば、銀行からの印象もよくなるでしょう。

4.保証付の融資を受ける

いきなりプロパー融資の審査を受けるのではなく、保証付融資で実績を積んでから申し込むという手段もあります。

その際、当初の返済計画通りに完済することが重要です。

何度か返済計画通りに完済した実績を詰めれば、銀行からの信用力も上がるでしょう。

返済実績を積むことで、プロパー融資に受かることもあります。

なお保証付融資を受けつつ、利益を伸ばすことに成功した場合、融資を利用しつつ利益を伸ばせる企業だという印象を与えられるでしょう。

5.事業計画書や決算書を作成する

審査に通るためには、きちんとした事業計画書や決算書を作成する必要があります。

これらの書類を通して事業の経営状態や将来性などを審査されています。

そのため不要な経費を使用していないか、不良な在庫を抱えたままになっていないかということを再確認しましょう。

先ほどお伝えしたように節税対策で不要な経費を使用していると、自己資本比率が下がってしまいます。

プロパー融資を受ける上では本末転倒な行為です。

日頃の延長線上で節税対策のために無駄な経費を使用しないようにしましょう。

なお不良在庫を抱えている場合は処分するなど、審査にマイナスな影響を与えるであろう懸念点は一掃するなどの努力が必要です。

6.経営者が事業にかける熱意をアピールする

プロパー融資に受かるためには、銀行と良好な関係を築いていく必要があります。

信用という観点から、経営者の人柄も審査項目に入ってきます。

経営者は下記の事柄にも気を配るようにしてください。

経営者が気をつけるべきこと
  •  事業にかける熱意をアピールする
  • 事業の将来性について考える

銀行に対して事業にかける熱意をアピールするなど、真剣に事業のことを考えているという姿勢を現すことは非常に重要です。

なお事業に将来性について検討するなど、あらゆる質問に回答できるように準備しておきましょう。

下記では具体的に気をつけるべきことについてお伝えしていきます。

事業計画をきちんと説明できる状態にしておく

プロパー融資を受けるためには、銀行との面談に臨む必要があります。

この際、提出した事業計画書についてきちんと説明できる状態にしておきましょう。

銀行に聞かれるであろう事業計画書の内容を推測した上で、すらすらと質問に答えることができれば信用力が向上するはずです。

経営者の言葉で説明することで、事業に対する熱意もアピールできます。

余計な話をしないようにする

事業計画をきちんと説明できる状態にしておくことは重要ですが、余計な話はしないようにしましょう。

具体的には、聞かれてもないことを話す必要はありません。

経営者本人の態度も審査されているため、聞かれた質問にハキハキ、正々堂々と答えることを心がけましょう。

銀行が協力したいと思えるような態度を心がける

審査の段階で銀行に追加で資料の提出を求められることがあれば、なるべく早く資料を提出しましょう。

銀行が協力したいと思えるような態度を心がけることも非常に重要です。

なお、あくまでも人と人の取引であることを忘れてはいけません。

無理な要望を伝えるなど、一方的に無理な要求ばかりしないように気をつけましょう。

7.返済能力があることを示す

銀行からの信用力を向上させるためにも、返済能力があることを示すことは非常に重要です。

返済能力があることを示すためにも、下記のことに気をつけましょう。

法人に返済能力があると示す方法
  •  きちんと返済している(遅延て滞納していない)
  • 担保や固定資産の有無
  • 利益が上がっている

8.融資に詳しい税理士に相談する

プロパー融資の審査に通るためには、専門的な知識のある税理士に相談することも重要です。

税理士といっても融資に詳しい方もいれば、融資にそこまで詳しくない方もいます。

なお、事業計画書や決算書などの作成を税理士に依頼している法人も多いでしょう。

しかしその税理士が融資に詳しいかどうかわからないはずです。

そこで、現在依頼している税理士がプロパー融資に詳しいのか判断する方法をお伝えしていきます。

的確かつ詳しいアドバイスをくれる

経営に関する相談をした際、的確なアドバイスをくれる税理であれば融資にも精通していると考えられます。

何が答えなのかわからない曖昧は返答しか返ってこない税理士の場合、残念ながらプロパー融資の審査に通るための的確なアドバイスをくれるとは考えにくいでしょう。

なお親身になって話を聞いてくれる税理士に依頼することも大切です。

相談者がきちんと理解できるようになるまで説明してくれる方を選びましょう。

経営に精通した知識を持っている

続いて少しでも利益を上げるためにどうすればいいのかといった具体的なアドバイスをくれる税理士であれば、融資にも精通しているでしょう。

なお税務に関して具体的なアドバイスをくれる税理士の方が、相談しがいがあるはずです。

9.ファクタリングを利用して売掛金を回収する

キャッシュフローが安定していない会社は、プロパー融資の審査に通らないでしょう。

会社のお金の流れのことをキャッシュフローと言いますが、未回収の売掛金がある場合、キャッシュフローが安定しません。

未回収の売掛金があるせいで印象を悪くしないためにも、ファクタリングを利用して売掛金を回収しましょう。

ファクタリングとはどんな制度?
売掛債権を買い取ってもらい、本来の入金日よりも早く現金を回収することをいいます。

ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらうという側面から、借入ではなく売却に該当します。

なお保証人や担保は不要です。

審査基準も融資とは異なり、売掛先の信用力があるかに重点が置かれます。

そのため審査の難易度は低く、全体的な審査通過率も高めです。

もちろん信用情報に影響することもありません

手数料がかかる点がデメリットですが、未回収の売掛金があるのであればファクタリングを利用して回収した方がキャッシュフローを安定させられるでしょう。

プロパー融資を受けるために必要な書類

審査に通りやすくするためのコツはたくさんあるのですね……!
一つずつ実施して、審査に受かりやすい状況をつくりたいと思います……。
プロパー融資を受けるために必要な書類についても教えてください……!

ここではプロパー融資を受けるために必要な書類についてお伝えします。

事前にどのような書類が必要になるのか確認して、準備を進めていきましょう。

主な必要書類
  • 申込書
  • 3期分の決算書
  • 月次試算表
  • 貸借対照表
  • 事業計画書
  • 商業登記簿謄本
  • 資金繰り表
  • 納税証明書
  • 取引のある銀行がわかる一覧表

一般的には上記の書類を提出する必要があります。

しかし銀行によっても提出書類が異なる場合があるため、柔軟に対応しましょう。

なおプロパー融資を受ける際の流れは下記の通りです。

プロパー融資を受ける際の流れ
  1.  融資を受けたい銀行に相談する
  2. 審査に申し込む
  3. 必要な書類を提出する
  4. 審査結果を待つ
  5. 融資の手続きを進める
  6. 融資実行

大まかな契約の流れを解説すると、上記のようになります。

まとめ

この記事ではプロパー融資について内容や特徴からメリット、デメリットなどについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

審査が厳しいことで有名なプロパー融資ですが、保証料が不要、融資限度額が設定されていないなどさまざまなメリットがあります。

いきなり審査に通過することは難しくても、保証付融資で返済実績を積むことでプロパー融資を受けられるようになることもあります。

この記事でお伝えした審査に通るコツを参考にしながら、準備を進めてください

プロパー融資を検討している事業者の皆様の参考になれば幸いです。