本サイトは口コミや評価を元にプロモーションを掲載しランキング付けしています

FXの1000通貨とは?証拠金はいくら必要?おすすめのFX口座5選を初心者に分かりやすく解説

FXの1000通貨

「大きいお金が必要になるんじゃないの?」
「FXって難しそう」

FXと聞くとこのようなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、実はそんなことはありません。

実は、FXは100円から始めることができますし、用語の意味さえ覚えればさほど敷居が高いものでもないのです!

この記事では、FXを少額から始めたい 1,000通貨取引について知りたいという人向けに、おすすめFX口座ランキングなどを解説していきます。

FXの1000通貨取引をざっくりいうと
  • 1000通貨取引は初心者におすすめ
  • 1000通貨取引は少額から始められる
  • 1000通貨取引はメンタルにも優しい
  • 1000通貨取引は利益も損失も少ない
  • 無理なレバレッジをかけると追証やロスカットされやすい
  • 松井証券のFXなら1通貨から取引可能

\100円から取引できる/

松井証券のFXで
口座開設してみる

※本記事では、金融庁からの認可を受け財務局に登録済かつ金融先物取引業協会に加入しているFX口座のみを紹介しています。

FXの1,000通貨取引とは?いくら必要?1pips・ロットについても解説

一般的にはFXの基本的な取引単位は10,000通貨からでしたが、最近では1,000通貨から取引できる口座が増えてきてます。

さらに、1通貨からでも始めることができる口座もあります。

また、取引にいくら必要かというのは、取引通貨量や通貨ペアによっても変わるので、以下で解説していきます。

加えてここでは、1pips・ロットなどFXの初心者の人がつまずきやすい用語についても解説していきます。

FXの1,000通貨取引とは?

FXの1000通貨とは、通貨の取引数量のことです。

株の取引をするときも100株買うなどと言いますよね。

100株の株と同じように1,000通貨の通貨は、取引数量の単位を表しています。

ドル/円(1ドル=100円)を例にすると、1,000通貨取引をする場合、1,000ドル=100,000円の金額から取引をすることができるということです。

しかし、FXにはレバレッジという機能があるため、この時100,000円が必要になるということではありません。

FX_1000通貨_レバレッジの仕組み

レバレッジについて

レバレッジというのは、「てこの原理」とたとえられることがよくあります。

担保として入金した証拠金の何十倍にも相当する資金を取引することができるからです。

1ドル=100円で1,000通貨取引する場合、1,000ドル=100,000円の金額から取引できます。

この時、10000円を口座に証拠金として入金しているとすると、レバレッジは100,000円÷10,000円=10なのでレバレッジは10となるということです。

要するに、レバレッジというのは自分の入金している資金に対して、何倍の金額で取引しているかということです。 

証拠金はいくら必要?

証拠金とは、FXを行う際に担保にするお金のことをいいます。

どのくらいの証拠金が必要になるかは、1,000通貨で取引するのか、10,000通貨で取引するのかにもよりますし、どのくらいのレバレッジを許容できるかにも寄ってくるので、ここでは具体例とともに解説します。

1,000通貨 1ドル=100円 最大レバレッジ25倍の場合

この時、1,000ドル=100,000円から取引できます。

この時のレバレッジと必要な証拠金の関係は以下のようになります。

1,000通貨取引では最少4,000円から取引を行うことができます。
レバレッジ 証拠金
1倍 100,000円
5倍 20,000円
10倍 10,000円
25倍 4,000円

1pipsとは?

FXのpipsとは、通貨ペアの値幅を表す最小単位のことです。

FXでは、色々な種類の通貨が取引されていますが、各通貨の変動を「円が○円変動」、「米ドルが○ドル変動」と表現すると、ややこしいことになります。

そこで、通貨の共通単位として使われているのがpipです。

したがって「円が1pip変動」、「ドルが1pip変動」と表すことができるようになりました。

1pipがどのくらいの金額を表しているかは通貨ペアによって異なります。

例えば、ドル/円やクロス円(〇〇/円のこと)では、1pip=0.01円(1銭)を意味します。

ドル/円が1ドル=100.00円から1ドル=100.03円になった場合、3pips上昇したということになります。

FX_1000通貨_pips説明2

上の場合、ドル円は4pips上昇したと分かります。

一方、ユーロ/ドルやルーブル/ドルの場合、1pip=0.0001ドル(0.01セント)になります。

ユーロ/ドルが1.1400ドルから1.1403ドルの変動した場合、3pips上昇したということになります。

ロットとは?

ロットとは、FXの取引通貨量の単位です。

それぞれの会社によって異なりますが、一般的には10,000通貨を1ロットとしていますが、この記事で触れているFX会社は1,000通貨を1ロットしている会社も多いです。

ロットとは各FX会社によって異なる取引単位のことです。

FXの1,000通貨取引ができるおすすめ口座の比較ポイント3選

FXの1,000通貨取引ができる口座の比較ポイントは、ロット、スプレッド、通貨ペア数の3つです。

ロットは前章でも触れたように、最小取引単位です

スプレッドは、簡単にいうと取引コストのことです。

通貨ペア数は、通貨の組み合わせの数です。

通貨ペア数が多いほど様々な通貨で多様な取引をすることができます。

ロット(最小取引単位)

ロットとは、1,000通貨や10,000通貨などを意味する取引単位です。

FXはロットを増やしたり、減らしたりして、自分の取れるリスクに調節しながら取引をします。

少額から始めたい場合は、1ロット=1,000通貨以下のFX口座がおすすめです。

本サイトで、これからおすすめランキングで紹介するFX口座は全て1ロット=1,000通貨以下です。

スプレッド

スプレッドとは、通貨ペアごとの「為替レートの売値と買値の差」のことです。

仮に1ドル=110.402円がレートの時、このレートが変わらないうちに110.402円で1ドルに交換し、その1ドルを日本円に交換すると、110.400円になることがあります。

この差額分をスプレッドといいます。

FX_1000通貨_スプレッド

これは、「日本円→米ドル」にする時のレートと、「米ドル→日本円」の時のレートが違うからです。

この差額がスプレッドで、金融機関の手数料収入に相当します。

当然、取引コストであるスプレッドが少ない方が、利益は増えます。

したがって、今回はスプレッドも評価基準に含めました。

スプレッドを抑えることで最終的な利益も大きくなります。

通貨ペア数

「通貨ペア」とは、通貨を交換する2つの通貨の組み合わせのことです。

通貨ペアが多い方が、多様な取引をすることができるため、今回は通貨ペア数も評価基準に含めています。

FXで1,000通貨取引ができるおすすめ口座比較表

スプレッド 通貨ペア数
ドル/円 ユーロ/ドル
松井証券のFX 0.2銭 0.4pips 20
LINE FX 0.2銭 0.3pips 23
LIGHT FX 0.2銭 0.3pips 29
みんなのFX 0.2銭 0.3pips 34
GMO外貨 0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 24

FXで1000通貨取引ができるおすすめ口座ランキング

1000通貨以下で取引できるFX口座を紹介します。

自分にあったFX口座を見つけましょう。

1.松井証券のFX

松井証券のFX_バナー画像

 

松井証券のFX
登録はこちら

松井証券のFX
  • 100円から取引可能
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 手数料0円
  • 選べるレバレッジ率
  • 長時間サポート
  • 高機能なツール
  • 通貨ペア数は20種類

松井証券のFXでは、取り扱いしている全通貨ペアについて1通貨から取引することができます。

松井証券のFXでは、利用者のリスク許容度に合わせることができるように、レバレッジは1倍、5倍、10倍、25倍の4種類のコースを利用することができます。

松井証券のFXは、株式や投資信託など幅広い金融商品を取り扱っているため、そのノウハウを使って、高機能な分析ツールを提供しています。

また、松井証券のFXは、7:00〜24:00の間コールセンターを利用することができます。

2.LINE FX

FX_1000通貨_LINE FX

LINE FXの登録はこちら

LINE FX
  • 1,000通貨から取引可能
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • あらゆる手数料が0円
  • 高水準のスワップポイント
  • 通貨ペア数は23種類

LINE FXでは、少額から取引することができるので、FXが初めての方や勉強しながらやりたい方におすすめです。

また、口座開設手数料、取引手数料、入金手数料、出金手数料、ロスカット手数料など、あらゆる手数料が0円になります。

LINE FXは経済指標や価格の変動、LINEで発信してくれるのも便利な点です。

現在LINE FXは新規口座開設+1取引で最大5,000円プレゼントのキャンペーンを行っています。

3.LIGHT FX

FX_1000通貨_LIGHT FX

LIGHT FXの登録はこちら

LIGHT FX
  • 1000通貨から取引可能
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 高水準のスワップ
  • 取引手数料無料

LIGHT FXではロスカット水準が100%となっているので、リスクの低い取引をすることができます

詳しくは、LIGHT FXの公式サイトなどを参考にしてみてください。

4.みんなのFX

FX_1000通貨_みんなのFX

みんなのFXの登録はこちら

みんなのFX
  • 1000通貨から取引可能
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 高水準のスワップ
  • 手軽な操作性と高い分析機能を兼ね備えた取引ツール
  • 取引手数料無料

みんなのFXは取引ツールの操作性と分析機能が高く、相場分析なども豊富なため初心者でも使いやすいです。

詳しくは、みんなのFXの公式サイトなどを参考にしてみてください。

5.GMO外貨

 

GMO外貨の登録はこちら

GMO外貨
  • 1,000通貨から取引可能
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 取引手数料0円

GMO外貨では、外貨両替ができることも魅力です。

詳しくは公式サイトなどを参考にしてみてください。

FXの1,000通貨取引で1pips動いた時の損益

本章では、1,000通貨取引で1pips動いた時の損益をそれぞれの場合に分けて解説していきます。

1000通貨と10000通貨の比較

1,000通貨取引と10,000通貨取引の場合では、どのくらい違うのか各通貨ペアごとに比較してみましょう。

米ドル/円の場合

取引通貨量 価格変動
1pipsの値動き 10pipsの値動き 50pipsの値動き 100pipsの値動き
1000通貨 10円 100円 500円 1000円
2000通貨 20円 200円 1000円 2000円
5000通貨 50円 500円 2500円 5000円
10,000通貨 100円 1,000円 5000円 1万円

ユーロ/円の場合

取引通貨量 価格変動
1pipsの値動き 10pipsの値動き 50pipsの値動き 100pipsの値動き
1000通貨 10円 100円 500円 1000円
2000通貨 20円 200円 1000円 2000円
5000通貨 50円 500円 2500円 5000円
10,000通貨 100円 1,000円 5000円 1万円

ユーロ/米ドルの場合

取引通貨量 価格変動
1pipsの値動き 10pipsの値動き 50pipsの値動き 100pipsの値動き
1000通貨 11円 110円 550円 1100円
2000通貨 22円 220円 1100円 2200円
5000通貨 55円 550円 1650円 5500円
10,000通貨 110円 1,100円 5500円 1万1,000円

円以外の通貨ペアの計算の仕方

日本円が含まれない通貨ペアの損益を日本円に計算したい場合は、円に変換するのに一手間かかります。

具体的には、1,000通貨で取引を行ったとして、「値幅×1,000(取引数量)×円換算レート」で求めることができます。

「ユーロ/ドル」を1.2035ドルの時に買って、1.2065ドルで売って、30pipsの値幅を獲得した時

0.0030(値幅) × 1000(取引数量) × 110(ドル/円)=330円

FXを1,000通貨で始める方法

次にFXの1,000通貨取引の始め方を一から丁寧に解説します。

1.取引する口座を選ぶ

1,000通貨取引をするためには、1,000通貨で取引できる口座を使用する必要があります。

各FX会社で様々な特徴があるので、自分にあったFX会社を選びましょう。

2.経済情報を調べる

為替相場は世界中のあらゆる経済情報や政治、ニュースなどによって大きく変動します。

経済指標の情報をうまく利用することで、取引を有利に行うことができます。

特に重視したほうがいい経済指標は?

経済指標 解説
米雇用統計 米雇用統計は、米国の雇用情勢を表す注目度の高い経済指標です
FOMC声明、議事録 FOMC声明は、米国の政策金利の誘導などの金融政策の変更や経済状況、経済見通しなどが示されます。
各国の政策金利 政策金利は、景気動向に応じて調節されます。
FXでは、2国間の金利差が為替レートに反映されやすい。
国内総生産(GDP) 景気の先行指標として投資家から注目されています。

3.チャートを分析する

FX取引では、チャートという値動きを表したグラフを用いて、過去の値動きや価格の推移、位置関係から相場の動きを把握したり、予想したりします。

チャートは主に、ローソク足、ラインチャート、バーチャートの3種類がありますが、日本では主にローソク足が使われているので、ローソク足を用いることを推奨します。

チャートと組み合わせて、テクニカル指標を使うことが多いです。
テクニカル指標は2つに分けられます。

トレンド系 移動平均線、ボリンジャーバンドなど
オシレーター系 RSI,MACDなど

チャートの見方とテクニカル指標を正しく用いて、テクニカル分析を行うことはFX取引で利益をあげるためにとても重要です。

4.エントリーする

経済情報や経済指標を分析し、チャートを用いてテクニカル分析ができたら、取引開始です。

通貨ペアを選択して、買うか売るかの判断をして、注文を行いましょう。

FXで1,000通貨取引をするメリット

次に、FXで1,000通貨取引をすることのメリットを紹介します。

少額でFXを始められる

1,000通貨取引のメリットの一つ目は、少額でFXを始められることです。

10,000通貨や100,000通貨で取引をするためには、10万円から100万円といった多くのお金が必要になります。

初心者が最初から大金を証拠金として取引して、失敗して大金を失うケースがよくあります。

しかし、1,000通貨取引では、数千円から取引を開始することができます。

さらには、松井証券のFXでは、1通貨取引をすることができるため数百円から取引を始めることが可能です。

初心者の人でも安心して取引を行うことができます。

メンタルに優しい

初心者の人が最初から大きなお金をかけて取引を始めてしまうと、メンタルへの負荷が大きくなってしまい、デモトレードではうまく利益が出ていたのに、突然勝てなくなってしまうことがあります。

また、一度負けてしまったらそれを取り返すために無理矢理トレードを重ねて、どんどん損益を膨らませてしまい、日常生活に支障をきたしてしまうこともよくあります。

1,000通貨取引や1通貨取引では、失っても良いお金で始めることができるので、メンタルへの負荷が比較的少なく、落ち着いて取引をすることができます。

損失を最小限にできる

1,000通貨や1通貨からFXを始めると、損失を最小限にすることができます。

通貨数が多いほど利益も見込みやすいですが、その分損失も増えていきます。

1000通貨の場合、ドル円が1pips変動した時、約10円ほどなので損失が最小限になっています。

FXで1,000通貨取引をするデメリット

当然1,000通貨取引にもデメリットはあります。

本章では、1,000通貨取引のデメリットについても包み隠さず解説していきます。

損失が少ない分利益も少ない

1,000通貨取引のデメリットの一つ目として、損失が少ない分利益も少ないことが挙げられます。

1,000通貨取引では、通貨数が少ないため、価格の変動の影響を受けにくく利益も損失も少なくなります。

これは、1,000通貨取引のメリットでもあり、デメリットでもあります。

無理にレバレッジをかけると追証・ロスカットされる

1,000通貨取引では、利益や損失が少ないため、物足りなく感じてしまい、無理に取引数量を増やしたり、高すぎるレバレッジを取ってしまう人がいます。

このような場合、FX会社からさらに証拠金を求められる追証や自らの意思とは関係なく強制的に決済されるロスカットが起きることがあります。

1,000通貨取引の値動きが物足りなくなってしまった場合、レバレッジを高くせずに、証拠金を増やして大きな取引をすることをおすすめします。

FXの1,000通貨取引に関するよくある質問6選

FXを少額で始めたい場合のおすすめ口座は?

FXを少額から始めたい場合は、松井証券のFXがおすすめです。

松井証券のFXは1通貨から始めることができるため、少額から低リスクで始めることができるので、初心者の方でも案して取引をすることが可能です。

1,000通貨や10,000通貨はどこで切り替えするの?

取引を行う時の通貨量はロット(Lot)で表します。

1Lot=1,000通貨の場合、10,000通貨で取引したい時は10Lotと設定します。

1000通貨で取引するときの注意点は?

1,000通貨で取引するときの注意点は、利益が物足りなくなってしまい、証拠金が少ないのに取引通貨量を増やしてしまい、大きすぎるレバレッジをかけてしまい、追証やロスカットになってしまわないようにすることです。

FXのスワップとは?

スワップとは、2国間の金利差です。

金利の高い方の通貨を買うとスワップを受け取ることができ、金利の高い方の通貨を売ると、スワップを支払います。

1,000通貨の1pipsはいくらになる?

1,000通貨の1pipがいくらになるかは通貨ペアによりますが、ドル円の場合、0.001円×1000=1円となります。

レバレッジはどうやって設定するの?

レバレッジは自分で設定するものではありません。

取引通貨量と証拠金によって自動的に決まるものです。

例えば、1ドル=100円の時、1,000通貨取引を証拠金1万円で行うと、

100×1,000=10万円÷1万円=10

となりレバレッジは10ということになります。

FXの1,000通貨取引についてのまとめ

FXの1000通貨取引について解説してきましたが、まとめると以下の通りです。

FXの1,000通貨取引についてのまとめ
  • 1,000通貨取引は初心者におすすめ
  • 1,000通貨取引は少額から始められる
  • 1,000通貨取引はメンタルに優しい
  • 1,000通貨取引は利益も損失も少ない
  • 無理なレバレッジをかけると、追証やロスカットされやすい

1,000通貨取引の魅力は、初心者でも少額から始めることができ、メンタル的にも金額的にも比較的楽にFXをすることができるということです。

しかし、少ない証拠金で取引通貨量を増やしすぎてしまうと、レバレッジが高くなりすぎてしまい、追証やロスカットされやすくなってしまうので注意しましょう。

FX会社には各社様々な特徴があるので、自分にぴったりなFX会社を見つけてみてください。

どうしても決められない方はおすすめランキング1位の松井証券のFXを開設してみてください。

\100円から取引できる/

松井証券のFXで
口座開設してみる

監修者情報
ひろぴー/FXコラムニスト
CXRエンジニアリング株式会社 代表取締役 2010年からFX取引をはじめ、2013年、アベノミクスの恩恵もあり、FX取引で資産を急激に増加、この年からFX最大ポータルサイトのZAIFXでの企画出演をはじめ、インタビューを受けるようになる。 現在は週5本のFXや仮想通貨ポータルサイトのコラム執筆、講演、ラジオのレギュラー番組を持ちつつ、自己資金の資産運用も実施している。