FXのレバレッジとは?初心者向けに、かけ方や計算方法を分かりやすく解説

FXのレバレッジとは何か?

この記事ではそんなお悩みを解決するために、FXのレバレッジの特徴や必要証拠金の計算方法、レバレッジをかける際の借金のリスクなどの観点からレバレッジについて徹底解説します。

初心者の方でもレバレッジを効かせたトレードができるようになる記事ですので是非ご一読ください。

FXのレバレッジをざっくり言うと
  • レバレッジとは、預けた資金以上のトレードができるシステム
  • 国内FX業者の最大レバレッジは25倍
  • 売買に必要な金額÷レバレッジ(倍)=必要証拠金
  • 取引金額(円換算)÷投資資金(日本円)=レバレッジ(倍率)
  • レバレッジを高く設定する際は、予期せぬ損失や強制ロスカットに注意

初心者におすすめなFX口座は「GMOクリック証券」。

数あるFX口座の中でも特に取引高が多く、初心者にも大人気の口座です。

スマホ用取引ツールも高性能で使いやすく、初心者でも安心してトレードを始めることができます。

GMOクリック証券への口座開設は無料ででき、最短即日で取引を始められます。

GMOクリック証券への無料登録はこちら

 

【人気記事】

【初心者向け解説】FXの自動売買とは?

FXのレバレッジとは?

まず始めに、FXにおけるレバレッジがどのようなものかについて、その特徴や仕組みについて解説していきます。

レバレッジの仕組みは「てこの原理」

レバレッジは、小さな力で大きな物を動かす物理の「てこ」を意味した言葉です。

FXトレードにおいては、レバレッジをかけることで初期資金以上の金額でトレードできるという仕組みです。

例えば、元での資金が100万円の場合、10倍のレバレッジをかけると1000万円でトレードしていることと同義になります。

しかし、レバレッジをかけると、利益が大きくなる分、損失も大きくなることに注意が必要です。

例えば、10倍のレバレッジをかけた場合、10万円の損失が100万円の損失になります。

レバレッジをかけることは大きなリターンも期待できますが、大きなリスクとも隣り合わせであるということも理解しておきましょう。

そのため、FXトレードに慣れていない初心者の方は、レバレッジをかけることはおすすめしません。

レバレッジをかける場合でも、慣れるまでは低く設定し、徐々にレバレッジを上げるようにしましょう。

必要証拠金の計算式

必要証拠金とはFXトレードをするために最低限必要な金額を指します。

FX業者はこの必要証拠金を担保にして為替取引を行うのです。

※必要証拠金は業者や取引する通貨ペアごとで異なります。詳しくは利用するFX業者の公式ホームページを参照して見てください。

必要証拠金の計算は以下の計算式で求めることができます。

売買に必要な金額÷レバレッジ(倍率)=必要証拠金

計算式だけでは少しわかりにくいので、具体的な数字を用いて必要証拠金を計算してみましょう。

例えば、米ドルと日本円でトレードするとします。

1$=110円の場合、レバレッジを25倍として10万通貨を売買する際、必要証拠金は、以下のようになります。

110円×10万通貨÷25倍=44万円

必要証拠金の金額は44万円となります。

つまり、レバレッジをかけずに10万通貨をトレードしようとすると「1100万円」必要なところ、わずか「44万円ほど」という少額で同様の運用することができるのです。

 

\一番人気のFX口座/

GMOクリック証券
もっと詳しくみたい人

FXでレバレッジをかけるとどうなる?

レバレッジはFXを利用する方なら誰もが利用する仕組みです。

なぜなら、レバレッジは少ない必要証拠金で大きな利益を得られるというFXトレード最大の魅力だからです。

ここでは、レバレッジをかけた場合とかけなかった場合でどのような変化が生まれるのかについて詳しく解説します。

レバレッジ1倍の場合

レバレッジ1倍とは、文字どおりレバレッジをかけないという意味で、損失を少なく抑えられるというメリットがあります。

レバレッジ1倍でトレードする方は、FXトレードを投機目的ではなく、外貨預金のように投資目的で利用している方に多いです。

大きな利益を獲得しにくいというデメリットはあるものの、金銭的リスクが極端に少ないと言えます。

以下、具体的な数字を出して計算してみましょう。

【取引条件】
・レバレッジ:1倍
・証拠金:1,000万円
・1$=100円のレートの場合
・取引数量:10万通貨

この条件のもと、1$=101円で10万通貨を売った場合の利益と利益率は以下の通りです。

【利益=10万円】
10万通貨(取引数量)×1円(獲得値幅)=10万円

【利益率=1%】
10万円(利益)÷1000万円(証拠金)=1%

これは資金損失のリスクを極端に下げた状態で出た利益です。

長期的な投資として安定的に利益をあげるという観点で見れば、レバレッジ1倍はおすすめです。

レバレッジ10倍の場合

レバレッジが10倍ということは、保有資金の10倍でトレードするということです。

つまり、先程レバレッジ1倍の場合は10万通貨購入する際に1000万円の証拠金が必要でしたが、レバレッジ10倍の場合はわずか100万円で同様のトレードができます。

では、先程の取引条件をレバレッジ10倍に変更して考えてみましょう。

1$=101円で10万通貨を売った場合の利益と利益率を求めると以下のようになります。

【取引条件】
・レバレッジ:10倍
・証拠金:100万円
・1$=100円のレートの場合
・取引数量:10万通貨

この条件のもと、1$=101円で10万通貨を売った場合の利益と利益率は以下の通りです。

【利益=10万円】
10万通貨(取引数量)×1円(獲得値幅)=10万円

【利益率=1%】
10万円(利益)÷100万円(証拠金)=10%

このように、レバレッジが変わっても得られる利益は同じですが、資金に対する利益率はレバレッジをかけた方が高くなります。

しかし、レバレッジをかければかけるほど資金に対する損失のリスクが高まる点は理解しておきましょう。

 

\一番人気のFX口座/

GMOクリック証券
もっと詳しくみたい人

FXのレバレッジは最大何倍?かけ方と計算方法

ここでは、レバレッジのかけ方や計算方法について解説していきます。

レバレッジは最大25倍

日本国内のFX会社には、レバレッジに関する上限規制があります。

日本では2021年3月現在、最大レバレッジは25倍までという規制が法律によって定められています。

この規制には、個人投資家の資産を保護するという目的があります。

海外のFX業者の中には、レバレッジ制限をかけていないものもありますが、リスクが大きすぎます。

FX初心者は、国内取引所を使った方が絶対に良いです。

レバレッジ倍率の計算方法

レバレッジ倍率の計算方法は以下になります。

取引金額(円換算)÷投資資金(日本円)=レバレッジ(倍率)

以下で、具体的な数字を用いて解説していきます。

例1

現在のUSD/JPYのレートが1$=100円だとし、1000万円の投資資金に対して100,000$のポジションを保有する場合は、以下の計算式から、レバレッジは1倍と計算されます。

10,000,000÷1,000,0000=1倍

例2

現在のUSD/JPYのレートが1$=100円だとし、100万円の投資資金に対して100,000$の建玉を保有する場合は、以下の計算式から、レバレッジは10倍と計算されます。

10,000,000÷1,000,0000=10倍

初心者におすすめのFX口座3選

FXを始めるにあたって、注目すべきポイントを比較し、おすすめ人気ランキング順に紹介しています。

実際に利用しているユーザーの評価・口コミも是非参考にしてください。

GMOクリック証券

GMOクリック証券

FX_おすすめ_GMOクリック証券

おすすめポイント

  • 大手GMOグループ運営なので、安心して使える
  • 大量注文してもスプレッドが原則固定
  • PC・スマホともに取引ツールが高機能
  • 初心者からプロトレーダーまで幅広い人に評判
最低取引単位 通貨ペア数 取引手数料
10,000通貨 20通貨ペア 無料
スプレッド 即日口座開設 特典
0.2銭(米ドル) 可能 最大30,000円

FXのおすすめランキング第1位は、GMOクリック証券です。

GMOクリック証券は、2020年のFX取引高が世界1位(※1)と、圧倒的な人気を誇るFX会社です。

申込日当日から取引を開始できるスピード感も、GMOクリック証券の魅力のひとつ。

PC用ツールは2種類あり、トレードスタイルによって使い分けることができます。

  • プラチナチャート:総合的に使いやすい、最新鋭のツール。初心者向け。
  • はっちゅう君FX+:操作性重視のツール。上級者向け。

GMOクリック証券は24時間サポート付きですので、夜間にトラブルが起きても瞬時に対応してもらえます

GMOクリック証券は、初級者から上級者までずっと使い続けることができる口座です。

GMOクリック証券の口コミ

(50代/男性/会社員)

FX歴15年ですが、GMOクリック証券が一番しっくりきています。今のところ、これに勝てるFXアプリはないと思う。

(30代/女性/会社員)

個別のアプリがとても使いやすい。ワンアクションで個別決済ができることがとても良い。ブラウザ版もポジションを一括で管理することができるので、他のFX会社とは大違い。

\ FXを始めるならGMOクリック証券 /

>>> GMOクリック証券の公式サイト <<<

GMOクリック証券で
口座開設(無料)

(*1)ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月


外為どっとコム

外為どっとコム

FX_おすすめ_外為どっとコム

おすすめポイント

  • みんかぶFX総合部門第1位
  • 3社からのFXニュースを配信
  • FXオンラインセミナーを開催
最低取引単位 通貨ペア数 取引手数料
1,000通貨 30通貨ペア 無料
スプレッド 即日口座開設 キャンペーン
0.2銭(米ドル) 可能 最大103,000円

FXのおすすめランキング第2位は、外為どっとコムです。

外為どっとコムは、主要11通貨ペアでスプレッド縮小キャンペーンを行っており、期間中は米ドル円のスプレッドが0.1銭まで縮まります

また、スワップポイントも高水準で、高金利通貨として人気なメキシコペソ南アフリカランドへの投資にも向いています。

ツールはPC用、スマホ用、iPad用、AppleWatch用とそれぞれ用意されており、どんな環境でも満足な取引ができるでしょう。

また、会員向けにマーケット情報や投資情報を24時間配信するなど、初心者にも心強いFX会社と言えます。

外為どっとコムの口コミ

(40代/男性/会社員)

AppleWatchでチャートを見ることができて、出先でちょっとしたレートを確認するのに非常に便利です。また、相場が急変した場合でも、スプレッドが広がらず安定しているので信頼できる。

(60代/男性/会社員)

情報量という点において、他者よりも頭一つ優れていると感じます。ヘッドラインのニュースの配信がとても多く他の会社と比較しても圧倒的な情報量を手に入れることができます。あまり、自発的に動かなくても必要な情報を手に入れることができ、取引に活用することができました。

>>> 外為どっとコムの公式サイト <<<

外為どっとコムで口座開設


DMM FX

DMM FX

FX_おすすめ_DMM FX

おすすめポイント

  • 国内最大級のFX会社
  • 主要通貨のスプレッドが狭く、初心者におすすめ
  • 平日24時間、無料の安心サポート
最低取引単位 通貨ペア数 取引手数料
10,000通貨 21通貨ペア 無料
スプレッド 即日口座開設 キャンペーン
0.2銭(米ドル) 可能 最大200,000円

FXのおすすめランキング第3位は、DMM FXです。

DMM FXは国内最大級のFX会社で、口座開設数も他社に比べて非常に多くなっています。

DMM FXの最大の特徴は、圧倒的に使いやすい取引ツールやスマホアプリが充実している点でしょう。

取扱通貨ペア数も21あり、FX初心者には十分な数と言えます。

また、平日24時間いつでもLINEからサポートデスクへ連絡でき、操作方法などを解説してくれるので、初心者でも安心。

今なら、「新規口座開設+新規取引」で最大200,000円のキャッシュバックが付いてくるチャンスです。

DMM FXの口コミ

(30代/男性/会社員)

FXの口座を初めて開設しました。口座開設から取引まで、簡単に進めることができるようになっています。画面全体もシンプルでぱっと直感的に使うことができます。

(20代/男性/会社員)

動きの速い相場でもスムーズに注文を約定することができ、すべらないので愛用しています。口座を使い分けている方のメイン口座としておすすめです。

>>> DMM FXの公式サイト <<<

DMM FXで口座開設


FXでレバレッジをかけるリスク

ここからは、レバレッジをかけるデメリットやリスクについて詳しく解説していきます。

FX会社各社のマージンコールと証拠金維持率の比較表

FX会社 マージンコール
(追加証拠金)
証拠金維持率
(ロスカット水準)
DMM FX 証拠金維持率70%以下 証拠金維持率50%以下
YJFX! 証拠金維持率100%以下 証拠金維持率50%以下
GMOクリック証券 証拠金維持率100%以下 証拠金維持率50%以下
SBI FXトレード 以下2回で警告メール
証拠金維持率100%以下
証拠金維持率60%以下
証拠金維持率50%以下
楽天FX 証拠金維持率100%以下 証拠金維持率50%以下
マネーパートナーズFX 証拠金維持率100%以下 証拠金維持率20%以下

強制ロスカットについて

レバレッジを高く設定すると、大きく利益を獲得できる可能性もありますが、理論上では入金額以上に損する場合があります。

しかし、実際にFXトレードをしてみると、どれだけ損失しても借金という形になりませんよね。

ではなぜ損失を限定できるのでしょうか。

その理由は強制ロスカットというシステムが働いているからです。

強制ロスカットとは、利用者の資産を守るという観点から、証拠金維持率が100%以下になると全ポジションが自動的に決済されるという安全システムです。

証拠金維持率とは、純資産と保有ポジションにかかる必要証拠金の余力を表すものです。ここでいう純資産とは、利用口座の資金を指します。

証拠金維持率は以下のように計算されます。

純資産÷必要証拠金×100%=証拠金維持率(%)

この証拠金維持率が高ければ高いほど、万が一、為替レートが想定の逆方向に進んだ場合でも少ない損失で済みます。

しかし、逆に言えば、一度ロスカットされてしまうと、再びポジションを取り直さなくてはいけません。

例えば、証拠金維持率が50%以下になると強制ロスカットになるというFX業者でトレードするとします。

保有ポジションが証拠金維持率49%になった場合、強制的にロスカットされます。
しかし、為替レートの変動が激しかったため、その5分後、証拠金維持率が60%へと戻りました。

このような場合、ロスカットされなければまだ、ポジションを保有し続けることができ、損失を減らせたかもしれないという状況になります。

つまり、為替レートの変動が激しい相場においては証拠金維持率が高いことがむしろデメリットになる可能性もあるということです。

レバレッジが高くなるとリスクも高まる

基本的なFXの仕組みとして、レバレッジの倍率が上がるほど証拠金維持率は下がる関係になっています。

そのため、ハイレバレッジでのトレードは強制ロスカットのリスクが高くなります。

ハイレバレッジ状態では、取引数量に対して証拠金が少ないことを意味します。
そのため、少しの相場変動でも強制ロスカットになる場合に注意が必要です。

また、レバレッジを高くしすぎると、ロスカット前に「追加証拠金」が必要になる場合があります。追加証拠金とは、証拠金維持率が一定水準以下になった際、FX業者から証拠金の追加入金を求められることです。別名「マージンコール」とも呼ばれています。

簡単に言うと、トレードに必要な証拠金が不足している状態です。

追加証拠金が発生した場合は、期限までに追加証拠金額以上の入金、またはポジション決済による追加証拠金額の解消が必要になります。

追加証拠金が解消されないと、ロスカットになる前であってもポジションが強制決済される場合があるので注意が必要です。

追加証拠金の基準も証拠金維持率と同様にFX業者によって異なります。

FXのレバレッジ|まとめ

今回はFXにおけるレバレッジについて詳しく解説してきました。

レバレッジは少ない資金で大きな利益を獲得できる夢のあるシステムです。

しかし、同時に大きく損失する可能性があることも理解しておきましょう。

FX初心者の方は、まずは少ないレバレッジから初め、徐々に大きくしていくことをオススメします。

本記事が少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。

FXのレバレッジ|まとめ
  • レバレッジとは、預けた資金以上のトレードができるシステム
  • 国内FX業者の最大レバレッジは25倍
  • 売買に必要な金額÷レバレッジ(倍)=必要証拠金
  • 取引金額(円換算)÷投資資金(日本円)=レバレッジ(倍率)
  • レバレッジを高く設定する際は、予期せぬ損失や強制ロスカットに注意

 

\一番人気のFX口座/

GMOクリック証券
もっと詳しくみたい人

【関連記事】

初心者に人気のFX会社ランキングTOP10!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)