\9月17日(金)21時〜予約開始/
iPhone13を最速で予約する方法

最新!人気のがん保険おすすめランキング|特徴・選び方・注意点を徹底比較

がんになったときのお金、心配だなぁ。
がんになると、とてもお金がかかりそうで怖い。
安いがん保険を知りたい。

日本人のもっとも多い死因は、悪性新生物と言われています。

悪性新生物とは、いわゆるがんのことです。

日本人の死因の第1位ががんということで、がんは身近な病気だといえるでしょう。

がんになったら体力的にも精神的にも、通常の生活ができなくなりとても大変な生活を送ることになります。

実際にがんになったことによって、仕事を退職してしまった・・・というケースはとても多いです。

それだけでなく、がんを治療するためにも多くの金額がかかることもあります。

そんなときに役に立つのががん保険です。

この記事では、がん保険について基本的な事柄、どのがん保険がおすすめなのか、がん保険に対する考え方などについて紹介していきます。

ざっとこの記事の要点
  • がん保険とは、がんになったときに経済的な負担を軽減するもの
  • 医療保険よりも、さらにがんに特化した保険
  • がん保険に加入することで、公的保険で補うことがでできない自己負担分をカバーできる
  • がん保険には、事前に確認しておきたい注意点もあるので必ず確認すること
  • 保険加入の相談は、ファイナンシャルプランナーマッチングサービスであるLifeRを使って専門家に相談するのがおすすめ

>>> 保険相談は完全無料<<<

LifeR
公式サイトはこちら

先にランキングを知りたい方はこちら

がん保険ってなに?

がん保険とは

マネーグロース読者

私の伯父や祖父は、共にがんで亡くなっているので、正直、私や父は自分たちも発症するのではないかと不安です。

発症した際に、十分な金銭的サポートが受けられる保険商品はないでしょうか?

こちらでは、がん保険の特徴の解説と、おすすめ商品を4つ紹介します。

松葉 直隆

そもそも、がん保険とは何でしょうか。

まずは、缶保険について簡単に説明します。

がんになったときに金銭的な負担を軽減する保険

そもそもがん保険って、なに?

がん保険とはよく聞く言葉かもしれませんが、そもそもがん保険とはなんでしょうか。

がん保険とは、がんになったときの金銭的な負担を軽減するための保険です。

がん保険のほかに、医療保険というものもあります。

医療保険もがんに対して保障の対象内です。

しかし、こう思った方もいるのではないでしょうか。

がん保険だったら、医療保険のほうが保障範囲も広いし、なんとなく便利そう。
医療保険と比べてがん保険にメリットってある?

結論から申し上げますと、医療保険とくらべてがん保険にはメリットは確実にあるといえます。

それは以下の通りです。

医療保険とくらべたがん保険のメリット
  • がんに特化した保険
  • 保険金の支払限度日数が無制限

以上の2点が大きな違いになります。

いざがんになったとき、医療保険に入っているときと、がん保険に入っている時では負担額は大きく変わってくるでしょう。

それぞれ説明していきます。

がんに特化した保険

医療保険と比べて、よりがんに特化した保険ということになります。

保障の範囲ががん保険よりもせまいため、保険料を安く抑えることができます。

MEMO
一般的に保険は、保障の範囲をせまくすれば保険料を安くすることができます。

保険期間も長くすると保険料は高くなり、短くすると保険料は安くなります。

がん保険は、がん患者の治療サポートへ、より役立つ工夫が施されています。

例えば、悪性がんと初めて診断されただけで、まとまった一時金がうけとれる【がん診断給付金】手術はもちろん入院も無制限で保障される等、なかなか医療保険には無い保障内容が設定されています。

保険金の支払限度日数が無制限

がん保険は、保険金の支払限度日数が無制限です。

医療保険は、主に30日型や60日、120日型など一入院当たりの支払限度日数が決まっています。

例えば、一入院当たり60日型の医療保険に入り、80日入院しても入院給付金は60日分までしか支給されません。

しかし、がん保険の多くは入院限度日数がないので、長期におよぶ入院でも安心ですね。

がん保険は2つの種類がある

がん保険にも、定期がん保険終身がん保険の2種類があります。

いずれのタイプも掛け捨て型(払い込んだ保険料が戻らないタイプの保険)が主流になっています。

定期がん保険とは

定期がん保険とは、一定期間にわたりサポートされるタイプのがん保険です。

保険を更新するたびに保険料は上がりますが、毎月払い込む保険料は終身型とくらべて割安です。

商品の中には、月払い保険料が500円程度で保障継続されるものもあります。

ただし、保障内容自体は後述する終身がん保険と変わりません。

MEMO
がん保険は、加入したときの年齢によって保険料が決まります。

しかし、更新する際はその時の年齢が保険料の基準になるのです。

年齢が高くなればなるほどがんになる確率は高くなります。

がんになりやすい人ほど給付を受ける確率が高まるので、その分多くの保険料を払わなければならないのです。

終身がん保険とは

終身がん保険とは、一生涯保障されるタイプのがん保険です。

一度契約すれば解約するまで保険料は上がりません。

しかし、保障が一生続くことになりますから定期がん保険とくらべて保険料は割高です。

保険期間を長くすることは、その一方で保険料を多く払わなければなりません。

一生涯、ほんとうに保障が必要なのかよく検討してから加入しましょう。

まとめ
定期型は期間が短い分、保険料も安い。

終身型は期間が長い分、保険料が高い。

MEMO
がん保険や医療保険は、払った保険料よりも保険金として戻ってこない可能性が高い保険です。

メリットもデメリットも知り、よく検討し考えてから加入しましょう。

さらに詳しい説明を受けたい方や、実際に保険料と保障内容のシミュレーションをしたい方は、LifeRがおすすめです。

どこの保険会社にも所属していないファイナンシャルプランナーだからこそ、中立な立場で本当におすすめの保険や保障プランを提案してくれます。

>>> LifeRについて詳しく知りたい方はこちら<<<

LifeR
公式サイトはこちら

がん保険に加入する前に注意点も把握しよう

がん保険の注意点

がん保険に加入する前に、事前に注意点を把握しておきましょう。

注意点を把握することで、損失をこうむったりトラブルを減らすうえでも重要です。

加入する前に把握しておきたい注意点はこちらです。

がん保険に入る前に把握しておきたい注意点
  • がんになったときの費用をある程度想定しておく
  • 必要のない特約はつけない
  • 保険営業のポジショントークには気をつけよう!
  • 免責期間に注意する

がんになったときの費用をある程度想定しておく

まずは、がんになったときにどれぐらいの費用がかかるかを把握しましょう。

そのためには、公的保険への理解は必須と言えるでしょう。

何もわからずに保険に入ってしまうと無駄な保険料を払うことになります。

MEMO
保険は必要最低限のみで十分という意見もあります。

それもその通りで、私たちの払った保険料で保険会社の経費や人件費がひかれています。(付加保険料)

つまり、民間の保険は私たちが損する仕組みとなっているのです。

保険は損する仕組みなので、加入は最低限でもよいということですね。

がんになったときの費用については、以下のがんになったときの費用はどれぐらい?で解説します。

無駄な特約には入らない

保険には特約というものがあります。

特約とは、主契約の保険に機能を増やしていくものです。

特約をつければつけるほど、保険料が高くなります。

特にがん保険や医療保険においては、先進医療特約をすすめられることがあるかもしれません。

しかし、先進医療を受ける人はほとんどいませんし、先進医療の効果があるかは検証されていません。

先進医療特約は月額100円ほどですが、それでもおすすめできるものではありません。

保険営業のポジショントークに気をつける

保険会社のポジショントークには気をつけてください。

保険会社が保険を売っているのは、保険会社に利益が出るからです。

のちほど詳しく解説しますが、私たちが払っている保険料は純保険料と付加保険料が含まれています。

そのうち付加保険料は、保険会社の経費や利益(つまり保険会社の取り分)となります。

それはつまり、保険というのは私たちが損する仕組みだということです。

そのため、保険会社は私たちにたくさん保険に加入してほしいがために、不安をあおったり押し売りをしてくる可能性があります。

そんなことがあっても、まずは冷静になって、まずは本当にそのような統計があるのか、データはあるのかよく調べてから判断しましょう。

そのままの勢いで保険に加入することは厳禁です。

正直、がん保険は貯金で医療費をカバーすることができれば、加入しなくてもいい保険でもあります。

安心を買うという面では加入して損はないですが、それだけの理由で加入するというのはおすすめしません。

まずは、保険会社の営業マンに相談するのでなく、ファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

>>> 相談できるファイナンシャルプランナーを探す<<<

LifeR
公式サイトはこちら

免責期間に注意する

ほぼ全てのがん保険には、加入してから約90日間の【免責期間】という保険の制約が存在します。

そもそも免責期間ってなに?

まずは、免責期間について解説します。

免責期間とは?

保険契約が成立しても【加入してから約90日間は保障が適用されない】という制約になります。

保険会社の生命保険や医療保険(がんに関する特約があれば適用)にはあまり見られない、がん保険ならではの制約です。

保障を受けるためには免責期間が何事もなく経過して、ようやく保障内容の効力が発生します。

なお、この効力が発生する日を【責任開始日】と呼びます。

免責期間中、がんに関する治療や入院が必要となったならば、せっかく保険加入したのに、がん保険の給付金が一切下りないことになります。

なぜ免責期間があるの?

そもそも、がんは自覚症状の無いケースが多い病気です。

加入者自身が気づいていないことも多々あります。

このような加入者と健康的な加入者を同等に扱ってしまうと、給付金支払の公平性が損なわれるおそれもあります。

そのため保険会社としては、契約したらすぐに保障を認めるのではなく、その加入者が、がんを発症していないかどうか、しばらく様子をみることが必要なのです。

責任開始期間が微妙?

免責期間・責任開始日は、がん診断との関係で注意しなければいけない場合もあります。

なぜなら、診断確定の解釈が各生命保険会社で一律でないからです。

異なる解釈

保険会社にはこの解釈が2種類存在します。

(1)病理診断でがんと診断された日

保険会社が病理診断によって、がんと診断確定された日を確定日としている解釈です。

責任開始日前(免責期間中)の検査でも、責任開始日後で確定されたならば、がん診断給付金が受け取れます。

(2)検査実施日が、がん診断確定日

がん診断確定された検査実施日を、がんと診断確定された日とする解釈です。

こちらは組織診断が実施された日までに遡ることになります。

組織診断とは、がん細胞ではないかと疑いのある組織を直接採取し、詳細に調べる検査です。

組織診断の検査結果は概ね1週間~2週間程度かかってしまいます。

組織診断が、免責期間中だったというケースもあります。

がん診断確定日が、がん診断確定の根拠となった組織診断の実施日まで遡る条件なら、免責期間内に該当し、がん保障が下りないというおそれもあります。

やはり条件の事前確認は必要!!

もちろん、ご自分が若く健康な状態の時に申込するなら、気にするべき違いではないのかもしれません。

しかし、ある程度高齢となり、がん発症のリスクが高まった年代(50代以降)で加入を希望する場合、気を付けるべき内容と言えます。

まずは申込前に、がん保険のパンフレット、約款で事前に条件を確認しておきましょう。

まとめ
  • がんになったとき、どれぐらい費用が掛かるのかを予想する。
  • 必要のない無駄な特約はつけない。必要な分だけにしよう。
  • 保険会社のポジショントークには気を付けよう。
  • がん保険に入る前に、免責期間について把握しておこう。

がんになる確率や死亡率はどれぐらい?

がんになる確率

そもそも、生涯がんになる確率や死亡率ってどれぐらいなんだろう。
2人に1人はがんって・・・あれはなに?

がん保険に入る前に、まずはがんになる確率やがんによる死亡率はどれぐらいなのか把握しておきましょう。

この部分を把握していないと、保険会社のポジショントークにひっかかってしまう可能性があります。

生涯がんになる確率はどれぐらい?

まずは、がんになる確率について調べてみます。

以下のがんの統計をご覧ください。

現在年齢別がん罹患リスク
例:現在40歳の男性が20年後までにがんと診断される確率=6.9%

男性

現在の年齢10年後20年後30年後40年後50年後60年後70年後80年後生涯
0歳0.2%0.3%0.6%1.2%2.7%7.8%21.9%43.6%65.5%
10歳0.1%0.4%1.0%2.6%7.7%21.9%43.6%65.6%
20歳0.3%0.9%2.5%7.6%21.8%43.6%65.6%
30歳0.6%2.2%7.4%21.7%43.7%65.8%
40歳1.6%6.9%21.3%43.6%66.0%
50歳5.4%20.3%43.2%66.3%
60歳16.2%41.1%66.1%
70歳31.7%63.6%
80歳56.6%

女性

現在の年齢10年後20年後30年後40年後50年後60年後70年後80年後生涯
0歳0.1%0.3%0.7%2.3%6.3%12.4%21.2%32.8%50.2%
10歳0.1%0.6%2.1%6.2%12.3%21.1%32.8%50.2%
20歳0.4%2.0%6.0%12.2%21.1%32.7%50.2%
30歳1.6%5.6%11.8%20.7%32.5%50.1%
40歳4.1%10.4%19.5%31.5%49.4%
50歳6.6%16.1%28.7%47.4%
60歳10.3%23.8%44.1%
70歳15.4%38.5%
80歳29.5%

出典:最新がん統計  がん罹患  5)がんに罹患する確率~累積罹患リスク(2017年データに基づく) より引用

これは、年齢別のがんになる確率を表した表です。

例えば、30歳の女性が30年後に11.8%の確率でがんになるといった感じです。

この生涯がんになる確率が、2人に1人ががんということです。

これがよく言われる、「2人に1人はがん」です。

しかし、がんは不治の病ではありません。

以下でも説明しますが、年々医療技術は進化しているため、がんによる死亡率は減少傾向にあります。

がんによる死亡率はどれぐらい?

では、がんによる死亡率はどれぐらいなのでしょうか。

こちらの資料をご覧ください。

日本人_死因構成割合

出典:令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況より引用

 

これは、日本人の死因の構成割合です。

こちらを見ていただくとわかる通り、悪性新生物による死因の割合は2人に1人(50%)どころか、4人に1人(約25%)となっています。

がんによる死亡率は、いまや4人に1人ということがこの統計から読み取ることができます。

しかも、医療技術の進化により、がんに発症したとしても生存率は高まっています。

がん=死と考えがちですが、そんなことはなく、粘り強くがん治療に取り組むことが重要でしょう。

まとめ
2人に1人ががんになるのは本当。しかし、がんで亡くなる人の数は4分の1。

医療費や入院中の保障が厚いプランに加入するのか、死亡した際の保障が手厚いプランに加入するのかも検討が必要です。

がん保険になったときの費用はどれぐらい?

がんになったときの費用

がんになるとどれぐらい医療費がかかるんだろう。
がん保険って、本当に必要なのかな。

がんになると、とてもたくさんの費用がかかりそうなイメージがあります。

実際に、多くの方がそう思っていることがうかがえる資料もあります。

こちらをご覧ください。

がん保険_アンケート結果

出典:早期発見のための検診受診 – アフラック

これはアフラック(アメリカンファミリー生命保険)ががんセミナー来場者にアンケートをとった結果です。

こちらの資料を見る限り、費用の差はありますが、がん治療に莫大な費用がかかると考えている方が多く見受けられます。

たしかにその通りです。

がんの1回の手術は50万円から高いものでは100万円かかることもあります。

そのほかにも抗がん剤治療や放射線治療も行いますので、がん治療に要する費用は以上のアンケートの結果は的を得ているでしょう。

MEMO
がん治療には主に、手術・放射線治療・抗がん剤治療にお金がかかる。

しかし、本当に何百万といった大金がかかるのでしょうか?

アメリカでは全国民を守るための公的医療が確立されていないため、医療費が払えず破産してしまう方もたくさんいるようです。

しかし、日本の公的医療は、他国と比較してかなり充実しているといわれているのをご存じでしょうか。

まず、高額療養費制度については、日本人誰もが把握しておきたいところです。

MEMO
高額療養費制度とは、保険適応による月々の医療費の自己負担の限度額を超えた部分については、払い戻される制度です。

以下が計算式になります。

高額療養費制度の計算方法
所得区分自己負担限度額多数回該当※1
①区分ア(標準報酬月額83万円以上の方)252,600円+(総医療費-842,000円)×1%140,100円
②区分イ(標準報酬月額53万~79万円の方)167,400円+(総医療費-558,000円)×1%93,000円
③区分ウ(標準報酬月額28万~50万円の方)80,100円+(総医療費-267,000円)×1%44,400円
④区分エ(標準報酬月額26万円以下の方)57,600円44,400円
⑤区分オ(低所得者)35,400円24,600円

参考:厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」(平成30年8月診療分から)
注) 「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。
※1  同一世帯で直近12か月間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合、4回目以降の自己負担限度額

少し難しいので、一緒に考えてみましょう。

標準報酬月額とは、基本だけではなく、役職手当や通勤手当、残業手当などが含まれています。

この標準報酬月額の算出は、5月と6月と7月の平均によって算出することができます。

そして、それぞれの標準報酬月額に当てはめてみてください。

例えば、標準報酬月額が35万円の方は、区分ウです。

区分ウの方が、月々の医療費が100万円のときは約11万円、200万円のときは約14万円が自己負担額になります。

多くの方であれば、自己負担額は15万円ほどで済んでしまうのです。

高額療養費制度について知っているだけでも、かなりお得ですね。

高額療養費_解説

簡単に図で表してみます。

赤い部分は、健康保険によってもともと払わない部分になります。

健康保険を適応しても30万医療費がかかってしまった。

そんなときに高額療養費を使うと自己負担額は10万円になる。

このようなイメージで構いません。

それでも万万が一、自己負担分も払えない方は高額療養費制度貸付制度(無利子)もあるので検討してみることをおすすめします。

高額療養費制度はあるとはいえ、大きな出費となる

高額療養費があるとはいえ、月10万円の出費は大きな出費となりそうです。

それだけではなく、がん治療には、保険診療(保険が適応される診療)以外にも、差額ベッド代や大衆薬など、その他の出費もかかります。

特に差額ベッド代は、一日約5000円~1万円と言われています。

この自己負担分を補うために、がん保険をうまく利用することで無駄のない保険選びができるでしょう。

まとめ
がん保険は、自己負担分を補うためにうまく利用しよう。

しかし、高額療養費制度以外にも、いざというときに便利な公的保険があります。

それは、以下で紹介する傷病手当金になります。

休職して収入が不安なときは、傷病手当金と有給休暇を使おう

休職してしまって、収入の確保ができない・・・
がんになって、仕事やめたら収入どうなるんだろう・・・

がんの治療に専念するために給食したり、あるいは仕事をやめる方もいることでしょう。

もしそのようなときに、どのようにして収入を確保すればよいか、心配ですよね。

そんなときは、傷病手当金有給休暇を利用してください。

それぞれ解説します。

傷病手当金とは

傷病手当金とは、病気やケガによって仕事を休んだときに標準報酬月額(各種手当を含んだ月給)の3分の2に相当する金額が、最大18ヵ月受けられます。

この傷病手当金の支給対象になるためには、何点か条件があります。

傷病手当金の支給対象条件
  • 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
  • 仕事に就くことができないこと
  • 連続する3日を含み、4日以上仕事に就けなかったこと
  • 休場した期間について給与の支払いがないこと

傷病手当金は、会社を退職後も条件を満たしていれば受給することができます。

Q6:傷病手当金を受給していましたが、会社を退職することになりました。退職後の期間についても傷病手当金を申請できますか?

A6:次の2点を満たしている場合に退職後も引き続き残りの期間について傷病手当金を受けることができます。

(資格喪失後の継続給付)

  • 被保険者の資格喪失をした日の前日(退職日)までに継続して1年以上の被保険者期間 (健康保険任意継続の被保険者期間を除く)があること。
  • 資格喪失時に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること。
    (なお、退職日に出勤したときは、継続給付を受ける条件を満たさないために資格喪失後(退職日の翌日)以降の傷病手当金はお支払いできません。)

※資格喪失後老齢年金が受けられるとき

資格喪失後に傷病手当金の継続給付を受けている方が老齢厚生年金等の老齢退職年金の受給者になったときは、傷病手当金が支給されません。ただし、年金額の360分の1が傷病手当金の日額より低いときは、差額が支給されます。

出典:全国健康保険協会 協会けんぽ 傷病手当金について|よくあるご質問から引用

まとめ

がんになると、手術や放射線治療、抗がん剤治療などでたくさんお金がかかりそう。

でも、公的保険について理解していれば、思った以上にかからないことがわかる。

がん保険に入る前に、高額療養費制度や傷病手当金などの公的保険についてまずは理解しよう。

がん保険をかしこく選ぶコツ

がん保険_かしこく選ぶコツ

がん保険をうまく選ぶ方法が知りたい!

高額療養費制度や傷病手当金、有給休暇などの公的保険を利用することを前提として、どれだけ自己負担額があるのか?

まずは、このことから考えてください。

そのうえで、自己負担分を補うためにがん保険を利用するのがもっとも効率的と説明しました。

それを踏まえたうえで、がん保険をかしこく選ぶコツについて説明します。

がん保険をかしこく選ぶコツ
  • できるだけ保険料が安い保険にする
  • ボーナスが戻ってくる保険はできるだけ選ばない
  • 自分が合う保険がなければ、貯蓄を準備する

できるだけ保険料が安い保険にする

ほぼすべての保険についていえますが、できるだけ保険料が安い保険に入られることをおすすめします

安い保険料だけは良いとは限りません。

しかし、高い保険よりも安い保険のほうが月々の出費も圧迫しないし、浮いたお金は投資に回せます。

無駄な機能はつけず、必要な分だけの機能のある保険にしましょう。

また、保険料は、純保険料付加保険料できまってきます。

純保険料とは、契約者が支払う保険料のうち、将来の保険加入者に対して保険金を支払うために充当される保険料のことです。

対して付加保険料とは、保険会社が運営するために必要な人件費や広告宣伝費などの経費や利益に充てられる保険料のことです。

保険料_内訳_仕組み

保険料は、付加保険料で差が付きます。

この付加保険料は、私たちに還元される部分ではないのでできるだけ少ないほうがいいですね。

ちなみに、保険の種類によってもどれだけ付加保険料として回収されるのか変わってきます。

掛け捨ての保険であれば手数料率(付加保険料)が高く、貯蓄性の保険(学資保険や個人年金保険など)の手数料率は低いです。

MEMO
この付加保険料ですが、ほとんどの保険会社が公開していないのでどれぐらい付加保険料がとられているのかがわかりません。(10年ほど前にライフネット生命がはじめて付加保険料を開示したことで大きな話題となりました。)

しかし、付加保険料が低い保険会社の見分け方はある程度わかります。

それは、どんな企業が経費が少ないか?を考えてみましょう。

例えば、営業社員を多く抱えて人海戦術で保険を売ろうとしている会社と、主にネットを通して保険を販売している会社ではどちらのほうが人件費は少なく住むでしょうか?

もちろん、後者のネットで保険を販売している保険会社のほうが経費は少なく済みますね。

ボーナスが戻ってくる保険は選ばない

できるだけ「ボーナス」のようなあとからお金が戻ってくる保険は、なるべく選ばないようにしましょう。

なんで?絶対お得じゃん!

こう思われる方が多いかと思います。

しかし、そんなことはありません。

なぜなら、その分多くの保険料を負担しなければならないからです。

「ボーナス」のようなものは、払ったお金がそのままあとで返ってくるだけで、特段おトクとはいえません。

それに加えて、その返ってくるお金に利子はついてこないことが多いです。

定期預金でさえ小さいながらも利子はついてきます。

しかし、資金が拘束されながらも利子が戻ってこないのは、致命的でしょう。

それなら、自分で投資してそのお金をがんの治療台にまわしたほうが良いのではないでしょうか。

自分に合う保険がなければ、早めに投資をして貯蓄を準備する

自分に合ったがん保険がないと感じたら、保険には加入せず自分でお金を貯蓄しましょう。

がん保険に関しては、無理に入る必要もないでしょう。

がんは、年齢が上がれば上がるほど発症する確率が高くなります。

もっとも、がんは予測不能な事態とはいえないのであらかじめ貯蓄や投資をする時間もあります。

加えてがん保険は、支払った保険料よりも戻ってくる金額は少ない可能性が高いです。

というもの、入院日数は近年減少している傾向があるからです。

以下の資料を見て下さい。

 

平均入院日数

出典:患者調査 退院患者の平均在院日数等(厚生労働省)より引用

これは退院患者の平均入院日数の推移です。

年々減少していることが見て取れると思います。

以下のもう一つの資料は、年寧階級別の平均入院日数です。

年齢階級別平均入院日数_推移

出典:出典:患者調査 退院患者の平均在院日数等(厚生労働省)より引用

どの年代でも入院日数は、年々減少していますが、高齢になればなるほど減少の幅は大きいです。

がん保険は、入院日数によってどれだけ給付金が受け取れるかが決まります。

そのため、入院日数が短期化するなかで、本当にがん保険に入るのが妥当なのかよく検討するべきです。

idecoで資金を積み立てておいたほうがお金が大きく殖えるリスクもあることに加えて、節税効果もあるので大変おすすめです。

idecoでの節税についての記事も参考にしてみてください。

まとめ
  • できるだけ保険料が安い保険に入ろう。

⇒付加保険料が安い保険会社はどこ?必要な保障内容・保障期間はどれぐらい?を考える。

  • ボーナス(あとからたくさん戻ってくるもの)がある保険はひかえよう。

⇒お金が拘束されたのに利子が戻ってこない可能性大。それなら自分で投資したほうが良いのではないだろうか?

  • 自分に合う保険がなければ、保険に入らないで投資しよう。

⇒投資したほうがお金も増える。特にidecoは節税効果も大きくとても優秀な制度。

MEMO
しかし、株式や外国債券は比較的リスクが高い金融商品になるので、慎重に選択しましょう。

上手な選択ができれば、大きく金額を増やすことができます。

おすすめのがん保険ランキング!

がん保険_おすすめ

以上にて、がん保険の全体の概要について説明していきました。

ここからは、おすすめのがん保険を紹介します。

しかし、本当に万人におすすめできるがん保険はあまり多くありません。

がん保険は、金銭的な負担を軽減させるための保険です。

そのため、余計な特約をつけず、必要な機能だけを備えて保険料を安くするのがもっとも効率的でしょう。

それでは、みていきましょう。

アクサダイレクトのがん定期

がん定期 | アクサダイレクト生命保険

アクサダイレクトのがん定期 特徴
  • 入院給付金で差額ベッド代の負担を軽減することができる
  • がんに備えるための貯蓄がない人でも最低10年安心
  • がん入院給付金やがん手術特約の日数が無制限で長期治療に安心

もっともおすすめのがん保険は、アクサダイレクトのがん定期です。

名前の通り、定期のがん保険になります。

定期のがん保険を考えている方であれば、おそらくアクサダイレクトのがん定期で十分でしょう。

そのため保険料は割安ながらも、がん診断一時金や入院日数に応じた入院給付金を受け取ることができます。

特に入院給付金は、差額ベッド代に備えるための有効な手段になります。

以下で紹介するがん保険ダブルエースには、差額ベッド代に備えるための保障はありませんでした。

がん診断一時金は1回のみの給付になります。

そのため、がんの再発による診断では給付金はありませんのでご注意ください。

また、将来のがんのための貯蓄がない人は、がん定期に入っている間に十分な資金をためておくとよいでしょう。

つまり、がん治療のための貯蓄がない間はがん定期でがんに備え、がん定期が終わるまでに十分な貯蓄を確保し、がん定期が終わった後は貯蓄でがんの備えをするとよいでしょう。

まとめます。

がんへの備え まとめ
貯蓄がない間=がん定期で備える

がん定期中=定期が終わるまでに貯蓄を蓄える

がん定期終了後=貯蓄でがんへの備えをする

月々の保険料がこの安さなら、保険料を払いつつ老後の資金やがん治療のための貯蓄も重ねてできそうですね。

シュミレーション

保険料700円
がん入院給付金1万円
がん診断給付金(上皮内新生物も対象)100万円
保険期間・保険料払い込み機関10年
特約なし

がん保険ダブルエース(ライフネット生命)

がん保険 ダブルエール(ライフネット生命)

がん保険ダブルエース 特徴
  • ネット生保の代表格。付加保険料が安い。
  • 必要最低限の保障だけなのでわかりやすい。

ライフネット生命のがん保険ダブルエースもおすすめです。

ネットの生命保険会社ですので、とても付加保険料が安いです。

また、保障の内容のほかの保険に比べてわかりやすいものとなっています。

この保険は、定期タイプはなく、終身のみになります。

終身のがん保険を探している方にはおすすめです。

どの保障タイプを選ぶかによって、保障内容・保険料が変わってきます。

詳しくは以下の通りです。

がん保険ダブルエース_仕組み

この3つの中から、タイプを1つ選びます。

この3つのタイプのうち、シンプルタイプとベーシックタイプで十分ではないかと思われます。

私たちががんにおいてお金がかかるときというのは、高額療養費制度を適応した後の医療費と、差額ベッド代です。

それをカバーできるのは、シンプルタイプとベーシックタイプです。

がん保険一時金は、100万円・150万円・200万円・250万円・300万円から選べます。

特にベーシックタイプについては、がんの手術をした月に、治療サポート給付金が月1回10万円が支給されます。

回数無制限なので安心です。

こんなことを考えてしまうかもしれません。

魅力的な保障がたくさんある!特約たくさんつければ安心!

そんなことはありません。

保障や特約を大きくすればするほど、保険料も高くなることはつねに頭に入れておきましょう。

仮に保険期間中に健康な状態ですんだときに、たくさん払った保険料が無駄になってしまいます。

がんになる確率!!との声が大きくなりがちですが、もちろんがんにならない確率もあるわけです。

もしそうなったとき、損をしてしまいます。

まずは自分で考えて、必要なら必要なだけ保険に入る。

それ以外は、投資や貯蓄をする。

保険に入るときは、つねに必要最低限だけの機能を意識し、それ以外は投資や貯蓄に回しましょう。

シュミレーション

保険料1,293円
加入年齢30歳
性別男性
がん診断一時金100万円
上皮内新生物診断一時金50万円
治療サポート給付金受け取らない
がん収入先進医療給付金なし
保険料払込期間一生涯

人気のがん保険まとめ

以上にて、がん保険について詳細に解説していきました。

いかがでしたでしょうか。

がん保険を利用する前に、公的医療保険についての理解が必要であることについてはとても重要です。

この記事でもっとも重要な部分ですので、ぜひ頭に入れていただければと思います。

そのうえで、足りない部分があれば民間のがん保険でまかなうのが効率的です。

あくまでもがん保険を利用するのであれば、公的医療保険を最大限利用したうえで、補助的な意味で利用するのがよいでしょう。

この記事が参考になれば幸いです。

もし何かわからないことがあれば、LifeRに相談してみましょう。

LifeR_人気のがん保険

>>>LifeRで保険相談してみる!<<<

LifeR
公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)