火災保険料の相場はいくら?保険料の決め方から必要性まで徹底解説!10年一括いくら払ってる?

火災保険料はいくらかかるの?相場は?

このように思った方はいませんか?

結論、火災保険料はさまざまな条件によって料金が異なります。

そこで今回は火災保険料に関してパターン別に相場を紹介していきます。

さらにできるだけ安く火災保険を利用する方法おすすめの保険相談サービスについても併せて紹介しているのでぜひ参考にしてください。

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体を経て、現在はマネーグロースにて記事監修を務める。
火災保険料の相場をザックリ言うと
  • 火災保険料に相場はない!?
  • 火災保険は火災だけではなく自然災害も補償対象
  • 火災保険は建物構造・広さ・地域によって保険料が変わる
  • 火災保険は補償を選ぶことや支払い方法で保険料が安く出来る
  • 地震・噴火・津波による損害は地震保険でしか補償できない!?

>>>無料相談であなたの火災保険料がわかります<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

マネーグロース読者に人気の保険相談です!*スマホでは横にスワイプできます!
代理店名 公式 取扱数 特徴
訪問型
保険相談
窓口
保険見直しラボ
32社 ●相談実績No.1の大手保険代理店
●他社と比べ相談員の業界経験歴が長く、保険会社の将来性も考慮した提案
●相談員全員が32社すべての保険を扱えるので、広く保険を比較できる
●強引な保険勧誘はしないと宣言
ほけんのぜんぶ 39社 ●電話・WEB相談は24時間365日受付
●FPの資格取得率が100%
※ほけんのぜんぶから訪問する入社1年以上のプランナーが対象
●保険以外にもお金に関するアドバイスに定評あり

火災保険の保険料は条件によって大きく違う!?

火災保険料_相場

実は「火災保険料は〇〇円が相場です」とはハッキリ言えません。

これは、後述する保険料の決め方で細かく解説をしますが、火災保険の保険料は建物の構造・建物の大きさ・建物が建っている地域によって異なります

建物の構造・建物の大きさ・地域によって、リスクや建物の価値も異なるからです。

このようにリスクや補償額などによって火災保険の保険料は大きく変わるため、一概に「火災保険の保険料は〇〇円です」とは言えないのです。

火災保険料の相場

火災保険料の相場

火災保険の保険料は条件によって料金が変わることは分かったと思いますが、気になるのはやっぱりその保険料だと思います。

ここでは、火災保険料の解説保険料の目安を少し紹介していきます。

【戸建て】1年間で3~4万円

店舗名
東京海上日動 33,240円
損保ジャパン 33,860円
ソニー損保 23,470円
[前提条件]建物の所在地:東京都 / 建物補償額:2000万円 / 面積:100㎡ / 保険開始日:2022/10/1 / 建築年月:2022/10 / 保険料支払方法:長期一括払い / 建物の利用方法:居住のみ

参照:価格ドットコム

戸建ての火災保険料場は、1年間で3万円~4万円くらいと言えます。

ただし、地域・構造・延べ床面積・築年数によっても異なります。

少し具体的に紹介すると下記の様になります。

戸建ての火災保険料例

算出条件:東京都・木造・延べ床面積120㎡・築年数20年

1年間の保険料38,530円(5年契約で年払いの場合)

上記はあくまでも、建物の火災保険だけの値段となり、家財道具や地震保険を付加すると1年間で10万円前後になります。

また、上記の保険料算出条件では、ベーシックな補償内容として破損・汚損などの不足突発的な事故に関する補償を省いた条件になっています。

そのため、もう少し補償を手厚くしたい場合や補償を省きたい場合など、補償条件や建築年数によっては築浅割引などが適応されるので、条件によっても保険料は変わります。

【マンション】1年間で2~3万円

店舗名
ジェイアイ損保火災 24,288円
楽天損保 27,090円
ソニー損保 22,696円
[前提条件]建物の所在地:東京都 / 建物補償額:2000万円 / 面積:100㎡ / 保険開始日:2022/10/1 / 建築年月:2022/10 / 保険料支払方法:長期一括払い / 建物の利用方法:居住のみ

マンションの火災保険料相場は、1年間で2万円~3万円くらいと言えるでしょう。

また、マンションの場合も戸建てと同じく、地域・占有面積・築年数によって保険料が変わります。

そして、マンションではなくてもアパートなどに関しても、マンションと同じ火災保険となりますが、アパートの場合は鉄筋コンクリートではなく軽量鉄骨非耐火建物など、鉄筋コンクリートでは無い場合もありますので、建物の構造も注意しなければいけない場合もあります。

それでは、少し具体的に保険料を紹介しましょう。

マンションの火災保険料例

算出条件:東京都・鉄筋コンクリート・占有面積120㎡・築年数20年

1年間の保険料14,600円(5年契約で年払いの場合)

上記も、5年契約の年払いでの保険料となり、専有部分の建物に関する補償のみとなっています。

そのため、家財道具や地震保険を付加すると、保険料は4万円~6万円くらいになると思っておきましょう。

また、マンションの場合は、階層によっては水災リスクが低くなるため、水災補償を省くと保険料はグッと安くなる可能性があります。

マンションの場合は、階層によってもリスクが変わりますので、補償内容もしっかりと確認するようにしましょう。

>>> あなたの火災保険料について無料で相談できます<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

【賃貸物件】2年間で1.5~2万円

賃貸物件の保険料は2年間で15,000円~20,000円が相場の保険料となります。

そして基本的に家財道具に保険を掛けることになります。

また、賃貸物件の場合はパッケージ型の火災保険が用意されていることも多いです。

それでは、少し具体的に保険料を紹介していきます。

賃貸物件の火災保険料例

算出条件:東京都・マンション・家財300万円・借家人賠償責任3,000万円

1年間の保険料5,410円(5年契約で年払いの場合)

上記の保険料は独身の方向けの補償内容となり水災補償も有りにしています。

家族構成によっても必要な補償額が異なりますので、保険会社のホームページなどで確認するようにしましょう。

また、賃貸物件の場合は借家人賠償責任特約が必須となります。

パッケージ型の保険の場合は必須セットになっていますが、通常の火災保険に加入する際には忘れずに付帯するようにしましょう。

そして、賃貸物件用のパッケージ型の火災保険の場合は、借家人賠償責任と個人賠償責任がセットになっている事も多く、保険料は2年間で15,000円~20,000円が相場の保険料となります。

MEMO

火災保険の保険料は建物の構造や広さ地域によって異なるが、目安の保険料としては戸建てで4~5万円・マンションで2~3万円・賃貸で5,000円前後・15,000~20,000円/2年ぐらいとなっている。

インターネット損保の場合

最近では、インターネットを利用したダイレクト系の損害保険会社でも火災保険への加入が出来る様になりました。

インターネットを利用したダイレクト系の損害保険会社は、申込者と保険会社が直接やり取りをするため、人件費の削減が出来る事から保険料が比較的安くなっています

ここでは、ソニー損保での保険料を少し紹介します。

インターネット損保の火災保険料例

算出条件:東京都・マンション・占有面積120㎡・築年数20年

保険金額(補償金額):1,600万円

1年間の保険料:7,556円(5年契約で年払いの場合)

出典:火災保険・地震保険|ソニー損保の新ネット火災保険【公式サイト】 (sonysonpo.co.jp)

マンションなので、水災補償を省いた保険料にしていますが、水災補償を付加しても代理店系の損害保険会社よりも2,000円程安くなります

補償内容やリスクをしっかりと理解しているので、あればインターネット損保を利用して火災保険に加入するのも良いと言えるでしょう。

ただし、注意点としては間に保険代理店がないので、損害が出た際には直接保険会社とのやり取りになります。

注意
保険料は安くなるが、実際に事故や自然災害での損害が出た際には、直接保険会社とのやり取りしなければいけないため、保険にある程度の知識がある方の方が良いと言えるでしょう。

家財道具の保険料相場

家財道具の保険料相場について少し紹介していきます。

保険料試算は代理店系の損害保険会社となります。

家財道具1,000万円の補償を木造戸建てとマンションの2パターンで紹介します。

家財道具の火災保険料例

算出条件:東京都・保険金額(補償金額):1,000万円

契約期間:5年

保険料支払い方法:年払い

木造戸建て戸建て マンションの場合
約12,000~16,500円 5,730円~8,500円

上記の保険料は、補償内容によっての値段幅となります。

保険金額の1,000万円は家族3人での目安金額となります。

家族構成による保険金額の目安は以下のようになっています。

家族構成 目安保険金額
単身の場合 300万円
2人家族の場合 700万円
3人家族の場合 1,000万円
4人家族の場合 1,300万円
5人家族の場合 1,600万円

上記はあくまでも目安であるため、家族構成や年齢によっても少し異なりますので、ザッとでも良いのでご自身の家具・家電・衣服などどれぐらいの金額の家財道具があるのかを確認しておくのを、おすすめします

また、地震保険を付加すると、それぞれ約10,000円~13,000円程のプラスになります。

>>> 火災保険料の相談なら<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

そもそも火災保険とは

火災保険とは

そもそも火災保険とは、どのような保険ですか?
自然災害も補償対象と聞いたのですが・・・

自然災害の増加によって火災保険が注目されていますが、そもそも火災保険についてよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこでまずは、火災保険とはどう言った保険なのか火災保険の対象補償範囲など、火災保険の基本的な所を解説していきましょう。

火災保険とは

火災保険とは、火災や自然災害によって生じた建物や家財の損害を補填する保険です。

火災だけではなく、台風などの強風大雨による浸水などによって生じた、建物や家財道具への損害を補填するための費用が支払われる保険であり、少し難しい言葉で言うと実損填補の保険となります。

簡単に言ってしまうと、火災や自然災害で壊れた物を直す費用が支払われる保険と言うことです。

火災保険の対象

火災保険の対象となる物は、住宅や事業所などの建物家財道具事業用の設備や什器も火災保険の対象となります。

また、家財道具とは家電製品や家具だけではなく、普段から着ている洋服なども家財道具となります。

火災保険の対象となる物
  • 建物
  • 家財道具
  • 業務用の設備・什器

そして、高級な毛皮のコートや貴金属・書画骨董品なども条件付きとはなりますが、火災保険の対象にする事も出来ます。

事業用の設備や什器に関しても、細かく設定する必要のある設備や什器もありますが、基本的には事業用の火災保険の対象となります。

火災保険の補償される事故とは?

火災保険で補償される事故は、火災はもちろん強風・暴風による風災や大雨による浸水などによる水災など、火災保険の補償範囲は意外と広く設定されています

以下が火災保険の主な補償内容となります。

火災保険の補償内容
  • 火災
  • 落雷
  • 風災
  • 水災
  • 雪災・雹災
  • 破裂・爆発
  • 外部からの物体の飛来
  • 偶然かつ突発的な事故

上記に起因する事故による損害は基本的に火災保険の対象となります。

そのため、近年増加している自然災害による損害の多くが火災保険の対象となるのです。

MEMO

火災保険は火災の時だけではなく自然災害での損害も補償され、建物や家財だけではなく事業用の設備や什器・毛皮のコートや貴金属なども条件付きで補償の対象にすることが出来る。

>>> 火災保険料について無料相談<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

火災保険料の決め方

火災保険料の決め方

火災保険は条件によって保険料が大きく変わるのですね。
保険料の決め方についてもう少し詳しく知りたいです。

火災保険の保険料は様々な条件によって異なります。

ここでは、火災保険の保険料を決める要素について解説していきます。

建物の構造

火災保険_保険料_建物_構造

火災保険料を決める上で一番重要な要素となります。

火災保険は下記の様な構造によって保険料が変わります。

火災保険の保険料を決める建物の構造
  • 木造(H構造)
  • 鉄骨造り(T構造)
  • 鉄筋コンクリート造り(M構造)

火災保険は、建物の主構造が上記のどれに当てはまるのかで保険料が決まります

木造よりも鉄骨造り、鉄骨造りより鉄筋コンクリート造りと、耐火性が高くなればなるほど保険料も安くなります

その事から、木造の一戸建て(H構造)よりもマンションの一室(M構造)の方が、同じ広さでも保険料は大きく異なります。

建物の用途

建物の用途に関しても、住宅専用の建物か一部店舗の建物か店舗だけの建物かによっても保険料が変わります。

建物の用途に関しては以下のような種類に分けられています。

建物の用途
  • 専用住宅(一般的な住宅)
  • 併用住宅(一部店舗になっている住宅)
  • 一般物件(主に店舗になっている建物)

建物の用途によっても保険料が変わるのは、用途によってもリスクが異なるからです。

また、一部が店舗と言う建物や一部が作業所になっていると言うような物件に関しては、住居部分と店舗・作業所部分の割合によって、専用住宅・併用住宅とに分れますので、詳しくは損害保険代理店さんに相談するようにしましょう。

そして、店舗や作業所のみで使用する建物に関しては、店舗の種類や作業所内で行う作業内容によっても保険料が変わりますので、これも損害保険代理店さんに相談するようにしましょう。

建物の延べ床面積

建物の大きさを示すのが延べ床面積となり、基本的に建物の評価額を算出するために使用する重要な要素となります。

因みに延べ床面積とは、建物の全ての面積となり、2階建てたての住宅であれば、1階部分と2階部分を足した面積となります。

延べ床面積が広くなると、必然的に建物の評価額が高くなり、掛ける保険金額(補償額)も大きくなりますので保険料も高くなります。

建物が建っている地域

建物が建っている地域も保険料を決める重要な要素となります。

これは、地域によって自然災害のリスクが異なる事などが要因となります。

例えば沖縄や九州地方では台風の被害が多くなる傾向がありますが、東北や北海道では台風の被害は少なくなりますが雪などの被害は多くなります。

また、人口が多い都市部と人口の少ない地方では、事故の発生率も異なるため地域によって保険料が異なるのです。

>>> あなたの火災保険料について無料で相談できます<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

補償内容

火災保険に限らず、保険は内容によって大きく保険料が異なります

火災保険でも、水災補償を付加するかしないか破損・汚損の補償を付加するかしないかでも大きく保険料が異なります。

先ほども少し書きましたが、マンションの3階以上に住んでいる方であれば、水災のリスクは非常に低くなりますので、水災補償を省くことで保険料が安くなります。

また、近くに河川や海などが無く、少し高い土地に建物が建っている場合には、一戸建ての建物でも水災のリスクが低くなると言えるでしょう。

こう言った事から、建物の立地などをしっかりと把握して補償内容を選ぶことでも保険料に大きな差が出てくると言えるのです。

MEMO

火災保険の保険料を決める要素は、建物の主構造・建物の広さ・建物の建っている地域の3つが最も重要になる。

また、補償内容によっても保険料は変わる。

火災保険の相談は保険代理店がおすすめ!

火災保険の保険料は、様々な条件によって大きく異なることから、どの火災保険に加入するべきか、迷ってしまいますよね。

そんな時は、ファイナンシャルプランナーと相談して、適切な保険を見つけるのがおすすめです。

保険代理店を使うことで中立な立場からアドバイスもらうことができます!

なぜ保険代理店を使ったほうがいいの?

保険に入りたいなら直接保険会社に行けばいいのに、なぜ保険代理店が存在し、利用する人が増えているのでしょうか。

保険代理店を使うべき理由
  1. FPに相談しながら複数の保険を見比べることができる
  2. 二重に保障されている部分などを見つけてもらえる
  3. 何度でも無料で相談可能

FPに相談しながら複数の保険を見比べることができる

生命保険だけでも全国に約40社の保険会社があり、それぞれの会社に10~50個の保険商品を扱っているため、最大2,000個の保険商品の中から自分に合った保険を選ぶことになります。

保険を見比べるために保険会社に足を運んでも、勿論その保険会社は他社の保険のことは紹介してくれません。

気になる会社に1社ずつ足を運ぶ手間を省いてくれるのが保険代理店なのです。

さらに、保険代理店ではFP(ファイナンシャルプランナー)が直接相談に乗ってくれるため、複数の保険の比較に加えて家計に関するアドバイスまでもらうことが出来ます!

一人一人に適した保険アドバイスがもらえる

膨大な数ある保険商品に複数加入する場合、二重の保障がされている保障が抜けてしまっているなどの事態が発生していることがあります。

これらの問題点を発見し、あなたにとって本当に必要なものを教えてくれます。

何度でも無料で相談可能

前述のような、保険の見直しに対して手厚いサポートをしてくれる保険代理店ですが、なんといくら相談しても無料なのです!

「新しい保険に入ることを考えている」「ライフステージが変わったため、保険を見直したい」などとお考えの方は、ぜひ気軽に一度保険代理店を利用してみることをおすすめします。

>>>あなたにおすすめの保険相談窓口<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

おすすめ保険相談サービス

保険相談検討者

私はどの火災保険に入るべきか迷っていて、毎月の保険料と保障内容のバランス誰かに相談したいです。
実はあなたのように考えている方は多く、そのような方には保険見直しラボというサービスをおすすめしています。

保険相談窓口がどういったサービスなのか詳しく見ていきましょう。

松葉 直隆

保険相談サービスは以下の項目に当てはまる方々にぴったり寄り添ってくれます。

保険相談が向いている人
  1. 仕事などの都合で店舗の営業時間に間に合わない
  2. 妊娠中や小さな子供が居て遠出が難しい
  3. 直近にならないと予定がわからない
  4. 近くに店舗型の相談所がない
  5. 調べるのが面倒

保険相談検討者

保険相談にはどのようなメリットがありますか?
近くのカフェや喫茶店、ファミレスなどこちらで相談場所を指定できるのがメリットですね。

松葉 直隆

平均業界歴11.8年のFP
保険見直しラボ

詳細はこちら

相談員全員がFP資格取得者
ほけんのぜんぶ_おすすめ

詳細はこちら

厳選した2500人以上のFP

保険相談_おすすめ_保険相談ニアエル

詳細はこちら

それでは、ランキング形式でおすすめの代理店をご紹介いたしましょう。

1位 保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険相談の中でも、利用者の口コミが最も良いのが保険見直しラボです。

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約36社と保険を比較するには十分な量
  • 経験歴の長いベテラン相談員が多数在籍しているので、保険のトレンドや保険料を抑えるノウハウを知っている
  • 相談員全員がすべての保険を取り扱える(これが意外と珍しいんです…!)

保険見直しラボは、全国に約70拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

平均業界歴12年以上のベテランファイナンシャルプランナーが来てくれます!

取扱保険会社数は36社と、保険を広く比較するには十分の量です。

他社にはない保険見直しラボの特徴は、会社として強引な保険勧誘をしないと宣言をしていること。

相談だけしたいのに保険加入を勧められそうで怖いという方こそ利用してみてください。

保険代理店では定番のプレゼントキャンペーンですが、保険見直しラボでは以下のプレゼントがもらえます。

保険見直しラボの無料相談の流れ

STEP.1
公式ホームページから申し込む
 保険見直しラボの公式サイトから保険相談の予約をします。

STEP.2
保険相談・アドバイス

保険見直しラボは、自宅、勤務先など都合の良い場所まで相談員が来てくれます。

保険の見直しに関するアドバイスはもちろん、加入を検討している保険の診断もしてくれます。

保険に関する知識がない方でも、保険の基礎からしっかり話してくれるので安心です。

STEP.3
相談内容に応じた保険プランの提案

一人一人の希望やライフプランに合わせて複数社の保険商品の中から、比較検討して最適な保険の提案をしてもらえます。

保険見直しラボ 利用者の口コミ

以前、保険ショップで相談しましたが、提案内容に納得がいかず、ネットで他の保険相談ができるサービスを探しました。

色々な比較サイトを見てみましたが、業界歴の平均がここまで長いところはなく、ベテランに相談したいと思い、申込みすることに決めました。

結果は保障もしっかりしている上に保険料も安く大満足でした。

ご紹介された方は、以前外資系金融機関出身で、保険の知識はもちろんですが、保険以外の知識も豊富な方で今回の保険見直しだけではなく、今後ともお付き合いしたいと思っております。

出典:保険見直しラボ

保険見直しラボ

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

2位 ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ_おすすめ

ほけんのぜんぶは、札幌、仙台、埼玉、東京、神奈川、金沢、名古屋、京都、大阪、兵庫、広島、愛媛、福岡、沖縄など26か所に拠点があり、全国どこでもFPの派遣が可能な保険代理店です。

ほけんのぜんぶの特徴
  • 全国どこでも足を運んでくれる(離島を除く)
  • 41社の保険会社の商品を扱い、商品を一気に比較できる
  • FPの資格取得率が100%

ほけんのぜんぶの最大の特徴として、在籍している相談員のほぼ100%が国家資格であるFPの資格を所持しているという点です。

ほけんのぜんぶは比較的新しいサービスなので、口コミや実績は保険見直しラボには及びませんが、お金に関する相談には定評があります。

ほけんのぜんぶでは以下のプレゼントがもらえます。

ほけんのぜんぶ_キャンペーン

ほけんのぜんぶ 利用者の口コミ

よく分からなかった保険のしくみや内容が納得のいくものに

皆入っているからと、何となく加入した保険でしたが、毎月結構な額を払っていることに気付き本当に必要なのか、また、自分の加入している保険のことがいまいちよく分からないと思っていました。

そんな時にネットでほけんのぜんぶのサイトを見つけて相談してみようと利用しました。

実際に相談した方は、物腰が柔らかく、FPの方も経験豊富な感じで、分からないことにも丁寧に説明していただき、やっと保険のことが理解した気持ちになりました。

結果、今後のことを考えて別の保険の方がいいかもと思い、紹介していただいたプランに加入しました。大満足です。

もっと早く知っていたら良かったと思います。

>>> ほけんのぜんぶで相談!<<<

ほけんのぜんぶ
公式サイトはこちら

3位 保険相談ニアエル

保険相談_おすすめ_保険相談ニアエル

保険相談ニアエルは保険代理店ではなく、保険代理店と保険の相談をしたいお客様をつなげるサービス(ポータルサイト)を提供している会社です。

保険相談ニアエルの特徴
  • 当日の保険相談にも対応
  • コロナの影響でWEBオンライン相談が可能に
  • 店舗ごとの評判や口コミを見ることができる

保険相談ニアエルの特徴は以上の3つ。

まず、当日の保険相談が対応しているところです。

そのため、忙しい方でも予定が急に空いたときなどに予約できるため、融通が利きますね。

WEB上でいくつかの個人情報を入力するだけで予約が可能です。

また、他の利用者のクチコミを確認できる相談窓口もそう多くないでしょう。

店舗ごとの評判を確認でき、接客態度はどうだったのかやお客様の声についても見ることができます。

保険相談ニアエル 利用者の口コミ

今まで気持ち程度の医療保険にあまり考えずに入っていましたが、結婚して子供ができたらいろいろ考えないわけにはいかなくなりました。

でも家系的に入院したことなどなく、実感がわかなかったので保険相談ショップに行って決めました。

結婚し、家も買って今が一番お金がいるときなので今の家計を圧迫し過ぎない無理のない保険を選べたと思います。

出典:保険相談ニアエル

>>> 保険相談ニアエルを利用してみる<<<

保険相談ニアエル
公式サイトはこちら

 


このように保険で迷われた場合は、保険相談サービスの利用が便利です。

相談は何度でも無料なので、まずは1つを利用してみて、不安が残るようであれば他のサービスを利用してみるといったこともおすすめです。

松葉 直隆

保険見直しラボ

>>> ファイナンシャルプランナーに相談<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

火災保険料をできるだけ安くする方法

火災保険料を安くする方法

火災保険の保険料を決める要素って意外と多いのですね。
保険料を決める要素も気になりますが、やっぱり少しでも安くする方法が知りたいです。

火災保険の保険料は様々な要素によって決まります。

また、保険契約の仕方や補償内容によっても保険料が変わってきます。

そこで、ここでは保険料を安くする方法をいくつか紹介していきます。

無駄な補償を省く

火災保険の保険料を安くする方法のひとつが、無駄な補償を省くことです。

火災保険の補償範内容でも紹介しましたように、火災保険の補償範囲は意外に広いです。

そのため、物件によっては無駄な補償となる内容もあります。

最も解りやすいのは、マンションの3階以上に住んでいる方にとっての水災補償です。

水災補償は、大雨による浸水や土砂崩れなどによる損害を補償する内容となっています。

そのため、浸水や土砂崩れのリスクが極端に低いと言える、マンションの3階以上に住んでいる方にとって水災補償は無駄な補償とも言えます。

水災補償を省いても保険料はそんなに変わらないと思われる方も多いと思いますが、ザックリと言うと1割程度は保険料が変わります。

また、破損・汚損や偶然な事故の補償も省くことが出来る商品もあります。

火災保険に関しては、ベースとなる基本的な補償はありますが、水災補償や破損・汚損や各費用保険金など、細かな補償を省くことが出来る商品が多くなっていますので、ご自身の建物の立地をしっかりと確認して、必要な補償だけを選ぶことで保険料の節約になります。

>>>あなたの保険保障の相談を無料で<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

長期契約をする

火災保険に限らずですが、契約年数を長期化することで保険料を安くすることが出来ます

基本的に損害保険は1年契約の場合が多く、1年毎に契約の更新をしなければいけませんが、契約期間を1年ではなく5年にすることで保険料が安くなるのです。

また、5年契約にすると保険料を一括で支払わなければいけないと思う方もいらっしゃると思いますが、保険料の支払いは年払いを選択することで1年ずつ保険料を支払うことが可能となります。

こうすることで、保険料の支払いは1年に1回なので、これまで毎年更新していたときと大きな変わりは無いけれど、毎年更新に比べると保険料が安くなるのです。

年間で数千円程度となりますが、塵も積もれば山となると言うことで、毎年更新をしている方は5年などの長期間の契約で保険料の支払いを年払いにしてみましょう

保険料を一括で支払う

長期契約をすると保険料が安くなりますが、さらに保険料を一括で支払うと保険料はもっと安くなります

5年契約で5年分を一括で支払う場合は、保険料総額は年払いの場合よりも安くなります。

また、10年・15年契約にして一括で支払う場合には、もっと保険料は安くなります。

火災保険も自然災害での支払いが多くなり、昔よりも保険料改定(保険料の値上げ)の頻度も高くなっていますので、毎年更新するよりも契約を長期間で縛ってしまい、保険料も一括で支払うと長期的に見てもお得と言えます

因みに、火災保険をはじめとした損害保険は契約したときの保険料率が適応されますので、毎年更新をすると更新の度に保険料の値上げの影響を受けかねないですが、長期契約にしておくことで保険料改定の影響は受けにくくなります

MEMO

火災保険の保険料を安くするためのポイントは、リスクに応じて補償内容を決めること・長期契約をすること・保険料を出来るだけまとめて支払うことの3つとなる。

>>> あなたの保険料の相談を無料で<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

複数の保険会社の見積もりを取り寄せる

火災保険料の算出基準や保障内容などは、保険会社ごとに異なります。

自分に合った火災保険を選ぶために、複数の保険会社から見積もりを比較して、選ぶことをおすすめします。

見積もりを比較する際は、保険料だけではなく、保証内容もしっかり確認することも大切です。

たとえ、保険料の安い火災保険に加入できたとしても、万が一の時に自分に必要な保障が受けられない保険では、加入する意味がないですよね。

ですから、火災保険の検討をするときは、自分に必要な保障や保険金額を決めてから比較してみてください。

火災保険の比較をする際は、保険見直しラボなどの保険相談窓口を利用することをおすすめします。保険のプロにアドバイスをもらいながら複数の火災保険の比較をすることができます。

松葉 直隆

火災保険の見積もりなら
保険見直しラボ

火災保険の注意点

火災保険の注意点

火災保険は意外と心強い保険なのですね。
そんな火災保険の注意点って何かあるのでしょうか?

ここでは、火災保険の注意点をいくつか紹介します。

火災保険も万能ではない!?

火災保険は火災事故だけではなく、大雨や強風などの自然災害でも損害も補償されますが、決して万能ではありません。

火災保険で補償されないケースもいくつかあります

火災保険で補償対象外のケースをいくつかピックアップをします。

火災保険で補償されないケース
  • 雨漏りによる損害
  • 水道管などの破裂
  • 水道管の凍結による損害

よくある事例では上記の3つがあります。

雨漏りの場合

まず、雨漏りの損害に関しては、基本的に火災保険の対象外となります。

理由としては、雨漏りは瑕疵・劣化と言う判断になり、保険会社としては事故という扱いにならないからです。

水道管の破裂の場合

そして、水道管の破裂に関する損害に関しては、水道管の破裂によって生じた損害に関しては火災保険の対象となりますが、水道管自体は補償外となります。

わかりやすく言うと、マンションなどで天井から水漏れをして、その原因が水道管の破裂だった場合には、水漏れによって生じた壁紙や家具への損害は火災保険で補償されますが、水道管自体の破損に掛かる修理は火災保険の対象外となります。

水道管の凍結の場合

冬になると多く発生する水道管の凍結ですが、水道管が凍結した場合の修理費は火災保険の対象となります。

あくまでも、水道管の修理になりますので、付随する損害は対象外になることが多いです。

例えば、希なケースとはなりますが「トイレの便器が凍結によって破損した」と言うような場合は、火災保険の対象外となる事が有ります。

最近では水道管が凍結すると言う事が少なくなっていますので、気になる方は調べておきましょう。

>>>火災保険の無料相談なら<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

保険金の支払い方には注意!?

火災保険には、「再調達価格(新価払い)」「時価(時価払い)」という2つの保険金の支払い方があります。

最近の火災保険の多くは、再調達価格と言い「現在同じ物を用意するならいくら掛かるのか?」と言う評価で損害を認定して、損害額の100%の保険金の支払いをする内容になっています。

しかし、少し前の火災保険では、時価と言って、経過年数を加味して損害額から経過年数分の割合を差し引いて保険金を支払うと言う内容の火災保険もあります。

時価の場合は、損害額の100%の補償を受けられない可能性があります

また、時価評価をする火災保険は非常に安い設定になっていますので、注意する必要があると言えます。

火災保険に加入する際には、保険金の支払い方法が「再調達価格」なのか「時価」なのかをしっかりと確認する様にしましょう。

注意

瑕疵・劣化による損害は、火災保険の対象とならない。

保険金の支払い方は「再調達価格(新価)」にしていると、損害額をしっかりとカバーできるので、再調達価格(新価)で契約をするようにしましょう。

>>>保険金の相談を無料でできます<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

火災保険の相場まとめ

火災保険の相場まとめ

火災保険の相場に関して解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

火災保険では明確に「保険料はこれぐらいですよ」とは言いにくい部分は有りますが、目安としては下記の様な感じと思っておいて下さい。

火災保険料の目安
  • 戸建ての場合は4~5万円/年
  • マンションの場合は2~3万円/年
  • 賃貸の場合は5~6千円/年または15,000~20,000円/2年のパッケージ商品

また、上記は建物だけの保険料目安になりますので、家財道具の補償や地震保険を付加した場合の保険料はもっと高くなります。

家財道具の保険料は補償額にもよりますが、1,000万円の補償で15,000円~20,000円程度になると言えます。

地震保険の保険料は、火災保険の保険料の倍ぐらいが目安となります。

火災保険に加入する際は保険料も大事ですが、補償内容や補償金額と支払い事例などもしっかりと確認して加入するようにしましょう。
保障内容・条件がご家庭のニーズに合わなければ、加入を見送ることも大切です。

>>>無料相談であなたの火災保険料がわかります<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら