リクルートダイレクトスカウトの評判はやばい?特徴や口コミからリアルの評価を解説

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターや企業からの「スカウト」をメインにハイクラス求人を紹介する転職支援サービスです。

年収800万円以上も目指せるため、キャリアアップや年収アップを目指している方に人気が高くなっています。

ただし、ハイクラス求人を専門に扱っているからこそ、リクルートダイレクトスカウトは誰にでも合うわけではありません。

本記事では、口コミからわかったリクルートダイレクトスカウトの本当の評判を紹介し、上手に使いこなすためのコツを伝授します。

リクルートダイレクトスカウトを利用して転職活動をしてみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

もくじ

リクルートダイレクトスカウトの総評

リクルートダイレクトスカウト_評判_総評

まず、リクルートダイレクトスカウトに関する口コミ調査の総評を紹介します。

良い口コミ評判 悪い口コミ評判
①求人数が豊富でスカウトも多数届く
②希望条件以上の求人を紹介してくれた
③年収が上がった
①通知が多すぎる
②未経験だと難しい
③利用を断られた

リクルートダイレクトスカウトの評判は、良い口コミと悪い口コミが半々くらいで賛否両論。

良い口コミ評判では「質の良い求人を紹介してもらえた」と指摘する声が多かったです。

その一方、悪い口コミ評判では「初心者だと利用しにくい」「通知が多く面倒」という意見が目立ちました。

次に、リクルートダイレクトスカウトを項目ごとに5段階で評価してみました。

求人数 ★★★★★(業界最大級の豊富な求人)
求人の質 ★★★★★(高収入の案件が多い)
対象エリア ★★★★(全国対応だが首都圏が多数)
サポート内容 ★★★(手厚いサポートは期待できない)
スタッフ対応 ★★★★(丁寧な対応に定評)
企業の信頼性 ★★★★★(大手のリクルートが運営)
口コミ評判 ★★★(「良い」と「悪い」が半々)

リクルートダイレクトスカウトは、「求人」や「企業の信頼性」で高い評価を得ているのが特徴。

しかし、その一方で「サポート内容」と「口コミ評判」については、微妙な評価も見られました。

なぜ、リクルートダイレクトスカウトのサポート内容や口コミ評判がイマイチなのか?

評価がイマイチである大きな要因は、「初心者向けの丁寧なサポートが受けられないこと」です。

リクルートダイレクトスカウトのターゲットは、ハイクラス求人に見合う「即戦力」となる30代以降のベテラン。

基本的なビジネスマナーは既に身についているものだと考えられているため、手とり足とり丁寧にサポートすることはありません。

そのため、以下のような手厚いサービスを期待している方には、一般的な転職エージェントと比較して、物足りなさを感じてしまう可能性があります。

一般的な転職エージェントで受けられるサービス
  • 応募書類(履歴書・職務経歴書)の添削
  • 面接対策
  • 身だしなみや基本的なビジネスマナーの指導

スカウトで求人を紹介してくれる「ヘッドハンター」は手厚いサポートが特徴的な「転職エージェント」のように細かな支援はないです。

あなたが転職サイトに求めるサポートによって、リクルートダイレクトスカウトの利用満足度が大きく変わってきます。

リクルートダイレクトスカウトとは?サービスや特徴を紹介

リクルートダイレクトスカウト_評判_サービスや特徴を紹介

リクルートダイレクトスカウトには、主に以下のような特徴があります。

リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800~2,000万円のハイクラス求人に強い
  • 3,000名以上のヘッドハンターがあなたに合う求人を提案
  • 副収入を得られる業務委託の「顧問求人」も紹介可能

リクルートダイレクトスカウトは、「旧:キャリアカーバー」を引き継いだ転職サイトで、ワンランク上のハイクラス求人に強いのが特徴です。

人材大手「リクルート」のネットワークを活かした求人数は業界トップクラスで大きな魅力。

キャリアアップや年収アップを目指している30代以降の方に向いており、3,000名以上のヘッドハンターが適性に合った求人を提案してくれます。

長年培ったノウハウで企業をサポートする「顧問求人(業務委託)」の紹介も可能。

顧問求人スカウトはどんな方に向いている?
  • 複業で仕事の可能性を広げたい方
  • 副収入を得たい方
  • リタイア後の働き方を考えているシニア層

登録レジュメは基本的に「匿名公開」されるため、あなたが納得してスカウトメールに返信するまで実名がバレる心配もありません。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約100,000件
非公開求人数 非公開
費用 完全無料
対象エリア 全国
エージェント機能 なし
スカウト機能 あり
公式アプリ なし
主なサービス 求人検索
あなたに最適な求人紹介
スカウトサービス
転職記事コンテンツ

リクルートダイレクトスカウトの悪い口コミ評判

リクルートダイレクトスカウト_評判_悪い口コミ評判

リクルートダイレクトスカウトの評判をTwitterで調査してみたところ、以下のような悪い口コミが確認できました。

リクルートダイレクトスカウトにはどんな問題点があるのか?

それぞれ悪い口コミ評判を確認しておきましょう。

通知が多い

リクルートダイレクトスカウトには、「通知(スカウトメール)が多い」という悪い評判があります。

スカウトメールが多いのは嬉しいことですが、あまりにも多すぎると困ってしまいますよね。

特にリクルートダイレクトスカウトの場合は、以下のようなポイントが利用者にとって強い不満となっているようです

口コミ評判で判明した通知に関する不満点
  • スカウトメールはテンプレートの使い回しが目立つ
  • 求めていない求人まで大量に届く

もしも、スカウトを受信したくない場合は、公式HPの設定画面からスカウトサービスを「利用しない」を選択してみてください。

スカウトサービスを「利用しない」に設定すれば、以後スカウトメールが届かなくなるので安心です。

未経験チャレンジは厳しい

リクルートダイレクトスカウトには、「未経験チャレンジは厳しい」という悪い評判があります。

リクルートダイレクトスカウトでは、主に「経験ありの業界」からのスカウトが多くなる傾向。

そのため、「新しい業界に挑戦したい!」と考えている方にとっては、なかなか希望の求人が届かず不満に感じることがあるようです。

いつまで待っても希望の求人を紹介されない場合は、自分で希望求人を探してヘッドハンターへ応募依頼を出してみるのも一つの手段。

ただし、リクルートダイレクトスカウトでは、企業への直接応募はできず、担当のヘッドハンター経由の応募となる点に注意をしないといけません。

ヘッドハンターからの返信は、通常「一週間」以内。

応募依頼を出してから一週間が経過しても返信が来ない場合は、公式HPの「お問い合わせフォーム」から連絡しましょう。

利用を断られることもある

リクルートダイレクトスカウトには、「利用を断られることもある」という悪い評判があります。

リクルートダイレクトスカウトは、年収800〜2,000万円の求人が多いため、選考のハードルも高くなりがち。

そのため、企業の希望条件を十分に満たしていない場合は、断られてしまう可能性も十分に考えられます。

サイトが使いにくい

リクルートダイレクトスカウトには、「サイトが使いにくい」という悪い評判があります。

リクルートダイレクトスカウトの公式HPは、シンプルな作りになっていますが、言葉足らずでわかりにくいのが難点。

また、「特定企業からのスカウトを止めたくても停止機能がない」など、サイトの機能面でも不満が指摘されています。

リクルートダイレクトスカウトの良い口コミ評判

リクルートダイレクトスカウト_評判_良い口コミ評判

次に、Twitterの口コミからわかったリクルートダイレクトスカウトの良い評判を紹介します。

リクルートダイレクトスカウトはどんなところが便利なのか?

具体的なメリットをチェックしておきましょう。

希望条件以上の求人を紹介してもらえた

リクルートダイレクトスカウトには、「希望条件以上の求人を紹介してもらえた」という良い評判があります。

特にリクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は日経企業のハイクラス求人に強いのが特徴。

日系企業で年収1,000万円以上を目指している方に向いていると言えそうです。

こだわり検索機能が素晴らしい

リクルートダイレクトスカウトは、「こだわり検索機能が素晴らしい」という良い評判があります。

リクルートダイレクトスカウトの悪い口コミ評判の中には、「サイトが利用しにくい」という意見がありました。

しかし、サイトの全てが悪いわけではなく、求人のこだわり検索機能については、好意的な意見も見られます。

リクルートダイレクトスカウトでは、以下のようなこだわり条件から希望求人を絞って検索することが可能です。

リクルートダイレクトスカウトで利用できるこだわり検索の一例
  • 外資系企業
  • 上場企業
  • 英語を活かす
  • 中国語を活かす
  • MBA取得者関係
  • 転勤なし
  • 海外勤務あり
  • 管理職(マネージャー)
  • リモート(在宅勤務可)

あなたのこだわりから企業を探すことで、効率的に転職活動を進めることができます。

スカウトが届く

リクルートダイレクトスカウトには、「スカウトが届く」という良い評判があります。

スカウト機能がある転職サイトは、レジュメを登録していれば、スカウトメールが届くため、忙しい方でも効率的に転職活動ができるのが魅力。

求人を仲介してくれる転職エージェントも便利ですが、選考ごとに打ち合わせや対策が必要になるため、人によっては使いにくい場合も。

既に経験が豊富でレジュメや面接の基本はわかっており、わざわざ指導を受けたくないという方には、スカウトの方が使いやすいはず。

年収が上がった

リクルートダイレクトスカウトには、「年収が上がった」という良い評判があります。

30代〜40代になると、転職は「待遇」も含めて慎重に検討したいものですよね。

その点、リクルートダイレクトスカウトは、高収入の求人が多いため、待遇面で期待できます。

転職でキャリアアップや年収アップを目指すのであれば、扱っている求人の質が良い転職サイトを選ぶことが重要です。

リクルートダイレクトスカウトの評判からオススメできる人が判明

リクルートダイレクトスカウト_評判_オススメできる人

リクルートダイレクトスカウトの評判を調査した結果、「向いているタイプ」と「向いていないタイプ」は以下の通りです。

向いている方 向いていない方
・高いスキルや実績がある30代以降の方
・年収800万円以上のハイクラス求人を希望している方
・スキルや経験が乏しい方
・転職を急いでいる方

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターによるスカウト機能をメインとしているのが最大の特徴。

そのため、「スカウトされる魅力」があるかによって、利用しやすいかどうかが大きく変わってしまいます。

ヘッドハンターからスカウトを受けやすいのは、以下のようなタイプ。

スカウトを受けやすい方の特徴
  • 専門知識&スキルが豊富
  • 実績や経験が十分
  • 転職回数が少ない

これまでの経験や高い専門知識を武器にキャリアアップや年収アップを目指したい方には、リクルートダイレクトスカウトは役立ちます。

逆に、これと言ったスキルや経験が乏しい場合は、ヘッドハンターの目に留まらず、なかなかスカウトを受けられない可能性が大。

おまけに、スカウトはいつされるのかわからないため、転職を急いでいる方ともあまり相性が良くありません。

リクルートダイレクトスカウトは、どちらかというと、経験が豊富な30代以降のベテラン向き。

経験の浅い20代では使いこなすのが難しいかもしれません。

経験の浅い20代の方がどうしてもリクルートダイレクトスカウトを利用したいなら、他社の転職サイトと併用するのがポイント。

万が一、リクルートダイレクトスカウトから声が掛からなくても、転職サイトを複数併用すれば、他のチャンスを逃さず、効率的に活動出来ます。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの3つの違い

リクルートダイレクトスカウト_評判_ビズリーチとの違い

スカウト制度を採用している転職サイトとして、よく比較されるリクルートダイレクトスカウトとビズリーチには、主に3つの違いがあります。

具体的にはどのような違いがあるのか、それぞれ確認しておきましょう。

ビズリーチは「有料」

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの一つ目の違いは、ビズリーチには「有料」の会員コースがあること。

リクルートダイレクトスカウトは誰でも無料で全サービスを利用できますが、ビズリーチでは会員コースによって利用できるサービスが異なります。

スタンダードステージ プレミアムステージ
(タレント会員)
プレミアムステージ
(ハイクラス会員)
費用 無料 3,278円/30日間 5,478円/30日間
求人の検索・閲覧 △(企業名は非公開) 〇(年収1,000万円未満の求人のみ)
求人への応募 △(一部のみ可能) 〇(年収1,000万円未満の求人のみ)
スカウトの閲覧・返信 △(プラチナスカウトのみ)
プレミアムコンテンツの利用 ×

同じハイクラス求人を扱う転職サイトでも、ビズリーチよりリクルートダイレクトスカウトを利用した方が経済的な負担は少なく済みます。

ビズリーチには「審査」がある

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの二つ目の違いは、ビズリーチには「審査」があることです。

ビズリーチのタレント会員までは、会員費用を支払えば誰でも利用できます。

しかし、ハイクラス会員だけは「年収」による審査があります。

ビズリーチのハイクラス会員になるためには、最低でも「年収750万円以上」が必要。

年収が750万円未満の方は、タレント会員までしかなれないため、一部サービスの制限を受けることになります。

特に年収1,000万円以上の求人を探している場合は、ハイクラス会員にならなければ、ビズリーチを利用する価値が薄れるので要注意。

無料で年収1,000万円以上の求人を探したい方にはリクルートダイレクトスカウトの方が向いています。

ビズリーチの方が「ヘッドハンターの数」が多い

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの三つ目の違いは、登録しているヘッドハンターの数です。

2021年7月時点で、登録ヘッドハンター数がリクルートダイレクトスカウトは3,000名以上、ビズリーチは5,100人以上とビズリーチが優勢。

ただし、転職を成功させる上で重要なのは、ヘッドハンターの数よりも「相性」です。

スカウト機能がある転職サイトは、どうしてもヘッドハンターとの相性が選考にも影響しがち。

相性の悪いヘッドハンターに当たってしまうと、連絡を取るのが苦痛になったり、なかなか選考も通りにくくなってしまいます。

そのため、自分のことをしっかり理解してくれるヘッドハンターがいるかどうかを重視して転職サイトを選ぶことが重要です。

例え、ヘッドハンターの数が少なくても、あなたのことを理解してくれるヘッドハンターがいるのであれば問題ありません。

リクルートダイレクトスカウトでスカウトをもらいやすくなる方法

リクルートダイレクトスカウト_評判_スカウトをもらいやすくする方法

リクルートダイレクトスカウトでスカウトをもらいやすくするためには、以下の3つの方法があります。

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

希望年収を高望みし過ぎない

リクルートダイレクトスカウトでスカウトをもらいやすくするためには、希望年収を高望みしないことが重要です。

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス求人を多く扱っているので、ついつい高年収の求人に目が行ってしまいますよね。

しかし、高年収の求人というのは、それだけ求められるスキルや経験も高くなるもの。

身の丈に合わない高年収を望めば、当然スカウトは来なくなってしまいます。

一般的に、妥当だと思われる希望年収は、現在の年収プラス「100万円」程度。

いくら転職を利用して年収アップをしたくても、一気に年収200万円や300万円以上のアップは「高望み」と受け取られてしまいます。

一度で急激に年収アップを目指すのは危険。

入社してから昇給を目指したり、さらに経験を積んでからもう一度キャリアアップのために転職するなど、長期的な年収アップを目指すほうが現実的です。

ヘッドハンターの目に留まるレジュメを作成する

リクルートダイレクトスカウトでスカウトを増やすために一番有効な方法は、ヘッドハンターの目に留まる魅力的なレジュメを作成すること。

空欄が目立つレジュメは再考の余地があります。

職務経歴書の書き方を研究して、レジュメをもっと魅力的に見せるべきです。

レジュメを書く時には、以下のポイントを意識してみてください。

ヘッドハンターの目に留まるレジュメを書くポイント
  • 実績は「具体的な数」を明記する
  • ヘッドハンターが好む「検索キーワード」を入れる
  • 明確なキャリアプランを書く

ヘッドハンターの心をつかむポイントは「具体性」。

「営業成績No.1で表彰された」

「社内で社長賞をもらった」など

特別な実績があるのであれば、しっかりアピールすること。

また、ヘッドハンターは、膨大な登録レジュメから条件に合う求職者を見つけるために、「キーワード」で絞り込み検索をしています。

そうしたヘッドハンターの習慣を利用して、応募書類にヘッドハンターが好む検索キーワードを入れて、スカウトされやすくするのも有効です。

具体的には、以下のような専門用語がヘッドハンターの検索キーワードとして使用されています。

ヘッドハンターがレジュメ検索で使用するキーワードの一例
  • 営業
  • 育成
  • 販売
  • リーダー
  • AWS
  • 運営
  • AI
  • クラウド
  • SaaS
  • データサイエンス

簡潔でわかりやすいレジュメを心掛ける

リクルートダイレクトスカウトでスカウトをもらいやすくするためには、簡潔で誰が読んでもわかりやすいレジュメを意識することも大事です。

レジュメはダラダラと長くなってしまうのもダメですが、短すぎても良くありません。

企業が知りたい実績やスキルについて、相手にわかりやすく伝える必要があります。

リクルートダイレクトスカウトの登録情報やレジュメは、後で変更することも可能なので、時間を置いてから見直しをしてみてください。

自分のレジュメを見直すことで、自分がヘッドハンターや企業からどのように見られているのか、冷静に判断することができます。

また、何度見直しても自分のレジュメが良いかどうか判断できない方は、一度転職エージェントでプロのアドバイスを聞くのも一つの手段。

転職エージェントであれば、レジュメの添削をしてくれるところも多いので、自分の書いたレジュメのどこが悪いのか気づきやすくなります。

リクルートダイレクトスカウトでは、レジュメの添削を受けられないため、転職エージェントと上手く併用してみてください。

リクルートダイレクトスカウトを上手に活用する5つのポイント

リクルートダイレクトスカウト_評判_上手に活用するポイント

リクルートダイレクトスカウトを上手に活用するためには、以下の5つのポイントを押さえておく必要があります。

リクルートダイレクトスカウトの賢い活用方法を覚えて、内定を上手く獲得していきましょう。

転職サイトに複数登録する

リクルートダイレクトスカウトを賢く活用したいなら、転職サイトに複数登録しましょう。

なぜなら、リクルートダイレクトスカウトでの転職活動は、ヘッドハンターからの連絡待ちが多く、転職活動の効率が悪いからです。

自分のペースで自由に転職活動を進められないので、転職を急いでいる方は、リクルートダイレクトスカウト1本に絞ることはおすすめできません。

その点、転職サイトは、あなたのペースでどんどん活動していけるので、ストレスを感じにくいのがよいところです。

また、転職サイトはそれぞれ独自求人を持っていますので、複数のサイトに登録をすれば、それだけ良い求人に出会える確率が高くなるのも魅力。

どの転職サイトにも一長一短があるので、あなたの求めているサービスを提供してくれるところを、しっかり見極めることが重要です。

実際、転職活動は1社に応募しただけでは、簡単に内定は獲れません。

そのため良い求人との出会いを狭めないように、日頃から複数のサイトをチェックしておくと安心です。

転職サイトに複数登録するメリット
  • 複数登録してチャンスを広げれば良い求人に出会える可能性もUP
  • 自分のペースでどんどん転職活動を進められる

転職エージェントを併用する

リクルートダイレクトスカウトは、サポートがそれほど手厚くないので、面倒見が良い転職エージェントと併用するのがおすすめです。

スカウトとは違うタイプの転職支援サービスを併用することで、リクルートダイレクトスカウトの難点を上手くカバーできます。

転職エージェントなら、リクルートダイレクトスカウトでは対応していないレジュメの添削や模擬面接も指導可能。

担当のキャリアアドバイザーがマンツーマンでしっかりサポートをしてくれるので、転職エージェントは登録しておいて損はありません。

特に転職が初めてで、気軽に相談できる相手を求めている方なら、いつでも親身になってくれる転職エージェントの方が利用しやすいはず。

ヘッドハンターは、企業との仲介はしてくれますが、求職者の面倒を丸ごとみてくれるわけではありません

エージェントとヘッドハンターの違いがわからず、ヘッドハンターに頼り過ぎてしまうと、悪い印象を持たれる可能性があるため要注意。

ヘッドハンターに頼れない部分は、転職エージェントで補うのが正解です。

転職エージェントと併用するメリット
  • 転職エージェントは面倒見が良いので初心者に安心
  • 転職エージェントなら「レジュメ添削」や「模擬面接」にも対応

ヘッドハンターと相性が悪い場合は変更する

リクルートダイレクトスカウトでは、自分で好きなヘッドハンターを選ぶことができるため、相性が悪い場合はすぐに変更するのがおすすめ。

ヘッドハンターとの相性によって、あなたへの評価は大きく変わり、内定の取りやすさも左右します。

当然、ヘッドハンターとの相性が良い方が、あなたを上手くアピールしてくれるので内定も決まりやすくなりがち。

一方、ヘッドハンターとの相性が悪いと、あなたの良さを上手く引きだせないため、選考にも少なからず悪影響が出る可能性があります。

また、リクルートダイレクトスカウトでは、ヘッドハンターを経由しての応募となるため、ヘッドハンターとの連絡がどうしても頻繁になりがち。

気の合わないヘッドハンターだと、そうした打ち合わせが大きな負担に感じられ、ヘッドハンターとの人間関係で悩んでしまうこともあります。

ヘッドハンターとの人間関係の悩みは、転職活動で大きな障害になる可能性が大

相性が悪いと感じたら、無理をしないで早々に別のヘッドハンターを探してみてください。

ヘッドハンターとの相性が悪いサイン
  • ヘッドハンターがあなたのことを上手くサポートできない
  • 人間関係のストレスをためやすくなる

推薦状を確認する

リクルートダイレクトスカウトで、ヘッドハンターが推薦状を書いてくれる場合、事前に確認しておきましょう。

なぜなら、推薦状の内容を知らないと、面接の時に相違点が出てきてしまい、上手く話が噛み合わなくなってしまう可能性があるからです。

本来、推薦状は履歴書や職務経歴書には記載できなかった「あなたの良いところ」をアピールするもの。

しかし、相性が悪いヘッドハンターだと、あなたの良さを見抜けず、良い推薦状を書いてくれないケースもあります。

そのため、推薦状は面接対策のためにも、事前に中身を確認させてもらうのが安心。

ただし、推薦状は必ず中身を確認させてもらえるわけではなく、ヘッドハンターがダメだと言えば、中身は確認できません。

この際、絶対にやってはいけないのは、どうしても見たいからと言って、推薦状を勝手に開封してしまうこと。

ダメだと言われた推薦状を勝手に開封すれば、ヘッドハンターは勿論のこと、企業からも信用を失ってしまいます。

当然、選考にも悪い影響を及ぼす可能性があるため、推薦状はヘッドハンターの了解を得た場合のみ確認してください。

推薦状の注意点
  • 面接で話を合わせるために推薦状の内容は事前に確認
  • 推薦状を勝手に開封しない

レジュメを埋めてプロフィールを充実させる

リクルートダイレクトスカウトを利用するなら、登録するレジュメやプロフィールはしっかり記載することが重要。

レジュメやプロフィールを詳しく記載することで、ヘッドハンターや企業の目に留まりやすくなります。

もしも、レジュメやプロフィールに空欄が目立つようであれば、自己分析をもう一度よくしてみること。

空欄が多くなるのは、「自分をよく知らないから」。

自己分析をしっかり行い、自分の武器を見つけることができれば、レジュメやプロフィールは充実させることができます。

レジュメやプロフィールを充実させるポイント
  • 自己分析をしてみる
  • 自分一人で自己分析が難しい場合は転職エージェントの「レジュメ添削」を利用する

リクルートダイレクトスカウトと併用がおすすめの転職サイト

リクルートダイレクトスカウト_評判_併用がおすすめの転職サイト

リクルートダイレクトスカウトと併用するのにおすすめの転職サイトを4社厳選しました。

リクルートダイレクトスカウトと併用がおすすめの転職サイト

それぞれの特徴を把握して、あなたに合う転職サイトを探してみてください。

リクナビNEXT

リクナビNEXTには、主に以下のような特徴があります。

リクナビNEXTの特徴
  • 日本最大級の求人データベースを利用できる
  • 企業からの直接オファー(スカウト)がある
  • 経験が浅い第二新卒にも対応

リクナビNEXTは、リクルートが長年蓄積してきた膨大な求人データベースの中から、高精度AIを利用して適性に合った求人を検索できるのが魅力。

市場に出回っていない非公開企業からの直接オファーもあり、幅広くチャンスをうかがうことができます。

経験が浅い第二新卒の応募を歓迎している求人も多く、20代でも使いやすい転職サイトの一つです。

その他、リクナビNEXTには以下のような転職支援ツールも充実しています。

リクナビNEXTの便利なサービス
  • 携帯からも求人をチェックできる「リクナビNEXTアプリ」
  • 自己分析に役立つ「グッドポイント診断」
  • 条件が豊富な「絞り込み検索機能」
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約50,000件
費用 完全無料
対象エリア 全国
新着求人情報 毎週水・金曜日に更新
エージェント機能 なし
スカウト機能 あり
公式アプリ あり
主なサービス 求人公開
転職サポートコンテンツ

リクルートエージェント

リクルートエージェントには、主に以下のような特徴があります。

リクルートエージェントの特徴
  • 10万件を超える業界最大級の非公開求人数
  • 転職市場に精通したプロが的確にアドバイス
  • 選考通過率を上げるノウハウの提供

リクルートエージェントは、各専門分野に精通したプロが、マンツーマンであなたの転職活動をサポートしてくれるのが特徴。

長年のノウハウを活かし、選考通過率をアップさせる応募書類の書き方や面接対策を指導してくれます。

業界最大級の非公開求人を保有しているため、希望に合った求人を見つけやすいところも魅力。

その他、リクナビエージェントでは以下のサービスも活用できます。

リクルートエージェントの便利なサービス
  • 応募書類の作成で役に立つ「職務経歴書のフォーマットダウンロード」
  • オンラインでも参加可能なテーマ別の「転職セミナー」
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約130,000件
非公開求人数 約100,000件以上※
費用 完全無料
対象エリア 全国
エージェント機能 あり
主なサービス 求人紹介
独自の企業情報を提供
書類添削
応募・書類選考
面接対策
年収交渉や退職交渉など

※2020年8月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェントには、主に以下のような特徴があります。

マイナビエージェントの特徴
  • 丁寧なヒアリングをした上での高いマッチング力
  • 独自の取り扱い求人も豊富
  • 書類添削&模擬面接で内定率UP

マイナビエージェントは、内定率を上げるための書類添削や模擬面接の対策が非常に丁寧で、転職が初めての方も安心して利用できるのが魅力。

適性や希望に合った求人とのマッチング力も高く、面倒見が良い転職支援サービスを探しているなら、登録をして損はありません。

独自の取り扱い求人も多く、ベンチャーから大手まで幅広い求人をカバーしています。

その他、マイナビエージェントでは以下のようなサービスも利用できます。

マイナビエージェントの便利なサービス
  • 入力するだけ簡単に作成できる「職務経歴書作成ツール」
  • 求人選びで参考にしたい「平均年収ランキング」
  • 各業界の転職市況を知ることができる「転職相談会」
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 約32,511件
非公開求人数 非公開
費用 完全無料
対象エリア 全国
新着求人情報 毎日更新
エージェント機能 あり
スカウト機能 なし
公式アプリ なし
主なサービス ヒアリング
あなたに最適な求人紹介
応募書類の添削
推薦状
模擬面接
年収交渉や入社日の調整
マイナビAGENTを無料登録
  • マイナビAGENTが初めての転職でも安心の理由は「他社にはないマッチング力」
  • 業界に精通したプロフェッショナルがあなたの転職活動を全力でサポート
  • あなたの希望から最適な企業をご紹介!
  • 応募書類の添削から面接対策まで成功率を上げるために徹底的にアドバイス

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

>>> マイナビAGENT 無料登録<<<

マイナビAGENT 公式サイトはこちら

JACリクルートメント

JACリクルートメントには、主に以下のような特徴があります。

JACリクルートメントの特徴
  • 管理職や専門職のハイクラス求人に強い
  • 海外勤務を含む外資系求人も豊富
  • 語学力を生かせる

JACリクルートメントは外資系の求人に強く、語学力を生かしたい方や、海外勤務を探している方には、外せない転職エージェントの一つです。

管理職や専門職のハイクラス求人も多く、キャリアアップを目指す30代~50代に向いています。

これまで約43万人以上の転職支援実績があり、優秀なコンサルタントが揃っていると口コミでも高い評価を獲得しているのが特徴。

その他、JACリクルートメントでは以下のようなサービスも提供されています。

JACリクルートメントの便利なサービス
  • 応募業界別にポイントをまとめた「レジュメの書き方マニュアル」
  • 英語面接にも対応している「面接対策マニュアル」
  • 業界やテーマ別に開催される「転職個別相談会」
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数 約12,000件
費用 完全無料
対象エリア 全国
エージェント機能 あり
スカウト機能 あり
主なサービス 求人検索
あなたに最適な求人紹介
転職ノウハウの記事
応募書類へのアドバイス
面接対策
入社スケジュールの調整
面接の合否とその理由や印象など共有
雇用条件などの交渉
複数内定の場合の相談
円満退社に向けたアドバイス など

リクルートダイレクトスカウトのご利用の流れ

リクルートダイレクトスカウト_評判_利用手順

リクルートダイレクトスカウトの利用手順は以下の通りです。

リクルートダイレクトスカウトのご利用手順

無料登録

まずは、リクルートダイレクトスカウトの公式HPからメールアドレスを入力して無料の会員登録を行います。(Facebookを利用して新規会員登録することも可能)

入力したメールアドレスに確認メールが届けば「仮登録」の完了。

確認のメールのURLをクリックして、登録情報を入力します。

リクルートダイレクトスカウトへの登録で必要になる情報は以下の通りです。

登録する必要がある項目
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 職歴
  • 学歴
  • 語学レベル(英語)

個人情報を全て入力したら、次はレジュメ(職務経歴書)の作成へ進みます。

レジュメの登録

リクルートダイレクトスカウトのレジュメ作成画面では、主に以下の内容を入力します。

レジュメで入力する情報
  • 経験社数
  • 企業名
  • 在籍期間
  • 年収
  • 業種
  • 職種
  • 職務内容
  • メール設定

職務内容はフリースペースとなっているため、これまで経験した詳しい業務内容や実績をしっかり記載しておくこと。

職務内容が適当だったり、空欄が目立つとヘッドハンターからスカウトをもらいにくくなってしまいます。

職務内容はレジュメの作成で最も力を入れるべきポイントです。

サービス開始

レジュメを無事に登録できたら、スカウトサービスの開始です。

あなたの求人を見たヘッドハンターや企業から「スカウトメール」が届くのを待ちます。

この時、在職中の方の中には、在籍企業へ「身元がバレること」を心配している方もいるかもしれません。

しかし、リクルートダイレクトスカウトなら心配無用。

登録されているレジュメは基本的に「匿名公開」なので身元がバレる心配がありません。

実名公開をされるのは、スカウトメッセージの「返信ボタン」をクリックしてから。

あなたから返信をしないかぎり、実名を知られることはありません。

また、求人検索で気に入った仕事があった場合は、担当のヘッドハンターへ「応募依頼」を出すことも可能。

ヘッドハンターとの連絡を取りながら、転職活動を進めていきましょう。

リクルートダイレクトスカウトに関してよくある質問

リクルートダイレクトスカウト_評判_

最後に、リクルートダイレクトスカウトに関するよくある質問をまとめてみました。

疑問や不安を解消してから、安心してリクルートダイレクトスカウトを利用しましょう。

リクルートダイレクトスカウトは無料なの?

はい、リクルートダイレクトスカウトは完全無料でサービス利用することができます。

なぜなら、リクルートダイレクトスカウトは、企業から「人材紹介料」を受け取ることで経営が成り立っているからです。

良い人材を多く紹介すればするほど、リクルートダイレクトスカウトにとっては大きな利益となるシステム。

そのため、企業とのマッチング率が高そうな方を対象に、無料でサービスを提供できるのです。

スカウトが届かない場合は?

リクルートダイレクトスカウトでは、登録した全ての方に必ずスカウトが届くわけではありません。

あなたのレジュメを参考に、ヘッドハンターや企業の一定条件を満たす方にのみスカウトを送るのが特徴です。

そのため、あなたが企業の求めるスキルや経験を満たしていなければ、ヘッドハンターや企業からスカウトが届かない場合もあります。

未経験でも利用できるの?

はい、リクルートダイレクトスカウトは、未経験でも登録できます。

なぜなら、リクルートダイレクトスカウトでは、登録に制限を設けていないからです。

ただし、リクルートダイレクトスカウトでは「即戦力」となる方が対象のため、実際にスカウトをもらうためには相応のスキルや経験が必要。

口コミ評判でも、「未経験の場合は利用を断られることがある」という声が確認できます。

とりあえず登録だけしてもいい?

はい、リクルートダイレクトスカウトは、今すぐに転職する気がなくても、とりあえず登録だけしておくこともできます。

なぜなら、ヘッドハンターや企業からスカウトをもらっても、いつでも辞退することができるからです。

また、スカウト自体を受けたくない場合は、スカウトサービスについて「利用しない」を選択することも可能。

「利用しない」を選択すれば、スカウト対象から外されるため、ヘッドハンターや企業から連絡が来なくなります。

リクルートダイレクトスカウト評判のまとめ

リクルートダイレクトスカウト_評判_まとめ

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス求人を専門に扱っているため、万人受けする転職支援サービスではありません。

スキルや経験が豊富な30代以降の即戦力となる方にはメリットが多い一方、職歴が浅い方はスカウトされにくい可能性があります。

そのため、リクルートダイレクトスカウトを上手く使いこなすためには、一定のスキルや経験が必要不可欠。

もしも、現時点でスキルや実績に自信がない場合は、リクルートダイレクトスカウト1本に絞らず、他社の転職サイトと併用してみてください。

他社の転職サイトと併用することで、質の高いリクルートダイレクトスカウトの求人を待ちながら、他の良い求人も逃さずにチェックできます。

希望通りの求人を見つけるためには、常に間口を広げておくことが重要です。