看護師小児科の働き方とは?必要なスキルや転職する際のポイントも徹底紹介

看護師の小児科はどうなんだろう?

小児科は求められるスキルが高そう、、

看護師の仕事は幅広く、勤務する科によっても仕事内容が変わってきます

これを読んでいる人の中には小児科の看護業務に興味がある人もいるのではないでしょうか。

小児科は子供の看護業務にあたるというイメージが強いですが、小児科は対象年齢が幅広く看護師は様々な業務を行っています。

そこで今回は小児科で働く看護師の仕事や特徴について詳しく解説していきます。

小児科への転職を希望している時に役立つ情報も紹介していますのでぜひご覧ください。

「看護師 小児科」をざっくりというと
  • 小児科の仕事は看護業務の対象が子供なので、看護師に求められるスキルが高い
  • 小児科の中でも看護師の職場は複数あり、職場によって働き方が大いに異なる
  • 子供と触れ合う時間が長いので、子供好きな人やお世話好きな人に向いている
  • 子どもだけでなく、子供の両親や家族にもフォローやケアが必要になる
  • 看護師の小児科の転職求人は少ないので、転職求人サイトを利用するのが良い

※横にスクロールできます

オススメ転職サイト 特徴 公式サイト
看護師_転職サイト_おすすめ_看護のお仕事
看護のお仕事
・求人数が12万件で業界最大級
給料が高いなど紹介案件の質が高いとの声多数
・口コミで評判の高いLINEでの相談
今すぐ無料登録
看護師_転職サイト_おすすめ_看護roo!
看護roo!
・利用者の満足度96.3%と業界No.1
職場の内部事情に詳しいとの声多数
好条件求人が豊富
今すぐ無料登録
看護師_転職サイト_おすすめ_マイナビ看護師
マイナビ看護師
・5年連続、認知度No.1
幅広い求人を取り扱っているとの声多数
マイナビグループの圧倒的信頼度
今すぐ無料登録

 

目次

小児科の看護師の仕事は何か?

診療や治療の際の医師の補助を行う

小児科に勤務する看護師の主な仕事は看護業務で、医師や患者のケアやサポートを行います。

看護師は通常、診察や治療をする時に、医師の横に立ち補助業務を行います。

医師が処置する状況を見ながら積極的に手伝い、指示があればそれを的確にサポートする事が求められます。

また看護師は患者へのサポートやケアも行います。

詳しい説明や看護処置は看護師が行う事も多く、患者を心身ともにフォローします。

特に小児科は患者が子供であり、子供には分かりやすい言葉を使って説明し、保護者には詳しい状況や治療の説明を行います。

時に子供は診察を嫌がり、暴れだしてしまう事もあります。

そうした時にも冷静に医師のサポートや看護処置を行う事が小児科の看護師には求められます。

検査や処理の内容を保護者と子供に伝える

何かの検査や処置をする前には、看護師から保護者と子供へ説明します。

子どもには分かりやすく丁寧に言葉を選びながら説明し、安心して治療を受けることができるように努めます。

また保護者は子供に何をするのか子供以上に不安になる事があります。

そうした不安を取り除くためにも、分かりやすく説明する事で検査や処置に対する理解を求めます。

また症状や治療に関して何か不安や心配している事に関しても、耳を傾け安心させるように努める事も大切です。

点滴や採血などの看護業務ケアを行う

看護師は看護業務を行い患者のサポートをします。

看護業務とは点滴や採血などの看護師が行う仕事で、患者の病気やけがの治療を行います。

子供はこうした処置を嫌がる子も多く、時には泣き出してしまい、暴れてしまう子もいます。

そうした時には子供を落ち着かせながらも、怪我をしないように抑えながら処置をする必要があります。

どんな状況においても冷静に処置を行い対処できる力が必要です。

家族のメンタルサポートを行う

小児科にかかる子供の中には重度のけがや病気、またそれらの症状が長期的な場合もあります。

そうした場合に、体調の悪い子供はもちろん、その家族のメンタル面でのサポートを行うのはとても大切です。

メンタル面でのサポートも看護師の仕事の一部です。

特に保護者は自分の子供が大丈夫かどうか、いつ頃治るのかといった心配があります。

そうした心配へも「大丈夫ですよ」と励まし、悩みがあれば聞くなどして出来るだけ保護者に前向きな気持ちになってもらえるように努めます。

子供の成長を発達を踏まえてサポートする

子供の成長は著しく、その年齢に応じて必要な接し方があります。

例えば、幼少期は出来るだけ優しく保護者のように接し、思春期を迎えた子供にはあまり刺激しない言葉を選ぶなどです。

さりげない看護師の言葉が子供には大きな印象を与えてしまう事もあります。

そうした点に配慮しながら日々サポート業務を行います。

看護師は医療的な補助業務だけではなく、メンタル面での補助業務も行います。

子供の成長と発達を考慮し、相手によって必要な加減を自分で見極めながら臨機応変にサポートをします。

小児科看護師の主な職場とは何か?

小児病棟

小児病棟とは、新生児から思春期の子供までを幅広く見る小児科の業務に加え、急性症状での入院や手術などの目的で入院する子供の治療を行う事を意味しています。

小児病棟では入院している子供を担当する事もあり、症状によっては手術が必要な事もあります。

入院すると子供と保護者双方にメンタル面での負担が大きくなるのでメンタルケアも積極的に行います。

小児科クリニック

小児科クリニックとは、近所のクリニックにある小児科のことを意味しています。

熱や咳、お腹の痛みなど一般的な体の不調の際に診てもらう病院は、体に症状が出て最初に受診する病院です。

その為患者さんにとって小児クリニックは地域の大切な病院です。

体調を崩したり怪我をした幅広い年齢の子供が病院に来ます。

特に季節性のウイルスが流行りやすい時期はクリニックが混みやすいので、冷静かつ的確に業務をこなす必要があります。

小児科集中治療室

小児科集中治療室とは、大人が利用するICUの子供専用の治療室を意味しています。

外科・内科を問わず、呼吸・循環などの臓器に問題があり、生命維持のために全身の経過観察を集中して行う必要がある時に、小児科集中治療室で治療を行います。

時によっては一刻を争うこともあり、看護業務も緊張感の走る場面が多くあります。

また念入りに経過観察をする必要があり、急変に注意が必要な場合もあります。

容体が急変すると一刻を争う場合もあるので、一般の入院患者よりも特に気を付けて看護する必要があります。

新生児特定治療室

妊娠予定日よりも早く生まれた赤ちゃんが、適切な状態に成長するまで様子を見たり、出産時に少し異変があった場合に様子を観察する為に使われるのが新生児特定治療室です。

新生児特定治療室は、乳児を24時間体制で観察します。

看護師としての業務も多く、乳児に異変がないか医師と連帯しながら見守ります。

継続保育室・回復治療室・発育施設

継続保育室と回復治療室は、新生児特定治療室で急性期の治療を終え回復期に当たる場合に利用する事が多く、回復治療を行います。

医療治療を終えて経過を観察する時には、急変していないか状態は良いかなどを看護師が中心に業務にあたります。

また発育施設では障害を持っていたり、発達スピードがゆるやかな子供を相手に対応する事もあります。

どちらの仕事も細かい変化に気づき、よく観察して丁寧に接することができる気遣いが必要です。

小児科看護師として働く利点とは?

子供たちへの接し方や小児科疾患の知識が吸収できる

小児科で働いていると毎日子供と顔を合わせます。

子どもを相手に日々仕事をする中で、子供への接し方を学ぶことができます。

受診する子供の年齢は幅広く、年齢によって接し方を変える必要があります。

子供への話し方・言葉の選び方を学ぶ事ができるのは、まさに小児科の看護師の利点と言えるでしょう。

また小児科で働くと、小児科疾患の知識を吸収する事も可能です。

小児疾患は入院を要する事も多く、子供や保護者へのケアやフォローも大切になります。

小児疾患の知識を吸収しながら、こうした症状の時はどのような事に気を付けて看護にあたるべきかといったポイントを学ぶ事ができます。

子供たちと過ごす時間が多いので良い関係を築ける

小児科の看護師は子供と過ごす時間がとても長いです。

その中で子供との信頼関係ができることで良い関係を築くこともできます。

特に入院している子供は、日々寂しい思いや辛い思いをしていることが多いです。

そうした時に小児科看護師が心身ともにサポートすることで、子供は絶大な安心感を得ることができるでしょう。

子供は素直ですぐに仲良くなりやすい特徴があるので、近所のお姉さんのような立場で仲良くなることができます。

子供達と良い関係を築くことで、仕事へのやりがいや楽しみを見つける事もできます。

子供と仲良くなり良い関係を築くことができるのは、小児科で働いているからこそと言えます。

子供成長や発達を間近で見ることができる

子供の成長は著しく、特に新生児から小学校に入るまでの間は様々なことができるようになっていきます。

看護業務を行う中でそうした子供の成長を間近で見ることができるのは、小児科で働く利点と言えるでしょう。

特に子供はこれまでできなかったことができるようになり、一回りも二回りも成長していく場面が多くあります。

そうした成長を間近で見る事は、看護業務のやる気やモチベーションも高めてくれます。

子供と接するためやりがいを感じやすい

小児科の看護師は子どもたちの体調が良くなり笑顔が増えてくる様子を間近で見る事ができます。

また小児科の看護師は子供と近い距離にいるので、子供から直接ありがとうと感謝の気持ちを伝えられたり、家族の様に親しくしてくれる場面が多くあります。

こうした子供が元気になっていく様子を見ることができ、感謝される機会が多いのは自らの看護の仕事のモチベーションに繋がります。

小児科での看護師の仕事にやりがいを感じ、日々の仕事を頑張れる原動力に繋がります。

小児科看護師として働く際の注意点

子供が苦しんでいる姿を見てしまう

小児科の看護師として働く時に避けられないのが、子供が苦しんでいる姿を見なくてはいけない事です。

小さな体で苦しんでいる子供を見ると胸が締め付けられる想いになりますが、そうした状況も感情を入れず看護業務に当たらなければなりません。

中には乳児など小さい子共が苦しんでいる場面に遭遇する事も有ります。

そうした場面に遭遇しても仕事をしなければならないという覚悟が小児科の看護師には必要です。

小児科は子供の患者を診るのが仕事です。

その為日々の業務の中で必然的に子供と接する時間が長くなります。

入院している子供の中には入院している事へのストレスで暴れたり騒いだりしてしまうので、子供相手に少し疲れてしまう事もあるでしょう。

大人と接する機会が少なくなる分、意思疎通が大人相手の様に上手くいかない事や小さい子供相手に疲れてしまう事もあるのは事前に注意点として知っておきましょう。

人手不足のため激務になることもある

小児科は子供の数に対して看護師の数が多めに必要とされます。

その為看護師の数が足りず、人手不足で激務になる事もあります。

また子供の体調は急変しやすく、経過もしっかり様子を見ていないといけないケースもあります。

そうした時に仕事量が多く激務になりがちです。

激務なうえに人手不足なのでなかなか休むこともできないという注意点があります。

子供相手なので接し方に困ってしまうこともある

子供は思っている事を口にしてしまう為、時に看護師としての仕事をしながら子供にどう接すれば良いか困ってしまうような場面に遭遇する事もあります。

特に育ち盛りな年齢の子供は説明しても分かってくれなかったり、口答えのような反抗した言葉を言ってくる時もあります。

そうした時に看護師としてどのような態度や言葉で接するのが良いか戸惑ってしまう事もあります。

そうした場面に遭遇した時にも感情をすぐに切り替えることが看護師として求められます。

その為感情の切り替えが素早く出来る人は小児科の看護師に向いていると言えるでしょう。

家族へのサポート対応が難しく感じることも

小児科に来る家族は子供の体調や状態が悪いことに対し、心身ともにダメージを受けていることが多いです。

特に手術や長期入院を伴う場合には、心配や不安が大きくなっている事もあります。

そうした家族へのフォローも小児科の看護師としては行わなければいけませんが、どのようにサポートすればいいか対応の仕方が難しく感じることもあります。

小児科で働くと子どもの家族へのサポートは避けては通れず、人によっては厳しいなと感じてしまいがちなので注意が必要です。

小児科看護師として働くことが向いている人

世話をすることが好きな人

小児科の看護師は子供を相手にする仕事なので、子供の世話をすることが好きな人は小児科看護師に向いていると言えます。

特に子供と遊ぶのが好きだったり、子供の話を聞いたり会話する事を苦に思わず世話する事が好きと思える人は、小児科の仕事を楽しみながらすることができるでしょう。

小児科はメンタル面でのケアも必要で、日々の業務の中で子供と接しながら心身のお世話をします。

子どもが好きな人や子供のお世話が好きな人にはもってこいの仕事と言えるでしょう。

相手のスキルを見て真似するのが上手い人

小児科の看護師として働くには、看護業務に加え、子供やその家族への接し方がとても大切です。

その為他の看護師がどのように仕事をしているかを見て自分も実践しようとすることが大切です。

他の看護師のスキルを見て真似するのが上手い人や、他の看護師の仕事を見ながら自分のスキル取得に意欲の高い人は小児科看護師に向いていると言えます。

子供への接し方や看護業務のやり方など、相手が子供だからこそ他の人の良い所を吸収して自分も良いナースになりたいと考えている人には最適と言えます。

どんな現場でも冷静に対処することができる人

小児科の看護師は相手が子供なので、他の科の看護師よりも冷静さが求められます。

子どもは処置や治療を嫌がり泣いたり騒いだりしてしまいます。

また時には暴れてしまうこともあり、子供が騒いでいても落ち着いて看護業務にあたる必要があります。

子供の容体が急変した緊急時や一刻を争う場合には、より一層冷静に判断しすみやかに行動する事が求められます。

その為どんな現場やどんな状況にあっても冷静に物事を対処することができる人は小児科の看護師に向いていると言えます。

感情の切り替えが素早くできる人

子供はまだ物事の善悪の判断ができない為、看護師に対しても失礼な発言をしてしまう時があります。

また子供の両親や家族などから、子供の病状や治療に関しての不安や不満を強めの言葉で言われ攻められてしまうような場面に遭遇する事もあります。

そうした時に感情の切り替えをすみやかに行い、業務に支障を満たさないようにすることはとても大切です。

感情の切り替えが素早くできる人は、小児科の看護業務も上手く割り切りながらできると言えるでしょう。

医療のスキルが高い人

これまで看護師としての経験が長くある医療スキルの高い人も小児科の看護師に向いていると言えます。

小児科は子供の年齢が低ければ低いほど、ちょっとした容体の変化が生死にかかわる事もあります。

また重病で入院している子供も急変しやすく、出来るだけ高いレベルの看護が求められます。

こうした緊急度が高く重要な仕事を任される現場には、医療経験が長く医療スキルが高い看護師が求められます。

その為医療スキルが高い看護師は小児科で勤務すると、自分のスキルを活かしながら働くことができます。

また長年の看護経験がある人も、小児科での勤務に向いていると言えます。

コミュニケーション能力が高い人

小児科の看護師にはコミュニケーション能力が求められます。

医師・看護師と連帯し患者の情報をしっかりと共有する為のコミュニケーションは日々の業務を行う上でとても大切です。

また患者である子供やその家族に病状を伝えたり、家族からの不安な声を聴きだしたり、患者と患者の家族とのコミュニケーションもとても大切です。

常に自分からアンテナを張り、話しかけた方が良いタイミングを察して声をかけたり、伝え漏れがないかを常に確認するなど周りを見ながら行動する事は小児科の看護業務には欠かせません。

日々の業務でとても役立つので、コミュニケーション能力の高い人は小児科看護師に向いていると言えます。

体力や忍耐力がある人

小児科の業務は心身ともに疲弊する事が多いです。

更に激務が続く時には疲労も蓄積しやすく、思うように休憩ができない時もあります。

その為小児科の看護師は体力や忍耐力のある人が向いていると言えます。

クリニックのような外来でも季節性ウイルスなどが流行る時期には沢山の患者が来ます。

患者が沢山来る時には休む暇なく業務に当たらなくてはならない事もよくあります。

特に患者の多い時期には自分も体調を崩さないように気を付けなければいけません。

また小児科病棟で入院している子供は容体が急変すると重症化してしまう恐れがあります。

その為多忙で疲れていても緊急時にはすぐに業務に取り掛からなければいけなくなります。

こうした理由から体力と忍耐力はあればあるほど看護業務をする上で有利と言えるでしょう。

小児科として働く際に持っておくと良い資格とは?

小児看護専門看護師

小児看護専門看護師とは、特定の専門看護の知識や技術のスキルを兼ね備えた看護師が持つことのできる資格です。

これは重度の病気や複雑な問題を抱えていて治療に長い時間を要していたり、治療を感知することが困難な個人や家族に対して高レベルのケアが提供できる目安として設けられています。

小児看護専門看護師は、子供へ水準の高い看護を提供し、療養生活をより良い形で行うように取り組まれています。

小児救急看護認定看護師

小児救急看護認定看護師とは、一刻を争う救急医療の現場において、子供の状態の緊急度を判断しながら看護業務を行う事のできる資格です。

救命だけではなく、日々の生活から家庭問題への介入、子供の療養生活の援助、虐待などの早期発見と援助、自宅でのホームケア指導なども行います。

この資格を持っていると看護業務に活かせるのに加え、病院からも信頼され任される仕事の幅が広がります。

新生児集中ケア認定看護師

新生児集中ケア認定看護師は、出生してまもなく状態不安定にいる赤ちゃんや、経過観察が必要な赤ちゃんのケアを行うことができる資格です。

新生児の中には出産してすぐ急性期と呼ばれ生死に関わる危険な状態になる事があります。

そうした赤ちゃんの体のケアや発達を助けるケアを行います。

またこうした赤ちゃんの家族へのサポートやケアも重点的に行っています。

小児科看護師に転職するのが難しい理由とは?

小児科看護師の求人数が少ない

小児科の看護師は一度働き始めると、比較的長期間働くという特徴があります。

その為退職者が少ないので求人を出す必要もなく、求人そのものがすくないという特徴があります。

また小児科の看護師に求められるスキルが高い事、小児科で働く看護師は比較的激務をこなさなければいけない事も転職する前には知っておかなければいけません。

仮に小児科の求人があっても自分が希望する条件に見合うものが見つけられない事も有ります。

紹介看護師への転職は倍率が高い

小児科の転職の中でも紹介による看護師の転職はとても倍率が高いです。

元々求人自体が少ないのに対し、応募する看護師が多いので倍率はどうしても多くなってしまいがちです。

それに加え紹介となると、この機会を逃したくないと考える人が多い為、より倍率は高くなってしまう傾向にあります。

少子化の影響により需要が以前より少なくなっている

日本の出生率は毎年下がる一方で、少子化は社会問題とされています。

この少子化の影響により子供の数自体が減っているので、小児科自体に必要な看護師の数も減っている傾向にあります。

小児科自体の需要が減っているので、そこで働く看護師の需要も少なくなり、求人も少ないという現象が起きています。

小児科看護師への転職の際に利用できる機関

ハローワークで求人を探す

ハローワークは地域の求人に強いという特徴があります。

その為地域の小児科クリニックで働きたいと考えている場合には、まずはハローワークで求人を探してみるのも良いでしょう。

特にクリニックによっては、ハローワークにしか求人を出さないという方針の所もあります。

地域の小児科で求人を探している場合にはハローワークにまずは登録して求人を探してみましょう。

インターネットの求人サイトで職場を探す

小児科の看護師として転職先を探している場合、まず初めに登録したいのがインターネットの求人サイトです。

インターネットの求人サイトを使えば、自分が希望する小児科の勤務希望条件の情報を参考にしながら求人を見つけることができます。

自分の好きな時間にネットで調べることができるので便利です。

専門学校に行き求人を紹介してもらう

小児科の求人を探すには専門学校に行き求人を紹介してもらうという方法もあります。

専門学校にはクリニックの求人を数多く取り扱っていて、中には小児科の求人も取り扱いがあります。

専門学校と求人先の信頼関係が強い場合には、専門学校からの応募であればという事で前向きに採用を検討してくれることもあるでしょう。

転職エージェントや看護師転職サイトを利用して職場を探す

転職活動を進める上で求人を探すのに便利なのは転職エージェントや看護師転職サイトを利用する方法です。

転職用のエージェントやサイトを使えば、担当のコンサルタントがついてくれるのでその人が希望する条件に合う求人を紹介してくれます。

求人サイトによっては非公開求人や逆指名求人などユニークな方法で小児科の求人を紹介できるところもあり、小児科の求人を多く紹介してもらう事も可能です。

また仕事をしながら転職活動をしたいと考えている人には、転職に関する手間が省けるので転職サイトを利用するのが良いでしょう。

小児科看護師への転職の際におすすめできる看護師転職サイトとは?

キララサポート

キララサポートは、保育士・介護士・看護師の転職求人を取り扱っている転職情報サイトです。

人材紹介サービスを18年行ってきた経験を元に転職活動者を手厚くサポートしています。

  • キララサポートの求人利用者は全体の93%がサービス利用に満足
  • 求人探しから転職先での仕事開始までに手厚いサポートが受けられる
  • 履歴書の添削や面接の練習もしてくれるので初めて転職活動する人にオススメ

看護のお仕事

看護のお仕事は看護師求人サイトの中でも全国の求人を取り扱っているのが特徴の求人サイトです。

求人数は看護師求人サイトの中で最大数を誇り、求人数の多さから人気が高くまた利用者も多くいます。

  • 求人数が多く全国の小児科から求人を探し出すことができる
  • キャリアアドバイザーとはLINEでも相談可能で忙しい看護師に助かるサービスを提供
  • 多くの求人を比較しながら自分に最適な求人を見つけ出したい人にオススメ

マイナビ看護師

マイナビ看護師は看護師の求人に特化した看護師求人サイトです。

大手求人サイトだからこそ信頼して利用する人も多く、マイナビ看護師の利用満足度はとても高いです。

  • 充実したサービスとサポートで転職希望者に丁寧に対応している
  • キャリアアドバイザーのレベルが高く、求人探しや条件交渉を粘り強くしてくれる
  • キャリアアドバイザーにしっかりと相談して納得いく転職先を見つけたい人にオススメ

MCナースネット

MCナースネットは看護求人サイトの中で正社員だけでなく派遣求人も取り扱いが多い特徴があります。

病院以外の勤務先の取り扱いも多く、幅広い働き方のできる求人が多くあります。

  • 短時間勤務などの勤務条件に拘りがある人でも求人を見つけやすい
  • 非正規雇用の求人を見つける事ができ、自分の望む働き方ができる
  • 非正社員として小児科で働きたいと考えている人にオススメ

看護roo

看護roo!はキャリアアドバイザーの丁寧なヒアリングが人気で、親身になって相談しやすいと好評の看護求人サイトです。

看護師の口コミや紹介で人気を集めています。

  • 病院と太いパイプがあり、病院の内部事情を詳しく把握している
  • サポート体制がしっかりしているので、満足いく転職サポートを受けることができる
  • 初めて転職活動する人や病院の内部事情を事前に知ったうえで転職したい人にオススメ

医療ワーカー

医療ワーカーは全国に対応している看護師・保健師・助産師に特化した看護師求人サイトです。

求人探しから内定まで一貫したサポートを受けることができます。

  • しっかり講習を受けたキャリアアドバイザーからサービスを受けることができる
  • パートや夜勤無しなどの条件に合った雇用形態での求人探しが可能
  • 勤務形態に拘りがある中で小児科に転職したいと考えている人にオススメ

小児科看護師が転職サイトを利用するポイント

しっかり求人内容を確認する

残念ながら転職後に実際に働いてみたら、求人内容と業務内容が異なっていたという問題が発生してしまう事はよくあります。

こうした問題を起こさない為にも面接を受ける前や内定承諾前にはしっかりと求人内容を確認しましょう。

もし不明点や疑問点があれば面接や内定前に必ず確認して曖昧なままにしておかないように注意が必要です。

キャリアアドバイザーに聞いても明確な答えが無い場合には、求人先への確認が必要です。

自分から求人先に質問しにくい場合はキャリアアドバイザーから求人先へ聞いてもらうのも良いでしょう。

特に業務内容や勤務形態に関する事は後々大きな問題にならないようにしっかり確認しておくことが大切です。

分からないことは担当者に質問する

転職活動に関する事で分からない事が出てきた時はその都度担当者であるキャリアアドバイザーに質問しましょう。

求人探しや履歴書の書き方など、細かい事でも質問して大丈夫です。

キャリアアドバイザーは転職活動を成功させるためのお手伝いをする人です。

遠慮なく何でも質問して、疑問点がないように転職活動を進めて行きましょう。

福利厚生や勤務時間など自分の働き方に合う職場を先に伝える

転職サイトに登録すると最初にキャリアアドバイザーと面談を行います。

この面談では転職先に求める条件や働き方などをヒアリングされます。

その際にキャリアアドバイザーには自分が求めている福利厚生や希望している勤務時間などの希望条件を全て伝えるようにしましょう。

自分が希望している働き方や理想の職場をしっかり伝える事で、その希望に近い求人を紹介してもらう事が可能です。

ここで伝え方が曖昧になってしまうと、例えば夜勤は希望していないにもかかわらず勤務時間に繰り込まれてしまうといったような問題が発生しています。

その為一番最初から自分の求めている希望や条件は必ず伝えるようにしましょう。

まとめ

小児科での看護師の仕事は業務内容が多く激務な事もありますが、日々の子供の成長や子供と触れ合い仲良くなれるという特徴もあります。

小児科では年齢が0歳から思春期までの幅広い年齢の子供がいるので、臨機応変に場面を切り替えながら子供に接する必要があります。

そんな小児科で働く事の利点や注意点、またどのような人が小児科で働くのに向いているかについて今回は詳しく紹介しました。

更に小児科に転職したいと考えている看護師が知っておきたい情報や、転職に人気の求人サイトも特徴を述べながら詳しく解説しています。

小児科の看護師に転職したいと考えている人はぜひこの記事を参考に転職活動を進めてみてください。