看護師の履歴書の書き方を解説|志望動機や自己PRのポイントとマナーもご紹介!

転職活動をする時、誰もが必ず経験するのが応募書類の作成ですよね。

応募書類ではほぼ必ず履歴書の提出が求められます。

みなさんは、看護師が履歴書を作製する上で気を付けた方が良いポイントがあるのはご存知でしょうか。

書き方にはルールがあるので、それに従って正しくマナーを守って書く必要があります。

また内定を得るために志望動機や自己PRもしっかり伝えたいポイントを強調して書かなくてはいけません。

そこで今回は看護師の履歴書の書き方について詳しく解説していきます。

履歴書を書くための基本的な情報やマナー、志望動機や自己PRのコツについても詳しく解説していきますのでぜひご覧ください。

「看護師 履歴書」をざっくりいうと
  • 履歴書の書き方はルールやマナーを意識して書く必要がある
  • 履歴書の準備は一貫してしっかり行う事でマナーや常識がある好印象を与えることができる
  • 履歴書は自分の最初の印象を与えるので、作成する時には丁寧に慎重に取り組む
  • 他の看護師とは違うスキルや考え方をアピールする差別化が大切
  • 看護師として自分を雇うとメリットがあるという事を伝えると好印象を与えられる

履歴書の基本的な書き方

履歴書を書くために用意するもの

書きやすい履歴書

履歴書はフォーマットが既に決まっている物を用意して作るのが便利です。

一般的に売られている履歴書には、固定項目と自由項目があります。

固定項目と言うのは名前や住所、これまでの学歴などを記入するどの履歴書にも共通しているものです。

自由項目と言うのは、志望理由・自己PR・長所などを記入する欄で、販売されている履歴書によって記入する項目が異なります。

この自由項目を見て自分が書きやすいなと思える物を用意しましょう。

またインターネットでも多くの履歴書が紹介されています。

そうした既に型が決められている物をダウンロードして使うのも良いでしょう。

もし満足いく履歴書が見つけられない場合には、自分でワードやエクセルを使用して履歴書自体を作ることも可能です。

履歴書は病院に自分を最初に紹介する大切な書類です。

自分が応募先の看護師として適任かどうかを見てもらうための大事な書類なので、自分が書きやすいと思える履歴書を用意するようにしましょう。

黒のボールペンや万年筆

履歴書は黒のボールペンもしくは万年質で書くのがマナーとされています。

これは古くからマナーとして認知されているので、それ以外の物で記入しているとマナーが無いと判断されてしまいます。

鉛筆やシャープペンシルで書いてしまう事のデメリットとして、既に書いてある物が消えてしまうというのがあります。

書類を受け取った誰かが悪意を持って書き換えたり、採用する病院側が書類を扱っている時に誤って消してしまう事もあるかもしれません。

そうした事のないようにボールペンや万年質で記入しておけば安心です。

またボールペンの中でも消えるボールペンは使うのを避けるようにしましょう。

証明写真

履歴書には証明写真が必ず必要です。

求人を出す側にとって、書類に貼ってある写真は応募者の第一印象になります。

その為この人と一緒に仕事がしたいと思えるような写真を撮る必要があります。

履歴書の写真はできるだけスーツを着て撮るのが好ましいとされています。

しかし看護師の方は日常的にスーツを着る機会も少ないでしょう。

そうした場合、黒やグレーのジャケットに白いブラウスを組み合わせて、落ち着いた雰囲気を出せるような服装にしましょう。

髪型やメイクも派手すぎず、相手に好印象を与えるナチュラル感を意識しましょう。

看護師は患者さんと接する事から派手な外見を好まない病院が多くあります。

清潔感のある髪型やナチュラルメイクを心がけ、看護師としてふさわしい写真を撮るように心がけます。

また写真は写真撮影自動販売機でも撮れますが、心配な人や綺麗に撮って欲しいと考えている人はフォトスタジオなどで撮ると良いでしょう。

履歴書の項目別の書き方

写真

履歴書に貼る写真は履歴書を作成する3ヵ月~6ヵ月以内に撮影された物を使用します。

履歴書に貼る大きさに切ったら、写真裏に氏名と撮影日を記入しましょう。

これは万が一履歴書から写真がはがれてしまった時の為に、誰の写真か分かるように行います。

履歴書に貼る時はのりで貼るようにして、テープなどの使用は避けましょう。

学歴・職歴

学歴と職歴を書く時は一般的に分けて書くことが多く、先に学歴を書きその後に職歴を書きます。

履歴書に書く和暦・西暦は特に決まりはありませんが、どちらか1つを統一して使うようにしましょう。

年月を記入する欄には数字だけ記入します。

学歴は一般的に高校から記入し、正式名称で〇〇高等学校入学から学歴を書き始めます。

今現在学校に所属し、卒業後に就職する為の履歴書を作成している場合は「卒業見込み」と書きましょう。

職歴は学校卒業後に働いた企業や病院などを書きます。

職歴は正式名称で「〇〇病院 入職」から書き始めます。

複数の職場で勤務経験がある場合は入職と退職を時系列に沿って書き、今現在働いている企業や病院を書いたら「現在に至る」と書きましょう。

既に今働いている会社の退職日が決まっている場合には、現在に至ると記入した横に「退職予定日〇年〇月〇日」と書きます。

全て書き終わったら、一行スペースを開けて「以上」と書きます。

免許・資格

資格は資格を取得した年数が古い資格から順番に書いていきます。

「看護師免許」「准看護師免許」の様に全て正式名称で記入しましょう。

看護師が所有する資格の中には、資格を「取得」と表現する場合と資格を「修了」と表現する物があります。

これは資格証明書などが発行されている場合は取得、研修・講習のように何かを受講して認定証が発行されている場合には修了を用います。

表現が似ていてややこしいので、どちらで書くべきか迷った時は資格証明書を確認してみましょう。

志望動機

志望動機は履歴書の中で最も大切な項目で「なぜこの病院を希望したか、そしてそこにいかに自分が適任かを」アピールする場です。

志望動機では以下の順番で書いていきます。

・これまでの経験と想い

これまで勤務してきた病棟や病院でどのような職務に当たってきたか、などの経験は業務内容も交えながら詳しく書くようにしましょう。

病院側は応募している看護師がどのような患者さんを見てきたりケアしてきたかを知りたがっています。

志望理由に自分が担当してきた業務の中でどのように患者さんと接してきたか、そしてその経験から何を学び、どのような想いでいるのかを書きましょう。

・応募先が魅力的な理由

今回応募する際に自分がこの病院が魅力的だと思った点について書きましょう。

例えば病院の理念に共感するところがあった・〇〇体制が充実していて経験を積みたいと思ったなどです。

自分が経験したいと思った業務内容がある場合や、前職では経験できない仕事がここではできるといった表現も採用担当者に好印象を与えます。

数ある病院の中でも特にこの病院を希望しているという明確な理由を書くようにすると、この病院を特に魅力的に思っているという印象を与える事ができます。

魅力と感じている理由は出来るだけ具体的に書くようにしましょう。

・応募先での業務の希望

これまでの経験や応募先が魅力と感じているのに対し、どのようにここで働きたいかを最後に述べる必要があります。

例えば〇〇業務にあたって新しい経験を積みたい・〇〇領域におけるスキルを磨きたいなどです。

冒頭で述べた前職で経験した仕事を活かして応募先ではこのような仕事をしたいといった表現や、応募先の〇〇体制で働く事で看護師としてのスキルを高めながら患者様に寄り添うケアを学んでいきたいなどです。

実際にどのような働き方をしたいかを具体的に述べる事で、どのように仕事をしたいと考えているかを採用担当者に伝えることができます。

またここでは、採用する病院側と応募者双方にメリットがあるような書き方をすると更に好印象を与えることができます。

病院側にとっても、私を採用すればこのようなメリットがあるからぜひ働きたいです、というニュアンスを込めた文章を載せてみましょう。

この3つのポイントを抑えながら志望動機を作り上げていきます。

特に重要なのは「自分はこのような仕事がしたいからこそ、今回こちらに応募しました」という明確な理由です。

他ではなくここで働きたいと強調できると、採用者からも好印象を持たれやすいです。

自己PR

自己PRでは自分がいかに魅力的であるかをアピールする項目であり、採用者がこの人を採用したいと思ってもらえるような内容を書く必要があります。

例えば「自分は協調性が高いのが長所です。

前職ではご高齢の患者様に対し適切な処置をする為に、看護師・医師と常にコミュニケーションをとるように心がけました。

その結果職場では私と働いていると仕事がしやすいと先輩から褒められ、患者様も順調に回復しご満足して退院されました」などのような文章です。

自分の強みが仕事にどのように生かされ良い結果をもたらしたかを書きましょう。

また自分が目指しているビジョンや叶えたいと思っている夢などがある場合には、こうした目標の元に今この様な勉強をしているといった事を自己PRに書くのも良いでしょう。

できれば、この目標を実現するにはこの病院で働く事が欠かせないといったニュアンスを盛り込むと更に好印象を与えることができます。

また、以下の記事では、自己PRの書き方から面接対策までしてくれる看護師転職サイトをご紹介しています。

趣味・特技

趣味・特技は嘘をつかずそのまま自分の趣味や特技を記載しましょう。

その際にできるだけ看護師の仕事として役立ちそうなスキルや経験があれば、それを書くのも良いでしょう。

例えば趣味ダンス(高校生の時に団体ダンス大会で1位の実績あり)と書くと、体力がありフットワークが軽く協調性があるというイメージを与えることができます。

また特技は看護師の業務に役立ちそうなものを書くと好印象を与えることができます。

趣味や特技からも看護師として魅力が高い事をアピールするようにしましょう。

履歴書で気をつけるべきマナー

A4の履歴書を使う

履歴書はA4サイズの物を使うようにしましょう。

B5サイズの履歴書もありますが、一般的にはA4サイズを使います。

A4サイズは記入するスペースが多くたくさん書くことができます。

また病院は応募者の書類を保管しています。

保管する時に使われるファイルはA4サイズの物が多く利用され、保管する側にとってもB5サイズは保管しにくいというデメリットがあります。

そうしたこともあり、応募者が複数いる場合にはA4サイズではない書類の時点でマイナスの印象を与えてしまいがちです。

看護師としての魅力はあっても、書類を見る前からマイナスの印象を与えてしまってはもったいないです。

必ずA4サイズの履歴書を使うようにしましょう。

手書きで履歴書を書く

履歴書は必ず手書きで書きましょう。

一般的に履歴書は手書きが推奨されています。

しかし採用担当者は「文字の綺麗さ・誤字脱字・社会常識」を履歴書から見ています。

手書き文字はその人を表すとも言われていて、字を綺麗かつ丁寧に書いているかどうかを見ています。

また誤字脱字があれば、注意力が欠けていると判断されやすいです。

大切な書類だからこそ誤字脱字をしていないかどうかチェックされます。

また履歴書には社会一般常識を知っているか、実行できているかどうかを確かめています。

その1つが手書きで書く事なので、手書き以外の方法で書くと悪い印象を与えてしまいがちです。

基本的に全ての欄を埋める

履歴書は基本的に全ての項目を記入します。

空欄で提出してしまうと入社意欲が少ないと判断されてしまいがちです。

最低でも1文は書き、全ての項目を書くようにしましょう。

また履歴書全体でみると8割以上の文章が書いてあるのが最適とされています。

全体のバランスをみながら各項目を記入していき、書きにくい所があれば他の項目とバランスを取りながら書くのも良いでしょう。

また履歴書の記入内容が適当だと、履歴書の時点で印象が悪く落とされてしまうので注意が必要です。

項目を埋める事も大事ですが、項目の内容もしっかり意識して記入するようにしましょう。

履歴書のミスは二重線と訂正印で修正

履歴書を書いている時に訂正してしまった場合は、もう一度初めから新しい履歴書に書き直すのが理想です。

しかし最後の方に間違ってしまった場合などには、その訂正箇所に二重線を引いて修正印を押して修正することも可能です。

修正テープを使うのはマナー違反とみられてしまうので気を付けましょう。

履歴書を入れる封筒で気をつけるべきマナー

封筒に入れる書類の順番がある

送付状

送付状とは何か書類を郵送する時に、その書類と共に送る書類を意味しています。

送付状には送り主への挨拶やどのような書類を送っているかを記載します。

送付状は必ず書かなければいけないというものではありませんが、送付状があるとマナーがありしっかりしている印象を相手に与えることができます。

履歴書と一緒に送る時は採用の確立を上げる為にも必ず送付状を一緒に送るようにしましょう。

なお送付状は封筒に入れる時、送付状が一番上になるようにします。

履歴書

履歴書は封筒に入れる時、送付状の下になるように入れます。

履歴書は開封した時にまず名前と写真のページが最初に見えるように用意します。

必ず写真が上に来るようにし、上下逆さまにならないように気を付けましょう。

履歴書は封筒に入れる時に折り曲げてしまうと写真が取れやすくなってしまうので注意が必要です。

折り目を付けず丁寧に封筒に入れるようにしましょう。

職務経歴書

職務経歴書は履歴書の下に置くようにします。

上から送付状・履歴書・職務経歴書の順番で封筒に入れます。

職務経歴書と履歴書が逆にならないように気を付けましょう。

またこれらの書類は全て重ねた状態で封筒に入れます。

また封筒の表面の下に送付状の表が来るようにして封を閉じます。

裏面が最初に見えるように封筒に入れてしまうと、開けた時に書類が裏返しの状態になってしまいます。

封筒に入れる時には必ず再確認するようにしましょう。

封筒を書く際の4つのマナー

A4の白封筒を使う

履歴書はA4サイズの白封筒を使うのがマナーです。

A4サイズの封筒を使えば折りたたむ必要がなく、綺麗な状態で書類を確認する事ができます。

また茶封筒ではなく、白封筒を使うようにも気を付けましょう。

履歴書は一般的に折り目を付けない方が良いとされています。

採用担当者の立場であればA4の綺麗な書類とA4の折りたたんである履歴書の2通があった場合、良い第一印象を受けるのはA4の綺麗な履歴書なのは明確です。

受け取り手が読みやすいようにする為にもA4サイズの白い封筒を選ぶようにしましょう。

「履歴書在中」をかく

履歴書を入れている書類を送る際には必ず「履歴書在中」と記入します。

記入するのは封筒の表面の左下です。

採用担当者がこの封筒には履歴書が入っていると気が付くことができるように「履歴書在中」は赤文字で書くようにしましょう。

この履歴書在中と書くのを忘れてしまうと、書類が病院到着後に一般の書類と同じ扱いをされてしまい採用担当者に届かなくなってしまいます。

特に病院が大きい場合には受け取るまでに時間がかかってしまい、書類が担当者に届くまで何日もかかってしまう事があります。

そうした事にならないように、必ず履歴書在中と書くようにしましょう。

液体のりで封をする

書類を封筒に入れた後は液体のりで封をするのが一般的なマナーです。

封筒を閉めるのに両面テープやセロハンテープなどを使用するのは避けましょう。

また液体のりは少しずつ封筒に貼るようにしましょう。

液体が沢山出てしまうと書類についてしまい濡れてしまう恐れもあり、封筒がなかなか乾きにくくなってしまいます。

容器からドッと沢山出てしまわないようにも注意しながら塗るようにしましょう。

封をした上から「〆」と書く

液体のりで封をし、完全に乾いたら封をした中央に「〆」と書きます。

これは封をして開封してない事を表す為に必要です。

のりが乾く前に書いてしまうとにじんでしまう事があるので、必ず乾いたことを確認してから書くようにしましょう。

また「〆」を書くのを忘れてしまう人も多くいます。

郵送する前に必ず書いたかどうかを確認してから送るようにしましょう。

送付状で気をつけるべきマナー

送付状の書き出しは「拝啓」、終わりは「敬具」

送付状を書く時にはルールがあり、そのルールができていないとマナーを知らない人と思われてしまいかねません。

送付状の文章には「拝啓」から書き出し、終わりには「敬具」と書きます。

これは人が対面で会った時にいきなり本題に入るのではなく挨拶をしてから会話するように、手紙上でのあいさつという意味で用いられます。

季節の挨拶を入れる

季節の挨拶は送付状を書くのは、相手への話しかけに用いられ昔から季節を大切にしてきた日本文化が影響しています。

季節の挨拶はその時期に適切な表現を使います。

季節の挨拶を日常であまり使った事がない人は、例文をネットで検索すると沢山出てくるのでそれらを参考にしてみましょう。

季節の挨拶があるとより丁寧な印象を与えることができます。

あまりなじみがない人も、例文が沢山あるのできちんと書くようにしましょう。

「敬具」の後に日付と名前を記入

送付状の内容を書き終えたら、文章から一行開けて「敬具」と書きます。

その後書き終えた日の日付と自分の名前を記入します。

全てを1文で横に書くのではなく、敬具で一行、日付で一行、名前で一行と3行使って書くようにしましょう。

この敬具が無いと、文章の終え方を知らないと思われてしまいがちです。

必ずつけるようにしましょう。

白い無地の便箋を使う

送付状には白い無地の物を使用するのがマナーです。

柄物や色がついたものを使用します。

白い無地の便せんを使っていないとマナーが無いと思われてしまうので気を付けましょう。

送付状は履歴書が入っている封筒を開けた時に最初に見る書類です。

いわば第一印象を与える物なので、マナーを守った送付状を作成するようにしましょう。

志望動機や自己PRで差をつけるコツ

看護師の志望動機は他の人と似やすくなってしまいがちです。

しかし以下のポイントを意識すれば、志望動機や自己PRで他の人と差をつけることができます。

志望動機のコツ

・志望する本気度を伝える

「〇〇の仕事がしたいから希望しています」と書いてしまうと他の人と同じような志望理由になってしまい差をつける事ができません。

志望度が高い事をアピールする為には「〇〇を重視されている貴社だからこそ△△の仕事ができれば自分が目指している××のスキルを身につける事ができ、より多くの患者さんのケアを念入りにできるのではないかと思い志望しました」というような表現が必要です。

ここでポイントになるのは、応募先にとっても自分にとってもここで働くのが良いと思わせる事です。

他じゃないこの病院だからこそ、働きたいという本気度を伝える事で他の応募者と差別化することができます。

・自分の経験を強調する

これまでしてきた経験は応募者ならではのもので、その経験から何を学んだかは人によって異なります。

「自分は過去の経験からこれを学んだからこそこの仕事に活かせる」といった表現や「自分の過去の経験からこのような考えを持っていてそれに合致するのが貴社だと思ったので応募しました」というような言葉は採用側に好印象を与えます。

自分の経験は他の人と被りにくく、更にそれを元に何を思っているかなどは他の人とかぶりにくいので、そこを強調しながら書くようにしましょう。

・志望している病院でなくてはいけない理由を書く

数ある病院の中でもここで働きたいという理由は採用担当者の心を掴みやすいです。

業務内容や理念に共感したという表現だけしてしまうと、他の病院でもいいのではないかと思われないように注意が必要です。

「この病院には〇〇という制度があり、その制度を活かせば私が目指している××のスキルを身につける事ができると考えたからです」というような表現で、ここでは他の病院にはない独自制度に魅力を感じている事を伝えています。

ここの病院じゃなきゃいけない理由を伝えることができると、採用の確率はとても高まりやすいです。

・自分と病院の価値観が一致している事を書く

採用側は病院への入社を希望している看護師が、自分たちと考えが同じかどうかを気にしています。

例えば病院側は丁寧なケアを実践しているのに対し、応募者が短時間の処置で多くの患者のケアを重視していれば、病院と応募者の価値観は一致していません。

病院側が看護師に求めている価値観と、自分が持っている価値観が一致している事を書くようにしましょう。

これを書くことで入社後もミスマッチがなくお互いが満足して働く事ができるという印象を採用担当者に与えることができます。

自己PRのコツ

・成功体験から協調性をアピールする

自己PRで他社と差別化する為に必要な事に「看護師としての性格」があります。

看護師は仕事をする上でスキルが求められますが、それ以上に医師や他の看護師と連帯して仕事をするので「チーム作業に向いている性格」を好む傾向にあります。

その為自己PRでは自分がこれまでチームワークとして何か成功した体験を元に、協調性が高い事をアピールしてみましょう。

看護師の自己PRでは協調性が高いと書く人が多くいますが、実際に何か成功した体験と共に協調性をアピールすれば、実体験もあるのでより協調性が高いと印象付けることができます。

・自分の目標や目指している事を書く

自己PRから自分が看護師としての目標や目指している事を書き、その目標の為に今こうしたことを頑張っているという事を書きます。

その実現のためにはこの病院で働けば達成できるというニュアンスを出すことができれば、採用担当者の目に留まるでしょう。

病院側も看護師のスキルが高まる事や、看護師としてのキャリアを高める事は自分達の病院での仕事ぶりにも関係し来るので前向きにとらえてくれます。

しっかり目標を持っている人に対し、真面目・責任感があるという印象を与える事もできます。

・自分の長所を看護師としてどう生かしているかを書く

自己PR欄には自分の長所を書く人が多くいます。

しかし他の応募者と差別化をする為には「その長所を生かして看護師としてどう働いているか」を書く必要があります。

看護師の仕事で必要なスキルに自分の長所を生かしている、自分のこういう長所があるから日々の業務に役立てて患者と接しているといったようなことが書けると好印象を与えることができます。

・長く働きたい事を書く

看護師が退職してしまうと、病院は新しい人材探しに時間とお金を使う事になります。

その為病院側としては長く働ける人を採用したいという狙いがあります。

この病院で働く事ができれば、自分は長く働きながらスキルアップしたいといった内容や、この病院で長く働く事で地域に根付いた医療に貢献したいと考えている、などと言った文章を盛り込むと好印象を与えることができます。

病院側が表向きには言わないけれど、応募者に求めている本質を捉える事で採用の確立を上げることができます。

看護師の履歴書に関するよくある質問5選

おすすめの履歴書はありますか?

履歴書としてオススメの物はなく、実際に履歴書を書く人が書きやすいと思うものを使って書くのが一番良いでしょう。

もしどの履歴書を使って書けばよいか迷っている場合には、転職経験のある先輩や友人に聞いてみるのも良いでしょう。

家にプリンターがないです、どうしたらいい?

家にプリンターが無い場合は、印刷したい履歴書をUSBに入れてコンビニのコピー機に持っていくとプリントする事ができます。

コピー機がUSBに対応しているかどうかは、各コンビニのHPや店頭で確認する事ができます。

趣味や特技は何について書くといい?

趣味や特技は一般的にそのまま書くのが良いとされています。

しかし看護師として働くうえでデメリットになるようなことは書くのを避けましょう。

例えば趣味に「昼寝」「一人カラオケ」などと書いてしまうと、この人は休憩時間後にしっかり仕事ができるのかという不安や、1人行動が好きだから協調性が低いというような印象を与えてしまいます。

できるだけ、看護師のスキルが高いと思わせる事の出来る趣味や特技を書くようにしましょう。

間違えたら書き直した方がいい?

書き間違えた場所が履歴書全体の半分以下の場合には、新しい履歴書に書き直すのが良いでしょう。

しかし履歴書を既に半分以上書き終えている段階で書き間違ってしまったり、最後の方に書き間違えてしまった場合には、二重線と訂正印で訂正しても大丈夫です。

また履歴書1枚の中で何回も訂正箇所があると「間違いを起こしやすい人」という印象を与えてしまいがちです。

これは看護業務中にミスを犯す可能性が高いと思われてしまいかねません。

その為履歴書内で2回以上間違ってしまった場合は、既に半分以上書き終えていた場合でも新しく書き直すようにしましょう。

学歴はどこから書くのが一般的?

学歴は高等学校入学から書くのが一般的です。

高等学校より後に複数学校に行っている場合でも、全部の学校を書くようにしましょう。

また高等学校から書くのが一般的なので、高等学校から書いていないと一般常識を知らないと勘違いされてしまうので気を付けましょう。

まとめ

履歴書は応募先の採用担当者が初めてあなたを見る大切な書類です。

その為履歴書の作成を疎かにしてしまうと、マイナスのイメージを与えてしまい不採用になってしまう事があります。

大切な書類だからこそ、マナーやルールを意識して書くようにしましょう。

また今回は他の看護師との差別化をして受かりやすい履歴書を書くためのコツやポイントについても紹介しました。

ぜひこの記事を参考に、履歴書作成に役立ててください。