交通事故は弁護士に相談!メリット、デメリット、費用を解説

交通事故にあったとき、相手とやり取りをするケースがあります。

保険会社に依頼することが多いでしょうが、場合によっては弁護士を依頼するケースもあります。

この記事では交通事故を起こしたとき、弁護士に依頼するべきかまた依頼するときの注意点などをご紹介します。

交通事故を弁護士に相談するメリットとは

交通事故の時弁護士に依頼するメリットは以下のような点があります。

交通事故を弁護士に相談するメリット
  •  慰謝料の交渉をしてくれる
  • 休業損害で損がないようにしてくれる
  • 過失割合を正しくする

慰謝料の交渉をしてくれる

交通事故の場合以下の三つの慰謝料があります。

  •  自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

これらの基準は決まっているわけではなく、弁護士基準で計算をすると慰謝料の相場が高くなる傾向があります。

そのため弁護士に依頼をすることで、慰謝料が高くなることがあります。

通常であれば加害者の任意保険会社が算出した金額の支払いになるケースが多いのですが、これは決して適切でないケースが多いのです。

場合によってはこの金額は自賠責基準と変わらないことすらあるのです。

一概にはいえないのですが、この弁護士基準は自賠責基準の2~3倍といわれます。

休業補償で損がないようにしてくれる

交通事故にあったとき、仕事ができなくなることがあります。

このようなときの損害を休業損害といいます。

この休業損害も弁護士を通すことにより、金額があがるケースがあります。

過失割合を正しくする

交通事故で大切なのが過失割合を正しくすることです。

交通事故の過失割合とは、発生した交通事故に対する責任(不注意、過失)の割合のことです。

当事者双方に過失のある事故の場合、通常は当事者が契約している保険会社の担当者が話合い、過失割合を決定します。

その話合いの基準となるのは、過去の裁判例です。実際の事故と類似した過去の裁判例を基準として、実際の事故状況に応じて割合を修正しながら決定していきます。

引用:ソニー損保

以上のように過失割合とは、交通事故に対する責任の割合のことをいいます。

被害者であっても過失の度合いによって、過失の割合が大きくなることがあります。

しかしこの判断が判断する人により、かわってしまうことがあります。

そうならないように弁護士をはさむことによりメリットがあります。

交渉示談で内容が変わる

交通事故は過失割合などだけで決まるのではなく、示談交渉によってもかわってきます。

この交渉は弁護士がすることにより、加害者側の任意保険会社が出す金額が異なるケースがあります。

任意保険会社にとっても、「弁護士が交渉している」というだけで大きく状況が変わります。

これは弁護士であれば。場合によっては裁判まで進む可能性もあるのです。

さらに弁護士に依頼をすることで、示談交渉自体を任せることができます。

加害者と話したくないケースもあるでしょう。

そこで弁護士に依頼することで、そのストレスから解放されるメリットもあるのです。

交通事故を弁護士に相談するデメリット

交通事故の際弁護士に依頼するデメリットは以下のような点があげられます。

交通事故を弁護士に相談するデメリット
  •  弁護士への依頼料の方が高くなるケースがある
  • 弁護士の力量により賠償金額が変わる

弁護士への依頼料の方が高くなるケース

もし加害者の任意保険会社からの賠償額が少ない場合、また弁護士依頼額が高額な場合など、実際に受け取れる金額よりも弁護士への依頼料の方が高くなるケースがあります。

目安としては賠償額が20万円を下回るようであれば、費用倒れにつながるケースがあります。

弁護士の力量により賠償金額が変わる

同じ案件であっても、弁護士によって賠償金額が減る場合があります。

そのため依頼する弁護士を選ぶときは十分に気を付ける必要があります。

事故にあったあとなので、焦ってしまわないようにすることが重要でしょう。

弁護士費用特約

最後に弁護士費用を抑えるための方法をご紹介します。

弁護士費用特約は弁護士費用を負担してもらえて、さらに家族加入の契約であっても対応してくれます。

つまり加入している保険に弁護士特約費用がある場合は、弁護士依頼料が無料になることもあります。

この特約は自動車保険以外にも対応していますので、おすすめです。

まとめ

交通事故を起こしたあとは、支談交渉の内容によって加害者側の任意保険会社が支払う金額が変わってきます。

またそのほか責任割合などこの交渉によって変わります。

これらのことを弁護士に依頼することで、有利な条件で交渉をすることができ、さらに示談自体をすることがなくストレスが減ります。

しかし弁護士に依頼するデメリットしては、弁護士費用がいくらになるかということです。

いくらいい条件で交渉をしてくれても、それ以上に費用が掛かってしまっては意味がありません。

また弁護士によっても力量が違うため、結果が変わってくる可能性もあります。

このように交通事故のあと弁護士に依頼するしないは、メリット・デメリットがあるためよく状況を確認して弁護士に依頼するようにしてください。