CodeCamp(コードキャンプ)の最新口コミ評判や料金と特徴を徹底解説

CodeCamp(コードキャンプ)ってどんなスクール?
CodeCamp(コードキャンプ)の口コミ評判からリアル評価を知りたい

このように考えてしまいますよね。

実はキャリアアップや年収アップのために自己投資なら、CodeCampでプログラミング学習がおすすめ。

なぜなら、CodeCamp(コードキャンプ)の学習が挫折しにくく、現役エンジニアがキャリアを作るため指導してくれるからです。

また、日本はエンジニア不足が問題で、今プログラミングを習得すれば、将来職を失う不安から解放されますよ。

エンジニアは「高収入」×「自由なワークスタイル」が魅力で、金銭的にも精神的にもゆとりのある生活が期待できます。

特に、CodeCampは未経験からエンジニアへ転職した実績が豊富で、現役エンジニア講師のレッスンが「わかりやすい」と評判です。

本記事では、未経験からでも高収入のエンジニアを目指せるCodeCampの人気コースや評判をご紹介しますよ!

CodeCamp(コードキャンプ)とは?特徴をご紹介

code_camp_コードキャンプ_会社や特徴をご紹介

CodeCampのプログラミング学習には、以下のような特徴があります。

CodeCampの特徴
  • 朝7時から23時40分まで365日レッスン可能
  • 経験豊富な現役エンジニアがマンツーマン指導
  • レッスンごとに講師を選べる
  • 1レッスン40分×契約プランに応じた回数(プレミアムプラスのみ受け放題)
  • 気軽に転職相談ができる「キャリア Talk」の利用
  • レッスン予約・変更はスマホ対応
  • オンライン教科書を使用
  • 実習課題は合格するまで何度でも添削

CodeCampの特徴について、特に特徴的なものをいくつかピックアップして紹介します。

CodeCamp(コードキャンプ)とは?運営会社を紹介

code_camp_コードキャンプ_運営会社の紹介

CodeCamp(コードキャンプ)は「CodeCamp(コードキャンプ)株式会社」が運営しています。

CodeCamp株式会社は、日本初のマンツーマン型オンラインプログラミングスクールです。

CodeCampは、CodeCamp株式会社が2013年10月8日に日本で初めて運営開始したマンツーマンのオンラインプログラミングスクールです。

どこよりも早くエンジニア育成に力を入れることで、以下のような実績を作りました。

CodeCampの実績
  • 受講者数30,000人以上
  • 96.6%の高いレッスン満足度
  • 研修プログラムの導入企業数300社以上

また、CodeCamp株式会社は、人材育成事業に注力しているのが特徴。

現在、CodeCamp株式会社が運営している主なサービスは以下の通りです。

CodeCamp株式会社の主な事業
  • マンツーマンのプログラミングレッスン「CodeCamp」
  • 小中学生を対象にした「CodeCampKIDS」
  • 30歳未満のエンジニア転職プログラム「CodeCampGATE」
  • 事業開発者を育てる「TORIKAJI」

特徴①|365日朝7時から夜23時までレッスン可能

code_camp_コードキャンプ_毎日7字から23時までレッスンが受けられる

CodeCampはレッスンの受講時間が幅広く、朝7時から夜23時まで毎日レッスン可能なので、仕事や学校で忙しい人にも予約を取りやすいのが魅力です。

特に、7時からの早朝レッスンはCodeCampの大きなメリット。

なぜなら、他のプログラミングスクールでは10時前後に最初のレッスンが始まるケースが多く、早朝レッスンに対応していないからです。

「残業が多くて最終レッスンの時間に間に合わない」

そんな理由でこれまでプログラミングを諦めていた人も、CodeCampなら仕事前に早朝レッスンを受けてスキルを身につけていくことができます。

残業や体調不良で急きょ予定変更したくなった場合も、レッスン予約や変更はスマホで簡単に操作できるので安心です。

特徴②|レッスンごとに講師を選べる

code_camp_コードキャンプ_レッスンごとに講師を選べる

CodeCampは、厳選された200人以上の現役エンジニアから、レッスンごとに自分で好きな講師を選択できます。

専門用語を極力使わず、実際の経験を交えた丁寧な解説は、未経験者にもわかりやすいと好評です。

特に、講師によってモチベーションが大きく左右されるタイプは、担任制よりレッスン毎に講師を選択できる方がおすすめ。

レッスン毎に講師を選択できる方が、万が一講師と相性が合わなかった場合、次回から講師を変えられるので、精神的なストレスが少なく済むからです。

特徴③|実習課題は合格するまで何度でも添削可能

code_camp_コードキャンプ_実習課題は合格するまで何度でも添削可能

CodeCampでは、章末にこれまでの理解度をチェックするために「実習課題」が課されています。

実習課題は合格レベルに達するまで、何度でも添削をしてくれるので、学んだことがしっかり身につくのが良い点です。

わからない部分をちゃんと解決してから新しい章へ進むので、未経験者にも無理がないカリキュラムになっています。

CodeCampでは課題に合格すると、「課題修了証」が発行されるのも特徴。

課題修了証は、スキルのアピールとして転職活動で活用することもできます。

CodeCamp(コードキャンプ)4つの人気コース料金を徹底解説

code_camp_コードキャンプ_人気コースを徹底解説

CodeCampには色々なコースがありますが、未経験からエンジニアへ転職できると人気のコースが4つあります。

オーダーメイドコース

code_camp_コードキャンプ_人気コース_オーダーメイドコース

オーダーメイドコースの特徴
  • デザイン、フロントエンド、バックエンドまで30種以上のカリキュラムで学習可能
  • ちょっとしたことでも質問できる24時間以内に返信があるチャットを無料で使える
  • 技術力を定着させるための実践的な課題が提供される

オーダーメイドコースはWebデザインからプログラミングまで全カリキュラムが学び放題になる人気コースです。

「Webデザイン」「フロントエンド」「バックエンド」「ITツールやインフラ」など幅広く学べるため、あなたの適正に合わせて柔軟な学習ができます。

また、一度に多くのことを学べるので、希少価値の高いフルスタックなエンジニアを目指すことも可能。

コース名 オーダーメイドコース
学べる言語・スキル HTML,CSS,JavaScript,,Bootstrap,PHP,Laravel,Ruby,Ruby on Rails,Python,Django,Illustrator,Photoshopなど
受講期間 20回
40回
60回
※学習期間の延長や追加レッスンあり
受講形式 オンラインのみ

以下の表では、オーダーメイドコースの料金プランをご紹介します。

料金(税込)
20回プラン 165,000円
※入学金:33,000円
40回プラン 275,000円
※入学金:33,000円
60回プラン 330,000円
※入学金:33,000円

CodeCampGATE

code_camp_コードキャンプ_人気コース_codecampgate

CodeCampGATEで身につくスキル
  • Webサービス開発のための基礎スキル
  • 実務で必要なチーム開発の手法
  • セキュリティに関する知識など

CodeCampGATEはエンジニア転職を希望する方から高い評価を受けているCodeCamp(コードキャンプ)の人気コースです。

CodeCampGATEではプログラミング未経験からでも4ヶ月でエンジニア転職を目指します。

20代限定という年齢制限はありますが、過去に30代前半の受講実績もあるので、受講相談をすることで対応してくれる可能性はあります。

学習カリキュラムは2ヶ月の基礎学習のあと、2ヶ月の実践開発を行い、学習時間はトータルで300~400時間ほど徹底的に勉強するのです。

最終的にサービスを外部後悔することを目標として、より実践に近いチーム開発を経験することができますよ。

ただし、以下のような点にはお気を付けください。

注意点
  • 後半2ヶ月の実践開発では課題の合格が必須
  • 前半2ヶ月の学習が期限内に終わらないと、延長費用33,000円/月(税込)を支払い課題を終わらせる必要がある
コース名 CodeCampGATE
学べる言語・スキル HTML,CSS,JavaScript,jQuery,PHP,Laravel,MySQLなど
受講期間 4ヶ月(基礎学習2ヶ月+実践開発2ヶ月)
受講形式 オンラインのみ
対象年齢 20代(大学生、社会人の方)
転職サポート 自己分析
応募書類の添削
求人の見極め方
面接対策
推薦状の発行など
開発・ポートフォリオ作成 ポートフォリオ制作支援あり

以下の表では、CodeCampGATEの料金をご紹介します。

料金(税込)
CodeCampGATE 495,000円
※入学金:33,000円

Webマスターコース

code_camp_コードキャンプ_人気コース_webマスターコース

Webマスターコースで身につくスキル
  • グルメサイト
  • 掲示板機能
  • 出品、購入機能付きフリマサイト
  • ログイン、パスワード認証、検索などの機能

Webマスターコースはプログラミングを習得したい方から支持されているCodeCamp(コードキャンプ)の人気コースです。

Webマスターコースの学習ではWebサイトの開発に特化したプログラミング言語やフレームワークの使い方を学びます。

以下のように、プログラミングのなかでも求人数が多い言語のマスターを目指すため、受講後の転職活動や案件獲得も可能です。

Webマスターコースで習得できる需要の高い言語
  • HTML/CSS
  • PHP
  • JavaScriptなど

また、ECショップやフリマサイトなど、独自のオリジナルサービスを0から考えて制作することができるようになります。

コース名 Webマスターコース
学べる言語・スキル HTML,CSS,JavaScript,jQuery,PHP,Laravelなど
受講期間 2ヶ月
4ヶ月
6ヶ月
受講形式 オンラインのみ

以下の表では、Webマスターコースの料金プランをご紹介します。

料金(税込)
2ヶ月プラン 165,000円
※入学金:33,000円
4ヶ月プラン 275,000円
※入学金:33,000円
6ヶ月プラン 330,000円
※入学金:33,000円

デザインマスターコース

code_camp_コードキャンプ_人気コース_デザインマスターコース

デザインマスターコースで身につくスキル
  • 観光情報サイト
  • カフェのホームページ
  • 写真加工、バナー、ロゴ制作
  • レスポンシブ対応のWebデザイン

デザインマスターコースはWebデザインを習得したい方から人気のコースです。

デザインマスターコースでは各ツールや言語の使い方はもちろん、Webサイトをより魅力的にみせるスキルやテクニックを勉強しますよ。

Webデザインだけではなく、コーディングも学ぶので、転職後のキャリアアップや収入アップも期待できます。

案件も多いので、在宅やフリーランスとしての活動を考えている方にもオススメです。

コース名 デザインマスターコース
学べる言語・スキル Illustrator,Photoshop,HTML,CSS,JavaScript,jQuery,Bootstrapなど
受講期間 2ヶ月
4ヶ月
6ヶ月
受講形式 オンラインのみ

以下の表では、料金プランをご紹介します。

料金(税込)
2ヶ月プラン 165,000円
※入学金:33,000円
4ヶ月プラン 275,000円
※入学金:33,000円
6ヶ月プラン 330,000円
※入学金:33,000円

CodeCamp(コードキャンプ)のその他の料金コースを解説

code_camp_コードキャンプ_他の料金コースと徹底解説

これまでCodeCamp(コードキャンプ)の人気コースについてご紹介しました。

CodeCamp(コードキャンプ)では以下のように他にも利用できる便利なコースがあるので併せてご覧ください。

Rubyマスターコース

code_camp_コードキャンプ_その他のコース_rubyマスターコース

Rubyマスターコースで身につくスキル
  • 出品・購入機能付きフリマサイト
  • グルメサイト
  • 画像投稿サイト
  • いいね機能、フォロー機能

Rubyマスターコースは将来Rubyを使って副業やフリーランスで稼ぎたい方やスタートアップ企業で活躍したい方にオススメのコースです。

このコースではプログラミング未経験からでもRubyでのWebサービス開発を目指します。

また、Rubyだけではなく、より効率的に開発するためのフレームワークRuby on Railsも一緒に学べるのです。

コース名 Rubyマスターコース
学べる言語・スキル HTML,CSS,JavaScript,jQuery,Ruby,Ruby on Rails
受講期間 2ヶ月
4ヶ月
6ヶ月
受講形式 オンラインのみ

以下の表では、Rubyマスターコースの料金プランをご紹介します。

料金(税込)
2ヶ月プラン 165,000円
※入学金:33,000円
4ヶ月プラン 275,000円
※入学金:33,000円
6ヶ月プラン 330,000円
※入学金:33,000円

アプリマスターコース

code_camp_コードキャンプ_その他のコース_アプリマスターコース

アプリマスターコースで身につくスキル
  • ニュースリーダーアプリ
  • Googleマップを使った地図アプリ
  • カメラアプリ
  • シンプルなSNSアプリ

アプリマスターコースはiOSとAndroidの両方でアプリ開発したい方やスキルアップでキャリアの幅を広げたい方にオススメのコースです。

このコースはプログラミング未経験からでもスマホアプリの開発します。

カリキュラムは実践的で、環境構築から開発方法まで実際に作りながら学べるのです。

最終的には、オリジナルのアプリを公開するところまで目指します。

コース名 アプリマスターコース
学べる言語・スキル Java,Android,Swiftなど
受講期間 2ヶ月
4ヶ月
6ヶ月
受講形式 オンラインのみ

以下の表では、アプリマスターコースの料金プランをご紹介します。

料金(税込)
2ヶ月プラン 165,000円
※入学金:33,000円
4ヶ月プラン 275,000円
※入学金:33,000円
6ヶ月プラン 330,000円
※入学金:33,000円

Javaマスターコース

code_camp_コードキャンプ_その他のコース_javaマスタコース

Javaマスターコースで身につくスキル
  • 社員情報管理システム
  • トランプゲーム
  • ネットワーク通信、データベースアクセス、API
  • オブジェクト指向のプログラム

Javaマスターコースは需要の高いプログラミング言語を学びたい方にオススメのコースです。

このコースではJavaで実践的なWebアプリ開発をするので、基礎的な部分から実践レベルの知識や経験を得られます。

また、Javaエンジニア必須のオブジェクト指向という考え方に触れることができるので、効率の良いプログラミングを組めるようになるのです。

コース名 Javaマスターコース
学べる言語・スキル Java,Javaサーブレットなど
受講期間 2ヶ月
4ヶ月
6ヶ月
受講形式 オンラインのみ

以下の表では、Javaマスターコースの料金プランをご紹介します。

料金(税込)
2ヶ月プラン 165,000円
※入学金:33,000円
4ヶ月プラン 275,000円
※入学金:33,000円
6ヶ月プラン 330,000円
※入学金:33,000円

Pythonデータサイエンスコース

code_camp_コードキャンプ_その他のコース_pythonデータサイエンスコース

Pythonデータサイエンスコースで身につくスキル
  • Webスクレイピングのデータ収集
  • Python
  • データ処理など

Pythonデータサイエンスコースは将来Webエンジニアとして活躍したい方や業務効率化させるようなプログラムを制作したい方にオススメのコースです。

このコースでは普段では時間がかかるようなデータ処理を一瞬で終わらすプログラムの制作する方法を学べます。

普段の仕事に応用することで、業務の効率を大幅に向上させることも可能です。

コース名 Pythonデータサイエンスコース
学べる言語・スキル Pythonなど
受講期間 2ヶ月(レッスン回数:20回)
受講形式 オンラインのみ

以下の表では、Pythonデータサイエンスコースの料金プランをご紹介します。

料金(税込)
Pythonデータサイエンスコース 165,000円
※入学金:33,000円

WordPressコース

code_camp_コードキャンプ_その他のコース_wordpressコース

オーダーメイドコースで身につくスキル
  • WordPressの操作
  • ワンランク上のサイト作成
  • 仕事でも個人ても使えるサイトが作れる

WordPressコースは自分でブログやWebサイトを作成したい方や企業のWeb担当者にオススメのコースです。

このコースでは個人でも仕事でも活用できるWordPressに関する基礎的な知識が学べます。

また、カリキュラムでは最新で高性能な人気テーマの「Lightning」を使用してスマホとパソコンの両方に対応したWebサイトを制作方法も学べるのです。

コース名 WordPressコース
学べる言語・スキル WordPressやWebサイト制作など
受講期間 2ヶ月
受講形式 オンラインのみ

以下の表では、WordPressコースの料金プランをご紹介します。

料金(税込)
WordPressコース 165,000円
※入学金:33,000円

テクノロジーリテラシー速習コース

code_camp_コードキャンプ_その他のコース_テクノロジーリテラシー速習コース

テクノロジーリテラシー速習コースで身につくスキル
  • ビジネス職に必須なテクノロジーリテラシーを高める
  • ITの仕組みが学べる
  • 開発者とのコミュニケーションが円滑に

テクノロジーリテラシー速習コースは、ITリテラシーについて学びたい方から高い評判を得ているコースです。

具体的に、デジタルビジネスに必要なIT知識を学べるプログラムになっています。

そのため、テクノロジーリテラシー速習コースは以下のような方にオススメのコースです。

テクノロジーリテラシー速習コースがオススメの方の特徴
  •  IT知識を必要とするビジネスの経営者
  • エンジニアとのコミュニケーションが必要な方
  • テクノロジーリテラシーを身につけキャリアチェンジを目指す方

実際にWebシステムを作成することで、知識だけではなくITの仕組みや原理を深く理解することができます。

そのため、エンジニアと円滑なコミュニケーションにもつながりますよ。

コース名 テクノロジーリテラシー速習コース
学べる言語・スキル テクノロジーリテラシーなど
受講期間 14日間(レッスン回数:12回)
受講形式 オンラインのみ

以下の表では、料金プランをご紹介します。

料金(税込)
テクノロジーリテラシー速習コース 165,000円
※入学金:33,000円

CodeCamp(コードキャンプ)の転職サポートの特徴

code_camp_コードキャンプ_転職サポートの特徴

ここでは、以下のようなCodeCamp(コードキャンプ)の転職に役立つサポートを詳しくご紹介します。

CodeCamp(コードキャンプ)ではコース修了後に転職やフリーランスなど活動を自由に選ぶことができます。

転職活動に専念したい方は、ご紹介するサービスを積極的に活用しましょう!

IT/Web業界について理解できる

code_camp_コードキャンプ_転職サポート_itやweb業界についてより理解できる

CodeCamp(コードキャンプ)では、ITやWeb業界のマニュアルを無料で読むことができます。

そのため、業界未経験の方でも転職やフリーランスとして活動して上で、どのようなことが必要か基本的な部分の理解を深められるのです。

今後のエンジニアとしてキャリアを積むにあたって、何からどのように考え始めればいいのかヒントが詰まっています。

CodeCampGATE受講生は別途キャリアサポートがありますよ。

働き方や転職について相談できる

code_camp_コードキャンプ_転職サポート_働き方や就職について相談できる

これからプログラミングを学ぶにあたって、以下のような悩みはありませんか?

プログラミングに関する悩みや心配事
  • エンジニアやデザイナーの知り合いがいない…
  • IT業界ってどんな働き方をしているの?
  • プログラミング学習やエンジニア転職について相談できる人がいない…

上記のような悩みを解決してくれるサービスが以下の2つです。

気軽に相談相手を見つけれるサービス
  1. キャリアTalk(無料)
  2. プラスレッスン(有料)
キャリアTalkとは?

キャリアTalkはエンジニアやデザイナー、フリーランスとしてそれぞれのキャリアの構築について相談できる。

キャリアコンサルタントに、キャリア形成や転職活動などキャリアに関わる悩みならなんでも相談可能。

レッスン1回分のポイント消費します。

プラスレッスン

プラスレッスンは月額料金がかかりますが、チャット形式でレッスンを受けることができます。

CodeCamp(コードキャンプ)の現役エンジニアやデザイナーが講師として対応してくれます。

経験豊富な講師たちが継続的にキャリア構築に関する相談を受けてくれるのです。

専門家から転職サポートを受けられれる

code_camp_コードキャンプ_転職サポート_専門家から転職サポートを受けられる

CodeCamp(コードキャンプ)では提携先のWebやIT転職へ強いエージェントを利用できます。

具体的には、以下のような転職エージェントです。

CodeCamp(コードキャンプ)の提携エージェント
  • Geekly
  • type転職エージェント

Geeklyは若手の転職が強みで、昨年度の転職決定では約6割の方が20代でした。

未経験歓迎の求人を多く持っていて、面談から内定まで平均して25日という業界平均の約半分という実績もあります。

type転職エージェントはサービス開始から20年の実績があり、ITやWebエンジニアの転職支援を得意としています。

また、10,000件以上の求人を常に持っていて、業界に詳しいアドバイザーが支援してくれるのです。

どちらも追加料金なしで利用できるので、積極的に活用しましょう!

続いては、CodeCamp(コードキャンプ)の良い評判をご紹介します。

CodeCamp(コードキャンプ)の良い評判まとめ

code_camp_コードキャンプ_良い口コミ評判まとめ

ここでは、CodeCamp(コードキャンプ)についての以下のような良い評判を詳しくご紹介します。

CodeCamp(コードキャンプ)の良い評判まとめ

CodeCamp(コードキャンプ)の良い評判はTwitterから抜粋しました。

良い評判を知ることで、あなたがどのように学習できるのかより明確になるのでぜひご覧ください。

講師の質が良い

code_camp_コードキャンプ_良い評判_講師の質が良い

プログラミングスクール選びで「講師の質」を重視する人には、CodeCampはおすすめです。

なぜなら、SNSではCodeCampの講師の評判が良く、一定の質が保たれていることがよくわかるからです。

SNSでCodeCampの良い口コミとしてよく見かけるのが、講師の対応が丁寧で、レッスンが初心者にもわかりやすいということ。

通過率17%の厳しい選考を通過した優秀な現役エンジニア講師がマンツーマンで指導するので、わからない部分をしっかり解決できます。

CodeCampには200人以上の講師が在籍していますが、どの講師を選んでも満足度が高いと評判です。

就職・転職に強い

code_camp_コードキャンプ_良い評判_就職や転職に強い

CodeCamp(コードキャンプ)は以下のように、就職や転職活動に強いということも評判からわかります。

CodeCampの受講者や卒業生の中には、内定を報告している人がよくいます。

それだけ、CodeCampは「就職・転職実績のあるプログラミングスクール」だということですね。

高い受講料を払って勉強したのに、エンジニア転職できなければ落ち込みます。

最初から転職目的でプログラミングを始めるなら、やはり卒業生がしっかり内定を取っているかチェックしておくことが重要です。

卒業生がしっかりエンジニアへ転職できていれば、それだけ自分も成功できる可能性が高まります。

サポート体制が良い

code_camp_コードキャンプ_良い評判_サポート体制が良い

CodeCamp(コードキャンプ)はサポート体制がしっかりしていることで有名です。

エンジニア講師だけではなく、「学習メンター」や「キャリアアドバイザー」も熱心で親切な人が多いと評判です。

サポート体制の良し悪しは、学習意欲を左右する重要なポイント。

困った際にサポートを受けられないのであれば、「独学」と変わりません。

その点、CodeCampなら困った事があった時に、メールや電話だけではなく、LINEでもサポートが受けられるので安心して学習を継続できます。

CodeCamp(コードキャンプ)の悪い評判まとめ

code_camp_コードキャンプ_悪い口コミ評判まとめ

ここでは、CodeCamp(コードキャンプ)についての以下のような悪い評判を詳しくご紹介します。

CodeCamp(コードキャンプ)の悪い評判まとめ

CodeCamp(コードキャンプ)の悪い評判はTwitterから抜粋しました。

実際にある悪い評判も理解することで、より学習のイメージができるのでぜひご覧ください。

レッスン時間が短い

code_camp_コードキャンプ_悪い評判_レッスン時間が難しい

CodeCamp(コードキャンプ)には「レッスンの時間が短い」といった悪い評判があります。

以下の実際にあったツイートをご覧ください。

CodeCampの受講者の中には、レッスン時間の短さに不満を感じている人もいるようです。

レッスン時間内に疑問点を解決できないと消化不良を起こしてしまい、学習ペースが乱れがち。

特に、レッスン回数が限られているコースは、レッスン回数無制限の「プレミアムプラス」に比べて、1回のレッスンの重みが違います。

1回40分のレッスン内でカリキュラムをちゃんと消化できるか不安な人は、無料体験レッスンを受けて1回の学習量や難易度を確認しておくのが重要。

もしも「1回でついていくのが難しい」と感じた場合は、納得できるまで何度でもレッスンを受けられるプレミアムプラスを検討してみましょう。

学習内容が難しい

code_camp_コードキャンプ_悪い評判_学習内容が難しい

CodeCamp(コードキャンプ)には「学習する内容が難しい」といった悪い評判があります。

以下の実際にあったツイートをご覧ください。

CodeCampは未経験者にも易しいカリキュラムに工夫されていますが、それでも「難しい」と感じる人は少なくありません。

なかなか理解が進まず、どんどん学習ペースが遅れると、最終的には受講期間内にカリキュラムを終了できない可能性が出てきます。

受講期間内に全ての課題を終了することができなかった場合、「受講期間の延長」をすることが可能。

ただし、受講期間を延長する場合は、1ヶ月33,000円の追加料金がかかります。

無駄なお金を払いたくない人は、受講期間内にしっかり終わるように、余裕のある学習計画を立てた上で受講するコースを選択しましょう。

学習時間がかなり必要

code_camp_コードキャンプ_悪い評判_学習時間がかなり必要

CodeCamp(コードキャンプ)には「かなりの学習時間が必要」といった悪い評判があります。

以下の実際にあったツイートをご覧ください。

CodeCampに限らず、プログラミング学習は慣れない用語や知識で、想像以上に時間がかかってしまうことがよくあります。

プログラミング学習が上手く進まないケースも想定して、勉強時間はしっかり確保しておくことが重要です。

CodeCampでの学習時間の目安は、下記を参考にしてみて下さい。

受講期間 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月
学習時間の目安(週) 20〜25時間 10〜15時間 5〜10時間

また、Codecamp(コードキャンプ)の悪い評判が気になる方は以下のプログラミングスクールをぜひ参考にしてください。

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語やスキル一覧

code_camp_コードキャンプ_学べるプログラミング言語やスキル一覧

CodeCampには、既に紹介した4つ以外にも、様々なコースがあります。

CodeCampで学べるプログラミング言語やスキルをコース別に一覧にまとめてみました。

コース名 プログラミング言語やスキル
Rubyマスターコース Ruby・Ruby on Rails・HTML・CSSなど
アプリマスターコース Java・Swift・Android
Javaマスターコース Java
Pythonデータサイエンスコース Python
WordPressコース WordPressを使ったサイト構築スキル
プレミアムコース CodeCampの全部の言語とフレームワーク

「プレミアムコース」には、レッスン回数無制限で受け放題になる「プレミアムプラス」というコースもあります。

CodeCamp(コードキャンプ)の講師はどんな特徴がある?評判も紹介

code_camp_コードキャンプ_講師はどんな特徴があるのか

CodeCampの講師の特徴は、何と言っても「質の高さ」です。

17%の厳しい選考通過率を潜り抜けた優秀な現役エンジニアだけが、200人以上在籍しています。

様々な経歴を持った個性的なエンジニアの中から、お気に入りの講師をレッスンの度に選択可能。

CodeCamp講師の経歴
  • ソーシャルゲームの開発
  • Webサービスの開発
  • Ruby on Railsを使った開発
  • 事務系のソフトウェア開発
  • 動画配信のサービスの運営者
  • ベンチャー経験者
  • WEBアプリの開発
  • 広告代理店のグラフィックデザイナー

ネットでも評判が良かったCodeCampの講師を一部紹介します。

・杉浦先生

杉浦先生は、フリーランスでWordPressのテーマの作成やチャットボットの導入をされているCodeCampのシルバー認定講師です。

教職員向けのプログラミング講座の講師を務めた経験もあり、指導経験が豊富。

・志賀先生

志賀先生は、起業家として活躍しているCodeCampのゴールド認定講師です。

自社開発エンジニアの研修も経験したことがあり、解説のわかりやすさには定評があります。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンについて

code_camp_コードキャンプ_無料体験レッスンについて

CodeCampでは、1回40分程度の無料体験レッスンを受けることができます。

無料体験レッスンの内容は、簡単なヒアリングや質疑応答が中心で、いきなり本格的なレッスンは行いません。

ここでは、無料体験レッスンについて以下のような項目をご紹介します。

CodeCampの受講を検討している人は、無料体験レッスンを利用してスクールの雰囲気や対応を見極めておきましょう。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンに参加したほうが良い理由

code_camp_コードキャンプ_無料体験レッスン_参加したほうが良い理由

CodeCampの無料体験レッスンに参加した方が良い理由は主に2つあります。

CodeCampの無料体験レッスンを受けた方が良い理由
  • プログラミングスクール選びで失敗しにくくなる
  • 無料体験レッスンの後に10,000円の割引クーポン付与

公式HPに記載がない部分や疑問を感じた場合は、無料体験レッスンでスタッフに詳細を確認しておくことが重要。

なぜなら、疑問点や不明点があるまま契約してしまうと、後になってから「そんなの知らなかった!」とトラブルや後悔をする可能性があるからです。

無料体験レッスンに参加して、自分がしっかり納得してから契約することで、プログラミングスクール選びで失敗するのを避けられます。

また、CodeCampの無料体験レッスンの後には、10,000円の割引クーポンが付与されるので、少しだけお得に受講できるのも魅力です。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスン予約の流れ

code_camp_コードキャンプ_無料体験レッスン_レッスン予約する流れ

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンを予約する手順は以下のようになっています。

無料体験レッスン予約の手順
  1. 希望の日時を選択
  2. メールアドレスを入力して「認証メールを送信」をクリック
  3. 登録したメールアドレス宛に届いたメールを確認
  4. 名前、電話番号、パスワードなど基本情報を入力して利用規約後に登録完了ボタンをクリック
  5. 無料カウンセリングの予約は完了

また、CodeCampの無料体験レッスンの流れは以下のようになっています。

無料体験レッスンの流れ
  1. CodeCampの公式HPで無料会員登録
  2. ログインした後に予約画面から好きなレッスン時間を選択
  3. 受講環境のセッティング(Google Meetを使用)
  4. プログラミングについてのヒアリング
  5. CodeCampについての説明
  6. 相談や質疑応答
  7. 割引クーポンの付与

使用しているPCに内蔵マイクがある場合は問題ありませんが、ない場合は「ヘッドセット」か「マイク」の準備が必要です。

レッスン中は「Google Chrome」と「Google Meet」を使用するため、Googleアカウントを持っていない人は事前に作成しておきましょう。

CodeCamp(コードキャンプ)に関してよくある質問

code_camp_コードキャンプ_よくある質問

ここでは以下のようにCodeCamp(コードキャンプ)に関してよくある質問をご紹介します。

上記のような項目はCodeCamp(コードキャンプ)を受講するにあたって、心配事や不安要素です。

ひとつひとつ丁寧に解説するので、ぜひご覧ください!

CodeCamp(コードキャンプ)の講師はどのような人ですか?

CodeCamp(コードキャンプ)は200人以上のフリーランスやIT企業の社員として活躍している現役エンジニアが講師として在籍しています。

これら講師陣は通過率17%の選考に合格している業界のトップクラスです。

実際に、レッスン満足度は96.6%の実績があります。

また、講師は日頃から開発業務も並行して行っているので、稼ぐための実践的なノウハウやスキルを教えてもらうことも可能です。

未経験からでもプログラミングを習得できますか?

CodeCamp(コードキャンプ)はプログラミング未経験の方でも習得できるように、オリジナルのカリキュラムが使用されています。

CodeCamp(コードキャンプ)のレッスンは学習効率の高いマンツーマン体制を採用しています。

マンツーマンでレッスンが行われることで、一人ひとりの理解力に合わせての指導や細かなフィードバックが可能。

そのため、現場で活躍できるような実践的なスキルを身に着けやすい環境なのです。

レッスンの指導はより実践で通用するために、自ら考えて問題を解決できる力を育めるよう行われます。

また、CodeCamp(コードキャンプ)は学習期間が終了しても、カリキュラムを閲覧することができるのです。

カリキュラムは常に最新情報へアップデートされており、最新情報を入手したいときや基本的なことを復習したいときにも活用できますよ。

受講にあたり必要なものはありますか?

CodeCamp(コードキャンプ)では無料カウンセリング受講までに以下の4つが必要です。

CodeCamp(コードキャンプ)の受講に必要なもの
  1. パソコン
  2. ネット環境
  3. Google Meet
  4. ヘッドセット(※パソコンにマイクがない場合)

CodeCamp(コードキャンプ)のレッスンはGoogle Meetというビデオ通話アプリを利用して行われます。

Google Meetを使うためには、Googleアカウントの登録やGoogle Meetのインストールが必要です。

パソコンにカメラやマイクが内蔵されていない場合は、別途Webカメラやヘッドセットなどが必要になるので確認しましょう!

受講後はフリーランスとして働けますか?

受講後にフリーランスとして活躍できることは約束できません。

しかし、CodeCamp(コードキャンプ)の講座を修了すると、仕事を受ける際に必要な基本的な知識やスキルを習得できます。

CodeCamp(コードキャンプ)まとめ

code_camp_コードキャンプ_まとめ

CodeCampは、日本初のマンツーマンオンラインプログラミングスクールとして安定した運営実績があります。

「講師の質」は受講者の口コミでも評判が良く、CodeCampの大きな魅力です。

他のプログラミングスクールに比べて、CodeCampは料金がリーズナブルなのも嬉しいポイント。

料金とレッスン品質のバランスが良く、満足度が高いプログラミングスクールです。

どうしても一括払いが厳しい場合は、分割払いを利用する方法もアリ。

エンジニアの転職は若い方が断然有利なので、本気で取り組むならすぐに実行するべきです。

プログラミングスクールの費用は高いですが、一度エンジニアになってしまえば、エンジニアは比較的収入が多いので、退職後のお金も心配ありません。

経済的にも、精神的にもゆとりのあるワークスタイルを手に入れたい人は、プログラミングを学び、ぜひエンジニア転職に挑戦してみましょう。

また、目的に合わせてより詳しく知りたい場合は以下の記事が参考になりますよ。