借金一本化をすると返済が楽になる!おまとめローンのメリット・デメリットを解説

借子さん

借金の一本化ってどうしたらいいの?

借子さん

借金の一本化のメリットやデメリットって?

このように考えていませんか?

複数の会社から借金をしていると返済の手間も大きいですし、できれば借入先は1社にしぼりたいですよね。

そんな時に使えるのが借金一本化という方法です。

そこで、この記事では借金一本化の概要からメリットやデメリット、借金一本化におすすめのおまとめローンまで解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

「借金の一本化」ざっくり言うと
  • 借金一本化とは、複数の借金を1つの借入先にまとめること
  • 借金一本化するなら、大手である「アイフル」「プロミス」「モビット」などのおまとめローンがおすすめ。
  • 中でも『アイフル』のおまとめローンなら、今よりも安い金利で、かつ月々の返済額を減額!
  • 誰にも知られず借金を一本化でき、24時間365日手続きできる!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

おすすめ記事


借金一本化をすると返済が楽になる!おまとめローンのメリット・デメリットを解説過払金請求に強い法律事務所ランキングTOP10【口コミ・評判を徹底比較】

借金一本化とは?

借金一本化_とは
借金一本化とは、複数の借金を1つにまとめることを指します。

たとえば、AさんがB社とC社とD社から10万円ずつ借りていたとします。

そして、この借金をE社からの30万円の借り入れにまとめるのが借金の一本化になります。

ここからは、借金一本化と以下の2つの言葉の違いについて詳しく見ていきましょう。

借り換えとの違い

借金一本化_借り換え
借り換えとは、ある会社からの借り入れを、別の会社の借り入れに変更することを指します。

たとえば、A社の金利が18%、B社の金利が17%だった時に、A社からの借金をB社からの借金に変更して利息を減らすことを、借り換えと呼びます。

そんな借り換えと借金一本化の違いは、複数の借り入れをまとめているかどうかです。

借金一本化と借り換えはどちらも借金をする先を変えてはいますが、1社からの借金を別の会社からの借金に買えるのが借り換えで、複数社からの借金を別の会社からの借金にまとめるのが借金一本化なのです。

債務整理との違い

借金一本化_債務整理
債務整理とは、借金を減らしたり0にしたりして、借金の問題を解決する手続きです。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の3つの種類がありますが、それぞれの詳細については下で解説しています。

債務整理の種類について見に行く

債務整理と借金一本化では、借金の額が減るかどうかが異なります。

債務整理では借金が減るのが一般的なのに対して、借金一本化では借金の額は基本的には大きく減りません。

このように見てみると債務整理のほうが有利に見えますが、債務整理を行うと5~10年程度はブラックリスト入りして借金をするのがほぼ不可能になるというデメリットがあります。

債務整理は最終手段のようなものだと考えたほうが良いでしょう。

借金一本化の5つのメリット

借金一本化_メリット
借金一本化のメリットは主に以下の5つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:返済の手間が減る

借金一本化_手間
借金一本化のメリットとしてまず挙げられるのは、返済の手間が減ることです。

複数の会社から借金をしていると、それぞれ返済期日や返済方法などが異なり、手間が大きくなってしまいます。

一方、借金一本化をすれば1つの借入先にだけ返済すれば良くなるので、返済の手間が大きく減ることが期待できます。

メリット②:月々の返済額が減る

借金一本化_返済額
借金一本化のメリットとしては、月々の返済額が減ることも挙げられます。

借金一本化をすると、月々より少ない金額から返済できるのが一般的です。

そのため、これまでよりも生活に余裕をもたせることが可能です。

メリット③:金利が下がる

借金一本化_金利
借金一本化のメリットとしては、金利が下がることも挙げられます。

一般的に、借金一本化をすると金利は下がることが多いです。

これは、1社から借りる金額が多いと、金融機関が利息で得られる収入が多くなるからです。

お店でまとめて購入すると割引が受けられる場合があるのと同じですね。

また、利息制限法により、上限金利は以下のように設定されています。

10万円未満 20%まで
10万円以上100万円未満 18%まで
100万円以上 15%まで

そのため、借金一本化により上限金利が10万円以上、もしくは100万円以上になった場合には金利が減ることが多いでしょう。

メリット④:総量規制の対象外

借金一本化_総量規制
借金一本化のメリットとしては、総量規制の対象外であることも挙げられます。

消費者金融などの貸金業者は総量規制というルールによって、収入の1/3以上の借り入れを行うことを禁止されています。

銀行も同じ基準で自主規制を行っているため、基本的に収入の1/3以上の借金はできません。

しかし、おまとめローンは例外で、収入の1/3以上の借金ができるのです。

メリット⑤:ブラックリストに載らない

借金一本化_ブラックリスト
借金一本化のメリットとしては、ブラックリストに載らないことも挙げられます。

これは、上で紹介した債務整理と比較した時の最大のメリットと言えるでしょう。

債務整理を行ったり、生活が苦しくなって返済ができなくなってしまった場合、ブラックリスト入りした状態となって、一定期間、借金をすることがほぼ不可能になってしまいます。

一方、借金一本化では借金をまとめただけで返済が不可能になったり延滞したりしたわけではないので、ブラックリストに載ることはありません。

借金一本化の5つのデメリット

借金一本化_デメリット
借金一本化のデメリットは主に以下の5つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:返済期間は増える

借金一本化_返済期間
借金一本化のデメリットとしてまず挙げられるのは、返済期間は増えることです。

借金一本化では上で説明したように、借金を一本にまとめることができ、月々の返済額は減ります。

しかし、借金の額が大きく変わらず、月々の返済額は減るのですから、当然、返済期間は増えることになります。

たとえば、3社から10万円の借金を、月々2000円ずつ返済していた人が、借金一本化を行い、借金10万円を月々1000円ずつ返済することになったとします。

この場合、前は50ヶ月で返済できていたのに、借金の一本化によって返済期間が100ヶ月に倍増しています。

デメリット②:審査に通過する必要がある

借金一本化_通過
借金一本化のデメリットとしては、審査に通過する必要があることも挙げられます。

借金一本化も、普通にお金を借りる時も、お金を借りているのは同じなので、審査に通過する必要があります。

そして、借金一本化の場合、どうしても借りる金額は大きくなります。

その上、すでに複数社から借りている状態なので、どうしても審査は厳しくなります。

審査を受ける前に、下で説明するような内容を抑えておくと審査に通過しやすいでしょう。

デメリット③:総返済額は増える可能性がある

借金一本化_総返済額
借金一本化のデメリットとしては、総返済額は増える可能性があることも挙げられます。

借金の一本化をすると、上で説明したように利息は下がることが多いですが、実は総返済額は増える可能性があります。

いくら利息が低くても、返済期間が長くなると最終的に支払う必要がある利息は大きくなるからです。

デメリット④:即日の借金一本化は難しい

借金一本化_即日
借金一本化のデメリットとしては、即日の借金一本化は難しいことも挙げられます。

消費者金融などの借り入れ手段では、最短即日でお金を借りれます。

しかし、借金の一本化は即日で行うのは難しいです。

借金一本化では金額が大きくなる場合が多く、より慎重な審査が必要になるからです。

デメリット⑤:借入先が多すぎると審査に落ちる

借金一本化_借入先
借金一本化のデメリットとしては、借入先が多すぎると審査に落ちることも挙げられます。

「借入先が多いから一本化したいのに、借金先が多すぎると審査に落ちるのか」と思う方もいるかもしれません。

しかし、借金の一本化では1社から大きな金額を借りるため、借入先はどうしても慎重になります。

特に借入先が多すぎると「よほど返済能力が低く、お金に困っているのか」と思われてしまう可能性があります。

借金一本化ができるおまとめローンを選ぶ3つのポイント

借金一本化_選ぶ
借金一本化ができるおまとめローンを選ぶポイントは主に以下の3つです。

借金一本化ができるおまとめローンを選ぶ3つのポイント
それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:上限金利

借金一本化_上限金利
借金一本化ができるおまとめローンを選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、上限金利です。

上限金利とは、金融機関がお金を貸す時の、もっとも高い金利のことです。

たとえば、金利が8~18%と記載されていた場合、上限金利は18%になります。

各おまとめローンを比較する時には、この上限金利を比較するのが重要です。

なぜなら、特に初めて借りる時には、上限金利ギリギリの金利になることがほとんどだからです。

ポイント②:まとめられる借金の範囲

借金一本化_範囲
借金一本化ができるおまとめローンを選ぶポイントとしては、まとめられる借金の範囲も挙げられます。

おまとめローンはそれぞれ、まとめられる借金の範囲が異なります。

たとえば、銀行からの借金はまとめられる場合も、まとめられない場合もあります。

せっかくおまとめローンを利用して借金をまとめるのですから、できればすべての借金をまとめられるおまとめローンを選びたいところです。

ポイント③:月々の返済額

借金一本化_返済額
借金一本化ができるおまとめローンを選ぶポイントとしては、月々の返済額も挙げられます。

月々の返済額をどの程度に設定できるかは金融機関によってさまざまです。

おまとめローンに申し込みたい人の中には、月々の返済で生活が苦しいという方もいるでしょう。

そのため、無理のない範囲で返済できる金額に設定できるおまとめローンを選ぶのがおすすめです。

借金一本化で使えるおすすめおまとめローン5選

借金一本化_ローン
借金一本化で使えるおすすめおまとめローンは主に以下の5つです。

それぞれのおまとめローンについて詳しく見ていきましょう。

アイフル おまとめMAX

借金一本化_アイフル

出典:https://www.aiful.co.jp/borrow/products/combine/

アイフル おまとめMAXは消費者金融大手のアイフルが提供するおまとめローンです。

貸金業者、銀行、クレジットカードなど、まとめられる範囲の広さが最大の特徴と言えます。

また、融資を受ける時に家に郵便物が届かないため、家族にバレることなくおまとめローンを利用することが可能です。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

融資額 1~800万円
利率 3.0~17.5%
返済期間 最長10年
返済回数 最長120回
担保・保証 なし
借り換え対象 貸金業者からの借り入れ
返済方法 元利定額返済方式

プロミス おまとめローン

借金一本化_プロミス

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD67Control/APD67008

プロミス おまとめローンは消費者金融最大手のプロミスが提供するおまとめローンです。

なんと、最短1時間での融資が可能な点が魅力的なおまとめローンです。

プロミスは顧客満足度も高く、オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン部門では2年連続で1位を獲得しています。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

融資額 300万円まで
利率 6.3~17.8%
返済期間 最長10年
返済回数 1~120回
担保・保証 なし
借り換え対象 消費者金融での借り入れ
クレジットカードなどの借り入れ
返済方法 元利定額返済方式

東京スター銀行スターワン乗り換えローン

借金一本化_スター銀行

出典:https://www.tokyostarbank.co.jp/products/loan/unsecured_refinance/

東京スター銀行スターワン乗り換えローンは12.5%の低金利が魅力的なおまとめローンです。

12.5%であれば、多くの場合で返済総額や利息を減らし、生活に余裕をもたせることが可能でしょう。

その上、最短3日間で借りれるなど、スピード感が早いのも魅力的と言えます。

融資額 30~1,000万円
利率 12.5%
返済期間 10年
担保・保証 なし
借り換え対象 金融機関からの借り入れ
返済方法 元利均等月賦返済

横浜銀行カードローン

借金一本化_横浜銀行

出典:https://www.boy.co.jp/kojin/card-loan/yokohama/index.html

横浜銀行は大きな借金でもまとめられるのが魅力的なおまとめローンです。

最大1000万円の借金までまとめられます。

ATM手数料も何回でも0円であり、返済しやすい環境も整っています。

ちなみに、横浜銀行は地方銀行ではありますが、来店する必要はなく、全国どこからでも申し込みが可能です。

>>>横浜銀行カードローンの公式サイトはこちら<<<

今すぐ横浜銀行カードローンに無料登録する

融資額 最高1,000万円
利率 1.5~14.6%
返済期間 最長10年
担保・保証 なし
借り換え対象 貸金業者からの借り入れ
返済方法 元利均等返済

中央リテール

借金一本化_中央リテール

出典:https://www.chuo-retail.com/

中央リテールはおまとめローン専門の消費者金融です。

金利が10.95~13%であり、消費者金融のおまとめローンとしてはかなり低金利な点がおすすめです。

また、融資までのスピードも早いのも魅力的で、最短で申し込んだ翌日に融資を受けられます。

融資額 最高500万円(無担保の場合)
利率 10.95~13.0%
返済期間 最長10年
担保・保証 なし(もしくは不動産担保)
借り換え対象 貸金業者からの借り入れ
返済方法 元利均等返済

借金一本化をした後の3つの注意点

借金一本化_注意点
借金一本化をした後の注意点は主に以下の3つです。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:借り入れを増やさない

借金一本化_増やさない
借金一本化をした後の注意点としてまず挙げられるのは、借り入れを増やさないことです。

せっかく借金を一本化しても、借り入れを増やしたらまた返済負担や総返済額が増えてしまい、借金からの解放が遅れてしまいます。

借金のない生活を実現するためにも、借金を一本化したら、もう借り入れを増やさないのが得策です。

注意点②:できるだけ短期間で返済する

借金一本化_短期間
借金一本化をした後の注意点としては、できるだけ短期間で返済することも挙げられます。

総返済額は基本的に、借りた金額、返済期間、金利の3つで変動します。

そして、返済期間が短ければ短いほど、最終的に支払う必要がある金額は少なくなります。

多くのおまとめローンでは、月々の返済額にプラスして返済できる、「繰り上げ返済」が可能ですので、積極的に活用すると良いでしょう。

注意点③:収入を増やし、支出を減らす

借金一本化_収入支出
借金一本化をした後の注意点としては、収入を増やし、支出を減らすことも挙げられます。

基本的に、家計の状況を改善するためには収入を増やすか支出を減らすかの2択しかありません。

どちらかを行い、おまとめローンを返済を完了させるのがおすすめです。

特に支出を減らす行動は今日からでもできるので、これまで以上に節約を意識して生活してみましょう。

スムーズに借金を一本化する7つのコツ

借金一本化_コツ
スムーズに借金を一本化するコツは主に以下の7つです。

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:返済に遅れない

借金一本化_返済
スムーズに借金を一本化するコツとしてまず挙げられるのは、返済に遅れないことです。

返済が遅れると、「お金を貸したら戻ってこないかもしれない」と思われて借りれる可能性が低くなってしまいます。

特に2~3ヶ月以上返済が遅れるとブラックリストに掲載され、お金を借りること全般が難しくなります。

返済が遅れるほど追い詰められるより前に、借金の一本化を検討するのがおすすめです。

コツ②:安定収入を手に入れる

借金一本化_安定収入
スムーズに借金を一本化するコツとしては、安定収入を手に入れることも挙げられます。

お金を借りる時に大切になってくるのは、毎月一定程度の収入があるかどうかです。

収入が不安定だと、収入が減った月に返済が滞ってしまう可能性があるからです。

コツ③:できるだけ借り入れ社数を減らす

借金一本化_借り入れ社数
スムーズに借金を一本化するコツとしては、できるだけ借り入れ社数を減らすことも挙げられます。

上で、借り入れ社数が多すぎると「よほど返済能力が低いのか」と思われて審査に通りにくくなると解説しました。

これを防ぐために、できるだけ借り入れ社数を減らしておくと、審査を受ける時に印象が良いでしょう。

コツ④:申込書類は正直に記入する

借金一本化_申込書類
スムーズに借金を一本化するコツとしては、申込書類は正直に記入することも挙げられます。

申込内容に虚偽や間違いがあると、「信頼できない人かもしれない」と思われて審査に落ちる可能性が高くなります。

そして、金融機関はこれまで大量に申し込みを受けてきた経験から、申込内容の間違いを見破るノウハウを豊富に持っています。

一部は申込内容の裏を取る場合もあるので、正直に、そして正確に記入するのが借金の一本化をする一番の近道です。

コツ⑤:一度に複数のおまとめローンに申し込まない

借金一本化_複数
スムーズに借金を一本化するコツとしては、一度に複数のおまとめローンに申し込まないことも挙げられます。

一度に複数のおまとめローンに申し込むと、「申し込みブラック」という状態になってしまい、借金の一本化が難しくなってしまいます。

実は、あなたがどのローンに申し込んでいるかは、金融機関が審査する時に必ず参照する信用情報機関のデータベースで見ることが可能です。

そして、一度に複数社で申し込んでいると「複数社で申し込むほど返済能力に自信がないのか」と思われて審査に落ちてしまう可能性が上がるのです。

コツ⑥:勤続年数が長い時に申し込む

借金一本化_勤続年数
スムーズに借金を一本化するコツとしては、勤続年数が長い時に申し込むことも挙げられます。

理由は単純で、勤続年数が長いと、これからも同じ会社に勤務する可能性が高く、収入源がなくなる可能性が低いと判断されるからです。

逆に、勤続年数が短い場合には、「この会社もすぐ辞めて、収入源がなくなるのではないか」と警戒されて審査に通過できない可能性が出てきます。

コツ⑦:在籍確認の電話に対応する

借金一本化_在籍確認
スムーズに借金を一本化するコツとしては、在籍確認の電話に対応することも挙げられます。

金融機関に借り入れを申し込んだ時には、本当に申告した職場に在籍しているのか確認するために在籍確認の電話が行われます。

この電話で在籍確認ができないと、なかなかお金を借りれません。

スムーズに在籍確認ができるように、出られるように準備するか、他の人が出られるような時間にかけてもらうなどすると丁寧です。

借金一本化をできない人の3つの特徴

借金一本化_特徴
借金一本化をできない人の特徴は主に以下の3つです。

借金一本化をできない人の3つの特徴
それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:収入が少ない

借金一本化_少ない
借金一本化をできない人の特徴としてまず挙げられるのは、収入が少ないことです。

具体的には、借金の額に対して収入が少ないと「返済能力が低いのではないか」と思われて借金を一本化できない可能性が高くなります。

できれば、収入を底上げできるとお金も借りれる可能性が高くなるでしょう。

特徴②:収入が不安定

借金一本化_不安定
借金一本化をできない人の特徴としては、収入が不安定であることも挙げられます。

個人事業主などをしていて、収入が不安定な場合には、借金を一本化できない可能性があります。

収入が不安定だと、収入が少なくなってしまった月に、借金の返済が滞ってしまう可能性が高いからです。

特徴③:滞納の記録がある

借金一本化_滞納
借金一本化をできない人の特徴としては、滞納の記録があることも挙げられます。

滞納の記録があると、「また滞納をするのではないか」と不安に思われていまい、借金を一本化するのが難しくなってしまいます。

特に2~3ヶ月以上の延滞は信用情報機関のデータベースに公開され、お金を借りることが難しくなるので注意しましょう。

借金一本化ができない場合の3つの対処法

借金一本化_対処法
借金一本化ができない場合の対処法は主に以下の3つです。

借金一本化ができない場合の3つの対処法
それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

対処法①:任意整理

借金一本化_任意整理
任意整理とは、借金の金利を0円にして、元本のみを返済しておく手続きです。

借金が大きく減るわけではないのですが、その代わり代償も少ないため、一番利用しやすいです。

基本的には今の財産は維持できますし、ブラックリストに掲載されるのも約5年間になります。

対処法②:個人再生

借金一本化_個人再生
個人再生とは、借金の返済が不可能だと裁判所に認めてもらい、借金の額を1/5程度に減らしてもらう手続きです。

下で解説する自己破産と違って、車などの一部資産は残すことができます。

その一方で、5~10年はブラックリストに掲載されてお金を借りることがほぼ不可能になります。

対処法③:自己破産

借金一本化_自己破産
自己破産とは、裁判所に借金の返済が不可能であることを認めてもらい、返済を免除できる制度です。

借金が全額なくなるのが最大のメリットと言えるでしょう。

一方で、生活に最低限必要な資産以外は処分されてしまいます。

また、10年程度はブラックリストに掲載され、お金を借りるのがほぼ不可能になってしまいます。

3つの中ではもっともメリットもデメリットも大きい、最終手段と言えるでしょう。

借金の一本化に関するよくある質問

借金の一本化に関するよくある質問をいくつか紹介していきます。

審査に通る自信がないけど、申し込んでいいでしょうか?

 

審査に通る自信がないですが、申し込んでも大丈夫ですか?

まずは気にせずに申し込んでみるのをおすすめします。借金の一本化をする会社によりますが、満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方ならば通過する可能性が高いです。

家族名義の借金もまとめられる?

 

家族名義の債務もまとめられるのでしょうか?

本人名義の債務以外は一本化することはできません。たとえ家族名義であったとしても不可能になっています。

返済金額の変更は可能でしょうか?

 

毎月の返済金額を変更したいのですが、認められるのでしょうか?

借金の一本化をする会社によりますが、契約で定められた返済金額以上であれば変更できる会社がほとんどです。多く返済する分は元金に充当されるため、返済期間を短縮することができます。返済金額は、借入直後残高に応じて決定されます。

借金一本化のまとめ

借金一本化_まとめ
借金一本化とは、複数の会社からの借り入れを1つの借金にまとめることです。

借金一本化のメリットは以下のとおりです。

借金一本化のデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。
スムーズに借金を一本化するコツとしては以下のようなものが挙げられます。
借金一本化をできない人の特徴としては以下のようなものが挙げられます。
借金一本化をできない人の3つの特徴
借金一本化ができない場合の対処法としては以下のようなものが挙げられます。
借金一本化ができない場合の3つの対処法
借金一本化ができるおまとめローンを選ぶポイントとしては以下のようなものが挙げられます。
借金一本化ができるおまとめローンを選ぶ3つのポイント
借金一本化で使えるおすすめおまとめローンとしては以下のようなものが挙げられます。
借金一本化をした後の注意点としては以下のようなものが挙げられます。