\9月17日(金)21時〜予約開始/
iPhone13を最速で予約する方法

借金の減額はできる!借金減額シュミレーターの仕組みと債務整理のリスク・注意点まで徹底解説

サイムさん

多額の借金があるけど、減額できるって本当?

サイムさん

借金を減額できるって聞いたけど、なんだか怪しい

自分の借金が減額できるのかどうか気になりますよね。

結論からお伝えすると、あなたの借金は500万円以上減額できる可能性があります。

そして、500万円以上の借金の減額は、実は思っているより簡単にできるのです。

そこでこの記事では、借金の減額について徹底的に解説します。

この記事をザックリ説明すると
  • 借金は法律に触れることなく減額することができる
  • 借金を減額する方法は主に「債務整理をする」「金利を下げる」「過払い金請求をする」の3つがある
  • 自分の借金がどれだけ減額するか知りたいときは、借金減額シュミレーターを使う
  • 詳しいことは専門家に直接相談するのがおすすめ

借金を減額する3つの方法

借金が減額できないか、誰でも一度はある悩みですね。

結論からお伝えすると、借金の減額は可能です

借金を減額する方法として「債務整理をする」「金利を下げる」「過払い金返還請求をする」の3つの方法が上げられます。

借金の減額方法
  1. 債務整理をする
  2. 金利を下げる
  3. 過払い金返還請求をする

借金減額方法その1 債務整理をする

借金の減額を検討している人は、債務整理をすることをおすすめします。

債務整理とは、借金の減額や、支払いに猶予を持たせることを目的とした手続きのことです。

債務整理は国から正式に認められている手続きで、主に「任意整理」「自己破産」「個人再生」「特定調停」の4種類があります。

債務整理で借金を減額することで、精神的な負担も減らすことができます。

任意整理

任意整理とは、賃金業者と月々の返済額や債務額全体の減額を直接交渉する手続きのことです。

任意整理では裁判所を通さずに賃金業者と直接交渉を行うことができます。

また、弁護士や司法書士が代理人となって和解交渉をすることができるため、手続きをスムーズに進めることができます。

任意整理のメリット
  •  債務額の減額や、過払い金の発見ができる
  • 弁護士や司法書士が代理人となって和解交渉をすることができるため、手続きをスムーズに進めることができる

任意整理をすると何ができる?

任意整理をすると、借金の減額や過払い金を発見することができます。

過払い金が発生している場合には、賃金業者に過払い金を請求することができます。

任意整理はどうやって進めるの?

任意整理では、弁護士などの専門家を雇い交渉を進めていきます。

そのため、任意整理の知識があまりない人でも安心して手続きをすることができます。

任意整理のデメリット
  • 信用情報機関に債務整理手続きを行ったことが保存される
  • 交渉に失敗した場合、一括返済などを求められるなどのリスクがある

任意整理をするとどんなデメリットがあるの?

任意整理をすると、5年間は信用情報に債務整理の手続きが記録されます。

信用情報に記録が登録されると、いくつかのデメリットが発生します。

そのため、信用情報に登録されることはブラックリストと言われています。

ブラックリストに載ると、新たにクレジットカードがつくれなくなる」「業者に取引を避けられるようになる」「現在使用中のクレジットカードが使えなくなる」などのデメリットが発生する可能性があるため注意が必要です。

⬇︎詳しくは以下の記事がおすすめです。

任意整理のデメリットって?クレジットカードや他のローンへの影響まで徹底解説

任意整理が失敗するとどうなる?

任意整理の交渉に失敗すると、一括返済などを求められる可能性があります。

こういったリスクを回避するには、任意整理でそれなりの実績がある事務所に相談することがおすすめです。

任意整理の利用が見込める人
任意整理の利用が見込める人の条件として、「減額後の借金を3~5年程で返済できる人」「継続的に収入を得る見込みがある人」の2つが上げられます。

自己破産

自己破産とは、自分に借金を支払う財産がないことを裁判所に認めてもらい、借金の支払い義務を免除してもらうことです。

法律上、借金返済義務は完全になくなるので非常に有効な債務整理の方法だといえます。

自己破産のメリット
  • 借金の支払いを全額免除できる
  • 職業を失うことはない

⬇︎もっと詳しくは以下の記事がおすすめです

自己破産とは?デメリット・メリットや費用・期間まで自己破産の全てをまるっと解説

自己破産をすると何ができるの?

自己破産をすると借金の支払いを全額免除することができます。

他の債務整理は、一部減額はされますが、借金が全額免除されるわけではありません。

そのため、これが自己破産の一番のメリットでしょう。

自己破産をすると職を失うって本当?

自己破産をすると職業を失うと誤解している人は多いですが、実際はそういったことはありません。

自己破産をしても職業を失うことはないので、安心して自己破産をすることができます。

自己破産のデメリット
  • 20万円を超える財産や、99万円を超える現金は没収される
  • 裁判所に支払い能力がないと判断される必要がある
  • 借金をした理由に問題があった場合は、自己破産できない可能性がある
  • 自己破産をしても免責されない債権がある

自己破産をするとどんなデメリットがある?

自己破産をすると現在所有している財産が没収されます

具体的には、20万円を超える財産や、99万円を超える現金が没収対象となっています。

しかし、全ての財産を没収されるわけではなく、一部の財産は残すことができます。

残すことができる財産は、99万円以下の現金、20万円未満の財産、家電や家具などの必要最低限の生活必需品となっています。

自己破産をすると全ての財産を失うと勘違いしている人は多いですが、実際は違うので注意しましょう。

⬇︎もっと詳しくは以下の記事がおすすめです

自己破産をするとどうなる?できなくなること・できることなど30個を徹底解説

自己破産は誰でもできるの?

自己破産をするには、裁判所から支払い能力がないと判断されなくてはなりません。

つまり、現段階で借金を返済できる可能性が全くないと判断される必要があります。

これは、現在の職業や収入などを参考に裁判所が判断します。

ギャンブルでの借金も自己破産できる?

借金の理由に問題があった場合自己破産が認められないことがあります。

具体的には、ギャンブルや過大な浪費などです。

また、裁判所に事実と異なる虚偽の報告をした場合なども当てはまります。

しかし、ギャンブルで借金を負ってしまったとしても必ずしも自己破産が認められないわけではないので注意が必要です。

自己破産をしても免責されない債権がある

自己破産は、基本的に全ての借金を免除することができますが、中には免責することができない債権もあります。

租税等の請求権。所得税、住民税、固定資産税、相続税などの税金や、国民健康保険料、国民年金保険料などが当てはまります。

免責できない債権として以下の債権が当てはまります。

免責されない債権
  • 悪意を持って人に怪我をさせたり、人の所有物を壊した場合などの損害賠償請求権。
  • 悪意がなかったとしても、重大な過失により、人の生命または身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求。
  • 親族の扶養義務等。
  • 雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預かり金の返還請求権。
  • 債権者一覧表に敢えて記載しなかった請求権。
  • 罰金等の請求権。これは罰金や刑事訴訟費用などを含みます。
自己破産の利用が見込める人
自己破産の利用が見込めるのは「借金の支払いが不可能である人」です。
借金の支払いが不可能であると裁判所に認められないと自己破産ができないので注意が必要です。

個人再生

個人再生とは、裁判所に申し立てをし、住宅財の財産は維持したまま借金を減額できる債務整理です。

減額した借金は、基本的に3~5年間で返済する必要があります。

個人再生は、自己破産と違い財産は処分されず、資格制限もないので、主に住宅財などの処分されたくない財産を持っている人や、自己破産による資格制限で職業を継続できなくなる可能性がある人におすすめです。

個人再生なら自己破産と違い職業を継続しながら手続きを進められる。持ち家がある人におすすめです。

個人再生のメリット
  • 住宅財を残せる
  • 資格や職業の制限がない

個人再生をしたら持家はどうなるの?

個人再生は、自己破産と違い原則的に住宅財を処分されないので、住宅財を残しておくことができます。

個人再生では、住宅ローン特則を使うことで、住宅ローンが残っていても、住宅財を残すことができます。

個人再生をしても職業や資格の取得はできる?

個人再生を行っても、資格や職業に制限がつきません。

そのため、他の債務整理では自分の資格や職業に制限がついてしまう人におすすめです。

個人再生のデメリット
  • 連帯保証人に請求がいくこともある
  • 手続きが複雑で大変

個人再生をすると、連帯保証人・保証人はどうなる?

個人再生をすると、連帯保証人に支払いの請求がいくことがあります。

結果として、連帯保証人に迷惑をかけてしまう可能性があるので大きなデメリットだといえます。

個人再生はどのくらいの期間でできる?

個人再生は他の債務整理に比べて手続きが複雑です。

手続きはおよそ6ヶ月~12ヶ月かかることが多いです。

自分で手続きする自信がない人は、専門家の手を借りるのが得策でしょう。

個人再生の利用が見込める人
個人再生の利用が見込める人の条件として「継続した収入を見込める人」「借金の総額が5000万円以下(住宅ローンは除く)」「債務者が個人である」が上げられます。

特定調停

特定調停は、弁護士に依頼せず、裁判所を仲裁役として債務者と債権者の和解交渉を進める手続きのことです。

内容によって異なりますが、特定調停はおよそ3か月から半年ほどの期間がかかります。

特定調停のメリット
  • 弁護士に依頼しなくていい
  • 費用が安くて済む

弁護士に依頼しなくていい

特定調停は裁判所を仲裁役としているため、弁護士に依頼せず自分で手続きを進めることができます。

そのため、弁護士を通さず手続きを進めたい人におすすめです。

費用が安くて済む

特定調停では、弁護士依頼する必要がないため、任意整理などと比べて費用が安くなる場合が多いです。

かかる費用は基本的に一社あたり500円の手数料と郵便切手代のみとなっています。

特定調停のデメリット
  • 書類の準備が大変
  • 上手くいかなかった場合、自己破産する可能性もある

書類の準備が大変

特定調停を行うに特定調停申立書などの書類が必要になるため、準備に時間がかかる場合があります。

主な必要書類は、特定調停申立書、資格証明書、権利関係者一覧表、財産状況を示すことができる明細書、の4つになります。

他にも必要書類があるケースは多いので、事前に調べておきましょう。

上手くいかなかった場合自己破産する可能性もある

特定調停が決定した後に何らかのトラブルが発生し、返済能力を失った場合、自己破産をしなくてはならない可能性があります。

自己破産をすると財産を没収されるので注意が必要です。

特定調停後に、返済の延滞などをした場合、債務者からの強制執行や一括請求をされることがある。

特定調停後に返済の延滞が起きないようにするために、事前にしっかり計画を立てておくことが必要です。

特定調停の利用が見込める人
特定調停の利用が見込める人の条件として、「減額後の借金を返済できる人」「継続して収入を得ることができる人」が上げられます。

債務整理をするとブラックリストに載る?記録される期間

債務整理の方法ブラックリストに載る期間
任意再生5年
自己破産およそ5~10年
個人再生およそ5~10年
特定調停5~7年程度

ブラックリストに載ることには様々なデメリットがあります。

ブラックリストに載ると起こること
  • 新たにクレジットカードをつくれなくなる
  • 現在使用中のクレジットカードが使えなくなる
  • 今後取引をする時、業者から避けられやすくなる

ブラックリストは一定期間経つと解除されますが、解除されるまで様々な影響を受けるので注意しましょう。

ブラックリストに載る期間は「債務整理の方法」と「信用情報機関」によって異なるので事前に確認しておきましょう。

借金減額方法その2 金利を下げる

借金を減額する方法として、金利を下げる手続きをすることもおすすめです。

金利とは、簡単に言うと利息を計算するための割合のことで、利回りや利率と表されることもあります。

借金の金利を下げることができれば、支払う利息を下げることができ、毎回の支払額の負担を減らすことができます。

金利を下げる方法として、「おまとめローンを利用する」「低金利のカードローンに借り換えする」の2つが上げられます。

金利を下げる2つの方法
  • おまとめろーんを利用する
  • 低金利のカードローンに乗り換える

 

金利を下げる方法1.おまとめローンを利用する

おまとめローンとは、複数の金融機関からのローンを一つにまとめることです。

そのため、おまとめローンは複数(少なくとも2社以上)の金融機関のローンがある人におすすめです。

おまとめローンを利用し、ローンを一つにまとめることで月額返済額の減額や金利を下げるなどといった効果が見込めます。

おまとめローンは主に「消費者金融」「銀行」「ノンバンク金融機関」で利用することができます。

おまとめローンのメリット
  • 金利が低くなるため、支払う利息が少なくなる
  • ローンをひとつにまとめるため、返済の管理がしやすくなる

おまとめローンのメリットは?

おまとめローンのメリットは金利が低くなるため、支払う利息が少なくなる

おまとめローンを利用することで、返済の負担を軽減することができます。

ローンをひとつにまとめるため、返済の管理がしやすくなる

ひとつのローンに絞ると、返済日を毎月特定の一日のみにすることができます。

そのため、何度もATMを利用し返済するなどといった手間を省くことができます。

また、返済日が特定の一日のみなので、振り込みを忘れてしまうリスクを下げることがでいます。

おまとめローンのデメリット
  • 金利が下がらないこともある
  • 審査に落ちる可能性がある

おまとめローンのデメリットは?

元々契約していたローンと新たに契約するローンの金利が同等である場合、金利が下がらない可能性があります。

おまとめローンを上手く活用するには今までよりも金利の低いローンと契約する必要があります。

審査に落ちる可能性がある

現在の借入先が多すぎる場合や、定期的な収入がなくローンを返済できる見込みがない人は、金融機関の審査に落ちる可能性があります。

新たに契約するはずの金融機関の審査を通過しなければ、おまとめローンを使用することができません。

このように、金融機関の審査に落ちる可能性もあるので注意が必要です。

⬇︎詳しくは以下の記事がおすすめ

おまとめローンのおすすめ人気ランキング|低金利で返済しやすいローンを徹底紹介!

金利を下げる方法2.低金利のカードローンに乗り換える

金利を下げるもう一つの方法として「低金利のカードーローンに乗り換える」という方法があります。

これは、現在契約中のカードローンより低金利のカードローンに乗り換えることで、金利を下げる方法です。

この方法は現在金利の高いカードローンに契約している人に特におすすめです。

低金利のカードローンに乗り換えるメリット
  • 現在よりも金利を下げることができる
  • 利用限度額を増やせる

現在よりも金利を下げることができる

低金利のカードローンに借り換えることによって、毎月の利息を減らすことができます。

利息を減らすことで、最終的に支払う返済額を減額できるので大きなメリットだといえます。

現在契約しているカードローンの金利が高いと感じている人に有効です。

利用限度額を増やせる

現在利用しているカードローンよりも利用限度額が大きいカードローンで契約すれば、利用限度額を増やすことができます。

利用限度額が増えれば、今までよりも多く使うことができますが、返済負担も大きくなる可能性もあるので十分注意しましょう。

低金利のカードローンに乗り換えるデメリット
  • 審査に落ちる可能性がある
  • 逆に利息が増える可能性がある

審査に落ちる可能性がある

低金利のカードローンに乗り換えるたには、新たにカードローンを申し込まなくてはなりません。

こちらもおまとめローンと同様、契約する際に審査があります。

過去5年以内に延滞したことがある場合などは、審査に落ちる可能性があるので注意しましょう。

逆に利息が増える可能性がある

カードローンの適用金利は金融機関の審査結果によって決定されます。

そのため、審査結果によっては現在よりも金利が高くなる可能性があります。

カードローン乗り換えにはこのようなリスクもあるので、十分注意しましょう。

⬇︎もっと詳しく知るなら以下の記事がおすすめ

【徹底比較】消費者金融カードローンおすすめ比較ランキング2021

借金減額方法その3 過払い金を請求する

過払い金とは、消費者金融などによって過剰に請求されていた利息のことです。

過払い金は適切な手続きを行うことで返金してもらうことが可能です。

この手続きは「過払い金返還請求手続き」といい、国よって正式に認められています。

過払い金が発生している可能性が高い人は、「2010年(平成22年)6月17日以前に借入を開始した人」「借金を完済してから10年以内の人」です。

もし既に借金を完済していたとしても過払い金請求をすることが可能なのです。

しかし、これらに当てはまらない人でも過払い金を請求することができる可能性はあります。

一度専門家に相談してみるといいでしょう。

過払い金を請求するメリット
  • 過剰に払った利息が返ってくる
  • 借金を完済している場合はブラックリストに載らない
  • 周囲に知られず、内密に手続きを進めることができる

過剰に払った利息が返ってくる

過払い金が発生していた場合、過剰に払った利息が返ってきます。

そのため、返済総額を減額できます。

借金を完済している場合はブラックリストに載らない

借金を完済してから過払い金返還請求をした場合は、ブラックリストに載りません。

そのため、ブラックリストのリスクなく、過払い金を取り戻すことができます。

周囲に知られず、内密に手続きを進めることができる

過払い金を請求するデメリット
  • 時効がある
  • 今後同じ消費者金融からお金を借りることができなくなる
  • 完済していない場合はブラックリストに載る

時効がある

過払い金の請求には時効があり、最後の取引日から10年です。

そのため、基本的に最後の取引日から10年経過している場合は、過払い金を取り戻せません。

しかし、賃金業者が暴力や脅迫行為などといった不法行為を行っていた場合は時効が無効になるケースもあります。

最後の取引日から10年経っていたとしても、場合によっては時効を無効にすることができるので一度専門家に相談することをおすすめします。

今後同じ消費者金融からお金を借りることができなくなる

過払い金返還請求後は、今まで利用していた消費者金融からお金を借りることができなくなります。

例えば、今まで利用していたクレジットカードは今後使えなくなるので、予め別のクレジットカードを作ってから手続きをするなどの対策を取ると良いでしょう。

完済していない場合はブラックリストに載る

借金を完済しておらず、返済途中に過払い金返還請求をした場合、ブラックリストに載る可能性があります。

ブラックリストに載ると様々なデメリットがあるので注意が必要です。

借金減額シュミレーターとは?

借金減額シュミレーターとは、いくつかの質問に答えるだけで、自分の借金がいくら減額できるのかを診断してくれるサービスのことです。

具体的な質問内容としては、借入金額や借入期間、返済状況などがあります。

借金減額シュミレーターでは、いくら減額できるかだけではなく、どのような債務整理や過払い金請求の手続きをすれば良いのか知ることができます。

ほとんどの借金減額シュミレーターは、ネット上から無料で利用できるため非常に便利なサービスとなっています。

また、メールアドレスや電話番号の入力は必須ですが、匿名で利用できることが多いので、安心して利用できます。

借金減額シュミレーターで出た結果が必ずしも正しいとは限りません。

あくまでも、参考程度に考えておくのが無難です。

注意
借金減額シュミレーターは、司法書士事務所や弁護士事務所が診断しています。
司法書士事務所や弁護士事務所は借金減額シュミレーターを利用した人を顧客として獲得したいため、借金減額シュミレーター利用後に電話やメールが届くことがあります。
借金減額シュミレーターを利用する人は、利用後に電話やメールが届く可能性があるということを頭に入れておきましょう。

借金の減額を検討する際は専門家に相談しよう

ここまで、借金を減額する方法について解説してきましたが、記事を読んだだけではまだ不安だと感じている人も多い思います。

そんな人は、一度専門家に相談するのが得策です。

専門家に相談することで、リスク回避にも繋がります。

悩みや疑問に思った点はすべて相談し、不安に思う点はできるだけなくしておきましょう。

専門家に相談して借金の減額を成功させましょう!

まとめ

今回は借金を減額する3つの方法を紹介しました。

それぞれ異なる特徴があり、どの方法を選ぶかで借金を減額できるか変わってきます。

自分に最適な方法を選ぶために、一度専門家に相談してみると良いでしょう。