リボ払いが原因で借金地獄!?借金地獄になりやすい人・原因を徹底解説!

キャッシュレス化が進む現代において、クレジットカードは生活に欠かせないものになりつつあります。

そのクレジットカードの支払方法の1つが「リボ払い」。

一見すると利用者にとって便利に思える「リボ払い」が、借金地獄の原因になるといわれるのはなぜでしょう。

この記事では、「リボ払い」という支払方法について以下の内容で解説します。

リボ払いが借金地獄の原因?
  • リボ払いとは?
  • リボ払いで借金地獄になる原因
  • リボ払いで借金地獄に陥りやすい人の特徴
  • リボ払いの債務整理は法律事務所に相談するのがおすすめ
  • リボ払いの債務整理に強い法律事務所6選
  • リボ払いに関するよくある質問

もくじ

リボ払いとは?

リボ払いとはクレジットカードの返済利用時の返済手段の1つで、利用残高に関係なく毎月の支払金額を一定にできる支払い方法です。

カード会社によっては、利用残高によって毎月の支払金額が変動する場合もあります。

ここでは、リボ払いに関して以下の内容で解説します。

リボ払いの仕組み

リボ払いは、利用残高に関係なく毎月の支払金額をほぼ一定にし、利息を上乗せした形で返済する方法です。

一般的にリボ払いは毎月の支払金額を前もって設定できますが、カード会社によっては毎月の支払金額が決まっている場合もあります。

クレジットカードの支払を一括でするのが厳しい場合には、有効な返済方法といえるでしょう。

「使い過ぎて今月のカード会社からの請求が不安」という方も、一般的にリボ払いであれば毎月の支払金額が急に増えることもありません。

ただし、使わなかった月も毎月一定の支払金額は発生するので、毎月の支払金額の設定金額が高い場合は滞らないよう注意してください。

リボ払いは毎月の一定支払金額の中に利息が含まれている場合と、設定した支払金額に含まれず利息を上乗せして請求される場合があります。

毎月の一定支払金額に利息が含まれている場合は注意が必要です。

実際利用残高からどの程度返済できているのか見えにくく、正確な利用残高が把握できないこともあるので、リボ払いの追加利用は特に注意しましょう。

毎月の支払金額の設定が低いために元金が減らないという場合には、支払金額の増額を検討しましょう。

利用残高によって毎月の支払金額が変動すれば、利用額に見合った返済となり利用残高も減っていきます。

しかし、リボ払いの場合は利用残高に関係なく毎月の支払金額が一定であるため、利息が含まれたタイプで設定金額を低くすると利用残高の減りは少なくなります。

最終的に支払回数も利息も大幅に増えてしまうことになるのです。

リボ払いの種類

リボ払いの支払方法には、カード会社によって2つの種類があります。

リボ払いの種類
それぞれの支払方法について解説します。

定額方式

定額方式とは、利用残高に関係なく毎月の支払金額をほぼ一定にできる返済方法のことです。

カード会社による違いはありますが、毎月の支払金額を前もって設定できます。

毎月の支払金額が、カード会社によって設定されている場合もあるので注意しましょう。

定額方式の例を挙げて説明します。

*毎月の支払金額の設定は10,000円とします。

1月に100,000円リボ払いを利用した場合の支払金額は10,000円。

2月に追加で100,000円利用しても2月の支払金額は10,000円のまま変わりません。

3月は全く追加利用無しでも支払金額は10,000円となります。

定額方式の利用残高推移と支払金額
リボ払い利用月 リボ払い利用額 リボ払い利用残高合計 支払金額
1月 100,000円 91,233円 10,000円
2月 100,000円 183,591円 100,00円
3月 0円 175,854円 100,00円

*金利が15%の場合です。リボ払いの場合は毎月支払時に15%程利息がかかり、一定の支払金額に含まれる場合と含まれず上乗せされる場合があります。カード会社によって異なるため、リボ払い利用の際は事前に確認が必要です。

残高スライド方式

リボ払いの残高スライド方式とは、利用残高に応じて毎月の支払額が変動する返済方法です。

利用残高に応じた支払金額のため、次の月からいきなり支払金額が増える場合もありますので注意してください。

残高スライド方式の場合、カード会社によって利用残高に応じた毎月の支払金額が決められている場合が一般的です。

例えば残高スライド方式の場合、0円〜100,000円までのリボ払い利用残高は毎月の支払金額が5,000円。

利用残高が100,001円〜300,000円までは毎月10,000円の支払金額で、300,000円〜500,000円までが毎月の支払金額が15,000円。

このように利用残高によって、毎月の支払金額が増減する仕組みです。

残高スライド方式の場合も、毎月の支払金額に利息が含まれた場合と別である場合があるので事前にカード会社に確認しましょう。

リボ払いと比較される分割払い

リボ払いとよく比較されるのが、分割払いという支払方法です。

分割払いは、クレジットカードでの利用額に対して支払回数を決めて返済する方法です。

分割払いの場合、支払回数の分だけ月々の支払が発生します。

2回までは利息がつかない支払方法で、支払回数が多いほど利息も多くなります。

リボ払いと決定的に違うのは、分割払いを選択したタイミングで支払回数が明確に決まることです。

支払回数によって毎月の支払金額も決定し、リボ払いのような追加利用もできません。

一般的に利用残高が把握しづらく追加利用ができてしまうリボ払いよりも、支払回数も決まっている分割払いの方が借金地獄に陥る危険性は低くなります。

一括で支払えない場合には、リボ払いを選択する前に分割払いで対応できないか検討してみましょう。

リボ払いで借金地獄になる原因

リボ払いは支払額が一定で管理しやすい支払方法ですが、以下の理由で借金地獄に陥りやすいといわれています。

それぞれの理由について解説します。

利息がとても高い

リボ払いが借金地獄に陥りやすい原因として、ローンの中でも利息がとても高いことが挙げられます。

リボ払いの利息は、一般的に銀行のカードローンの上限と同じ15%の金利が発生します。

特に注意したいのは、毎月の支払金額の中に利息が含まれている場合です。

カード会社によりますが、毎月の一定支払金額に利息を上乗せした請求額であれば利用残高は減っていきます。

しかし、毎月支払う一定の金額の中に利息が含まれている場合、支払金額から利息が差し引かれます。

そのため、利用残高が減るペースが遅くなり、支払回数が多くなるので注意しましょう。

リボ払いの利息計算方法は以下のようになるのが一般的です。

リボ払いの利息計算方法
  • 利用残高×金利(0.15)÷365(日)×30(日)

*1日当たりの利息を計算するために365(日)で割り、リボ払いを開始してから支払日までの利用日数(30日)をかけて利息を出します。

例として一定の支払金額に利息が含まれる場合について解説します。

MEMO

例)250,000円の利用残高で毎月の支払金額が10,000円の場合

(利息)250,000円×0.15÷365×30=3,082円
(支払額)10,000円-3,082円=6,918円

毎月10,000円の支払金額のうち、利息が3,082円で利用残高の支払金額は6,918円となります。

毎月の支払金額の約3割が利息の支払になっているため、その分多くの回数を支払うことになるのです。

利息が含まれる場合の利用残高250,000円の支払金額の初月内訳
利用残高から返済した金額 6,918円 利息 3,082円

*一定支払金額は10,000円と設定した場合

どれくらい借金しているのか把握できない

借金地獄になる理由として、どのくらい借金の額があるのかリボ払いの利用残高を把握しにくいということが挙げられます。

一括払いや分割払いでは、請求された金額がその時点での借金総額であるため、どのくらい利用残高があるのか簡単に把握できます。

しかし、支払金額に利息が含まれるリボ払いの場合、支払金額が利用残高に関係なく毎月一定で、なおかつ元金がなかなか減らないため、借金の利用残高の把握が難しくなります。

他にもリボ払いの利用残高を把握しにくくなる理由として、追加で借入ができてしまうことが挙げられます。

毎月の支払金額が利用残高に関係なく一定である場合、追加利用した後でも毎月の支払金額は同じです。

リボ払いの追加利用で雪だるま式に利用残高が増えていっても把握がしづらく、気づいたときには返済できない程の借金地獄に陥っている場合があります。

毎月の支払金額に利息が含まれている場合は尚更です。

リボ払いの利用を追加した場合の例で解説します。(毎月の支払額が一定で、利息分が含まれるリボ払いの場合)

1月に300,000円利用し、2月に150,000円追加で利用したとします。

支払金額が固定で10,000円の場合、1月と2月の支払合計金額は20,000円です。

MEMO

【1月】300,000円×0.15(金利)÷365(日)×30(日)=3,699円(利息)
10,000円-3,699=6,301円(利用残高からの支払額)
300,000円-6301円=293,699円(利用残高)

【2月】293,699円+150,000円=443,699円
443,699円×0.15÷365×30=5,546円(利息)
10,000円-5,546=4,454円
443,699円-4,454円=439,245円

利用残高は43,925円となり、10,755円しか利用残高から減っていないのです。

このように、利用残高がなかなか減らない状況であるにもかかわらず、毎月の支払額が変わらないため借金の把握が難しくなるのです。

返済してもほとんど元金が減らない

リボ払いの場合、借金を毎月支払っても元金である利用残高がなかなか減らないことも借金地獄になる原因の1つです。

利用残高が減らない理由として、毎月の支払金額の設定が少額であることが挙げられます。

毎月の支払金額が少額であればあるほど、利息の割合も高く利用残高はなかなか減りません。

リボ払いの利用残高が減らなければ、必然的に支払期間も長期化してしまいます。

毎月の支払額を増額する設定の見直しは、利用残高を減らす有効な手段の1つです。

余裕のある月やボーナスが入る時には、一括返済や支払額の増額などで利用残高を減らせるタイミングとなるため検討してみましょう。

リボ払いで利用残高が減らないもう一つの理由として、追加利用が発生し利用残高が把握できなくってしまうことが挙げられます。

利用残高が増えていけばそれだけ支払期間も長期化します。

支払いが長期に渡ると、借金していることに慣れてしまいます。

その結果、「早く返済しなければ」という危機意識が小さくなり、利用残高を確認しなくなってしまうのです

借金している認識が薄れる

利用残高に比例して毎月の支払金額が変動する場合には、借金であると認識しやすいでしょう。

しかしリボ払いは、利用額に関係なく毎月の支払金額が一定です。

また、毎月の支払金額が少額設定の場合、返済の負担が少なくて済んでしまいます。

支払金額が一定でかつ負担が少ないと、返済に困りません。

そのため、いつの間にか借金であることの認識が薄れてしまうのです。

リボ払いが借金であることの意識が薄れると、利用残高を注意して確認しなくなるおそれがあります。

利用残高を把握していれば、毎月の支払金額の設定見直しなど打つ手はあります。

しかし、借金という認識がないと利用残高の確認がおろそかになり、いつの間にか返済できないほど増えている状況に……。

リボ払いが、毎月利息の発生する借金であるという認識を持ちましょう。

リボ払いで借金地獄に陥りやすい人の特徴

ここではリボ払いで借金地獄に陥りやすい人の特徴について解説します。
代表的なものとして以下のような特徴があります。

それぞれの特徴について解説します。

金銭感覚がおかしく金遣いが荒い人

借金地獄に陥りやすい人の特徴として、金銭感覚がずれていたり金遣いが荒かったりすることが挙げられます。

例えば、ギャンブルやブランド品に収入の多くをつぎ込むなど、金銭感覚がおかしくなっている人は、いつの間にか借金が膨らんでいくという状況に陥りがちです。

ギャンブルやブランド品にはまってしまう人は、一般的に借金をすることに抵抗がありません。

そのため収入を大きく超える浪費にいたるのです。

後先考えずに金を使い込んでしまう人も、計画性が乏しくリボ払いで借金地獄に陥りやすい特徴的なケースでしょう。

計画性がないため、リボ払いを安易に利用して返済できない程の借金となる場合が少なくありません。

リボ払いの仕組みを正しく理解していない人

リボ払いの仕組みを正しく理解できていない人も、借金地獄に陥りやすい傾向があります。

「リボ払いは危ない」とぼんやりわかっているにとどまり、どういう仕組みでどこが危険なのか正確に理解できている人はほとんどいません。

リボ払いの毎月の支払いに利息が含まれていることを知っていれば、「完済までリボ払いの追加利用を控える」「利用残高によって設定金額を変える」など、早期返済に向けた対応が可能です。

リボ払いの仕組みを正しく理解できていなければ、「毎月一定の支払金額は滞納していないから、追加で利用しても安心」という都合のいい間違った認識を持つ場合もあります。

毎月の支払金額が少ない人

先述したように、リボ払いは毎月の支払金額が一定で返済管理がしやすいという特徴があります。

一方で、返済の負担を減らすため毎月の支払金額を少なく設定すると利用残高がほとんど減りません。

このようなケースでは、「借金を返済している」という意識が薄くなるため、利用残高の把握が曖昧になりがちです。

例えば、毎月の支払金額を5,000円に設定し、400,000円リボ払いを利用したとします。

400,000円×0.15÷365(日)×30(日)=4,932円
5,000円-4,932円=68円(利用残高からの支払額)

初回返済で利用残高から減ったのは、たったの68円です。

このように、リボ払いの利用金額に比べ毎月の支払金額が低いため、利用残高はほとんど減っていきません。

リボ払いの利用残高によって支払金額の設定を変更しない人は、いつまでも返済が終わらず借金地獄に陥る危険性が高まるのです。

リボ払いの債務整理は法律事務所への相談がおすすめ

リボ払いで借金地獄に陥った場合、解決方法として債務整理があります。

債務整理は、利息をカットできたり借金の大幅な減額ができたりする国が認めた救済制度なので利用を検討しましょう。

リボ払いで債務整理を利用する場合には、個人で行わず法律事務所への相談をおすすめします。

法律事務所への相談は、以下のような理由でおすすめです。

それぞれおすすめの理由について解説します。

取り立てを止められる

リボ払いによって借金地獄に陥り返済が滞った場合、金融機関やカード会社から取り立てや督促などの返済催促があります。

しかし、弁護士などに依頼すれば、債権者に対して受任通知が送付され取り立てや督促から悩まされることがなくなります。

受任通知を受け取った債権者は、法律で取り立てが禁止されているからです。

和解成立まで催促はストップし、精神的なストレスから解放され新たな生活を考える余裕が生まれることでしょう。

手続きを代行して進めてくれる

債務整理は、債権者との交渉や各種書類作成など専門的な知識や経験を必要とします。

多少の費用はかかりますが、専門家に任せた方が安心です。

また、債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産という3つの方法があり、法律事務所に相談すれば、最適な方法のアドバイスももらえます。

例えば、利息のカットや借金の大幅減額、住宅を残したい、とにかく借金をなくしたいなどそれぞれの希望に沿った形で債務整理方法を提案してもらえるので心強いでしょう。

ただし、法律の専門家であっても、債務整理の処理に通じているとは限りません。債務整理の経験が豊富な法律事務所に相談することをおすすめします。

借金を大幅に減額できる可能性が高まる

借金を大幅に減額するためには、債務整理の専門的な知識と経験が欠かせません。

そもそも専門家というだけで、債権者は減額に応じやすくなるものです。

専門家の優れた交渉力は、素人とは比較にならないほど安心できるものでしょう。

専門的な知識がない場合、和解を債権者側に有利な条件で進められる可能性が高いのも法律事務所への相談をおすすめする理由です。

金利の再計算や借金減額など素人には困難な交渉です。

専門家に相談すれば和解内容を有利に進められ借金を大幅に減額できる可能性が高まります。

周囲にバレることなく解決できる

借金をすると債権者からの郵便物が会社や自宅に届くので、家族など周囲の人にバレるおそれがあります。

弁護士などの専門家が債権者に受任通知を出すと、請求書などの債権者からの郵便物はすべて弁護士あてに届きます。

そのため家族などにバレるリスクが大幅に減るわけです。

また借金の減額交渉も専門家が代理するので、債権者自身が債権者と直接交渉する機会はなくなります。

借金トラブルを周囲に隠して解決したい場合は、専門家を代理人に立てるのが賢い方法だといえるでしょう。

リボ払いの債務整理に強い法律事務所11選

リボ払いの過払い金請求におすすめの弁護士・司法書士事務所5選

借子さん

リボ払いの過払い金請求をするのにおすすめの弁護士事務所はあるのでしょうか?

ここでは、リボ払いの過払い金請求をするのにおすすめの弁護士・司法書士事務所を紹介します。

リボ払いの過払い金請求の相談におすすめな法律事務所は主に以下の通りです。

【コストを抑えたい】はたの法務事務所

はたの法務事務所

出典:https://hikari-hatano.com/

はたの法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(4.5)
はたの法務事務所の特徴
  • 着手金が0円のため、失敗しても費用がかからない
  • 報奨金の分割もOKのため、相談がしやすい
  • 過払金・任意整理の実績や評価が高く、とにかくコストをかけずに債務整理がしたい人におすすめ
  • ただし、裁判まではできないため自己破産や個人再生など裁判が必要な場合は新たに弁護士を雇う必要があるため不向き

はたの法務事務所は、コストを抑えて債務整理手続きができることで当サイトでも人気No1の法務事務所です。

全国どこでも出張相談ができるほか、過払金調査費用も無料・初期費用となる着手金も無料と手厚いサポートが特徴と言えます。

リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。
はたの法務事務所の詳細
事務所名 業態
はたの法務事務所 司法書士法人
電話番号 対応業務
0120-732-023 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 1社 22,000円〜
過払金成功報酬 14.08%〜
自己破産 330,000円
民事再生 385,000円

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

【経験で選ぶなら】渋谷法務総合事務所

債務整理_おすすめ_渋谷法務総合事務所

出典:https://www.shibuya-houmu.com

渋谷法務総合事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(1.0)
渋谷法務総合事務所の特徴
  • 相談料は無料
  • 経験豊富なベテランが在籍
  • 土日祝日も対応可能

渋谷法務総合事務所は、認定司法書士が在籍している法務事務所です。

キャリア35年以上のベテラン司法書士が在籍しているので、問題解決の面では安心できるでしょう。

相談無料なので、費用面で不安があっても利用ができます。

しかし、認定司法書士なので、1社あたりの負債金額が140万円を超える場合は依頼ができないので、その場合は弁護士事務所に相談しましょう。

主張相談や借金専用窓口でも相談可能です。

セイリさん

渋谷法務総合事務所の詳細
事務所名 業態
渋谷法務総合事務所 司法書士法人
電話番号 対応業務
0120-553-052
【借金専用相談窓口】
0120-871-244
0120-355-005
任意整理
個人再生
自己破産
その他の業務(登記・相続関係)
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 220,000円
個人再生 330,000円

\ 知識と経験のある司法書士に相談する!/

渋谷法務総合事務所の
無料相談はこちら

【実績で選ぶなら】東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

出典:http://tokyo-lawtas.com/

東京ロータス法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.5)
東京ロータス法律事務所の特徴
  • 1万件以上の相談実績があるので経験豊富な弁護士に相談したい方におすすめ
  • 債務整理の相談は何度でも無料!
  • 弁護士事務所の中でもトップクラスの料金体系なのでコストが心配な方も安心
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合はお断りする場合がある

東京ロータス法律事務所は、債務整理が得意な料金最安値クラスの法律事務所です。

特に任意整理は一番安く設定されており、通常では5~10万円程度かかるところ、東京ロータス法律事務所は45,000円(税別)ほどです。

さらに、東京ロータス法律事務所は、過払金に関しての相談であれば何度でも無料相談可能です。

悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

リーガルさん

最近では「初回相談のみ無料」とする法律事務所も多くありますが、通常、弁護士との相談は30分で5000円程度という料金設定がされています。
東京ロータス法律事務所の詳細
事務所名 業態
東京ロータス法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-316-715 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 200,000円
個人再生 300,000円

\ まずは無料診断/

東京ロータス法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-783-078 <<
【無料電話相談】平日 10:00~20:00 / 土日祝 10:00~19:00

【何度でも相談無料】ライズ綜合法律事務所

債務整理_おすすめ_ライズ

出典:https://risesogo.jp/

ライズ綜合法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.5)
ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件以上の債務整理・過払金の実績があり、解決力がとにかく高い
  • 何度でも無料相談をすることができ、契約前から相談しやすい
  • 任意整理の完了後に借金返済の一本化ができ、返済管理を代行してもらえる
  • 弁護士への依頼のため費用は安くはないが、経験豊富な弁護士に任せたい人には非常におすすめ

ライズ綜合法律事務所は、債務整理や過払金請求問題の解決に長けている法律事務所です。

無料出張相談会を実施しているため、気軽に無料で相談できるほか、関東と関西どちらでも展開しているので、対面相談しやすいのがポイントです。

リーガルさん

まずは相談からしてみたい人や、経験豊富な弁護士に任せたい人におすすめと言えます。
ライズ綜合法律事務所の詳細
事務所名 業態
ライズ綜合法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-657-001 任意整理
過払金請求
個人再生
自己破産
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金(1社あたり):55,000円〜
着手金(残債務のない債権の調査、過払い請求):0円
法律相談料:11,000円(1時間以内)、(30分ごとに5,500円)
出張相談費用:0円
任意整理 1社 55,000円〜
過払金成功報酬 22%〜
自己破産 811,000円
民事再生 618,000円

\ まずは無料診断/

ライズ綜合法律事務所の 無料相談はこちら


【裁判で勝負するなら】アース法律事務所

アース法律事務所

出典:http://earth-lawoffice.net/

アース法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.0)
アース法律事務所の特徴
  • 元裁判官も担当した30年以上のキャリアのある弁護士が担当するので安心!
  • 債務整理の受任実績は3,500件以上と豊富な経験から最適な方法を提案する。
  • 出張面談を行っているので全国どこからでも債務整理を依頼可能!
  • ただし、借金額や置かれている状況によっては、債務整理の方法が限られてしまう場合がある。

アース法律事務所は、裁判官の経験だけでなく弁護士としてのキャリアも30年以上で、様々な案件に関わってきた豊富な実績と経験を活かして債務整理に当たってくれます。

また、債務整理に関する近年の裁判の運用や現状などにもとても詳しく、手続きの進め方などもスムーズなので、アース法律事務所の特徴と言えます。

リーガルさん

個人再生や自己破産をする場合、裁判所で手続きを行わなければいけません。そのため、裁判官としての経験がある弁護士なら依頼しやすいです。
アース法律事務所の詳細
事務所名 業態
アース法律事務所 弁護士事務所
電話番号 対応業務
03-6383-2430 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 22%~
自己破産 330,000円〜
個人再生 330,000円〜

\ まずは無料診断/

アース法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-346-211 <<
【無料電話相談】10:00~19:00

【消費者金融が恐る司法書士No.1】杉山事務所

債務整理_おすすめ_杉山事務所

出典:https://sugiyama-kabaraikin.com/

杉山事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.5)
杉山事務所の特徴
  • 消費者金融が恐る司法書士No.1
  • 相談実績が月間3,000件以上
  • 無料で出張相談も可能
  • 初期費用(着手金)が0円

杉山事務所は、週刊ダイヤモンド誌が選ぶ「消費者金融が恐れる司法書士」で日本一に選出された司法書士事務所です。

毎月3000件以上の相談があり、毎月の過払い金回収額は5億円を超えるという実績を持っています。

過払い金診断や相談は無料で行ってくれますし、着手金も無料で、過払い金を取り戻せた時にだけ報酬が発生する点も安心です。

リーガルさん

杉山事務所に依頼すると相談料や着手金が発生しないのはメリットです。
杉山事務所の詳細
事務所名 業態
杉山事務所 司法書士法人
電話番号 対応業務
0120-066-018 任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:0円
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 11,000円/件~
過払金成功報酬 22%~
自己破産 440,000円〜(1,000万円以下の場合)
個人再生 440,000円〜

\ まずは無料相談/

杉山事務所の
無料相談はこちら

【相談が何度でも無料】ひばり法律事務所

ひばり(旧名村)法律事務所は怪しい?リアルな口コミ・評判や料金を解説! | 任意・債務整理のおすすめ比較ランキングはSAIMUU

出典:https://www.hibari-law.net/

ひばり法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.0)
ひばり法律事務所の特徴
  • 債務整理専門弁護士との相談が何度でも無料!
  • 累計1万件の債務整理対応という実績もあるので安心して相談できる。
  • 緊急性に応じて即レスするスピード対応なので、手続きに時間をかけたくない方におすすめ!
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合は、お断りする場合がある。

ひばり法律事務所は、債務整理の依頼を扱うことが多く、これまでに数多くの借金問題を解決してきています。

以前は「名村法律事務所」でしたが、業務を充実するために個人事務所から弁護士法人になり、名前をひばり法律事務所に変更しています。

さらに、ひばり法律事務所は、弁護士が在籍しているので金額の大小に関わらず債務整理の相談ができ、手続きを行ってくれます。

他の法律事務所で断られてしまって困った場合、諦める前にぜひひばり法律事務所に相談してみてください。

リーガルさん

ひばり法律事務所なら、すべての借り入れをまとめて依頼できます。また、1つの債権者からの借金額が多い人も受け付けてくれます。
ひばり法律事務所の詳細
事務所名 業態
ひばり法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
050-3189-0296 任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:20,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 20,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 200,000円〜
個人再生 200,000円〜

\ まずは無料診断/

ひばり(名村)法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-851-037 <<
【無料電話相談】10:00~18:00

【メール・電話での相談が何度でも無料】Hana法務事務所

債務整理_おすすめ_Hana法務事務所

出典:https://hana-legal.com

Hana法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(4.5)
Hana法務事務所の特徴
  • 電話・メールでの相談は何度でも無料
  • 全国3カ所に事務所がある
  • 周りに知られることなく借金問題解決
  • 対応後の支払いは分割払いでも可能

Hana法務事務所は大阪を中心に全国に3カ所に事務所を設けている法務事務所です。

電話・メールの場合何度でも相談無料なので、納得するまで相談することができます。

相談はまだ勇気がない方は匿名でできる借金減額診断もあるのでそちらをおすすめします。

リーガルさん

何度でも相談無料なので気軽に話すことができます
Hana法務事務所の詳細
事務所名 業態
Hana法務事務所 司法書士法人
電話番号 対応業務
06-7777-4576 任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
その他
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 要問い合わせ
個人再生 要問い合わせ

\ まずはシュミレーターでいくら減額できるのか調べる!/

Hana法務事務所の
無料相談はこちら

【相談のしやすさで選ぶなら】サンク法律事務所

出典:https://thank-law.jp

サンク法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(4.5)
サンク法律事務所の特徴
  • 対応は年中無休
  • 費用負担が比較的軽い
  • 相談のしやすさ

サンク法律事務所は、業界の中でも低コストで依頼ができることで人気な法律事務所です。

債務整理だけでなく、法律に関する広い分野の案件を取り扱っているため、業界の知識に関してはトップクラスで信頼ができます。

また、女性弁護士がいるので、誰でも安心してご利用できます。

リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。
サンク法務事務所の詳細
事務所名 業態
サンク総合法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-281-739 任意整理
債務整理
個人再生
自己破産
過払い
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
任意整理 着手金550,000円〜
報酬金11,000円〜
減額報酬11%
過払金成功報酬 着手金0円
債権者1件につき21,780円
自己破産 同時廃止
着手金330,000円〜
成功報酬110,000円〜
少額管財
着手金440,000円〜
成功報酬110,000円〜
個人再生 住宅なし
着手金440,000円〜
報酬金110,000円〜
住宅あり
着手金550,000円〜
報酬金110,000円〜

\ まずは相談することが解決への1歩!/

サンク法律事務所の無料相談はこちら

【裁判まで一貫して依頼したい】ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所

出典:https://www.vbest.jp/

ベリーベスト法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(3.0)
対応業務の広さ
(5.0)
総合おすすめ度
(4.0)
ベリーベスト法律事務所の特徴
  • 相談は24時間・365日いつでも対応可能
  • 1ヶ月に回収件数853件、回収金額21憶5556万円という豊富な実績
  • 北海道から沖縄まで全国49の拠点があるため地方の人でも安心
  • ただし、284人の弁護士数(国内6位)もの所属している故、弁護士には当たり外れがある

ベリーベスト法律事務所は、24時間365日対応なことが特徴の弁護士事務所です。

ベリーベスト法律事務所の魅力として、全国対応であることが挙げられます。

北海道から沖縄まで全国に49の拠点があるため、住んでいる場所に関係なく気軽に相談が可能です。

また、この事務所の魅力として、過去の相談実績が豊富なことも挙げられます。

2011年2月から2021年6月までで24万件以上の相談件数を誇る経験豊富なベテラン事務所なので、まずは相談してみるのがおすすめです。

リーガルさん

過払い金の回収で多くの実績があるため、過払い金請求・債務整理の相談におすすめの弁護士事務所と言えます。
ベリーベスト法務事務所の詳細
事務所名 業態
ベリーベスト法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-666-694 債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
任意整理 44,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬 基本報酬:1社あたり4万円
成功報酬:20%
*別途事務手数料
自己破産 基本報酬
⇒同時廃止の場合24万円
⇒少額管財の場合34万円
裁判所申立費用
⇒同時廃止の場合3万円
⇒少額管財の場合23万円
個人再生 基本報酬
⇒住宅ローン条項ありの場合44万円
⇒住宅ローン条項なしの場合34万円
裁判所申立費用:3万円
成功報酬:なし

\ まずは無料診断/

ベリーベスト法律事務所の 無料相談はこちら

【何度でも相談無料】弁護士法人・響

債務整理_おすすめ_弁護士法人・響

Hana法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(1.0)
弁護士法人・響の3つの特徴
  • 何度でも相談可能
  • 初期費用無料+分割払いOK
  • 24時間365日対応可能

弁護士法人 響は、債務整理だけでなく税理士・社労士・行政書士などあらゆるジャンルの専門家を束ねる『響グループ』が運営する、大手法律事務所です。

大手の法律事務所なので、弁護士+スタッフが専任で担当をしてくれるなど、手厚いサポートが人気です。

相談は何回でも無料なので、知識ゼロでも安心して依頼ができます。

セイリさん

弁護士法人・響の詳細
事務所名 業態
弁護士法人・響 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-205-376 債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
任意整理 55,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬 22,000円
自己破産 22万
個人再生 住宅あり
33万円
住宅なし
22万円

リボ払いに関してよくある質問

ここでは、リボ払いについてよくある質問をまとめました。

リボ払いが「危ない」といわれる理由はなぜでしょうか?

リボ払いが「危ない」といわれるのは、簡単に追加利用できるため、どんどん利息が高くなり、なかなか元金が減らないからです。

元金が減らず支払期間が長期化すると、雪だるま式に借金が増えるおそれがあります。

リボ払いの借金地獄から抜け出すための方法はありますか?

リボ払いの利用残高を一括で返済するか、支払設定金額を大幅に増額することが借金地獄から抜け出すための方法です。

どうしても返済が無理な場合は、債務整理を検討するのも借金地獄から抜け出す手段の1つです。

リボ払いを安全に利用するコツはありますか?

リボ払いを安全に利用するには、利用残高を把握し追加利用を極力控えることです。

リボ払いで失敗する人は、利用残高を確認せず追加利用をして借金を増やしてしまいます。

リボ払いの利用残高を確認しておけば、利用残高が減らない場合に毎月の支払設定金額を変更するなど早めに手を打てます。

リボ払いを利用すると、どんなメリットがありますか?

リボ払いは、急な出費があった月もほとんど利用しなかった月も、支払金額が毎月一定なので、翌月の返済額が大幅に増えることはありません。

利用残高に関係なく毎月の支払金額がほぼ一定で、支払金額を管理しやすくなることが、リボ払いの唯一のメリットです。

リボ払いを一回払いに変更することは可能ですか?

返済資金に困っているからこそリボ払いを利用するわけです。

したがって一回払いに変更することは難しいでしょう。

借金返済を早期に終わらせたい場合には、繰上げ返済や支払額の増額などを利用するのが現実的です。

まとめ

今回は、リボ払いが原因で借金地獄に陥りやすい人の原因や特徴、リボ払いの債務整理に法律事務所がおすすめの理由などについて解説しました。

リボ払いは計画的に利用すれば支払管理がしやすく便利な支払方法ですが、場合によっては借金地獄に陥る危険性も伴うため十分注意して利用を検討しましょう。