米国株(アメリカ株)の買い方・注意点を初心者にも分かりやすく解説!

米国株は配当利回りが高いなどの魅力がある投資先です。

成長性が期待できる銘柄が多いので購入を検討することも多いのではないでしょうか。

しかし国内株と違って情報が少ないため、

「米国株の買い方や良い銘柄がわからない」

「運用が難しそうで手が出ない」

「リスクが高いイメージで怖い」

こういった悩みを持つことも珍しくありません。

そこでこの記事では、米国株の買い方について投資初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

「米国株の買い方」をざっくりいうと:
  • 米国株はネット証券で簡単に購入できる
  • 円貨決済と外貨決済で手数料の負担が変わる
  • 米国株には少額取引や配当利回りの良さなどのメリットがある
  • 日本語の情報が少ない点などは工夫する必要がある
  • 米国株の取引には手数料が安いネット証券がおすすめ

\一番人気の米国株口座/

SBI証券で
証券口座を開く(無料)

米国株(アメリカ株)は高配当?魅力を紹介

米国株_買い方_魅力

米国株を取引する際には、国内株にはない独自の魅力があることも理解しておくとメリットを引き出しやすくなります。

米国株ならではの魅力として挙げられるのは以下の3つのポイントです。

ひとつずつ詳しく解説していきます。

1株から取引できる

米国株の魅力の1つ目は、国内株よりも少額で取引できることです。

国内株は「単元株制度」によって基本的に100株が最低取引単位となっています。

例えば株価6,000円台のソフトバンクなら6,000×100で60万円以上、株価5万円台の任天堂なら50,000×100で500万円以上が必要です。

100株を購入するには平均的に見て数十万円かかるため、国内株を買いたいと思っても購入金額が高いハードルになってしまいます。

注意
国内株は購入に平均で数十万円かかる

ですが米国株は1株からの購入が可能なので、AppleやAmazonなどの世界的大企業でも数千円~数万円で購入できます。

国内株に比べて圧倒的に少額から投資ができることは米国株の大きな魅力です。

長期的な見通しが良い

米国株の魅力の2つ目は、高い成長性による見通しの良さです。

2021年になって、米国株の主要インデックスであるNYダウ、S&P500は史上最高値を更新しています。

しかもどちらの指数も2010年以降、コロナショックなどを乗り越えながら成長し続けていることから、長期的な成長も十分に見込めるでしょう。

MEMO
米国株の主要インデックスは世界的な株価下落を乗り越えて成長を続けている

また、日経平均株価・日経225とアメリカ主要企業の株価連動指数・S&P500を比較してみると、国内株と米国株の成長性の違いが顕著に出ています。

日経225が最高値を記録したのは1989年であり、2021年現在まで更新できていません。

ですが、S&P500は1920年代からの長期で見ても右肩上がりの上昇と高値更新を続けています。

2008年のリーマンショック時と比べて、2021年現在の価格は実に5倍以上です。

長期的な見通しの良さを考えると、米国株に早めに投資しておく価値は大いにあるといえます。

配当利回りが高い

米国株の魅力の3つ目は、頻度や配当額など総合的に見て配当利回りが良いことです。

米国企業は配当金による株主還元を重視している傾向にあり、株主優待がない代わりに高配当の株が多めです。

高配当株の例としては、

米国株の高配当株
  • AT&T(T):8.18%
  • エクソンモービル(XOM):5.40%
  • ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ):4.86%
  • ファイザー(PFE):3.62%

などが挙げられます。連続増配を行っている企業も珍しくないため、長期保有による配当金の増加も十分に期待できます。

しかも米国株は配当回数が年4回などに設定されていることが多く、配当頻度が高いことも魅力です。

国内株の配当頻度は年1~2回程度なので株を保有してから配当金がもらえるまで半年以上かかることもあります。

しかし、米国株は3ヶ月に1回程度のペースで配当金がもらえるタイミングが回ってきます。

もともと高めの配当金額で頻度も高いため、配当金による定期的な収入が見込めるでしょう。

米国株(アメリカ株)の買い方の流れ

米国株_買い方_簡単

手が出しづらいイメージもある米国株ですが、購入する方法は難しくありません。

STEP.1
外国株を使う証券会社で口座開設
STEP.2
資金を入金する
STEP.3
銘柄を選び購入する

米国株の簡単な買い方について、3つのステップを解説していきます。

①外国株を扱う証券会社で口座開設

まずは米国株を初めとした、外国株の取り扱いがある証券会社で口座開設を行いましょう。

外国株取引口座の開設はほとんどの証券会社は無料でできます。

また、すでにその証券会社で証券口座を持っていれば申請するだけですぐ取引開始できる場合が多くなっています。

普段利用している証券会社だと手続きから取引開始までがスムーズです。

MEMO
国内口座を所有している証券会社だとすぐに米国株取引を始められる

新しく外国株取引口座を開設する場合は、ネット証券がおすすめです。

ネット証券は口座開設から米国株の購入までを全てネット上で完結することができ、実店舗に出向く必要がありません。

投資初心者にも勧められるネット証券会社は、「米国株の取引におすすめな証券会社4選」で紹介しています。

②資金を入金する

外国株取引口座の開設ができたら、米国株を購入するための資金を用意します。

ここで注意が必要なのは、国内株を購入する場合と違って証券口座にドルを入金しなければいけないということです。

ただし、個人で銀行などに行って両替する必要はありません。

ネット証券ではサイト上でドルを購入することができるため、「円貨決済」か「外貨決済」いずれかの方法でドルを準備しましょう。

円貨決済と外貨決済の違いは以下の通りです。

円貨決済と外貨決済の違い
  • 円貨決済:投資家自身がドルを調達する
  • 外貨決済:証券会社がドルを調達する

それぞれの詳しい購入手順については「米国株の2つの購入方法」で解説しています。

③銘柄を選び購入する

証券口座にドルを入金できたら米国株を購入する準備は完了です。

注文方法や取引時間、手数料などは証券会社によって異なるため、取引を始める前に必ず確認しておきましょう。

最初にどの銘柄を購入すべきかわからない、という場合は今後も高い成長性が見込める「GAFAM(Google・Apple・Facebook・Amazon・Microsoft)」がおすすめです。

分散投資によってリスクを抑えることができるETF(投資信託)も投資初心者向きといえます。

投資初心者におすすめの銘柄
  •  Google
  • Apple
  • Facebook
  • Amazon
  • Microsoft
  • ETF(投資信託)

ETFについては「米国株で人気の銘柄は何ですか?」でも説明しています。

米国株(アメリカ株)の2つの購入方法

米国株_買い方_決済方法

米国株を購入するためにはドルが必要となります。

そしてドルを手に入れる方法は円貨決済か外貨決済のどちらかです。

それぞれメリットとデメリットがあるため、特徴を理解した上でドルの準備を行いましょう。

基本的には両替コストが安い外貨決済がおすすめですが、急いでいる場合のみ円貨決済を利用するなど使い分けも可能です。

円貨決済_外貨決済_ドル_米国株

円貨決済

円貨決済はドルへの両替を行わず、外国株取引口座で直接米国株を購入する方法です。

証券会社が円をドルに両替して取引を行ってくれるので、ドル入金が即座に行われます。

今すぐ米国株の購入を行いたいなど、スピード感が求められるタイミングでの使い勝手が良い方法です。

MEMO
すぐにドルが欲しい場合は円貨決済がおすすめ

しかし、円貨決済は外貨決済と比べてコストが高くなりやすいという点は注意しなければいけません。

そのため、証券会社が指定した為替レートで両替することになるので、外貨決済よりも高いレートが指定される傾向にあります。

さらに円貨決済は取引のたびにドルを調達しなければならず、為替手数料が取引ごとに発生することも円貨決済のネックです。

注意
円貨決済では取引のたびに為替手数料が発生する

外貨決済

外貨決済は証券会社を通して投資家自身が円をドルに両替します。

最大のメリットは円貨決済と違い、売買益をドルで保有しておけることです。

円貨決済は取引のたびにドルを調達しなければならないため毎回為替手数料が発生しますが、外貨決済ならコストを最小限に抑えることができます。

MEMO
取引コストを最小限にするなら外貨決済がおすすめ

ただし円貨決済の即時反映に対し、外貨決済は両替が完了するまでに時間がかかることが多いです。

外貨決済で両替されるまでにかかる時間は証券会社によって異なりますが、翌営業日など1日程度はかかると考えておきましょう。

注意
外貨決済は両替完了までに時間がかかる

米国株(アメリカ株)を購入する際の注意点

米国株_買い方_注意点

国内株にない魅力がある米国株ですが、買い方には注意点も存在します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

日本語で企業情報を集めにくい

米国株の買い方1つ目の注意点は、日本語での情報収集がしにくいことです。

株を購入する際は企業の業績や業界の動向など、様々な情報を集めた上で成長性・将来性を判断することが重要です。

ただ、米国株は当然ですが米国企業への投資なので出回る情報も基本的に英語であり、日本語の情報は多くはありません。

そこで活用したいのが日本語で米国株の情報収集ができるメディアです。

MEMO
米国株の情報収集ができるメディアを活用する

例えばアメリカのメディアである「ウォール・ストリート・ジャーナル」や「ロイター」は日本語で閲覧できます。

オックスフォードインカムレター」のようなメルマガを活用する方法もあります。

TwitterやYouTubeも貴重な情報源になるため、常に新鮮な情報のもと投資判断ができるようにしておきましょう。

為替リスクがある

米国株の買い方2つ目の注意点は、株価変動とは別に為替変動の影響も受けることです。

株価が上昇していても為替変動によって利益分が帳消しになってしまうリスクがあります。

為替変動_株_ドル_米国株_円換算

このように、米国株を購入する際は決済時の為替レートに応じて損益が左右されることを覚えておかなければいけません。

為替変動はリスクばかりではなく逆に利益をもたらす可能性もあります。

そのため、為替の知識を身につけるとリスクを抑えつつ利益を伸ばせる可能性が高くなるでしょう。

売買手数料が割高で税金の対象にもなる

米国株の買い方3つ目の注意点は、国内株よりも多くのコストがかかることです。

米国株の取引では米国現地の手数料と国内の委託手数料、両方が発生します。

また、「米国株を購入するドルの入手方法」で解説したように円貨決済の場合は取引のたびに為替手数料が発生するので、手数料がかさみがちです。

さらに、手数料とは別に必ず発生するコストとして覚えておかなければならないのが税金です。

国内株ももちろん税金の対象ですが、米国株だと日本の税金に加えて米国の税金でも対象になります。

米国では配当金への10%課税、国内では配当金と売却益に対して20.315%課税され、二重課税状態となります。

こうしたコストを削減するために外貨決済を利用したり、確定申告で外国税控除を行って二重に課税されている分の還付を受けるなど対策が必要です。

米国株(アメリカ株)の取引におすすめな証券会社4選

米国株_買い方_おすすめ

それでは、米国株の取引におすすめの証券会社を紹介していきます。

いずれもネット証券なので手数料は低めに設定されています。

手数料以外の比較ポイントとして、取扱銘柄数や情報収集のしやすさにも注目してみましょう。

米国株の取引におすすめな証券会社

取扱銘柄数が多ければそれだけ投資の選択肢が広くなり、現在はマイナーでも今後の成長が期待できる株に投資できる可能性も出てきます。

また「日本語で企業情報を集めにくい」で解説したように、米国株は日本語の情報が少ないため、証券会社が発信するニュース等も貴重な情報源になります。

SBI証券

おすすめ証券会社_SBI

米国株取扱銘柄数 4,364銘柄
ETF取扱銘柄数 326銘柄
最低取引額 1株
取引手数料 約定代金の0.495%
為替手数料 1ドルにつき25銭

*銘柄数は2021/12/9調査時点のものです。

SBI証券は口座数、預かり資産数、顧客満足度で証券会社トップの実績を誇る、業界最大手のネット証券です。

米国株の銘柄は4,000以上にものぼり、取引手数料は業界最安値級です。

外貨入出金サービスを使えば為替手数料が片道4銭になるため、取引にかかるコストが全体的に安い点も大きな魅力といえます。

さらに、業界最大手だけあって米国株関連の情報発信力も安定しています。

米国株に関する決算速報ニュースや投資レポートを閲覧できるので、総合力が高くおすすめの証券会社です。

SBI証券の登録はこちら

こちらの記事も参考にしてください。
SBI証券のリアルな評判・口コミ。手数料や口座開設方法まとめ

マネックス証券

米国株_おすすめ_マネックス

米国株取扱銘柄数 4,241銘柄
ETF取扱銘柄数 345銘柄
最低取引額 1株
取引手数料 約定代金の0.495%
為替手数料 1ドルにつき25銭(買付時は無料)

*銘柄数は2021/12/9調査時点のものです。

マネックス証券は4,000銘柄を超える米国株の取引ができる、業界最大手のネット証券です。

業界トップレベルの手数料の低さも魅力ですが、特に注目すべきは注文方法の豊富さです。

どの証券会社でも利用できる成行注文、指値注文のほかに逆指値注文、トレールストップ注文、OCO注文、連続注文といった様々な種類の注文方法を利用できます。

中でも株価の上昇・下落に合わせて自動的に逆指値注文の価格が変更されるトレールストップ注文は非常に使い勝手が良く、トレードの強い味方になります。

こちらの記事も参考にしてください。
マネックス証券の評判・口コミ|米国株やIPOに強いって本当?

DMM株

ネット証券おすすめ_dmm株

米国株取扱銘柄数 1,265銘柄
ETF取扱銘柄数 113銘柄
最低取引額 1株
取引手数料 無料
為替手数料 1ドルにつき25銭

*銘柄数は2021/12/9調査時点のものです。

DMM株はDMM.comが運営しているネット証券です。

最大の特徴は米国株の取引手数料が0円となっていることです。

業界最大手のSBI証券でも手数料は有料なので、コストの低さはDMM株独自の強みといえます。

ただし米国株やETFの取扱数はほかのネット証券に比べるとはるかに少ないことはデメリットです。

DMM株を利用する際は、投資したい銘柄を扱っているかどうか事前に確認しておきましょう。

DMM株の登録はこちら

こちらの記事も参考にしてください。
DMM株の評判・口コミ|最安水準の手数料やメリット・デメリットまとめ

米国株投資におすすめの銘柄と証券会社5選|初心者でも長期保有できる成長株は?

米国株(アメリカ株)に関するQ&A

米国株_買い方_質問

最後に米国株についてよくある質問をまとめておきます。

米国株の買い方で迷ったら一度目を通してみてください。

米国株の取引時間帯はいつですか?

米国株の取引時間帯は米国時間の9時30分~16時までです。

日本時間だと22時30分~翌日6時までとなるため、取引可能な時間帯は主に夜間となります。

また、3月第2日曜日から11月第1日曜日まではサマータイムなので取引時間が翌5時までに短縮されます。

米国株で人気の銘柄は何ですか?

SBI証券の人気ランキングを見ると、上位5銘柄はこのようになっています。

米国株人気ランキング
  1. アップル(AAPL)
  2. AT&T(T)
  3. コカ-コーラ(KO)
  4. マイクロソフト(MSFT)
  5. ズーム ビデオ コミュニケーションズ(ZM)

高い成長性が見込まれる「GAFAM」のうちAppleとMicrosoftがランクインしています。

また、飲料メーカーで安定した業績が期待できるコカ・コーラも「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェットが投資しているほどの有力な銘柄です。

初心者におすすめの買い方はありますか?

投資初心者であれば人気銘柄への投資のほかに、ETFへの投資もおすすめです。

ETFとは米国の証券取引所に上場していて、市場で売買が可能な投資信託を指します。

ETFは特定の銘柄に連動するようになっており、S&P500に連動するタイプなら1株所有するだけで米国株500銘柄に分散投資できます。

また、ETFの運用は全てプロが行っているため、米国株購入後の運用リスクも最小限に抑えることが可能です。

米国株の利益に税金はかかりますか?

米国株でも国内株と同様に税金が発生します。

米国株に発生する税金
  • 売却益:譲渡益課税(国内でのみ課税)
  • 配当金:配当課税(米国・国内どちらも課税)
  • 損益通算

このような区分になり、配当金の二重課税を防ぐためには確定申告で外国税額控除を行う必要があります。

また、国内株等と損益通算をする場合も確定申告を行わなければいけません。

ただし譲渡益に関しては、源泉徴収ありの特定口座や年間の損益合計によっては確定申告が不要になるケースもあります。

利用している口座のタイプなどを確認した上で、必要な税金の手続きを行いましょう。

証券会社の選び方にポイントはありますか?

米国株の取引にあたって証券会社を選ぶポイントは以下の3つです。

証券会社を選ぶポイント
  • 取引手数料
  • 取扱銘柄数
  • 注文方法

米国株の取引におすすめな証券会社4選」で紹介したように、ネット証券のほとんどは取引手数料を約定代金の0.495%に設定しています。

しかし中には手数料を無料化している証券会社もあるため、事前に確認しておきましょう。

また、取扱銘柄数や注文方法に関しても証券会社ごとに異なるため比較の際の重要なポイントです。

注文方法についても成行注文、指値注文以外にトレールストップ注文などが使える証券会社があるため、あらかじめチェックしておくと証券会社の比較がしやすくなります。

米国株(アメリカ株)の買い方 まとめ

米国株は国内株にない様々なメリットがある魅力的な投資先です。

国内株と比べると投資のハードルが高いイメージもありますが、実際には国内株とほとんど同じ手順で購入することができます。

米国株は裁定取引単位が1株からで、配当金を受け取ることも可能なので金額的にも数千円~数万円で始められます。

将来的な伸びが期待できる見通しの良い銘柄が多いことも米国株の特徴なので、気になった銘柄があれば積極的に投資してみてください。

米国株の買い方のおさらい
  • 米国株の買い方は実は国内株とほとんど同じで難しくない
  • ドルの入手方法はコストが抑えられる外貨決済がおすすめ
  • 米国株は1株からの購入が可能で配当金や配当頻度によるメリットが大きい
  • 日本語版の海外メディアを活用すれば米国株の情報も手に入る
  • ネット証券を使えば米国株取引にかかる手数料が安くなる