おすすめの安い株式銘柄20選【2022年版】初心者向けに選び方や注意点を徹底解説

株式投資を考えているけれど、まとまったお金がないんですよね。
安い株式を探しているのだけれど、何か良い銘柄はないかな。

株式投資と言われると、何十万円・何百万円など大きなお金は必要だというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

老後資金や収入減少などで、副業や投資などに興味を持ち始める方も多いと思います。

この記事では、安く買えるおすすめの株式銘柄を紹介します。

また、安い株式銘柄の選び方メリット・注意点なども併せて解説をしますので、参考にしてみて下さい。

安いおすすめの株をザックリ言うと
  • 安い株なら気軽に投資を始めることが出来る
  • 安い株でも配当株主優待が期待できる
  • 安い株で投資を始めるのもおすすめと言える
  • 安い株を取引するためにはいくつかの注意点もある
  • 安い株は値動き出来高を確認するのが重要!?
  • 安い株はリスクも高い!?
  • 安く株を購入するならLINE証券がおすすめ

\ 一番人気の証券会社 /

LINE証券で
口座開設してみる

安い株式銘柄の基準とは?

安い株式銘柄の基準とは?

安い株式銘柄と言っても、その基準ってあるのでしょうか?
安い定義は何なのでしょうか?

株式投資において、安いと言う基準は人それぞれです。

ここでは、安い株式銘柄の基準について少し解説をします。

そもそも株価が安い

安い株式銘柄と言って一番解りやすいのは、株価が安い・購入するのに費用が掛からない株式銘柄と言えるでしょう。

日本において、株式市場に上場している銘柄は約3,500もあります。

千円台から買える銘柄もあれば、数百万円も掛かる銘柄もあります。

そんな中で、手を出しやすくて比較的安全な株式銘柄は、5万~10万円台で購入出来る銘柄と言えるでしょう。

安い株価という定義は、1株あたりが数百円程度の株価の銘柄と言えるでしょう。

株価だけではなく配当や優待も確認する

株式投資では、株価だけではなく配当金や優待を重視する方も多いです。

株式を保有しているだけで、半年に1回または1年に1回の配当金が受け取れたり、株主優待を受けられるのが株式投資の魅力のひとつとも言えます。

安い株価の銘柄であれば、配当金が少なかったり、配当や株主優待が無かったりするケースも多いです。

また、株主優待は保有する株式の数によっても権利や内容が変わるケースも多いです。

最低保有数と設定されていることが多い100株でも株主優待を受けられる場合もあれば、200株・500株持っていないと株主優待を受けられないケースもあります

また、銘柄によっては半年・1年以上保有していなければ優待を受けられないという銘柄もあります。

株価だけが判断基準ではない

株式投資をする際には、安い株式を選ぶのも良い方法のひとつですが、決して株価だけが判断基準とは言い切れません

先ほども書きましたように、株式銘柄には配当や株主優待が設定されている場合があります。

株価として安いと言われる5万円~10万円で買える株式銘柄でも、値動きが緩やかであったり配当・優待がなければ大きな利益を出すことは難しいでしょう。

しかし、数十万円・数百万円する株式銘柄でも高配当・株主優待の内容が良ければ、大きな利益を得られたり内容の言い株主優待を受けられることもあるでしょう。

株価と配当・優待内容のバランスを考えると、決して安い株式銘柄だけが良いとは言いきれないと言う事です。

MEMO

安い株式の基準は株価だけではなく、配当や株主優待などの内容も重要であり、投資をするにあたり割安だという意味の安い株というのもある。

\ 一番人気の証券会社 /

LINE証券で口座開設する

5万円以下で買えるおすすめの株式銘柄10選

5万円以下で買えるおすすめの株式銘柄10選

なるほど、株式銘柄に関して少し解ってきた気がします。
しかし、やっぱり安い銘柄に興味があります。

ここでは、5万円以下で買える株式銘柄を紹介します。

5万円以下で買える株式銘柄10選の一覧表

ここでは、5万円以下で購入する事が出来る株式銘柄10選を一覧で紹介します。

銘柄 最低購入金額 配当・優待利回り 上場市場
エー・ピーホールディングス

(コード:3175)

約45,900円 優待利回り:6.56% 東証1部
東海東京フィナンシャル・ホールディングス

(コード:8616)

約41,200円 配当利回り:5.33% 東証1部
進学会ホールディングス

(コード:9760)

約38,100円 配当利回り:3.93%

優待利回り:10.36%

東証1部
焼肉坂井ホールディングス

(コード:2694)

約6,600円 優待利回り:15.38% 東証JASDAQ(スタンダード)
ヤマダホールディングス

(コード:9831)

約38,900円 配当利回り:4.62% 東証1部
カーチスホールディングス

(コード:7602)

約22,300円 配当利回り:0.89%

優待利回り:131.57%

東証2部
タメニー

(コード:6181)

約8,900円 優待利回り:344.82% 東証マザーズ
グローセル

(コード:9995)

約43,900円 配当利回り:2.73%

優待利回り:2.29%

東証1部
VTホールディングス

(コード:7593)

約45,700円 配当利回り:4.38%

優待利回り:87.14%

東証1部
MRKホールディングス

(コード:9980)

約12,100円 配当利回り:0.82%

優待利回り:41.32%

東証2部

出典:MINKABU(https://minkabu.jp/yutai/popular_ranking/under_price_50000)

おすすめ銘柄の特徴と優待内容

ここからは、上記のおすすめ銘柄の企業内容や優待内容について少し解説をしていきます。

おすすめ銘柄
  • エー・ピーホールディングス
  • 東海東京フィナンシャル・ホールディングス
  • 進学会ホールディングス
  • 焼肉坂井ホールディングス
  • ヤマダホールディングス
  • カーチスホールディングス
  • タメニー
  • グローセル
  • VTホールディングス
  • MRKホールディングス

エー・ピーホールディングス

エー・ピーホールディングスは、飲食店及び食品販売店事業を行う小売業となります。

首都圏で居酒屋「塚田農場」などを展開し、地鶏などの育成・販売も行っている企業となります。

また、オイシックスと提携をしています。

優待内容

100株以上所有で、優待券3,000円相当または、お米券3kgのどちらかとなります。

※贈呈時期は6月の定時株主総会終了後となります。

東海東京フィナンシャル・ホールディングス

東海東京フィナンシャル・ホールディングスは、中部地区を地盤とする証券準大手の証券・商品先物取引業となります。

東海地方の有力地方銀行と提携を推進しています。

優待内容

100株以上の株式を3年以上継続所有で、クオカード500円相当の贈呈となります。

また、1,000株以上の保有で2,000円相当の名産品等を1点、3,000株以上の保有で2,000円相当の名産品等を2点、5,000株以上で5,000円相当の名産品等を1点、10,000株以上の保有で5,000円相当の名産品等を2点の贈呈となっています。

進学会ホールディングス

進学会ホールディングスは、北海道を地盤として学習塾を展開するサービス業となります。

中学生向けの集団指導塾が主力となり、学研などと提携をしています。

優待内容

100株以上の保有株数に応じてのクオカードが贈呈されます。

また、希望者に学習塾やスポーツクラブで使える優待割引券を贈呈しています。

焼肉坂井ホールディングス

焼肉坂井ホールディングスは、回転寿司や居酒屋など多業態の外食チェーンを行う小売業となっています。

宅配ピザなども展開をしています。

優待内容に関しては少し細かく設定されていますので、大まかなところだけを紹介しておきます。

優待内容
  • ジー・コミュニケーショングループ業態の全店舗で利用可能な割引券(年2回贈呈)
  • 一部業態店舗を除くジー・コミュニケーショングループ店舗や宅配でも利用できる優待券(年2回贈呈)
  • 高価格業態外食店舗、または、オリジナル商品(おせち)の通信販売で利用できる特別株主優待券

※保有する株式数・保有年数によって受け取れる金額が異なる。

ヤマダホールディングス

ヤマダホールディングスは、最大手の家電量販店であり小売業となっています。

郊外に大型店を出店しスマートハウス育成や大塚家具を子会社化した企業となります。

家電だけではなく、住宅リフォームから家具家電までトータル的なサービスに力を入れています。

優待内容

3月と9月に優待割引券が受け取れます。

贈呈時期は3月分が6月下旬、9月分が12月中旬となります。

  • 3月の割引券の内容は、100株以上で500円相当、500株株以上で2,000円、1,000株以上で5,000円相当、10,000株以上で25,000円相当となります。
  • 12月の割引券の内容は、100株以上で1,000円相当、500株株以上で3,000円、1,000株以上で5,000円相当、10,000株以上で25,000円相当となります。

カーチスホールディングス

カーチスホールディングスは、中古車買取大手の卸売業となります。

大型の展示場での小売りからフリマサイトでの販売まで行っています。

優待内容

100株以上で30,000円相当の、全国のカーチスで利用できる株主優待券が贈呈されます。

ただし、この優待券は車の購入や売却で利用可能となっています。

タメニー

タメニーは、結婚相談所を展開するサービス業となっています。

同業者間での相互紹介や高い成婚率が強みとなり周辺サービスにも力を入れています。

優待内容

100株以上の保有でタメニーで利用できる優待券・優待ポイントが贈呈されます。

優待内容はパートナーエージェントONLINE入会時登録無料優待券やパーティー参加無料優待券などとなっています。

グローセル

グローセルは、半導体や電子部品専門の商社となり卸売業となります。

ルネサス製品の販売特約店であり、自動車関連が主力商品となっています。

優待内容

100株以上で1,000円相当のクオカードを、1,000株以上を3年未満の保有で2,000円相当、3年以上継続保有で3,000円相当のクオカードが贈呈されます。

毎年6月の定時株主総会後の贈呈になります。

VTホールディングス

VTホールディングスは、ホンダ・日産系のディーラーの小売業となります。

中古車の輸出やレンタカー事業なども行い、またM&Aを積極的に展開し多角化を推進しています。

優待内容

100株以上で、新車中古車購入時に利用できる優待券・車検時に利用できる優待券・レンタカー利用割引券・キーパーLABO利用割引券のどれかを選ぶことが出来ます。

1,000株以上保有の場合は5000円相当の、5,000株以上保有の場合は10,000円相当のカタログギフトになります。

MRKホールディングス

MRKホールディングスの業種は小売業となっており、女性用の体型補正用下着メーカーとなっております。

女性用の体型補正用下着だけでなく、ボディケア化粧品やサプリメントの販売も行う、RIZAPグループの傘下企業でもあります。

優待内容

RIZAPグループの商品と交換可能なポイントの贈呈となります。

また、MISEL(株)が運営するオンラインショップ・カフェ・レストランなどで利用できる優待割引券も用意されていています。

\ 一番人気の証券会社 /

LINE証券で口座開設する

10万円以下で買えるおすすめの株式銘柄10選

10万円以下で買えるおすすめの株式銘柄10選

5万円以下の株でも優待が結構あるのですね。
もう少しお金を出せそうなので、10万円以内ぐらいではどの様な銘柄がおすすめなのでしょうか?

ここでは、10万円以下で買える株式銘柄を紹介します。

10万円以下で買える株式銘柄10選の一覧表

ここでは、10万円以下で購入する事が出来る株式銘柄10選を一覧で紹介します。

銘柄 最低購入金額 配当・優待利回り 上場市場
DDホールディングス

(コード:3073)

約50,800円 優待利回り:11.90% 東証1部
楽天グループ

(コード:4755)

約92,900円 配当利回り:0.48%

優待利回り:2.22%

東証1部
丸三証券

(コード:8613)

約51,400円 配当利回り:6.51%

優待利回り:1.89%

東証1部
東京個別指導学院

(コード:4745)

約59,500円 配当利回り:4.36% 東証1部
ユーグレナ

(コード:2931)

約74,600円

(株主優待はあり)

東証1部
MCJ

(コード:6670)

約90,900円 配当利回り:3.41%

優待利回り:1.09%

東証2部
日本毛織

(コード:3201)

約86,500円 配当利回り:3.23%

優待利回り:1.14%

東証1部
ダイキョーニシカワ

(コード:4246)

約52,200円 配当利回り:5.74%

優待利回り:0.95%

東証1部
アイ・ケイ・ケイホールディングス

(コード:2198)

約54,900円 優待利回り:2.82% 東証1部
クリエイト・レストランツ・ホールディングス

(コード:3387)

約70,400円 優待利回り:5.83% 東証1部

出典:MINKABU(https://minkabu.jp/yutai/popular_ranking/under_price_100000)

おすすめ銘柄の特徴と優待内容

ここからは、上記のおすすめ銘柄の企業内容や優待内容について少し解説をしていきます。

おすすめ銘柄
  • DDホールディングス
  • 楽天グループ
  • 丸三証券
  • 東京個別指導学院
  • ユーグレナ
  • MCJ
  • 日本毛織
  • ダイキョーニシカワ
  • アイ・ケイ・ケイホールディングス
  • クリエイト・レストランツ・ホールディングス

DDホールディングス

DDホールディングスは、首都圏にコンセプトレストランを展開する小売業となります。

居酒屋やワインバル以外にも、開発力が強くビリヤード・複合カフェ・ウエディングなども展開しています。

優待内容

飲食代金または施設利用代金として利用できる株主優待券または、お米のどちらかを選択できるようになっています。

100株以上で株主優待券6,000円相当

600株から12,000株(600株・1200株・6,000株・12,000株)以上の保有で、株主優待券かお米かを選択できるようになります。

※株主優待券の金額やお米の量は保有株数によって変わります。

楽天グループ

楽天グループは、ネット通販大手のサービス業となります。

近年では、ネット通販をはじめとして金融・旅行・電子書籍・携帯電話事業など、多角的な事業展開を行っています。

優待内容

楽天市場や楽天トラベルなどのインターネットサービスや楽天ペイアプリ加盟店で利用可能な電子マネーが贈呈されます。

100株・1,000株・5,000株・10,000株と株の保有数と5年未満・5年以上の保有期間によっても想定される金額が異なります。

または、楽天トラベルで利用可能な国内宿泊クーポンが贈呈されます。

宿泊クーポンは100株以上を保有していれば受け取る事が出来ます。

丸三証券

丸三証券は、独立系の証券会社であり、証券・商品先物取引業となります。

日本生命と親密な関係であり、投資信託などの堅実販売が主軸であり、ネット取引も強化中となっています。

優待内容

100株以上で海苔の詰め合わせ1,000円相当

1,000株以上で新潟県魚沼産コシヒカリ新米3kg

発送時期は10月中旬頃となっています。

東京個別指導学院

東京個別指導学院は、ベネッセホールディングスの傘下のサービス業となります。

小・中・高校生向けの個別指導を首都圏で直営し、子会社では人材開発も行っています。

優待内容

100株以上で、優待カタログ商品から選択して商品を受け取ります。

2021年は、魚沼産コシヒカリ1kgや今治ぼかし織りタオルセットなどがありました。

ユーグレナ

ユーグレナは、ミドリムシを活用した健康食品や化粧品を販売する食料品業の企業となります。

健康食品や化粧品以外にも、ディーゼルやジェット燃料にも注力をしています。

優待内容

100株以上で、からだにユーグレナ Green Powder 乳酸菌 1weekの贈呈や、優待専用カタログで1商品を特別割引で購入で購入が出来ます。

500株以上で、100株の内容に加えて新ブランドのお試し商品・キューサイ社のケールお試し商品の贈呈と、優待専用カタログで3商品を購入することが出来ます。

MCJ

MCJは、パソコンの製造・販売を行う企業となります。

主にマウスブランドのパソコン製造・販売を軸として周辺機器や通信・メディアなど事業拡大を行っています。

優待内容

100株以上で、パソコンワンコイン診断サービス利用券を2枚(1,000円相当)

1,000株以上で、パソコンワンコイン診断サービス利用券2枚と自社オリジナルカタログ商品1点(10,000円相当分)

日本毛織

日本毛織は、羊毛紡織の名門と言われる繊維製品業となります。

制服の作成で大きな実績があり、その他、産業機材・生活流通・不動産賃貸など多角的な業務を行っています。

優待内容

100株以上で1,000円相当のクオカードが贈呈されます。

また、100株以上で株主優待カタログが販売を利用する事が出来ます。

1,000株以上になると割引券が保有株式に応じて贈呈されます。

※1年以上の継続保有をする株主が対象となります。

ダイキョーニシカワ

ダイキョーニシカワは、自動車向けのプラスチック部品を製造・販売する企業となります。

主にマツダ向けの製品が7割を占めています。

自動車部品以外にはユニットバスの部材などの製造も行っています。

優待内容

100株以上を3年未満で保有している場合は500円相当のクオカード、3年以上保有している場合は1,000円相当のクオカードが贈呈されます。

アイ・ケイ・ケイホールディングス

アイ・ケイ・ケイホールディングスは、地方都市を中心として減すとハウスウエディングを企画・展開するサービス業となります。

ウエディング事業だけではなく、介護施設や食品事業にも進出するなど、事業拡大を進めています。

優待内容

100株以上で自社ブランドの特選ギフトが贈呈されます。

100株以上で1,500円相当、1,000株以上で3,000円相当のお菓子となり、5,000株以上になると、5,000円相当のギフトになります。

また、内容は毎年異なります。

その他に、「ラ・ロシェル」などアイ・ケイ・ケイホールディングスが運営するレストラン施設の対象コースを優待料金で利用できる、レストランの優待食事券が100株以上の株主に対して3枚贈呈されます。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス

クリエイト・レストランツ・ホールディングスは、外食チェーンを展開する小売業となります。

駅ビルやショッピングセンターなどの立地特性に応じた業態を開発しています。

また、M&Aにも積極的な姿勢を示しています。

優待内容

年2回の優待食事券が贈呈されます。

100株以上で2,000円相当(年間4,000円相当)となり、最大で9,000株以上で30,000円相当(年間60,000円相当)の優待食事券が贈呈されます。

また、400株以上を1年以上継続して保有している長期保有者には、保有株数(400株・3000株・6,000株・9000株)に応じて追加で優待食事券が贈呈されます。

\ 一番人気の証券会社 /

LINE証券で口座開設する

安い株式銘柄の取引におすすめの証券会社

安い株式銘柄の取引におすすめの証券会社

安い株式銘柄を取引するのであれば、手数料なども安い証券会社が良いですよね。
おすすめの証券会社を教えて欲しいです。

ここでは、安い株式銘柄を取引する際におすすめの証券会社を紹介します。

おすすめの証券会社
  1. LINE証券
  2. SBI証券
  3. 楽天証券
  4. SBIネオトレード証券
  5. DMM株(DMM.com証券)

おすすめ証券会社 第1位:LINE証券

ネット証券_おすすめ_LINE証券

出典:https://line-sec.co.jp/

LINE証券の特徴
  •  LINEアプリから簡単に利用できる
  • 有名企業の株が1株単位で買える
  • LINE Payから入金・出勤できる
  • LINEポイントで投資できる
  • 信用取引の手数料が0円

おすすめ証券会社の第1位は、LINE証券です。

LINE証券は、普段利用しているLINEアプリから簡単に利用できることが魅力です。

注文から売却まで全てLINEアプリ内で完結することができるので、手軽に始めたい方におすすめです。

LINE証券には、「いちかぶ」という、有名企業に1株数百円から投資できるシステムがあり、初期投資をぐんと減らすことができます。

取引手数料は、現物取引〜5万円:55円・〜10万円:99円で、信用取引は無料です。

LINEポイントも1ポイント1円として利用できるので、ポイントが余っている方は有効活用することができます。

LINE証券で
口座開設してみる

おすすめ証券会社 第2位:SBI証券

sbi証券

SBI証券の特徴
  • 初心者から上級者まですべての人におすすめ
  • 国内株式個人取引シェアNo. 1
  • IPO取扱銘柄No. 1
  • iDeCo加入者数、ネット証券No. 1
  • 月100円から積立投資ができる

おすすめ証券会社の第2位はSBI証券です。

SBI証券の魅力は、手数料の安さや豊富な株式銘柄、そしてNISAやiDeCoの取扱など、証券会社に求めるほぼすべてのものを網羅しているところです。

プロ証券トレーダーは、SBI証券をメイン口座として開設して、その他の証券会社を目的に応じてサブ口座として開設している方が多いです。

手数料は、現物・信用取引ともにそれぞれ1日100万円まで手数料0円と、とても安いです。

また、スマホアプリやPCツールの機能性も高く、マーケット情報も充実しています。

グループで700万以上の口座数を誇るネット証券業界トップのSBI証券は、おすすめ第2位の証券会社です。

SBI証券で
口座開設してみる

おすすめの証券会社 第3位:楽天証券

ネット証券おすすめ_楽天証券

出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券の特徴
  • 楽天ポイントで投資ができる
  • 楽天ポイントはNISAにも使える
  • 取引ツールやスマホアプリが充実
  • 国内株式の夜間取引(17:00〜23:59)が可能
  • 楽天カードのクレジット決済で積立すると、ポイントが貯まる

おすすめ証券会社の第3位は、楽天証券です。

楽天証券は、「マーケットスピード」や「iSPEED」といったツールが多くの投資家に支持されています。

また、楽天経済圏で貯めることができる、楽天ポイントでも投資をすることができます。

投資信託・国内株式・米国株式・バイナリーオプションとなんでもポイント投資をすることができるので、ポイントを有効活用したいかたにおすすめです。

楽天証券の取引手数料は、現物取引〜5万円:55円・〜10万円:99円となっています。

楽天証券を利用して、貯まりやすいポイントで資産を大きく増やしましょう。

楽天証券で
口座開設してみる

おすすめの証券会社 第4位:SBIネオトレード証券

sbiネオトレード

SBIネオトレード証券の特徴
  • 売買手数料が安い
  • 高機能の取引ツールが無料で使える
  • 信用取引手数料は完全無料
  • キャンペーンが豊富
  • 注文方法が豊富

おすすめ証券会社の第4位は、SBIネオトレード証券です。

SBIネオトレード証券の強みは、IPOの事前入金が不要ということです。

証券口座を開設するだけで、IPOの抽選に参加することができます。

IPOに当選してから入金すればよいので、手元にすぐ資金を用意することができない場合も安心です。

高性能な取引システムも全て無料で利用することができます。

sbiネオトレード証券の取引手数料は、現物取引〜5万円:50円・〜10万円:88円となっています。

多彩な注文方法で、手数料を抑えて株取引を行いたいという方には、SBIネオトレード証券がおすすめです。

第5位:DMM株(DMM.com証券)

ネット証券おすすめ_dmm株

出典:https://kabu.dmm.com/

DMM株の特徴
  • 米国株式の取扱手数料が無料
  • 手数料・金利は業界最低水準
  • DMM株ポイントが貯まる
  • 貯まったポイントは現金化できる
  • メール・電話・LINEのサポートがある

おすすめ証券会社の第5位は、DMN株です。

DMM株の魅力は、現金化できるDMM株ポイントサービスがあるということです。

取引手数料の1%を1ポイント=1円のレートで交換することができます。

DMM株の取引手数料は、現物取引〜5万円:55円・〜10万円:88円となっています。

今なら新規口座開設で1ヶ月間手数料が0円で利用することができます!

また、25歳以下は手数料0円(※キャッシュバック)になるサービスもあります。

DMM株は、早いタイミングから複利で効率良く投資を始めたいという方におすすめの証券会社です。

安い株式銘柄を選ぶ際のポイント

安い株式銘柄を選ぶ際のポイント

安い株式銘柄でも配当や優待も期待できるのですね。
安い株式銘柄を選ぶポイントがあれば知りたいです。

ここからは、安い株式銘柄を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

安い株式銘柄を選ぶ際のポイント
  • 株価だけではなく配当を確認する
  • 企業の業績や業界の成長性を確認する
  • 株価の推移を確認しておく

株価だけではなく配当を確認する

安い株式銘柄を選ぶ際に、株価を確認するのは当たり前ですが、配当があるのかを確認するのは非常に重要なポイントとなります。

5万円以下や10万円以下で購入することが出来る銘柄でも、配当利回りが5%以上ある銘柄も少なくありません。

配当があるという事は、その会社が潰れない・無配にならない限り配当金を受け取れますので、株価が少し下落しても配当金で損失を少しでもカバーすることが出来ると言う事です。

また、上記で紹介した様な銘柄であれば、株主優待でお得に施設やサービスを利湯出来たり、クオカードなどを貰えることもあります。

株価だけではなく、配当や株主優待をしっかりと確認するようにしましょう。

企業の業績や業界の成長性を確認する

株価に関わらず、投資をした企業の業績や業界の成長性を確認するようにしましょう。

投資をした企業の業績が良ければ今後も株価が上がって行くことが期待できます。

しかし、業績が悪くなって株価が安くなっているケースもあり得ます。

また、投資した企業の業界の流れも確認して、成長性のある業界なのかどうかも確認しておくのも良いでしょう。

株価の推移を確認しておく

実際に株を購入する数週間・数ヶ月前ぐらいから株価変動は確認しておくと良いでしょう。

もしくは、株価チャートなどを見て、過去の株価推移を確認しておきましょう。

短期間で保有するなら、過去数ヶ月間でどの様な動きをしているのか、長期で保有しようと思っているなら数ヶ月・数年間でどの様な動きをしているのかを確認しましょう。

株価が乱高下するような銘柄であれば、売るタイミングや買うタイミングには気をつけるようにしましょう

MEMO

安い株を買う際には、株価だけではなく配当や株主優待の確認や、過去の株価推移も確認するのがポイントとなる。

安い株式銘柄をおすすめする理由

安い株式銘柄をおすすめする理由

安い株式銘柄を選ぶ際にも気をつけなければいけないですね。
安い株式銘柄をおすすめする理由って何かあるのでしょうか?

ここでは、安い株式銘柄をおすすめする理由を解説します。

気軽に投資が出来る

安い株式銘柄であれば、気軽に投資をすることが出来ると言えるでしょう。

株式銘柄の多くは100株単位で購入することが一般的となり、1株あたりの株価が500円前後であれば5万円前後で株主になる事が出来ます。

株式投資というと、数十万円・数百万円など、まとまったお金が必要だと言うイメージを持つ方も多いと思いますが、5万円前後でも充分に株式投資が出来ると思うと、比較的気軽に投資を始められると言えませんか。

気軽に投資を始められるという面で、安い株式銘柄はおすすめと言えるでしょう。

配当や株主優待も期待できる

5万円~10万円で購入した株式でも、銘柄によっては配当も株主優待も受けることが出来ます

興味ある商品やサービスがある場合には、株主優待を利用してお得に商品やサービスを手にすることも可能となります。

株主になる事で、日頃の買い物や外食などもお得になる事も期待が出来ます

そう言った銘柄を選ぶのも良い投資の一つとも言えるでしょう。

MEMO

安い株なら気軽に投資を始めることも出来るし、株主優待を受けることでお得に商品を買うことや、お得にサービスを受けることにも期待が出来る。

安い株式銘柄のリスクと注意点

安い株式銘柄のリスクと注意点

安い株を購入してみるのも良いですね。
安い株のメリットは何となく解りましたが、注意点も多そうですよね。

ここでは、安い株式銘柄の注意点をいくつか紹介します。

タイトル
  • 会社がなくなることがある!?
  • 株価の値動きが激しい
  • 取引数が少ない

会社がなくなることがある!?

極端な話ではありますが、投資していた会社が倒産したり株式の上場廃止になったりするなど、株式の価値が0になる可能性もあります。

これは、安い株だからリスクが高い、高い株であれば安心と言う訳ではなく、どの様な銘柄にも言えるリスクです。

しかし、安い株式銘柄であれば、業績が悪くて株価が下がっている場合もあり得ます。

また、業界自体が下がり目の状態であれば、再浮上することも考えにくくなります。

最悪の場合は、投資したお金が無くなるリスクもあると言うことは理解しておきましょう。

株価の値動きが激しい

安い銘柄の株価は値動きが激しい場合があります

元々の株価が安いので、値動きの幅は狭いケースが多いですが、1日の値動きが激しいこともあります。

安い株なので1,000株や10,000株など、まとまった数の株式を保有していると、1株あたりの値動きが数円・数十円でも全体的には数万円・数百万円の値動きになる事もあります。

まとまった数の株を購入する際には注意するようにしましょう

取引数が少ない

安い株式銘柄の場合、出来高と言われる取引数が極端に低い銘柄もあります。

こう言った株式は、売り手も買い手もあまりいないことから、値動きも緩やかではありますが、売りたいときに売れないと言う事にも繋がります。

いくら安くて手を出しやすいと言っても、出来高と言われる1日の取引数をしっかりと確認しておくようにしましょう。

注意

あくまでも投資なので、損をすることもあり得ると言う事は理解しておきましょう。

また、安い株では値動きや出来高を、よく確認するようにしましょう。

安い株式銘柄によくある質問

安い株式銘柄によくある質問

ここからは、安い株式銘柄によくある質問をいくつか紹介します。

安い株はどれくらいの数を買えば良いのでしょうか?

目的にもよりますが、最低でも200株ぐらいは持っておいた方が良いと言えるでしょう。株価が少しでも上がれば利益を確定させるために売る用に100株と、配当や株主優待を得るために保有し続ける用に100株あれば、最低限の利益確保と配当・株主優待が期待できると言えるでしょう。

安い株を買って利益は出ますか?

あくまでも投資なので確証は全くありません。株価が大きく下がることもあれば、大きく上がる事もあります。安い株でも大量の株式を保有していれば数円・数十円の変動でも大きな利益になる事もあります。

おすすめの安い株まとめ

おすすめの安い株まとめ

安い株式銘柄に関して解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

安い株でも配当や株主優待を期待できる銘柄は、以外と多くあります。

有名企業ではなくても、今後の成長性などがあれば充分に期待が出来る銘柄もあります。

株式投資に興味があるけれど、まとまったお金がないと言う方は、取りあえず安い株から投資をしてみるのも良いのではないでしょうか。