優待株のおすすめ20選!株主優待を取引するメリット・デメリットを徹底解説!

株式投資に興味があるのですが、株主優待とは何ですか?
株主優待を目的に株式投資をしたいのですが、おすすめの銘柄が知りたいです。

株主優待とは、企業が株主に自社サービスの商品や商品券等をプレゼントしてくれる特典のことです。

優待株とは、そんな特典が付いてくる株の事であり、株主優待を目的に株式投資をする方も多いです。

この記事では、優待株の特徴やおすすめ優待株優待株のメリット・デメリット優待株を取引する際の注意点等について解説します。

優待株のおすすめをザックリ言うと
  • 株式優待とは企業が株主に対して商品や優待券などを提供することである
  • 株主優待を目的として株式投資をする人も多い
  • 株主優待は生活に密着している商品や優待券が多い
  • 株主優待を利用する事で少し豊かな生活が出来る事もある
  • 株主優待の内容変更株主優待の廃止も行われることがある
  • 株主優待が無くなっても配当利回りが良ければ得することもある

\ 一番人気の証券会社 /

SBI証券で
口座開設してみる

優待株とは?

優待株とは?

配当金は株式投資の魅力ですが、優待も考慮するべきと聞きました。
優待株とはいったいどんな株なのでしょうか。

こちらでは優待株について解説します。

配当以外の魅力の一つ

株主優待とは、企業が株主に自社サービスの商品・商品券等を贈呈してくれる特典のことです。

実は、株主優待は日本独自の制度で世界でも珍しい仕組みなのです。

株の醍醐味である「配当金」の他、株主優待からもリターンを得られます。

株主優待のある株を「優待株」と呼んでいます。

優待内容は様々

株主優待はいろいろと種類があり、例えば「〇〇〇〇円相当の自社商品」または「〇〇〇〇円分のお買物券」という形で、贈呈されるケースが多いです。

その他、「自社の店舗で買い物をすると株主優待で有利にキャシュバックされる」「カタログギフトから好きな商品等を選ぶ」というような特典も用意されています。

MEMO

株主優待とは日本独自の仕組みであり、株主に対して自社商品の提供や自社店舗での購入金額に対するキャッシュバックなど、株主にとって嬉しい特典となっている。

\ 一番人気の証券口座 /

SBI証券で 口座開設する

おすすめの優待株20選

おすすめの優待株20選

優待株は、なかなか家族の生活にも役立ちそうな優待が多いですね。
おすすめの優待株があれば是非教えて下さい。

こちらでは、ご自身・家族の生活へ密着した事業を営む企業の嬉しいおすすめ優待株について紹介しましょう。

おすすめの優待株
  • レストラン・チェーンのおすすめ銘柄
  • 食料品関連のおすすめ銘柄
  • 家電量販店事業のおすすめ銘柄
  • その他のおすすめ銘柄

レストラン・チェーンのおすすめ銘柄

こちらでは、レストラン・チェーンが用意している株主優待についてみてみましょう。

レストラン・チェーンのおすすめ銘柄
  • すかいらーくグループ
  • DDホールディングス
  • クリエイト・レストランツ・ホールディングス
  • コメダホールディングス
  • 日本マクドナルドホールディングス
  • 吉野家ホールディングス

すかいらーくグループ

優待 株 おすすめ すかいらーくグループ

出典:すかいらーくグループ (skylark.co.jp)

すかいらーくグループは、「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」等、皆さんが良くご存知のファミリーレストランチェーンを運営する外食産業系企業です。

株主優待の内容

お得な株主優待が受け取れる条件としては

株主優待の権利条件
  • 毎年6月末日・12月末日時点の株主名簿に明記
  • 100株以上を保有する株主

保有株式数に応じ、グループ店舗で利用できる「株主様ご優待カード」が贈呈されます

1,000株ともなれば、34,000円もお食事がお得になります。

保有株式数 贈呈金額

(年間合計)

贈呈金額

(6月・12月末日基準日)

100~299株 4,000円 それぞれ2,000円カード×1枚
300~499株 10,000円 それぞれ5,000円カード×1枚
500~999株 16,000円 それぞれ

・3,000円カード×1枚

・5,000円カード×1枚

1,000株~ 34,000円 それぞれ

・2,000円カード×1枚

・5,000円カード×3枚

ご家族が揃ってレストランで食事を楽しむ際にお得な優待となっています。

すかいらーくホールディングスの株価

すかいらーくの株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 すかいらーくホールディングス

[コード]3197
取引値 1,552
1株配当(会社予想) 6.00
配当利回り(会社予想) 0.39%

 

DDホールディングス

優待 株 おすすめ DDホールディングス

出典:株式会社DDホールディングス (dd-holdings.com)

100店舗100業態の実現を目指す外食産業企業です。

中核子会社に株式会社ダイヤモンドダイニングがあります。

株主優待の内容

DDホールディングスでは、「優待食事割引券」または「お米」が受け取れます。

保有株式数に応じて、下記いずれか一つ優待を選択できます。(2021年2月末基準)

なお、お米は600株以上から交換可能となります。

保有株式数 株主ご優待券 お米
100~600株未満 6,000円 交換不可
600~1,200株未満 12,000円 5kg
1,200~6,000株未満 24,000円 10kg
6,000~12,000株未満 36,000円 15kg
12,000株~ 48,000円 20kg

DDホールディングスの株価

DDホールディングスの株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 DDホールディングス

[コード]3073
取引値 510
1株配当(会社予想)
配当利回り(会社予想)

 

クリエイト・レストランツ・ホールディングス

優待 株 おすすめ クリエイト・レストランツ・ホールディングス

出典:クリエイト・レストランツ・ホールディングス (createrestaurants.com)

クリエイト・レストランツ・ホールディングスは、フードコートやレストランを運営する企業です。

主にショッピングセンターや駅ビル等の商業施設に、ビュッフェやフードコートを直営にて運営しています

株主優待の内容

グループ店舗で利用できる「お食事券」年2回贈呈します。

毎年2月末日・8月31日現在の株主名簿に記載または記録された1単元(100株)以上保有の株主が対象です。

保有株式数 ・2月末日(5月中旬頃贈呈)

・8月31日(11月中旬頃贈呈)

100株~ それぞれ2,000円分
200株~ それぞれ4,000円分
400株~ それぞれ6,000円分
600株~ それぞれ8,000円分
1,000株~ それぞれ10,000円分
3,000株~ それぞれ16,000円分
6,000株~ それぞれ24,000円分
9,000株~ それぞれ30,000円分

更に1年以上継続し、400株以上保有されている株主を対象に優待券が追加贈呈されることもあります

クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株価

こちらのグループの株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 クリエイト・レストランツ・ホールディングス

[コード]3387
取引値 695
1株配当(会社予想) 4.50
配当利回り(会社予想) 0.65%

 

コメダホールディングス

優待 株 おすすめ コメダホールディングス

出典:株式会社コメダホールディングス (komeda-holdings.co.jp)

コメダホールディングスは、喫茶店チェーン「珈琲所コメダ珈琲店」等を展開している持株会社です。

株主優待の内容

株主優待用のプリペイドカード「KOMECA」が贈呈されます。

毎年2月末日時点で株式を3年以上継続して保有、かつ300株以上保有する株主は「長期保有株主優待制度」も利用できお得です。

プリペイドカード 通常の優待制度 長期保有株主優待制度
対象株主 100株以上保有 長期保有
実施回数(基準日) 年2回(8月末・2月末) 年1回(2月末)
保有株数(100株~300株未満) 1,000円分/回
保有株数(300株~) 1,000円分/回 追加1,000円分/回

コメダホールディングスの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 コメダホールディングス

[コード]3543
取引値 2,055
1株配当(会社予想) 51.00
配当利回り(会社予想) 2.48%

\ 一番人気の証券口座 /

SBI証券で 口座開設する

日本マクドナルドホールディングス

優待 株 おすすめ 日本マクドナルドホールディングス

出典:日本マクドナルドホールディングス株式会社 (mcd-holdings.co.jp)

日本マクドナルドホールディングスは、ハンバーガーレストランの事業の日本マクドナルド株式会社の持株会社です。

株主優待の内容

マクドナルドの「優待食事券(6枚ずつで1冊)」が受け取れます。

毎年6月30日・12月31日現在の株主名簿に記載のある株主が対象です。

優待対象基準は次の通りです。

保有株式数 優待食事券
100~299株 優待食事券1冊
300~499株 優待食事券3冊
500株~ 優待食事券5冊

日本マクドナルドホールディングスの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 日本マクドナルドホールディングス

[コード]2702
取引値 4,990
1株配当(会社予想) 39.00
配当利回り(会社予想) 0.78%

 

吉野家ホールディングス

優待 株 おすすめ 吉野家ホールディングス

出典:吉野家文化とは | 吉野家公式ホームページ (yoshinoya.com)

吉野家ホールディングスは、牛丼を主力商品の大手外食チェーンストア「吉野家」の持株会社です。

株主優待の内容

2月末、8月末の半期毎に「株主様ご優待券」を受け取ることができます。

保有株式数

・2月末日(5月上旬頃贈呈)

・8月31日(11月中旬頃贈呈)

100~199株 それぞれ「500円サービス券×4枚」
200~999株 それぞれ「500円サービス券×10枚」
1,000~1,999株 それぞれ「500円サービス券×12枚」
2,000株~ それぞれ「500円サービス券×24枚」

吉野家ホールディングスの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 吉野家ホールディングス

[コード]9861
取引値 2,300
1株配当(会社予想)
配当利回り(会社予想)

食料品関連のおすすめ銘柄

こちらでは、食料品を扱う企業が用意している株主優待についてみてみましょう。

食料品関連のおすすめ銘柄
  • 日本たばこ産業
  • ダイドーグループホールディングス
  • 日清食品ホールディングス
  • 日本ハム
  • 味の素
  • 明治ホールディングス

日本たばこ産業

優待 株 おすすめ 日本たばこ産業

出典:ひとのときを、想う。JT | JTウェブサイト (jti.co.jp)

日本たばこ産業株式会社(JT)は、タバコや医薬品、食品・飲料を製造・販売する日本の特殊会社です。

株主優待の内容

JTグループ会社等の「商品」が贈呈されます。

12月31日基準日、株式100株以上を 1年以上継続保有している株主様が対象です。

保有株式数 4月中旬~7月下旬に順次発送
100~200株未満 2,500円相当
200~1,000株未満 4,500円相当
1,000~2,000株未満 7,000円相当
2,000株~ 13,500円相当

残念ながら、2023年の株主優待商品の発送をもって株主優待制度が廃止されます。

2023年の優待は全く無くなるので、優待目的での株の購入は控えた方が無難です。

ただし、配当利回りは非常に高く、大きなリターンを期待する投資家の方々にはおすすめの銘柄です。

日本たばこ産業の株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 日本たばこ産業

[コード]2914
取引値 2,064
1株配当(会社予想) 150.00
配当利回り(会社予想) 7.27%

 

ダイドーグループホールディングス

優待 株 おすすめ ダイドーグループホールディングス

出典:経営理念|企業情報|ダイドーグループホールディングス (dydo-ghd.co.jp)

ダイドーグループホールディングスは、飲料・食品事業を展開するダイドーグループの持株会社です。

株主優待の内容

6,000円相当の株主優待品が受け取れます。(贈呈時期4月中旬)

毎年1月20日に100株以上の保有かつ、半年以上継続して株式を保有の株主が対象です。

5年以上にわたり株を保有する株主には、記念品の贈呈もあります。

ダイドーグループホールディングスの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 ダイドーグループホールディングス

[コード]2590
取引値 4,740
1株配当(会社予想) 6.00
配当利回り(会社予想) 1.27%

 

日清食品ホールディングス

優待 株 おすすめ 日清食品ホールディングス

出典:日清食品ホールディングス | 日清食品グループ (nissin.com)

日清食品ホールディングスは、即席麺を生産・販売する日清食品を中心とした食品グループの持株会社です。

株主優待の内容

株主には、日清食品グループの製品詰合わせ、マスコットである「ひよこちゃんオリジナルグッズ」が贈呈されます。

保有株式数

・100~300株未満:贈呈回数年1回 (夏)・割当基準日3月末

・それ以外:贈呈回数年2回 (夏冬)・割当基準日3月末、9月末

100~300株未満 3,000円相当

※ひよこちゃんオリジナルグッズ含む

300~1,000株未満

・製品詰合わせ:3,500円相当

・ひよこちゃんオリジナルグッズ:1,500円相当

1,000~3,000株未満

・製品詰合わせ:4,500円相当

・ひよこちゃんオリジナルグッズ:1,500円相当

3,000株~

・製品詰合わせ:5,500円相当

・ひよこちゃんオリジナルグッズ:1,500円相当

更に一定の条件に該当すれば、長期保有優遇制度が適用されお得な優待も受けられます

日清食品ホールディングスの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 日清食品ホールディングス

[コード]2897
取引値 8,660
1株配当(会社予想) 130.00
配当利回り(会社予想) 1.50%

 

日本ハム

優待 株 おすすめ 日本ハム

出典:日本ハム株式会社 (nipponham.co.jp)

日本ハムは、ハム・ソーセージを主力とする大手食品加工メーカーです。

株主優待の内容

株主が一定の条件に該当すれば、グループ商品(スポーツ観戦チケット含む)が贈呈されます。

項目 100~500株未満 500株~
実施回数(基準日) 年1回(3月31日) 年2回(3月31日・9月30日)
送付時期 9月贈呈予定

・9月~11月上旬贈呈予定

・翌3月初旬贈呈予定

優待品 市価3,000円相当

継続保有期間

・3年未満:市価5,000円相当

・3年~5年未満:市価7,500円相当

・5年以上:市価10,000円相当

日本ハムの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 日本ハム

[コード]2282
取引値 4,210
1株配当(会社予想) 100.00
配当利回り(会社予想) 2.38%

 

味の素

優待 株 おすすめ 味の素

出典:トップ | 味の素株式会社・プレミアム優待倶楽部 (premium-yutaiclub.jp)

味の素は、食品事業・ケミカル事業・医薬事業を展開する企業です。

株主優待の内容

株主が一定の条件に該当すれば、味の素グループの食品詰め合わせセット等が受け取れます。

項目 100~500株未満 500~1,000株未満 1,000株~
保有期間 半年 半年 半年
優待内容 1,500円相当 3,000円相当 4,000円相当

※3年以上保有の場合

7,000円相当

送付時期 7月下旬~8月初旬予定 7月下旬~8月初旬予定 7月下旬~8月初旬予定

※3年以上保有の場合

10月下旬予定

味の素の株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 味の素

[コード]2802
取引値 3,490
1株配当(会社予想) 48.00
配当利回り(会社予想) 1.38%

 

明治ホールディングス

優待 株 おすすめ 明治ホールディングス

出典:個人投資家の皆さまへ|明治ホールディングス株式会社 (meiji.com)

明治ホールディングスは、食品メーカーの明治、製薬会社のMeiji Seikaファルマを傘下に持つ持株会社です。

株主優待の内容

毎年3月31日で100株以上所有の株主に、優待品として明治グループ製品詰合せが贈呈されます。(毎年10月末頃送付)

保有株式数 明治グループ製品詰合せ
100株~ 2,000円相当
500株~ 3,500円相当
1,000株~ 5,000円相当

明治ホールディングスの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 明治ホールディングス

[コード]2269
取引値 6,700
1株配当(会社予想) 160.00
配当利回り(会社予想) 2.39%

家電量販店事業のおすすめ銘柄

こちらでは、家電量販店を展開する企業が用意している株主優待についてみてみましょう。

家電量販店事業のおすすめ銘柄
  • ヤマダホールディングス
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • 上新電機

ヤマダホールディングス

優待 株 おすすめ ヤマダホールディングス

出典:株式会社 ヤマダホールディングス -YAMADA HOLDINGS- (yamada-holdings.jp)

ヤマダホールディングスは、家電量販店を経営する「ヤマダデンキ」を中心とするヤマダグループの持株会社です。

株主優待の内容

株主が一定の条件に該当すれば、ヤマダデンキグループの「お買物優待券」が贈呈されます。

保有株式数 基準日(3月末) 基準日(9月末)
100~499株 500円分(1枚) 1,000円分(2枚)
500~999株 2,000円分(4枚) 3,000円分(6枚)
1,000~9,999株 5,000円分(10枚) 5,000円分(10枚)
10,000株~ 25,000円分(50枚) 25,000円分(50枚)
発送時期 6月下旬 12月中旬

なお、あくまでお買い物の際につかえる券なので、電化製品の修理代金等には利用できません。

ヤマダホールディングスの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 ヤマダホールディングス

[コード]9831
取引値 402
1株配当(会社予想)
配当利回り(会社予想)

 

ビックカメラ

優待 株 おすすめ ビックカメラ

出典:株式会社ビックカメラ (biccamera.co.jp)

ビックカメラは、家電量販店を経営する企業で子会社にソフマップコジマ等があります。

株主優待の内容

株主が一定の条件に該当すれば、ビックカメラの「お買物優待券」が贈呈されます。

保有株式数 基準日(2月末) 基準日(8月末)
100~500株未満 2,000円(2枚) 1,000円(1枚)
500~1,000株未満 3,000円(3枚) 2,000円(2枚)
1,000~10,000株未満 5,000円(5枚) 5,000円(5枚)
10,000株~ 25,000円(25枚) 25,000円(25枚)
発送時期 5月予定 11月予定

なお、保有期間に応じても、お買物優待券1枚1,000円または2,000円(2枚)が受け取れます

ビックカメラの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 ビックカメラ

[コード]3048
取引値 1,065
1株配当(会社予想) 15.00
配当利回り(会社予想) 1.41%

\ 一番人気の証券口座 /

SBI証券で 口座開設する

コジマ

優待 株 おすすめ コジマ

出典:kojima.net – 企業・IR情報

株式会社コジマは、日本国内に140店舗を展開する日本の大手家電量販店です。

株主優待の内容

株主が一定の条件に該当すれば、コジマの「お買物優待券」が贈呈されます。

保有株式数 基準日(8月末)
100株~ 1,000円券×1枚
500株~ 1,000円券×3枚
1,000株~ 1,000円券×5枚
3,000株~ 1,000円券×15枚
5,000株~ 1,000円券×20枚
発送時期 11月予定

なお、保有期間に応じてもお買物優待券1枚1,000円または2,000円(2枚)が受け取れます

コジマの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 コジマ

[コード]7513
取引値 556
1株配当(会社予想) 10.00
配当利回り(会社予想) 1.80%

 

上新電機

優待 株 おすすめ 上新電機

出典:上新電機株式会社 (joshin.co.jp)

上新電機は、家電量販店を展開する企業で他に玩具店「キッズランド」を擁しています。

株主優待の内容

株主が一定の条件に該当すれば、上新電機の「買物優待券(200円)」が贈呈されます。

保有株式数 3月末 3月末(2年以上保有)
100株~ 11枚(2,200円分)
500株~ 60枚(12,000円分) 30枚 (6,000円分)
2,500株~ 120枚(24,000円分) 60枚(12,000円分)
10,000株~ 180枚(36,000円分) 90枚(18,000円分)

9月末には全株主へ25枚(5,000円分)が贈呈されます。

上新電機の株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 上新電機

[コード]8173
取引値 2,040
1株配当(会社予想) 75.00
配当利回り(会社予想) 3.68%

その他のおすすめ銘柄

その他、消費者に身近な商品を提供する企業の株主優待もみてみましょう。

その他のおすすめ銘柄
  • イオン
  • オリックス
  • KDDI
  • オリエンタルランド

イオン

優待 株 おすすめ イオン

出典:イオン株式会社 | イオン(株)のコーポレートサイトです。企業情報、ニュースリリース、採用情報、環境・社会貢献活動、IR情報などを紹介しています。 (aeon.info)

イオン株式会社は、大手流通グループ「イオングループ」を統括する純粋持株会社です。

株主優待の内容

100株以上保有するの株主に「イオンオーナーズカード」が発行されます。

保有株式が多ければ多いほど、キャッシュバック率が高くなります

保有株式数 キャッシュバック率
100~499株 3%
500~999株 4%
1,000~2,999株 5%
3,000株~ 7%

返金率を乗じた金額が半年ごとに返金されます。

イオン株式会社の株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 イオン

[コード]8267
取引値 2,629
1株配当(会社予想) 36.00
配当利回り(会社予想) 1.37%

 

オリックス

優待 株 おすすめ オリックス

出典:オリックス株式会社(オリックスグループサイト) (orix.co.jp)

オリックス株式会社は、大手総合金融サービス企業です。

リースをはじめ、不動産・銀行・クレジットカード事業等を幅広く手掛けています。

株主優待の内容

株主優待は大きく2つに分かれます。

(1)ふるさと優待

オリックスグループの全国の取引先が取り扱う商品を厳選してカタログギフトから1品を選びます

100株以上を3年以上継続保有いただいている株主は「Aコース」、100株以上を3年未満継続保有いただいている株主は「Bコース」の中から選べます。

(2)主カードによる優待

株主カードの提示で、オリックスグループが提供する各種サービスを割引価格で利用できます。

オリックスの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 オリックス

[コード]8591
取引値 2,434
1株配当(会社予想) 78.00
配当利回り(会社予想) 3.20%

 

KDDI

優待 株 おすすめ KDDI

出典:KDDIについて | 企業情報 | KDDI株式会社

KDDIは、携帯電話事業等を手掛ける日本の大手電気通信事業者です。

株主優待の内容

3月31日現在の株主名簿に記録された100株以上保有している株主へ、カタログギフトの商品等の優待が贈呈されます。(贈呈時期 2022年6月)

保有株式数・保有期間 カタログギフト
100~999株・5年未満 3,000円相当
1,000株以上・5年未満or100~999株・5年以上 5,000円相当
1,000株以上・5年以上 10,000円相当

なお、体験型商品の優待もあります

KDDIの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 KDDI

[コード]9433
取引値 4,114
1株配当(会社予想) 125.00
配当利回り(会社予想) 3.04%

 

オリエンタルランド

優待 株 おすすめ オリエンタルランド

出典:ホーム | 株式会社オリエンタルランド (olc.co.jp)

株式会社オリエンタルランドは、東京ディズニーリゾート(TDR)を経営する京成グループの企業です。

株主優待の内容

株主には「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」どちらかのパークで利用可能な1デーパスポートを配布しています。

保有株式数 9月末 3月末
100株~ 1枚
400株~ 1枚 1枚
800株~ 2枚 2枚
1,200株~ 3枚 3枚
1,600株~ 4枚 4枚
2,000株~ 5枚 5枚
2,400株~ 6枚 6枚
発送時期 12月上旬予定 6月上旬予定

オリエンタルランドの株価

株価は次の通りです。(Yahoo!JAPANファイナンス・2022年3月22日時点を参考に作成)

会社名 オリエンタルランド

[コード]4661
取引値 23,195
1株配当(会社予想) 26.00
配当利回り(会社予想) 0.11%

優待株をおすすめする理由

優待株をおすすめする理由

優待株はいろいろとお得な特典が付帯されていますね。
優待株がおすすめの理由を教えてください。

こちらで、優待株がおすすめな理由を解説します。

別に高級品がもらえるわけではない

株主になれば「高級腕時計」「高級外車」などはもらえませんが、ご自身の生活や家族に密着した商品や商品券等が贈呈されます

レジャー施設を運営している企業ならば、ホテルやテーマパークの優待券が受け取れるなど、家族が喜ぶ内容となっています。

有効期限を良く確認して記念日にうまく使う!

とはいえ株主優待には、特に商品券やレジャー利用券等の場合、有効期限も設定されている場合がほとんどです。

上手く有効期限内にタイミングを合わせ、結婚記念日や子供の誕生記念等で利用すれば、ワンランク上の楽しみが得られることでしょう。

MEMO

株主優待で、高級品が貰えるわけではないが、生活に密着した商品や商品券・施設優待券などが貰えるため、有効期限なども確認しながら上手く活用すれば少し贅沢をする事が出来る。

\ 一番人気の証券口座 /

SBI証券で 口座開設する

優待株のメリット・デメリット

優待株のメリット・デメリット

自分だけではなく家族も喜ぶ特典には興味があります。
それでは、優待株のメリットや確認すべき点について教えてください。

こちらでは、優待株のメリットとデメリットについて解説します。

優待株のメリット

高級品では無いものの、生活が豊かになる特典をもらえることや、配当・株主優待を合わせて利回りが高くなる効果も期待できます。

配当利回りしかない銘柄と比較すれば、株主優待の価値もプラスして受け取れるのはとてもお得です。

MEMO

配当金だけではなく、株主優待で得をすることもある。

優待株のデメリット

株主優待の廃止や改悪されるリスクもあり得ます

株主優待に惹かれて株主になったものの、次年度から優待が廃止される報告を知って愕然とするケースは考えられます。

まずは、株主優待の特典だけではなく変更点もないか確認が必要です。

注意

株主優待の内容変更や優待が廃止になる事もある。

おすすめの優待株を購入する方法

おすすめの優待株を購入する方法

優待株に興味が湧いてきたのですが、どうすれば株式を購入出来るのでしょうか?

ここでは、株式投資の始め方について解説します。

株式投資の始め方
  1. 証券会社に口座を開設する
  2. 開設した口座に入金をする
  3. 気になる株式銘柄に買い注文を入れる
  4. 配当や優待を受け取る
  5. 株価が上がれば売却するのも良い

証券会社に口座を開設する

株式取引を開始するためには、証券会社に口座を開設する必要があります。

口座開設時には本人確認書類の提出銀行口座の確認が必要となります。

本人確認書類は、運転免許証・マイナンバーカード・パスポートなど、顔写真の入っている物が良いでしょう。

また、マイナンバーの提出が必要になるケースが多い事から、マイナンバーカードを持っている方であればマイナンバーカードが良いと言えるでしょう。

そして、株取引において利益が出たりした場合に、自分の銀行口座にお金を入金する時のために、銀行口座の登録も必要となってきますので、銀行口座の口座番号なども用意しておくようにしましょう。

開設した口座に入金をする

証券会社の口座開設が完了すれば、株を買うための資金を入金しなければいけません。

証券会社の口座への入金は銀行振り込みが基本的な方法となります。

また、証券会社によっては振り込みをする金融機関によっては手数料が無料になったりするケースがありますので、出来るだけご自身の利用する金融機関から無料で入金できる証券会社を選ぶのもポイントになります。

証券会社によっては、銀行振り込み以外の入金方法を用意している場合もありますので、入金方法は要確認と言えるでしょう。

気になる株式銘柄に買い注文を入れる

証券会社の口座に入金をすれば、次は気になる銘柄へ買い注文を入れる事になります。

株式取引の注文方法は、買い注文でも売り注文でも「指値注文」「成行注文」の2つの方法となります。

指値注文とは、自分が買いたい株価で注文を入れる方法となり、自分の希望する株価で売り買いが出来ますが、市場状況によっては売り買いが成立しないこともあります

成行注文とは、株式相場の株価で売り買いをする注文方法となりますので、売り買いが成立しやすいですが自分が買いたい・売りたい金額で取引が出来ない可能性があります

買いたい株価を決めている場合は指値注文を選択して、購入株価は気にしないが絶対にその銘柄を購入したいという場合は成行注文を選択するのが良いでしょう。

配当や優待を受け取る

株を購入したら、あとは相場を確認しつつ優待権利確定日を待つようにしましょう。

株では、配当金や優待の権利を有する日が決まっています

それが、権利確定日と言い、権利確定日に株式を保有していなければ、配当金や優待を受け取る事が出来ません

その事から、配当や優待を目的に株を購入した場合には、権利確定日をしっかりと確認して、配当金・優待を受けるようにしましょう。

株価が上がれば売却するのも良い

配当金・優待を目的として株を購入したけれど、思っていた以上に業績が良くて株価が上がったとなれば、株を売却して利益を取るのも良い方法と言えます。

商品やサービスの優待券を最大の目的ではなく、配当金が目的であるならば、貰える配当金の額などを考慮して売却するかどうかを決めるようにしましょう。

優待株の取引におすすめの証券会社

優待株の取引におすすめの証券会社

株式投資をするからには、証券会社をまず決めないと。
おすすめの証券会社があれば是非教えて下さい。

ここでは、優待株の取引におすすめの証券会社を紹介します。

おすすめの証券会社
  1. SBI証券
  2. LINE証券
  3. 楽天証券
  4. SBIネオトレード証券
  5. DMM株(DMM.com証券)

おすすめ証券会社 第1位:SBI証券

おすすめ証券会社_SBI

SBI証券の特徴
  • 初心者から上級者まですべての人におすすめ
  • ネット証券口座開設者数No. 1
  • IPO取扱銘柄No. 1
  • iDeCo加入者数、ネット証券No. 1
  • 月100円から積立投資ができる

おすすめ証券会社の第1位はSBI証券です。

SBI証券の魅力は、手数料の安さや豊富な株式銘柄、そしてNISAやiDeCoの取扱など、証券会社に求めるほぼすべてのものを網羅しているところです。

プロ証券トレーダーは、SBI証券をメイン口座として開設して、その他の証券会社を目的に応じてサブ口座として開設している方が多いです。

手数料は、現物・信用取引ともにそれぞれ1日100万円まで手数料0円と、とても安いです。

また、スマホアプリやPCツールの機能性も高く、マーケット情報も充実しており、まさに総合力No. 1

グループで700万以上の口座数を誇るネット証券業界トップのSBI証券は、おすすめ第1位の証券会社です。

SBI証券で
口座開設してみる

おすすめ証券会社 第2位:LINE証券

ネット証券_おすすめ_LINE証券

出典:https://line-sec.co.jp/

LINE証券の特徴
  •  LINEアプリから簡単に利用できる
  • 有名企業の株が1株単位で買える
  • LINE Payから入金・出勤できる
  • LINEポイントで投資できる
  • 信用取引の手数料が0円

おすすめ証券会社の第2位は、LINE証券です。

LINE証券は、普段利用しているLINEアプリから簡単に利用できることが魅力です。

注文から売却まで全てLINEアプリ内で完結することができるので、手軽に始めたい方におすすめです。

LINE証券には、「いちかぶ」という、有名企業に1株数百円から投資できるシステムがあり、初期投資をぐんと減らすことができます。

取引手数料は、現物取引〜5万円:55円・〜10万円:99円で、信用取引は無料です。

LINEポイントも1ポイント1円として利用できるので、ポイントが余っている方は有効活用することができます。

LINE証券で
口座開設してみる

おすすめの証券会社 第3位:楽天証券

ネット証券おすすめ_楽天証券

出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券の特徴
  • 楽天ポイントで投資ができる
  • 楽天ポイントはNISAにも使える
  • 取引ツールやスマホアプリが充実
  • 国内株式の夜間取引(17:00〜23:59)が可能
  • 楽天カードのクレジット決済で積立すると、ポイントが貯まる

おすすめ証券会社の第3位は、楽天証券です。

楽天証券は、「マーケットスピード」や「iSPEED」といったツールが多くの投資家に支持されています。

また、楽天経済圏で貯めることができる、楽天ポイントでも投資をすることができます。

投資信託・国内株式・米国株式・バイナリーオプションとなんでもポイント投資をすることができるので、ポイントを有効活用したいかたにおすすめです。

楽天証券の取引手数料は、現物取引〜5万円:55円・〜10万円:99円となっています。

楽天証券を利用して、貯まりやすいポイントで資産を大きく増やしましょう。

楽天証券で
口座開設してみる

おすすめの証券会社 第4位:SBIネオトレード証券

sbiネオトレード

SBIネオトレード証券の特徴
  • 売買手数料が安い
  • 高機能の取引ツールが無料で使える
  • 信用取引手数料は完全無料
  • キャンペーンが豊富
  • 注文方法が豊富

おすすめ証券会社の第4位は、SBIネオトレード証券です。

SBIネオトレード証券の強みは、IPOの事前入金が不要ということです。

証券口座を開設するだけで、IPOの抽選に参加することができます。

IPOに当選してから入金すればよいので、手元にすぐ資金を用意することができない場合も安心です。

高性能な取引システムも全て無料で利用することができます。

sbiネオトレード証券の取引手数料は、現物取引〜5万円:50円・〜10万円:88円となっています。

多彩な注文方法で、手数料を抑えて株取引を行いたいという方には、SBIネオトレード証券がおすすめです。

第5位:DMM株(DMM.com証券)

ネット証券おすすめ_dmm株

出典:https://kabu.dmm.com/

DMM株の特徴
  • 米国株式の取扱手数料が無料
  • 手数料・金利は業界最低水準
  • DMM株ポイントが貯まる
  • 貯まったポイントは現金化できる
  • メール・電話・LINEのサポートがある

おすすめ証券会社の第5位は、DMN株です。

DMM株の魅力は、現金化できるDMM株ポイントサービスがあるということです。

取引手数料の1%を1ポイント=1円のレートで交換することができます。

DMM株の取引手数料は、現物取引〜5万円:55円・〜10万円:88円となっています。

今なら新規口座開設で1ヶ月間手数料が0円で利用することができます!

また、25歳以下は手数料0円(※キャッシュバック)になるサービスもあります。

DMM株は、早いタイミングから複利で効率良く投資を始めたいという方におすすめの証券会社です。

優待株を取引する際の注意点

優待株を取引する際の注意点

優待株をうまく活用して、自分や家族の生活に楽しみを増やしたいですね。
それでは、優待株を取引する際に気を付けるべき点があれば是非教えて下さい。

こちらでは、株主優待株を取引する際の注意点について解説します。

株主優待だけで銘柄を選ばない

株主優待だけで企業を選んでしまうと、株価の値下がりで優待の特典をもらったとしても損失の出ることがあります

株式投資を行う以上、企業の業績の変化で予想外の事態となる場合へ注意しましょう。

株価が安定しているかよく確認を

まずは過去から現在までの株価の推移や配当利回り等をよく観察して、乱高下を繰り返していないか確認してから株を購入するべきです。

株式投資は特典をもらうためというより、資産運用で堅実なリターンを得ることが最大の目的です。

何年も好調を保ち、堅実に業績をUP・維持している企業の銘柄を選びましょう

注意

株主優待の内容だけで銘柄を選ぶと、株価が急落した場合など思わぬ損失を被ることがある。

過去の株価推移などを確認して、企業業績を確認するのも重要となる。

優待株によくある質問

優待株によくある質問

やはり株式投資は、資産運用で堅実なリターンを得るために利用しないと。
優待株についてお聞きするうちに、いろいろな疑問が出てきました。

こちらでは、優待株に関するよくある質問について解説をします。

株主優待がなくなったら、株は売った方が良い?

優待株で得られる特典が魅力で、それ以外はあまりパッとしない銘柄と感じたら、株を売った方が良い場合もあります

しかし、前述した「日本たばこ産業(JT)」は、次年度の株主優待を廃止しますが、配当利回りは7%を超える等、非常に高いリターンを維持しています。

このように株主優待以外で、大きな利益が見込める内容ならば、無理に株を売るのは得策と言えません。

株主優待が廃止されるのは、株主からみれば損かもしれませんが、株価が順調に推移したり配当利回りが高かったりと、株主に資するところもあれば保有しておいた方が無難です。

MEMO

株主優待目的で購入した場合、株主優待がなくなっても株価や配当利回りが良ければ継続して保有しても損をしないこともある。

年2回の基準日に株主でいるならば、その間に株を一旦手放しても株主優待は受けられる?

これは各企業で対応が異なることでしょう。

ただし、概ねどの企業も100株以上の株式をずっと保有していれば優待が受けられることになります。

例えば、保有年数の制限がなく毎年1月20日・7月20日現在、株を保有している株主が優待の対象だった場合、前年の7月20日基準日以前~当年の1月20日基準日まで、半年以上にわたり株を保有(少なくとも100株以上)した株主ならば、もちろん株主優待品等は贈呈されることでしょう。

しかし、当該期間に保有の株式をすべて売却し、買い戻したような場合は、常識的に考えれば対象外となるはずです。

もちろん、各企業の規程をよく確認する必要はあります。

MEMO

基準日・保有期間の条件がある場合は、その期間で株式を全て売却した場合には権利がなくなる可能性が高い。

各社で対応が異なるため、確認する必要がある。

おすすめの優待株まとめ

おすすめの優待株まとめ

どれだけ優待が充実していても、配当利回り等が安定しなければ損失の出るおそれもあります。

株主になったからといって油断せず、投資先企業の株価の推移はしっかりと確認しましょう。

また、株主優待の内容変更や株主優待の廃止なども、しっかりと確認するようにしましょう。

株価・配当利回り・株主優待という3つの要素は、株式投資を行う上で重要なポイントとなります。