ウクライナ情勢で下落した株価は今後どうなる?米国株への影響を徹底解説します!

ロシアのウクライナ侵攻によって株価が下落していますよね。
ウクライナ情勢によって今後の株価はどうなるのでしょうか?

ロシアがウクライナに侵攻した事によって、世界情勢に大きな影響を与えています。

ロシアへの経済的な制裁もありますが、株式市場においても大きな影響が出ています。

この記事では、ウクライナ情勢によって株価が下落していること今後ウクライナ情勢によって株式市場がどうなっていくのか個人投資家がしなければいけないことなどを解説していきます。

ウクライナ情勢による株式市場の影響をザックリ言うと
  • ロシアのウクライナ侵攻によって株価が下落している
  • 株価の下落はコロナウイルスによるパンデミックによる影響もある
  • アメリカの株価が2月以降下がっているのはアメリカ国内の情勢も影響している
  • 株価が下がっていても天然資源などの先物取引の価格は高騰している
  • 株価が下がったときの行動には静観追加投資しか無い!?

LINE証券で
口座を開く(無料)

ウクライナ情勢によって株価は下落している!?

ウクライナ情勢によって株価は下落している!?

ロシアのウクライナ侵攻によって株価は下落していますよね?
株式市場の与えている影響などを知りたいです。

ここでは、ウクライナ情勢によって株価が下落している現状などを解説していきます。

ウクライナ情勢と株価について
  • ロシアのウクライナ侵攻によって株価が下落
  • ウクライナ情勢によって株価はどれぐらい下落した?
  • ウクライナ情勢によって影響が出ているのは株価だけ?

ロシアのウクライナ侵攻によって株価が下落

2022年2月24日に、ロシアがウクライナに対して軍事侵攻を始めました。

多くの専門家も、軍事侵攻は無いだろうと予測していた中での出来事となりました。

ロシアのウクライナ侵攻によって、世界の株式市場が大きく影響を受ける事態となっています。

ニューヨーク市場だけではなく、日本市場でも株価の下落が止まらない状況に陥っています。

今後、ロシアへの経済制裁の内容や天然資源の供給など多くの要因が不透明になる中で、個人投資家や各企業が株の売却を行っていることなどから株式市場では株価が下落しています

また、今後の情勢が不透明なため、状況も掴みにくいというのが現状と言えるでしょう。

ウクライナ情勢によって株価はどれぐらい下落した?

ウクライナ情勢によって株価が下落していると言われますが、実際にどれぐらいの株価下落が生じているのか把握できていない方もいらっしゃるでしょう。

アメリカのニューヨークダウ市場では、ロシアの軍事侵攻が始まってから株価の下落は2~3%となり金額で言うと1,000ドル前となっています。

日本の東京株式市場では6~8%の下落となり、金額で言うと2,000円程の下落になっています。

アメリカ市場も日本市場も、平均株価での値となりますので、全体的に影響が出ていると言えるでしょう。

ウクライナ情勢によって影響が出ているのは株価だけ?

ウクライナ情勢によって影響が出ているのは株価だけではありません。

ウクライナ情勢によって高騰しているのが原油です。

原油などの天然資源は中東だけではなくロシアにも多くの資源があるため、経済制裁による資源不足が懸念されていることや軍事侵攻による需要の拡大などもあり、原油価格がさらに高騰してきています

また、ウクライナ情勢の前からにはなりますが、小麦など作物の先物取引に関しても、さらに価格高騰が予測されているため、株価は下落いていますが価格が高騰している分野もあるのです。

MEMO

ロシアのウクライナ侵攻によって、株価だけではなく原油などの天然資源や作物などの先物取引などで大きな影響が出ている。

また、ウクライナ情勢は先行きが不透明なため、今後の見通しが立たなくなっている。

LINE証券で
口座を開く(無料)

ウクライナ情勢で下落した株価は今後どうなる?

ウクライナ情勢で下落した株価は今後どうなる?

ウクライナ情勢によって株価が低下しているのですね。
今後、ウクライナ情勢によって株価など世界情勢はどうなるのでしょうか?

ここからは、ウクライナ情勢によって今後の世界の情勢について解説をしていきます。

ウクライナ情勢による株価下落の今後について
  • ウクライナ情勢による株価の動向は不透明
  • ロシア経済が世界に与える影響

ウクライナ情勢による株価の動向は不透明

ロシアのウクライナ侵攻によって株価が下落していますが、今後の情勢に関しては誰にもわかりません

ロシアがこのまま軍事侵攻を続けるのであれば、世界からの経済制裁がより一層厳しくなると予測されるため、株式市場への影響もさらに大きくなるでしょう。

もし、ロシアが軍事侵攻を止めた場合でも、ロシア政府の主導者が変わらない限りは経済制裁の緩和なども見込めない可能性があるため、世界情勢は良くならないでしょう。

もし、世界情勢が大きく好転するとすれば、ロシアが軍事侵攻を止めて政権・主導者の交代を行い、世界中からの経済制裁が緩和されると言う条件の下となるでしょう

そう考えると、今後早くても数ヶ月・長ければ数年は影響が出ると思っておいた方が良いでしょう。

ロシア経済が世界に与える影響

ロシアのウクライナ侵攻により、世界の多くの国が経済制裁を行っています。

銀行決済が出来ない事やロシア企業との取引停止など、ロシア経済への影響は大きくなっていくでしょう。

ロシア経済が不安定になる事で、ロシアの通貨が下落する事はもちろんですが、これまでロシア企業と取引をしていた企業には売上金の回収など大きな影響が出るでしょう。

また、天然資源などを輸入していた国・地域・企業は、変わりの輸入元を探さなければいけなかったり、売り上げのダウンも考えられるでしょう。

そして、ロシアに関する債権を保有していた場合や、ロシア企業が債権を保有している企業などにも、大きな影響が出るとも言えるでしょう。

ロシアに関する資産凍結などの制裁が行われることで、ロシア経済が冷え込み世界的な経済情勢が不安定になると言えるかもしれません

注意

ロシアのウクライナ侵攻による経済制裁などの影響は、ロシアだけでは無く世界的な影響になる。

また、今後の情勢は誰にもわからない。

LINE証券で
口座を開く(無料)

株価の下落はウクライナ情勢だけではない?

株価の下落はウクライナ情勢だけではない?

株価の下落はウクライナ情勢だけなのでしょうか?
コロナ禍もあったし株価はここ数年安定してないですよね?

株価の下落はウクライナ情勢だけではありません。

ここでは、株式市場に影響を与えている事象について解説をします。

株価が下落している要因について
  • コロナ禍による影響が長引いている!?
  • アメリカの金利政策も影響をしている

コロナ禍による影響が長引いている!?

株式市場に大きな影響を与えているのは、何もロシアのウクライナ侵攻だけではありません。

2020年から続いている、コロナ禍による経済へのダメージも株式市場に大きな影響を与え続けています

日本では、まん延防止政策が適応されたり解除されたりと状況が刻々と変わっています。

世界的にも、経済活動を活発化させている国や地域もあれば、再度ロックダウンを行う国や地域もあります。

世界各国で文化も考え方も違う中で、様々な政策が執られていることから、世界経済の不安定さも継続されています。

株価が下落しているのは、何もウクライナ情勢だけではないのです。

アメリカの金利政策も影響をしている

2020年の2月あたりから、アメリカのニューヨークダウ市場の平均株価が下落傾向にあります

これは、ロシアがウクライナへの軍事侵攻を始める前であり、緊張が高まっている時期ではありましたが、大きな影響が出る前と言えます。

この時期にアメリカでは何があったかと言うと、アメリカの中央銀行が金利を上げると言う金利政策の発表があった時期です。

金利が上がると言う事は、企業などがお金を借りにくくなることで業績が少し落ち込む可能性や、市場にお金が回らなくなるリスクが高まると言う事になります。

こう言った金融政策を行う場合には、一時的でも株価に変動が現れます。

2月の初旬に金利政策の発表があり、アメリカ市場の株価が下落しているところにウクライナ情勢が重なったことで、アメリカのニューヨークダウ市場は2月初旬から株価が下落し続けている状況になっています

注意

株価の下落は、ウクライナ情勢だけでは無く、コロナ禍による情勢不安やアメリカの金利政策も関係している。

LINE証券で
口座を開く(無料)

株価が下落しているときに買うべき金融商品は?

株価が下落しているときに買うべき金融商品は?

株価が下落しているときは株を買うべきなのでしょうか?
株価が下落しているときに買うべき株を教えて欲しいです。

株価が下落しているときは、今後の上昇することなども考えて株を買うのも良いでしょう。

ここでは、株価が下落しているときにおすすめの金融商品を紹介します。

株価が下落しているときにおすすめの金融商品について
  • 短期で考えるならWTI原油先物
  • 長期間で考えるならETF上場投信

短期で考えるならWTI原油先物

短期間での利益を考えるのであれば、商品先物取引がおすすめと言えるでしょう。

現在であれば、原油や小麦などの価格が高騰していることから、上手くいけば利益が狙えるかもしれません。

その中でも、原油は約14年ぶりの高値を付けています。

この値段が頭打ちになるのか、ウクライナ情勢などを加味してもう少し高騰するのかは誰にもわかりませんが、ここ数ヶ月の原油に関する情勢を加味すると値上がりの期待はあると言えるでしょう。

ただし、もうすでに高騰していることから、なかなか手が出しにくい状況であるので、堅実に利益を出したいという方にはおすすめは出来ません

長期間で考えるならETF上場投信

長期間で考えるなら、ETFと言われる上場投信を買うのも良いでしょう。

ETFと言われる上場投信とは、日経平均株価に連動した指数で運用される金融商品です。

その事から、株価が下がっているときに買って株価が上がったときに売れば利益が出ると言う事です。

簡単な話ではありますが、現在株価が下がっている状況ですので、このタイミングで購入して株価が上がったタイミングで売れば良いのです。

ただし、現在の株価が底値という訳では無く、ここ最近の日本の株式市場は日本経済とリンクしていない傾向にもありますので、売り買いをあまりしない資産株として持つのはちょっと危険かもしれません。

とは言っても、ETFは上場投信なので上場企業の株式で運用を行っているため、余程のことが無い限り資産がゼロになると言うことは無いでしょう。

株価が下がっているタイミングで購入して、購入時よりも評価額が下がっている場合でも、長期的に保有してタイミングを見計らうことも出来ますので、上手く活用すれば資産を増やすことも出来るでしょう

注意点としては、あくまでも投資なのでリスクもしっかりとあるという事だけは理解しておきましょう。

MEMO

原油などの天然資源の先物や作物の先物などの商品先物取引や、ETF上場投信などであれば株価が下がっているときにでも購入することで利益が狙える可能性がある。

LINE証券で
口座を開く(無料)

ウクライナ情勢で株価が下落しているときにする事とは?

ウクライナ情勢で株価が下落しているときにする事とは?

ウクライナ情勢によって株価が下落していて凄く不安です。
株価が下落しているときに何かすることはないでしょうか?

株価が下落していると、資産が減少するなど不安を抱える方は多いです。

ここでは、株価が下落しているときの行動について解説をします。

株価が下落しているときにする事について
  • 何もしないのが得策とも言える!?
  • 株価が下落しているからこそ株を買う
  • 先のことは誰にもわからない

何もしないのが得策とも言える!?

コロナ禍のようなパンデミックやウクライナ情勢などの紛争などが起これば、世界情勢がパニックになり株式市場も大きく値動きをします。

現在では、ウクライナ情勢によって株価は大幅に下落しています。

株価が下落していることで、資産が目減りしているという方も多いのではないでしょうか?

そして、ウクライナ情勢の今後も非常に不透明なため、株価がいつ元に戻るのか不安を抱えるでしょう。

そうなると、新たに株式を購入するなどの新たな投資を行うというのも気が引けるでしょう。

ましてや、損切りをするのにも勇気が要るでしょう。

そうなると、何もしないのが得策になるかもしれません。

今後のこと誰にも解らない状況であり、長期的に見て紛争が何十年も続くことは無いでしょう。

数年後か数ヶ月後には株式市場が元に戻る可能性もあります。

そう考えると、現状は何もしないという選択も大いにあり得ると言えるでしょう。

株価が下落しているからこそ株を買う

先ほども少し解説をしましたが、株価が下がっていると言うことは、今後は株価が上がる可能性が高いと言うことです。

そうなれば、株価が下落しているときは新たな投資をするタイミングでもあります。

株価の下落幅とタイミングを見て、個別銘柄やETF上場投信などを購入するのも良いでしょう。

何もしないと言う選択もあれば、株価上昇に向けて仕込みをすると言う選択も大いにあり得ると言えます。

ただし、現在の資産で大きな損失が出ている場合など、新たに投資をする資金が無い場合には無理しないようにしましょう。

先のことは誰にもわからない

ここ数年で、コロナによるパンデミックやロシアのウクライナ侵攻など、思いもよらないことが世の中では起こります。

日本の株式市場も、実経済とリンクしていないという見方も出来る事から、世界情勢に大きな影響を受けるとも言えます。

世界情勢が非常に混沌とする中で、1ヶ月後・半年後・1年後など、先のことは誰にもわかりません

その事から、株価が下がっている状況で行う行動にも正解はありません。

リスクをしっかりと確認した上で、後悔の無い行動をする様にしましょう。

MEMO

株価が下落している時は静観追加投資という2つしかないと言う事と、世の中がどうなるかは誰にもわからない。

外国株を取引する際の注意点

外国株を取引する際の注意点

外国株にも興味があるのですが、外国株ってリスクも高そうですよね。
外国株を取引する場合には何か注意点があるのでしょうか?

ここでは、外国株を取引する際の注意点をいくつか紹介していきます。

外国株を取引する際の注意点
  • 外国株は世界情勢に大きく左右される!?
  • その国の国内情勢を注視する必要がある
  • 為替リスクも考えなければいけない

外国株は世界情勢に大きく左右される!?

外国株に限った話ではありませんが、株式市場は世界情勢に大きく左右される場合が多いです。

今回のウクライナ情勢やコロナウイルスによるパンデミックが良い例と言えるでしょう。

紛争やパンデミックは予測を立てることは困難な事象と言えます。

また、外国では日本とは違った文化やマネーリテラシーがあるため、日本国内ではそうでも無いと思う事象でも世界的には大きな混乱を招くと言う事もあります

その事から、世界情勢やその国の文化なども理解しておくのが良いと言えるでしょう。

また、個別銘柄などを購入する場合は、企業の業績などもしっかりとチェックするようにしましょう。

その国の国内情勢を注視する必要がある

外国株は、その国の情勢にも気を配る必要があります

先ほども少し解説をしましたが、2022年2月初旬にアメリカでは中央銀行が金利を値上げするという発表後に、ニューヨークダウ市場の株価は下落を始めました。

アメリカの中央銀行が金利を上げても、日本に大きな影響が有るかと言えばそうではありません。

そのため、日本の株式市場で投資をしている方からすると、アメリカの市場に日本の株式市場が引っ張られないかだけを気にすると思いますが、アメリカ企業の銘柄を持っているとそう言う訳にはいきません。

その国の国内情勢もしっかりと確認して、買い時や売り時のタイミングを計らなければいけないと言う事を知っておきましょう。

為替リスクも考えなければいけない

外国株なので、証券会社に支払う売買手数料以外にも、為替手数料などが発生する場合が多いです。

要は、海外企業の株を現地通貨で売買することになりますので、アメリカ株であれば円から米ドルに両替をしなければいけません。

その際に、両替をした際の為替や為替手数料を確認しておかなければ、売り買いだけで大きな手数料が発生して、結果的に手数料の方が利益よりも高くなってしまったと言う事にもなりかねません。

外国株を取引する際には、為替リスクのこともしっかりと確認して起きましょう

注意

外国株を取引する際には、為替リスクも把握する必要もあるが、世界情勢やその国の国内情勢も把握しておく必要がある。

LINE証券で
口座を開く(無料)

株取引におすすめの証券会社5選

株取引におすすめの証券会社5選

外国株を取引する際におすすめの証券会社はあるのでしょうか?

ここでは、外国株を取引する際におすすめの証券会社を紹介します。

おすすめの証券会社
  1. LINE証券
  2. SBI証券
  3. 楽天証券
  4. SBIネオトレード証券
  5. DMM株(DMM.com証券)

おすすめ証券会社 第1位:LINE証券

ネット証券_おすすめ_LINE証券

出典:https://line-sec.co.jp/

LINE証券の特徴

 

  •  LINEアプリから簡単に利用できる
  • 有名企業の株が1株単位で買える
  • LINE Payから入金・出勤できる
  • LINEポイントで投資できる
  • 信用取引の手数料が0円

おすすめ証券会社の第1位は、LINE証券です。

LINE証券は、普段利用しているLINEアプリから簡単に利用できることが魅力です。

注文から売却まで全てLINEアプリ内で完結することができるので、手軽に始めたい方におすすめです。
LINE証券には、「いちかぶ」という、有名企業に1株数百円から投資できるシステムがあり、初期投資をぐんと減らすことができます。

取引手数料は、現物取引〜5万円:55円・〜10万円:99円で、信用取引は無料です。

LINEポイントも1ポイント1円として利用できるので、ポイントが余っている方は有効活用することができます。

LINE証券で
口座開設してみる

おすすめ証券会社 第2位:SBI証券

おすすめ証券会社_SBI

SBI証券の特徴

 

  • 初心者から上級者まですべての人におすすめ
  • ネット証券口座開設者数No. 1
  • IPO取扱銘柄No. 1
  • iDeCo加入者数、ネット証券No. 1
  • 月100円から積立投資ができる

おすすめ証券会社の第2位はSBI証券です。

SBI証券の魅力は、手数料の安さや豊富な株式銘柄、そしてNISAやiDeCoの取扱など、証券会社に求めるほぼすべてのものを網羅しているところです。

プロ証券トレーダーは、SBI証券をメイン口座として開設して、その他の証券会社を目的に応じてサブ口座として開設している方が多いです。

手数料は、現物・信用取引ともにそれぞれ1日100万円まで手数料0円と、とても安いです。

また、スマホアプリやPCツールの機能性も高く、マーケット情報も充実しています。

グループで700万以上の口座数を誇るネット証券業界トップのSBI証券は、おすすめ第2位の証券会社です。

SBI証券で
口座開設してみる

おすすめの証券会社 第3位:楽天証券

ネット証券おすすめ_楽天証券

出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券の特徴
  • 楽天ポイントで投資ができる
  • 楽天ポイントはNISAにも使える
  • 取引ツールやスマホアプリが充実
  • 国内株式の夜間取引(17:00〜23:59)が可能
  • 楽天カードのクレジット決済で積立すると、ポイントが貯まる

おすすめ証券会社の第3位は、楽天証券です。

楽天証券は、「マーケットスピード」や「iSPEED」といったツールが多くの投資家に支持されています。

また、楽天経済圏で貯めることができる、楽天ポイントでも投資をすることができます。

投資信託・国内株式・米国株式・バイナリーオプションとなんでもポイント投資をすることができるので、ポイントを有効活用したいかたにおすすめです。

楽天証券の取引手数料は、現物取引〜5万円:55円・〜10万円:99円となっています。

楽天証券を利用して、貯まりやすいポイントで資産を大きく増やしましょう。

楽天証券で
口座開設してみる

おすすめの証券会社 第4位:SBIネオトレード証券

sbiネオトレード

SBIネオトレード証券の特徴
  • 売買手数料が安い
  • 高機能の取引ツールが無料で使える
  • 信用取引手数料は完全無料
  • キャンペーンが豊富
  • 注文方法が豊富

おすすめ証券会社の第4位は、SBIネオトレード証券です。

SBIネオトレード証券の強みは、IPOの事前入金が不要ということです。

証券口座を開設するだけで、IPOの抽選に参加することができます。

IPOに当選してから入金すればよいので、手元にすぐ資金を用意することができない場合も安心です。

高性能な取引システムも全て無料で利用することができます。

sbiネオトレード証券の取引手数料は、現物取引〜5万円:50円・〜10万円:88円となっています。

多彩な注文方法で、手数料を抑えて株取引を行いたいという方には、SBIネオトレード証券がおすすめです。

第5位:DMM株(DMM.com証券)

ネット証券おすすめ_dmm株

出典:https://kabu.dmm.com/

DMM株の特徴
  • 米国株式の取扱手数料が無料
  • 手数料・金利は業界最低水準
  • DMM株ポイントが貯まる
  • 貯まったポイントは現金化できる
  • メール・電話・LINEのサポートがある

おすすめ証券会社の第5位は、DMN株です。

DMM株の魅力は、現金化できるDMM株ポイントサービスがあるということです。

取引手数料の1%を1ポイント=1円のレートで交換することができます。

DMM株の取引手数料は、現物取引〜5万円:55円・〜10万円:88円となっています。

今なら新規口座開設で1ヶ月間手数料が0円で利用することができます!

また、25歳以下は手数料0円(※キャッシュバック)になるサービスもあります。

DMM株は、早いタイミングから複利で効率良く投資を始めたいという方におすすめの証券会社です。

ウクライナ情勢と株のまとめ

ウクライナ情勢と株のまとめ

ロシアがウクライナに対して軍事侵攻をするという事は、専門家でも予想する事が出来なかった事態となっています。

その事から、世界的に株式市場が混乱をしています

日本市場だけではなく、アメリカ・香港・イギリスなどでも株価の下落が起こっています。

しかし、天然資源などは価格が高騰している状況でもあり、株式市場で大きな損失を出しても巻き返せる要素もあります

ウクライナの情勢には非常に心を痛める状況ですが、自己資産を守らなければいけないのも現実です。

ウクライナ情勢だけではなく、世界情勢をしっかりと把握して行動をする様にしましょう。

最後に、世の中に出ている情報を鵜呑みにして株取引をするのは危険を伴います

テレビや新聞などに出ている情報は、現状の全ての情報では無いため、様々な情報ソースをしっかりと確認して自分を信じて株取引などの行動をする様にしましょう。