クチコミ
投稿

VIOに対応しているおすすめの脱毛器を紹介!選ぶ際のポイントについても解説

epilator_vio

VIOにも対応している家庭用脱毛器はあるの? 
家庭用脱毛器の選び方のポイントを知りたい!

このような疑問や不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

脱毛と聞いて、美容クリニックや美容サロンでの施術をイメージする人は多いです。

しかし、近年は家庭用脱毛器も多く販売されており、VIOに対応している脱毛器も増えています。

こちらの記事では、VIOに対応しているおすすめの家庭用脱毛器や、脱毛器を選ぶ際のポイントなどを解説していきます。

家庭用脱毛器を探している人にとって役立つ内容となっているため、ぜひ最後までお読みください。

VIO脱毛器についてまとめると
  • 使い方を守ることが大切
  • 美容外科やクリニックに通うよりも安く済む
  • セルフシェービングや保湿が重要
  • VIOは効果を感じるまでに時間がかかる

 

VIO脱毛できる脱毛器とは?(家庭用)

women

家庭用脱毛器とは、自宅で手軽にムダ毛ケアなどの脱毛処理ができる機器です。

脱毛に興味がある人の中には、美容整形や美容サロンに通って脱毛の施術を受ける人もいます。

家庭用脱毛器があれば、自宅にいる時間でいつでも気軽にムダ毛の処理やお手入れができるメリットがあります。

つまり、家庭用脱毛器は、美容整形や美容サロンに行く時間が取れない人におすすめです。

家庭用脱毛器には多くの種類があり、VIO脱毛に対応しているものと、対応していないものがあります。

近年は、性別を問わず美容意識が高まっており、家庭用脱毛器を利用する人が増えています。

各メーカーも様々な機能が付帯している脱毛器を売り出しているため、興味がある脱毛器があったら詳細を調べてみてください。

家庭用脱毛器での脱毛のやり方

datumou

それでは、家庭用脱毛器での脱毛のやり方を解説していきます。

事前準備

datumou

家庭用脱毛器でVIO脱毛をするにあたり、まずは事前準備を行いましょう。

事前準備としては、

  • 前日までにシェービングを行い、ムダ毛を1~2ミリ程度に剃る
  • ムダ毛を洗い流して保湿ケアを行う
  • パッチテストを行う

上記の作業を行いましょう。

脱毛器は、毛根に光を当ててムダ毛にアプローチするため、長い毛があると毛根に光が届きません。

毛根に光が届かないと十分な脱毛効果が得られないため、シェービングを行ってムダ毛を1~2ミリ程度に剃っておきましょう。

また、脱毛後の肌トラブルを避けるためにも、脱毛器を使用する前にパッチテストを済ませておきましょう。

脱毛器の最も弱い出力で肌に1回照射し、肌に異常が出ないか確認してください。

Vラインの脱毛方法

women

事前準備が完了したら、いよいよ脱毛の工程に入ります。

Vラインを脱毛する際には、まずは照射する箇所を10秒ほど冷却し、立ったままの状態で照射しましょう。

その後、照射した箇所を10秒ほど冷却するサイクルを繰り返すことになります。

最後に、保湿クリームなどでケアをすればOKです。

Iラインの脱毛方法

women

Iラインを脱毛する際には、鏡で照射したい箇所を慎重に確認しながら照射することを意識しましょう。

脱毛のレーザー光は、黒い色素にしか反応しません。

粘膜がある箇所に光が当たらないようにするためにも、白い下着を着用すると安心です。

Iラインは見えにくく照射が難しい箇所であるため、必ず鏡で確認しながら丁寧に照射を行ってください。

Oラインの脱毛方法

women

Oラインを脱毛する際には、まず肛門を保護するために絆創膏などを貼った上で照射を行いましょう。

照射をする際には、鏡で丁寧に照射箇所を確認しながら、脱毛したい箇所に対して照射してください。

脱毛後はしっかりと保湿する

保湿

VIO脱毛後は肌が観測しやすく、また脱毛効果を得るためにも保湿をしっかりと行いましょう。

刺激が強いと肌への負担が重くなってしまうため、アルコールが含まれていないローションやクリームを使用すると良いでしょう。

しっかりと保湿することで、脱毛効果を得られる他にも、かゆみややけどなどの肌トラブルが起きにくくなるメリットがあります。

脱毛後は肌のバリア機能が低下し、肌の水分が蒸発しやすい状態です。

そのため、普段よりも時間をかけてしっかりと保湿をすることをおすすめします。

また、しっかり保湿すると、肌のターンオーバーがスムーズになり、ムダ毛が抜け落ちるスピードも早くなります。

脱毛器は効果があるの?

女性の疑問

家庭用脱毛器は非常に便利な美容アイテムですが、効果が無ければ意味がありません。

結論からお伝えすると、個人差はもちろんありますが、用法を守って使用すれば十分な脱毛効果が期待できます。

家庭用脱毛器は、自宅で誰でも使用することを前提としているため、安全のために出力レベルが下げられています。

「脱毛効果が得られるか不安...」という人でも、安心して利用できる点が家庭用脱毛器の魅力です。

VIOもできる家庭用脱毛器のメリット

笑顔の女性

続いて、VIOもできる家庭用脱毛器のメリットについて解説していきます。

家庭用脱毛器ならではのメリットが多くあるため、興味がある人は参考にしてください。

ケアのタイミングは自分で決められる

美人

家庭用脱毛器であれば、ケアのタイミングを自分で決められるメリットがあります。

美容整形や美容サロンを利用する場合、予約したり予約した時間に通院しなければなりません。

しかし、家庭用脱毛器であれば、時間がかかりがちなVIOのムダ毛ケアも自分のペースで行うことができます。

スケジュールに縛られることなく、自分のペースで施術できる点は大きなメリットです。

コストを抑えられる

女性と貯金箱

家庭用脱毛器は、美容整形や美容サロンを利用する場合よりも、コストを抑えられるメリットがあります。

クリニックによって異なりますが、VIO脱毛の施術を受ける場合、6万円〜15万円ほどの費用が発生します。

しかし、VIO対応の家庭用脱毛器は、3万円〜6万円程度で購入できるため、通院する場合よりもコストを抑えることが可能です。

美容脱毛に興味がある人の中には、コスト面が気になっている人は少なくありません。

しかし、家庭用脱毛器であれば、コスト面の懸念を払拭できる可能性があると言えるでしょう。

VIO脱毛器の選び方

寝る女性

巷には数多くのVIO脱毛器があるため、どれを選ぶべきか悩んでしまうのも仕方ありません。

こちらで、VIO脱毛器の選び方について詳しく解説していきます。

そもそもVIOに対応しているか

寝る女性

家庭用脱毛器には、VIO脱毛に対応できるものと対応できないものがあります。

そのため、「そもそもVIOに対応しているか」は必ずチェックしましょう。

VIOゾーンは、太く濃い毛が生えやすく、肌も弱い特徴があります。

VIOに対応していない脱毛器を利用すると、肌トラブルを起こしてしまう可能性があるため注意しましょう。

脱毛する範囲

裸の女性

家庭用美容器は、「Vラインのみ」「VIOまで対応」といったように、脱毛範囲が異なります。

そのため、自分が検討している脱毛の範囲を鑑みた上で、最適な脱毛器を選びましょう。

基本的に、VIO脱毛を検討している人であれば、「VIOまで対応」の美容器を選べば失敗することはありません。

脱毛の方式

赤髪の女性

脱毛器には種類がいくつかあり、特徴も異なります。

例えば、「ローラータイプ」の脱毛器は、ローラーで毛根ごと引き抜いてムダ毛の処理を行います。

ローラータイプの脱毛効果は一時的である上に肌への負担が大きいため、VIOのケアには不適です。

「光美容器」には、フラッシュ式とレーザー式がありますが、いずれも光の作用で毛根にダメージを与えて脱毛します。

ローラータイプと比べると肌への負担も軽いため、VIOの脱毛を行う際には「光美容器」を選びましょう。

フラッシュ式脱毛器の特徴

光脱毛器の中でも、まずフラッシュ式脱毛器の特徴を見ていきましょう。

  • レーザー式脱毛器よりも痛みが少ない
  • 照射範囲が広く短時間で処理できる
  • 美肌作用も期待できる

できるだけ痛みを感じたくない人や、広い照射範囲でVIO全体を脱毛したい人は、フラッシュ式脱毛器がおすすめです。

また、美容効果を期待している人や、デリケートゾーンの黒ずみを解消したい人も、フラッシュ式脱毛器が向いています。

レーザー式脱毛器の特徴

続いて、レーザー式脱毛器の特徴を見ていきましょう。

  • 太い毛に対する効果が高い
  • 照射範囲が狭いため、ピンポイントで脱毛できる

レーザー式脱毛器は、太い毛に対しても効果を発揮します。

高い脱毛効果を得たい人やピンポイントに脱毛したい人は、レーザー式脱毛器の利用がおすすめです。

照射の強弱調整

光と女性

照射の強弱調整ができるタイプの脱毛器を利用すれば、肌トラブルが起こるリスクを軽減できます。

特に、VIOをはじめとしたデリケートゾーンは痛みを感じやすいため、最初は最も弱い照射を行うのがおすすめです。

痛みやトラブルが起こらなかったら、照射のレベルを徐々に強くしていくと良いでしょう。

脱毛器の中には、自分で照射の強弱が設定できず、肌の色に合わせて自動で照射の出力が調整されるタイプのものがあります。

痛みの不安を軽減してVIO脱毛をするためにも、手動で照射の強弱を調整できるタイプの脱毛器を選びましょう。

脱毛器の機能性

海と女性

脱毛器によって機能性の高低に差があります。

もちろん、機能性が豊富にある脱毛器は価格が高くなりますが、その分便利な機能が搭載されています。

例えば、「肌色感知機能」が搭載されている脱毛器であれば、日焼け部分や肌が黒ずんでいる部分への照射が自動で弱まります。

自分では照射レベルの調節が難しいと感じる人や、いちいち調節するのが面倒な場合は、「肌色感知機能」が搭載されている脱毛器を選ぶと良いでしょう。

また、「冷却機能」が搭載されている脱毛器もあります。

VIOは、1回の照射ごとに冷却する必要があるため、冷却機能が無い場合は手間と時間がかかってしまいます。

「冷却機能」が搭載されていると、照射した部分を自動で冷却してくれます。

保冷剤を別途用意する手間もなく、効率的にムダ毛の処理や手入れができるため、非常に便利です。

このように、脱毛器によって搭載されている機能が異なるため、購入前に機能性についてはよく確認しておきましょう。

脱毛器の価格

値札

脱毛器の価格も、選ぶ際に重要なポイントです。

脱毛器には様々な価格帯のものがあるため、予算との折り合いをつけながら最適な脱毛器を選びましょう。

機能性が優れている脱毛器は価格が高めですが、長期的に見るとランニングコストを抑えられ、お得になるケースもあります。

また、家庭用脱毛器は、機種によって照射回数に差があります。

本体価格が安い脱毛器は照射回数が少ないケースが多く、トータルで見ると結果的に損してしまうことも少なくありません。

逆に、照射回数が多い脱毛器であれば、VIO以外の脱毛にも使えるため、コストパフォーマンスは高いです。

特に、VIOは他の部位よりも太い上に濃い毛が多いため、多くの照射が必要になります。

このように、単に本体価格だけに注目するのではなく、長期的な視野を持って脱毛器を選んでください。

脱毛器メーカーの信頼性

夕日と女性

脱毛器メーカーの信頼性についても確認することをおすすめします。

例えば、家庭用脱毛器で人気あるメーカーは下記の通りです。

  • KE-NON
  • Panasonic
  • BRAUN
  • YA-MAN
  • Sarlisi

人気メーカーの商品はレビューも多く見られるため、自分に合いそうかどうかも容易に確認できます。

また、信頼性の高いメーカーは修理などのアフターサービスも手厚い傾向にある点も大きな魅力です。

痛みが強くないか

痛み

VIOの脱毛に興味がある人の中には、「脱毛って痛いんじゃないの?」という不安を持っている人も多いです。

そのため、照射した後にどれくらいの痛みが伴うのか、口コミなどを参考にすると良いでしょう。

もちろん、痛みの感じ方は人それぞれである上に、フラッシュ式かレーザー式かでも影響があります。

痛みが気になる人は、商品の特徴やセールスポイントにも注目して、痛みが軽い脱毛器を選んでください。

以下、口コミになりますので参考にしてみて下さい。

痛みはほとんどなく、重量も軽いので、スムースにショット出来ました。 男です。脱毛器にしては安価なため、騙されたつもりで購入しました。劇的かつ早急な効果は得られませんが、長い目で見ると思ったより効果を感じたのが正直な感想です。;3日に1回を3週間継続ほどしたら生える量が減ってきました。やはり毛量が少ないところほど効果を感じやすいですね。今はギャランドゥがほぼ目立たなくなりました。男性は毛量が多いため、最低でも1ヶ月は継続できる人がオススメです。

引用:アマゾンレビュー

以前に購入した物と比べると 全く痛みありませんし 連射もできる。まだvioにチャレンジしてないが これなら出来そうです。
旦那のヒゲにもしてみたが やはりあまり痛みはないが根気がいるようです。

引用:アマゾンレビュ-

脱毛器を使う際の注意点

注意

続いて、家庭用脱毛器を実際に使う際の注意点を紹介していきます。

使い方を守るのはもちろんですが、下記で紹介する注意点も意識することで、安全に高い脱毛効果を得られます。

照射の頻度や強さは厳守する

驚く女性

脱毛器には照射の頻度やペースが決められているため、これらの頻度は厳守しましょう。

特に頻度について記載がない場合は、2週間に1回程度の頻度で照射するのが目安です。

肌の様子を見ながら照射の頻度を増やすことを検討し、もし肌トラブルが起きたら皮膚科などで相談しましょう。

特に、照射が強すぎるとやけどや肌トラブルに繋がるため、頻度と併せて注意するべきです。

安全に脱毛するためにも、照射の頻度や強さは厳守してください。

照射レベルは徐々に上げる

走る女性

VIOはデリケートな部位であるため、まずは最も弱い強さで照射しましょう。

照射後の様子を見ながら徐々に強さを上げることで、安全に脱毛効果を高めることができます。

なお、脱毛の際に発生する痛みは、照射した際に毛根へ加わる熱が原因です。

特に、初回に脱毛するタイミングは毛根がしっかりしているため、強い痛みを感じることもあります。

弱い照射を続けることで毛根が弱り、また痛みに慣れることもできるため、感じる痛みも弱くなるのが一般的です。

セルフシェービングを行う

シェービング

毛器で脱毛を行う前には、自身でセルフシェービングをしましょう。

セルフシェービングの際には、前日までに剃刀などを使うのがポイントです。

脱毛器は、光を毛根に当てて、黒色のメラニン色素に反応することで脱毛効果を得られます。

つまり、毛抜きなどを使って毛根から抜いてしまうと、脱毛の効果が得られなくなってしまいます。

照射後は部位を冷却・保湿する

水と女性

照射後は肌がほてっている状態なので、脱毛した部位を保冷剤などで冷却しましょう。

冷却機能が搭載されている脱毛器であれば、保冷剤などを用意する必要がないため、非常に便利です。

また、脱毛後は肌がダメージを受けているため、保護するためにも入念に保湿することも大切です。

VIOは効果を実感するまでに時間がかかる

時計とコップ

VIOの毛は太くて濃いため、脱毛効果を感じるまでに時間がかかりやすい点は知っておきましょう。

腕や足などの部位と比べると、VIOはどうしても脱毛効果を感じられるまでに時間がかかってしまいます。

そのため、なかなか効果を実感できなくても、根気強く脱毛器を使い続けることが大切です。

脱毛器によるVIO脱毛に関するよくある質問

女性と美容

続いて、脱毛器によるVIO脱毛に関するよくある質問を紹介していきます。

多くの人が感じている疑問なので、参考になる部分も多くあるはずです。

VIO脱毛の効果を実感できる期間の目安は?

個人差はあるものの、脱毛処理を行ってから10日~14日程度で、毛が徐々に抜け落ちるようになります。

また、先述したように、VIOは脱毛の効果を実感できるまでの期間が他の部位よりも長いです。

そのため、なかなか効果を実感できなくても、根気強く使い続けましょう。

痛みはある?

脱毛器によって程度の差はありますが、多少なりとも痛みが伴うでしょう。

痛みの感じ方は個人差があるため、「全く痛みを感じなかった」「それなりに痛かった」という口コミが見られます。

そのため、「痛みはゼロではない」という点は押さえておくといいでしょう。

男性でもできる?

説明書などに特段記載がない限り、男性でも問題なく利用できます。

実際に、最近では「メンズ使用OK」「ヒゲ対応」という文言が載っている脱毛器も増えています。

ほくろがあるときはどうする?

ほくろがある部位に対して照射することは避ける必要があるため、ほくろにポイント用のシールを貼りましょう。

照射などの強い刺激をほくろに与えるとやけどに繋がるため、しっかりと保護してください。

永久脱毛はできる?

家庭用脱毛器では、永久脱毛はできません。

永久脱毛を希望している場合は、レーザー脱毛を取り扱う医療クリニックや美容クリニックを利用しましょう。

「家庭用脱毛器は効果が無い」って聞くけど、本当?

「家庭用脱毛器は効果が無い」というのは誤りです。

使い始めた当初は効果を感じられなくても、適切な方法で根気強く使い続ければ家庭用脱毛器でも十分な効果を得られます。

何度も照射を繰り返す内に、徐々に毛が薄くなるため、じっくりと取り組みましょう。

使用する脱毛器や体質などで個人差があるため、すぐに効果が得られなくても焦る必要はありません。

毎日使っても大丈夫?

脱毛器を毎日使用すると、肌トラブルのリスクが高まるのでおすすめできません。

なお、毛には「毛周期」があり、脱毛器の光が反応するのは「成長期」の毛だけです。

つまり、毎日使っても脱毛効果が高まるわけではないため、控えた方が良いでしょう。

美容整形や美容サロンと家庭用脱毛器の違いは?

家庭用脱毛とクリニック脱毛の大きな違いは、「永久脱毛の可否」です。

先述したように、家庭用脱毛器では永久脱毛ができませんが、クリニックであれば可能です。

VIO脱毛器のまとめ

lady

VIOに対応しているおすすめの家庭用脱毛器や、選ぶ際のポイントなどを解説してきました。

脱毛器の種類は非常に多いため、自身の毛質や体質に合っているものを選ぶことが大切です。

説明書の内容を理解したうえで使用するのはもちろんですが、注意点も踏まえることで安全に脱毛効果を得られるでしょう。

VIO脱毛に興味がある人は、本記事を参考にしながら自身にぴったりの家庭用脱毛器を選んでください。