学生がお金を借りる5つの方法とバレずに借りられるキャッシング先を徹底解説

学生がお金を借りる

記事内に広告を含みます

学生は時間に余裕はあるものの、稼げる金額には上限があります。

しかし、生活費や交遊費がない…なんて状況でも、親に迷惑をかけられないですよね。

学生がお金を借りる方法には、親にバレずに利用できるものがいくつかあります。

本記事では、学生が金融機関から審査受けるときのポイントから手順まで解説しているのぜひ参考にしてください。

この記事で分かること
  • 銀行カードローンは学生が申し込めない金融機関が多く親バレの可能性がある
  • 18歳・19歳がお金を借りるなら学生ローンがおすすめ
  • 20歳以上の大学生がお金を借りるなら消費者金融カードローンがバレにくくおすすめ
  • バイトの収入があれば年収の3分の1までお金を借りることができる
  • 短期間で返済できるなら無利息期間キャンペーン実施の消費者金融カードローンがおすすめ
  • アイフルは30日間の無利息期間があり審査通過率も高く最短20分で融資してくれます

\ 最短18分でお金を借りられる! /

※申込状況によっては希望に添いかねます。

本記事では親の同意なしで学生でも内緒でお金を借りることができる方法について詳しくご紹介します。

目次 閉じる


プロフィール背景画像
プロフィール画像

マネーグロース – カードローン部門

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、貸金業務取扱主任者を取得。メガバンクにて勤務後、金融情報について自身の経験や取材・電話調査から情報を執筆するWebライターとして活動。

※当コンテンツはマネーグロースが定めるコンテンツ制作ポリシー並びに広告掲載ポリシーに基づいて作成されています。

学生がお金を借りる方法はなにがある?親に内緒で借りる借入先を公開

学生がお金を借りるときは、ローン会社の違いを理解しておくことが重要です。

借り入れできる会社の仕組みを理解しておくことで、目的に合った会社から融資を受けられます。

以下ではこれらの違いについて、メリット・デメリットも踏まえて解説していきます。

消費者金融カードローン

消費者金融カードローンの自動契約機
融資限度額1万円〜800万円
利率年3.0%〜年18.0%
即日融資の対応可能
親バレ基本的にしない
メリット・即日融資に対応している
・無利息期間が用意されている
・借り入れ、返済の自由度が高い
デメリット・金利が高い
・20歳未満を融資対象にしている会社が少ない

消費者金融カードローンは、「アイフル」「プロミス」などの貸金業者が提供しているサービスです。

同カードローンの利率は3.0%〜18.0%が相場です。 

金利は銀行カードローンよりも高金利になる可能性があるので気を付けましょう。

消費者金融カードローンは即日融資可能!

消費者金融カードローンは、最短即日融資を受けることができ、審査・融資まで申込当日に完了することができます。

また、消費者金融は、原則として電話連絡による在籍確認がないカードローンが多いです。

そのため、家族や知り合いにもバレずに借り入れすることもできます。

さらに取り引きする会社によっては、無利息期間を設けているケースもあります。

例えば、アイフルでは「30日間無利息」などのサービスも提供しているのです。

20歳未満は融資対象でない可能性が高い

消費者金融カードローンは、20歳未満を融資対象外にしている可能性があります。

また、融資対象でも親への確認が必要なケースもあるため、注意が必要です。

したがって消費者金融カードローンは、20歳以上の学生に利用をおすすめします。

学生ローン

融資限度額1万円〜80万円
利率12.0%〜17.0%
即日融資の対応可能
親バレ基本的にしない
メリット・消費者金融よりも低金利
・20歳未満でも融資を受けられる
・一度契約したら卒業後も融資を受けられる
デメリット・店舗が少ない
・借り入れや返済の自由度は低い
・規模が小さく取り引きに不安を感じる可能性

学生ローンは大学生・専門学生・短大生などを対象としたローン会社です。

大学生が集う高田馬場を拠点としている会社が多くあります。

 カードローンの融資限度額は最大80万円と他社と比較して低額になりますが、学生が利用するのであれば問題ありません。

なぜなら「総量規制」によって、借り入れできるのは年収の1/3までと決まっているからです。

学生ローンは低利率で借り入れできる

学生ローンの利率は12.0%〜17.0%程度です。

消費者金融カードローンより低利率で借りられる可能性があります。

また、20歳未満の学生でも融資を受けられる可能性が高いです。

親への連絡なしで借りられる業者もあるため、20歳未満で借り入れを希望している方は学生ローンの利用をおすすめします。

学生ローンは店舗が少ない

基本的に学生ローンの店舗は高田馬場にしかありません。

来店での融資を希望している方は都内近郊の在住に限られるため、注意が必要です。

また同ローンの借り入れ・返済の自由度は、消費者金融よりも限定されます。

具体的には提携しているATMが少なかったり、融資を受けるときは電話が必要だったりするのです。

そのため、取り引きに手間を感じる可能性があるため、借り入れ方法や返済方法を事前に確認することをおすすめします。

銀行カードローン

融資限度額10万円〜1,000万円程度
利率1.5%〜15.0%程度
即日融資の対応不可
親バレ可能性大
メリット・他のカードローンよりも低金利で借りられる
・大手金融機関から借りれば安心感がある
デメリット・審査が厳しい
・即日融資は基本的に不可
・学生が借りるなら親への在籍確認は必須

銀行カードローンは、地方銀行やメガバンクが提供しているカードローンのことです。

銀行カードローンは審査に通ると、10万円から1,000万円程度の借り入れができます。

審査が厳しい分低金利

一般的に、銀行カードローンは、消費者金融カードローンや学生ローンなどと比較して低金利で借りられるカードローンです。

しかし、金利を抑えて借り入れできる分審査は厳しい傾向にあります。

審査は数営業日かかり、融資までには数週間程度必要なときがあるため、今すぐお金が必要な学生には合わないといえるでしょう。

また、銀行カードローンは利用限度額が10万円から設定されている金融機関が多いこともあり、少額融資を借りたい学生には向いていません。

ただ、聞き慣れた会社のサービスであるため、他社で借り入れするよりも安心感をもって利用することができます。

学生は銀行カードローンを利用できない可能性が高い

そもそも銀行カードローンは、 学生を融資対象外にしている会社が多くなっています。

また、融資を受けるときも親への確認が必要なケースがほとんどです。

そのため「明日の飲み会で必要」「親にはバレずに借り入れしたい」という学生にはおすすめできません。

クレジットカードのキャッシング

融資限度額1万円〜30万円
利率7.8%〜18.0%
即日融資の対応不可
親バレ可能性あり
メリット・手持ちのクレジットカードで借り入れできる
・全国のATMから借り入れできる
デメリット・20歳未満はほとんど対応していない
・新規会員登録から借り入れまでは数週間かかる
・他のカードローンよりも高金利になる可能性がある

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードに付帯している借り入れ機能を利用することです。

ショッピングの上限金額とは別に設けられているキャッシング上限の範囲内で融資を受けられます。

クレジットカードのキャッシング枠は、個人の信用状況によって異なります。

同じ学生でも10万円だったり、30万円だったりするのです。

手持ちのカードで融資を受けられる

すでにキャッシング機能付きのクレジットカードを持っている方は、手持ちのカードで融資を受けられる可能性があります。

また、全国のコンビニATMからお金を借りることができる利便性も大きなメリットです。

しかし、20歳未満の借り入れには対応していないことがほとんどです。

さらに新規会員登録をしてから融資を受けるまでに数週間かかる可能性があることから、急な出費を乗り切りたい学生が利用するメリットは少ないです。

基本的に利率は高く設定される

クレジットカードのキャッシングを利用するとき、利率は上限の18.0%で設定されることがほとんどです。

学生の収入や信用度から高利率になってしまいます。

また、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となるので、年収の3分の1を超えた借り入れは貸金業法に抵触します。

ショッピング枠の場合は、総量規制の対象外であるため、収入が少なくても借り入れを制限されることはありません。

クレジットカードのキャッシングは新規で契約する場合、借り入れまでに時間がかかり、融資を受けても高金利です。

今すぐにでもお金が必要な方は即日キャッシングできる選択肢を検討しましょう。

奨学金制度

即日融資の対応不可
親バレ可能性大
メリット・学費を低利率で借り入れできる
・一括または毎月定額で学費を用意できる
・返済は卒業後でよい
デメリット・親の収入などを把握する必要がある
・申請時期が限られている
・返済は長期間かかる
・即日融資は不可能

奨学金制度とは、大学や専門学校・短大の学費をまかなうために設けられた制度のことです。

 学校や地方公共団体・公益財団法人などがサービスを提供しています。

学費を低利率で用意できる

例えば独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)では、年利3%を上限に借り入れできます。

このように他のサービスと比較して低金利で借り入れできるのです。

また学生本人が借りる奨学金の返済は、卒業後就職してからになることがほとんどです。

そのため、借り入れするときは返済のシミュレーションをした上で、無理のない金額に設定することをおすすめします。

なお、奨学金を申請するには、親の年収が条件の範囲内か確認する必要があります。

基本的に数百万円単位の借り入れになる

奨学金は卒業後長期間の返済が必要だったり、即日融資はほぼ不可能だったりします。

「今すぐお金が必要」「遊びやちょっとした旅行のお金が足りない」という方が利用する制度ではないことを理解しておきましょう。

奨学金制度を利用するときは、親と相談してから申し込みましょう。

これはアルバイトなど学生の収入ではなく、親の年収や本人の学習意欲・学力などが審査対象になっているからです。

また、令和2年4月から中学生・高校生・大学生・保護者の方は、「高等教育の修学支援新制度」を利用することもできます。

国の高等教育の修学支援新制度を利用すると、以下の2つの支援を受けることできます。

国の高等教育の修学支援制度の支援
  • 授業料や入学金の免除もしくは減額
  • 給付型の奨学金を支給

支援の対象者は、保護者の世帯収入が要件を満たしているなどの条件がありますが、進学資金シミュレーターで確認することができます。

親にバレずにお金を借りたい方は、審査なしでお金を借りることができる方法を検討しましょう。

学生が最短即日にお金を借りることができるおすすめの消費者金融カードローン

大手消費者金融の看板

消費者金融カードローンは、最短即日で借り入れできる便利なローン会社です。

借り入れする会社によっては在籍確認で親バレする心配もないため、安心して借り入れできます。

おすすめの消費者金融カードローン

以下ではこれらの消費者金融カードローンについて、具体的に比較・解説していきます。

アイフルは最短20分から融資を受けられて30日間の無利息期間で節約できる

アイフルの店舗

アイフルは、30日間利息0円で借り入れできることが特徴の消費者金融カードローンです。

キャッシングローンをはじめて利用する方は、利息0円のキャンペーンが適用されます。

また同店は、最短20分で融資を受けられることも特徴的です。

「これから飲み会で必要だから急いで借り入れしたい」「旅行で必要だから来月の給料を待てない」という方でも安心感をもって利用できます。

Q. 申込みの時に、自宅や勤務先(在籍確認)へ確認の電話がかかってくるのですか?

お申込みの際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。
在籍確認が必要な場合でも、お客様の同意をいただかない限り実施いたしません。

実際、99.7%のお客様には、 電話での在籍確認を実施しておりません※。

出典:アイフル公式「よくあるご質問」

アイフルは在籍確認で自宅やアルバイト先に電話することがないので、家族や職場にバレずに借り入れすることもできます。

さらにWeb申し込みに対応していることも特徴の一つです。

申し込みから借り入れまですべてWeb上で完結するため、契約まで誰かに気づかれることなく借り入れできるでしょう。

アイフルは、コンビニATMでお金を借りることができます。

 全国7万台のATMから手続きできるため、旅先でも気軽に融資を受けられるのです。

審査時間最短18分※申込状況によってはご希望に添いかねます。
融資時間最短18分※申込状況によってはご希望に添いかねます。
金利年3.0%〜年18.0%
無利息期間最大30日間(初回限定)
限度額1万円〜800万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・20歳以上69歳以下の方
・安定した収入がある方

\ 最短18分でお金を借りられる! /

※申込状況によっては希望に添いかねます

プロミスは年4.5%~年17.8%と消費者金融カードローンのなかでも金利が抑えられる

プロミスの店舗

プロミスは18歳から借り入れできることが特徴的な消費者金融カードローンです。

20歳を超えていなくても、安定した収入があれば申し込みできるため、18歳・19歳も学生ローンを利用せずに済みます。

利息は利用した日数のみかかる!

プロミスで借り入れしたとき、かかる利息は利用した日数のみです。

無駄な利息を取られる心配がないため、短期間の借り入れにも向いています。

また、同店は最短20分で審査可能です。 その日のうちにお金を借りたい人も安心して利用できるでしょう。

さらにプロミスは、最大金利17.8%と他社よりも低金利で借り入れできることも大きな魅力です。

少額の借り入れを希望している学生は、最大金利が他社より低いプロミスを利用するとよいでしょう。

フリーコールでの申し込みは時間に注意

フリーコールで申し込むとき、受付時間は9時から21時までです(土曜・日曜・祝日対応)。

受付時間に注意して申し込んでみてください。

審査時間最短3分
融資時間最短3分
金利年4.5%〜年17.8%
無利息期間最大30日間(初回限定)
限度額1万円〜500万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・18歳以上74歳以下(高校生を除く)
・安定した収入と返済能力がある方

\ 最短3分で借入可能! /

アコムはクレジットカードの発行にも対応している

アコムの実店舗

アコム「3秒診断」が特徴的な消費者金融カードローンです。

また同店では、はじめて消費者金融カードローンを利用する方は、30日間無利息で利用できることも魅力的です。

他の消費者金融カードローンでも同様のサービス行っている会社があるため、アプリやその他サービスの充実度も加味しながら判断してみてください。

アコムは「20歳以上の方」「安定した収入と返済能力を有する方」「アコムの基準を満たす方」を対象に融資を行なっています。

さらにアコムでは、クレジットカード(ACマスターカード)の発行にも対応しています。

年会費無料でGoogle Payなどのスマートフォン決済にも対応しているため、カードローンとあわせて利用してみてください。

審査時間最短20分※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資時間最短20分※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
金利年3.0%〜年18.0%
無利息期間最大30日間(初回限定)
限度額1万円〜800万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・20歳以上(10代申込不可)
・安定した収入と返済能力がある方
・アコムが定める基準を満たす方

  30日間無利息で借り入れ可能!

SMBCモビットはWEB完結申込で郵送物や自宅への電話連絡がなくなる

SMBCモビットの申し込み画面

SMBCモビットは、申し込みから利用まで電話連絡がない「WEB完結」が特徴的な消費者金融カードローンです。

スマートフォンやパソコンを持っている学生であれば、電話や郵送物が届くことなく契約できます。

Web申し込みには条件あり

Web申し込みを利用するには、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行いずれかの口座が必要です。

さらに、保険証も必要なため、あらかじめ用意しておきましょう。

また同店は、Tポイントを貯めたり利用したりできる「Tカードプラス」の発行も可能です。

カードローンだけでなくクレジットカードやポイントカードとしても利用したい方は、申し込むことをおすすめします。

さらに、SMBCモビットの提携ATMは全国約12万台です。

大手金融機関グループ会社のネットワークを活かして、多くのATMで取り引きできるようになっています。

三井住友銀行ATMなら手数料無料

SMBCモビットは三井住友銀行を利用すると、手数料無料で取り引きできます。

できる限りお得に利用したい方は、近くの三井住友銀行で取り引きしましょう。

審査時間最短30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
融資時間最短即日
金利年3.0%〜年18.0%
無利息期間なし
限度額1万円〜800万円
勤務先へ電話連絡WEB完結申込で原則なし
郵送物WEB完結申込で原則なし
WEB完結可能
申込条件・20歳以上74歳以下の方
・安定した収入がある方

WEB完結申込で電話連絡・郵送物なし

レイクは無利息になる期間を3種類から選べる

レイク公式サイトの申し込み画面

レイクは、無利息期間を選べることが特徴的な消費者金融カードローンです。

具体的に60日間利息0円・180日間利息0円(5万円まで)・30日間利息0円から選べます。

無利息期間は条件を確認しよう

60日間利息0円は、Web申し込み限定です。

180日間利息0円は、5万円までの借入金額に対して適用されます。

また、無利息期間が他社より長いことも大きな魅力の一つです。

無利息期間は10万円を借りる際にも、期間内に返済することで利息が一切かからない便利なサービスです。

他社では、30日以上の無利息期間を用意している消費者金融カードローンはほとんどありません。

そのため「借入金額が大きくて、30日では返せなさそう」「時間をかけてゆっくり返したい」という方でも安心して利用できます。

さらに公式アプリ「e-アルサ」を利用すれば、カードレス取り引きも可能です。

郵送物や財布の中身で気づかれる心配がないため、学生でも気軽に利用できるでしょう。

審査時間最短15秒
融資時間WEB申込で最短25分融資
金利年4.5%〜年18.0%
無利息期間・最大30日間
・最大60日間(WEB申込限定)
・最大180日間(借入金額5万円まで)
限度額1万円〜500万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上70歳以下の方
・安定した収入がある方

ダイレクトワン

ダイレクトワン公式サイトの申し込み画面

ダイレクトワンは、55日間の無利息期間が特徴的な消費者金融カードローンです。

プロミスやアコムなどと比較して長期間の無利息期間を確保できるため、30日以上無利息で利用したい方におすすめできます。

また同店は、10万円以内の借り入れであれば、返済額を4,000円から設定できます。

「できるだけ翌月以降負担にならないように借り入れしたい」という方は、ダイレクトワンで融資を受けるとよいでしょう。

契約方法によっては郵送物が届く!

ダイレクトワンは、インターネットまたは郵送で申し込みを行うと、会員規約やカードなどが郵送されます。

郵送物が気になる方は、店頭窓口で契約しましょう。

なお、スルガ銀行の口座を持っている方は、取り引き手数料無料で利用できます。

ダイレクトワンを利用する方はスルガ銀行の口座も開設し、お得に取り引きしましょう。

審査時間最短30分
融資時間最短30分
金利年4.9%~年18.0%
無利息期間最大55日間
限度額1万円~300万円
勤務先へ電話連絡自宅および勤務先に連絡が入る可能性あり
郵送物店頭契約のみ郵送物なし
WEB完結可能
申込条件・20歳から69歳までの方
・安定した収入がある方

18歳や19歳がお金を借りるなら学生ローン

18歳や19歳がお金を借りるなら、学生ローンをおすすめします。 なぜなら、未成年でもお金を借りられる会社が多いからです。

以下では学生ローンの金利や借り入れ限度額ついて、具体的に解説します。

カレッヂ

学生ローンのカレッジ

カレッヂは高田馬場に店舗を構える、創業45年の歴史をもつ学生ローンです。

「学生ローンは知名度も低くて心配」という方でも気軽に借り入れできます。

また、同店は契約後、電話一本で振込融資が可能です。

急遽現金が必要になってしまった方や、給料日前どうしてもお金が必要な人におすすめできます。

特徴

カレッヂは14時20分までに手続きが完了すれば、当日中に借り入れできます。

急いでいる方は、時間内に申し込みましょう。

さらに、カレッヂは「カレッヂカード」を発行すると、セブン銀行ATMを手数料無料で利用できます。

カードは無料で作成できるため、契約時に発行してもらいましょう。

18歳・19歳は10万円まで

カレッヂは18歳・19歳の学生も借入可能です。

ただし収入証明書の持参が必要で、借入金額は10万円までになります。

審査に不安がある方は、収入証明書の提出が不要なカードローンへ申し込みましょう。

申込条件・日本国籍の方
・高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方
・安定した収入のある方
親権者の同意・保証人なし
在籍確認の電話なし
郵送物・来店融資の場合は「なし」
・初回が振込融資の場合は「あり」
融資速度申込手続きが14時20分までに終了すれば即日融資も可能。
無利息期間なし
実質年率年17.0%
借入限度額最高50万円
※18歳・19歳は最高10万円まで。
必要書類・学生証
・保険証か免許証(18歳、19歳は保険証必須)
・キャッシュカード
・公共料金の領収書(来店の場合は不要)
・収入証明書(18歳、19歳の方)
【収入証明書として利用できるもの】
1.給料明細
2.Web明細のスクショ画像
3.メールによる給料明細
4.通帳記帳したもの(会社名など明記)
返済方法店頭
ATM(提携先ATM含む)
現金書留
口座振替

アミーゴ

学生ローンのアミーゴ

アミーゴは、初回の利率をわかっていることが特徴の学生カードローンです。

公式サイトによると、収入証明書を提出すれば16.20%、ないときは16.80%で借り入れできます。

また、同店は融資が決定したら最短10分で指定の銀行口座に送金可能です。

ただし審査にかかる時間は明記されていないため、当日の送金を希望している方は日中早い時間の連絡をおすすめします。

収入証明書の有無で利率が変わる!

アミーゴで借り入れするとき、収入証明書を持参すると16.20%、持参しないと16.80%の融資になります。

このように収入証明書の有無で金利が変動するため、お得に借りたい方は事前に用意しておきましょう。

さらに同店は、公式サイトでクイック診断を受けられることも魅力の一つです。

「自分が借りられるか心配」という方は、一度診断を受けてみるとよいでしょう。

18歳・19歳の借り入れは対象外

アミーゴは20歳未満の借り入れには対応していません。

あらかじめ理解しておきましょう。

申込条件安定した収入のある20歳~29歳までの大学、大学院、短大、専門学校生の方
親権者の同意・保証人不要
在籍確認の電話なし
郵送物なし
融資速度(融資決定後)最短10分
無利息期間なし
実質年率年14.40%~年16.80%
※学費目的ローンは年15.60%で融資
借入限度額最大50万円
必要書類【本人確認書類】
・学生書
・運転免許証
・健康保険証
・キャッシュカード
※収入証明書の提出の有無によって適用される年利が変動。
・収入証明書ありの場合は「16.20%」
・収入証明書ありの場合は「16.80%」
返済方法銀行振込

マルイ

学生ローンのマルイ

マルイ高額の借り入れにも対応していることが特徴的な学生ローンです。

50万円以上の取り扱いがある学生ローン会社は少ないため、高額の借り入れを希望している方におすすめといえます。

借入可能金額は年収の1/3まで

総量規制により、借り入れできる金額は年収の1/3までと決まっています。

また、同店は平均30分で審査可能な点も魅力の一つです。

「当日中にお金を借りたい」という方でも安心して利用できるでしょう。

当日中の融資を希望している方は早めの対応を

マルイでは16時30分までの契約で当日融資が可能です。

店舗来店であれば17時まで対応しています。

さらに公式サイトによると提出できる書類が多かったり、他に借り入れがなかったりするとよい条件で利用できる可能性があります。

できる限り低金利で借りたい方は、公式サイトを参考に必要書類を確認してみてください。

申込条件・日本全国の高校、高専、大学、大学院、短大、専門学校等に在学中の学生の方
・マルイ会員(社会人可)
親権者の同意・保証人不要
在籍確認の電話なし
郵送物なし
融資速度16:30までの契約完了で即日融資も可能
※店舗来店の場合は17:00まで
無利息期間なし
実質年率年12.0%~年17.0%
借入限度額1~100万円
必要書類【本人確認書類】
・学生証
・運転免許証
・保険証
※原則、収入証明書は不要ですが、以下の場合は必要となります。
・19歳以下
・当社で50万円を超える借り入れ
・他社を含めた借入総額が100万円を超える場合
返済方法店舗に持参
振り込み

フレンド田(デン)

学生ローンのフレンド田

フレンド田(デン)は、40年以上の創業実績が特徴の学生ローンです。

消費者金融カードローンと比較して歴史の浅さに不安を感じる方でも、気軽に利用できます。

また、同店ではキャンペーンや特典も随時配布していることも特徴的です。

過去には新規申し込みでギフト券がもらえたり、友達紹介で低金利になる特典がもらえたりしたため、契約前に実施の有無を確認してみてください。

土曜・日曜・祝日の対応に注意

フレンド田(デン)は、土曜は10時から15時まで、日曜・祝日は休業しています。

借り入れの予定に注意しましょう。

さらにフレンド田(デン)は、20歳未満の借り入れにも対応しています。

大学進学したばかりで貯金がない方や、シフトになかなか入れない方も借り入れできるのです。

20歳未満は収入証明書が必要

フレンド田(デン)で20歳未満が借り入れするときは、契約時に収入証明書の提出が必要です。

そのため事前に用意しておくことをおすすめします。

申込条件・大学、短期大学、大学院、各種専門学校、予備校に通われている学生の方
・安定した収入のある方
親権者の同意・保証人不要
在籍確認の電話なし
郵送物あり
融資速度非公開
無利息期間なし
実質年率年12.0%~年17.0%
借入限度額最大50万円
必要書類【本人確認書類】
・学生証
・運転免許証
・健康保険証
※18歳と19歳の場合は収入証明書が必須。
返済方法銀行振込
店頭窓口
郵便書留

イーキャンパス

学生ローンのイー・キャンパス

イー・キャンパスは、目的別ローンも用意していることが特徴の学生ローンです。

「学費目的ローン」「短期海外渡航応援ローン」など、用途別に分かれたローンも用意しています。

目的別ローンは通常よりも低金利!

学費目的ローンと短期海外渡航応援ローンは15.5%で借入可能です。通常よりも低金利で借り入れできます。

また、同店では公式サイトでクイック診断を受けられることも魅力の一つです。

「審査が通るか不安」という方は、事前にクイック診断を受けてから申し込むことをおすすめします。

さらにイー・キャンパスは、友達紹介キャンペーンも実施中です(2022年10月時点)。

紹介した友達が会員になると現金2,000円〜5,000円を受け取れます。

友人が学生ローンを探している方は、紹介してみてください。

20歳未満は申込不可

イー・キャンパスは、20歳未満の申し込みに対応していません。

18歳・19歳の学生は他社を検討しましょう。

申込条件20歳~29歳までの学生の方(学生時代に会員になったことがある社会人の方も利用可能)
親権者の同意・保証人不要
在籍確認の電話なし
郵送物なし
融資速度最短30分(来店の場合)
無利息期間なし
実質年率年14.5%~16.5%
借入限度額最大80万円
※学生は最大50万円
必要書類【本人確認書類】
・学生証
・運転免許証
・健康保険証
・銀行のキャッシュカード
【審査によって必要となる書類】
・給与明細書
・学費や海外渡航の請求書
返済方法・来店
・振り込み

銀行カードローンが学生に不向きな3つの理由

銀行カードローンは学生では利用しにくい可能性があります。

なぜなら、他のカードローン会社と比べて審査が厳しかったり、親への在籍確認が必要だったりするからです。

また、銀行カードローンは利用限度額により10万円からの貸し付けに対応している金融機関がほとんどです。

1万円を借りたい…」という方は、少額の融資に対応している金融機関を検討する価値があります。

以下では、銀行カードローンが学生に不向きな3つの理由について具体的に解説します。

銀行カードローンを利用しようと検討していた学生は、本項を確認してみてください。

審査基準が厳しい

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査基準が厳しいです。

なぜなら、他の融資先よりも低金利で借り入れできるからです。

金利の低さに応じて審査基準も厳しくなる

一般的に銀行カードローンは、消費者金融カードローンや学生ローンよりも低金利で借り入れできます。

そのため審査は厳しく、学生では借り入れできない可能性が高いのです。

例えば、消費者金融カードローンは、上限金利18.0%程度で融資している会社が多くみられます。

しかし、銀行カードローンでは15%以下が一般的な利率です。

このように、上限金利を低く設定しているため、審査も厳しくなっているのです。

即日融資ができない

銀行カードローンは即日融資に対応していないため、学生におすすめできません。

 即日融資ができるカードローンであれば、申し込み当日にお金を用意することもできます。

例えば「今日の飲み会で現金が必要」「旅行に行きたいけど給料日前でお金がない」「服の抽選に当たったけど現金がない」などのケースが考えられます。

銀行での融資は数日から数週間程度かかる

銀行カードローンは審査に数営業日、融資までに数週間程度必要なケースがほとんどです。

したがって銀行カードローンでは即日融資できないため、おすすめできません。

親への在籍確認は必須

万一学生が銀行カードローンを利用するとき、ほとんどのケースで親への在籍確認が必要になります。

そのため、「お金がない…」というときに、銀行カードローンを利用すると、家族に利用がバレてしまします。

銀行カードローンの在籍確認は避けられない

銀行カードローン各社の公式サイトには「在籍確認を行うときがある」という旨の注意書きが書かれています。

会社によっては「連絡が取れなかったらお断りする」という内容が記載されていることもあるため、基本的には在籍確認が必要といえるのです。

家族に借り入れがバレたくない方は、WEB完結申込で郵送物や電話連絡による在籍確認がないSMBCモビットを検討しましょう。

学生がお金を借りるときにやるべき4つのこと

学生がお金を借りるときは、あらかじめ準備をしておくことで借り入れが有利になるケースもあります。

そのため、現在借り入れを検討している学生は、これから紹介する4つのことを確認しておきましょう。

また、ローン各社の一般的な審査基準は、以下の通りです。

学生ローンの審査基準
  1. 年収
  2. 働き方
  3. 利用目的
  4. 信用情報
  5. 現在の借り入れ

これから紹介する項目に加えて、審査基準も押さえておくことをおすすめします。

必要書類を先に用意しておく

学生は借り入れを申し込むときは、必要書類を先に用意しておくことをおすすめします。

なぜなら、急いでいるときでもスムーズに取り引きできるからです。

用意する必要書類
  • 運転免許証
  • 振込先のキャッシュカード
  • マイナンバー個人番号カード
  • 収入証明書(給料明細や源泉徴収票など)

審査は必ず本人確認書類が必要です。

インターネット申し込みのときは画像をアップロードし、郵送で申し込むときはコピーを用意しておくとよいでしょう。

収入証明書はあると便利

収入証明書は金額やカードローン会社によって必要性は異なりますが、持っていると自分の収入を証明でき、審査が有利になるときもあります。

収入証明書をあらかじめ用意しておくことで、印象が良くなる可能性も考えられます。

スムーズに融資を受けたい方は、事前に用意しておきましょう。

クレジットカードは使いすぎない

学生が借り入れを申し込むときは、金欠を乗り切る方法だったとしてもクレジットカードを使いすぎないようにすることをおすすめします。

なぜなら、クレジットカードの利用は、信用情報として履歴に記録されるからです。

クレジットカードを使い過ぎると審査に関わる

カードローンを申し込むときは、過去の延滞や現在の利用状況など信用情報を確認されます。

そのためクレジットカードの使い過ぎにより返済を延滞や遅延などの記録があると、返済能力がないと判断されてしまうのです。

お金の使い方が慢性的に荒かったり、管理がずさんだったりする方は審査で落とされてしまう可能性があります。

クレジットカードの使い方でも判断される可能性があるため、注意して利用しましょう。

アルバイトのシフトは多めに入れておく

学生が借り入れをするときは、アルバイトのシフトを多めに入れておくことをおすすめします。

なぜならカードローン会社から「返済できる能力がある」と判断してもらうためです。

カードローン会社は返済能力の有無を確認する

借入条件に「安定した収入を有している方」とあるように、カードローン会社は返済能力の有無を確認しています。

特に学生は収入源がアルバイトしかないため、シフトを多めに入れて返済していく意思があることをアピールする必要があるのです。

借り入れするときは聞かれた以上のことを答えない

借り入れするときは、聞かれた以上の内容は答えないことをおすすめします。

なぜなら返済できる能力がないと判断されたり、借り入れできない用途だと断られたりしてしまうからです。

資金用途は「生計費」と答えるのがベター

融資を申し込むとき、オペレーターやフォームで資金用途を聞かれることがあります。

このときは生計費と答えるようにしましょう。

生計費と回答していれば、審査に大きな影響を与えることはありません。

しかし、遊興費やクレジットカードや奨学金の返済と答えてしまうと、審査に通る可能性は低くなってしまうのです。

そのため、借り入れするときは聞かれた以上の内容は答えないことをおすすめします。

学生がお金を借りるときの手順を3ステップで解説

学生がお金を借りるときは「サークルの飲み会で今すぐ必要」「旅行で必要だから、すぐに現金が欲しい」ということも多いですよね。

欲しい日までにミスなく用意できるよう、お金を借りるときのステップを確認しましょう。

以下では、学生がお金を借りるときの3ステップを具体的に解説します。

1.どの形でお金を借りたいのか明確にする

まずは自分がどの形でお金を借りたいのか、意思を明確にしましょう。 用途によって選ぶべき業者は異なるからです。

例えば学費に関するお金か、サークルの飲み会代や友達との旅行に関するお金か、これらの目的でも選ぶべき業者は異なります。

具体的に確認する項目は、以下のリストを参考にしてみてください。

借り入れ前に確認する項目
  • いつまでに借りたいか
  • 何の目的で借りたいのか
  • 返済までにどれくらいの期間がかかるか

2.目的に合った業者を選ぶ

お金を借りる目的が明確化したら、業者を選びましょう。

基本的に18歳・19歳は「学生ローン」、20歳以上は「消費者金融カードローン」の利用をおすすめします。

なぜ20歳未満は学生ローン、それ以上は消費者金融カードローンなのか?

20歳未満で消費者金融ローンを利用するとき、親への確認が必要だったり、そもそも融資対象年齢ではなかったりするからです。

また、選ぶローン会社によって「無利息期間」を設けているケースもあります。

「短期間で返済できる見込みがある」「なるべくお得に借り入れしたい」という方は、無利息期間の有無も確認してみてください。

3.実際に申し込む

借り入れる業者が決まったら、実際に申し込みましょう。

申し込みには本人確認書類をはじめとする複数の提出物があるため、事前の用意をおすすめします。

用意する必要書類
  • 運転免許証
  • 振込先のキャッシュカード
  • マイナンバー個人番号カード
  • 収入証明書(給料明細や源泉徴収票など)

特に「当日中に借りたい」という方は、提出書類に不備があるとその日のうちに借り入れできない可能性があります。

スムーズに取り引きするためにも、事前に用意しておくべきといえるでしょう。

お金を借りるときの5つの審査基準を解説

前述したように、お金を借りるときの審査基準はある程度決まっています。

そのため、お金を借りる前に審査基準を満たしているか、確認することが大切です。

以下ではお金を借りるときの審査基準について、具体的に解説します。

年収

年収は希望額を返済する能力があるか測る指標になります。 また、総量規制の範囲内か確認しているのです。

借り入れできる金額は決まっている

借り入れは「総量規制」によって年収の1/3までと決められています。

例えば年間60万円稼いでいる方は20万円まで、年間90万円稼いでいる方は30万円までが一般的な基準です。

融資を申し込むときは、総量規制の範囲内か確認してみてください。

働き方

学生がお金を借りるときは、働き方も重要な指標になります。 

安定した収入があるか、今後返済できる能力があるか確認するためです。

アルバイト先はすべて伝える

アルバイトを掛け持ちしている方やUberや派遣などで働いている方も、すべての収入源を伝えるようにしましょう。

働き方に優劣はなく、年収との兼ね合いで返済できる能力があるか判断します。

信用を得るためにも、収入証明書とともに伝えてみましょう。

利用目的

学生がお金を借りるときは、利用目的を確認されるケースがあります。 

融資したお金がどのように使われるのかを確認するためです。

使い道は生計費と答えるのがベター

生活に必要な用途で利用するなら問題ありませんが、心配な方は生計費と答えることをおすすめします。

詳細な使い道を聞かれたら「旅行代」「家賃代」など答えましょう。

例えばギャンブルや他のローンの返済で借りるなどの目的だと、審査落ちしてしまう可能性があります。

学生生活に欠かせない目的で借りるということを誠実に伝えましょう。

信用情報

信用情報とはこれまでの審査申込履歴や返済・延滞などのデータが個人ごとにまとめられているものです。

学生がお金を借りるときは、ローンを組む会社が信用情報を確認して受け入れ可否を判断します。

これまでの借り入れや審査を申し込んだ履歴は、上記機関にまとめられています。

個人もお金を払うことで本人開示として登録されている信用情報を確認できますが、中の情報を塗り替えることができないため、基本的には確認しなくてよいでしょう。

現在の借り入れ

学生がお金を借りるときは、現在の借り入れも審査基準になります。

具体的には他の会社で借り入れしていないか、クレジットカードの支払いは延滞していないかなどを確認しているのです。

すでにローンを組んでいると契約できない可能性も

例えば学生ローンを契約し、別で消費者金融カードローンを契約しようとすると、審査に落ちる可能性があります。

特に、学生は収入が少なく、総量規制の範囲が狭くなっています。

借り入れできる金額は限られていることを念頭に審査を受けてみてください。

バイトをしていない学生がお金を借りる方法

「バイトをしていなくてもお金を借りたい」「けれども借りられる方法があるのかわからない」このような方もいらっしゃいますよね。

結論、なんらかの形で収入を得ていない学生がお金を借りることはできません。

ただし、内定が決まっているときや特定の目的であるケースは借りられる場合があります。

以下では、バイトをしていない学生が借り入れする方法まとめていきます。

バイトをしていない学生はお金を借りられない

結論、バイトをしていない学生はお金を借りられません。

具体的な理由は以下の通りです。

バイトをしていない学生がお金を借りられない理由
  • 総量規制の基準に乗っていないから
  • 返済できる能力がないと判断されるから

一つ目の理由は、総量規制の基準に乗っていないからです。

総量規制によってお金を借りられるのは年収の1/3までと定められていますが、バイトをしていない学生はこの基準の範囲外になってしまいます。

そのため、お金を借りられないのです。

二つ目は、カードローン会社から返済できる能力がないと判断されるからです。

カードローン会社は、返済できる見込みがある人を対象に融資しています。 

バイトをしていない学生にお金を貸しても返済できる見込みがないため、そもそも貸すことを避けるのです。

バイトをしていない学生がお金を簡単に借りられるのはヤミ金の可能性がある

また、バイトをしていない学生でも簡単にお金を借りられるのは、ヤミ金の可能性があります。 

バイトをしていなくても審査がスムーズに進んでいるときは、正式な業者か確認するとよいでしょう。

正式な業者か確認する方法は2つ

正式な業者か確認するためには、公式サイトの「登録番号」や「協会員番号」を確認したり、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で確認します。

公式サイトで虚偽の番号を載せている可能性もあるため、登録貸金業者情報検索サービスを活用するとより正確に判断できますよ。

学生ローンは収入なしでも借りられる可能性がある

学生ローンであれば、収入なしでもお金を借りられる可能性があります。 具体的な条件は以下の通りです。

収入なしでもお金を借りられるケース
  • 過去に利用したことがあり、信用がある
  • 一時的に休業していて復帰の見込みがある
  • 就職先が決まっていて返済の見込みがある

すべての業者で借り入れできるわけではありませんが、一部の学生ローンでは上記の条件であれば融資してもらえる可能性があります。

必要な書類を揃え、返済できることを誠実に伝えてみてください。

運転免許取得なら運転免許ローンを活用する

運転免許取得なら運転免許ローンの活用をおすすめします。

なぜなら取り扱っている会社によっては、支払いを先延ばしできる可能性があるからです。

運転免許ローンの支払い事例

例えば自動車学校入校から数カ月支払いを延ばし、進学や就職のタイミングに合わせて支払いを開始するケースもあります。

このように運転免許ローンであれば、すぐに支払わなくてもよい形でローンを組める可能性があるのです。

運転免許ローンは信販会社や銀行、大学生協で取り扱いがあります。

気になる方は詳細を確認してみてください。

旅行に関するお金なら、トラベルローンの活用をおすすめします。

なぜなら消費者金融カードローンや学生ローンよりも、低金利で借り入れできる可能性が高いからです。

トラベルローンは旅行代理店や地方銀行で取り扱っている

トラベルローンを取り扱っている会社は「HIS」「近畿日本ツーリスト」などの旅行代理店や「千葉銀行」「沖縄銀行」などの地方銀行が取り扱っています。

金利は数%から十数%程度で借り入れできるため、消費者金融カードローンや学生ローンよりも低金利といえます。

ただし、安定した収入がある方を対象にしている会社がほとんどです。

現在アルバイトをしていない方は、今後収入が入る見込みがあることを証明しなければならないでしょう。

就職先が決まっているなら内定者ローンを活用する

就職先が決まっている方は、内定者ローンの活用をおすすめします。

なぜなら、消費者金融カードローンや学生ローンよりも低金利で借り入れできるからです。

内定者ローンはどこで利用できる?

内定者ローンは主に地方銀行やろうきんなどが採用しています。

利率数%程度で、数十万円から100万円程度の借り入れが可能です。

内定者ローンを利用すれば、就職前のスーツやカバンなどの初期投資や、卒業旅行のお金をより低金利に工面できます。

具体的な条件は取扱銀行によって異なるため、勤務先や現在居住している地域の銀行を確認してみてください。

学生ローンはやばい?お金を借りるとき8つの注意点

学生がお金を借りるとき「本当に借りていいのだろうか」「どのようなことに注意したらいいのだろう」と悩むこともありますよね。

実際お金を借りるときは、いくつかの注意点を守って融資を受けることが大切です。

以下では、お金を借りるときの8つの注意点をまとめていきます。

まずは借りずに解決できる方法はないか確認する

まずは借りずに解決できる方法はないか確認しましょう。 具体的には以下の方法が考えられます。

借りずに解決する方法の例
  • 親からの仕送り
  • アルバイトのシフトを増やす
  • 短期アルバイトに応募する

特に、急を要さない資金需要に関しては、上記の方法で解決できる可能性が高くなります

借り入れしたときは借りた日数に応じて利息がかかってしまうため、無駄のない方法でお金を用意しましょう。

学費に関する借り入れなら奨学金制度を利用する

学費に関する借り入れなら、奨学金制度の利用をおすすめします。

なぜなら他のカードローンなどと比較して、金利がまったく異なるからです。

奨学金の金利は数%

第二種奨学金を利用したときの上限金利は、3%に設定されています。

消費者金融カードローンや学生ローンに十数%金利がかかっていることを考えると、奨学金制度を利用すべきということがわかりますね。

なかには学費に関する目的別ローンを用意している会社もありますが、まずは奨学金制度を検討してみる方がより低金利で借りられるでしょう。

このように、学費に関することなら第一に奨学金制度の利用をおすすめします。

成人年齢の引き下げに対応していないカードローンもある

カードローンの中には、成人年齢の引き下げに対応していない会社もあります。

そのため、18歳・19歳では利用できない会社もあるため、注意が必要です。

20歳未満では借り入れできないカードローンの例

消費者金融カードローンでは「アイフル」「SMBCモビット」など、学生ローンでは「アミーゴ」「イー・キャンパス」などが挙げられます。

このようにカードローンの年齢制限は異なり、会社によっては審査すら受けられないケースもあるのです。

20歳未満で借り入れを希望している方は、そもそも対象年齢の範囲内か確認してから申し込みましょう。

18歳・19歳がお金を借りるなら学生ローンがおすすめ

18歳・19歳がお金を借りるなら学生ローンをおすすめします。 具体的な理由は以下の3点です。

学生ローンがおすすめの理由
  • 借り入れできる会社が多い
  • 低金利で借り入れできる可能性が高い
  • 在籍確認や親への連絡なしで借りられる

学生ローンであれば、20歳未満でも借り入れできる会社が多くなっています

そのため、より自分にあった会社から融資を受けられる可能性が高いのです。

また、消費者金融カードローンよりも低金利で借りられるのも理由の一つです。

学生ローンは消費者金融カードローンよりも低金利

消費者金融カードローンは最大18.0%程度、学生ローンは17.0%程度で借り入れできます。

このように、およそ1.0%低い金利で融資を受けられるのです。

さらに学生ローンは、在籍確認や親への連絡なしで借り入れできます。

「親やアルバイト先に借り入れしていることがバレたくない」という方でも、安心して融資を受けられるのです。

これらの理由から、18歳・19歳がお金を借りるなら学生ローンをおすすめします。

16歳・17歳は原則お金を借りられない

16歳・17歳は原則お金を借りられません。

そのため、消費者金融カードローンや学生ローンでも基本的に借りられない点は理解しておきましょう。

18歳未満がお金を用意する方法

派遣などの短期バイトに申し込んだり、現在勤めているアルバイト先のシフトを増やしたりすることをおすすめします。

どうしても今お金が欲しいときは親への相談も検討してみましょう。

友人間でのお金の貸し借りや、見ず知らずの業者からお金を借りることはおすすめできません。

なぜなら金銭トラブルに巻き込まれてしまう可能性があるからです。

借り入れできる年齢になるまでは、アルバイトや親への相談でやりくりできるようにしましょう。

金融庁と貸金業協会に登録された企業から融資を受ける

借り入れするときは、金融庁と貸金業協会に登録された企業からの融資をおすすめします。

なぜならこれらの機関に登録されていない会社は、闇金業者である可能性が高いからです。

闇金業者とは?

闇金業者とは、金融庁や貸金業協会に登録されていない貸金業者のことです。

貸金業法で定められている金利より高くで貸し付けてきたり、自宅に押し付けたりするなど金銭トラブルの原因になります。

金融庁や貸金業協会に登録されているか確認するには、公式サイトの「会社概要」を確認するか金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で確認します。

特に、大手カードローン以外のサービスを利用するときは、一度登録貸金業者検索サービスで確認してから利用しましょう。

カードローン会社によっては電話確認がある

カードローン会社によっては電話確認があります。

そのため「親やアルバイト先にバレずに借り入れしたい」と考えている方は注意が必要です。

具体的に電話確認が入るケースは以下の例が挙げられます。

電話確認が行われるケース
  • Webフォームで会員登録を行ったとき
  • 審査結果を伝えるとき
  • 申し込み内容に不備があったとき
  • 20歳未満が消費者金融カードローンを利用するときなど

具体的に、電話連絡の有無は、利用するカードローンによって異なります。

電話連絡を避けたい方は検討している会社の契約までの流れを確認し、連絡の有無を把握しておきましょう。

期日までに返済しないと信用情報に傷が付く

消費者金融カードローンや学生ローンを利用したとき、滞納してしまうと信用情報が傷つく可能性があります。

そのため、借り入れをした際は期日までに契約時に定めた金額を返済しましょう。

信用情報に傷がつくとどうなる?

信用情報に傷がつくと、今後の借り入れで審査がおりない可能性があります。

例えば住宅の購入やマイカーの購入でローンを組むとき、過去に延滞した形跡があると融資を断られる可能性があります。

なぜなら、ローン会社から「返済できない可能性がある人」と判断されるからです。

貸金業者は契約者の過去の延滞などの情報を確認し、融資をするか判断しています。

したがって今後借り入れすることも考え、期日までに返済すべきといえるでしょう。

年齢や用途に合ったカードローンを見つけよう!

この記事では学生がお金を借りるときにおすすめのカードローンを紹介していきました。

結論、18歳・19歳が借りるなら「学生ローン」、20歳以上の大学生が借りるなら「消費者金融カードローン」がおすすめです。

なお、これらのカードローンより低金利で借り入れできる銀行カードローンは、審査が厳しく、学生の利用はおすすめできません。

さらに電話確認で親バレしてしまう可能性もあるため、学生ローンや消費者金融ローンの利用をおすすめします。

また、消費者金融カードローンを利用する方は、無利息期間の有無も検討材料になります。

「短期間で返済できる」「お得に借り入れしたい」という方は、無利息期間付きのカードローンを利用してみてください。

この記事の監修者

宮野茉莉子

1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許