郵送物なしのカードローンおすすめ14選!家族にバレしないために知っておきたいポイントも解説!

郵送物なしのカードローン

記事内に広告を含みます

「カードローンでお金を借りたいけど、自宅に郵送物あると困る…」

「郵送物なしの状態でカードローンの契約は可能?」

といったように、カードローンの申し込み・借り入れ時に、郵送物について心配している方は多いのではないでしょうか。

郵送物なしのカードローンのメリットは、自宅に明細やローンカードの発送がないため、家族にバレるリスクを抑えられることです。

本記事では、郵送物なしのおすすめカードローンを紹介しつつ、郵送物なしで契約するときの注意点や主な郵送物の種類などを解説していきます。

郵送物なしのカードローンについて事前に理解を深めた上で、少しでもバレるリスクの少ないカードローンを利用していきましょう。

この記事でわかること
  • 郵送物なしのおすすめカードローン14選
  • 郵送物なしのカードローンのメリット
  • カードローン利用時には届く可能性のある書類
  • 郵送物なしでカードローンを利用するときの注意点
  • 郵送物なしでも家族バレにつながる可能性はあるか&対策
  • 郵送物なしのカードローンに関するよくある質問
  • アコムはWeb申込で原則として郵送物も電話連絡もないのでバレにくい

\30日間無利息で借り入れ可能!/

目次 閉じる


プロフィール背景画像
プロフィール画像

マネーグロース – カードローン部門

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、貸金業務取扱主任者を取得。メガバンクにて勤務後、金融情報について自身の経験や取材・電話調査から情報を執筆するWebライターとして活動。

※当コンテンツはマネーグロースが定めるコンテンツ制作ポリシー並びに広告掲載ポリシーに基づいて作成されています。

郵送物なしのおすすめカードローン14選

まずは、郵送物なしで契約・借り入れができるおすすめのカードローンをチェックしていきましょう。

郵送物なしで契約・利用可能なカードローンは、融資速度が早いおすすめの消費者金融を中心にいくつか存在します。

そのなかでもおすすめのカードローンは以下の通りです。

郵送物なしの条件在籍確認審査速度融資速度
アイフルのロゴ
アイフル
カードレスで契約原則として電話連絡なし最短18分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短18分
※申込状況によっては希望に添いかねます
プロミスのロゴ
プロミス
申し込み時に郵送物なしを選択原則として電話連絡なし最短3分最短3分
アコムのロゴ
アコム
カードレスで契約or自動契約機利用原則として電話連絡なし最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
SMBCモビットのロゴマーク
SMBCモビット
Web完結で申し込むWeb完結のみ電話連絡なし最短30分最短30分
三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
口座あり…郵送物なし
口座なし…自動契約機利用
電話連絡あり最短翌営業日最短翌営業日
PayPay銀行カードローン
PayPay銀行カードローン
アプリで申し込む
※口座がある方のみ
電話連絡あり最短翌営業日最短翌営業日
レイク
レイク
申し込み時に郵送なしを選択電話連絡あり
※書類提出での確認に相談可能
最短25分最短25分
アローのロゴ
アロー
アプリで申し込む電話連絡あり最短45分最短即日
フクホーのロゴ
フクホー
コンビニ契約を選択電話連絡あり最短即日最短即日
セントラルのロゴ
セントラル
自動契約機利用電話連絡あり最短即日最短即日
ダイレクトワンのロゴ
ダイレクトワン
店頭窓口で契約電話連絡あり最短30分最短30分
住信SBIネット銀行 ロゴ
住信SBIネット銀行
カードローン
アプリで申し込む
※口座がある方のみ
電話連絡あり最短数日最短数日
アムザWebから申し込むWeb完結のみ電話連絡なし最短30分最短30分
いつもWebから申し込む原則として電話連絡なし最短30分最短30分

郵送物なしを中心として、家族へのバレにくさの観点で見た比較表は上記を参考にしてみてください。

カードローンによって、郵送物なしにする方法や注意点などはそれぞれ異なります。

郵送物なしにする方法もチェックしつつ、おすすめカードローンの特徴をチェックしていきましょう。

アコムはカードレスで契約または自動契約機利用で郵送物なし

アコムの実店舗
アコムの特徴
  • カードレスまたは自動契約機の利用で原則郵送物なし
  • 全国各地で自動契約機が利用可能
  • 知名度の高さから安心感がある

アコムはカードレスでの契約または自動契約機でのローンカード受け取りを選ぶことで、原則として郵送物をなしにできる消費者金融カードローンです。

アコムもカードレス対応のため、家族バレを防ぎたい方やカードなしでスマートに利用したい方は申し込みの際にカードレスを選びましょう。

また、ローンカードを利用したい方でも、アコムなら自動契約機(むじんくん)の利用が可能です。

アコムを郵送物なしで利用する手順
  1. Webで申し込み
  2. カードレス希望の方は申し込み時にカードレスを選択
  3. 必要書類をアップロード
  4. 審査回答
  5. ローンカードを利用したい方はローンカードを自動契約機で受け取る(最初から自動契約機で申し込んでもOK)
  6. 振り込みやATMなどで借り入れ

自動契約機は全国各地に設置されているため、地方在住の方でも比較的利用しやすいのがメリットです。

自動契約機は当日に契約からローンカードも受け取りまで手続きを進めることができます。

アコムは以前より知名度の高い消費者金融として知られているため、利用する上で安心感もあります

実際に、多くの方に利用されているカードローンとして口コミでも人気のため、初めてカードローンを利用する方にもおすすめです。

審査時間最短20分※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資時間最短20分※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
金利年3.0%〜年18.0%
無利息期間最大30日間(初回限定)
限度額1万円〜800万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・20歳以上(10代申込不可)
・安定した収入と返済能力がある方
・アコムが定める基準を満たす方

\30日間無利息で借り入れ可能!/

SMBCモビットはWEB完結申込で郵送物なし

SMBCモビットの申し込み画面
SMBCモビットの特徴
  • WEB完結申込なら電話連絡・郵送物なし
  • 審査は最短30分で即日融資にも対応
  • Vポイントが貯められる&利用できる

SMBCモビットはWEB完結申込で契約することで、郵送物なしにできる消費者金融カードローンです。

WEB完結申込は電話連絡・郵送物なしのためバレにくい点が魅力になります。

ただし、WEB完結申込には次の条件を満たす必要があるため、申し込みの際にはご注意ください。

詳細
①銀行口座について三井住友銀行
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
上記いずれかの口座を持っている
②提出書類について社会保険証
組合保険証
上記いずれを提出できる
※両方を満たす必要がある

WEB完結で契約した場合はカードレスでの契約になるため、ローンカードの発行もありません。

申し込み・契約をWEB完結で済ませれば手続きも早いため、即日融資も可能です。

さらに、SMBCモビットはVポイントとも提携しており、Vポイントを貯めたり使ったりしてお得に利用できるカードローンになります。

SMBCモビットのVポイントサービス
  • 返済時に利息分200円につき1ポイント貯まる
  • 貯めたポイントは返済時に1ポイント1円として充当可能

SMBCモビットはWEB完結のおかげで周りにバレにくい上に手続きも早く、そしてお得さもあるおすすめのカードローンです。

ただ、他の大手消費者金融と違い無利息期間を実施していないため、利息を抑えたい方は無利息期間があるカードローンを検討しましょう。

審査時間最短30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
融資時間最短即日
金利年3.0%〜年18.0%
無利息期間なし
限度額1万円〜800万円
勤務先へ電話連絡WEB完結申込で原則なし
郵送物WEB完結申込で原則なし
WEB完結可能
申込条件・20歳以上74歳以下の方
・安定した収入がある方

\WEB完結申込で電話連絡・郵送物なし!/

アイフルはカードレス契約で郵送物なし

アイフルの店舗
アイフルの特徴
  • カードレスで契約すれば自宅へのローンカード発送なし
  • 審査がスピーディーなため即日融資も可能
  • 電話による在籍確認も実施なしのためバレにくさに期待できる

アイフルは郵送物や電話での在籍確認がないカードローンのため、バレずにお金を借りたい方におすすめです。

アイフルでは原則として顧客への郵送物の発送を行っていないため、利用明細書や請求書が届くことはありません

借り入れ・返済時はカードレスでコンビニ手続きまたはネット振り込みなどが利用可能です。

カードレスとは

ローンカードを発行しない契約形態を指し、カードレスの場合はローンカードの発送もありません。

アイフルの申し込み時にカードの受け取り方法を選ぶときは、必ず「カードレス」を選択しましょう。

アイフルを郵送物なしで利用する手順
  1. Webから申し込み
  2. 申し込み時にカードレスを選ぶ
  3. 必要書類のアップロード
  4. 審査回答
  5. 契約後、振り込みなどで借り入れ

さらに、アイフルの在籍確認は原則として書類提出によって行われるため、勤務先にもバレにくいという特徴があります。

そのため、アイフルのカードローンは、バレにくさに非常に配慮されたカードローンの一つです。

即日融資にも対応しているため、今すぐお金が必要な方にももちろんおすすめです。

審査時間最短18分※申込状況によってはご希望に添いかねます。
融資時間最短18分※申込状況によってはご希望に添いかねます。
金利年3.0%〜年18.0%
無利息期間最大30日間(初回限定)
限度額1万円〜800万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・20歳以上69歳以下の方
・安定した収入がある方

\最短18分でお金を借りられる!/

プロミスはWeb完結で郵送物なし

プロミスの店舗
プロミスの特徴
  • Web完結で申し込めば郵送物なし
  • 大手消費者金融カードローンのなかでは低金利
  • Vポイントが貯められる

プロミスはWeb完結で申し込むことで、郵送物なしで利用できるおすすめの消費者金融カードローンです。

Web完結であれば、申し込みから契約、そして借り入れまですべてネット上で完結するため、ローンカードの発行や明細の郵送もありません

プロミスを郵送物なしで利用する手順
  1. Webまたはアプリで申し込み
  2. 「郵送物なしで手続き」を選ぶ
  3. 必要書類アップロードなどの手続きをする
  4. 審査回答
  5. 振り込みなどの方法で借り入れ

さらにプロミスは、ほかの大手消費者金融カードローンと比べると金利の上限がやや低いのが特徴です。

金利の上限
プロミス17.8%
アイフル18.0%
アコム18.0%
SMBCモビット18.0%
レイク18.0%

そのため、カードローンを利用する上で少しでも利息を抑えたい方にも、プロミスはおすすめです。

さらに、プロミスはSMBCグループのサービスのため、SMBCグループのポイントサービスであるVポイントが貯められるのが特徴です。

詳細
Vポイントを貯めるプロミスアプリログインで月1回10ポイント獲得
利息200円につき1ポイント獲得
Vポイントを利用する他社ポイントや景品に交換
1ポイント1円で買い物に利用
※または個人名の場合もあり

郵送物なしでバレにくいだけでなく、お得感も十分のため、プロミスはおすすめの消費者金融カードローンの一つです。

審査時間最短3分
融資時間最短3分
金利年4.5%〜年17.8%
無利息期間最大30日間(初回限定)
限度額1万円〜500万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・18歳以上74歳以下(高校生を除く)
・安定した収入と返済能力がある方

\最短3分で借入可能!/

三井住友銀行カードローンは自動契約機利用またはキャッシュカードにローン機能追加で郵送物なし

三井住友銀行カードローン公式サイトの申し込み画面
三井住友銀行カードローンの特徴
  • 条件を満たせば郵送物なしで契約可能
  • 4つのなかから返済日を自由に選べる
  • 銀行カードローンのため低金利で借り入れできる

三井住友銀行カードローンは、自動契約機利用もしくはキャッシュカードにカードローンの機能を追加することで郵送物なしにできます。

銀行カードローンは郵送物なしで契約できるカードローンが少ないため、三井住友銀行カードローンは銀行カードローンのなかでも貴重です。

郵送物なしにするための申し込みのポイントをまとめると、具体的には次の通りとなります。

  • 三井住友銀行の口座がある…キャッシュカードにローン機能追加
  • 三井住友銀行の口座がない…銀行内の自動契約機で申し込み・契約

※三井住友銀行の口座を開設しなくてもローンの契約・利用は可能

もともと持っているキャッシュカードにローン機能を追加する場合は、キャッシュカード自体は変わらないため新たな郵送物はありません

三井住友銀行カードローンは銀行カードローンのため、銀行ならではの金利で利用できるのは大きなメリットです。

なんとか郵送物なしで銀行カードローンを契約したい…と考えている方は多いでしょう。

そんなときは郵送物なしでの契約に対応している三井住友銀行カードローンを検討してみてください。

4つ(5日・15日・25日・末日)のなかから返済日を自由に選んで返済できるのも、利用しやすいポイントです。

利用限度額10万円〜800万円
金利年1.5%~年14.5%
無利息期間
審査スピード最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
在籍確認電話連絡あり

PayPay銀行カードローンはアプリから借入可能なため郵送物なし

paypay銀行カードローンの公式サイトの申し込み画面
PayPay銀行カードローンの特徴
  • すでにPayPay銀行の口座を開設していれば郵送物なしで利用可能
  • 銀行カードローンでありながら無利息期間の特典がある
  • 残高不足サポート機能が便利

PayPay銀行カードローンはアプリを利用してスムーズに利用を始められるおすすめの銀行カードローンです。

ただし、郵送物なしで利用を始められるのは、すでにPayPay銀行の口座を開設している方のみになります。

PayPay銀行カードローンを郵送物なしで利用する手順
  1. ローンアプリで申し込み
  2. 本人確認書類や収入証明書などの必要書類を提出
  3. 審査結果の通知
  4. 手続き完了メール到着
  5. PayPay銀行への振り込みで借り入れ

すでにPayPay銀行カードローンの口座を持っていればキャッシュカードやローンカード、その他契約書類などの郵送はありません。

PayPay銀行カードローンは銀行カードローンでありながら無利息期間の特典が付くため非常にお得です。

無利息期間とは

一定期間借り入れの利息が0円になる期間のことで、主に消費者金融カードローンの特典に取り入れられています。

30日間は利息一切つかないため、すぐに完済できるのであれば、返済は元金のみで済むのが利点です。

ほかにはPayPay銀行の口座が残高不足になったとき自動的に借り入れるサービス・残高不足サポート機能も役立ちます。

利用限度額10万円〜1,000万円
金利年1.59%~年18.0%
無利息期間30日間
審査スピード最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
在籍確認電話連絡あり

レイクはカードレス・web明細利用で郵送物なし

レイクの実店舗
レイクの特徴
  • カードレス・Web明細対応のため郵送物なしで契約可能
  • 選べる無利息期間の特典がお得
  • 最短25分で融資可能

レイクはカードレス・Web明細に対応している消費者金融カードローンのため、郵送物なしでの利用が可能です。

基本的にはWeb完結で始められるスマートなカードローンのため、申し込み手続きは非常にスムーズに済みます。

レイクを郵送物なしで利用する手順
  1. Webで申し込む
  2. 申し込みの際にローンカードについて「郵送なし」を選択
  3. 必要書類をアップロード
  4. 審査回答
  5. 契約後に振り込みなどの方法で借り入れ

さらにレイクには選べる3つの無利息期間の特典があるため、消費者金融カードローンのなかでもお得感が大きいのが特徴です。

無利息期間無利息期間中の追加融資契約額対象の申し込み方法
30日間利用限度額まで500万円まで自動契約機
電話
Web
60日間利用限度額まで200万円までWeb
180日間5万円まで200万円まで自動契約機
電話
Web
※いずれか一つ選択可能

最大で180日も利息0円になるため、無利息期間中に完済できる見込みのある方はレイクをぜひ検討してみましょう。

21時50分までなら審査結果は最短15秒でわかり、最短25分で融資も可能なため、急な出費があった方やお金を借りたい方にもレイクはおすすめです。

審査時間最短15秒
融資時間WEB申込で最短25分融資
金利年4.5%〜年18.0%
無利息期間・最大30日間
・最大60日間(WEB申込限定)
・最大180日間(借入金額5万円まで)
限度額1万円〜500万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上70歳以下の方
・安定した収入がある方

アローはアプリ経由の申し込みで郵送物なし

アロー公式サイトの申し込み画面
アローの特徴
  • アプリからの申し込みでWeb完結が可能なため郵送物なし
  • 最短45分で審査可能
  • 返済日が6つのなかから選べる

アローはアプリからの申し込みで郵送物なしにできる消費者金融カードローンです。

消費者金融のなかでもアローは中小の消費者金融にあたるため、大手のみでなく中小も検討したい方におすすめです。

アローを郵送物なしで利用する手順
  1. Webから申し込む
  2. 審査結果の連絡(電話orメール)
  3. アプリインストール
  4. アプリから必要書類を提出
  5. アローからの振り込みで借り入れ

審査は最短即日45分で完了するため、対応の早いカードローンを探している方にはおすすめです。

アローでは返済の際に6つの日にち(5日・10日・15日・20日・25日・末日)から好きな日にちを選べます。

給料日後に返済日を設定すれば滞納も防げるため、より計画的な利用が可能です。

利用限度額200万円
金利年15.00%~年19.94%
無利息期間
審査スピード最短45分
融資スピード最短即日
在籍確認電話連絡あり

フクホーはコンビニ契約なら郵送物なし

フクホー公式サイトの申し込み画面
フクホーの特徴
  • コンビニ契約なら契約書類をコンビニで受け取れるため郵送物なし
  • ネットからの申し込みで即日融資にも対応
  • 創業50年の信頼あり

フクホーでは契約にあたって契約書類の郵送が必要ですが、コンビニ契約を選べば、コンビニで契約書類の受け取りが可能です。

コンビニ契約ならセブンイレブンのマルチコピー機を利用することで契約書類を出力できるため、郵送物なしにできます。

フクホーを郵送物なしで利用する手順
  1. Webから申し込む
  2. 審査結果の連絡(電話orメール)
  3. コンビニ契約に必要な8桁の番号を受け取る
  4. セブンイレブンのマルチコピー機を操作
  5. ネットプリントのメニューから契約書を出力
  6. フクホーからの振り込みで借り入れ

フクホーではローンカードの発行も行っていないため、ローンカードの郵送もありません。

Web経由での申し込みなら即日融資にも対応しているため、急ぎのときも安心です。

フクホーは中小消費者金融ですが、創業50年の信頼と歴史を持つ企業になります。

利用限度額200万円
金利年7.3%~年18.0%
無利息期間
審査スピード最短即日
融資スピード最短即日
在籍確認電話連絡あり

セントラルは自動契約機利用で郵送物なしにできる

セントラル公式サイトの申し込み画面
セントラルの特徴
  • 自動契約機利用で郵送物なしの契約が可能
  • 30日間の無利息期間あり
  • 平日14時までの申し込みで即日融資に対応

セントラルはCカードというローンカードの受け取りが必要ですが、自動契約機(セントラルくん)を利用すれば郵送物なしでの契約ができます。

セントラルを郵送物なしで利用したい場合は、必要書類を持参の上、最寄りの自動契約機に足を運びましょう。

セントラルを郵送物なしで利用する手順
  1. 自動契約機で申し込む(申し込みの段階で本人確認書類や収入証明書が必要)
  2. その場でオペレーターから審査結果が通知される
  3. 契約手続きを行い、ローンカードを受け取る
  4. 併設のATMや提携ATMで借り入れ

自動契約機が利用可能な店舗は次のとおりです。

  • 上野浅草口店(東京)
  • 新橋店(東京)
  • 新宿歌舞伎町店(東京)
  • 池袋店(東京)
  • 横浜店(神奈川)
  • 大宮店(埼玉)
  • 岡山大安寺店(岡山)
  • 倉敷沖新町店(岡山)
  • 南松山店(愛媛)
  • 新居浜店(愛媛)
  • 新空港通り店(愛媛)
  • R56大洲店(愛媛)
  • レインボーロード店(香川)
  • 宇多津店(香川)
  • 南環状百石店(高知)

セントラルの店舗は関東と四国の一部の地域のみのため、あらかじめご注意ください。

セントラルには30日間の無利息期間の特典もあるため、お得に利用できるカードローンとしてもおすすめです。

さらに平日14時までの申し込みなら即日融資にも対応しているため、急ぎのときでも安心して利用できます。

利用限度額300万円
金利年4.8%~年18.0%
無利息期間30日間
審査スピード最短即日
融資スピード最短即日
在籍確認電話連絡あり

ダイレクトワンは窓口で契約すれば郵送物なし

ダイレクトワン公式サイトの申し込み画面
ダイレクトワンの特徴
  • 窓口での申し込み・契約なら郵送物なし
  • 無利息期間の特典が55日間と長い
  • スルガ銀行グループのため安心感がある

ダイレクトワンはWebや郵送、店頭窓口での契約に対応している中小消費者金融カードローンです。

なかでも店頭窓口での契約ではローンカードや契約書類などの郵送物がないため、郵送物なしのカードローンを利用したい方にはおすすめになります。

ダイレクトワンを郵送物なしで利用する手順
  1. 店頭窓口に行く
  2. 案内に従って申し込み・書類提出
  3. 審査結果の案内
  4. 窓口で契約書やローンカードを受け取る
  5. ATMや窓口での直接申し込みで借り入れ

ダイレクトワンを店頭窓口で契約したいときは、本人確認書類や収入証明書を持参しましょう。

ダイレクトワンの店舗は次の通りです。

  • ダイレクトプラザ(静岡県掛川市)
  • 沼津プラザ(静岡県沼津市)
  • 静岡プラザ(静岡県静岡市)
  • 浜松プラザ(静岡県浜松市)
  • 甲府プラザ(山梨県甲府市)
  • 名駅プラザ(愛知県名古屋市)
  • 日本橋プラザ(東京都中央区)
  • 藤沢プラザ(神奈川藤沢市)
  • 小田原プラザ(神奈川小田原市)

店舗は静岡県内を中心に、ほかには東京、神奈川、愛知、山梨にあるため、近隣の方は検討してみましょう。

ダイレクトワンは無利息期間が55日間もあり、他社と比べるとやや長めに期間が設定されているのが特徴です。

利息負担を抑えて利用できるお得なカードローンとしてもチェックしておきましょう。

利用限度額300万円
金利年4.9%~年18.0%
無利息期間55日間
審査スピード最短30分
融資スピード最短30分
在籍確認電話連絡あり

住信SBIネット銀行カードローンは口座があれば郵送物なしでローンの利用開始が可能

住信SBIネット銀行カードローン公式サイトの申し込み画面
住信SBIネット銀行カードローンの特徴
  • アプリ完結のためカード不要で利用可能
  • 銀行カードローンのため金利が比較的低い
  • 明細・ローンカードの発送なし

住信SBIネット銀行カードローンは、アプリでスマートに利用できるおすすめの銀行カードローンです。

申し込みや借り入れはアプリ完結が可能なため、明細・契約書・ローンカードなどの発送はありません(口座開設済みの方のみ)。

住信SBIネット銀行カードローンを郵送物なしで利用する手順
  1. Webから申し込み
  2. 仮審査結果の通知(メール)
  3. 必要書類をアップロード
  4. 本審査結果の通知
  5. アプリやATMで借り入れ

銀行カードローンのため、消費者金融よりも低金利なカードローンという点も魅力です。

もともと住信SBIネット銀行の口座を開設していた方は、積極的に利用を検討してみましょう。

利用限度額1,200万円
金利年1.59%~年14.79%
無利息期間
審査スピード最短翌営業日
融資スピード最短数日
在籍確認電話連絡あり

アムザは電話での在籍確認・郵送物なしで契約可能

アムザの公式サイトの申し込み画面
アムザの特徴
  • 郵送物だけでなく在籍確認の電話もないためバレにくさがメリット
  • 審査では原則として保険証の確認のみ
  • 女性スタッフの対応が可能なレディースローンもあり

アムザは福岡に拠点を構える中小消費者金融ですが、全国対応が可能で、さらには即日融資にも対応しています。

Webから申し込めば郵送物なしで、勤務先への電話連絡もありません。

そのためアムザは家族や職場にバレにくいカードローンとして期待できます。

アムザを郵送物なしで利用する手順
  1. Webから申し込み
  2. 内容確認の連絡(電話orメール)
  3. 本人確認書類をアップロード
  4. 電子契約で契約締結
  5. 借入希望額が振り込まれる

また、店舗(福岡県福岡市)に直接足を運べる方は、店頭申し込みでも郵送物なしの対応が可能なため検討してみましょう

審査では原則として保険証を提出するのみのため、比較的申し込みやすいカードローンです。

女性スタッフ対応のレディースローンもあるため、申し込み・借り入れが不安な女性の方は事前に相談してみましょう。

利用限度額100万円
金利年15.0%~年20.0%
無利息期間
審査スピード最短30分
融資スピード最短30分
在籍確認Web完結なら電話連絡なし

いつもは郵送物一切なしで契約可能

中小消費者金融のいつも
いつもの特徴
  • Web完結で郵送物やローンカードの発行はなし
  • 最大60日間の無利息期間あり
  • 最短45分で審査回答

いつもは、Webからの申し込みでカードレスでの利用・郵送物なしが可能な中小消費者金融カードローンです。

契約後は銀行口座に借入希望額を振り込んでもらえるため、比較的バレにくいカードローンとして期待できます。

いつもを郵送物なしで利用する手順
  1. Webから申し込み
  2. 審査結果と提出書類の連絡(電話)
  3. セブンイレブンのマルチコピー機から契約書類を出力
  4. 契約書類に必要事項を記入の上でFAXまたはメールで送信
  5. 契約後に振り込みで借り入れ

いつもは最大で60日間利息が0円になる特典もあるため、特にすぐに返せる方にはおすすめです。

最短45分で審査結果の連絡がもらえるため、スムーズに手続きでき、当日中に融資してもらえる場合もあります。

利用限度額500万円
金利年4.8%~年20.0%
無利息期間60日間
審査スピード最短30分
融資スピード最短30分
在籍確認原則として電話連絡なし

郵送物なしのカードローンのメリット

郵送物なしのカードローンを利用するときは、郵送物なしのカードローンのメリットを整理しておきましょう。

郵送物なしのカードローンのメリット一覧
  • 家族バレを防げる
  • 申し込みから借入開始までがスムーズ

いずれもカードローンを契約する際にはメリットとして重要です。

それぞれのメリットの重要なポイントをチェックしていきましょう。

家族バレを防げる

郵送物なしのカードローンは書類やカードがローン会社から郵送されてこないため、家族バレを防げます。

自宅に契約書やカードが送付されてくれば、同居している家族にバレるきっかけになるため注意が必要です。

一人暮らしの方でも、家族が訪れた際はたまたまローン会社からの封筒やはがきが目に入ってしまう恐れはあります。

そのため、郵送物なしで契約・利用できれば、家族にバレるリスクを大幅に抑えられるのが利点です。

「カードローンを利用したいけど、郵送物が家に届いたら家族に見られてしまう。それがネックで申し込めない…」

と困っている方でも、郵送物なしのカードローンなら申し込みを前向きに検討できます。

申し込みから借入開始までがスムーズ

カードローンを郵送物なしで契約できれば、申し込みから借入開始までが非常にスムーズです。

書類のやりとりが不要なため審査が早く終わる
  • 郵送物なしだと契約・借り入れがスムーズな理由
  • カードの郵送を待たずに借り入れできる

郵送物のあるカードローンは、事前に書類の受け取りや返送などが必要になる場合があります。

事前に書類のやり取りがあると、郵送・確認に否が応でも時間がかかるため、即日審査は厳しくなるのが難点です。

しかし、郵送物なしなら、書類のやり取りは必要なくWebでのやり取りのみで契約が完了し、即日での融資も可能になります。

さらに郵送物なしのカードローンなら、ローンカードの到着を待たずにカードレスで即日にキャッシングが可能です。

カードレスでの借り入れ方法の例
  • ローン会社から直接口座に振り込んでもらう
  • スマホATMでの借り入れ

郵送物なしのカードローンは契約完了の流れで、直接口座に借入希望額を振り込んでくれることが多いです。

スマホATMとはスマホアプリとコンビニなどのATMを連携させて、借り入れや返済などの手続きを行うことを指します。

スマホATMならスマホアプリがあれば借り入れできるため、ローンカードは必要ありません。

契約や借り入れのスムーズさの面でも、郵送物なしのカードローンは大きなメリットを持っています。

カードローン契約・利用時に自宅に届く可能性のある郵送物

ここで、カードローン契約・利用にあたって自宅に届く可能性のある郵送物を整理してみましょう。

届く可能性のある郵送物一覧
  • 契約書類
  • ローンカード
  • 利用明細書
  • ダイレクトメール
  • 督促状

郵送物なしのカードローンを利用しない限り、上記の書類が自宅に郵送されてくる可能性があるため注意が必要です。

それぞれの書類の特徴や、自宅への郵送を避けるポイントを紹介していきます。

契約書類

カードローンを契約した際には、契約書類の控えが自宅に届く可能性があります。

契約書に記載されている情報は、具体的には次の通りです。

  • 自分の基本情報(氏名・住所・生年月日・勤務先など)
  • 契約先のローン会社の情報(会社名・所在地など)
  • 契約プラン名
  • ローンの利用限度額
  • 金利
  • 契約締結日
  • 適用キャンペーンの内容
  • その他契約における注意事項など

万が一上記の内容を家族に見られることがあれば、100%カードローンを契約したのだとバレてしまいます。

契約書類を郵送で受け取る必要があるときは、自分で受け取る、受け取り後は家族の目に触れないよう厳重に保管するなどの対策が必要です。

契約書類の郵送を避ける方法
  • Webでの交付を希望する
  • コンビニでの交付を利用する(対応できる会社は少ない)

契約書類は契約にあたって受け取りが必要なもののため、そもそも受け取らないという選択肢はありません。

そのため、自宅への郵送を避けるなら、基本的にはWebでの交付(電子契約)を選択しましょう。

郵送物なしと主張するカードローンは、契約書類はWebでの交付に基本的に対応しています。

コンビニでの交付はコンビニのマルチコピー機を利用した交付ですが、あまり一般的ではないため、基本はWebでの交付を選びましょう。

ローンカード

カードローンを契約した際には、自宅にローンカードが届く可能性もあります。

ローンカードは、返済や借り入れをATMで行う際に必要なカードです。

まず、ローンカードには次のように種類があります。

  • ローンカード単体
  • キャッシュカード+ローンカード一体型

ローンカードはカードローン利用時のみ使えるカードですが、ローンカード+キャッシュカードの一体型は通常の銀行サービスとあわせて利用できます。

一見するとローンカードはキャッシュカードにも思えますが、よく見るとなじみのないデザインで、裏面などにはローン会社名の記載があるのが特徴です。

そのため、家族や周りの人にバレないためには、ローンカードの郵送も基本的には避ける必要があります。

ローンカードの郵送を避ける方法
  • カードレスでの契約を選ぶ
  • そもそもローンカードを発行していない会社を選ぶ
  • 自動契約機や窓口で受け取る

カードレスでの契約ならローンカードの発行はないため、郵送はありません。

また、主に中小消費者金融などはローンカードをそもそも発行しない場合も多いため、ローンカード郵送を避けるなら選択肢には入ってくるでしょう。

ほかには、自動契約機や店頭窓口のあるカードローンは、自動契約機や店頭窓口でカードが受け取れる場合もあります。

「ローンカードは欲しいけど、自宅に郵送は困る」というときは、自動契約機や窓口でローンカードが受け取れるカードローンをチェックしてみましょう。

利用明細書

カードローンを利用すると、利用明細書が自宅に届く場合もあります。

利用明細書は、その名のとおりカードローンの利用(借り入れ・返済など)について詳細を記載した明細書です。

具体的には、次のようなことが記載されています。

  • 契約者(自分)やローン会社の名前・住所
  • 新規での借入額
  • 借り入れた日付
  • 借入可能額の残高
  • 次回返済日
  • 前回返済日の返済額
  • 利息額
  • 次回返済額
  • 返済額の残高

利用明細書も契約書類と同様に、家族に見られることがあればすぐにバレてしまうため注意が必要です。

自宅で受け取る必要があるときは、自分自身で受け取った上でバレないようにしっかりと管理しましょう。

利用明細書の郵送を避ける方法
  • 利用を必要最小限に抑える
  • Web明細サービスを利用する

借り入れを必要最小限に抑えることは基本とした上で、Web明細の設定は必ず行っておきましょう。

Web明細については多くのローン会社が対応しているため、しっかりと設定していれば、明細書が届く心配はありません。

しかし、Web明細がデフォルトなのか、自分自身で設定しない限り届いてしまうのかは会社によって異なるため、確認は忘れないようにしましょう。

ダイレクトメール

頻度はそこまで多くありませんが、カードローン利用中は、PR・宣伝を目的としたダイレクトメールが届くケースもあります。

具体的な内容は次の通りです。

  • 新しいプランや付随サービスの案内
  • 増額の提案
  • 各種キャンペーンの案内

ダイレクトメールがきっかけでもバレてしまうケースはあるため注意しましょう。

通常、契約がなければ届かない郵送物のため、同居している家族の目に入れば怪しまれるのは当然です。

ダイレクトメールの郵送を避ける方法は、郵送物なしとうたっているカードローンを契約することです。

基本的に多くのローン会社は顧客のプライバシーを尊重し、ダイレクトメールを郵送することはほとんどありません。

とはいえまったくないとは言い切れないため、安心して利用するには、郵送物なしと主張するカードローンを選ぶのが望ましいです。

督促状

カードローン利用中は、督促状が自宅に届くケースもあるため注意しましょう。

督促状とは、返済が遅延した際に届く、支払い催促を目的とした書類です。

ハガキで届くこともあれば、封筒で届くこともあり、主に次のような内容が記載されています。

  • 支払い遅延を通知する文言
  • 支払い期日
  • 支払い額(返済額)
  • 遅延損害金

督促状が家族に見つかれば、カードローン利用の事実だけでなく、滞納の事実まで知られてしまうためデメリットしかありません。

督促状の郵送を避ける方法
  • 返済を滞納しない
  • 返済できなかったときは速やかにローン会社に連絡する

督促状はもともと郵送物なしの状態でも届くため、届かないようにするには、滞納しないように十分注意しましょう。

返済できなかった場合は、速やかにローン会社に連絡し、支払い日の予定を伝えることも大事です。

支払い予定さえ把握できれば、ローン会社は必要以上に連絡しません。

とはいえ行き違いで督促状が届いてしまうケースもあるため、基本的には滞納しないよう、計画的な利用を心がけましょう。

郵送物なしのカードローンを利用するときの注意点

郵送物なしのカードローンを利用するときは、次の点に注意しましょう。

郵送物なしのカードローンの注意点一覧
  • 郵送物なしにできる条件・申し込み方法をよく確認する
  • 郵送物なしでも在籍確認は実施される場合がある
  • 郵送物なしでも滞納時は督促状が届く

カードローンを郵送物なしの状態で契約すれば、確かにバレるリスクは抑えられます。

しかし、思わぬ見落としやミスがあると、別のきっかけで家族や職場にバレてしまう可能性があるため注意が必要です。

注意点一つひとつをわかりやすく解説していきます。

郵送物なしにできる条件・申し込み方法をよく確認する

カードローンの契約・利用で郵送物なしにするためには、まず、条件や申し込み方法をよく確認する必要があります。

カードローンはさまざまな方法で申し込みが可能なため、申し込み方法によっては郵送物が必要になるからです。

さらに郵送物なしでカードローンを利用するにあたって条件がある場合は、条件を満たさなければ郵送物なしにはできません。

例えば、SMBCモビットのWeb完結申込は、原則として電話連絡や郵送物なしの申し込み方法のためバレにくさに期待できます。

しかし、SMBCモビットのWeb完結申込は、次の条件を満たす必要があるため要注意です。

  • 三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っている
  • 社会保険証または組合保険証を持っている

したがって、例えば持っている保険証が国民健康保険の場合は、SMBCモビットのWeb完結申込の条件は満たせません。

また、カードレス対応のカードローンを利用する場合は、申し込みの段階で「カードレス希望」の項目のチェックが必要なこともあります。

申し込みの段階でチェックを忘れたり違う方法を誤って選択したりすると、契約書類やローンカードが郵送される可能性があるため注意が必要です。

郵送物なしにするための手順や条件は事前によく確認し、ミスで郵送物が届いてしまった…という失敗は避けていきましょう。

郵送物なしでも在籍確認は実施される場合がある

郵送物なしのカードローンに申し込んでも、電話での在籍確認は実施される可能性があります。

郵送物なしなら自宅への郵送物でバレるリスクは抑えられますが、一方で、在籍確認でバレるリスクには注意しなければなりません。

在籍確認とは

返済能力確認の目的で、勤務先に本当に在籍しているのか確認する審査工程の一つです。主な確認方法は勤務先への電話連絡になります。

郵送物なしでプライバシーに配慮してくれているカードローンでも、電話での在籍確認もなしとは限りません。

そもそも在籍確認は返済能力確認のために、原則として必ず実施しなければならないものです。

在籍確認の方法は各社で異なるため、特に電話による在籍確認を取り入れている会社には注意しましょう。

なお、今回紹介してきたおすすめカードローン14選においては、電話による在籍確認の有無は次のようになっています。

在籍確認
アイフル原則として電話連絡なし
プロミス原則として電話連絡なし
アコム原則として電話連絡なし
SMBCモビットWeb完結のみ電話連絡なし
三井住友銀行カードローン電話連絡あり
PayPay銀行カードローン電話連絡あり
レイク電話連絡あり
※書類提出での確認に相談可能
アロー電話連絡あり
フクホー電話連絡あり
セントラル電話連絡あり
ダイレクトワン電話連絡あり
住信SBIネット銀行カードローン電話連絡あり
アムザWeb完結のみ電話連絡なし
いつも原則として電話連絡なし

郵送物なしで、さらに在籍確認も書類提出のみで済むカードローンは、比較的バレにくいといえます。

勤務先への電話連絡ありのカードローンに申し込むときは、主に職場にバレるリスクに注意しましょう。

勤務先に内緒にお金を借りたい方は、勤務先に電話連絡による在籍確認がないカードローンを検討しましょう。

※ただし、多くのカードローンは電話による在籍確認でもある程度プライバシーを尊重してくれるため、会社名は名乗りません。

郵送物なしでも滞納時は督促状が届く

郵送物なしにした場合でも、返済を滞納したときは督促状が届くためご注意ください。

督促状は郵送物あり・なしの設定にかかわらず、一定の期間遅れた場合には、必ず届くものです。

そのため「郵送物なしのカードローンだから、督促状も届かないはず」ととらえないよう気をつけましょう。

また、滞納時は督促状だけでなく、自宅や携帯電話、勤務先などにローン会社から電話連絡がある場合もあります。

いずれにしても督促状や督促電話は滞納しなければ来ないもののため、カードローン利用時は、滞納はくれぐれも避けてください。

滞納するほど借り過ぎることはせず、常に問題なく返済できる範囲で、計画的な利用をする必要があります。

郵送物がなくてもバレる可能性がある?知っておきたい家族バレ対策

郵送物なしでも家族にバレるケースはあるため、家族バレへの対策を徹底するなら、次のことはあらかじめチェックしておきましょう。

家族バレ対策一覧
  • 共同のパソコンや家の固定電話は使用しない
  • カードローンに登録する銀行口座の入出金履歴に注意
  • ローンカードは家族の目に触れない場所に保管する
  • 家族と職場が同じ場合は在籍確認に注意

対策を徹底すれば、より家族バレのリスクは低くなります。

郵送物なしのカードローンにするだけでは不安なときは、それぞれの対策を実践してみましょう。

共同のパソコンや家の固定電話は使用しない

カードローンに申し込んだり利用したりした痕跡を極力残したくないときは、家の共同のパソコンや固定電話の使用は避けましょう。

何らかのきっかけで履歴をたどられることがあれば、バレるきっかけになります。

Webからカードローンに申し込むときは、個人のパソコンやスマホが良いでしょう。

電話をする場合も固定電話ではなく、個人のスマホからが望ましいです。

カードローンに登録する銀行口座の入出金履歴に注意

カードローン利用にあたって家族バレを避けたいときは、カードローンに登録する銀行口座の入出金履歴に注意しましょう。

カードローンで借り入れ・返済をするときは、取引用の銀行口座を設定する場合が多いです。

しかし、ここで家族との共用の口座を使用すると、バレる可能性は高まります。

口座の入出金履歴には借り入れ時の振り込み履歴や、返済時の引き落とし履歴が残るためです。

引き落としや振り込みの名義はおおもとの会社名になっているため、確かにカードローンだとはすぐにわかりません。

しかし調べればすぐに推測できる範囲のため、共用の口座を利用するとバレやすくなるのは間違いないです。

カードローンの借り入れ・返済用の口座は、自分しか確認できない銀行口座に設定しましょう。

ローンカードは家族の目に触れない場所に保管する

ローンカードが家族の目に触れてバレるケースもあるため、ローンカードを発行するときは、家族の目に触れない場所で管理しましょう。

ローンカードもすぐにカードローンのカードとはわかりませんが、よく確認されればバレてしまいます。

そのためローンカードは、家族に知られない場所で保管することが大切です。

借り入れ・返済などで必要なとき以外は、基本的に持ち歩かないようにしましょう。

家族と職場が同じ場合は在籍確認に注意

家族と勤務先が同じ方は、在籍確認がきっかけでバレる場合もあるため注意が必要です。

在籍確認の電話があり、例えば家族がその電話を取ったら、「さっきの電話って何?」と聞かれて怪しまれるかもしれません。

在籍確認の電話でバレないためのポイント
  • 事前に時間帯指定の相談をする
  • 念のため言い訳を考えておく

カードローンの在籍確認の電話は、事前にサポートセンターに問い合わせて相談することで、時間帯指定が可能な場合があります。

自身が確実に電話に出られる時間帯を指定できれば、バレる可能性は低いです。

とはいえ同じ職場では在籍確認の際に安心できないのも確かなため、ある程度言い訳を考えておくことも重要になります。

在籍確認の電話があったときに使える言い訳
  • 名刺を渡した人から営業電話があった
  • クレジットカードを申し込んだ(※家族には使えない可能性あり)
  • ショッピングローンで買い物をした(※家族には使えない可能性あり)
  • 奨学金の保証人になった(※家族には使えない可能性あり)

家族バレを避けるなら、あらゆる可能性を想定し、対策を徹底したうえでカードローンに申し込みましょう。

郵送物ありのカードローンでも最低限配慮はしてもらえる

カードローンはプライバシー配慮もしっかりしているため、郵送物ありでも、すぐにはカードローンだとわからないように工夫されています。

「検討した結果、郵送物ありのカードローンに申し込むことになってしまった」

「手順を誤ったせいで、郵送物なしのはずだったのにローンカードが届くことになってしまった」

などの状況で困ったときは、カードローンの郵送物について基礎知識をチェックしておきましょう。

カードローンの郵送物に関する知識一覧
  • 差出人の名前はぱっと見ではカードローン会社とわからない
  • 郵送する書類は必要最低限

差出人の名前はぱっと見ではカードローン会社とわからない

カードローン関係の郵送物の差出人名は、ぱっと見ではカードローン会社だとわからないように配慮されていることが多いです。

カードローン関係の郵送物の差出人
  • 消費者金融カードローン…会社名を伏せた別の名前や個人名
  • 銀行カードローン…銀行名

もちろん封筒の余白に「カードローンの案内」などの文言はありません。

なお、大手消費者金融では、郵送物の差出人は次のようになっています。

差出人の名前
アイフルAIセンター
プロミス事務センター
アコムACサービスセンター
SMBCモビットMCセンター
レイクSFセンター
※または個人名の場合もあり

郵送する書類は必要最低限

カードローンの利用者に対しては、各社ともプライバシーを尊重しているため、郵送物がある場合でもその種類や頻度は必要最低限です。

カードローン契約・利用時に届く郵送物の種類の項目では、ダイレクトメールが届く場合もあるとはお伝えしましたが、実際のところはほぼ届きません。

最低限届く書類
  • 契約書類
  • ローンカード
  • 明細書
  • 督促状(滞納時のみ)

ダイレクトメールを除けば、カードローン関係で最低限届く書類は上記の書類のみととらえて問題はないでしょう。

そして契約時に郵送物のあるカードローンでも、多くの場合はWeb明細に対応しています。

したがって郵送物ありのカードローンを申し込んだときでも、以下のことに注意すれば家族バレは防げる可能性はあります。

  • 契約書類やローンカードの発送時期に目星をつけて郵送物をこまめにチェックする
  • Web明細の設定は忘れずにする

特に、ローンカードは簡易書留などで届く場合が多いため、うまくいけば時間帯を指定して自分で受け取れる可能性があります。

郵送物なしのカードローンに関するよくある質問

郵送物なしのカードローンに申し込むときは、トラブルを避けるためにも、以下のよくある質問も見ておきましょう。

郵送物なしのカードローンに関するよくある質問一覧
  • 郵送物が届く場合日付・時間帯の指定はできる?
  • 郵送物以外で家族にバレる要素はある?

郵送物が届く場合日付・時間帯の指定はできる?

郵送物の日付や時間帯は、申し込み時にカードローン会社のほうに希望を出して指定することはできません。

しかしローンカード類は重要書類のため、多くの場合は簡易書留などの追跡が可能な形式で届きます。

したがって追跡番号がわかれば、指定の日時に受け取ることは可能です。

郵送物以外で家族にバレる要素はある?

郵送物以外で家族にバレる要素があるとすれば、以下のことが挙げられます。

  • 銀行口座の取引履歴
  • 発着信履歴
  • Webブラウザの履歴
  • 在籍確認
  • ローンカード
  • 店舗やATMに行くところを見られる

最後の店舗やATMに行くところを見られてバレるのは偶発的なケースですが、まったくないとはいえません。

念には念を入れて家族バレのリスクを徹底的に抑えるなら、自分自身のスマホからのWeb完結申込・カードレスでの利用がおすすめです。

まとめ

カードローンを郵送物なしにできれば、自宅への契約書類やローンカード発送がなくなるため、家族バレのリスクを抑えられます。

さらに書類でやり取りする手間がなくなるため、スムーズに申し込み手続きを終えられて、借り入れできる可能性があるのは大きな利点です。

家族バレが心配な方、スムーズに手続きしたい方は、郵送物なしのカードローンを積極的に探してみましょう。

しかしそうはいっても、郵送物なしとはいえ申し込み方法や郵送物なしの条件には注意が必要です。

おすすめの郵送物なしのカードローンとあわせて申し込み時の注意点もチェックし、スムーズにカードローンの申し込み手続きを進めましょう。

カードローンの郵送物なしについてまとめると
  • 契約書類やローンカードなどの郵送物を避けたいときは郵送物なしのカードローンがおすすめ
  • 郵送物なしのカードローンなら家族バレのリスクが少なく、申し込みも早い
  • カードローン利用時には契約書類やローンカード、明細書などが届く可能性がある
  • 郵送物なしでカードローンを利用するときは申し込み条件や滞納時の督促状などに要注意
  • 郵送物なしでも家族バレにつながることもあるため事前に必要な対策はチェックしておこう
  • カードローン会社は郵送物を送る場合、利用者のプライバシーを尊重してくれる
この記事の監修者

宮野茉莉子

1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許