借金減額の仕組みは?減額によるメリット・デメリットとシュミレーターの注意点を公開

借金減額の仕組み

記事内に広告を含みます

借金減額の仕組みは?

借金減額シュミレーターって本当なの?

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

借金の返済が厳しくて、今後の人生に対して不安を感じていませんか?

そのような方のために、日本には合法的に借金を減額できる制度があるのです。

そこで今回は借金減額を検討している人のために、借金減額の仕組みや借金減額の方法、おすすめの弁護士・司法書士事務所などについて詳しく紹介していきます。

借金の滞納や返済などお金に関する深刻な悩みがある方は、自身に適したおすすめの債務整理がわかる記事をご確認ください。

この記事の要点まとめ
  • 借金減額方法は「金利を下げる」「過払金請求をする」「債務整理を行う」の3つ
  • 借金減額シミュレーターは弁護士や司法書士事務所が提供している安全なものを利用する
  • 借金減額手続きをすると「信用情報に事故情報が記録される」などのデメリットがある
  • おすすめの弁護士や司法書士事務所は「はたの法律事務所」「サンク法律事務所」
  • 借金減額を考えている人はまずは弁護士や司法書士事務所の無料を相談を活用するのがおすすめ

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

※本記事でご紹介している法律・法務事務所には全国の弁護士会もしくは司法書士会に属している弁護士や司法書士が在籍しています。

目次 閉じる


プロフィール背景画像
プロフィール画像

マネーグロース – 債務整理部門

行政書士として、各種許認可業務、離婚協議書・遺言書・契約書・内容証明郵便等の各種書面作成、契約書個人・法人向けの法律相談やセミナーを行っている。 法律知識×SEOのノウハウを活かし、各種メディアへの執筆及び監修も担当する。

※当コンテンツはマネーグロースが定めるコンテンツ制作ポリシー並びに広告掲載ポリシーに基づいて作成されています。

本記事を監修した専門家

佐藤 一清 / 行政書士公式サイト) 行政書士として、各種許認可業務、離婚協議書・遺言書・契約書・内容証明郵便等の各種書面作成、契約書個人・法人向けの法律相談やセミナーを行っている。 法律知識×SEOのノウハウを活かし、各種メディアへの執筆及び監修も担当する。 【保有資格】 ・行政書士 ・宅地建物取引士 ・相続診断士

借金減額の方法と仕組みを公開!

では早速、借金減額の方法と仕組みについて紹介していきます。

ここでは、次の3点の具体的に借金を減額する方法について解説していきます。

借金減額の方法
  1. 金利を下げる
  2. 過払金請求をする
  3. 債務整理を行う

それでは、それぞれ確認していきましょう。

金利を下げる

消費者金融や銀行のカードローンで借入をしたことがある人は分かると思いますが、借入したお金には必ず利息が発生します。

利息は金利が高ければ高いほど多く発生してしまいます。

つまり、この金利を下げることができれば、実質借金の返済の負担を軽減することができますよね!

金利を減らす方法の一つとして、おまとめローンが挙げられます。

おまとめローンは1つの借入先から融資をまとめるだけで、結果的に金利を低くすることができます。

そのため、現在借入をしている会社よりも金利が安い会社に変更して借金を返済することで、金利負担が下げられます。

おまとめローンができる会社は次のようなものがあります。

おまとめローンができる会社
  • プロミス
  • レイク
  • SMBCモビット
  • アコム
  • オリックスマネー
  • 楽天銀行スーパーローン
  • ろうきんのおまとめローンアシスト500
  • 信用金庫
  • 横浜銀行カードローン
  • 東京スター銀行など

ただし、おまとめローンはローン商品によっては全て低金利が適用されるわけではなく、場合によっては低金利にならない可能性もあるため、注意が必要です。

過払金請求をする

二つ目の方法は過払い金請求です。

過払い金とは、消費者金融や銀行のカードローンなどに支払った利息の上限を超えた分を請求できることを指します。

過払い金請求をすれば、過払い金の返還分が残りの借金に充当されて、借金の負担を減らすことができます

ただし、過払い金請求をすると任意整理を行ったとみなされてしまい、自分の信用情報機関に事故情報として記録されてしまうため、注意が必要です。

記録された事故情報は5年〜7年残り続けるため、今後消費者金融での借入審査やクレジットカード審査など、あらゆる場面で不便になってしまう可能性も高いです。

過払い金の対象になる可能性のある条件
  • 2010年6月17日以前に借り入れをしていた
  • 完済してから10年以内

これらに当てはまる場合は、過払い金請求をして借金の支払いの負担を軽減できる可能性が高いです。

債務整理を行う

三つ目は債務整理です。

債務整理は、自分ではもう借金を返せないことを第三者機関に認めてもらう手続きです。

債務整理が無事にできれば、借金の減額や猶予が設けられます。

債務整理は合法的に借金を減額できる制度となり、借金で苦しむ人を助けてくれる制度になります。

債務整理は基本的に弁護士や違法書士に依頼して手続きを進めていくため、借金の返済ができずに困っている人は、まずは弁護士や司法書士に相談するところから始めてください

後程、おすすめの弁護士・司法書士事務所を紹介しますので、参考にしてください。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

借金減額の方法①|金利を下げる

ここからは、借金の減額方法の一つである「金利を下げる」特徴や仕組みについて紹介していきます。

金利をさげることで借金の減額ができる

先ほど解説したように、金利を下げることで借金の減額が可能となります。

金利を下げれば、毎月の返済額を下げることができ、今後の金利も下げることができます。

実際に借金を減らすわけではないですが、金利を下げることで借金の負担が軽減できることは事実です。

借金が減額できる仕組み

金利を下げるには、今現在借入をしている会社よりも金利が安いところで借入をすることで、総額の金利を抑えることができ、借金を減額できます。

例えば、金利15%で200万円を毎月5万円ずつ返済している場合、利息の合計は789,895円となります。

一方で、金利10%で200万円を毎月5万円ずつ返済している場合の金利の合計は442,908円と、約35万円ほど差がでます。

このように、金利が安いところでまとめてローンを組むことで、最終的な支払い総額よりも大幅に減額できるため、借金の負担を軽減することに期待ができるでしょう。

借金減額の方法②|過払金請求をする

続いて、過払い金請求の特徴と仕組みについて紹介していきます。

過払い金は利息制限法が適用される

過払い金は利息制限法という法律で以下のように定められています。

借入額利息制限法の上限金利
10万円未満20%
10万円以上100万円未満18%
100万円以上15%

ですが、2010年までには出資法という法律で年29.2%まで設定ができるように定められていました。

そのため、2010年6月以前に借入をしていた場合は、利息制限法ではなく出資法が適用されていた可能性が高く、過払い金が発生しているケースが多いです。

このような場合、弁護士や司法書士に依頼することで、過払い金請求で借金の減額ができます。

また、借金を全て返済し終わっている人でも、過払い金請求をすれば、支払い済みの利息を返還して貰うことは可能です。

借金が減額できる仕組み

利息制限法と出資法の2つの金利の差はグレーゾーン金利にあたるため、過払い金請求をすれば戻ってくる可能性が高いです。

グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の上限金利の間の金利を指し、過払い金請求において重要なポイントです。

また、過去にグレーゾーン金利を設定していた業者は限られており、代表的な貸金業者では次のような会社が当てはまります。

代表的な貸金業者
  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • レイク
  • シンキ(ノーローン)
  • ニコス
  • CFJ
  • セゾン
  • オリコ
  • セディナ
  • イオン
  • ジャックス
  • JCB

一方で、次のような業者はグレーゾーン金利を設定していないため、過払い金請求ができない可能性が高いです。

過払い金請求ができない可能性が高い業者
  • オリックス
  • モビット
  • キャッシュワン
  • アットローン(現在はSMBC(プロミス)に吸収)
  • ダイレクトワン
  • 銀行のカードローン
  • 公庫

また、過払い金請求の時効は最後の弁済から10年以内と決められているため、過払い金請求をする時は注意が必要です。

借金減額の方法③|債務整理を行う

三つ目の債務整理の特徴や仕組みについて紹介していきます。

債務整理の特徴

債務整理には任意整理と個人再生、自己破産などがあります。

任意整理は裁判所を介さずに手続きを行う方法です。

借金の利息を減額して、無理なく借金を支払えるようにプランを作成するのが主な手続きです。

一般的には弁護士や司法書士が間に入って手続きを行います。

個人再生は借金の返済が困難であることを裁判所に申立てをして、裁判所の許可が下りれば借金が減額できる手続きです。

法的な観点から借金を見直し、債務者の経済的な生活を再生させることが目的です。

自己破産は借金の返済が不可能になった時に、財産を換価処分する代わりに借金を免除してもらう手続きです。

車や家など、債務者が保有している価値の高い財産を現金化して、借金の返済に充てる目的があります。

借金が減額できる仕組み

債務整理は弁護士や司法書士などの専門家に相談した後、委任契約を結べば契約が締結します。

その後、受任通知を交渉先に送付して、債務整理の手続きに進みます。

債務整理をすると、弁護士などの代理人が債務者の経済的な状況などを加味しながら交渉をするため、借金の減額ができます。

特に、自己破産の場合は弁護士だけでなく裁判所も間に入って手続きを行うため、法的に借金の負担を軽減できる点が特徴です。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

借金減額シュミレーターは怪しい?実施の仕組みとは?

Webでよく見かける借金減額シミュレーターやそもそも正確なのか、何を基準に判断しているのかがわからない人も多いでしょう。

実際に借金が減額できるのは嬉しいけど、詐欺じゃないの?安心して利用できるの?と思うのが本音でしょう。

そこで、ここでは借金減額シミュレーターの仕組みや注意点について解説していきます。

そもそも借金減額シュミレーターとは?

借金減額シミュレーターとは、これまでの借入金額や個人情報などの簡単な項目を入力することで、減額できる借金があるかどうかを簡単に診断できるサービスです。

さまざまな会社が借金減額シミュレーターを提供しており、これを使うことによって次のことが分かります。

借金減額シミュレーターでわかるこ
  • 借金減額ができるかどうか
  • 減額できる借金の金額
  • 減額する方法

シミュレーターは基本的に匿名で利用することができるため、プライバシーの面で心配のある人でも安心して利用できます。

借金減額シュミレーターの仕組みとは?

借金減額シミュレーターはさまざまなものが提供されていますが、その仕組みはほとんど同じです。

基本的には次のような手順で利用します。

借金減額シュミレーターの手順
  • ステップ1|現在の借入総額の入力
  • ステップ2|借入期間の入力
  • ステップ3|現在の返済状況の入力
  • ステップ4|個人情報の入力
  • ステップ5|無料診断終了

上記の手続きが完了すれば、後はシミュレーターを提供している弁護士・司法書士事務所から連絡が来るのを待つだけです。

借金減額シミュレーターは基本的に弁護士や司法書士などの法律事務所は運営しています。

借金を減額する時は過払い金の請求や債務整理をすることが多いですが、これらの手続きは基本的に個人で行うのではなく、専門家である弁護士や司法書士に依頼して行います。

ですが、いきなり弁護士や司法書士に依頼することに抵抗を感じる人も多く、そのハードルを低くするための種子で開発されたのは減額シミュレーターです。

減額シミュレーターを利用する時は弁護士や司法書士に依頼する必要もなく、24時間365日いつでも診断できます。

その結果から、借金が減額できると判断された場合、そのまま弁護士や司法書士に依頼しやすい仕組みです。

診断結果の通知や弁護士や司法書士への相談は無料のところも多く、減額シミュレーターがきっかけで気軽に相談しやすくなるというメリットがあります。

また、減額シミュレーターを利用したからといって、費用がかかることも必ず弁護士や司法書士に依頼しなければいけないこともないため、安心してください。

借金減額シュミレーターを利用する際の注意点

借金の減額ができるかどうかを簡単に診断できる借金減額シミュレーターですが、いくつか使用前に知っておきたい注意点があります。

借金減額シミュレーターを利用する際の注意点は次の4点です。

利用する際の注意点
  • 診断結果が全て正しいわけではない
  • 診断後にしつこく営業電話が来ることもある
  • 手数料などを請求してくるシミュレーターは利用しない
  • 情報を悪用する業者も存在する

一つ目の注意点は「借金減額シミュレーターの診断結果が全て正しいわけではない」点です。

借金減額シミュレーターを利用しても、必ず診断結果の金額が減額されるわけではありません。

借金減額シミュレーターはあくまでも申込内容を元に試算した結果です。

借金減額シミュレーターでは基本的に簡単な項目を入力して簡易的に診断できるものなので、結果通りの減額を確約しているわけではないことをしっかり覚えておきましょう。

これは、悪いことでなく、診断結果で減額できないと診断された場合でも、実際に弁護士や司法書士に依頼する時に減額できると判断されるケースもあります。

二つ目の注意点は「診断後にしつこく営業電話が来ることもある」点です。

ほとんどの借金減額シミュレーターでは氏名や電話番号、メールアドレスなどを入力する必要があります。

これは、診断結果をユーザーに届けるために必須な項目となりますが、診断後にしつこく電話がかかって来ることはあります。

そのため、実際に弁護士や司法書士に依頼するつもりがない人が軽い気持ちで借金減額シミュレーターを利用することはあまりおすすめしません。

診断後にすぐに弁護士や司法書士に相談したいと考えている人にとっては、手続きがスムーズに進み、逆にメリットを感じることもあるでしょう

三つ目の注意点は「手数料などを請求してくるシミュレーターは利用しない」ことです。

ほとんどの借金減額シミュレーターは無料で利用できるため、費用を支払う必要はありません。

ですが、違法業者が運営している借金減額シミュレーターを利用してしまった場合、すぐに利用料を請求されてしまうこともあります。

もちろん、違法業者に請求されたお金は支払う必要はありませんが、不安な人は警察などに相談することをおすすめします。

四つ目の注意点は「情報を悪用する業者も存在する」点です。

違法業者や個人が運営する借金減額シミュレーターを利用してしまうと、個人情報が漏えいし、あなたの情報を悪用する業者もいます。

ほとんどの借金減額シミュレーターは弁護士や司法書士が運営しているため安心して利用できますが、借金減額シミュレーターを利用する時は運営会社を必ずチェックするようにしましょう。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

借金減額をすることでのメリット・デメリット

続いて、借金減額をすることでのメリットとデメリットを紹介していきます。

借金減額はメリットだけではくデメリットもあるため、借金減額手続きの前に事前に確認しておきましょう。

借金減額のメリット

借金減額のメリットは次のようなものが挙げられます。

メリット
  • 過払い金請求ができる
  • 財産を維持できる
  • 周囲に知られることなく借金が減額できる
  • 毎月の負担が減り、ストレスが緩和される

一つ目のメリットは過払い金請求ができる点です。

過払い金請求をして借金減額をすることができれば、そのお金を借金の返済に充当することができます。

既に完済済みであれば手元に返還されたお金が戻ってきます。

借金の減額のために過払い金請求をしなければ無駄に支払ったお金はそのままの状態となりますので、お金が欲しい人は借金減額をしましょう。

二つ目のメリットは「財産を維持できる」点です。

借金減額をせずに毎月の返済を滞っている場合、最終的に財産が差し押さえられてしまいます。

ですが、借金減額をして毎月の負担を減らすことで、財産を維持することができます。

特に、家族が一緒に住んでいる場合、財産を失うことで一緒に住んでいる家族にも迷惑をかけることになる場合もあります。

三つ目のメリットは「周囲に知られることなく借金が減額できる」点です。

借金の減額は周囲の人に知られることなく手続きを進めることができます。

借金の減額の手続きは基本的に弁護士や司法書士が行ってくれるため、手続きしたことが周囲にバレてしまうことはありません。

四つ目のメリットは「毎月の負担が減り、ストレスが緩和される」点です。

現在借金の返済に追われている人は、毎月支払いに追われてストレスが溜まっていることでしょう。

借金減額ができれば、毎月の借金の負担を軽減することができます。

余裕ができる分借金の返済に追われることで貯まったストレスを発散することにお金を使うこともできるようになり、精神的にも肉体的にも落ち着いて過ごすことができます。

借金減額のデメリット

借金減額のデメリットは、次のようなものが挙げられます。

デメリット
  • 信用情報に事故情報が記録される
  • 保証会社を利用できない
  • さまざまなローン審査に申込ができない

一つ目の借金減額のデメリットは「信用情報に事故情報が記録される」点です。

借金減額のために債務整理をする場合、事故情報として信用情報に記録されてしまいます。

いわゆるブラックリストに載るということです。

一度信用情報に事故情報がついてしまうと、さまざまな弊害が起こってしまうデメリットがあります。

二つ目の借金減額のデメリットは「保証会社を利用できない」点です。

賃貸契約をする時に、保証会社を利用して契約することが多いです。

しかし、信用情報に事故情報が記録されている場合、保証会社を利用できない場合も多く、なかなか引越しをしたくてもできなくなることがあります。

三つ目の借金減額のデメリットは「さまざまなローン審査に申込ができない」点です。

借金減額のために債務整理をすると、信用情報に事故情報が記録されてしまうことは前述した通りです。

事故情報が記録されると消費者金融や銀行のカードローンでの借入、自動車ローン、住宅ローンなどさまざまなローン審査に影響してしまいます。

そのため、借金を減額した後に再びカードローン利用を検討していても、審査に通過することはできません。

このように、借金減額はメリットばかりではないため、デメリットもしっかり加味したうえで、手続きを進めるようにしてください。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

借金を減額したいなら弁護士・司法書士に相談することがおすすめ

借金の減額をしたいなら弁護士・司法書士に相談することがおすすめです。

弁護士・司法書士に相談することで最適な債務整理の方法を選択することができます

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの手続きがありますが、素人からすると、今の自分の状況を考えてどの手続きが最適なのかわからない人も多いでしょう。

弁護士・司法書士などの法律のプロに相談することで、自分にはどの手続きが最適かどうかを選択してもらえます。

また、弁護士・司法書士に依頼した時点で債務者からの取り立てを止めることもでき、借金減額のための面倒な手間も省けます。

特に自己破産や個人再生をする場合は、たくさんの資料を準備する必要があるため、弁護士・司法書士に相談することをおすすめします。

以下にて、おすすめの弁護士や司法書士事務所を紹介していますので、参考にしてください。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

借金減額・債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所7選

ここからは借金減額・債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所をご紹介していきます。

以下がおすすめの弁護士・司法書士事務所です。

債務整理の相談におすすめな弁護士・司法書士事務所11選
  • 【コストを抑えたい】はたの法務事務所
  • 【相談が何度でも無料】ひばり法律事務所
  • 【実績で選ぶなら】東京ロータス法律事務所
  • 【消費者金融が恐る司法書士No.1】杉山事務所
  • 【経験で選ぶなら】渋谷法務総合事務所
  • 【裁判で勝負するなら】アース法律事務所
  • 【何度でも相談無料】ライズ綜合法律事務所
  • 【メール・電話での相談が何度でも無料】Hana法務事務所
  • 【相談のしやすさで選ぶなら】サンク法律事務所
  • 【裁判まで一貫して依頼したい】ベリーベスト法律事務所
  • 【何度でも相談無料】弁護士法人・響

【コストを抑えたい】はたの法務事務所

債務整理におすすめのはたの法務事務所

出典:https://hikari-hatano.com/

はたの法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (3)
総合おすすめ度
 (4.5)
はたの法務事務所の特徴
  • 着手金が0円のため、失敗しても費用がかからない
  • 報奨金の分割もOKのため、相談がしやすい
  • 過払金・任意整理の実績や評価が高く、とにかくコストをかけずに債務整理がしたい人におすすめ
  • ただし、裁判まではできないため自己破産や個人再生など裁判が必要な場合は新たに弁護士を雇う必要があるため不向き

はたの法務事務所は、コストを抑えて債務整理手続きができることで当サイトでも人気No1の法務事務所です。

全国どこでも出張相談ができるほか、過払金調査費用も無料・初期費用となる着手金も無料と手厚いサポートが特徴と言えます。

行政書士
行政書士

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。

はたの法務事務所の詳細
はたの法務事務所の基本情報
事務所名業態
はたの法務事務所司法書士法人
電話番号対応業務
0120-732-023任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
匿名相談
はたの法務事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
はたの法務事務所の費用
任意整理1社 22,000円〜
過払金成功報酬14.08%〜
自己破産330,000円
民事再生385,000円

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【相談が何度でも無料】ひばり法律事務所

債務整理におすすめのひばり法律事務所

出典:https://www.hibari-law.net/

ひばり法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4.5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4)
ひばり法律事務所の特徴
  • 債務整理専門弁護士との相談が何度でも無料!
  • 累計1万件の債務整理対応という実績もあるので安心して相談できる。
  • 緊急性に応じて即レスするスピード対応なので、手続きに時間をかけたくない方におすすめ!
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合は、お断りする場合がある。

ひばり法律事務所は、債務整理の依頼を扱うことが多く、これまでに数多くの借金問題を解決してきています。

以前は「名村法律事務所」でしたが、業務を充実するために個人事務所から弁護士法人になり、名前をひばり法律事務所に変更しています。

さらに、ひばり法律事務所は、弁護士が在籍しているので金額の大小に関わらず債務整理の相談ができ、手続きを行ってくれます。

他の法律事務所で断られてしまって困った場合、諦める前にぜひひばり法律事務所に相談してみてください。

行政書士
行政書士

ひばり法律事務所なら、すべての借り入れをまとめて依頼できます。また、1つの債権者からの借金額が多い人も受け付けてくれます。

ひばり法律事務所の詳細
ひばり法律事務所の基本情報
事務所名業態
ひばり法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
050-3189-0296任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
ひばり法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:20,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
ひばり法律事務所の費用
任意整理20,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産200,000円〜
個人再生200,000円〜

\ まずは無料診断 /

◎お申込みをすると、ひばり法律事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【実績で選ぶなら】東京ロータス法律事務所

債務整理におすすめの東京ロータス法律事務所

出典:http://tokyo-lawtas.com/

東京ロータス法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4.5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4.5)
東京ロータス法律事務所の特徴
  • 1万件以上の相談実績があるので経験豊富な弁護士に相談したい方におすすめ
  • 債務整理の相談は何度でも無料!
  • 弁護士事務所の中でもトップクラスの料金体系なのでコストが心配な方も安心
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合はお断りする場合がある

東京ロータス法律事務所は、債務整理が得意な料金最安値クラスの法律事務所です。

特に任意整理は一番安く設定されており、通常では5~10万円程度かかるところ、東京ロータス法律事務所は45,000円(税別)ほどです。

さらに、東京ロータス法律事務所は、過払金に関しての相談であれば何度でも無料相談可能です。

悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

行政書士
行政書士

最近では「初回相談のみ無料」とする法律事務所も多くありますが、通常、弁護士との相談は30分で5000円程度という料金設定がされています。

東京ロータス法律事務所の詳細
東京ロータス法律事務所の基本情報
事務所名業態
東京ロータス法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-316-715任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
東京ロータス法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
東京ロータス法律事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産200,000円
個人再生300,000円

\ まずは無料診断/

◎お申込みをすると、東京ロータス法律事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【消費者金融が恐る司法書士No.1】杉山事務所

債務整理におすすめの杉山事務所

出典:https://sugiyama-kabaraikin.com/

杉山事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4.5)
杉山事務所の特徴
  • 消費者金融が恐る司法書士No.1
  • 相談実績が月間3,000件以上
  • 無料で出張相談も可能
  • 初期費用(着手金)が0円

杉山事務所は、週刊ダイヤモンド誌が選ぶ「消費者金融が恐れる司法書士」で日本一に選出された司法書士事務所です。

毎月3000件以上の相談があり、毎月の過払い金回収額は5億円を超えるという実績を持っています。

過払い金診断や相談は無料で行ってくれますし、着手金も無料で、過払い金を取り戻せた時にだけ報酬が発生する点も安心です。

行政書士
行政書士

杉山事務所に依頼すると相談料や着手金が発生しないのはメリットです。

杉山事務所の詳細
杉山事務所の基本情報
事務所名業態
杉山事務所司法書士法人
電話番号対応業務
0120-066-018任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
杉山事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:0円
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
杉事務所の費用
任意整理11,000円/件~
過払金成功報酬22%~
自己破産440,000円〜(1,000万円以下の場合)
個人再生440,000円〜

\ まずは無料診断/

◎お申込みをすると、杉山事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【経験で選ぶなら】渋谷法務総合事務所

債務整理におすすめの渋谷法務総合事務所

出典:https://www.shibuya-houmu.com

渋谷法務総合事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (1)
渋谷法務総合事務所の特徴
  • 相談料は無料
  • 経験豊富なベテランが在籍
  • 土日祝日も対応可能

渋谷法務総合事務所は、認定司法書士が在籍している法務事務所です。

キャリア35年以上のベテラン司法書士が在籍しているので、問題解決の面では安心できるでしょう。

相談無料なので、費用面で不安があっても利用ができます。

しかし、認定司法書士なので、1社あたりの負債金額が140万円を超える場合は依頼ができないので、その場合は弁護士事務所に相談しましょう。

行政書士
行政書士

主張相談や借金専用窓口でも相談可能です。

渋谷法務総合事務所の詳細
渋谷法務総合事務所の基本情報
事務所名業態
渋谷法務総合事務所司法書士法人
電話番号対応業務
0120-553-052
【借金専用相談窓口】
0120-871-244
0120-355-005
任意整理
個人再生
自己破産
その他の業務(登記・相続関係)
匿名相談
渋谷法務総合事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
渋谷法務総合事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産220,000円
個人再生330,000円

\ 債務整理で悩む人が利用しやすい環境 /

◎お申込みをすると、渋谷法務総合事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【裁判で勝負するなら】アース法律事務所

債務整理におすすめのアース法律事務所

出典:http://earth-lawoffice.net/

アース法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (4.5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4)
アース法律事務所の特徴
  • 元裁判官も担当した30年以上のキャリアのある弁護士が担当するので安心!
  • 債務整理の受任実績は3,500件以上と豊富な経験から最適な方法を提案する。
  • 出張面談を行っているので全国どこからでも債務整理を依頼可能!
  • ただし、借金額や置かれている状況によっては、債務整理の方法が限られてしまう場合がある。

アース法律事務所は、裁判官の経験だけでなく弁護士としてのキャリアも30年以上で、様々な案件に関わってきた豊富な実績と経験を活かして債務整理に当たってくれます。

また、債務整理に関する近年の裁判の運用や現状などにもとても詳しく、手続きの進め方などもスムーズなので、アース法律事務所の特徴と言えます。

行政書士
行政書士

個人再生や自己破産をする場合、裁判所で手続きを行わなければいけません。そのため、裁判官としての経験がある弁護士なら依頼しやすいです。

アース法律事務所の詳細
アース法律事務所の基本情報
事務所名業態
アース法律事務所弁護士事務所
電話番号対応業務
03-6383-2430任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
アース法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
アース法律事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬22%~
自己破産330,000円〜
個人再生330,000円〜

\ まずは無料診断/

◎アース法律事務所は全国対応かつ、いつでもメール相談を活用できるので、お急ぎの方でも安心して利用できます

【何度でも相談無料】ライズ綜合法律事務所

過払い金請求_おすすめ弁護士・司法書士事務所_ライズ綜合法律事務所
ライズ綜合法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4.5)
ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件以上の債務整理・過払金の実績があり、解決力がとにかく高い
  • 何度でも無料相談をすることができ、契約前から相談しやすい
  • 任意整理の完了後に借金返済の一本化ができ、返済管理を代行してもらえる
  • 弁護士への依頼のため費用は安くはないが、経験豊富な弁護士に任せたい人には非常におすすめ

ライズ綜合法律事務所は、債務整理や過払金請求問題の解決に長けている法律事務所です。

無料出張相談会を実施しているため、気軽に無料で相談できるほか、関東と関西どちらでも展開しているので、対面相談しやすいのがポイントです。

行政書士
行政書士

まずは相談からしてみたい人や、経験豊富な弁護士に任せたい人におすすめと言えます。

ライズ綜合法律事務所の詳細
ライズ綜合法律事務所の基本情報
事務所名業態
ライズ綜合法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-657-001任意整理
過払金請求
個人再生
自己破産
匿名相談
ライズ綜合法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金(1社あたり):55,000円〜
着手金(残債務のない債権の調査、過払い請求):0円
法律相談料:11,000円(1時間以内)、(30分ごとに5,500円)
出張相談費用:0円
ライズ綜合法律事務所の費用
任意整理1社 55,000円〜
過払金成功報酬22%〜
自己破産811,000円
民事再生618,000円

\ まずは無料診断/

【メール・電話での相談が何度でも無料】Hana法務事務所

債務整理におすすめのはなさく

出典:https://hana-legal.com

Hana法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (5)
総合おすすめ度
 (4.5)
 Hana法務事務所の特徴
  • 電話・メールでの相談は何度でも無料
  • 全国3カ所に事務所がある
  • 周りに知られることなく借金問題解決
  • 対応後の支払いは分割払いでも可能

Hana法務事務所は大阪を中心に全国に3カ所に事務所を設けている法務事務所です。

電話・メールの場合何度でも相談無料なので、納得するまで相談することができます。

相談はまだ勇気がない方は匿名でできる借金減額診断もあるのでそちらをおすすめします。

行政書士
行政書士

何度でも相談無料なので気軽に話すことができます

Hana法務事務所の詳細
Hana法務事務所の基本情報
事務所名業態
Hana法務事務所司法書士法人
電話番号対応業務
06-7777-4576任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
その他
匿名相談
Hana法務務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
Hana法務事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産要問い合わせ
個人再生要問い合わせ

\ 自分に最適な事務所を見つける!/

◎お申込みをすると、Hana法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!
*ケースによっては貴方のニーズや地域に合った事務所のご紹介になる場合もございます。

【相談のしやすさで選ぶなら】サンク法律事務所

債務整理におすすめのサンク法律事務所

出典:https://thank-law.jp

サンク法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (3)
総合おすすめ度
 (4.5)
サンク法律事務所の特徴
  • 対応は年中無休
  • 費用負担が比較的軽い
  • 相談のしやすさ

サンク法律事務所は、業界の中でも低コストで依頼ができることで人気な法律事務所です。

債務整理だけでなく、法律に関する広い分野の案件を取り扱っているため、業界の知識に関してはトップクラスで信頼ができます。

また、女性弁護士がいるので、誰でも安心してご利用できます。

行政書士
行政書士

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。

サンク法務事務所の詳細
サンク法務事務所の基本情報
事務所名業態
サンク総合法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-281-739任意整理
債務整理
個人再生
自己破産
過払い
匿名相談
サンク法務事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
サンク法務事務所の費用
任意整理着手金550,000円〜
報酬金11,000円〜
減額報酬11%
過払金成功報酬着手金0円
債権者1件につき21,780円
自己破産同時廃止
着手金330,000円〜
成功報酬110,000円〜
少額管財
着手金440,000円〜
成功報酬110,000円〜
個人再生住宅なし
着手金440,000円〜
報酬金110,000円〜
住宅あり
着手金550,000円〜
報酬金110,000円〜

\ まずは無料相談/

【裁判まで一貫して依頼したい】ベリーベスト法律事務所

債務整理におすすめのベリーベスト法律事務所

出典:https://www.vbest.jp/

ベリーベスト法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (3)
対応業務の広さ
 (5)
総合おすすめ度
 (4)
ベリーベスト法律事務所の特徴
  • 相談は24時間・365日いつでも対応可能
  • 1ヶ月に回収件数853件、回収金額21憶5556万円という豊富な実績
  • 北海道から沖縄まで全国49の拠点があるため地方の人でも安心
  • ただし、284人の弁護士数(国内6位)もの所属している故、弁護士には当たり外れがある

ベリーベスト法律事務所は、24時間365日対応なことが特徴の弁護士事務所です。

ベリーベスト法律事務所の魅力として、全国対応であることが挙げられます。

北海道から沖縄まで全国に49の拠点があるため、住んでいる場所に関係なく気軽に相談が可能です。

また、この事務所の魅力として、過去の相談実績が豊富なことも挙げられます。

2011年2月から2021年6月までで24万件以上の相談件数を誇る経験豊富なベテラン事務所なので、まずは相談してみるのがおすすめです。

行政書士
行政書士

過払い金の回収で多くの実績があるため、過払い金請求・債務整理の相談におすすめの弁護士事務所と言えます。

ベリーベスト法務事務所の詳細
ベリーベスト法務事務所の基本情報
事務所名業態
ベリーベスト法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-666-694債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
ベリーベスト法務事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
ベリーベスト法務事務所の費用
任意整理44,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬基本報酬:1社あたり4万円
成功報酬:20%
*別途事務手数料
自己破産基本報酬
⇒同時廃止の場合24万円
⇒少額管財の場合34万円
裁判所申立費用
⇒同時廃止の場合3万円
⇒少額管財の場合23万円
個人再生基本報酬
⇒住宅ローン条項ありの場合44万円
⇒住宅ローン条項なしの場合34万円
裁判所申立費用:3万円
成功報酬:なし

【何度でも相談無料】弁護士法人・響

債務整理におすすめの弁護士法人響
Hana法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (3)
総合おすすめ度
 (1)
弁護士法人・響の3つの特徴
  • 何度でも相談可能
  • 初期費用無料+分割払いOK
  • 24時間365日対応可能

弁護士法人 響は、債務整理だけでなく税理士・社労士・行政書士などあらゆるジャンルの専門家を束ねる『響グループ』が運営する、大手法律事務所です。

大手の法律事務所なので、弁護士+スタッフが専任で担当をしてくれるなど、手厚いサポートが人気です。

行政書士
行政書士

相談は何回でも無料なので、知識ゼロでも安心して依頼ができます。

弁護士法人・響の詳細
弁護士法人・響の基本情報
事務所名業態
弁護士法人・響弁護士法人
電話番号対応業務
0120-205-376債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
弁護士法人・響の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
弁護士法人・響の費用
任意整理55,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬22,000円
自己破産22万
個人再生住宅あり
33万円
住宅なし
22万円

借金の減額に関してよくある質問

最後に、借金の減額に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

よくある質問
  • 借金を減額する方法を教えてください
  • 借金減額シュミレーターとはなんですか?
  • 借金減額のメリット・デメリットを教えてください

それでは、それぞれ解説していきます。

借金を減額する方法を教えてください

借金を減額する方法は次の3つの方法があります。

借金を減額する方法
  • 金利を下げる
  • 過払金請求をする
  • 債務整理を行う

弁護士や司法書士がおすすめしない方法もあるため、どの方法で借金の減額をすればいいかわからない人はまずは弁護士や司法書士に相談してみるところから始めてみてください。

借金減額シュミレーターとはなんですか?

借金の減額シミュレーターは、現在借金の返済で困っている人が気軽に借金減額シミュレーターを利用して借金の減額ができるかを診断できるサービスです。

診断結果が全てその通りになるというわけではありませんが、弁護士や司法書士に相談する前の診断として活用する人が多いです。

借金減額のメリット・デメリットを教えてください

借金減額のメリットとデメリットは次のようになります。

借金減額のメリット
  • 過払い金請求ができる
  • 財産を維持できる
  • 周囲に知られることなく借金が減額できる
  • 毎月の負担が減り、ストレスが緩和される
借金減額のデメリット
  • 信用情報に事故情報が記録される
  • 保証会社を利用できない
  • さまざまなローン審査に申込ができない

借金減額を検討している人は、メリットだけでなくデメリットもしっかり把握したうえで、手続きを進めてください。

借金減額の仕組みを理解して借金返済をしよう

今回は借金減額を検討している人のために、借金減額の仕組みや借金減額の方法、おすすめの弁護士・司法書士事務所などについて詳しく紹介してきました。

現在借金の返済で困っている人、悩んでいる人は、弁護士や司法書士などの専門家に相談するのが断然おすすめです

本記事で紹介した借金減額方法やおすすめの弁護士・司法書士事務所などを参考にして決めるようにしましょう。

まずは弁護士や司法書士事務所の無料相談を利用して、自分がすべき行動のアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!