借金地獄で返せない時はどうする?人生逆転に向けた5つの解決方法を徹底解説!

借金が返せないとどうなるの?

記事内に広告を含みます

借金地獄を放置すると、借金を完済できないどころか督促によって周囲の人に借金がバレて、最終的には財産を差し押さえられるリスクがあります。

とはいえ、借金地獄になったらどうするのか、お金がないのにどう返済すれば良いのかわからない人は多いのではないでしょうか。

この記事では、借金を返せない方法や借金地獄から抜け出す方法、おすすめの法律事務所まで詳しく解説しています。

どうしても返済ができない場合、早めに債務整理を検討する必要があるので、ぜひ参考にしてください。

借金地獄で返せない時の解決方法
この記事でわかること
  • 電話で借金の返済を催促される
  • 遅延損害金が発生する
  • 督促状が届く
  • 差し押さえをされる
  • 借金が返せなくなって困ったらまずは借金減額を『専門家』に相談
  • 借金問題を依頼するなら相談料・着手金無料で実績のある『はたの法務事務所』

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

>> 0120-310-845 <<
【電話相談】平日 8:30~21:30 / 土日祝 8:30~21:00

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

本記事を監修した専門家

川端 克成 / 元弁護士 弁護士として約15年間稼働。債務整理だけでなく、離婚・相続・交通事故・刑事事件などをはじめとして幅広い分野を担当。現在では、弁護士としての経験を活かしてお金の問題を解決できる記事を執筆。
保有資格・証明書
宅地建物取引士
司法修習終了証明書
※資格名や証明書名をタップすると証明書が確認できます。

目次 閉じる


プロフィール背景画像
プロフィール画像

マネーグロース – 債務整理部門

行政書士として、各種許認可業務、離婚協議書・遺言書・契約書・内容証明郵便等の各種書面作成、契約書個人・法人向けの法律相談やセミナーを行っている。 法律知識×SEOのノウハウを活かし、各種メディアへの執筆及び監修も担当する。

※当コンテンツはマネーグロースが定めるコンテンツ制作ポリシー並びに広告掲載ポリシーに基づいて作成されています。

本記事を監修した専門家

佐藤 一清 / 行政書士公式サイト) 行政書士として、各種許認可業務、離婚協議書・遺言書・契約書・内容証明郵便等の各種書面作成、契約書個人・法人向けの法律相談やセミナーを行っている。 法律知識×SEOのノウハウを活かし、各種メディアへの執筆及び監修も担当する。 【保有資格】 ・行政書士 ・宅地建物取引士 ・相続診断士

借金地獄とは

借金地獄とは、簡単に言うと毎月きちんと返済しているのに借金が減らない、または増え続けている状態を指します。より具体的に言うと、次のような状態です。

借金地獄とは
  • 複数社から借り入れしている
  • 借入総額が年収の3分の1を超えている

多重債務に陥ると、現在いくら借りているのか状況を把握しづらくなってしまうため、危険な状態です。

特に、お金を返すためにお金を借りる「自転車操業」という負のループに陥っている場合、今すぐ解決しないと借金が増え続けて状況が悪化してしまいます。

また、貸金業法の「総量規制」では、過剰な貸付を防ぐために貸金業者からは年収の3分の1以上借りられない決まりになっています。

つまり、総量規制をオーバーしている時点で、過剰に借り入れしていると言えるでしょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、かつては銀行カードローンで借りすぎてしまう人が後を絶ちませんでした。

しかし、現在では銀行カードローンでも、総量規制と同等の自主規制が設けられていることがほとんどです。

既に借りすぎてしまった方は、早めに対処を検討した方がよいでしょう。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

借金まみれで人生崩壊?借金を返せない4つのリスク

借金まみれで人生崩壊?借金を返せない4つのリスク

借金を返せないと「怖そうな人達に恐喝されるんじゃないか」と心配している人も多いのではないかと思います。

しかし、返済の催促は段階を踏んで行われるため、いきなり恐喝まがいの方法で返済を催促されることは滅多にないです。

それでは、具体的にどのようなことが起こるのか見ていきましょう。

借金の返済をしないと起こること
  • 電話で借金返済を催促される
  • 遅延損害金が発生する
  • 督促状が届く
  • 差し押さえをされる

電話で借金返済を催促される

借金を期日までに返せていない場合、まずは電話で催促されることが多いです。

最初は、自分が契約時に登録した番号に電話がかかってきます。

連絡が来ても長時間放置していると、最初に登録した番号だけでなく、自宅の固定電話や勤務先にも電話がかかってくる可能性があります。

これにより、身内や同僚に借金をしていることがバレてしまうことがあるので注意が必要です。

催促の電話に出ると怒られるのではないかと考えている人は多いと思いますが、怒鳴ったり恐喝行為に当たるようなことは法律で禁止されています。

また、どうしても電話をかけられるのが嫌な場合は、専門家に債務整理を依頼すると、催促の電話を止めることができます。

 メモ

電話では基本的に次回の返済予定日を聞かれます。
この時点で返済予定日が決まっている場合はしっかりと担当者に伝えておきましょう。
返済予定日が決まっていなかったとしても、自分に返済意思があることを伝え、担当者と相談することが必要です。
どうしても期日までに返済が難しい場合ははっきりと伝え、妥協案を考えましょう。

元弁護士
元弁護士

返済が苦しい場合には、滞納する前に自分から借入先に連絡し、支払い方法を相談した方がよいでしょう。

早めに相談した方が借入先の理解が得られやすく、柔軟な対応が期待できるからです。

遅延損害金が発生する

借金の返済が遅れると、遅延損害金が発生します。

遅延損害金とは、借金の返済を滞納したことにより生じる損害賠償金です。

そのため、遅延損害金が発生すると通常よりも多くのお金を支払うことになってしまいます。

注意

遅延損害金と利息は違うものなので、同時に発生することはありません。
遅延損害金は返済期日を過ぎた場合に発生しますが、利息は返済期日前の借入金に対して発生するものです。
利息と損害遅延金を同じだと勘違いしている人は要注意です。

元弁護士
元弁護士

借金の滞納が2~3ヶ月続くと、借入残高の一括返済を請求されます。

その場合には、残高全体に対して遅延損害金がかかるため、あっという間に返済額が膨れ上がってしまいます。

万が一、返済が遅れた場合には早めに解決を図ることが重要です。

督促状が届く

借金を返さず滞納したままでいると、賃金業者から督促状が届くことがあります。

督促状には借金を一括返済することの要求や、これ以上滞納を続けると法的措置をとるといったことが記載されています。

いわば最終通告書のようなものです。

そのため、督促状が届いたら絶対に無視をしないように気を付けましょう。

 注意

督促状は法的措置をとることを伝えるための最終通告書ですが、場合によっては時効消滅させることができます。
時効消滅できるか確認するためにすぐに弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。

元弁護士
元弁護士

督促状や催告書などの書面は、通常、何度も送られてきます。

これは、借入先の業者が裁判や差し押さえの手続きを行う前に、返済のチャンスを何度もくれているということでもあります。

返済が厳しくても借入先に連絡し、事情を伝えて支払い方法を相談するようにしましょう。

差し押さえをされる

借金を滞納したままでいると、給料や銀行口座を差し押さえされます。

一番初めに差し押さえの対象になるのは給料です。

給与の差し押さえに関しては、原則として現在の給料の4分の1が差し押さえの対象となります。

逆にいうと、4分の3は差し押さえされないということですよね。

しかし、これは必要最低限の生活を送るお金を残しておくために設定された数値です。

 注意

収入が多い人にはこの数値は適用されません。

具体的には、給料が手取りで33万円以上ある場合、33万円を超える部分は全額差し押さえされる可能性があります。

また、退職金やボーナスなども差し押さえの対象となることがあります。

銀行口座の差し押さえに関しては、差し押さえの通達が裁判所から出された時点で自分の口座に請求額が残っていた場合はその分が差し押さえられます。

そのため、銀行口座そのものが使えなくなるわけではありません。

銀行口座の差し押さえを避けたければ、事前にお金を引き出しておくことや、銀行口座をあらかじめ解約しておきましょう。

元弁護士
元弁護士

差し押さえは、いきなりされるものではありません。

公正証書を作成されていない限り、差し押さえの前には必ず裁判があります。

裁判所から書類が届いたら、放置せず弁護士や司法書士に相談しましょう。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

借金地獄になったらどうする?5つの対処法を解説

借金地獄になったらどうする?5つの対処法

借金地獄を放置すると状況は悪化するばかりなので、今すぐ対処する必要があります。

具体的には、以下のような方法があります。

借金地獄から抜け出す方法
  • 身内に相談して援助してもらう
  • 収支を見直して自力で返済する
  • 借り換え・おまとめローンで返済負担を減らす
  • 公的融資制度を活用する
  • 債務整理を検討する

身内に相談して援助してもらう

まずは親族や友人など、親しい人に相談しましょう。

借金を抱えることは恥ずかしいと考えている人も多いですが、身内に相談すれば第三者の視点から冷静にアドバイスしてもらえます。

また、資金的な援助を受けられる可能性もあります。

身内からお金を借りる場合は、カードローンと違って利息が発生しないので、負のループから抜け出しやすいと言えるでしょう。

元弁護士
元弁護士

お金の問題で人間関係にヒビが入ることは多々あります。

そのため、本当に信頼できる人に対して、誠意をもって援助を依頼することが大切です。

収支を見直して自力で返済する

周りに頼れる人がいない場合は、自力でなんとかできないか考えてみましょう。

自力で解決する場合、まずは借金の原因となっている支出を見直し、少しずつ返済に充てられるお金を増やしていく必要があります。

家計簿で現在の支出を見直す

まずは家計簿を付けることから始めましょう。

毎月の収支を把握すれば、現状で毎月いくら返済しているのか、より多く返済するにはどのくらい支出を減らすべきなのかわかります。

とはいえ、買い物のたびに家計簿を付けるのは大変なので、家計簿アプリがおすすめです。

固定費から支出を減らしていく

支出を把握したら、固定費から見直していきましょう。

固定費は毎月発生する費用なので長期的に見ると見直しの効果が大きく、例えば毎月1万円節約するだけでも年間12万円多く返済できます。

固定費には、次のような例があります。

固定費の例
  • 家賃
  • 自動車
  • 通信費
  • 習い事
  • 保険

特に、通信費や保険などは無駄に多く支払っている可能性が高く、速攻で節約効果に期待できます。

元弁護士
元弁護士

借金地獄から抜け出すためには、家計の収支を見直すことが基本中の基本です。

身内に援助してもらう場合も、次の借り換えやおまとめローンを利用する場合でも、家計の収支の見直しは必ず行いましょう。

借り換え・おまとめローンで返済負担を減らす

自分の力だけで返済を進めるのが困難なら、借り換え・おまとめを検討しましょう。

利息制限法によると、借入額が100万円以上になると上限利息が18.0%から15.0%になるため、複数社から少額ずつ借りている人は金利が下がる可能性があります。

また、借り入れを一本化すれば現在の返済状況を把握しやすくなるため、ぜひおまとめローンの利用をご検討ください。

ただし、借り換え・おまとめには審査が必要になるため、必ず成功するとは限りません。

元弁護士
元弁護士

借り換えやおまとめローンを利用すると返済期間が長期化するため、トータルでみると利息の負担がかえって重くなる可能性があります。

そのため、家計の収支を見直すなどして繰り上げ返済に努めて、早期の完済を目指すのがおすすめです。

公的融資制度を活用する

収入がなくなったり怪我や病気で働けなくなったりして返済が苦しくなった場合は、公的融資制度を活用しましょう。

具体的には、次のような制度があります。

借金地獄を抜け出すのに使える制度
  • 生活福祉資金貸付
  • 生活困窮者自立支援制度

生活福祉資金貸付

生活福祉資金貸付とは、生活に困ってる人を援助するための制度で、さまざまな目的でお金を借りられます。

具体的には、次のような人が対象となります。

生活福祉資金貸付を利用できる人
  • 低所得である
  • 障害があり働けない
  • 高齢で働くのが難しい

保証人がいる場合は無利子、保証人がいなくても年1.5%程度から借りられるので、カードローンよりも圧倒的に負担が小さい

生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度は、生活が苦しい人をサポートするための制度です。

基本は支援プランを提案してもらったり、就職先を紹介してもらったりするのが目的ですが、場合によっては資金の援助を受けられます。

具体的には、次のような支援があります。

援助の種類
  • 自立相談支援事業
  • 住居確保給付金
  • 就労準備支援事業
  • 家計改善支援事業
  • 子どもの学習・生活支援事業
  • 一時生活支事業(居住支援含む)

生活に困っていれば相談してみましょう。

元弁護士
元弁護士

最終手段として、生活保護を受給することもできます。

生活が苦しい場合には借金にばかり頼らず、役所や社会福祉協議会にも相談してみるとよいでしょう。

債務整理を検討する

どうしても自力で借金地獄から抜け出せない場合は、弁護士・司法書士に相談して債務整理を行いましょう。

債務整理とは、債権者との交渉、または裁判所への申立によって合法的に借金を減らすための仕組みで、次のような種類があります。

債務整理の種類
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

任意整理は、債権者との交渉によって主に利息部分を免除してもらう手続きです。

名前の通り整理する対象を選べるので、住宅ローンを残したまま借金を解決することもできます。

また、裁判所を介する必要がないため費用が少額で済む点、あまり手間がかからない点がメリットです。

元弁護士
元弁護士

任意整理のデメリットとしては、元金は基本的に減免できないため、借金の大幅な減額は期待できないことです。

借金額にもよりますが、任意整理で解決するためには相応の安定収入が必要となります。

個人再生

個人再生は、裁判所に申し立てを行い、借金の元本部分の一部を免除してもらう手続きです。

利息だけでなく元本を減らせるので、任意整理では解決できないような多額の借金にも対応できます。

また、住宅ローンを残せるのがメリットです。

元弁護士
元弁護士

個人再生は非常に大きなメリットのある制度ですが、裁判所での手続きは非常に複雑です。

そのため、利用するためには弁護士または司法書士への依頼が事実上必要です。

自己破産

自己破産は、裁判所に申し立てを行い、借金の全てを免除してもらう手続きです。

借金が全てなくなるため、怪我や病気などによってまったく返済できなくなってしまった場合でも借金を解決できるのがメリットです。

ただし、誰にでも破産できるわけではなく、裁判所から破産をする正当な理由があると認められなければいけません。

また、手続きを行うと一定額以上の財産が処分されてしまうなど、自己破産のデメリットは非常に大きいです。

元弁護士
元弁護士

自己破産のデメリットは、理論上は大きいですが、実際には自己破産後も今までとほとんど変わらない生活ができているケースも多々あります。

借金地獄に陥っているのなら、デメリットを恐れすぎず、自己破産も視野に入れて最適な解決方法を検討しましょう。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

借金から立ち直りたい時におすすめの法律事務所11選

借金から立ち直りたい時におすすめの法律事務所11選

借金の返済の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所について、解説していきます。

借金返済の手続きを進めていくためには、弁護士や司法書士に相談する必要があります。

一概に弁護士や司法書士といっても、借金返済の相談に精通しているかどうかが重要になってきます。

借金返済の相談をする場合は、借金問題や債務整理などを専門に取り扱っている弁護士への相談がおすすめです。

借金返済を依頼するのにおすすめな法律事務所は主に以下の通りです。

【コストを抑えたい】はたの法務事務所

債務整理におすすめのはたの法務事務所

出典:はたの法務事務所

評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (3)
総合おすすめ度
 (4.5)
はたの法務事務所の特徴
  • 着手金が0円のため失敗しても費用がかからない
  • 報奨金の分割もOKのため、相談がしやすい
  • 過払金・任意整理の実績や評価が高く、とにかくコストをかけずに債務整理がしたい人におすすめ
  • ただし、裁判まではできないため自己破産や個人再生など裁判が必要な場合は新たに弁護士を雇う必要があるため不向き

はたの法務事務所は、コストを抑えて債務整理手続きができることで当サイトでも人気No1の法務事務所です。

全国どこでも出張相談ができるほか、過払金調査費用も無料・初期費用となる着手金も無料と手厚いサポートが特徴と言えます。

リーガルさん
リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、 初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。

はたの法務事務所の詳細
はたの法務事務所の基本情報
事務所名業態
はたの法務事務所司法書士法人
電話番号対応業務
0120-732-023任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
匿名相談
はたの法務事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
はたの法務事務所の費用
任意整理1社 22,000円〜
過払金成功報酬14.08%〜
自己破産330,000円
民事再生385,000円

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

>> 0120-310-845 <<
【電話相談】平日 8:30~21:30 / 土日祝 8:30~21:00

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【相談が何度でも無料】ひばり法律事務所

債務整理におすすめのひばり法律事務所

出典:ひばり法律事務所

評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4.5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4)
ひばり法律事務所の特徴
  • 債務整理専門弁護士との相談が何度でも無料!
  • 累計1万件の債務整理対応という実績もあるので安心して相談できる。
  • 緊急性に応じて即レスするスピード対応なので、手続きに時間をかけたくない方におすすめ!
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合は、お断りする場合がある。

ひばり法律事務所は、債務整理の依頼を扱うことが多く、これまでに数多くの借金問題を解決してきています。

以前は「名村法律事務所」でしたが、業務を充実するために個人事務所から弁護士法人になり、名前をひばり法律事務所に変更しています。

さらに、ひばり法律事務所は、弁護士が在籍しているので金額の大小に関わらず債務整理の相談ができ、手続きを行ってくれます。

他の法律事務所で断られてしまって困った場合、諦める前にぜひひばり法律事務所に相談してみてください。

リーガルさん
リーガルさん

ひばり法律事務所なら、すべての借り入れをまとめて依頼できます。また、1つの債権者からの借金額が多い人も受け付けてくれます。

ひばり法律事務所の詳細
ひばり法律事務所の基本情報
事務所名業態
ひばり法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
050-3189-0296任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
ひばり法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:20,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
ひばり法律事務所の費用
任意整理20,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産200,000円〜
個人再生200,000円〜

\ まずは無料診断 /

◎お申込みをすると、ひばり法律事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【実績で選ぶなら】東京ロータス法律事務所

債務整理におすすめの東京ロータス法律事務所
評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4.5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4.5)
東京ロータス法律事務所の特徴
  • 1万件以上の相談実績があるので経験豊富な弁護士に相談したい方におすすめ
  • 債務整理の相談は何度でも無料!
  • 弁護士事務所の中でもトップクラスの料金体系なのでコストが心配な方も安心
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合はお断りする場合がある

東京ロータス法律事務所は、債務整理が得意な料金最安値クラスの法律事務所です。

特に任意整理は一番安く設定されており、通常では5~10万円程度かかるところ、東京ロータス法律事務所は45,000円(税別)ほどです。

さらに、東京ロータス法律事務所は、過払金に関しての相談であれば何度でも無料相談可能です。

悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

リーガルさん
リーガルさん

最近では「初回相談のみ無料」とする法律事務所も多くありますが、通常、弁護士との相談は30分で5000円程度という料金設定がされています。

東京ロータス法律事務所の詳細
東京ロータス法律事務所の基本情報
事務所名業態
東京ロータス法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-316-715任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
東京ロータス法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
東京ロータス法律事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産200,000円
個人再生300,000円

\ まずは無料診断/

◎お申込みをすると、東京ロータス法律事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【消費者金融が恐る司法書士No.1】杉山事務所

債務整理におすすめの杉山事務所

出典:杉山事務所

評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4.5)
杉山事務所の特徴
  • 消費者金融が恐れる司法書士No.1
  • 相談実績が月間3,000件以上
  • 無料で出張相談も可能
  • 初期費用(着手金)が0円

杉山事務所は、週刊ダイヤモンド誌が選ぶ「消費者金融が恐れる司法書士」で日本一に選出された司法書士事務所です。

毎月3000件以上の相談があり、毎月の過払い金回収額は5億円を超えるという実績を持っています。

過払い金診断や相談は無料で行ってくれますし、着手金も無料で、過払い金を取り戻せた時にだけ報酬が発生する点も安心です。

リーガルさん
リーガルさん

杉山事務所に依頼すると相談料や着手金が発生しないのはメリットです。

杉山事務所の詳細
杉山事務所の基本情報
事務所名業態
杉山事務所司法書士法人
電話番号対応業務
0120-066-018任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
杉山事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:0円
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
杉事務所の費用
任意整理11,000円/件~
過払金成功報酬22%~
自己破産440,000円〜(1,000万円以下の場合)
個人再生440,000円〜

\ まずは無料診断/

◎お申込みをすると、杉山事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【経験で選ぶなら】渋谷法務総合事務所

債務整理におすすめの渋谷法務総合事務所

出典:渋谷法務総合事務所

評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4)
渋谷法務総合事務所の特徴
  • 相談料は無料
  • 経験豊富なベテランが在籍
  • 土日祝日も対応可能

渋谷法務総合事務所は、認定司法書士が在籍している法務事務所です。

キャリア35年以上のベテラン司法書士が在籍しているので、問題解決の面では安心できるでしょう。

相談無料なので、費用面で不安があっても利用ができます。

しかし、認定司法書士なので、1社あたりの負債金額が140万円を超える場合は依頼ができないので、その場合は弁護士事務所に相談しましょう。

リーガルさん
リーガルさん

出張相談や借金専用窓口でも相談可能です。

渋谷法務総合事務所の詳細
渋谷法務総合事務所の基本情報
事務所名業態
渋谷法務総合事務所司法書士法人
電話番号対応業務
0120-553-052
【借金専用相談窓口】
0120-871-244
0120-355-005
任意整理
個人再生
自己破産
その他の業務(登記・相続関係)
匿名相談
渋谷法務総合事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
渋谷法務総合事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産220,000円
個人再生330,000円

\ 債務整理で悩む人が利用しやすい環境 /

◎お申込みをすると、渋谷法務総合事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【裁判で勝負するなら】アース法律事務所

債務整理におすすめのアース法律事務所

出典:アース法律事務所

評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (4.5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4)
アース法律事務所の特徴
  • 元裁判官も担当した30年以上のキャリアのある弁護士が担当するので安心!
  • 債務整理の受任実績は3,500件以上と豊富な経験から最適な方法を提案する。
  • 出張面談を行っているので全国どこからでも債務整理を依頼可能!
  • ただし、借金額や置かれている状況によっては、債務整理の方法が限られてしまう場合がある。

アース法律事務所は、裁判官の経験だけでなく弁護士としてのキャリアも30年以上で、様々な案件に関わってきた豊富な実績と経験を活かして債務整理に当たってくれます。

また、債務整理に関する近年の裁判の運用や現状などにもとても詳しく、手続きの進め方などもスムーズなので、アース法律事務所の特徴と言えます。

リーガルさん
リーガルさん

個人再生や自己破産をする場合、裁判所で手続きを行わなければいけません。そのため、裁判官としての経験がある弁護士なら依頼しやすいです。

アース法律事務所の詳細
アース法律事務所の基本情報
事務所名業態
アース法律事務所弁護士事務所
電話番号対応業務
03-6383-2430任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
アース法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
アース法律事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬22%~
自己破産330,000円〜
個人再生330,000円〜

\ まずは無料診断/

◎アース法律事務所は全国対応かつ、いつでもメール相談を活用できるので、お急ぎの方でも安心して利用できます

【何度でも相談無料】ライズ綜合法律事務所

出典:ライズ綜合法律事務所

評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4.5)
ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件以上の債務整理・過払金の実績があり、解決力がとにかく高い
  • 何度でも無料相談をすることができ、契約前から相談しやすい
  • 任意整理の完了後に借金返済の一本化ができ、返済管理を代行してもらえる
  • 弁護士への依頼のため費用は安くはないが、経験豊富な弁護士に任せたい人には非常におすすめ

ライズ綜合法律事務所は、債務整理や過払金請求問題の解決に長けている法律事務所です。

無料出張相談会を実施しているため、気軽に無料で相談できるほか、関東と関西どちらでも展開しているので、対面相談しやすいのがポイントです。

リーガルさん
リーガルさん

まずは相談からしてみたい人や、経験豊富な弁護士に任せたい人におすすめと言えます。

ライズ綜合法律事務所の詳細
ライズ綜合法律事務所の基本情報
事務所名業態
ライズ綜合法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-657-001任意整理
過払金請求
個人再生
自己破産
匿名相談
ライズ綜合法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金(1社あたり):55,000円〜
着手金(残債務のない債権の調査、過払い請求):0円
法律相談料:11,000円(1時間以内)、(30分ごとに5,500円)
出張相談費用:0円
ライズ綜合法律事務所の費用
任意整理1社 55,000円〜
過払金成功報酬22%〜
自己破産811,000円
民事再生618,000円

\ まずは無料診断/

【メール・電話での相談が何度でも無料】Hana法務事務所

出典:Hana法務事務所

評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (5)
総合おすすめ度
 (4.5)
 Hana法務事務所の特徴
  • 電話・メールでの相談は何度でも無料
  • 全国3カ所に事務所がある
  • 周りに知られることなく借金問題解決
  • 対応後の支払いは分割払いでも可能
Hana法務事務所の特徴
  • 電話・メールでの相談は何度でも無料
  • 全国3カ所に事務所がある
  • 対応後の支払いは分割払いでも可能
  • 周りに知られることなく借金問題解決

Hana法務事務所は、大阪を中心に全国に3カ所に事務所を設けている法務事務所です。

電話・メールの場合何度でも相談無料なので、納得するまで相談することができます。

相談はまだ勇気がない方は匿名でできる借金減額診断もあるのでそちらをおすすめします。

リーガルさん
リーガルさん

何度でも相談無料なので気軽に話すことができます

Hana法務事務所の詳細
Hana法務事務所の基本情報
事務所名業態
Hana法務事務所司法書士法人
電話番号対応業務
06-7777-4576任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
その他
匿名相談
Hana法務務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
Hana法務事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産要問い合わせ
個人再生要問い合わせ

\ 自分に最適な事務所を見つける!/

◎お申込みをすると、Hana法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!
*ケースによっては貴方のニーズや地域に合った事務所のご紹介になる場合もございます。

【相談のしやすさで選ぶなら】サンク法律事務所

債務整理におすすめのサンク法律事務所

出典:サンク法律事務所

評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (3)
総合おすすめ度
 (4.5)
サンク法律事務所の特徴
  • 対応は年中無休
  • 費用負担が比較的軽い
  • 相談のしやすさ

サンク法律事務所は、業界の中でも低コストで依頼ができることで人気な法律事務所です。

債務整理だけでなく、法律に関する広い分野の案件を取り扱っているため、業界の知識に関してはトップクラスで信頼ができます。

また、女性弁護士がいるので、誰でも安心してご利用できます。

リーガルさん
リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、 初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。

サンク法務事務所の詳細
サンク法務事務所の基本情報
事務所名業態
サンク総合法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-281-739任意整理
債務整理
個人再生
自己破産
過払い
匿名相談
サンク法務事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
サンク法務事務所の費用
任意整理着手金550,000円〜
報酬金11,000円〜
減額報酬11%
過払金成功報酬着手金0円
債権者1件につき21,780円
自己破産同時廃止
着手金330,000円〜
成功報酬110,000円〜
少額管財
着手金440,000円〜
成功報酬110,000円〜
個人再生住宅なし
着手金440,000円〜
報酬金110,000円〜
住宅あり
着手金550,000円〜
報酬金110,000円〜

\ まずは無料相談/

【裁判まで一貫して依頼したい】ベリーベスト法律事務所

債務整理におすすめのベリーベスト法律事務所

出典:ベリーベスト法律事務所

評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (3)
対応業務の広さ
 (5)
総合おすすめ度
 (4)
ベリーベスト法律事務所の特徴
  • 相談は24時間・365日いつでも対応可能
  • 1ヶ月に回収件数853件、回収金額21憶5556万円という豊富な実績
  • 北海道から沖縄まで全国49の拠点があるため地方の人でも安心
  • ただし、284人の弁護士数(国内6位)もの所属している故、弁護士には当たり外れがある

ベリーベスト法律事務所は、24時間365日対応なことが特徴の弁護士事務所です。

ベリーベスト法律事務所の魅力として、全国対応であることが挙げられます。

北海道から沖縄まで全国に49の拠点があるため、住んでいる場所に関係なく気軽に相談が可能です。

また、この事務所の魅力として、過去の相談実績が豊富なことも挙げられます。

2011年2月から2021年6月までで24万件以上の相談件数を誇る経験豊富なベテラン事務所なので、まずは相談してみるのがおすすめです。

リーガルさん
リーガルさん

過払い金の回収で多くの実績があるため、過払い金請求・債務整理の相談におすすめの弁護士事務所と言えます。

ベリーベスト法務事務所の詳細
ベリーベスト法務事務所の基本情報
事務所名業態
ベリーベスト法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-666-694債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
ベリーベスト法務事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
ベリーベスト法務事務所の費用
任意整理44,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬基本報酬:1社あたり4万円
成功報酬:20%
*別途事務手数料
自己破産基本報酬
⇒同時廃止の場合24万円
⇒少額管財の場合34万円
裁判所申立費用
⇒同時廃止の場合3万円
⇒少額管財の場合23万円
個人再生基本報酬
⇒住宅ローン条項ありの場合44万円
⇒住宅ローン条項なしの場合34万円
裁判所申立費用:3万円
成功報酬:なし

【何度でも相談無料】弁護士法人・響

債務整理におすすめの弁護士法人響

出典:弁護士法人・響

評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (3)
総合おすすめ度
 (3.5)
弁護士法人・響の特徴
  • 何度でも相談可能
  • 初期費用無料+分割払いOK
  • 24時間365日対応可能

弁護士法人 響は、債務整理だけでなく税理士・社労士・行政書士などあらゆるジャンルの専門家を束ねる『響グループ』が運営する、大手法律事務所です。

大手の法律事務所なので、弁護士+スタッフが専任で担当をしてくれるなど、手厚いサポートが人気です。

リーガルさん
リーガルさん

相談は何回でも無料なので、知識ゼロでも安心して依頼ができます。

弁護士法人・響の詳細
弁護士法人・響の基本情報
事務所名業態
弁護士法人・響弁護士法人
電話番号対応業務
0120-205-376債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
弁護士法人・響の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
弁護士法人・響の費用
任意整理55,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬22,000円
自己破産22万
個人再生住宅あり
33万円
住宅なし
22万円
任意整理55,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬22,000円
自己破産22万
個人再生住宅あり
33万円
住宅なし
22万円

借金が返せない時にしてはいけないこと4つ

借金が返せない時にしてはいけないこと4つ

借金を返せず、返済日が迫ってくると焦ってしまう人は多いと思います。

焦ると判断能力が鈍り、普段なら絶対にしないような行動をとってしまうことがあります。

焦って冷静な判断ができなくなるのは非常に危険です。

借金を返済できないからといって、これから説明するような行動はとらないように気を付けましょう。

4つのNG行動
  • 借金を返済するため新たに借金をする
  • 闇金や怪しい金融機関と取引する
  • クレジットカードを現金化する
  • 借入先からの督促を無視する

借金を返済するため新たに借金をする

今ある借金を返すために、新たな金融機関で借金をするという事例は多くあります。

借金のために借金をするという状態です。

これはいわゆる「自転車操業」と呼ばれる行為です。

自転車操業は一見プラスマイナスゼロのようですが、実際は借入件数を増やしているため返済負担を重くする行為なのです。

自転車操業をしても、借金は一向に減らないため今の状況から抜け出せなくなってしまいます。

例え、借金返済の目途が立たなくても自転車操業をするのは絶対にやめましょう。

元弁護士
元弁護士

自転車操業に陥ると借入先が増えるだけでなく、新たな借入先でも利息がかかります。

そのため、利息が利息を呼ぶようにして、みるみるうちに借金が膨れ上がってしまうケースが非常に多いです。

借金総額が大きくなると解決方法の選択肢も限られてきますので、膨れ上がる前に根本的な解決方法を検討することが大切です。

はたの法務事務所なら、相談料無料で気軽に問い合わせができますので、自転車操業になる前に早めにご相談ください。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

闇金や怪しい金融機関と取引する

借金を返済できないからといって、闇金や怪しい金融機関でお金を借りるのは絶対にやめましょう。

闇金や怪しい金融機関と取引をするのは、一般の金融機関でお金を借りることができなくなった人が多いです。

借金があまりにも多い人や、生活保護を受けている人は一般の金融機関では審査に通らないことがあります。

そのような場合、例え闇金だと分かっていても借金をしてしまう人がいるのです。

闇金や怪しい金融機関で借金をすると、過激な取り立てや嫌がらせにあう確率が高いです。

具体的には、一日に何度も嫌がらせの電話をかけられたり、家の前で大声で叫ぶなどといった行為です。

このような時は、すぐに弁護士などの専門家に相談するか、あまりにも悪質なら警察に通報しましょう。

はたの法務事務所なら、借金問題に関するノウハウが豊富なので、柔軟に対応してもらえます。

元弁護士
元弁護士

闇金に返済できなくなると、家族や親戚、職場の人などにまで取り立てや嫌がらせの電話をされます。

多くの方に迷惑がかかり、人間関係が破壊されることにもなりかねません。

闇金などの怪しい金融機関には、絶対に手を出さないようにしましょう。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

クレジットカードを現金化する

クレジットカードを使ってカード決済で商品を購入し、その商品を買取業者に売ることで現金を得る行為のことをクレジットカードの現金化といいます。

カード決済では現金が必要ないという特徴を利用した方法です。

現在、クレジットカードを現金化する行為は明確な法律違反にはあたりません。

しかし、クレジットカード会社の規約違反となっていて、場合によっては一括返済を求められるなど非常にリスクのある行為です。

いわゆるグレーゾーンと呼ばれる行為ですね。

法律的な問題がないからといって安易に手を出さないように気をつけましょう。

元弁護士
元弁護士

クレジットカードの現金化をすると、個人再生や自己破産の手続きに支障をきたすおそれもあります。

もし、手を出してしまった場合は弁護士または司法書士に相談するのがおすすめです。

はたの法務事務所の無料相談を活用すれば、クレジットカードを現金化するリスクを負わなくても借金問題を解決に導けます。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

借入先からの督促を無視する

たとえ返済できなくても、債権者からの連絡を無視しないようにしてください。

借金を1日でも滞納すると、カードローン会社やクレジットカード会社は確認のため電話をかけてきますが、なかなか出ない場合はハガキにより督促が行われます。

もし自宅や職場にハガキが届けば、借金のことを知られてしまい、恥ずかしい思いをすることになるでしょう。

さらに、そのまま放置すると裁判となり、強制執行により家財などを差し押さえられる可能性があります。

返済の目処が少しでもある場合は連絡に応じ、期日などについて話し合いますが、どうしても返せない場合は早めに弁護士・司法書士に相談してください。

元弁護士
元弁護士

借入先から何度も督促が来ると、精神的な負担も重くなるでしょう。

だからこそ、誠実に対応することが大切です。担当者も鬼ではないので、怖がらずに対応しましょう。

担当者の方から債務整理を勧めてくれることもよくあります。

借金の返済で違法な取り立てと対処法

借金の返済で違法な取り立てと対処法

金融業者は、賃金業法の21条1項によって定められたルールを守らなければなりません。

ルールに違反するような過激な取り立てや嫌がらせを受けている場合は、必ず専門家に相談しましょう。

過激な取り立てをされたら専門家に相談を
  • 不適当な時間帯に電話や訪問などをする
  • 勤務先などに電話や訪問などをする行為
  • 事前に決めた時間帯以外に電話や訪問などをする
  • 借金や私生活に関する情報を債務者以外に明らかにする
  • 債務者に他者からの借入を要求する
  • 債務者以外に借金の返済を要求する
  • 債務者の居宅や勤務先などに居座る
  • 暴力的な取り立て
  • 弁護士や司法書士の介入後における債務者への連絡

不適当な時間帯に電話や訪問などをする

原則として、夜9時~朝8時までの間は電話や訪問で取り立てを行う行為は規制されています。

賃金業者が夜遅くに訪問に来る場合は、しっかりと時間を確認しておきましょう。

元弁護士
元弁護士

正規の貸金業者の担当者が規制に反する時間帯に取り立てをすることはまずありません。

早朝や深夜に取り立てをする業者はほぼ間違いなく闇金などの違法業者です。

身の危険を感じる場合は、警察に通報しましょう。

勤務先などに電話や訪問などをする行為

いくら借金をしていたとしても、正当な理由なく勤務先など居宅以外の場所に電話や訪問をする行為は業務妨害にあたることもあります。

もし勤務先に電話がかかってきたら、取り合わず警察に相談しましょう。

元弁護士
元弁護士

借入先が合法な貸金業者でも、督促を無視していると正当な理由が認められるため、勤務先などに電話をしてくることがあります。

このようなリスクもあるので、借入先からの督促を無視してはいけません。

事前に決めた時間帯以外に電話や訪問などをする

債務者から事前に時間帯の申し出があった場合、その時間帯以外に電話や訪問などをすることは規制されています。

賃金業者から連絡が来た際は、しっかり時間もチェックしておきましょう。

元弁護士
元弁護士

このケースや早朝・深夜の取り立てをはじめとして、以下の行為に及ぶ業者のほとんどは、闇金などの違法業者です。

違法業者に手を出すと、このようなリスクがあるということを知っておきましょう。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

借金や私生活に関する情報を債務者以外に明らかにする

悪質な賃金業者の場合、張り紙や看板などで借金の返済を催促してくる場合があります。

このように、債務者の情報を周囲に知らせるような行為は禁止されているため、法的措置を講じましょう。

債務者に他者からの借入を要求する

賃金業者は、友人や家族、他の賃金業者から借金をするよう促す行為は禁止されています。

もし友人や家族から借りるように促された場合でも、鵜呑みにせず弁護士・司法書士に相談して債務整理手続きを検討するようにしましょう。

債務者以外に債務者の借金の返済を要求する

賃金業者は、債務者以外に借金の肩代わりを要求する行為はできません。

したがって、家族や友人などに借金を支払うよう連絡された場合、法的措置を講じるようにしましょう。

しかし、連帯保証人は債務者に代わり返済する義務があるため、これに当てはまりません。

債務者の居宅や勤務先などに居座る

賃金業者は、債務者に退去を求められたのに居座り続ける行為を禁止されています。

どうしても賃金業者が退去しない場合は、警察に通報しましょう。

暴力的な取り立て

悪質な賃金業者の場合、大声を上げる、乱暴な言葉を使う、暴力的な態度をとる行為などを行うことがあります。

このような場面に出くわした際には、速やかに警察に通報しましょう。

弁護士や司法書士の介入後における債務者への連絡

弁護士や司法書士が仲介している場合、賃金業者は債務者と直接接触する行為を規制されます。

受任通知を送ったにも関わらず、債権者からの督促が止まない場合は担当の弁護士・司法書士に相談してください。

元弁護士
元弁護士

闇金との法外な金利を伴う取引は無効なので、返済する必要はありません。

ただ、放置していると深刻な被害を受けるおそれがあるので、すぐ弁護士または司法書士に相談しましょう。

闇金問題も、専門家の力を借りることで解決できます。

借金が返せない時のまとめ

この記事をザックリ説明すると
  • 借金が返せないと「電話で借金の返済を催促される」「遅延損害金が発生する」「督促状が届く」「差し押さえをされる」などといったことが起こる
  • 借金が返せない時は「債務整理をする」「専門家に相談する」「現在の自分の状況を確認する」といった対応をする
  • 借金が返せなくても「自転車操業をする」「闇金でお金を借りる」「クレジットカードの現金化をする」といった行動は絶対にしてはいけない
  • コロナウイルスの影響で借金を検討している人は「小口資金と総合支援資金」の利用を考える。

今回は借金を返せないときどうすればいいかについて解説していきました。

「借金返せない…もうダメだ…」と1人で抱え込まずに弁護士や司法書士に積極的に相談しましょう。

そうすることで法律上で解決できる方法が必ず見つかります。

借金が返せないと起こること
  • 電話で借金の返済を催促される
  • 遅延損害金が発生する
  • 督促状が届く
  • 差し押さえをされる
  • 借金が返せなくなって困ったらまずは借金減額を『専門家』に相談
  • 借金問題を依頼するなら相談料・着手金無料で実績のある『はたの法務事務所』

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

>> 0120-310-845 <<
【電話相談】平日 8:30~21:30 / 土日祝 8:30~21:00

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!