お金を借りる方法18選!即日や審査なしなどおすすめの借り方を解説

お金を借りる方法

記事内に広告を含みます

「お金を借りるにはどこに申し込んだらいい?」
「即日や審査なしでお金を借りる方法はある?」

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

お金を借りる方法には、消費者金融や銀行のカードローン・目的別ローン・国の公的融資制度などさまざまな種類があるため、どこから借りたら良いか迷ってしまう方もいるでしょう。

これらの借入方法は、それぞれ融資までにかかる時間や借りられる金額などが異なるため、自分の状況に合う借入方法を選ぶことが大切です。

お金借りる方法

闇雲にお金を借りようとすると、審査落ちして融資を受けられなかったり、借り入れできても利息が増えて返済に苦労したりする可能性もあります。

お金を借りてから後悔しないためにも、本記事を参考にして自分に合う借入方法を選択しましょう。

本記事では状況や悩み別におすすめの借入方法18種類を紹介しています。

お金を借りる際の注意点も解説しているので、ぜひ目を通してみてください。

この記事でわかること

※本記事では、貸金業法利息制限法銀行法出資法などを遵守している安全な借入方法のみ紹介しています。法外な利息や取り立てに合う心配はありません。

目次 閉じる


プロフィール背景画像
プロフィール画像

マネーグロース – カードローン部門

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、貸金業務取扱主任者を取得。メガバンクにて勤務後、金融情報について自身の経験や取材・電話調査から情報を執筆するWebライターとして活動。

※当コンテンツはマネーグロースが定めるコンテンツ制作ポリシー並びに広告掲載ポリシーに基づいて作成されています。

お金を借りる方法18選!即日や審査なしで借りる方法を紹介

お金借りる方法

お金を借りる方法にはさまざまな種類があるため、どれを選んだら良いかわからないという方もいるでしょう。

結論から述べると、即日融資を受けたいなら消費者金融カードローン、利息を抑えたいなら銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

ただし、状況やお金を借りる理由によっては、国の公的融資制度を利用できたり、審査なしで借り入れできたりする可能性があります。

例えば、収入がなく生活が苦しい方は、国からの融資を低金利で受けることが可能です。

また、ブラックリスト入りしていてカードローンを利用できない方でも、審査なしの借入方法ならお金を借りられます。

以下に状況別のおすすめ借入方法をまとめたので、自分に合う方法を探してみてください。

※項目をタップすると解説部分へスクロールします。

以下に借入方法を選ぶ際のチェックポイントもまとめました。

借入方法を選ぶ際のポイント
  • 融資スピードが早いか
  • 金利が低く利息を抑えられる
  • 審査に通過できそうか
  • 借りたお金を自分の目的に合わせて使えるか
  • 返済できそうか

ここからはそれぞれの借入方法を詳しく解説するので、上記のチェックポイントを確認しつつ、自分に適したお金の借り方を探してみてください。

消費者金融なら最短20分で即日融資を受けられる

「今すぐお金を借りたい」という方は、即日融資に対応している消費者金融カードローンを利用するのがおすすめです。

カードローンには銀行系・信販/クレジット系などさまざまな種類がありますが、即日融資に対応しているのは消費者金融カードローンだけです。

なかでも「アイフル※」「アコム」「プロミス」などの大手消費者金融は融資スピードが速く、最短20分でお金を借りられます。
※「アイフルは18分」但しお申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

信用情報機関(JICC)の調査によると、消費者金融を含む貸金業者の利用人数は2024年2月時点で1,060万人以上と公表されています。

※参照:JICC|各種統計情報推移
※信用情報機関とは、個人のカードローンやクレジットカードの利用歴を保管している機関のことです。

日本の人口が約1億4,000万人のため、10人に1人が貸金業者からお金を借りていることになるのです。

消費者金融

この数値を見てわかるように、カードローンの利用は決して珍しいことではありません。

消費者金融から借りたお金は資金使途が決められていないため、自由に使用することが可能です。

「冠婚葬祭で急な出費が…」「買い物でお金を使いすぎてしまった」など、さまざま理由で借り入れできます。

ここからはおすすめの消費者金融カードローン10社を紹介します。

アイフルアコムプロミスレイクSMBC
モビット
auスマート
ローン
dスマホ
ローン
LINEポケット
マネー
ORIX MONEYベルーナ
ノーティス
消費者金融アイフルロゴアコムロゴプロミスロゴレイクロゴSMBCモビットロゴauPAYスマートローンロゴdスマホローンロゴLINEポケットマネーロゴオリックスマネーロゴベルーナノーティスロゴ
審査時間最短18分最短20分最短3分Webなら
最短15秒
最短30分最短30分最短即日最短10分最短60分最短30分
融資時間最短18分最短20分最短3分最短25分最短60分最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日
金利3.0%〜
18.0%
3.0%〜
18.0%
4.5%〜
17.8%
4.5%〜
18.0%
3.0%〜
18.0%
2.9%〜
18.0%
3.9%〜
17.9%
3.0%〜
18.0%
1.5%〜
17.8%
4.5%〜
18.0%
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大180日間最大14日間
限度額1万円〜
800万円
1万円〜
800万円
1万円〜
500万円
1万円〜
500万円
1万円〜
800万円
1万円〜
100万円
1万円〜
300万円
3万円〜
300万円
10万〜
800万円
1万円〜
300万円
電話連絡なし××
郵送物なし×
Web完結
詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細
注釈

※本記事で紹介する消費者金融は日本貸金業協会に加入している貸金業者です。
※本記事で紹介する消費者金融は利息制限法を遵守しているため法外な利息での貸付や取りたてなどは行いません。
※審査状況によってはご希望に添えない場合もあります。受付時間や営業時間によっては、翌営業日以降の振り込みとなる場合があります。

消費者金融は賃金業法に基づいて運営されており、審査を行なった上で返済能力がある人にのみ貸付を行なっています。

参照:法務省与信審査に就いて(貸金業者等)

毎月安定した収入があり、過去にカードローンやクレジットカードの延滞履歴がなければ、問題なくお金を借りられるでしょう。

一方で、収入がない方や金融事故の履歴がある方は借り入れできないため、審査なしでお金を借りる方法国の公的融資制度の利用を検討することをおすすめします。

消費者金融はそれぞれ、審査スピード・融資スピード・金利・借入限度額が異なるので、よく確認した上で自分に合ったカードローン会社を探してみてください。

アイフルは申し込みから最短18分でお金を借りられる

アイフルLP

出典:アイフル

審査時間最短18分※1
融資時間最短18分※1
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
無利息期間契約翌日から30日間※2
限度額1万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

アイフルは消費者金融の中でも融資スピードが早く、申し込みから最短18分で融資を受けることが可能です。

Web完結取引に対応しており、契約後はアイフル公式スマホアプリを利用して、カードなしでコンビニATMから現金を引き出せます。

全国のセブン銀行ATMやローソン銀行ATMから、土日・夜間でも借り入れできるため、急な出費が発生した際にも便利です。

また、アイフルでは電話でも在籍確認を原則行っておらず、会社の人にバレずに借り入れできます。

アイフルでは、原則として電話による在籍確認はおこないません。審査の過程で電話による確認が必要な場合でも、お客様の同意をいただかない限り実施いたしません。

引用:アイフル|カードローンの在籍確認はどのように実施される?電話連絡時の注意点も解説

公式サイトの「簡易1秒診断」を利用すれば、年齢・年収・他社借入金額を入力するだけで借入可否をすぐに判断できるので、アイフルの利用を検討している方は確認してみてください。

注釈

※1:審査状況によってはご希望に添えない場合もあります。
※2:アイフルでのご契約がはじめてのお客様のみ。

>>アイフルの公式サイトはこちら

アコムは契約後最短10秒で送金してもらえる

アコム LP画像

出典:アコム

審査時間最短20分※1
融資時間最短20分※1
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
無利息期間契約翌日から30日間※2
限度額1万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

アコムは、融資スピードとバレにくさを重視してお金を借りたい方におすすめのカードローンです。

Webからであれば24時間いつでも申し込みでき、契約後は最短20分で借り入れできます。

借入方法は、店舗ATM・コンビニATM・振込融資から選択できますが、当日中にお金を借りたい場合はコンビニATMか振込融資を利用するのがおすすめです。

振込融資の場合は、依頼後最短10秒で指定口座に送金してもらえるため、緊急性が高い時も安心です。

カードレスで取引できるため、自宅にローンカードが届くこともなく、周りにバレずにお金を借りられます。

Q契約すると、必ずカードが自宅に郵送されるんですか?
Aいいえ。カードレスでご契約手続きいただくことも可能です。

引用:アコム|よくある質問

さらに、アコムは審査通過率が平均42.3%と高く、申込者の半数近くが契約に成功しています。

融資のためには必ず審査が行われますが、「審査に通過できるか不安」という方はアコムの利用を検討すると良いでしょう。

注釈

※1:審査状況によってはご希望に添えない場合もあります。
※2:アコムでのご契約がはじめてのお客様のみ。

>>アコムの公式サイトはこちら

プロミスは電話連絡なし&最短3分で融資可能

プロミスLP

出典:プロミス

審査時間最短3分※1
融資時間最短3分※1
金利(実質年率)4.5%〜17.8%
無利息期間初回借入日から30日間※2
限度額1万円〜500万円
担保・連帯保証人不要

プロミスは「今すぐお金を借りたい」という方におすすめのカードローンです。

Web申し込みであれば最短3分で融資を受けられるため、緊急性の高い時にも安心です。

また、プロミスは上限金利が17.8%と、他社より0.2%低く設定されており、利息を抑えて借り入れできます。

初めての契約であれば初回借入日から30日間無利息で借り入れできるため「できるだけ利息を抑えたい」という方にもおすすめです。

できるだけ早くお金を借りたい方、返済額を抑えたい方はプロミスを選ぶと良いでしょう。

注釈

※1:審査状況によってはご希望に添えない場合もあります。
※2:プロミスでのご契約がはじめてのお客様のみ。

>>プロミスの公式サイトはこちら

レイクは初回契約なら60日間利息0円で融資を受けられる

レイクLP

出典:レイク

審査時間Webなら最短15秒※1
融資時間最短25分※1
金利(実質年率)4.5%〜18.0%
無利息期間最大180日間※2
限度額1万円〜500万円
担保・連帯保証人不要

レイクは「審査スピードの速さ」と「無利息期間サービス」が充実した消費者金融です。

Web申し込みをすると最短15秒で審査結果が通知され、審査に通過すれば最短25分で融資を受けられます。

初回契約の場合は、「30日間」「60日間」「180日間」の3種類から無利息期間サービスを選択することが可能です。

【30日間無利息】
初回契約時に自動契約機、またはお電話で申し込んだ場合
 
【60日間無利息】
初回契約時にWeb申込を利用した場合
 
【180日間無利息】
初回契約時にWeb申込を利用した場合
借入金額のうち5万円まで180日間利息0円
※参照:レイク|選べる無利息

60日間・180日間の無利息期間はWeb申込時のみ適用されるので、できるだけ利息を抑えたい方はWebで申し込むようにしましょう。

早く借入可否を知りたい方、できるだけ利息を抑えて借り入れしたい方はレイクの利用を検討してみてください。

注釈

※1:審査状況によってはご希望に添えない場合もあります。
※2:レイクでのご契約がはじめてのお客様のみ。
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用はできません。
※60日無利息・180日無利息はご契約額が1~200万円の方が対象です。
※ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみ利用可能です。
※60日間無利息はWeb以外で申込された方は選べません。
※初めてなら初回契約日の翌日から無利息が適用されます。
※無利息期間経過後は通常金利適用になります。

>>レイクの公式サイトはこちら

SMBCモビットはWeb完結なら在籍確認なしで借り入れできる

SMBCモビット

出典:SMBCモビット

審査時間最短30分
(簡易診断は最短10秒)
融資時間最短60分
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
無利息期間
限度額1万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

SMBCモビットは、今すぐお金が必要という方のために、審査優先サービスを導入しています。

Web申し込み後、コールセンターに連絡して急いでいる旨を伝えると、審査を優先的に進めてもらうことが可能です。

また、会社への電話連絡と自宅への郵送物が原則なしのため、会社の人や家族にバレずに融資を受けられるのも魅力です。

さらに、返済額に応じてVポイントを貯められるのもSMBCモビットの魅力といえます。

【返済のたびにVポイントが貯まる】
返済額のうち利息分200円につき1ポイント貯まる

【1ポイント=1円相当で返済に使える】
1ポイント=1円で返済に利用できる

貯まったポイントは、普段のお買い物で利用できるだけでなく、1ポイント=1円相当で返済に利用することも可能です。

できるだけお得にお金を借りたい方は、SMBCモビットを利用すると良いでしょう。

注釈

※審査状況によってはご希望に添えない場合もあります。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

au Payスマートローンは電子マネーで借り入れできる

au PAYスマートローン

出典:au PAYスマートローン

審査時間最短30分
融資時間最短即日
金利(実質年率)2.9%〜18.0%
無利息期間
限度額1万円〜100万円
担保・連帯保証人不要

au PAYスマートローンは、auサービスを利用している方におすすめのカードローンです。

au IDを持っていれば登録情報を連携でき、短時間で申し込みを済ませられます。

お申し込み完了後、最短30分で審査結果をメールでご連絡※1
※1:お申し込み内容により、お手続きにお時間がかかる場合や、ご希望に沿えない場合がございます。

引用:au PAYスマートローン

申し込み後は最短30分で審査が完了し、すぐにお金を借りることが可能です。

借入金はau PAY残高へチャージできるため、キャッシュレス派の方は利用しやすいでしょう。

さらに、借入金をau PAYで利用すると200円(税込)ごとに1pontaポイントが貯まるのも魅力です。

auサービスユーザーの方は、au PAYスマートローンの利用を検討してみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>au PAYスマートローンの公式サイトはこちら

dスマホローンはドコモサービス利用者なら最大3.0%の金利優遇を受けられる

dスマホローン

出典:dスマホローン

審査時間最短即日
融資時間最短即日
金利(実質年率)通常:3.9%〜17.9%
金利優遇後:0.9%〜17.9%
無利息期間
限度額1万円〜300万円
担保・連帯保証人不要

dスマホローンは、ドコモサービス利用者におすすめのカードローンです。

ドコモ回線・dカード・d払いを利用していると最大3.0%金利を引き下げてもらえます。

本サービスでは、ドコモの回線やその他対象サービスのご契約・ご利用状況に応じて、おトクな優遇金利が適用されます。dスマホローンの優遇金利は、一定の条件に基づいて基準金利から差し引く金利(優遇する金利)のことです。

引用:dスマホローン

いずれかひとつでも利用していれば0.5%の優遇を受けられるので、ドコモサービスユーザーはお得に利用できるでしょう。

手続きはすべてdスマホローンアプリで完結でき、d払いへのチャージなら即日で借り入れできます。

ドコモユーザーで消費者金融からお金を借りたいと検討している方は、dスマホローンを検討してみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>dスマホローンの公式サイトはこちら

LINEポケットマネーはLINEアプリで手軽に借り入れできる

LINEポケットマネーLP

出典:LINEポケットマネー

審査時間最短10分
融資時間最短即日
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
無利息期間
限度額3万円〜300万円
担保・連帯保証人不要

LINEポケットマネーは、LINEを利用してお金が借りられるカードローンです。

LINEポケットマネーを友達登録し、トーク画面から申し込みを済ませることで簡単にお金を借りられます。

借入方法は「LINE Pay残高へのチャージ」または「指定銀行口座への入金」から選択可能です。

普段からLINE Payを利用している方は、LINEポケットマネーを使うと便利でしょう。

また、初めての利用の場合最大30日間分の利息をLINE Pay残高へキャッシュバックしてもらえるのも魅力です。

大手消費者金融の利用に抵抗がある方や、スマホひとつで借り入れできるローンを選びたい方はLINEポケットマネーをチェックしてみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>LINEポケットマネーの公式サイトはこちら

ORIX MONEYは会員限定特典を利用できる

オリックスマネーLP

出典:ORIX MONEY

審査時間最短60分
融資時間最短即日
金利(実質年率)1.5%〜17.8%
無利息期間
限度額10万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

ORIX MONEYは申し込みから返済まですべてWeb完結でき、取引をアプリ上で管理できるカードローンです。

電話への在籍確認を原則なしとしているため、会社が休業している土日祝日でも審査を受けられます。

また、ORIX MONEYのカードローンを利用すると、会員特典としてレンタカーを優待価格で利用できるなどの優遇を受けられます。

普段から車に乗る機会が多い方は、ORIX MONEYのカードローンを利用すると良いでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>ORIX MONEYの公式サイトはこちら

ベルーナノーティスは専業主婦でも申し込める

ベルーナノーティスLP

出典:ベルーナノーティス

審査時間最短30分
融資時間最短即日
金利(実質年率)4.5%〜18.0%
無利息期間最大14日間
(何度でも利用可能)
限度額1万円〜300万円
担保・連帯保証人不要

ベルーナノーティスは、消費者金融のなかで唯一「配偶者貸付制度」に対応しているカードローンです。

カタログ通販で知られる株式会社ベルーナが提供しているカードローンで、主婦をメインターゲットとしています。

収入のない専業主婦の方でも、配偶者の収入証明書を提出することで自分名義で契約することが可能です。

また、ベルーナノーティスは何度でも利用できる14日間の無利息サービスを提供しています。

前回の借入が完済できていれば、再借入時も14日間利息0円で融資を受けることが可能です。

消費者金融でお金を借りたいと検討している専業主婦の方は、ベルーナノーティスに申し込んでみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>ベルーナノーティスの公式サイトはこちら

銀行カードローンは金利が低く利息を抑えられる

銀行カードローン

できるだけ返済額を抑えたい方は、銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低く、利息を抑えてお金を借りられます。

利息とは?
借りたお金と併せて借入先に返済するお金のことです。
金利が高いと利息も増えやすいため、低金利の借入方法を選ぶのがおすすめです。

以下に銀行と消費者金融の金利の違いをまとめました。

カードローンの種類金利の目安
銀行カードローン2.0%〜15.0%
消費者金融カードローン3.0%〜18.0%

また、銀行カードローンは月々の返済額を2,000円程度と低めに設定できるため、収入が少ない方でも利用しやすいのが特徴です。

ただ、利息を抑えられるというメリットがある一方で、「即日融資に対応していない」というデメリットがあります。

銀行は金融庁から審査の厳格化を求められており、消費者金融のようにスピーディーに審査を行えないからです。

返済能力の正確な確認を行うため、一定極度を超える場合には収入確認資料の取得や口座への給与振込実績の確認を通じ、収入状況の確認を行っている。

引用:一般社団法人全国銀行協会|「『銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ』を踏まえた会員の取組み状況に関する実態調査」(第2回)に係る調査結果

今すぐお金を借りたい方は消費者金融カードローン、利息を抑えたい方は銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

ここからはおすすめの銀行カードローン9社を紹介します。

楽天銀行
スーパーローン
三菱UFJ銀行
カードローン
バンクイック
三井住友銀行
カードローン
住信SBI
ネット銀行
カードローン
PayPay銀行
カードローン
セブン銀行
カードローン
イオン銀行
カードローン
auじぶん銀行
カードローン
みんなの銀行
Loan
消費者金融楽天銀行スーパーローンロゴ三菱UFJ銀行三井住友銀行カードローンロゴ住信SBIネット銀行カードローンロゴPayPay銀行カードローンロゴセブン銀行カードローンロゴイオン銀行カードローンロゴauじぶん銀行ロゴみんなの銀行ロゴ
審査時間最短即日最短即日最短即日最短翌営業日最短翌日最短翌日最短翌日最短1時間最短翌日
融資時間最短即日最短翌営業日最短即日最短翌営業日最短翌日最短翌日最短翌日最短即日最短翌日
金利1.9%~
14.5%
1.8%〜
14.6%
1.5%〜
14.5%
1.59%~
14.79%
1.59%〜
18.0%
12.0%~
15.0%
3.8%〜
13.8%
1.48%~
17.5%
1.5%〜
14.5%
無利息期間最大30日間
限度額10万円〜
800万円
10万円〜
500万円
1万円〜
800万円
10万円〜
1,200万円
1万円〜
1,000万円
10万円〜
300万円
10万円〜
800万円
10万円〜
800万円
10万円〜
1,000万円
電話連絡なし×××××××
郵送物なし×××××
Web完結
詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細
注釈

※審査状況によってはご希望に添えない場合もあります。受付時間や営業時間によっては、翌営業日以降の振り込みとなる場合があります。

楽天銀行スーパーローンは楽天会員ランクに応じて審査で優遇される

楽天銀行スーパーローンLP

出典:楽天銀行スーパーローン

審査時間最短即日※1
融資時間最短即日1
金利(実質年率)1.9%~14.5%
無利息期間
限度額10万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

楽天銀行スーパーローンは、楽天会員の方におすすめのカードローンです。

楽天会員ランクに応じて審査が優遇されるため※2、審査が不安な方でも利用しやすいでしょう。

以下に楽天会員ランクをまとめました。

ランク条件
レギュラー楽天ポイントを獲得
シルバー過去6ヶ月で200ポイント以上
かつ2回以上ポイントを獲得
ゴールド過去6ヶ月で700ポイント以上
かつ7回以上ポイントを獲得
プラチナ過去6ヶ月で2,000ポイント以上
かつ15回以上ポイントを獲得
ダイヤモンド過去6ヶ月で4,000ポイント以上
かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

また、楽天銀行スーパーローンは定期的に金利半額キャンペーンを行なっており、期間内に申し込みを行うと低金利で借り入れできます。

楽天サービスを利用している方やできるだけお得にお金を借りたい方は、楽天銀行スーパーローンの利用を検討してみてください。

注釈

※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
※2:一部例外があります。

>>楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは土日や深夜でもお金を借りられる

バンクイックLP

出典:三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

審査時間最短即日
融資時間最短翌営業日
金利(実質年率)1.8%〜14.6%
無利息期間
限度額10万円〜500万円
担保・連帯保証人不要

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、提携ATMを利用して24時間いつでも手数料無料でお金を借りられるカードローンです。

三菱UFJ銀行ATMだけでなく、セブン銀行・ローソン銀行などのコンビニ銀行ATMも利用できるため、急な出費にも対応できます。

当行ATM・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATM共にいつでもATM利用手数料は無料です。お振り込みでのお借り入れの際も、振込手数料は無料です。

引用三菱UFJ銀行|カードローン「バンクイック」のよくあるご質問

また、三菱UFJ銀行の口座を持っている方は振込融資も利用でき、借り入れまでの時間を短縮できます。

金利を抑えつつ融資スピードも重視したい方は、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」を利用すると良いでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンはカードレスで借り入れできる

三井住友銀行カードローンLP

出典:三井住友銀行カードローン

審査時間最短当日
融資時間最短当日
金利(実質年率)1.5%〜14.5%
無利息期間
限度額10万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

三井住友銀行カードローンは、カードレスを選択できるカードローンです。

カードレスを選択すればローンカードが自宅に届かず、郵送物を見られて家族にバレる心配がありません。

カードありの場合も、審査通後に契約機で書類やカードを受け取ることで自宅への郵送物をなしにすることが可能です。

カードローンの取引明細は、お送りしてません。定期的に郵送をご希望のお客さまは、お手続きいただければ3ヵ月ごとのお取引明細をお送りいたします。

引用:三井住友銀行

銀行カードローンは在籍確認や郵送物をなしにできないものが多いため、バレずに借り入れしたい方は三井住友銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行カードローンはネット銀行ならではの金利設定が魅力

住信SBIネット銀行カードローンLP

出典:住信SBIネット銀行カードローン

審査時間最短翌営業日
融資時間最短翌営業日
金利(実質年率)1.59%~14.79%
無利息期間
限度額10万円〜1,200万円
担保・連帯保証人不要

住信SBIネット銀行カードローンは、金利が1.59%〜14.79%とネット銀行ならでは低金利に設定されています。

上限金利だけでなく最低金利も1.59%と低く、他の銀行カードローンより利息を抑えることが可能です。

また、以下の条件を満たしていれば最大0.6%の金利優遇を受けることも可能です。

  • SBI証券口座の保有登録済みである
  • 住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある
  • ミライノカードを所有し、住信SBIネット銀行を引落口座に設定している

普段から住信SBIネット銀行を利用している方は金利優遇を受けられるので、利用を検討してみると良いでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>住信SBIネット銀行カードローンの公式サイトはこちら

PayPay銀行カードローンはアプリ上ですべての取引を管理できる

paypay銀行カードローンLP

出典:paypay銀行カードローン

審査時間最短翌日
融資時間最短翌日
金利(実質年率)1.59%〜18.0%
無利息期間最大30日間
限度額1万円〜1,000万円
担保・連帯保証人不要

PayPay銀行カードローンは、消費者金融カードローンのように利便性の高いカードローンです。

スマホアプリ「PayPay」から申し込みでき、返済までのすべての取引をアプリで管理できます。

銀行カードローンとしては珍しく30日間の無利息期間も設けられており、利息を抑えて借り入れすることが可能です。

また、PayPay銀行カードローンには「残高不足サポート機能」があり、口座残高が不足すると自動的に融資が行われます。

自動で融資してくれるため、クレジットカードや公共料金の支払い忘れを未然に防ぐことが可能です。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>PayPay銀行カードローンの公式サイトはこちら

セブン銀行カードローンはスマホひとつで借り入れできる

セブン銀行カードローンLP

出典:セブン銀行カードローン

審査時間最短翌日
融資時間最短翌日
金利(実質年率)12.0%~15.0%
無利息期間
限度額10万円〜300万円
担保・連帯保証人不要

セブン銀行カードローンは、セブン銀行ATMで借り入れから返済まで行えるカードローンです。

「Myセブン銀行アプリ」から申し込みでき、契約後はスマホATMを利用してカードレスで借り入れできます。

全国のセブン銀行ATMを利用でき、24時間いつでも手数料無料で借り入れできるため急な出費が発生した際も便利です。

カードローンを利用するためにはセブン銀行の口座が必要なので、まず口座開設から行いましょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>セブン銀行カードローンの公式サイトはこちら

イオン銀行カードローンは1,000円から借り入れできる

イオン銀行カードローンLP

出典:イオン銀行カードローン

審査時間最短翌日
融資時間最短翌日
金利(実質年率)3.8%〜13.8%
無利息期間
限度額10万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

イオン銀行カードローンは、1,000円単位で借入金額を設定できるカードローンです。

銀行カードローンは10万円単位で貸付を行なっているケースが多く、お金を借りすぎてしまうケースも少なくありません。

しかし、イオン銀行カードローンは少額の借り入れが可能なため、借りすぎのリスクを抑えることが可能です。

毎月の返済額も1,000円から設定できるため、収入が少なめな方でも利用しやすいでしょう。

また、イオン銀行口座を返済口座に設定しておけば、自動融資を利用することもできます。

自動融資を利用すれば、口座残高が不足した際に手続きなしでお金が振り込まれるため、公共料金の支払い忘れなども防止できるでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>イオン銀行カードローンの公式サイトはこちら

auじぶん銀行カードローンはauユーザー対象の金利優遇あり

auじぶん銀行カードローン

出典:auじぶん銀行カードローン

審査時間最短1時間
融資時間最短即日
金利
(実質年率)
【通常】
1.48%~17.5%
【au限定割 誰でもコース】
1.38%~17.4%
【au限定割 借り換えコース】
0.98%~12.5%
無利息期間
限度額【カードローンau限定割 誰でもコース】
10万円〜800万円
【カードローンau限定割 借り換えコース】
100万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

auじぶん銀行カードローンは、auサービスを利用している方におすすめのカードローンです。

auIDを持っていれば最大0.5%の金利優遇が適用され、年0.98%〜12.5%の低金利で借り入れできます。

通常のコースだけでなく借り換えコースも設けられているため、すでに他社借入がある方にもおすすめです。

auじぶん銀行カードローン

出典:auじぶん銀行カードローン

auIDを持っている方は、auじぶん銀行カードローンの利用を検討してみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>auじぶん銀行カードローンの公式サイトはこちら

みんなの銀行Loanは最短翌日融資を受けられる

みんなの銀行カードローンLP

出典:みんなの銀行Loan

審査時間最短翌日
融資時間最短翌日
金利(実質年率)1.5%〜14.5%
無利息期間最大30日間
限度額10万円〜1,000万円
担保・連帯保証人不要

みんなの銀行は、銀行カードローンのなかでは融資スピードが早く、申し込み後は最短翌日に融資を受けられます。

アプリから手軽に申し込みでき、その後のすべての取引をスマホひとつで管理することが可能です。

みんなの銀行普通預金口座を持っていれば、年収のみの入力で申し込みでき、他社借入などを申請する必要がありません。

安定した収入があればアルバイト・パート・年金受給者の方でも申し込めるので、ぜひチェックしてみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>みんなの銀行Loanの公式サイトはこちら

低金利でお金を借りるなら労金・JAバンク・信用金庫もおすすめ

利息を抑えて借り入れしたい場合は、以下の金融機関の利用もおすすめです。

低金利で借り入れできる金融機関
  • 労金(ろうきん)
  • JAバンク
  • 信用金庫

それぞれ申込条件が設けられているため、銀行カードローンのようにすぐに申し込みはできませんが、低金利でお金を借りることが可能です。

それぞれの特徴を紹介するので目を通してみてください。

労金(ろうきん)

組合員の方は労金(ろうきん)からお金を借りることができます。

労金(ろうきん)とは、労働組合と生活協同組合(生協)が運営している金融機関のことです。

「労金=預貯金」というイメージを持っている方が多いかもしれませんが、カードローンも提供もされており、条件を満たせば低金利でお金を借りられます。

労金の大きな特徴は、営利を目的としていないことです。

会員種別ごとに金利が異なりますが、最大上限金利が8.475%と低いため、銀行カードローンよりも利息を抑えられます。

労金の会員種別金利
団体会員の構成員※1年3.875%〜7.075%
生協会員の組合員
およびその家族
年4.055%〜7.255%
一般勤労者※2年5.275%〜8.475%

※1:団体会員の構成員とは、労金に出資している会員のことです。
※2:一般勤労者とは、利用する労金の対象地域に住んでいる人のことです。その中で構成員または生協会員に該当しない人が一般勤労者にあたります。

労金ではさまざまなローンを提供されていますが、そのなかでもカードローン「マイプラン」がおすすめです。

マイプランは、初めに限度額を決め、その限度額内で何度でも借り入れできるローンです。

借りたお金は自由に使うことができ、月々の返済額も自分で設定できます。

労金のマイプランでお金を借りられる条件は以下の通りです。

マイプラン申込条件
  • 団体会員の構成員、生協組合員、一般の勤労者の方
  • 申込時の年齢が満18際〜65歳の方
  • 勤続1年以上で150万円以上の安定した収入がある方
  • 保証期間が定める補償基準を満たしている方

上記の条件を満たしていれば、パートやアルバイトで申し込むことが可能です。

銀行カードローンは未成年への貸付を行っていませんが、労金は親権者の同意があれば未成年でも利用できます。

また、以下の条件を満たしていれば最大3.2%の金利優遇を受けられるので、できるだけ利息を抑えたい方は利用を検討すると良いでしょう。

・給与口座や年金振込口座を労金にする

・労金で財形貯蓄を行う

・インターネットバンキングを利用する

・30歳未満

マイプランの借入限度額は500万円ですが、利用できる限度額には個人差があります。

また、マイプランでお金を借りるためには、契約時に来店する必要があるため申込時は注意が必要です。

自分が労金からお金を借りられるか気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください。

>>労金(ろうきん)の公式サイトはこちら

JAバンク

JAバンクとは、農業協同組合・漁業協同組合・森林組合などの共同組織で構成されている金融機関です。

銀行や労金のカードローン同様に金利が低く、組合会員であれば低金利でお金を借りられます。

JAバンクでは、資金使途が自由なカードローンの他、住宅ローンやマイカーローンなど利用目的が指定されたローンも提供されています。

金利は利用するJA(農協)によって異なりますが、低金利で借り入れすることが可能です。

例として「JAさいたま」を利用した場合の金利を見てみましょう。

※横スクロールできます。

ローン商品金利限度額使途
カードローン年 8.750% ~ 13.650%300万円自由
住宅ローン年 0.350% ~ 2.475%5,000万円住宅の購入、増改築など
マイカーローン年 1.700% ~ 4.290%1,000万円自動車・バイク購入
修理・車検費用
運転免許取得費用
教育ローン年 4.000%〜4.975%1,000万円入学金、授業料

※JAさいたまの金利設定。

JAバンクのローンは低金利で借り入れできるというメリットがある一方で、以下のようなデメリットがあります。

・申込時にJA組合に加入する必要がある

・契約時には店舗に出向く必要がある

JAバンクは、農業従事者の支援を目的としているため、組合会員でなければ利用することはできません。

また、契約時には店舗に出向かなければならず、店舗がないエリアにお住まいの方は利用するのが難しいといえます。

以下にJAバンクの店舗があるエリアをまとめました。

地域窓口があるエリア
北海道・東北北海道・青森県・岩手県・秋田県・宮城県・福島県
関東群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
中部長野県・新潟県・富山県・石川県・岐阜県・愛知県
関西三重県・滋賀県・奈良県・兵庫県
中国・四国岡山県・鳥取県・島根県・広島県・徳島県・香川県

上記以外のエリアにお住まいの方は店舗に出向くのが難しいため、スマホやパソコンから申し込みできる「JAネットローン」を利用するのがおすすめです。

JAネットローンからは各エリアの金利も確認できるので、利用を検討している方はぜひ確認してみてください。

>>JAバンクの公式サイトはこちら

信用金庫

信用金庫とは、地域経済の活性化を目的としている金融機関で、地域に密着したサービスを提供しています。

各信用金庫の営業エリアに住んでいる方であれば誰でも利用でき、柔軟に審査してもらえるのが特徴です。

金利は各信用金庫により異なりますが、銀行カードローンと比べて低金利で借り入れできます。

信用金庫
カードローン
金利(実質年率)
カードローンゆとり
※北海道信用金庫
9.80%
カードローンきゃっする
※横浜信用金庫
2.5%〜14.5%
京信LINE
※京都信用金庫
2.8%〜14.5%

お住まいのエリアの信用金庫しか利用できないという制限はありますが、できるだけお得にお金を借りたいという方は信用金庫の利用も検討すると良いでしょう。

お近くの信用金庫は「一般社団法人全国信用金庫協会」で確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

>>信用金庫の公式サイトはこちら

スマホでお金を借りるならキャッシュレス決済アプリがおすすめ

キャッシュレス決済

「周りにバレずにお金を借りたい」「もっと手軽に借り入れしたい」という方には、キャッシュレス決済アプリの利用がおすすめです。

キャッシュレス決済アプリは、申し込みから返済まですべてスマホひとつで完結でき、店舗窓口や自動契約機に出向くことなくお金を借りられます。

スマホがあればカードレスで借り入れできるため、ローンカードを持っていることで周りの人にバレてしまうという心配もありません。

以下におすすめのキャッシュレス決済アプリをまとめました。

※横スクロールできます。

キャッシュレス
決済アプリ
融資スピード金利限度額
PayPay最短翌日1.59~18.0%1万円〜50万円
LINEポケット
マネー
最短即日3.0~18.0%1万円〜300万円
au PAY
スマートローン
最短即日2.9~18.0%1万円〜100万円
メルペイ
スマートマネー
最短即日3.0~15.0%1,000円〜40万円

ここではキャッシュレス決済アプリの特徴を解説するので、手軽にお金を借りたいという方はチェックしてみてください。

キャッシュレス決済アプリは24時間いつでも借り入れ可能

キャッシュレス決済アプリの大きな特徴は、カードレスで取引を行えることです。

一般的なカードローンは、契約後にローンカードを発行する必要があります。

しかし、キャッシュレス決済アプリは申込・審査・契約・返済までアプリ上で完結できるため、ローンカードの発行が不要です。

店舗や自動契約機へカード発行に出向く手間もかからず、契約後はスマホひとつで24時間いつでも借り入れできます。

また、ローンカードが自宅に届くこともないため、カードを見られて家族にバレてしまう心配もありません。

さらに、カードローンと比べて借り入れまでの工数が少なく済むため、お金を借りるのが初めてな方も利用しやすいのが特徴です。

※横スクロールできます。

提出書類自宅への郵送物在籍確認融資スピード
キャッシュレス
決済アプリ
・本人確認書類原則なし原則なし最短即日〜翌日
消費者金融
カードローン
・本人確認書類
・収入証明書
※借入希望額によっては不要
原則なし
※カードローンによって異なる
原則なし
※カードローンによって異なる
最短即日
銀行
カードローン
・本人確認書類
・収入証明書
※借入希望額によっては不要
ありあり翌日〜1週間後

仕事や家事で忙しく店舗や自動契約機に行く時間がない方、家族にバレずに借り入れしたい方は、キャッシュレス決済アプリの利用を検討してみてください。

スマホがあればコンビニATMから現金を引き出せる

キャッシュレス決済アプリには、スマホひとつでコンビニATMから現金を引き出せるというメリットもあります。

消費者金融カードローンや銀行カードローンのなかには、ローンカードがなければコンビニATMを利用できないものもあります。

一方で、キャッシュレス決済アプリはスマホATMに対応しており、スマホがあれば近くのコンビニですぐに現金を引き出すことも可能です。

スマホATMとは?
コンビニATMのQRコードをスマホで読み込むだけで現金を引き出せるサービスのことです。

また、一部のキャッシュレス決済アプリは電子マネーにも対応しており、借り入れしたお金を電子マネー残高へチャージすることもできます。

キャッシュレス決済アプリの借入方法には、振込融資・コンビニATM・電子マネーへのチャージなどがありますが、どの方法も原則24時間借り入れ可能です。

利便性の高さを重視したい方は、キャッシュレス決済アプリの利用を検討してみてください。

借入目的が決まっているなら目的別ローンがおすすめ

目的別ローン

借入目的が決まっている方や一度にまとまったお金を借りたい方は、目的別ローンを利用するのがおすすめです。

目的別ローンとは、資金使途が自由なカードローンとは違い、使用用途がひとつに決められているローンのことをいいます。

指定された目的以外にお金を使うことはできませんが、その分金利が低めに設定されており、借入限度額も高めなのが特徴です。

以下に代表的な目的別ローンをまとめました。

目的別ローン資金使途
住宅ローン・住宅や土地の購入資金住宅の新築
・改築・増築のための資金
マイカーローン・自動車の購入のための資金
・自動車免許取得のための資金
ブライダルローン・結婚式や披露宴のための資金
・新婚旅行のための資金
教育ローン・子供の入学金や授業料
医療ローン・入院費用
・出産のための資金
フリーローン・原則自由

それぞれの目的別ローンを詳しく解説するので参考にしてください。

住宅ローン

住宅ローンとは、住宅や土地の購入、住宅の改築・増築などに利用する費用を借り入れできるローンです。

大きな買い物である住宅に関わる費用のため、他のローンと比べて限度額がかなり高額で、金利も低めに設定されています。

以下に、住宅ローンを提供している代表的な金融機関をまとめました。

金融機関
(ローン商品)
変動金利借入限度額
楽天銀行
(住宅ローン)
0.560%~1.210%最大1億円
三井住友銀行
(WEB申込専用
住宅ローン)
0.475%~0.725%最大3億円
三菱UFJ銀行
(住宅ローン)
0.345%~0.475%最大1億円
みずほ銀行
(住宅ローン)
0.375%~0.725%最大3億円

住宅ローンには上記に記載した「変動金利」の他に「固定金利選択型」「全期間固定金利型」など、さまざまな金利タイプがあります。

借入金額が大きい分、どの金利を選ぶかによって利息に大きな差が出ます。

できるだけ利息を抑えるためにも、借り入れ前には返済シミュレーションをして金利を選択するようにしましょう。

マイカーローン

マイカーローンは、自動車の購入や修理にあてる費用を借り入れできるローンです。

以下にマイカーローンを提供している代表的な金融機関をまとめました。

金融機関
(ローン商品)
変動金利借入限度額
三井住友銀行
(マイカーローン)
4.475%最大300万円
三菱UFJ銀行
(マイカーローン)
1.50%~2.45%最大1,000万円
横浜銀行
(マイカーローン)
0.9%~2.4%最大1,000万円
損保ジャパン
(ジャパンダ・ネット
マイカーローン)
1.50%~3.95%最大1,000万円

マイカーローンは、見積書をもとに審査が進められ、購入資金額・修理資金額までの融資が行われます。

基本的には、金融機関から自動車会社から直接支払われるため、自分自身が仲介に入る必要はありません。

マイカーローンには「変動金利型」「固定金利型」があり、金融機関によって金利が異なります。

住宅同様に車も大きな買い物になるため、金利によって返済額に大きな差がでます。

マイカーローンを利用する際は、金利をよく確認した上で自分に合ったローンを選択しましょう。

ブライダルローン

ブライダルローンは、結婚式や披露宴のための資金や、新婚旅行のための費用を借り入れできます。

ブライダルローンを提供している代表的な金融機関を以下にまとめました。

金融機関
(ローン商品)
変動金利借入限度額
楽天銀行
(目的型ローン
ブライダル)
7.0%最大300万円
千葉銀行
(ちばぎん
ブライダルローン)
5.4%最大500万円
スルガ銀行
(結婚式費用
立替えプラン)
年8.8%~12.8%最大800万円

ブライダルローンは金融機関によって金利や借入限度額が大きく異なります。

まずはどのくらいのお金が必要なのか確認し、状況に合わせて金融機関を選択するようにしましょう。

教育ローン

教育ローンは、子供の入学金や授業料、受験のためにかかる費用を借りられるローンです。

以下に教育ローンを提供している代表的な金融機関をまとめました。

金融機関
(ローン商品)
変動金利借入限度額
三井住友銀行
(教育ローン)
3.475%最大300万円
三菱UFJ銀行
(ネットDE
教育ローン)
3.975%最大500万円
りそな銀行
(教育ローン)
2.475%~4.475%最大500万円

教育ローンの借入限度額は金融機関によって異なりますが、最大1,000万円まで借り入れできるローンもあります。

子供の学費は入学時にまとまって発生しますが、在学中も授業料や修学旅行代などさまざまなシーンで発生します。

そのため、一部の金融機関でも適宜借り入れできるよう、カードローンタイプの教育ローンを提供しているところもあります。

子供の卒業まで、必要なタイミングで借り入れしたい方は、カードローンタイプの教育ローンを利用すると良いでしょう。

医療ローン

医療ローンとは、入院にかかる費用や、手術・出産などのための資金を借り入れできるローンです。

以下に医療ローンを提供している代表的な金融機関をまとめました。

金融機関
(ローン商品)
変動金利借入限度額
千葉銀行
(ちばぎん
医療ローン)
5.00〜5.40%最大500万円
福岡銀行
(メディカルローン)
6.0%最大300万円
筑波銀行
(つくば
メディカルローン)
3.00%~3.50%最大300万円

医療ローンの特徴は、他のローンと比べて借入期間が長く、10年間や15年間借り入れできることです。

手術や入院が必要になる場合、仕事に行けず収入が安定しなくなることもあるでしょう。

医療ローンであれば時間をかけて返済できるため、一時的に収入が不安定になっても安心です。

病気になると、体の心配だけでなく「お金が足りるか」と不安になることもあるかと思います。

治療に集中するためにも、手術や入院が必要になった際は医療ローンの利用を検討してみてください。

フリーローン

フリーローンは、住宅ローンやマイカーローンのように資金使途が決められておらず、借りたお金は自由に使用できます

「カードローンと同じでは?」と感じる方もいるかもしれませんが、カードローンとフリーローンでは借入方法に違いがあります。

カードローンは、利用限度額が決まった後は、必要になったタイミングで何度でも借入・返済を繰り返すことが可能です。

一方で、フリーローンは契約後に融資金をまとめて支払われ、その後は返済のみを行います。

そのため「一度にまとまったお金を借りたい」「借り入れを繰り返したくない」という方におすすめのローンです。

以下にフリーローンを提供している代表的な金融機関をまとめました。

金融機関
(ローン商品)
変動金利借入限度額
三井住友銀行
(フリーローン)
5.975%最大300万円
りそな銀行
(フリーローン)
6.0%〜14.0%最大500万円
住信SBIネット銀行
(フリーローン)
3.775%~12.0%最大1,000万円

まとまったお金を借りたいという方は、フリーローンの利用を検討してみてください。

職業や属性ごとのおすすめ借入方法

「カードローンの利用には抵抗がある」という方は、自身の職業や属性に合わせて借入方法を選択するのがおすすめです。

以下に職業や属性ごとのおすすめ借入方法をまとめました。

職業・属性別おすすめ借入方法
  • 【公務員】共済組合の貸付制度
  • 【正社員】従業員貸付制度
  • 【専業主婦】配偶者貸付制度
  • 【学生】学生ローン

上記の借入方法は、それぞれ申込条件が細かく設定されています。

条件を満たしていなければ申し込みできないため、まずは自分が申込対象になるか確認してみましょう。

ここではそれぞれの借入方法について詳しく解説します。

公務員は共済組合の貸付制度を利用

公務員として働いている方は、「共済組合の貸付制度」を利用してお金を借りるのがおすすめです。

共済組合の貸付制度では、組合によって把握されている職業や年収をもとに審査が行われます。

公務員という立場が考慮されるため、審査に通過しやすいという点が特徴です。

以下に、共済組合の貸付制度を利用できる職業をまとめました。

加入組合該当する職業
国家公務員共済組合国家公務員
※所属している省庁によって加入する組合が異なることがあります
地方職員共済組合道府県の職員や地方団体関係団体職員
都職員共済組合東京都、特別区の職員
指定都市職員共済組合地方自治法に規定する指定都市の職員
市町村職員共済組合指定都市以外の市町村の職員
公立学校共済組合教育職員
私学共済組合私立学校の職員
警察共済組合警察職員

共済組合の貸付には多数の種類があり、それぞれ資金使途・金利・限度額が異なります。

例として地方職員共済組合の貸付条件を見てみましょう。

※横スクロールできます。

貸付の種類用途金利限度額
普通貸付自動車や家電など
臨時で資金が必要なとき
年1.26%200万円
住宅貸付住宅を新築、増築、改築、修理
するための資金が必要なとき
年1.26%1,800万円
一般災害貸付災害で損害や盗難などで
臨時に資金が必要なとき
年0.93%200万円
住宅災害新規貸付災害による住宅の損害で
資金が必要なとき
年0.93%1,800万円
住宅災害再貸付住宅貸付または住宅災害新規貸付を受けていて
災害による損害で資金が必要なとき
年0.93%1,900万円
医療貸付本人またはその被扶養者の
療養による資金が必要なとき
年1.26%100万円
入学貸付子どもの入学資金が必要なとき年1.26%200万円
修学貸付子どもの修学資金が必要なとき年1.26%15万円以内/月
結婚貸付本人または家族、孫などの
婚姻に資金が必要なとき
年1.26%200万円
葬祭貸付本人または家族、配偶者の父母の葬祭に
資金が必要なとき
年1.26%200万円
出産貸付出産による資金が臨時で必要なとき無利息高額療養費相当額の範囲内
高額医療貸付高額医療の対象となっている支払いに
資金が必要なとき
無利息出産費等相当額の範囲内

上記を見てわかるように、上限金利が最大年1.26%と低いため、金融機関より利息を抑えて借り入れすることが可能です。

公務員の方で「お金を借りたい」と悩んでいる場合は、共済組合の貸付制度を利用すると良いでしょう。

正社員は従業員貸付制度を利用する

正社員として働いている方は「従業員貸付制度」を利用できないか検討しましょう。

従業員貸付制度とは会社の福利厚生のひとつで、勤務先からお金を借りられる制度のことです。

従業員貸付制度の審査では、会社の総務や経理担当者が、申込者の勤務態度や勤続年数から融資できるかを判断しています。

「ブラックリスト入りしていないか」などの信用情報までは確認されないため、金融機関から借り入れできない方でもお金を借りられます。

ただし、資金使途には制限があり、借りたお金を趣味や遊びに使うことはできません。

従業員貸付制度の資金使途
  • ケガや病気で入院する場合にかかる費用
  • 冠婚葬祭にかかる費用
  • 出産にかかる費用
  • 地震や洪水などの天災で家屋が破損した場合の修繕費用
  • 子どもの入学・進学にかかる費用
  • 空き巣や強盗などの被害に遭った場合の生活費用

資金使途は限られていますが、従業員貸付制度を利用すれば金融機関よりも低金利で借り入れできます。

融資を受けるまでの大まかな流れは以下の通りです。

1:上司や担当課に借入したい旨を報告
2:申込用紙や必要書類を提出
3:社内審査
4:融資

上記の流れを見てわかるように、従業員貸付制度を利用するためには上司や担当課から承認を受けなければならず、バレずに借り入れすることはできません。

借り入れすることでその後の評価に影響する可能性があるため、よく検討した上で利用するようにしましょう。

専業主婦は配偶者貸付制度対応のカードローンを利用する

配偶者貸付制度を利用できる_ベルーナノーティス審査

「専業主婦で収入がないから審査に通らない」と悩んでいる方は配偶者貸付制度に対応しているカードローンを選びましょう。

配偶者貸付とは?
申込者と配偶者の年収を合わせた金額の3分の1まで借り入れできる制度です。

一般的なカードローンは収入がない専業主婦は利用できませんが、配偶者貸付に対応しているカードローンであれば借り入れできる可能性があります。

配偶者貸付を利用する場合は配偶者の同意が必要なため、家族にバレずに借り入れすることはできません。

配偶者貸付の場合、以下の 3 つの書類が必要となる。
①配偶者の同意書、②住民票など夫婦関係を証明するもの、③配偶者の資力を証明する書面

引用:日本貸金業協会|「貸金業法の完全施行後の影響等に関するアンケート調査報告」

配偶者貸付制度は専業主婦でも借り入れできる便利な制度ですが、導入している金融機関はあまりありません。

以下に利用できる代表的な金融機関をまとめました。

※横スクロールできます。

金融機関限度額金利審査時間
ベルーナ
ノーティス
1万円〜300万円4.5%〜18.0%最短30分
PayPay銀行
カードローン
最大1,000万円年1.59%〜18.0%最短翌日
イオン銀行
カードローン
50万円※専業主婦の場合年3.8%〜13.8%
セブン銀行
カードローン
10〜50万円年12.0%〜15.0%最短翌日

配偶者貸付でお金を借りる場合は、以下の書類を提出する必要があります。

・配偶者の収入証明書
・夫婦関係を証明する書類

・配偶者の同意書

・指定信用情報機関への信用情報提供などに関する配偶者の同意書
※参照:日本賃金業協会|総量規制にかかわらず、お借入れできる貸付けの契約があります

通常のカードローンよりも提出書類が多いため、事前に準備を進めておくことが大切です。

配偶者貸付制度を利用して借り入れしたい方は、まず配偶者に相談し、申し込みの準備をしましょう。

学生は学生ローンの利用がおすすめ

未成年の学生の方は、学生ローンを利用してお金を借りるのがおすすめです。

一般的なローンは20歳未満への融資を行っていませんが、学生ローンは18歳〜19歳でも申し込みできます。

安定した収入があることを証明できれば親の同意なし※で本人名義で借り入れできます。

また、アルバイト先への在籍確認も行われないため、周りの人にバレずに借り入れできるのが特徴です。

※親の同意が必要なケースもあります。

以下に代表的な学生ローンをまとめました。

学生ローン申込対象限度額金利親の同意
カレッヂ18歳以上の学生最大50万円年17.0%不要
マルイ高校・高専・大学・大学院
短大・専門学校などに在学中の方
1万円〜100万円年12.0%~年17.0%不要
アミーゴ20歳以上の学生最大50万円年14.40%~年16.80%不要

学生ローンは資金使途が決められていないため、借りたお金を自由に使えるというメリットがあります。

ただし、学生ローンは貸金業法の対象となるため年収の3分の1までしか借りることができず、収入が少ないと希望額を借り入れできない可能性があります。

返済が遅れると信用情報に金融事故の記録が残ってしまうため、返済計画を立てた上で借り入れすることが大切です。

信用情報に問題があると将来的にクレジットカードの審査や、カードローンの審査に通りにくくなるため計画的に返済しましょう。

国や自治体の公的融資制度なら無職でも借り入れできる

無職の方がお金を借りる方法

無職で生活が苦しい方は、国や自治体の公的融資制度を利用してお金を借りるのがおすすめです。

公的融資制度は国民の生活を守るための制度のため、収入がない方でも利用できます

また、利益を目的としていないため、低金利で借り入れできる点が特徴です。

以下に代表的な公的融資制度をまとめました。

国や自治体の公的融資
  • 生活福祉資金貸付制度
  • 求職者支援資金融資制度
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付

公的融資制度でお金を借りる流れは以下の通りです。

1:制度の担当窓口で公的融資を利用したい旨を相談
2:本人確認書類や自立計画書を提出する

3:審査

4:審査通過後は指定口座に振込

公的融資制度はそれぞれ申込条件が異なり、条件を満たしていなければ申し込むことはできません。

また、審査完了までには最短でも1週間程度時間がかかるため、今すぐお金を借りたい方は他の借入方法を検討した方が良いでしょう。

ここでは国からお金を借りられる代表的な公的融資制度を紹介するので、目を通してみてください。

生活福祉資金貸付制度は低所得で生活が苦しい方が利用できる

収入が少なく生活が困窮している方は、生活福祉資金貸付制度を利用するのがおすすめです。

生活福祉資金貸付制度は、低所得世帯・障害者世帯・高齢者世帯を対象とした制度で、無利子または年1.5%金利で貸付を行っています。

「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

引用:全国社会福祉協議会|『福祉の資金(貸付制度)』

生活福祉資金貸付制度には以下の種類があるため、資金使途に合わせて適した資金を借り入れできます。

種類用途
総合支援資金生活再建のために必要な生活費・生活支援費・住宅入居費
福祉資金介護用品や福祉関連の備品購入費用
教育支援資金子供の授業料や入学費用
不動産担保型生活資金生活費や冠婚葬祭などの費用

即日融資には対応していませんが、消費者金融や銀行より低い金利で借り入れできるのが特徴です。

また、返済期間も10年以上と長めに設定されているため、収入が少ない方でも安心して利用できます。

資金使途によって申込方法や借入方法が異なるので、まずは各市町村の社会福祉協議会で相談してみてください。

求職者は求職者支援資金融資制度で借り入れできる

現在就職活動を行っており、ハローワークから職業訓練受講給付金の支給を受けている方は、求職者支援資金融資制度を利用してお金を借りられます。

求職者支援資金融資制度とは、職業訓練受講給付金だけでは生活資金が足りない時に利用できる制度です。

ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書を交付された場合に申請できます。

以下に詳細をまとめました。

対象者・職業訓練受講給付金の支給決定を受けた方
・ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方
貸付額月額5万円または10万円×受講予定訓練月数
金利年3.0%
担保・保証人原則不要
※労働金庫が指定する信用保証機関の利用が条件

申込条件を満たしてれば、月額最大5万円または10万円を年3.0%という低金利で借り入れできます。

職業訓練を受講している期間は返済する必要がないため、就職活動に集中できるでしょう。

求職者支援資金融資制度を申請する場合は、労金の口座開設が必要となります。

口座を持っていない方は申請する前に口座開設を行いましょう。

ひとり親世帯は母子父子寡婦福祉資金貸付を利用可能

母子家庭・父子家庭の方は、母子父子寡婦福祉資金貸付を利用するのがおすすめです。

母子父子寡婦福祉資金貸付とは、シングルマザーやシングルファーザーなどのひとり親世帯の方だけが利用できる制度です。

制度には以下12種類の資金があり、それぞれ資金使途が決められています。

資金の種類用途
事業開始資金事業を始める際に必要となる設備・什器・機械等の購入費用
事業継続資金事業を継続するために必要な商品・材料の購入費用
修学資金子供を学校へ通学させるための授業料・書籍代・交通費
技能習得資金仕事で必要な知識や技能を習得する際にかかる教材費
修業資金事業開始または就職に必要な知識・技能を習得するための費用
就職支度資金就職に必要な被服・通勤用自動車などを購入するための費用
医療介護資金医療や介護を受ける際にかかる費用
生活資金安定した生活を維持・継続するのに必要な費用
住宅資金住宅の建設・購入・補修・保全などに必要な費用
転宅資金住宅の移転・貸借にかかる費用
就学支度資金子供の就学・修業に必要な被服等の購入費用
結婚資金扶養する20歳以上の子供が婚姻する際にかかる費用

母子父子寡婦福祉資金貸付は、無利子または年1.0%で借り入れできます。

申し込みは各市町村の福祉事務所で受け付けているので、母子家庭・父子家庭でお金を借りたい方は相談してみてください。

他社借入がある場合にお金を借りる方法

他社借入がある状態で新たに融資を受ける場合は、以下3種類の方法がおすすめです。

他社借入がある方におすすめの借入方法
  • 借り換えローン
  • おまとめローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

他の借入方法は他社借入がある状態だと審査に通りづらく、お金を借りられない可能性があります。

しかし、おまとめローンや借り換えローン、クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、他社借入がある状態でも融資を受けることが可能です。

ここではそれぞれの借入方法について詳しく解説します。

借り換えローン

カードローンの借り換えとは?_カードローン借り換え

今ある借入残高の返済に苦労しているという方は、借り換えローンの利用を検討しましょう。

借り換えローンとは?
新たにカードローン会社から借り入れをし、現在利用しているカードローンを精算することをいいます。

例えば、A社から借り入れをしている方が、より金利が低いB社から同額を借り入れしA社に完済するとします。

A社に完済した後は、B社に低い金利で返済できるようになり、返済の負担を軽減することが可能です。

カードローンの審査は借入残高が大きいほど通りづらくなる傾向があります。

既に融資を受けていて他のカードローン会社からさらにお金を借りたい場合は、借り換えローンを利用し、まずは今ある返済額を完済することに集中しましょう。

おまとめローン

おまとめローンは複数の借入先を一つにまとめる商品_カードローン借り換え

「すでに2社以上から融資を受けていて審査落ちしてしまう」という方はおまとめローンを利用するのがおすすめです。

おまとめローンとは?
2社以上から借りている融資を1本化するローン商品のことをいいます。

以下におまとめローンの特徴をまとめました。

おまとめローンの特徴
  • 借入先が1本化され返済管理が楽になる
  • 総量規制を超えた借り入れが可能になる
  • 金利を下げられる可能性がある

おまとめローンは総量規制の対象外となるため、年収の3分の1以上を借り入れできます。

そのため、すでに他社借入がある方でも、総量規制を超える融資を受けることが可能です。

また、現在の借入先の返済日が異なる場合、おまとめローンで借入先を一本化することで、返済日が統一され管理するのが楽になります。

さらに、賃金業者は利息制限法により「100万円を超える貸付の上限金利は15.0%にすること」と定められているため、借入金額によっては金利を引き下げられる可能性もあります。

元本の金額が10万円未満のときの上限金利 → 年20%
元本の金額が10万円以上から100万円未満のとき上限金利 → 年18%
元本の金額が100万円以上のときの上限金利 → 年15%

引用:日本貸金業協会|お借入の上限金利は、年15%〜20%です

以下におまとめローンを利用できる消費者金融カードローンをまとめました。

※横スクロールできます。

消費者金融金利限度額返済期間他社解約
アイフル
おまとめMAX
年3.0%〜年17.5%800万円最長10年不要
プロミス
おまとめローン
年6.3%〜年17.8%300万円最長10年不要
アコム
借換え専用ローン
年7.7%〜年18.0%300万円最長12年3ヶ月規定はなし

「おまとめローンは他社借入があっても絶対審査に通る」ということはありません。

借入件数が多すぎる場合や、借入金額が大きすぎる場合は審査に落ちる可能性があることを把握した上で利用するようにしましょう。

今ある返済に集中したいという方は、おまとめローンの利用を検討してみてください。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシングを利用する_アイフル増額

キャッシング枠付きのクレジットカードを持っている方は、クレジットカードを利用して借り入れすることが可能です。

ご存知ない方もいるかもしれませんが、クレジットカードには「ショッピング枠」「キャッシング枠」が付帯しています。

【ショッピング枠】
クレジットカードの利用限度額
 

【キャッシング枠】
銀行やコンビニATMで借入できる利用限度額

クレジットカード発行時にキャッシング枠を設定している場合、新たに審査を受けることなくお金を借りられます。

クレジットカード発行時に審査を受けているため、新たな審査は不要です。

クレジットカードでキャッシングする場合は、銀行やコンビニのATMにクレジットカードを挿入し、手続きを行うだけで手軽に現金を引き出すことが可能です。

ただし、キャッシング枠の限度額はショッピング枠と合算されるため、ショッピング枠の利用状況によっては借り入れできない場合もあります。

例として、キャッシング枠とショッピング枠の合計限度額が50万円のケースを見てみましょう。

ショッピング枠キャッシング枠
50万円借り入れ不可
30万円20万円
10万円40万円

合計限度額が50万円の場合、ショッピング枠ですでに50万円使っていると借り入れすることはできません。

しかし、ショッピング枠の利用額が30万円であれば、20万円まで借り入れすることが可能です。

クレジットカードのキャッシングの金利は15.0%〜18.0%が一般的で、銀行カードローンや目的別ローンと比べると高めです。

返済期間が長引くと利息負担が増えてしまうため、返済計画を立てた上で利用するように注意しましょう。

審査なしで即日お金を借りる方法

ここまで消費者金や金融機関からお金を借りる方法を解説してきましたが、どの方法も審査に通過しなければお金を借りることはできません。

そのため、収入がない無職の方やブラックリスト入りしている方はお金を借りられない可能性が高いです。

無職の方やブラックリスト入りしている方は、審査なしでお金を借りられる方法をチェックしましょう。

審査なしでお金を借りる方法
  • 【貯金担保自動貸付】ゆうちょ銀行の貯金を担保にお金を借りる
  • 【質屋】ブランド品や貴金属を預けてお金を借りる
  • 【契約者貸付制度】生命保険の解約返戻金を担保に借り入れする

ここでは審査なしでお金を借りる方法を詳しく解説します。

どこからもお金を借りられないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付なら即日融資が可能

ゆうちょ銀行で「定期貯金」や「定額貯金」をしている方は、貯金担保自動貸付でお金を借りられます。

自動貸付とは、自分で積み立てた定期貯金や定額貯金を担保にお金を借りる方法です。

以下に貯金担保自動貸付のメリットをまとめました。

・審査なしで即日融資を受けられる

・未成年の学生や無職の方も利用できる

・返済が滞っても信用情報に影響しない

貯金担保自動貸付は審査を行う必要がないため、即日融資に対応しています。

担保となる貯金があれば未成年の学生や無職の方でも利用可能です。

以下に自動貸付の概要をまとめました。

貸付期間貸付の日から2年
借りられる金額預入金額の90%まで
貸付回数制限なし
貸付金利【担保定額貯金を担保にする場合】
返済時の約定金利(%)+0.25%
【担保定期預金を担保にする場合】
預入時の約定金利(%)+0.5%

融資額は担保となる貯金額に応じて決められるため、貯金額が少ないと必要な額を借り入れできない可能性があります。

金利は他の借入方法より低いため、返済の負担が少ないのが特徴です。

もし、返済ができずにいると定期貯金が解約されてしまうため、利用時は注意しましょう。

質屋にブランド品や貴金属を預けてお金を借りる

質屋を利用すると、無職の方やブラックリスト入りしている方でも審査なしでお金を借りられます。

質屋では、ブランド品や貴金属を預けることで、査定価格の7〜8割程度のお金を借りることが可能です。

預けたバックや財布など買取対象商品を担保にするため審査を受ける必要がなく、ブラックリスト入りしている方でも借り入れできます。

質屋でお金を借りる流れを以下にまとめました。

質屋でお金を借りる流れ
  1. 物品を質屋に預ける
  2. 物品の査定を受ける
  3. 査定価格の7〜8割程度の借り入れを受ける
  4. 返済期限内に返済すると物品が戻ってくる
  5. 返済期限をすぎると物品が売却される

お金を借りる際には、現金と一緒に返済期限などが記載された質札が渡されます。

期限内に返済を終えると、物品を返却してもらうことが可能です。

反対に、期限内に返済を終えられないと、物品が売却されるだけのため返済期限が延長されることはありません。

質屋に預けられる物品には以下のようなものがあります。

物品査定相場
バッグ10,000円〜1,200,000以上
腕時計10,000円〜5,000,000円以上
指輪10,000〜5,000,000円以上
ネックレス10,000〜5,000,000円以上
スマートフォン20,000〜50,000円
ゲーム機10,000〜30,000円

※ブランドや状態によって査定価格は異なります。

質屋は質屋営業法により金利を年109.5%まで設定できるため、返済価格が高額になる可能性があります。

また、物品によってはお金を借りられなかったり、査定額が高額すぎると即日融資を受けられなかったりする場合もあるため注意が必要です。

生命保険の契約者貸付制度

生命保険のような積立型保険を利用している方は、解約返戻金を担保にお金を借りられる契約者貸付制度を利用できます。

お金を借りる際は、解約返戻金の7〜8割程度の金額を借りることが可能です。

以下に契約者貸付制度の特徴をまとめました。

契約者貸付制度の特徴
  • 保険を継続したままお金を借りられる
  • 金利が年2.0%〜6.0%と低め
  • 総量規制の対象外のため賃金業者からお金を借りていても利用できる
  • 好きなタイミングで返済できる
  • 返済しないと保険が失効してしまう

お金を借りる際は保険を解約する必要がなく、ケガや病気に備えた状態で借り入れできます。

また、カードローンやクレジットカードのキャッシングより低金利で借り入れでき、返済も好きなタイミングで行うことが可能です。

借入方法金利(実質年率)
契約者貸付制度年2.0%~年6.0%
カードローン年3.0%〜年18.0%
キャッシング年15.0%〜年18.0%

借入限度額は解約返戻金の7〜8割程度ですが、借入金額と利子の合計が解約返戻金を超えてしまうと保険が失効してしまうため注意しましょう。

お金を借りる際の審査に通るコツは?5つのポイントを解説

消費者金融や金融機関からお金を借りる場合は、まず審査に通過しなければなりません。

審査に通過し即日融資を受けるためには、以下5つのポイントを押さえることが大切です。

審査に通るための5つのポイント
  • 申込内容に誤りや虚偽申告がないように注意する
  • 他社借入を減らしておく
  • 借入希望額を年収の3分の1以内に収める
  • Web完結で申し込むと融資までの時間を短縮できる・審査対応時間の終了1時間前までに申し込む

カードローンの審査に通過するためには、審査落ちする原因を減らしておくこと必要があります。

「申込情報を正しく記載する」「他社借入を減らしておく」など、ポイントを抑えれば審査に通過する可能性は高くなるでしょう。

また、即日融資を受けるためには申込方法にも注意が必要です。

ここではカードローンの審査に通過するコツと、即日融資を受けるためのポイントを解説します。

消費者金融や金融機関からの借り入れを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

申込内容に誤りや虚偽申告がないように注意する

カードローンの審査に通過するためには、申込内容に正しい情報を記載することがとても大切です。

金融機関に申し込む人のなかには、「審査に通過できるか不安だから」と虚偽申告を行う人がいます。

しかし、消費者金融や金融機関は、審査の際に信用情報機関で申込者の個人情報を確認するため、嘘の情報を記載してもバレてしまう可能性が高いです。

虚偽申告したことがバレると、審査に通過できなくなるだけでなく、その後のカードローンの利用にも影響してしまいます。

また、意図的に嘘の情報を書いたのではなくても「間違った情報を書く=自己管理ができない人」と判断されてしまう可能性が高いため注意が必要です。

特に、年収や勤続年数などに誤りがあると「わざと嘘を書いたのでは?」と認識されてしまう可能性があるので、十分注意しましょう。

急いでいたとしても、申込時は記載内容に誤りがないかよく確認してください。

他社借入を減らしておく

すでに他社借入がある場合は、できるだけ返済を進めておくことも大切です。

カードローンの審査では、申込者に返済能力があるかどうかが重視されます。

他社借入が残っている状態だと「よほどお金に困っているのでは?」「返済能力がない」と判断されて審査落ちしてしまう可能性が高いです。

また、消費者金融などの貸金業者では「総量規制」により、「申込者の年収の3分の1を超える金額を融資してはならない」と義務付けられています。

そのため、すでに総量規制に近い融資を受けている場合は、審査落ちする可能性が高くなります。

他社借入のない状態で申し込むのがベストですが、難しい場合は少しでも返済を進めておくようにしてください。

借入希望額を年収の3分の1以内に収める

総量規制の範囲内で増額申請を行う_アイフル増額

前述した通り、消費者金融などの貸金業者は「総量規制」により貸付上限額が定められています。

Q2-1. 総量規制とは何ですか?

A2-1. 借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

引用:金融庁 貸金業法Q&A|総量規制とは

例えば、年収が300万円の人の場合、消費者金融から借り入れできるのは100万円までです。

年収の3分の1を超える金額を希望すると、審査に通過することはできません。

ちなみに、銀行カードローンは総量規制の対象外のため、年収の3分の1以上の融資を受けることが可能です。

ただし、銀行も審査が厳格化されており「貸付上限額は年収の2分の1まで」と自主規制をしているケースもあります。

借入希望額が高いと審査の難易度も高くなるので、申し込み時は希望額を抑えるようにしましょう。

Web完結で申し込むと融資までの時間を短縮できる

できるだけ早くお金を借りたい場合は、Web完結で申し込むのがおすすめです。

カードローンの申し込み方法には、主にWeb・アプリ・電話・自動契約機・店頭窓口などの方法があります。

このなかで融資までの時間をもっとも短縮できるのはWeb申込です。

現在は多くの金融機関がWeb完結申込に対応しており、スマホやパソコンがあれば24時間いつでも申し込みを行えます。

Web申込なら必要書類もスマホで写真を撮影してアップロードするだけのため、郵送などの手間がかかりません。

また、振込融資やスマホATMに対応しているカードローンであれば、契約後もスマホひとつで借り入れすることが可能です。

ローンカードを所有する必要がなく、自宅への郵送物もなくなるため、家族に内緒で借り入れできるでしょう。

できるだけ早くお金を借りたい方は、Web完結で申し込むようにしてください。

審査対応時間の終了1時間前までに申し込む

即日融資を受けるためには、各金融機関が指定している審査対応時間の終了1時間前までに申し込みを完了することが大切です。

あまり知られていませんが、金融機関では審査対応時間が決められており、時間外の申込分は審査が翌日に後回しされます。

理由は、信用情報機関の営業時間が限られており、夜中や早朝には審査を進められないからです。

例として、本記事で紹介した消費者金融の審査対応時間をまとめました。

消費者金融対応時間
アイフル9:00〜21:00
アコム9:00〜21:00
プロミス9:00〜21:00
レイク9:00〜21:00
(日曜は9:00〜18:00)
SMBCモビット9:00〜21:00
au Pay
スマートローン
要問合せ
dスマホローン17:00まで
LINEポケット
マネー
要問合せ
ORIX MONEY平日の14:30まで
ベルーナ
ノーティス
要問合せ

審査対応時間は各金融機関によって異なりますが、大手消費者金融は9時〜21時まで対応しています。

この場合、申込当日中に融資を受けるためには、20時までに申し込みを済ませることが大切です。

銀行は即日融資に対応していません。
即日融資を受けたい場合は消費者金融を利用しましょう。

申込時には審査対応時間を事前に調べておくようにしましょう。

お金を借りる際の注意ポイント!闇金や違法業者からは借り入れしない

「今すぐお金が必要」「どこにも審査が通らない」という状況に陥ると、審査なしでお金を借りたいと感じるかもしれません。

しかし、消費者金融や金融機関から審査なしでお金を借りることは不可能です。

「審査なし!」「ブラックOK!」などと広告している企業は闇金や違法業者にあたるため、どれだけお金に困っていても利用してはいけません。

もし、闇金や違法業者からお金を借りると、高額な利息を請求されたり取り立てにあったりする可能性があります。

闇金や違法業者の見分け方
  • 審査なしと広告している企業は闇金や違法業者の可能性が高い
  • 貸金業者登録を行なっている正規の企業が確認する

ここでは、違法業者を見分けるためのポイントを解説するので、お金を借りる前に目を通してみてください。

審査なしと広告している企業は闇金や違法業者の可能性が高い

消費者金融や銀行は、貸金業法や銀行法で「申込者に返済能力があるか確認すること」を義務付けられています。

そのため、正規の業者であれば審査なしで貸付を行うことはありません。

また「審査なし」と広告することは誇大広告にあたるため、法律で禁止されています。

「激甘審査」「ブラックOK」などと広告している場合も、闇金や違法業者に当たるので絶対にお金を借りないようにしましょう。

他にも闇金業者を見分けるポイントがいくつかあるので紹介します。

・利息が20.0%以上に設定されている

・収入証明書の提出を求めない

・無職やブラックリストの人にも貸付を行なっている

・貸金業者登録を行なっていない

消費者金融や金融機関は、利息制限法により上限金利を15.0%〜20.0%以内に収めるように定められています。

20.0%以上の金利設定になっている場合は闇金業者の可能性が高く、お金を借りると高額の利息を請求される可能性が高いです。

また、本人確認書類や収入証明書などの書類提出を求めないなど、審査が甘すぎる場合も怪しいと判断するようにしましょう。

貸金業者登録を行なっている正規の業者か確認する

正規の業者かどうか不安に感じた場合は、貸金業者登録を行なっているか確認しましょう。

貸金業者は都道府県や財務局長に貸金業者登録を行うことが義務付けられており、公式サイトを見れば以下のような登録情報を確認できます。

貸金業者の称号アイフル株式会社
登録番号近畿財務局長(14)第00218号
協会員番号日本貸金業協会会員 第002228号

上記のような情報が記載されている場合は、正規の貸金業者と判断できるため、安心して借り入れできます。

ただ、闇金や違法業者のなかには架空の登録番号を公式サイトに記載している場合もあるため注意が必要です。

正規の貸金業者かどうかは登録貸金業者情報検索サービスでも確認できるので、金融機関からお金を借りる際は事前に確認してみてください。

お金を借りる方法に関するよくある質問

最後にお金を借りる方法に関するよくある質問を紹介します。

よくある質問
  • バレずにお金を借りる方法はある?
  • ブラックリスト入りでもお金は借りられる?
  • 土日でもお金を借りられる方法は?
  • 金利とは?

お金を借りたいと検討している方のなかには、借入方法などについて不安や疑問を抱えている方もいるでしょう。

ここではお金を借りる際によくある質問を解説するので、不安を抱えている方はぜひ参考にしてみてください。

バレずにお金を借りる方法はある?

バレずにお金を借りたい場合は、Web完結に対応している借入方法を選択するのがおすすめです。

申し込みから返済までWeb上で完結できれば、借り入れしているところを誰かに見られる心配がありません。

例えば、消費者金融カードローンはWeb完結で申し込みでき、会社への在籍確認や自宅への郵送物をなしにできるため、周りに内緒で借り入れできます。

コンビニATMや振込融資で借り入れすれば、基本的に周りの人にバレることはないでしょう。

ブラックリスト入りでもお金は借りられる?

ブラックリスト入りしている方は、カードローン以外の方法であればお金を借りられます。

ブラックリスト入りしている方におすすめの借入方法は以下の通りです。

・質屋でお金を借りる

・ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付を利用する

・生命保険の契約者貸付制度を利用する

ブラックリスト入りしている方は、信用情報に金融事故の履歴が登録されているため、記録が抹消されるまではカードローンを利用できません。

今すぐにお金が必要な場合は、審査なしで借り入れできる上記の方法を検討してみてください。

土日でもお金を借りられる方法は?

土日や祝日にお金を借りたい場合は、消費者金融カードローンを利用するのがおすすめです。

一部の消費者金融は24時間申し込みを受け付けており、土日祝日も審査を行なっています。

審査に通過した後は、コンビニATMや振込融資で即日融資を受けることが可能です。

ただし、消費者金融によっては土日祝日は審査を行なっていない場合もあるので、審査対応時間を事前に確認するようにしてください。

金利とは?

金利とは、お金を借りた企業に支払う利息の割合のことをいいます。

消費者金融や銀行の金利は利息制限法に則って決められているため、高額な利息を求められる心配はありません。

金利が高いとその分返済額も高くなるため、できるため利息を抑えるために金利が低い借入方法を選ぶことが大切です。

目的別ローンや国の公的支援制度は、カードローンより金利が低めという特徴があります。

返済額を抑えたい方は、金利を確認した上で借入方法を選択しましょう。

即日でお金を借りるために自分に合う借入方法を選びましょう

お金を借りる方法18選を紹介しました。

お金の借り方にはさまざまな方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

借入方法を選ぶ際は「今すぐお金が必要」「利息を抑えたい」など、自分の状況に併せて選ぶことが大切です。

お金を借りてから後悔しないためにも、闇雲に申し込むのではなく、よく調べた上で自分に合う借入方法を選択しましょう。

この記事の監修者

宮野茉莉子

1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許