100万円を借りる7つの方法!借入方法別にメリット・デメリットも徹底解説

100万円を借りたい場合

記事内に広告を含みます

車の購入や友人の結婚式などで急な出費が続くとまとまったお金が必要になるため、「100万円ほど借りたい」と考えている方も多いでしょう。

事前に100万円を借りる方法を知っていれば、急な出費や高額の買い物でも対応できるようになります。

ただし、ポイントを押さえていないと100万円を借りられなかったり、返済の負担が大きくなってしまったりするため注意が必要です。

本記事では100万円を借りたいときに使える方法や、借り入れの目的に応じたおすすめの借入方法、借りる際の注意点について解説します。

100万円を借りる場合の返済シミュレーションもご紹介しますので、「100万円を借りたい」と考えている方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

目次 閉じる


プロフィール背景画像
プロフィール画像

マネーグロース – カードローン部門

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、貸金業務取扱主任者を取得。メガバンクにて勤務後、金融情報について自身の経験や取材・電話調査から情報を執筆するWebライターとして活動。

100万円借りたいときに使える7つの方法

100万円借りる方法の中でもすぐに借りたい方は消費者金融カードローン、低金利で借りたい方は銀行カードローン、事業用で借りるならビジネスローンを利用しましょう。

100万円を借りたいときに使える方法として、主に以下の7つが挙げられます。

借入方法適用される金利メリットデメリット
消費者金融カードローン約3.0%〜18.0%・最短即日の借り入れもできる
・無利息サービスを利用できる
・銀行カードローンと比べると審査に通りやすいと言われている
・銀行カードローンと比較して金利が高めに設定される
・総量規制の対象になる
銀行カードローン約年3.0%〜年15.0%・消費者金融のカードローンに比べると上限金利が低め
・利用限度額が大きくなるほど低い金利が適用される
・即日での借り入れには対応していない
・審査が厳しい傾向にある
目的別ローン約1.9%〜7.0%・カードローンに比べると金利を低く抑えられる・まとまった金額を借り入れできる・申し込みから借り入れまで時間がかかる・資金使途が制限されている
ビジネスローン約3.0%〜18.0%・最短即日の借り入れもできる
・事業用資金の借り入れができる
・総量規制の対象にならない
・事業用以外の使い道はできない
ろうきん約2.0%〜10.0%・カードローンに比べると金利を低く抑えられる
・条件を満たせばさらに低い金利で借り入れられる
・申し込みから借り入れまで時間がかかる
・審査が厳しい
・利用できる地域が限定される
信用金庫約3.0%〜15.0%・金利を低く抑えられる
・信用金庫での取引実績があれば審査にも通りやすい
・申し込みから借り入れまで時間がかかる
・利用できる地域が限定される
JAバンク約4.5%〜15.0%・銀行で借りるよりも金利を低く抑えられる・申し込みから借り入れまで時間がかかる
・審査が厳しい
・組合員に加入しなければならない

これらの方法では、審査なしでお金をすぐに借りることができません。

100万円を借りる方法によって、適用される金利や審査にかかる時間は異なります。

人によって「今すぐにお金が必要…!」「カードローンは低金利がいい!」と希望は違うため、あなたの目的や希望に沿った借入方法を選びましょう。

すぐに100万円を借りたい場合は消費者金融カードローンがおすすめ

消費者金融カードローンのメリット

100万円を借りたい際に、消費者金融カードローンがおすすめの理由は以下の通りです。

消費者金融カードローンがおすすめの理由
  • 最短即日融資を受けることもできる
  • 銀行カードローンは即日融資に対応していない
  • 無利息期間を実施していることが多い

消費者金融カードローンの強みは、最短即日融資が可能なカードローンであることです。

ポイント

銀行カードローンは即日融資に対応しておらず、目的別ローンやろうきん、信用金庫は申し込みから借り入れまで2週間以上かかるケースもあります。

契約後はカードローンの利用限度額の範囲内で借り入れることができ、インターネット振り込みやコンビニATMでお金を借りることができます。

必要になったときにすぐに借り入れられる点も、消費者金融のカードローンのメリットです。

土日にお金を借りたい場合でも、消費者金融カードローンであれば最短即日に100万円を用意できます。

さらに、大手消費者金融は初めての利用者に対して一定期間の無利息サービスを提供しているケースが多いです

無利息期間内は100万円を借りた場合でも、期間内の利息が一切発生しないので無駄な出費を抑えることができます。

消費者金融カードローンは最短即日融資かつ無利息期間を利用することもできるおすすめのキャッシング方法です。

金利融資限度額審査時間融資速度無利息サービス
アイフルのロゴ
アイフル
年3.0%~年18.0%1万円〜800万円最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます。
最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます。
30日間
プロミスのロゴ
プロミス
年4.5%~年17.8%1万円〜500万円最短20分最短20分30日間
アコムのロゴ
アコム
年3.0%~年18.0%1万円〜800万円最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
30日間
SMBCモビットのロゴマーク
SMBCモビット
年3.0%~年18.0%1万円〜800万円最短30分最短即日なし
レイク
レイク
年4.5%~年18.0%1万円〜500万円最短25分最短25分5万円まで180日間

ここでは各消費者金融カードローンの特徴をご紹介します。

アイフルは即日融資に対応!最短20分でまとまったお金を用意できる

アイフルの店舗
金利年3.0%〜年18.0%
融資限度額1万円〜800万円
審査時間最短20分※
融資時間最短20分※
無利息サービス初めての利用なら契約日の翌日から30日間無利息

※申込状況によっては希望に添いかねます。

アイフルはすぐにお金を借り入れたい方におすすめの消費者金融カードローンです。

融資まで最短20分であるため、必要なときにすぐお金を借り入れることができます。

融資限度額は最大800万円と高めに設定されている点もアイフルの特徴として挙げられます。

まとまった金額を借りたいと考えている方は、アイフルがおすすめです。

また、アイフルの在籍確認は原則として勤務先への電話連絡が行われないので、会社や家族に内緒で100万円を借りることも可能です。

初めてアイフルを利用する場合は、契約日の翌日から30日間無利息になるサービスも提供されています。

「すぐに100万円を借りたい」「いずれは大金を借りたい」という方は、無利息サービスを活用しながらアイフルで借り入れることをおすすめします。

\ 最短18分でお金を借りられる! /

プロミスのインターネット振込はいつでも最短10秒で指定口座へ振り込み

プロミスの店舗
金利年4.5%〜年17.8%
融資限度額1万円〜500万円
審査時間最短20分
融資時間最短20分
無利息サービス初めての利用なら借入日の翌日から30日間無利息

プロミスはWeb申し込みにより最短2分の融資に対応している消費者金融カードローンです。

契約後は「インターネット振込」というサービスを活用することで、原則24時間365日最短10秒で指定した口座にお金が振り込まれます。

スピーディーに借り入れたい方はプロミスのカードローンがおすすめです。

Web完結申し込みであれば自宅への郵送書類などが一切ないため、家族にバレずにお金を借りられる点もプロミスのメリットです。

プロミスの金利は消費者金融カードローンのなかでも上限金利が低めに設定されています。

100万円をスピーディー借り入れできるだけではなく、利息による返済負担を軽くすることも可能です。

また、ローンカードの発行もせずに借り入れができるため、気軽にインターネットから借り入れを申し込むことができます。

初めてのプロミス利用なら、契約日の翌日から30日間利息が0円になるサービスも提供されています。

「周囲にバレたくない」「スピーディーに借り入れの手続きを進めたい」という方は、プロミスのカードローンがおすすめです。

\ 最短3分で借入可能! /

※18歳や19歳の方は審査に通りにくい可能性があります。

アコムは消費者金融カードローンのなかでも審査通過率が高い

アコムの実店舗
金利年3.0%〜年18.0%
融資限度額1万円〜800万円
審査時間最短20分※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資時間最短20分※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
無利息サービス初めての利用なら契約日の翌日から30日間
電話番号0120-07-1000

アコムは審査の通過率が比較的高い消費者金融カードローンです。

2023年10月期のアコムの審査通過率は44.1%でした。

アコムは「はじめてのアコム」というように一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。

そのため、審査に通るかどうか不安を感じている方は、アコムのカードローンに申し込むことをおすすめします。

また、審査・融資までにかかる時間が最短20分と非常にスピーディーである点も魅力です。

審査の段階では、アコムの在籍確認は原則として勤務先への電話連絡が実施されません

そのため、100万円を借りることが職場や同僚にバレにくいです。

すぐに100万円を借りたいと考えている方も、アコムの利用を視野に入れてみましょう。

初めてアコムのカードローンに契約する場合は、契約日の翌日から30日間無利息で借り入れられるサービスも提供されています。

「審査に通るか不安」「すぐに100万円を借りたい」という方は、アコムでの借り入れがおすすめです。

出典:アコム公式 マンスリーレポート

  30日間無利息で借り入れ可能!

SMBCモビットはWEB完結申込により借り入れが勤務先や家族にバレにくい

SMBCモビットの申し込み画面
金利年3.0%〜年18.0%
融資限度額1万円〜800万円
審査時間最短30分
融資時間最短即日
無利息サービスなし

SMBCモビットは大手消費者金融ではめずらしく、無利息サービスを提供していない消費者金融カードローンです。

しかし、無利息サービスがない点を上回るだけの魅力があります。

SMBCモビットは返済額のうち利息分200円に対して1ポイントのTポイントが貯まります。

貯まったTポイントは返済に利用することもできるため、普段からTポイントを利用している方はSMBCモビットがおすすめです。

また、WEB完結申込をすることで、SMBCモビットの在籍確認で行われる電話連絡をなしにすることができます。

そのため、勤務先へ100万円を借りることをバレないように借入可能です。

職場への電話で借り入れがバレる心配もなく、安心して申し込むことができます。

「普段からTポイントを利用している」「職場に電話をかけて欲しくない」という方はSMBCモビットのカードローンがおすすめです。

WEB完結申込で電話連絡・郵送物なし

レイクは他の消費者金融カードローンより2倍長く利息を節約できる

レイクの実店舗
金利年4.5%〜年18.0%
融資限度額1万円〜500万円
審査時間最短25分
融資時間最短25分
無利息サービス「借入金額のすべてが60日間無利息」か「借入額のうち5万円まで180日間無利息」のいずれかを選択

レイクは無利息サービスを最大限に活用したい方におすすめの消費者金融カードローンです。

Web申込限定の「借入金額のすべてが60日間無利息」か、「借入額のうち5万円まで180日間無利息」のいずれかを選ぶことができます。

ご自身の都合に合わせてお得に利用できる方を選べる点が、レイクのカードローンのメリットです。

ただ、レイクの在籍確認では自宅や勤務先へ電話連絡がある場合があります。

そのため、自宅や会社にバレることが気になる方は、電話連絡による在籍確認がないカードローンを検討しましょう。

また、「お借入れ診断」を利用すると、年齢や年収、職業、他社での借入状況を入力するだけで検討できる借入可能額をチェックすることもできます。

希望契約額を入力して、2つの無利息のうちどちらがお得かを確認することも可能です。

さらに、申し込みから融資まで最短25分とスピーディーである点もレイクの魅力です。

「無利息サービスを利用したい」「どれくらい借り入れできるのか事前に知りたい」という方は、レイクAのカードローンをおすすめします。

金利を抑えて100万円借りたいときは銀行カードローンがおすすめ

銀行カードローンの仕組み

100万円を金利を抑えて借りたい場合に銀行カードローンがおすすめな理由は、消費者金融カードローンよりも上限金利が低めに設定されているためです。

例えば、アイフルの金利が年3.0%〜年18.0%に設定されているのに対し、三井住友銀行カードローンの金利は年1.5%〜年14.5%に設定されています。

即日融資ができる消費者金融に比べて融資スピードは劣るため、今すぐお金が欲しい方にはおすすめすることができません。

ただ、銀行カードローンは低い金利で借り入れられるというメリットがあります

銀行カードローンの注意点

一般的に、金利が低いカードローンほど審査が厳しい傾向にあります。100万円を借り入れする審査が気になる方は、キャッシングの審査に通りやすいカードローンへの申し込みも考える必要があります。

また、カードローンは利用限度額を引き上げることで、適用される金利を下げることも可能です。

例えば、三井住友銀行カードローンでは、利用限度額が100万円以下の場合の借入利率は年12.0%〜年14.5%です。

利用限度額が200万円超300万円以下になると、借入利率は年8.0%〜年10.0%まで下がります。

銀行カードローンのなかには、収入のない専業主婦でもカードローンでお金を借りられる商品もあります。

今すぐにお金が必要なわけではなく、低い金利で100万円を借りたいのであれば、銀行カードローンがおすすめです。

金利融資限度額審査時間融資速度無利息サービス
三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
年1.5%~年14.5%10万円~800万円最短当日※1最短当日※1
三菱UFJ銀行カードローンバンクイックのロゴ
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
年1.8%~年14.6%10万円〜500万円最短即日翌日以降
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローン
年1.9%~年14.5%10万円〜800万円最短当日最短翌日
※1.申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合があります。

ここではおすすめの銀行カードローンの特徴や、金利を抑えて100万円を借りたい場合に銀行カードローンがおすすめである理由について解説します。

三井住友銀行カードローンは普通預金口座を持っているとメリットが多い

三井住友銀行カードローン公式サイトの申し込み画面
金利年1.5%〜年14.5%
融資限度額10万円~800万円
審査時間最短当日※1
融資時間最短当日※1
無利息サービス

※1 申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もあります。

三井住友銀行カードローンは、普段から三井住友銀行での取引をしている方におすすめの銀行カードローンです。

三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくてもカードローンの申し込みは可能ですが、普通預金口座を持っている方には以下の3つのメリットがあります。

普通預金口座を持っている場合の3つのメリット
  1. いつでも24時間Web完結※1
  2. 通常よりも少ない入力内容で申し込むことができる
  3. キャッシュカードで借入可能

※普通預金口座がない場合もでも本人確認をオンラインでした場合Web完結が可能。
ご契約後にローン専用カードなどをご自宅へ郵送します。
なお、ローン契約機でローン専用カードを受け取る場合、もしくはカードレスを選択される場合は郵送物はありません。

さらに、融資限度額が10万~800万円に設定されている点も三井住友銀行カードローンの特徴です。

将来的に大きな金額を借り入れたいと考えている場合に借りられる可能性があります。

無利息サービスは提供されていないものの、三井住友銀行の預金口座を利用している方にはメリットが多いカードローンです。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三菱UFJ銀行カードローンはコンビニATMで利用手数料が無料

100万円を借りるなら銀行カードローンの三菱UFJ銀行カードローンのバンクイック
金利年1.8%〜年14.6%
融資限度額10万円〜500万円
審査時間最短即日
融資時間翌日以降
無利息サービス

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは、ATM利用にかかる手数料の負担を抑えられる銀行カードローンです。

バンクイックでは三菱UFJ銀行のATMや提携コンビニATM(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATM)から借り入れと返済が可能です。

いずれもATM手数料が無料であるため、借り入れや返済のときに手数料をかけずに利用することができます。

また、最小返済額が月1,000円からに設定されている点もバンクイックの魅力です。

家計に負担をかけずに無理なく返済できるため、安心してお金を借り入れることができます。

「ATM手数料を抑えたい」「返済の負担をかけたくない」という方は、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」をおすすめします。

楽天銀行スーパーローンは楽天会員のランクにより審査を優遇される

100万円を借りるなら銀行カードローンの楽天銀行スーパーローン
金利年1.9%〜年14.5%
融資限度額10万円〜800万円
審査時間最短当日
融資時間最短翌日
無利息サービス

楽天銀行スーパーローンは楽天グループのサービスをよく利用する方におすすめの銀行カードローンです。

楽天会員になっている場合はカードローンの審査が優遇されるため、審査に通る可能性を高めることができます。

また、楽天銀行スーパーローンでの借り入れがあり、返済口座に楽天銀行を設定すると、楽天銀行の会員ステージが1つアップします。

そのため「すでに楽天会員になっている」「楽天銀行口座を持っている」という方におすすめです。

銀行カードローンならではの金利がいいという方は、楽天銀行スーパーローンの利用をおすすめします。

※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。

カードローンで100万円を借りるための条件

ここまで消費者金融カードローンと銀行カードローンについて解説してきましたが、カードローンで100万円を借りるためには条件があります。

カードローンで100万円を借りるための条件

上記の条件を満たしていないと、カードローンに申し込んでも100万円を借りることはできません。

満たしていない方は、カードローンの審査に通りやすい会社を検討する必要があります。

事前に条件をしっかりと確認し、すべてを満たした上でカードローンに申し込みましょう。

年収が300万円以上ある

カードローンで100万円を借りるためには、最低でも年収が300万円以上でなければいけません。

なぜなら、貸金業者は「総量規制」という制度によって年収の3分の1を超える金額を貸し付けることを禁じられているためです。

総量規制とは利用者の過度な借り入れから保護するために制定された法律であり、貸金業者からの借り入れが法律の対象となっています。

そのため、消費者金融などの貸金業者からお金を借り入れる場合は総量規制が適用され、年収の3分の1を超える借り入れができません。

カードローンを利用して100万円を借りる際には、年収が300万円以上あるか源泉徴収票などで確認しておきましょう。

ただし、年収が300万円を超えているからといって必ず100万円の利用限度額が設定されるとは限りません。

利用限度額は年収以外の条件を総合的に判断して設定されるため、希望通りに100万円の利用限度額にならない可能性があることに注意が必要です。

収入を証明する書類がある

カードローンに新規で申し込みをする際、運転免許証やマイナンバーカードなどの「本人確認書類」が必要です。

さらに「収入証明書類」の提出を求められるケースもあるため、しっかりと準備しておきましょう。

収入証明書類を求められるのは、以下のいずれかに該当する場合です。

  • ある貸金業者から50万円を超えて借り入れる場合
  • 他の貸金業者から借り入れている分も合わせて合計100万円を超えて借り入れる場合
出典:日本貸金業協会「貸金業法について」

100万円以上の借り入れを希望する場合は、上記に該当するため収入証明書類が必要です。

収入を証明できる書類としては、以下のようなものがあります。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書

収入証明書類は手元に持っていないケースも多く、すぐに用意できない可能性があります。

収入証明書の提出に抵抗がある方は、収入証明書不要のカードローンを検討しましょう。

また、100万円を超える借り入れを希望する場合は、すぐに収入証明書類を提出できるようにしっかりと準備しておきましょう。

100万円の使い道が決まっているなら目的別ローンの利用がおすすめ

すでに100万円の使い道が具体的に決まっているのであれば、目的別ローンの利用も検討しましょう。

目的別ローンとは、借り入れ資金の使い道が決められているローンのことです。

目的ローンはカードローンのように自由な使い道ができない反面、低い金利で借り入れることができます。

銀行によって提供しているローンの種類は異なりますが、一般的には以下のような目的別ローン商品があります。

目的別ローンの種類
  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • 医療ローン
  • 旅行ローン
  • ブライダルローン
  • リフォームローン

上記の目的に当てはまる方は、金利を抑えて100万円を借りることも十分に可能です。

ただし、目的別ローンは資金使途に制限があるため、借り入れたお金を何に使ったかを証明しなければなりません。

領収書や契約書などを捨てずに取っておき、提出できるようにしておきましょう。

「車を買いたい場合は、マイカーローン」「教育費に使いたい場合は、教育ローン」などローンを選ぶと、100万円を借りる際にも金利を抑えることができるのでおすすめです。

一方で、資金使途を制限されたくない方は、フリーローンをおすすめします。

100万円を事業用に借りたい場合におすすめのビジネスローン3選

事業用資金として100万円を借りたいのであれば、ビジネスローンの利用がおすすめです。

ビジネスローンは事業に使う資金を借り入れられるローンのことで、最短即日融資も可能です。

すぐに事業用資金が必要な場合、銀行の融資を受けるよりもすぐに資金を準備することができます。

さらに、ビジネスローンは総量規制の対象外であるため、年収の3分の1を上回る借り入れも可能です。

通常のカードローンでは事業用資金の借り入れができないため、まとまった事業用資金がすぐに必要な場合はビジネスローンを利用しましょう。

ここでは、おすすめのビジネスローンについてご紹介します。

自営業者やフリーランスの方は、こちらを参考に事業用資金を借り入れましょう。

ビジネスローンは個人事業主や自営業の方におすすめのカードローンの一つです。

AGビジネスサポートは法人でも個人事業主でも即日融資に対応

100万円を借りるならビジネスローンのAGビジネスサポート
金利年3.1%〜18.0%
融資限度額50万〜1,000万円
審査時間最短即日
融資時間最短即日
担保・保証人原則不要(法人の場合は代表者が原則、連帯保証)
融資期間最長5年
融資対象者法人または個人事業主
法人:75歳まで
個人事業主:69歳まで

AGビジネスサポートは、大手消費者金融のアイフルが提供しているビジネスローンです。

個人事業主だけでなく法人も融資を受けることができ、最大1,000万円というまとまった金額を借り入れられることが特徴です。

AGビジネスサポートはアイフルが提供しているため、最短即日で融資を受けることができます。

必要な事業資金をスピーディーに借り入れられる点が、AGビジネスサポートのメリットです。

また、AGビジネスサポートでは、申し込みから融資まで来店せずにWebと郵送だけですべて完結させられます。

面倒な手続きが一切なく、事業用資金を借り入れることも可能です。

「すぐに事業用資金を借りたい」「まとまった資金を借りたい」という方は、AGビジネスサポートのビジネスローンがおすすめです。

プロミス自営者カードローンは事業性資金以外にもプライベート資金にも使える

100万円を借りるならビジネスローンのプロミス自営者カードローン
金利年6.3%〜17.8%
融資限度額300万円
審査時間最短即日
融資時間最短即日
担保・保証人不要
融資期間最長6年9カ月
融資対象者年齢20歳以上、65歳以下の自営者

プロミス自営者カードローンは自営者のみを対象にしたビジネスローンで、利便性が高いことが特徴です。

通常、ビジネスローンは事業用資金にしか使えませんが、プロミス自営者カードローンはプライベートな資金にも利用することができます。

事業用以外にも幅広い使い道に対応できる点が、プロミス自営者カードローンの魅力です。

また、スピード審査によって最短即日の借り入れができる点も大きなメリットとして挙げられます。

必要なときにすぐに申し込むことで、スピーディーに借り入れることができます。

「事業用資金以外の使い道も考えている」「即日融資を受けたい」という方は、プロミス自営者カードローンからの借り入れがおすすめです。

アコムビジネスサポートカードローンは資金使途に制限がない

金利年12.0%〜18.0%
融資限度額1万〜300万円
審査時間最短即日
融資時間最短即日
担保・保証人不要
融資期間最長8年7カ月
融資対象者業歴1年以上の個人事業主でアコムの基準を満たす人

アコムのビジネスサポートカードローンは、個人事業主や自営業者を対象にしたビジネスローンです。

ビジネスサポートカードローンは、プロミス自営者カードローンと同様に使い道に制限がありません。

そのため、借り入れた資金は事業用に限らずプライベートでの利用も可能で、幅広い使い方ができます。

また、すでにアコムのカードローンを利用している場合は、審査を受けることでビジネスサポートカードローンに切り替えることも可能です。

ビジネスローンは総量規制の対象ではないため、審査結果によっては年収の3分の1以上を借り入れられる可能性もあります。

法人での利用はできませんが、個人で事業を行っている方にとっては使いやすいカードローンです。

「100万円を事業以外にも使いたい」「アコムのカードローンを利用している」という方は、アコムのビジネスサポートカードローンがおすすめです。

100万円を借りる場合の返済シミュレーション

100万円を借りる際は、あらかじめ返済時のことも考える必要があります。

月々の返済額や返済期間について事前に把握しておかないと、想定以上に利息が増えてしまったり、返済が厳しくなったりするかもしれません。

ここでは、消費者金融と銀行のカードローンで100万円を借りる場合の返済シミュレーションを解説します。

100万円を借りる場合の返済シミュレーション

それぞれをしっかりと事前に把握しておき、計画的に借り入れ・返済をしていきましょう。

毎月の返済額

100万円を借り入れた場合の毎月の返済額は、適用される金利と返済期間に応じて変動します。

例えば、消費者金融のアコムでカードローンを利用する場合、100万円を借り入れる際の上限金利は年15.0%です。

金利が15.0%で返済期間が1年・3年・5年の場合、それぞれの毎月の返済額や利息総額は以下の表のように変化します。

返済期間(返済回数)毎月の返済額利息総額総返済額
1年(12回)90,258円(12回目は90,256円)83,094円1,083,094円
3年(36回)34,665円(36回目は34,659円)247,934円1,247,934円
5年(61回)23,789円(61回目は38円)427,378円1,427,378円

一方で、三井住友銀行カードローンで利用限度額が「100万円超200万円以下」の場合、上限金利は年12.0%です。

金利が年12%で返済期間が1年・3年・5年の場合、毎月の返済額や利息総額は以下の表の通りです。

返済期間(返済回数)毎月の返済額利息総額総返済額
1年(12回)88,848円(12回目は88,852円)66,180円1,066,180円
3年(36回)33,214円(36回目は33,206円)195,696円1,195,696円
5年(60回)22,244円(60回目は22,239円)334,635円1,334,635円

銀行カードローンに比べると、金利が高い消費者金融カードローンの方が毎月の返済額・利息総額が多いことが分かります。

また、返済期間が長くなるほど毎月の返済額は抑えられるものの、利息は増えていきます。

返済の負担を軽減したいのであれば金利が低い銀行カードローンを利用し、なるべく早く返済を終わらせることが重要です。

返済期間

100万円を返済し終えるまでの期間は、金利と毎月の返済額に応じて変動します。

例えば、アコムのカードローンで年15.0%の金利が適用された場合の返済期間を見てみましょう。

毎月の返済額が30,000円(最低返済額)・50,000円・100,000円の場合の返済回数・期間は以下の表の通りです。

毎月の返済額返済回数返済期間利息総額
30,000円(最低返済額)44回3年8カ月301,674円
50,000円24回2年157,936円
100,000円11回11カ月75,025円

次に、三井住友銀行カードローンで年12.0%の金利が適用された場合の返済期間も見てみましょう。

毎月の返済額が15,000円(最低返済額)・30,000円・50,000円・100,000円の場合の返済回数・期間は以下の表の通りです。

毎月の返済額返済回数返済期間利息総額
15,000円(最低返済額)111回9年3カ月656,070円
30,000円41回3年5カ月222,473円
50,000円23回1年11カ月121,337円
100,000円11回11カ月58,980円

毎月の返済額が多くなるほど返済期間は短くなり、利息の負担も小さくなります。

家計に無理のない範囲でできる限り毎月の返済額を多くして、利息の負担を軽減しながら計画的に返済していきましょう。

100万円を借りる際の注意点

消費者金融カードローンや銀行カードローン、目的別ローンなどで100万円を借りる場合、いくつか注意しなければならない点があります。

上記のポイントを押さえておかないと、借り入れがスムーズに進まなかったり、トラブルになったりする可能性があります。

注意点をしっかりと理解した上で100万円を借り入れましょう。

総量規制の内容を理解しておく

100万円を借りる際、まずは総量規制について理解しておくことが大切です。

総量規制とは「年収の3分の1を上回る貸し付け」を禁止する規制のことで、貸金業者に対して定められているルールです。

そのため消費者金融などの貸金業者では、年収の3分の1以上の借り入れを希望しても審査には通りません。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、過剰な貸し付けにならないように総量規制と同じような規制を独自で設けています。

カードローンで100万円を借り入れるためには最低でも年収300万円以上でなければいけないため、源泉徴収票などで確認しておきましょう。

また、複数のカードローンで借り入れをしている場合、「借入額の合計金額」が総量規制の対象となる点にも注意が必要です。

例えば年収300万円の人がすでにカードローンで50万円を借り入れている場合、他社のカードローンで借り入れられるのは50万円までです。

すでに他社のカードローンで借り入れをしている場合は、「合計額がいくらになるのか」を計算した上で新規申込をしましょう。

事前に収入証明書類を準備する

カードローンに申し込む際、運転免許証などの「本人確認書類」に加え、50万円以上の借り入れを希望する場合は「収入証明書類」も必要となります。

事前に収入証明書類を準備しておき、スムーズに手続きを進められるようにしておきましょう。

収入証明書類は一般的に以下のようなものが利用できます。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書

申し込む消費者金融や銀行によっても異なる場合があるので、申し込みをするときに確認しておくことをおすすめします。

計画的に利用する

100万円を借り入れる際、事前に返済するときのことも考えてから計画的に借り入れることが重要です。

無計画に100万円を借り入れてしまうと返済の負担が大きくなってしまい、日常生活に支障をきたしてしまう可能性があります。

そのため、キャッシングは金利の安い会社を検討することも選び方のポイントです。

消費者金融や銀行のカードローンでは、返済シミュレーションが提供されています。

月々の返済額や返済回数、利息の総額などを確認できるため、事前にしっかりと把握した上で100万円の借り入れを申し込みましょう。

また、余裕があるときには「繰上返済」を活用することもおすすめします。

繰上返済とは毎月の返済とは違い、あなたの好きなタイミングでまとまった金額を返済していく仕組みです。

繰上返済を活用すると、返済期間が短くなる上に利息の負担も小さくなります。

返済総額を極力抑えるためにも、余裕があるときには積極的に繰上返済を活用していきましょう。

複数への申し込みは避ける

100万円を借りたいとき、審査に通るかどうかが不安で複数の消費者金融や銀行のカードローンに申し込んでしまうケースがあります。

しかし、複数のカードローンに申し込むと審査に通りにくくなってしまう可能性が高いため注意が必要です。

カードローンへの申込履歴は信用情報機関に記録され、消費者金融や銀行のカードローンの審査でチェックされます。

一度に複数のカードローンに申し込んでいると「お金に困っているのではないか」「返済能力が低いのではないか」と判断されてしまいます。

審査で不利に働くリスクがあるため、できる限り1社に絞って申し込むことがおすすめです。

また、仮に複数のローン審査に通ったとしても、返済の手間がかかる点もデメリットとなります。

消費者金融や銀行ごとに返済日や返済額が異なると、返済の管理が難しくなってしまうことが考えられます。

複数のカードローンには申し込まず、1社に絞って申し込みましょう。

闇金や個人間融資は利用しない

100万円を借りたい場合であっても、ヤミ金や個人間融資の利用は避けましょう。

闇金を利用してしまうと、法外な利息を請求されたり、犯罪に巻き込まれてしまったりとリスクが多く、非常に危険です。

「審査不要で借り入れできます」などと宣伝している業者は危険性が高いため、絶対に利用してはいけません。

また、個人間融資もトラブルになってしまう可能性が高いです。

個人間融資のトラブルは民法が適用されるため、警察が介入できません。

被害に遭っても警察の助けを借りられない可能性が高いため注意が必要です。

「すぐに100万円を借りたい」「審査に通らないかもしれない」という場合でも、ヤミ金ではなく貸金業登録されているカードローンがおすすめです。

100万円を借りたい方によくある質問

ここでは、よくある質問について解説していきます。

すぐに100万円を借りたい方や学生や無職の方は、こちらを参考にしてみてください。

すぐに100万円を借りる方法はありますか?

すぐに100万円を借りたい場合、消費者金融がおすすめです。
消費者金融のカードローンであれば最短即日融資を受けることができるので、すぐに現金を用意することもできます。
銀行のカードローンでは即日融資に対応しておらず、目的別ローンやろうきん、信用金庫などでは融資までに2週間以上かかるケースもあります。
「今すぐにお金が必要」という場合は、消費者金融のカードローンを利用しましょう。
また、消費者金融が提供しているビジネスローンでも最短即日融資に対応していることがあります。
「すぐに事業用資金の100万を借りたい」という場合は、即日融資に対応している消費者金融のビジネスローンの利用がおすすめです。

学生でも100万円を借りられますか?

20歳以上の学生で一定の収入がある場合、学生であっても消費者金融や銀行のカードローンを利用することができます。
しかし、安定した収入を得られる社会人と比べると審査の難易度が高く、100万円を借りられる可能性は低いと言えるでしょう。
学生でお金を借りる場合は、消費者金融カードローンだけではなく学生ローンの利用も検討しましょう。
学生ローンとは学生を対象に貸し付けを行っているローン商品です。
18歳から利用できる学生ローンもあるため、未生の学生でもお金を借り入れることができます。
ただし、学生ローンでは基本的に限度額を50万円から80万円に設定しているため、100万円を借り入れられないケースがほとんどです。
また、学生ローンは総量規制の対象でもあるため、年収の3分の1以上の金額を借り入れれない点にも注意が必要です。
金利も比較的高めであるため、無理なく返済できるように計画的に利用しましょう。

無職でも100万円を借りる方法はありますか?

無職の方は審査に通過できる可能性が低く、100万円を借りることは難しいです。
しかし、無職でお金を借りる方法の一つに、国の制度の利用があります。
例えば、生活に必要な資金を借りれない低所得世帯の場合は「総合支援資金」として、生活支援費や一時生活再建費を借りることができます。
100万円を借りることはできませんが、失業中などで生活に困っている場合に利用できる制度です。
ただ、無職であっても専業主婦(夫)でもある場合は、配偶者に一定の収入があれば一部の銀行カードローンを利用できる場合もあります。
例えば、イオン銀行カードローンでは、専業主婦(夫)であっても配偶者に安定した収入があれば限度額50万円まで申し込みができます。
また、収入があるフリーターの方はカードローンを利用して借り入れすることも可能です。
本人の収入がない場合は100万円を借りることは難しいですが、各種の制度を利用してまとまったお金を借り入れしましょう。

まとめ

100万円を借りたい場合、消費者金融カードローンや銀行カードローン、目的別ローン、ビジネスローンなどが利用できます。

すぐに借り入れたい場合は消費者金融カードローン、低金利で借りたい場合は銀行カードローンがおすすめです。

カードローンを借りるためには、「他社での借り入れがない」「年収が300万円以上ある」という条件を満たす必要があります。

条件を満たした上で100万円を借りる準備をしておきましょう。

また、計画的に返済をしていくためにも、事前にシミュレーションで利息や返済期間を確認しておくことが大切です。

100万円というまとまった金額を借りる際には、家計に無理のない範囲で計画的に利用しましょう。

この記事の監修者

宮野茉莉子

1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許